なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スィマ

男性 - 群馬県

今は子育ての合間に僅かな小遣いを元手にラーメンを食べ歩く生活です。僅かな小遣い故に店舗のチョイスミスのダメージはデカいんです。なのでRDBは貴重な情報源です。最近は、スマホのアプリ「ラーメン日記」のデータを全て消失してしまい(涙)レビューではなく個人的な備忘録になってますm(__)m

平均点 84.603点
最終レビュー日 2015年10月22日
68 49 41 13
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン+大盛(450円+100円)」@ラーメンハウスの写真知り合いに半ば強引に勧められ、住宅街の細い路地に鎮座するコチラに…
店の南「売土地」の看板が立つ空地…が駐車場。
店の看板には「ラーメンハウス 南雲商店」と「カツ丼・ラーメン うまい店」の表記…
カツ丼が先に書かれてる…ラーメンハウスなのに(笑)
店内には、卵や米が袋詰めで売られてます。
テーブルはセンターに2連の会議テーブル(?)と壁に向かった長テーブル。
卓上には胡椒はモチロンだが、なぜかポン酢…
卓上にメニューは無く、厨房(調理コーナー)上の板に記載。
先頭には「定食」?なんの?その隣に記載の「ラーメン」を大盛でオバちゃんに注文。
一人で切り盛り…と思いきや、後からご主人登場。
待つこと10分弱で配膳。
丼から立ち上る熱々の湯気。その下には海苔・ネギ・支那竹・チャーシュー。
そして、ホウレン草とナルト…
『The昭和の中華ソバ』
カサ増し感の強いモヤシは、ご愛嬌か(笑)
接客担当のオバちゃんに撮影の許可を求めると、「なんでラーメンなんか撮るの?」と不思議顔。ご主人が「最近の人は、よく撮るんだってなぁ」「こないだも若い人が来てラーメンも店も撮ってたなぁ」との事。…スイマセン、私は若い人ではありません…(涙)
ともあれ、スープを一啜り。豚・鶏ベースかな?かなり弱く醤油のアピールが「醤油ラーメンですから!醤油味ですけど!なにか?」と言わんばかり。
麺は、いわゆる手打ち風の縮れ麺。
大概こういう店の麺は柔らか目ですが、コチラは歯応えプチプチで好みの茹で加減。
具は、普通の海苔・ネギ・支那竹・ホウレン草・ナルトですな…
チャーシューは…スープに使用したためでしょうね、出涸らしでパサパサで硬い。
まぁ450円ですから…可もなく不可もない『The昭和の中華ソバ』です。
ご主人とオバちゃんの接客は、柔らかく、これも『The昭和の食堂』って感じです。
コチラは雰囲気込みで味わうお店です。ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(醤油) 1000円」@塩らーめん 千茶屋の写真本日の昼。12:00頃の訪問。
テーブル満席。カウンター先客2名。当然、待ち無し。
直前にFacebookを確認した所、「醤油をリニューアルしました」との事。
ならば!と以前から気になっていたチャーシューメンを醤油で…
このメニューは券売機でなく口頭で注文するらしい。
丁寧なペを眺めながら待つ事5分強で配膳されました。
スープは思いの外濃いい褐色。色が濃くなったか?と思いつつ一啜り…過去の記憶と照合して…「丸く・太く」なった印象。バカ舌だわ、記憶力が低いわ、挙げ句に表現力が乏しいわ、でスイマセン。
麺はツブツブが目を引く全粒粉。
茹で加減はプツプツで、始めは小麦の味がしっかりしていて、後からスープとの絡みが良くなって…美味しい。
チャーシューは、トロトロの中に繊維も程よく残り食感が良かった。
やはりコチラは一杯食べ終えるまでのバランスを考えてくれているように感じて、スープを飲みきるまで満足できした。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
このレビューは移転前のものです。

