なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
100

ご主人がホンダNSXをイメージして作られたという【赤兎馬】。
知り合いに連れていかれ
『とにかくスゴいから。騙されたと思ってみろ!』
と勧められたのが最初の出会い。

そして
『二度と喰うモンか!(−_−#)』
というのが率直な感想でした。

熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。
熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。
熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。
熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。

ウマいマズい以前。味もへったくれもなく、単にガマンして麺たぐっているだけ。

なんとか食べ切れたのは両親から受けた
『食卓に出されたものは食べ切りなさい!』
というキツ〜いシツけに培われた〈義務感〉のみによるものであったと確信しております。

お父さんお母さん本当にありがとう。あなた方の三男坊は立派に育ったはよいが40にしてメタボ入りとなり、惑うより前にどエラいダイエットを挙行せざるを得なくなってしまったのだよ。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

閑話休題。
そういった次第でこちらとのご縁は切って捨てられた。…筈であった。
以来、数日間はあちらこちらで
『二度と喰うモンか!(−_−#)』『あんなマズいもの!』
と言い触らし歩いたモノですが、言えばいうほど
『でもそんなにマズかったかな?(・_・;』
『あの日は体調も良くなかったし。お腹もそんなに空いていなかったからなァ( ´ ▽ ` )ノ』

などと何ら根拠性もない期待感も生まれてくる。
ここら辺が【赤兎馬】のスゴいところというか、【赤兎馬】が【赤兎馬】である由縁というか。

…んぢゃ、もう一度確認しに行ってみようや。
なんて足を向けたが最後。もう後へは引けません。

熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。
熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。
熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。
熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。熱くて辛くて酸っぱくて。

を体感したくて、春夏秋冬問わず汗ダクになりたくて。狭苦しい駐車スペースもなんのその。
気づけば【赤兎馬】かきこんで悦に入る。
病みつきになる。
なんて生易しいレベルではありません。まさしく地の果て至上の時。

ノンジャンルラーメン【赤兎馬】。
『とにかくスゴいから。騙されたと思ってみろ!』

ここまで書いたらとてつもなく食べたくなってきた。明日の昼ご飯はここで汗ダクになるとしましょう。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

5656と言います。初めまして。
それにしても、面白いレビューですね。
食べてみたい気分になります。

5656 (活動超停滞中) | 2011年7月11日 07:59

コメントありがとうです!o(^▽^)o
文章はさておき、赤兎馬はオススメですよ!

あらら? | 2011年7月11日 19:18