なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛そば(特盛・3辛) 650円」@来味 東堀店の写真平日の11時に到着。以前こちらの前を通った際に特盛無料が気になり、ネームバリューのあるお店ということもあってこの度来店。一番乗りかと思ったが、既に先客が2人来店されていた。中華そばにしようかと思ったが、閉店してしまった来味本店には無かった掲題のメニューをオーダー。ちなみにチャーハンは無かった。店員さんも来店客も皆静かでオペレーションの音だけが店内に響いていた。

出てきた一杯はかなり大きな器にたっぷりの麺とレンゲの上にはこれも山盛の辛味が載っていた。辛味は大江戸(秋田・新潟古町も系列店有り)に少し似ているビジュアルである。スープを飲んでみると、煮干メインの味の中に豚骨が効いて美味しい!優しい口当たりは新潟島淡麗醤油の味わいだと思った。飲み進むとやや塩分が目立ったが、美味しいスープである。麺は細めの少し縮れており、食べてみるとツルツルっとした食感で美味しい。のどごしがよく、噛むと小麦由来の風味もある。ただ柔らかい茹で加減で、食べ進むと柔らかくなるのが思いの外早いと思った。この仕様で特盛なので後半少し苦労した。途中から辛味を溶かして食べてみると、絡みに入っているニラと唐辛子の辛さで味が一変して美味しい。辛味には麹か発酵した味わいがあり、少しキムチのようなエッセンスが感じられた。3辛らしい辛さは良いのだが、一体感としてはどうかと思った。具材はチャーシュー・メンマ・なると・輪切りねぎ。チャーシューはやや硬めであったが肉由来の旨みがあって美味しい。メンマはスープと相俟っていい食感。なるとと輪切りねぎも美味しく食べることができた。

典型的な新潟島淡麗醤油というスープで、さっぱりとしているこの味わいは少し止まらない感覚になる程の美味しさであった。具材もいかにもこの地区ならではのラインナップで、スープや麺と併せて食べることで旨さとして存在感があった。麺も美味しさがわかったものの、最初から柔らかめの茹で加減とさらに柔らかくなるのが早いことが気になった。何か特盛にしたことが裏目となった自分の選択に反省である。そして辛味の味わいは意見が分かれるのではと思った。次回は中華そばを普通で食べようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。