「らーめん(750円)」@麺工 小烏丸の写真4日(土)の昼。
以前から気になってたコチラへ…農大二高の近く
古民家…と言うより古長屋(?)
そして変則的な3台分の駐車場に空き1台分。
初訪なので券売機の左上…チト寂しいので「下仁田チャーシュー(豚)200円」+「雫味玉100円」欲張り過ぎでしたね…
一人でしたがテーブル席を案内されました。
10分程で配膳。思ったよりスープが黒かった。
油が程よく浮いてました。メンマは太め。チャーシューは別注の豚のほかに鶏チャーシュー…これがデフォなんでしょうかね?
スープを一啜り。カエシは強めでしたが鶏+豚のスープが強目なので丁度イイ塩梅でした。
麺は褐色の全粒粉でしょうか?プチプチ感が丁度良かった。
鶏チャーシュー柔らかでしたが、豚の下仁田チャーシューは、低温仕立て(?)のほんのりピンク…チト固かった。美味しかった。
スープも残さず完食。
トータル「イイ塩梅」な一杯でした。
残念だったのは、古い家屋独特の臭い…歴史的建造物の中みたいな埃(?)臭さが気になった事…個人的に苦手です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼豚らーめん900円+半熟味玉(力丸くん)100円」@麺屋 つるるの写真本日12:30頃の訪問。駐車場空き1台分。待ち1組(2名)
なんとなく昼時にいた足利市でRDBを調べると…
5月15日OPEN ならココでしょう‼
ノートに名前を記入し待つ事15分弱でカウンターに
事前に拝見していたメニューからコチラをオーダー
5分弱で配膳されたルックスは…
間違いなく美味しい一杯です。
仕事の丁寧さが伝わる上品な一杯。
この足利で「まさかっ!(汗)」な一杯(あくまでも個人的なイメージです)
細かなネギと鶏油(?)の浮かぶ透明感?あるスープ。地鶏研究会から生姜を抜いた様な感じ…でしょうか?
インパクト大の焼豚3枚。粗めの斜め切りのネギ。拍子木タイプのメンマ。
その下に沈む、角が立った手打ち麺。隣の佐野とは異なる手打ち麺。
個々の具の味付けを含め、全体のバランスを良く考えられた一杯だと感じました。
名店誕生の予感です。


…ただ、地元の親しいお客を大切にすると、遠方からのお客が入り辛くなり
全て(遠方)のお客を大切にすると、地元の親しいお客の足が遠のきます。
足利という土地柄での、今後の方向性に注目です…

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「「限定」秋刀魚らーめん650円」@らーめん芝浜の写真Twitterで限定の情報を得ましたので、朝から洗濯を済ませて10:00にコチラへ…
列は10人程、10:00からの10食限定…微妙か…
しかし先客は三昧をオーダー。狙い通り限定の『秋刀魚らーめん』を列の途中で日本人形風店員さんに注文…
貼り紙には「さんま節と丸鶏と鮮魚出汁のトリプルスープ」とのコト
15分程で店内に。着席から10分程でカウンター越しに配膳されました。
おぉ~らーめんの上に光モノ…シュールでしたね。
肝心の味ですが、アホ舌なもので…さんま節かどうかは特定できませんが魚介の甘味を感じました。南蛮系の蕎麦つゆを思わせる和風の仕上がり。
遊び心のトッピング〆秋刀魚(?)が二切れ。スープでレアになっとりました(笑)
チト生臭かったですが、これが無いと「秋刀魚らーめん」と識別しづらくなりますもんね(笑)
今回の限定も一気にスープまで飲み干す旨さでした。
セットチャーハンも忘れずに頂きました。やはりコチラも美味しかった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「味玉チャーシュー醤油らーめん(1000円)」@らーめん芝浜の写真今日の昼、11:00頃の訪問。
待ちは4・3・1の3組。コチラのお店は回転がイイ!お客様も解ってるから食後のテーブルでウダウダしない。
今回の目的はズバリ「サイドチャーハン(280円)」
前回の訪問の際、他のお客様が注文されていたのを見て頭から離れず…
しかし、ラーメンもトッピングMAXのコチラを注文…日本人形似の店員さんに…
カウンターに通されてから10分程で配膳されました。
言うまでも無く見た目…極上(個人的意見)です。
スープは、鶏や貝類がメインの魚介が遠くに香り上品です。
トッピングも整っていて、ロースのチャーシュー(コンフィ)はローリエ等のハーブが香りますが、スープの邪魔はしてません。
豚バラチャーシューはホロホロですが香ばしさも感じます。
メンマは細目で柔らかでした。
コチラの主役は、やはり麺!小麦の香りが残る細麺はプッツリ感がある低加水、良い食感です。
しかし今回の目的は「チャーハン」。
ロースチャーシューとネギのみの具材、卵は錦糸かと思わせる仕上がり。
味付けは控え目でパラパラ+フワフワの食感。
コチラのラーメンに対するサイドメニューとしては最高の仕上がり(個人的意見)です。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 5件

