なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油特製らぁ麺」@らぁ麺 すぎ本の写真スープは鶏と鰹節系(?)の出汁がきいてる、キリッと上品な醤油スープ。
私が求めていた味にドンピシャのスタンダード醤油スープ、もう今後これを超える醤油ラーメンには出逢えないのではないかとさえ思える私的理想型!
日本刀の様に鋭いキレ味の醤油、その後には鰹かと思われる出汁の風味がふわりと甘さを舌に残し、一口飲み終えて尚口中に残る出汁の余韻…視覚的美しさも含め完璧だと思いました。

麺は全粒粉の中細麺で、麺自体の風味も良いし歯応えも柔くなくて私的好み。
スープもよく絡んで合うし、大盛りにして良かったと心底思いました。

具材は叉焼・麺麻・味玉・雲呑・青葱。
叉焼は豚が二枚と鶏が一枚、豚は硬くなく柔らか過ぎず肉感もしっかり残して調理されてます。鶏はむね肉で、パサつきはなくしっとり調理されてます。両方ともスープと合う味です。
麺麻は特に味はつけられてなく薄塩の水煮のままっぽい薄味ですが、他の具材に対して箸休めとなりますし、結果的に味がしっかりしているスープとも合います。タマに麺麻に凝った味がついてるけどスープと合っていない店もあったり、逆に特に味つけしてない事がスープから浮いてる店もありますが、こちらはしっかりスープと合っていて好きな麺麻の使い方です。
味玉は醤油ベースのやや甘めのあっさり味かと思いますが、スープの味に味覚と嗅覚が洗脳されてしまい玉子自体が黄身までかなり美味しい玉子である事しか解りませんでした…次回は塩で早めに食べてみないとなぁ。
雲呑は思ったより皮がしっかりめな茹で加減で、つるっと吸うタイプではなく皮も餡も噛んで味わえるタイプでした。味はこれといって特筆すべき感じはないですが、皮も餡もやはりスープと合うところが良いです。

総合的に、スープに対して麺も具材もしっかり合っていて、器の中が一つの芸術になっています。

店内は木と黒を基調とした内装で、BGMは有線の邦楽ポップス。
しかし生真面目な店主さんの働きぶりのせいか、女性ボーカルの可愛いポップスがかかっているのに、静かな空気と時間の流れ方。しかしながら落ち着けて、居心地は少しも悪くない。
私はこういう洗練された空気の店が好きなのだと、最近自覚しました(笑)

最高のひとときをありがとうございました、次は塩をいただきに来ます!
御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。