なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「海老味噌つけめん(800円)+味玉(100円)」@俺の麺 春道の写真【2015.09.17再訪】
この店で食べたのは…2010年の2月。それが最初で最後でした。既に5年半もの歳月が流れていたとは…。この店で最初に食べた頃は、豚骨魚介の大ブームの真っ最中だったと思います。あちこちに方向性が同じ店が開店しましたね。もはや乱立と言っても良いくらいに。この現象は10数年前の家系ラーメン乱立の状況によく似ています。乱立すると、当然ですがいい加減な店が出てくるもので…何度かそんな店で食べるうちにすっかり食傷気味になりました。それでしばらくこの系統の店で食べることがなくなったのです。しかしこの店はしっかりした作り込みをしていた印象が残っていました。

先日新宿で夜から打ち合わせが入った時、海老つけめんの提供を始めたこの店で久しぶりに食べてみたくなりました。18:00頃店到着。もともとあった場所の斜向かいくらいに移転していたことは知っていました。もとの店は狭かったですからね…で、新しい店も決して広いというわけではありません。しかし食べている人の後ろを通るたびにぶつかってしまうほどではなくなりましたね。

券売機では予定通り「海老つけめん(800円)」と「味玉(100円)」の食券を購入。既に店内半分位の席が埋まっていました。真ん中あたりに座って店員さんに食券を渡し、しばし待ちます。その際に味付けを醤油にするか味噌にするか問われましたので、ちょっと迷ってから味噌でお願いします。
この日は雨が降っていたせいもあると思いますが、それほどの大混雑ではありませんでした。しかしその後、女性だけの二人連れ含め次々にお客さんが現れ、あっという間に満席となりました。

概ね7~8分ほどで私の注文の品が出てきました。見た目からしてドロドロのつけ汁。干し桜えびが乗っかり、七味唐辛子が微量振りかけられていて見た目が綺麗です。麺もかつての記憶が蘇りますね。つややかです。では早速つけ汁だけレンゲですくって少量いただきます。
非常に濃厚な豚骨出汁がベース。この手のスープは、中途半端な濃度では絶対に美味しくないですね。この店のように超濃厚であって初めて真価を発揮すると思います。素晴らしいです。おそらく根野菜などを擂りおろして出汁として投入されていると思われ、その甘味も強く感じられます。そこに海老の味と香り。本来もっとはっきり感じるであろう鰹や煮干などの魚介出汁については、この海老の香りの影に完全に隠れてしまっている印象。海老と豚骨魚介の組み合わせは食べる人を選びそうですが、私には生臭さを感じることもなく美味しくいただけました。これもよくバランスされていると思います。

麺は先述のとおり非常に艶やかなストレート麺。この手のつけ麺を提供する店の多くが凶暴的なまでの極太麺を使うことが多い中ではむしろ細く感じるくらいの麺ですが、この店の麺をこのつけ汁で食べてみると、太いばかりが麺ではないということが良く分かります。濃厚なつけ汁をよくつかみ、しっかりと口の中に運んでくれます。ツルッとのどごしがよくて、おそらく300g位ありそうな麺量があっという間になくなってしまいます。

チャーシューはロース肉ですが、しっとりと仕上がっていて、適度な歯ごたえがあって美味しい。味玉も黄身がトロっとしていて私好みでした。

久しぶりにこの店で食べましたが、やはり完成度が高いですね。生き残っていく店はやはり何かが違うのですね。
新宿はラーメン店だけでも沢山ありすぎて、なかなか同じ店で何度も食べる機会がないけれど、もし機会があれば、今度は温かい「中華そば」を頂いてみたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。