「チャーハン・ラーメン・ギョーザ1000円」@高原飯店の写真今日の昼、13:30頃の訪問。先客0人。
午前中から引き摺ってたチャーハンを求めてコチラに。
お座敷席にもメニューが貼り出されていました。
若干値上がりしています。
それでもラーメン単品600円・チャーハン単品600円・ギョーザ300円が訂正されて250円
そして念願の新セットメニュー!今回、注文した「チャーハン・ラーメン・ギョーザ」庶民的中華料理の3大巨頭が揃い踏みです。
すべてが懐かしさを感じられる味わいで美味しくいただけました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「パール(アコヤ貝とホタテ貝のらーめん)810円」@らーめん芝浜の写真本日10:30頃の限定狙いの訪問。待ち3名。
ドアの貼り紙で正式名を確認。「パール…注文するのがナンか恥ずかしい…」
程無く入店。カウンターのほぼ中央。
隣に私の直前に入店された常連様…悩んでらっしゃる?
お冷やとオシボリが運ばれたので、すかさず限定の残数を確認。店主様から「あと1つ」との回答。
即、注文。隣の常連様、スイマセンでした。
数分でカウンター越しに配膳されました。
美しい!生貝柱のトッピングが目を惹きます。
いい香り!ホタテの甘い香りが一口目への期待値を引き上げます。おそらく干し貝柱かな…失礼ですが、ホタテ缶のスープにも似た香りです。
スープを一啜り…旨い!魚介類好きに限らず、日本人なら大半が好きであろう貝の甘みと凝縮された旨味成分。背後に鶏ガラかなぁ?良質の油も浮かぶスープ。ホントに旨い!
そのスープに負けない小麦の香りを纏った細麺。固さも絶妙でプチプチ食感。スープの持上げの良さも感動的です。
一気喰い。幸せな一杯でした。


ホタテ…安岡力也

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「ラーメン 520円」@そば処 阿原本店の写真数日前の昼に訪問。
近所なのでよく行きますが、まさかRDBに登録されてるとは…
地元で昔から愛されている「田舎の蕎麦屋」です。昼時は、かなり混んでます。
ラーメンの麺も「手打ち」だそうで、小麦とカンスイの香りが懐かしさすら感じさせます。
スープは鶏ガラベースに鰹出汁でしょうか?いわゆる「蕎麦屋のラーメン」の典型です。
チャーシューはホロホロの巻きバラ。メンマは業務用でしょうかね。
全体のレベルはそこそこ高いと思います。
トッピングの盛付けが毎回違うのは、「田舎の蕎麦屋の愛嬌」でしょう(笑)
個人的にはコチラのカツ丼760円も好きです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「えび風麺(600円)」@麺屋えんの写真家の近くに新店舗がオープンしたのですが、直ぐに行く勇気が無く…
本日の11:45頃の訪問です。
以前は中華料理屋だった店舗。駐車場が狭くて停め辛いです…軽で良かった。
店舗の中央に券売機がありました。が…最上段にはトッピング系、最下段にメインの麺類、というイレギュラーな並び…分かり辛いですね(>_<)
初回なので基本メニューと思われる「えび風麺」を選択→「ゴトン」と重い音→券ではなく数字の書かれた箱(笑)が取り出し口に…なかなかのユニークさです。
先客は3組(ソロ×2、カップル×1)カウンターに座り、店内オペがワチャワチャしているのを見ながら待つこと数分…着丼。チャーシュー・味玉(半分)・ネギ・水菜とシンプルな見た目。海老の香りがスゴかったです。
スープの色が濃いですが、海老の甘さがあり独特の味わいで美味しいです。
麺は縮れが強く、スープの持ち上げがイイですね。
しかし麺自体の味が弱く感じました。スープが強すぎなんでしょうか?量も少な目です。
トッピングに関しては…普通です。特筆すべき点はありませんでした。
全体の感想としては「物足りない」と言うか「もったいない」と言った感じでした。惜しいです。
自宅から最寄りの店なので、今後の進歩に期待します。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件