なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スィマ

男性 - 群馬県

今は子育ての合間に僅かな小遣いを元手にラーメンを食べ歩く生活です。僅かな小遣い故に店舗のチョイスミスのダメージはデカいんです。なのでRDBは貴重な情報源です。最近は、スマホのアプリ「ラーメン日記」のデータを全て消失してしまい(涙)レビューではなく個人的な備忘録になってますm(__)m

平均点 84.603点
最終レビュー日 2015年10月22日
68 49 41 13
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば800円+豚200円」@ラーメン 滋悟郎の写真本日の昼。
11:00の開店時に到着。先客10名程。
5分程遅れて暖簾が出て、間もなく店内に…
券売機と貼り紙から表題の存在を知りポチ…ついでに欲張った「豚」(共食い)を追加
貼り紙から、無料トピは「ニンニク」「アブラ」のみ「今後、増やしていく」そうです
3ターン目に潜り込み、カウンターの端に着席
「まぜそば」はラーメンよりオペが後になる事を確認
トピのコールは、全増し(現時点)で…
まずはルックス…ジャンク…?、中央に温玉+黒胡椒…拍子木型のチャーシュー、チーズは業務用プロセスだ思われ香りは微弱…
ヤサイは混ぜるコトが前提のためかラーメンの4分の1程度かな
油<スープで液体が多目(あくまで個人的見解)

豚の追加は蛇足でした…混ぜ辛いコトこの上無し…
なんとか天地を返して一啜り…なんか甘いなぁ~…混ぜが足りないか…マゼマゼ…一啜り…やはり甘い
途中から七味&ラー油&酢を大量投入…隣の客がガン見している視線を感じるほどに…
それでも、ワタシには甘いなぁ~バカ舌なのかなぁ~
「まぜそば」なので当然、自家製麺との絡みは良好
麺の茹で加減も好みです
次に気になるのは「まぜそば」のトッピング増加と「つけ麺」の提供開始時期
自宅から近いし、まだまだ楽しめそうです

今回感じた事…(エラそうでスイマセン)
待ち客の(捌き方のマズさもありますが…)質の悪さ…
店主様が「次にお待ちの方の麺量を教えてください」をスルーしたり、店内の待ち椅子に数の限りがあるにも関わらずズラズラと店内になだれ込む邪魔クサい輩…挙げ句に店主様から「券売機前の方から外でお間違い下さい」をシカト…
二郎系の暗黙のルールとか以前に「人としてどうなの?」と感じる客が多かったなぁ~

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「小麦三昧(1200円税別)」@らーめん芝浜の写真Twitterで今週末は2番手のつけ麺が限定で「鰹節つけ汁」に変更されているとの事で、9:40頃に到着。先客は3組。
10:00前に入店させていただけました。
1ロット目で注文でき、数分で1番手のまぜそばが配膳。
プチプチの食感がたまりません。
そして今回の目的、鰹節つけ汁のつけ麺。
蕎麦のカエシのようで、通常の辛味大根より麺の香りが強く感じられて好きかもです。
今回、3番手は塩を選びました。チャーシューを追加トッピングしましたが、バランスをやや崩した様に感じられ「チト余計だったかな~」と反省。
今回も満喫させていただきました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「小麦三昧(1200円税別)」@らーめん芝浜の写真《いやぁ~人気店ですねぇ~》
本日、10:30頃の訪問。
本来の目的地は高崎(当方は太田在住)でしたが、何気に調べたナビによると30分弱で到着出来ると…即、進路変更。
待ち先客1組(2名)
「ホントに日本人形だぁ~」な店員さんに「1名です。」伝え…待つ事15分程で店内に…
注文は迷わず「小麦三昧 らーめんは塩」
店内の客すべてが同様のオーダーらしくアチコチからスマホのシャッター音が…
(ワタクシも店主様に承諾を得て撮りまくりです)
10分程で最初の一杯「まぜそば」が、食べ終わる度に次の麺が提供され、さながらフルコースはたまた懐石か…と言った様相。
それぞれの麺の食感・味は…それぞれ最高でした。
ワタクシごときが、書き表せません←逃げです。
3種類を提供する演出、こだわりを書き記したメニュー等、ラーメン好きにとってココは、まさにアミューズメントパークです。
今ならさほど混雑していませんが、大行列または(諸事情による)突然の閉店(笑)は時間の問題です。
お早めに行かれる事をオススメします。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「かき氷らーめん800円+大盛100円+チャーシュー200円」@麺屋 浦島太郎の写真5月最終日の訪問です。
店前の駐車場は満車。店内もほぼ満席。
券売機で「濃厚煮干し(塩)」を購入後、前出のレビューに書かれていた小さく貼られた「かき氷らーめん」の文字を発見。店主さんに謝罪し50円硬貨を手渡しして無事注文完了。
一人で切り盛りしていらっしゃるので、テレビを見上げながらノンビリ待ちます。
所要時間は不明で配膳されました。
丼のフチに垂れたチャーシュー…欲張り過ぎたか…
名前の通りの「かき氷」そしてプチトマトが涼しげです。
スープ(タレ?)は「マイルドな冷やし中華ダレ」と言った印象でしたが、食べ進めると…酸味と煮干+鶏の香りのバランスが絶妙で病み付きになりそうです。
具の皮付き鶏チャーシューもボリューミーで満足。さっぱりした全体の印象を崩していません。そしてサイコロ大根←徐々に巨大化してませんか?
麺は、よく締めてあり歯ごたえがGoodです。スープの持ち上げも思いの外、よかったです。
全体の感想は、美味しいです。いやぁ夏には、イイ一杯ですね!
「かき氷マシ」とかが出来ればイイかなぁ~
かなり手間が掛かる一杯だと思われますが、頑張って続けて頂きたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件