なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「油そば (大盛り)」@らーめん三空の写真9月某日、昼、本日は休み、午前中はいつもの様に愛犬の散歩を兼ねて軽くランニング。安曇野は家の周りの田んぼを含め稲刈りが始まり、この時期特有の刈られた藁の香りがイイのである。その後、消費税前に愛車のガソリンを満タンにすべく出掛けたついでの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

以前「麺道 夢幻」(未訪)だった建物に今年春先にオープンした「味噌ラーメン」がウリの店。過去の突撃でも確かに味噌ラーは間違い無く美味いが、今回はチョイと気になる一杯をイクつもり。

14:00着、先客7名、カウンター席に着座、後客4名。取りあえずメニュー表検討、件の“油そば”(780円税込)を腹ヘリであるからして「大盛り」(110円)で注文する。

店内BGMはエルヴィス・コステロの「シー」などのメロウな曲が流れていてイイ感じ。過去2回の突撃ですっかりここの味噌ラーにハマってしまったのであるが、実は「汁なし」も好物中の好物であるからして、しこたま気になっていた。過去の経験からして美味いラーメンを出す店の「汁なし」も絶対にハズレは無いのだ。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、サイコロチャーシュー、メンマ、キャベツ、モヤシ、ナルト、背脂、魚粉、ノリ、刻みネギが、底に醤油ダレの仕込まれた汁なし麺に乗っている。多彩な装備がイイではないかい。

早速、麺と具材を良く良く混ぜ合わせてからガシッとイク。麺底に仕込まれた醤油ダレに好みの背脂が混じり合い、ぬったりとした食感となり、背脂大好き「セアブラー」としては想定外の歓び。魚粉もあって醤油ダレの立った和のテイストが先行する。醤油ダレは塩味があるが、背脂の甘味が包み込み全体的にまろやかな醤油テイストに包まれる。ニンニクの関与が無いのでジャンクさは薄いものの、様々な具材の味わいを伴うあくまでも醤油ダレを主体とする「油そば」のテイストが楽しめる。実に美味い汁なし麺である。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。背脂と醤油ダレをまったりと纏ってくる。うっすらと小麦の風味も味わえる。実に美味い麺である。「大盛り」とした麺量も正解だ。

具のチャーシューは豚ロースのレアのコロチャーで、柔らかな噛み応えのある弾力を残し、薄味付けながらも端っこでの味密度が高くて美味い。メンマは薄甘醤油の味付けが良く滲みで、柔らかサクサクとした食感が実にイイ。キャベツは軽く湯掻かれてしんなり、甘味があってイイ。モヤシはシャクシャク、量があってイイ。ナルトは昔ながらの郷愁を誘うラーメンの装備、あるだけでウレシイ。背脂は前記の如く、まったりとした甘味が効果的。プチ・ジャンクなテイストにも一役買っている。魚粉も和のテイストを演出。ノリは磯風味がある。刻みノリもイイかも。刻みネギは青ネギの薬味が効いている。

もちろん完食。初秋を感じられる休日の昼ラーに突撃したこちらの店での「油そば」。それは私的に「汁なし」を分別する系統で、「元祖油そばの珍々亭系」と「ジャンクまぜそばのジャンガレ系」のうち、前者の発展系統として認識される一杯で、醤油ダレと背脂、魚粉が混じり合った和の味わいがガッツリと楽しめる逸品で実に美味かった。こちらウリの味噌以外も間違い無く美味かったからして、今後全てのメニューを制覇してみたい私的注目店である、、、

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。