なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「炙り辛味噌らーめん 大辛 (麺大盛り:200円引き㋚券)」@麺匠 真武咲弥 松本店の写真11月某日、昼、本日はミーティングの合間にヤボ用でチョイとゲンバに顔を出す。その帰りに昼ラーも取る事にする。そして突撃したのは国道沿いに今夏オープンした「味噌ラーメン」がウリのこちらの店。オープン以降、2度目の突撃を試みる。

初訪の印象も良く、またここ数日、私的には「味噌ラーメン」モードのスイッチがONに入りっぱなしとなっている為、丁度良い。加えてこちらでも信州情報誌「komachi」でのラーメン特集のサービス券が使えるから好都合である。

11:50着、先客2名、カウンター席に着座、後客11名。取りあえずメニュー表を検討、前回はデフォの「味噌ラーメン」だったので、今回はスパイシーそうな‘炙り辛味噌らーめん’(850円)をイッテみたい。これは辛さが「控えめ・普通・大辛・激辛」の4段階から選べるので「大辛」で、そして「200円引きサービス券」があるからして」麺大盛り」(100円)でオーダーする。

カウンター越しの厨房では早速フライパンで調理が始まる。ガラス越しにも豪快な炒め音と共に、炎が見えるのでこれが「炙り」なのであろう。東京「真武咲弥 渋谷店」でも味噌ラーを食ったが、ここの「炙り味噌」は、「西麻布 五行」ほどの「焦がし味噌」では無いのだが、ライトな芳ばしさがまたイイのだ。待つ事5分、着丼。

ビジュアルはチャーシュー、メンマ、タマネギ、モヤシ、刻みネギが、味噌スープに乗っている。そして別の器でトウガラシ粉が盛られている。おねーさん「好みに合わせて、調節して下さい」と言う事。こちらのトレードマークのショウガは無い。

先ずはトウガラシ粉を混ぜる前のスープを一口。アツアツの味噌スープには既にピリッとした辛さがある。加えて炒められた野菜、特にタマネギの甘みも味噌スープに溶け出している。その後、器の粉末状のトウガラシを全量投入、スープに良く混ぜ入れる。すると赤みを帯びた味噌スープのスコヴィル値はググッと上がり、パンチの効いたスパイシーさとなる。ハバネロあたりも入っているのか?香りのよいラテン系のかなりパンチある辛さが広がる。味噌ダレは北海道の赤味噌に信州の白味噌をブレンドしている模様。この味噌の風味、味わいとパンチある辛さが融合した旨辛味噌スープである。

麺はウェーブのかかった黄色っぽい中太麺。茹で加減やや硬めが良く、プリプリ、モチモチとした食感は健在。パンチある辛味噌スープにも負けていない。やはり強めの味噌には太麺が合うのだ。美味い麺である。

具のチャーシューは豚モモチャーで弾力のある歯ごたえを残すもの。「燻製チャーシュー」と言う触れ込みであるが、あまりスモークロースト感は無いものの美味い。メンマは柔らかサクコリとした食感、僅かな甘みのある味付けが悪くない。タマネギは良く炒められており甘みが出ていて美味い。モヤシも炒めが入り、これは味噌との相性が悪いハズが無い。刻みネギのシャリッとした薬味感もまずまず。

スープ完飲。丼の底には「升侍(ますさむらい)」の文字がマーキングされている。今回「大辛」とした事で適度な発汗はあるのだが、食後の爽快感はスパイシースープならではの心地良さ。敢えてオイリーでないのもヘルシーかも。パンチある辛さの中にも味噌の風味と味わいがあり、ちぢれのある太麺も本場札幌の麺であるからしてソレッぽさも十分に味わえる。もっと寒くなったら次回は「激辛」にチャレンジしてみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。