なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん 中盛(1.5玉) ※味 濃いめ +ほうれん草多め」@麺家 いわいの写真12月某日、昼、本日は休日、そこで松本シネマライツまで「007 スペクター」を鑑賞に出撃する。007シリーズは基本的に映画館で観ているからして今回も楽しみだ。その前に腹ごしらえで「らーめん 月の兎影」に突撃するも何と「臨時休業」!

仕方が無いので、暫く目標を選定、そして突撃をかけたのは久しぶりとなるこちらの店。店名に「~家」とは付かないが、店主は本場横浜で修業をした本格的な「家系インスパ」の名店である。

11:15着、先客10名、カウンターテーブル席に着座、後客5名。店内には芳しい豚骨のニオイが充満しており、「豚野郎」してはウレシイところ。早速メニュー表(店内写真)を検討、と言っても潔く基本2種類だけなので‘らーめん 中盛’(800円)に即決。

そして年末のハードな仕事が続くので、本日は「ポパイ」の様にチョイとスパルタンなイメージでプラス「ほうれん草多め」(100円)に。これに合わせて、スープを「味濃いめ」でおばちゃんにオーダーする。厨房には店主含めて3名体制、ホールのおばちゃんも3名と、なかなか強力な布陣である。待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー3枚、多めとなったホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、濃茶褐色の豚骨醤油スープに乗っている。そもそもこちらのホウレンソウはちょこんと乗るだけなので「ほうれん草多め」にすると見栄えは良い。

スープから。過去にも何度か突撃しているが、こちらの家系スープは、私的にはマイルドな味わいに感じるからして、今回は「味 濃いめ」としたのだが、これは正解。適度な豚骨臭が漂うスープには濃い目のコクある醤油感のカエシがバッチリと合う。如何にも家系らしい「男のスープ」と言ったインパクトのある豚骨醤油スープとなっている。ホウレンソウも「多め」としたので、これとも濃口スープが良く合っている。

麺は断面四角のほぼストレートな中太麺。茹で加減やや硬めが良く、コワめなモチモチ感が強めの家系スープに良く合っている。小麦の風味もある。店内の麺箱には「(有)清水製麺所」とあったので、市内の老舗製麺所の麺だと思われるが、本場横浜の麺とも遜色の無い家系らしい食感の麺である。これは美味い麺である。

具のチャーシューは多めのホウレンソウの下に隠れていたが、大小含めて3枚あった。柔らかな豚モモ肉チャーシューで、醤油のタレの滲みた味付けが美味い。以前感じたクセは無く、なかなか美味いチャーシューである。多めとなったホウレンソウは、歯ごたえのあるしっとりとしたもの。もともと少な目なデフォの量に比べるとたっぷりとあり、なかなかの食い応えがある。これはイイ。ノリも3枚で、家系を踏襲、磯風味の強いもので美味いのだが、縁にピンと勃っていないので、萎えるのが早いのが惜しい。やはり勃たせねば。刻みネギは少な目。

スープは完飲したいところだが、映画鑑賞中に喉が渇いてもイカンので、少しだけ残し。チョイと久しぶりの突撃となった「家系インスパ」のこちら、今回「味 濃いめ」としたスープは豚骨のコクと醤油のコクがキリッと締まったまさに「家系」そのもののインパクトあるスープで、今までこちらに抱いていた「マイルドな家系」スープを払拭させるもので、本場の家系をイメージさせてくれた。「豚骨醤油」一本のところも潔く、今後は私的に突撃機会も増えるであろう、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。