なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油らーめん (大盛り)」@麺匠 真武咲弥 松本店の写真6月某日、昼、本日は朝から松本でのゲンバ仕事、お楽しみの昼ラーはどこにしようかと軽く悩む。そして結局突撃したのはこちらの「味噌ラーメン」がウリである「真武咲弥」の松本店。

「真武咲弥」言えば数年前、渋谷の道玄坂を登ったところにある本店「真武咲弥 渋谷店」で食った事があるが、近年全国にチェーン展開をしている模様。この味噌が松本で食える事は味噌ラー好きとしてはウレシイところ。

13:30着、先客16名、カウンター席に着座、後客10名。取りあえずメニューチェック、「真武咲弥」言えば「味噌ラーメン」なのだが、小さく「醤油」と「塩」ラーメンもあるではないか。そこで今回は初食となる‘醤油らーめん’(680円税別)を「大盛り」(100円)でイッテみる。

と、別の単品メニューで「限定醤油らーめん」も発見、サーブのおねーさんにレギュラーメニューとの違いを聞くと「スープが鶏ガラで麺は細麺です」と言う事。取りあえずレギュラー品をオーダーする。カウンター越しの厨房では時々火柱が立つ。流石に「炙り」は本格的である。待つ事10分、着丼。

ビジュアルは、チャーーシュー、メンマ、モヤシ、タマネギ、刻みネギが、細かめの玉油の浮く真っ黒な醤油スープに乗っている。

スープから。「ブラックラーメン」と言っても良いくらい真っ黒なスープはコクがあるので豚ガラ主体か?スープには共に炒められたザク切りのタマネギも混じり、焦がしたと思われる醤油のコクと香りが立つチョイと酸味のある醤油のカエシにマイルドな野菜の甘みも垣間見れる。塩分濃度もやや高めなので、キリッと立った焦がし醤油の強めな味わいが兎に角イケる。美味い醤油スープなのである。

麺は断面四角のちぢれのある太麺。黄色みが強いので、「味噌ラーメン」と同じ玉子麺かと思われる。茹で加減やや硬めに揚がり、プリモチとした食感が醤油スープにも映える。店内には「太兵衛小林製麺」とあり、札幌直送の麺らしい。実に美味い麺である。

具のチャーーシューは豚モモチャーシュー、柔らかく薄味付けも美味いもの。メンマは薄甘醤油味付けのサクコリとした食感、太めなので食い応えもある。モヤシはシャキシャキ、濃い醤油スープにも相性良し。タマネギは炒め煮込まれて甘みが強い。刻みネギの薬味感もフレッシュでイイ。

スープ完飲。「味噌ラーメン」がウリである「真武咲弥」で初めて食った「醤油ラーメン」、それは「味噌ラーメン」同様に焦がしが入り(多分)、醤油の独特なコクと風味が立った美味い一品。札幌直送の太めの玉子麺とも相性良好で食い応えがある。「味噌」もイイが、こちらの「醤油」もなかなかイケるではないかい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。