なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「原点らーめん 正油670円 (+大盛120円)」@原点の写真こちらのお店は中心駅の近傍に位置しており、地元の高校生の寄せ書き?のようなものが飾ってあったりと、地域密着な雰囲気が感じられました。
 さて今回は最もベーシックであろうメニューです。白濁豚骨スープに、さらに背脂がプラス。「原点麺」と称するオリジナル麺は、二郎インスパイア系な感じの極太でごわごわしたタイプのもの。地方部では貴重ながっつり系ですね。食べごたえたっぷりの満足感の高いものになって... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「原点ら〜めん_正油」@原点の写真13時半ちょい過ぎ、先客5名、カウンターへ。

マブシイキイロ

メニュー表が一新、いつの間にやら犬推しに・・・
店名通り、原点に戻りトップメニューからイッてみよぉッと!
特製原点麺使用の「ワン」ダブルな一品を愉しむまいて。

スープは白濁した甘みのあるモノ。
麺はムチ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件
84

「原点ラーメン(醤油・大盛)」@原点の写真駒ケ根まで来たので、帰り道にこちらへ、半年ぶりの訪問。
 並盛だと若干物足りない記憶があったので、初めて大盛を注文しましたが、量は歌舞伎町二郎の麺半分と同じくらいかな。少し食べ過ぎです。
 このごわごわとした太麺は長野県内ではここでしか食べられません。二郎インスパイアによくあるタイプの麺です。昔諏訪の一矢で同じ感じの麺を食べた記憶があります。チャーシューと炒めた野菜をおかずにし... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
86

「青鬼油そば(大盛)」@原点の写真11時半ちょい過ぎ、先客5名、カウンターへ。

トンデヒニイルナントヤラ

そ、黄色い看板に誘われて・・・
『油そば』が良さげなキヴン。

いやいやいや、『青鬼油そば』・・・アブね、見落としてた!
新メニューなのか、そんな気になるモノを発見。
早速、変更可能か... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件
87

「油そば(大盛)」@原点の写真オリジナルです。

駅近くに店を構える。
黄色い看板が目印で、伊那の人気店【らーめん屋 原点 青木町店】

18時半ちょい前、先客3名、カウンターへ。
なンとな〜く落ち着く1番奥を陣取る。
では、メニュー表だネ。
今回は狙い撃つ予定での突撃。
ココでのイチオシ「油そば」をチョイス... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件
82

「原点ら〜めん_正油(大盛)」@原点の写真オリジナルぢゃん。

「どさん子」グループのフリーブランド。
目立つ黄色い看板が目印、伊那の人気店【原点 青木町店】

ども。
12時、先客6名、カウンターへ。
メニュー表へと手を伸ばす。
お、変更ありぢゃん…
単純に減っているだけだな、きっと。
まぁ無問題で... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件
87

「油そば」@原点の写真オリジナルだろ。

黄色い看板が目印で「どさん子」グループのフリーブランド。
駅近くに店を構える、伊那の人気店【らーめん屋 原点】

ども。
18時半、先客8名、カウンターへ。
端っこを陣取り落ち着くか否やラミネートされたメニュー表から。
狙い撃ちダ。
《ご賞味あれ!!一度食べた... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

原点らーめん醤油 670円。
モヤシメインの野菜炒めが載ったラーメン。
スープは脂の多い、ややまろやかな感じのスープ。
麺は固めの太麺。六方とかの麺に近いか。
チャーシューは3枚入っていたが、味があまり無いパサパサしたもの。野菜炒めにに比べると弱い。
麺が太いので、見た目以上に腹にたまる。
それと、地味に卓上にニンニクが置いてある。
見ようによっては二郎の亜種と見えなくもない。

33+15+8+12+12

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「原点ら~めん_塩(大盛)」@原点の写真オリジナルなんだよ。

「どさん子」グループのフリーブランド。
黄色い看板が眩しい、伊那の人気店【らーめん屋 原点】

12時半ちょい前、先客5名、カウンターへ。
狙い撃ちであ~る。未食ンのをネ。
メニュー表にて一応確認。
お~コレコレっと。
《こってりスープに炒め野菜がのりました。》と過... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「油そば (大盛)」@原点の写真9月某日、昼、本日は娘2号の出場する吹奏楽コンクールで、ヨメと共に愛車を駆っての伊那入りとなる。娘の学校は午後からの部、しかしヨメは午前中から聴くと言うので、お楽しみの単独昼ラーに。

突撃したのはこちらの店。伊那担当時代に何度も訪れていた店で、看板に「こてこてとんこつらーめん屋」とあるように、なかなかガッツのあるラーメンを食わせてくれる良店。中でも「油そば」が私的好みなので、... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件