なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
90

「チャーシューメン」@白水の写真【注:採点は味わい+雰囲気の点数である】

昭和36年創業。
年季の入った木製カウンターの8席みの狭い店。
壁には見た事のない演歌歌手のポスターに、隣のスナックから壁越しに聴こえる昭和歌謡のカラオケ。
少し離れた席には近所のオッサンという表現がこれまたピッタリのお客が独り。
そして年季の入った小さな厨房で、妙齢のお母さんがつくる中華そば。

ノスタルジーを地で行くお店。
こんなにガチで懐かしいお店はまず最近は珍しい。
この日はチャーシューメン(700円)を注文。
味わいはまさしく懐かしの…であるが、絶対に造ることの出来ない雰囲気で食べる中華そばはこの上ない味わい。
世界文化遺産に認定すべきお店だろう。
繁華街の少し外れ、夜営業だけのお店だが、この雰囲気を味わう価値は十分ある。

常連さんとお母さんの話に聞き耳を立てていると、お母さんは余り体調が優れないとの事。
健康第一でいつまでも頑張って欲しいものだ。

追伸
脂身のない柔らかなチャーシュー、素朴で旨かったなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。