なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「支那そば(大盛) サラダ付き」@支那そば太郎の写真8/22(水)昼、午前中は梓川の「ガスト」で新しいヘルパーさんとの打ち合わせ。昼でヘルパーさんが帰った後も、そのまま昼メシも取れば良い訳ですが、そこはラーメン命!の私、近くのラーメン屋さんを狙います。

隣は「ちゃあしゅう屋」、近くには「New old style ゆいが 三郷店」さんや「あずさ川らあめん つき」さんなどがありますが、この所ハード系のラーメンが続いてましたので、久しぶりにあっさりとしたラーメンを頂く事に。となれば、こちらのお店、あっさりラーメンが食いたくなると、度々訪れている名店です。

13:00着、店内9席のカウンターは満席、こちらのローカルルールに則って店内、お客の後ろでスタンばリます。スポーツ紙を読みながら10分、漸く隅の1席が空いたので着座、いつもの表題をおばちゃんに注文、店主の調理を見ながら待ちます。

店主は朴訥とした方ですが、職人です、自分のペースで黙々とラーメンを作っていきます。大鍋にラーメン玉を入れ、泳がせるように茹で、タイマーなんか使いません。ここぞと言うタイミングで、いわゆる「玉あげ」を使って1人1人の丼に分けていきます。「てぼ」を使って無いラーメン屋って、いかにも「職人!」って感じで、尊敬しちゃいます。待つ事、更に10分、漸く着丼。ここでは混んでいても、空いている時でもいつもゆったりと時間が流れているのです。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、ノリ、刻みネギが淡い色の醤油スープに乗ってます。食べ始める頃、和風ドレッシングのかかったキャベツの千切りの器が供されます。これ、ここの定番です。

スープから。脂の浮いたガラだしの何のてらいも無いあっさり醤油スープですが、実にしんみりと落ち着く味わい。課長さんや煮干しなど余計なものは使わずに、ガラのダシと醤油の風味だけで味わう素朴な素朴なスープ。「支那そば」の一つの原型が確かにここにあります。

麺はゆるいウェーブの中太麺。こちらではいつも柔目の茹で具合ですが、これがこちらのお決まりで、素朴なスープにピタリと決まります。

具のチャーシューは豚バラで好きな脂身も多く、柔らかで、こちらも素朴な味わいのもの。割と大ぶりなので満足出来ます。メンマもごく薄味のもの、優しい味わいが良いです。ネギもシャリっとして、ネギの風味がしっかりあります。

ハッキリ言って世の中には、ここより美味いラーメン屋は山ほどあり、今の若いもんには物足らないかも知れんけど、オヤジには何故か時々食べたくなる素朴で落ち着く味わいが間違い無くあります。開店当初より、いつ来ても変わらぬその味わいに、私的には「V.S.O.P(Very Special One Pattern)ラーメン」(偉大なるワンパターンラーメン)と称しています。おじちゃん、おばちゃん、変わらぬ味をいつまでも楽しませて下さいね!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

どうも、こんばんはです。

支那そば太郎さんですか。
こちらのラーメンは、和める美味しさがありますよね。
こういった優しさを、味わいたくなる時ってたまにありますよ^^

長野せーは | 2012年8月25日 00:48

こんばんは~。
VSOPですか~。(笑)
それを求めるお客さんで賑わってますね。
こちらもずーっと訪問候補のまま。
早いトコ訪問しなきゃ。

5656 (活動超停滞中) | 2012年8月25日 18:45

5656さん、コメントありがとうございます。

とても素朴なラーメンですが、特に年配のジモティー中心に根強い人気を誇ってます。
私も時々、ふらっと立ち寄りたくなるラーメンなんです。

チャーチル・クロコダイル | 2012年8月26日 09:33

長野せーはさん、コメントありがとうございます。

私的には素朴なラーメンと言えば、こちらをイメージします。
昔ながらの優しいラーメン、いつまでも残ってほしいものです。

チャーチル・クロコダイル | 2012年8月26日 13:55