なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「期間限定 旨辛スタミナらーめん 味玉トッピング」@山岡家 松本店の写真期間限定メニューをいただく。ビジュアルは少量のキムチ、振りかけられたフライドガーリック、キャベツ、青、白の刻みネギが大量にある、チャーシューは分厚くて表面が炙られている、そこにJAFで味玉トッピング。スープからいただく、濃厚な味噌の味がガツンときて、後味に甘味が感じられ、フライドガーリックの風味がしっとりと効いてくる、豚骨のまろやかな旨味もあり、ピリッと辛味もちゃんとある。キャベツは甘くて旨味があり、口直しに丁度良い感じの存在である。キムチも味噌の味に丁度良い。そこに大量のネギの風味がしてくる。麺は特製の太麺で、茹で加減もよくシコッとしった歯応え、ツルツルの表面でのど越しも良くスープとの絡みも良く旨い。チャーシューは分厚い肉で、炙られて焦がある、しっかりとした食感、スープを吸わせて食べるとこれが旨い、後味に甘味も感じられる。味玉も黄身が味噌に良くあい旨い。美味しくいただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 70件

「チャーシューメン」@ラーメン やひこの写真4月某日、昼、本日は朝イチから我がチームの岐阜エリアの担当者と、我がチームの新人君を交えての飯田での打合せ。終了後は飯田で昼ラーだ、と言う事で突撃したのはこちらの店。

かつての飯田担当時代には「上海楼」と共に昼ラーに突撃していた私的2大飯田お気に入り店のうちのひとつ。折角遠くまで来たからしてほぼ4年ぶりの突撃をかけてみる。

11:30着、店内満席、外待ち3名に接続、10分ほど待ってから二人してカウンター席に着座、後客7名。客はほとんどが地元のおっちゃんやおばちゃんで、人気の高さがうかがえる。こちらのラーメンは基本2種類だけだからして壁メニュー(メニュー写真)から‘チャーシューメン’(860円税込)でイク。

こちら新潟・長岡ラーメンの某名店で修業した店主が営む店。カウンターは目の前の店主の所作を眺めながらスタンバれる特等席。店主はチャーシューを薄く切ったり、デカい洗面器の様な鍋で麺を揚げたりとソツがない。この麺揚げの動作が見物なのである。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、薄切りチャーシューたくさん、メンマ、菜の花、ノリ、刻みネギが、醤油スープに乗っている。ノリで隠れてしまったが、春らしく黄色い菜の花が映えている。

スープから。あっさりながらもコクあるベーススープは豚ガラ、鶏ガラ混合と思われ、動物系の旨味がたっぷりと味わえる。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めも、チャーシューダレと思しき醤油の柔らかなコクと味わいが揺らぎ、課長のウマミもさり気なく効いている。加えて、うっすらながらもショウガのふんわりとした香りが立ち上り、これが新潟長岡系の系統にある味わいを醸し出している。この飽きの来ないじんわりと柔らかな醤油の味わいがイイのである。実に美味い醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウエーブのかかった中太麺。茹で加減はやや柔らかめが丁度良く、モチリモチリとした食感が実にイイ。飯田のラーメン店らしい柔目の茹で加減であるが、これが不思議とこの醤油スープと合うのである。実に美味い麺である。因みに厨房には「吾妻製麺」の麺箱が認められる。

具のチャーシューは薄切りの豚ロースチャーシューが折り重なっており、大小合わせて20枚以上はある。柔らかく、まろやかな醤油ダレでの味付けが秀逸で、ところどころに混じる脂身が実にジューシーでバカウマ。実に美味いチャーシューである。メンマも薄醤油の味付けで、柔らかサクサク食感がイイ。菜の花はしっとりと茹でられ、春のプチビターな味わいがステキ。小ぶりなノリの磯風味はやや希薄。刻みネギの薬味感は効いている。

スープ完飲。飯田における私的お気に入り1、2位に位置するこちらの店での「チャーシューメン」。それは新潟長岡系の系統にあるふんわりとショウガが香るコクある醤油スープに、薄切りの豚ロースチャーシューがたっぷりと重なった「チャーシューメン」と言うよりは「肉そば」と言った様相の一杯。生姜醤油スープの旨味、チョイと柔目の中太麺、そしてどっかりの薄切りチャーシュー共に美味くて満足度は非常に高い。間違い無く飯田を代表する美味いラーメンである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「煮干しらーめん 標準」@煮干しらーめん専門店 麺屋 晴の写真濃厚をうたった煮干しらーめんを以前他店で食べて、クソまずかった覚えがあるため、濃厚ではなく、標準を注文。あと肉好きだからチャーシュー麺。スープを一口飲んだら、あれそんな不味くないぞ?むしろ美味いんじゃないか?気付けばスルスルすすってました。
煮干し独特の苦味も少なく、いい感じに効いていて、麺もスープと絡み美味い。チャーシューも美味いけど、若干固めかなあ。けど、他の味も食べてみたいと思える一杯でした。

途中で味を変えようと思い胡椒を探したが、なかったのが残念。
醤油と、煮干し酢?とエビ酢?があったけど、酢があまり好きじゃないので使いませんでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒豚骨つけ麺」@長野らぁ麺 さくら木の写真長野のつけ麺では一番好きかもしれません。
今回は9月まで開催しているつけ麺祭りで提供されている
「黒豚骨つけ麺」を頂きました

黒マー油が効いておりました。いつも頂く取るとろ炊きつけ麺
も十分美味しいのですが、また一味違った旨さがありました。

近くに競合店が出来たけれど、相変わらず満員御礼なのも頷けます

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「塩らあめん」@らあめん ひばりやの写真かなり前に伺った時の画像で失礼します。凄く美味しかったので投稿させて頂きました。

知り合いからのススメで訪問。外並びに接続しました。人気店です。
鷄の旨みが詰まった濃厚白湯スープ。臭みは抑えられ、こってりとコクがあります。
中細麺はしっかりとコシがあり、モチりと美味いです。
鷄白湯系はあまり得意ではありませんでしたが、こちらの一杯はメチャ美味いです。
鷄白湯ラーメンも好きになったきっかけのお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(800円)」@はるき屋の写真旦那さんの帰省ついでに少し足を伸ばし、昼ラーメン。
チャーシュー麺をオーダー。

一緒に頼んだはやの唐揚げが先に到着。
パリパリして相変わらず美味しい。
そして連れのチャーハンが到着。
こちらがまたパラパラフカフカで美味。
チャーシューやかまぼこが刻んだものが入っている。
そうしてる間にチャーシュー麺着丼。

スープから頂く。
透き通ったあっさりしたスープ。
麺もよくある中太麺で少しだけちぢれた麺。
チャーシューは味が染みていて上品な感じ。厚くはないがけしてペラペラではなく程よい厚さ。

あっさり頂きました。
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ニボガッツ」@凌駕IDEA イオンモール松本店の写真岩のり、刻み玉葱、刻みニンニク、メンマ、チャーシュー2枚のビジュアル。岩のりに目が行く、スープには背脂が浮く、煮干の香りが強烈に良い匂い。スープからいただく、やはり煮干の芳ばしい味がガツンと良い旨味、そこに背脂は濃厚な旨味とまろやかな口当たりがあり、醤油タレの味わいが少々きつめの味だ。岩のりの風味と香り、同じようにニンニクも効いてくる。麺は太麺の全粒粉の麺でスープと岩のりの風味、刻み玉葱の甘味ある風味が丁度良い感じに絡んでくる。麺自体の小麦粉の風味も旨く、モチシコッとコシの歯切れで癖になる。具材の刻み玉葱の甘味と風味がきつめのスープにマッチする、シャキシャキの食感も良い。メンマは小ぶりで、醤油ベースの味が程よく味わえるがメンマ独特の味も少し感じる、コリコリの食感だ。チャーシューは豚バラでトロリとした脂身で、肉の部分はしっとりとした食感がある、醤油ベースのしっかりとした味の染み込みで旨い。美味しくいただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 41件

「濃厚つけ麺 大盛り(麺2玉)」@テンホウ 松本渚店の写真4月某日、昼、本日は夕方から明日の大阪出張に備え名古屋での前泊であるが、それまでは松本のオフィスにてミーティング。その昼ラーに同僚たちと突撃したのはこちらの店。

11:35着、先客4名、三人してテーブル席に着座、後客15名くらい。早速メニュー検討、ここは恒例の「夏の人気メニュー」(メニュー写真)から‘濃厚つけ麺 大盛り(麺2玉)’(880円税込)をイッテみる。

この品、「濃厚魚介ベースにがっつり太麺」とあり、麺量はデフォで1.5玉と言う事であるが、腹ヘリなので「大盛り(麺2玉)」とした次第。このあたりがプチダイエットは継続中でも、あと1kgが落ちないところ。意志が薄弱なのである。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚が乗った麺皿と、豚骨魚介のつけダレには味玉、メンマ、魚粉、白ゴマ、刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。豚骨ベースに節系魚粉の魚介感を合わせた所謂「豚骨魚介」ベースのつけダレは「濃厚」とあるがライトな粘度で、どちらかと言うとさらりとした口当たり。動物感はそこそこであるが、魚粉での魚介感はなかなか濃厚である。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めながらも、この手のつけダレに良くある様な酸味と甘味を排したテイストは好印象。そして辛味も抑えてあるので卓上の八幡屋磯五郎の「ラーメン七味」でリカバリー。これがスパイシーで香りも高くてイイ感じ。魚粉の香りをストレートに楽しめるなかなか美味い豚骨魚介のつけダレである。

麺は断面長四角のゆるいちぢれの入った平太麺。加水のある麺で、茹で加減やや硬めが良く、水道水で〆られ、ツルツル、パツパツとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。やはりつけ麺は「大盛り」とするのがイイ。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー。薄醤油ダレの味付けがシンプルに美味い。味玉がデフォで装備されているのがイイ。こちらも薄味付けで美味い。メンマも薄味付けで柔らかサクコリ食感。前記の様に魚粉がなかなかの魚介効果を演出していてイイ。ゴマは少量で魚介にほぼ埋没。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にスープ割り。例によってカップに入って供される。適度に割って完飲。いつものテンホウでイッた「濃厚つけ麺」。それは豚骨の動物系スープをベースに魚粉効果での節系魚介の風味を効かせた豚骨魚介のつけダレで、デフォの「つけ麺」に比べると「濃厚」な豚骨魚介の味わいで美味かった。酸味と甘味を抑えたテイストは私好み。控え目な辛味は「ラーメン七味」でリカバリー出来た。手頃に豚骨魚介が楽しめる一杯である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 76件

「豚骨味噌らあめん 並 ニラトッピング」@豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUNの写真豚骨味噌にニラをトッピング。具材はネギ、メンマ、チャーシューが2枚とトッピングのニラのビジュアル。スープをいただく、口当たりはラードのマッタリとした感じがまとわるような感じで、芳ばしい味噌の香りで、味噌の風味がガツンと来る、そこに豚骨の旨味が合わさるが合わさり濃厚な豊潤で旨い。メンマは醤油の味わいと旨味が染み込み、少し柔らか目の歯応えで濃いめ味わいが旨い。麺は中太麺の断面が長方形で、ストレート麺、茹で加減も丁度良く、モチシコッの歯切れでコシも楽しめ、小麦の風味も感じられ、味噌の味がマッチして実に良い感じ。ニラも風味が良くこれが味噌の味によく合う。ネギもアクセント的に効いて来る。チャーシューはレアチャーシュー的な柔らかい食感、脂身も少なくあっさりとした味わいで燻された香ばしさが口に広がる。美味しくいただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「つけ麺並み+ホウレン草」@ラーメン くじら家の写真夜9時に訪問です。
先客3名、券売機で悩みながらつけ麺を選択。量は並みで、中盛りは自信が無かったので。
自分、醤油よりも塩が好きなので塩でお願いしました。
海苔、チャーシュー、うずらの卵、キクラゲ、キャベツがつけ汁に入ってます。
トッピングのホウレン草、多くて満足です。
チャーシューは塩気が強かったですよ。
他にも中華そばや鶏そばとか気になりましたよ。
美味しかったですよ~

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件