なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.155点
最終レビュー日 2019年10月23日
1,319 757 0 1,224
レビュー 店舗 スキ いいね

「スパイシーカレーつけそば」@中華そば 虎桜の写真ムハンマド5世国際空港から成田へ。長旅で疲れたのだが、お腹を満たそうと京成線沿線ラーメン店巡りで、こちらへ。最初は汁なし担々麺を食べようと思っていたのだが、限定があればそちらも検討しようという心づもりで。で、限定を発見。

食べたのは、スパイシーカレーつけそば 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78972738.html

麺は、若干捻りの入った中太平麺。デフォルトで頼んだのだが、水で〆られていることもあり、しっかりとしたコシと弾力のある麺。小麦の香りも良好。しかし、並だと麺量は正直少ない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。鰹節の風味が効いた和出汁感あふれるスープ。その名の通りスパイシーで、結構辛めの仕上がりである。麺と比べてスープの量が多く、最後は余る感じだ。

チャーシューは、鶏むね肉の小間切れ。ひき肉も多く入っているが、チャーシューにあまり存在感がない。

その他、ひき肉、メンマ、白ネギ、青ネギが入る。ただ具材としては、貧弱。券売機の大きなボタンのメニューは、いずれもちょっと実力不足と言う感じ。むしろ、小さいボタンに魅力的なメニューが多い。

店内は、カウンターとテーブル席。店主のサービスは良好。毎回スタッフが違うので、サポートの確保には、なかなか苦労しているようだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「渡り蟹のつけ麺 大盛」@麺屋 百式 権之助坂店の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅へ。目黒駅を越え、権之助坂の中腹にあるこちらへ。何度か前を通り過ぎ、気になっていた店だ。

食べたのは、渡り蟹のつけ麺 大盛 880円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77865479.html

麺は、ストレートの太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感のしっかりした麺が出てくる。全粒粉で、麺には粒粒が見える。ただし、風味にはあまり影響を与えていない。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、渡り蟹から魚介系の出汁を採る。食べ始めはしっかりしたスープなのだが、後半になり、麺の水分を吸い、かなり弱いスープになる。麺とスープのバランスが悪く、後半戦はかなりイマイチな印象。

チャーシューは、ばら肉スライス。独特の風味。

その他、メンマ、ネギ、海苔が入る。

店内は、カウンターのみ。接客は丁寧。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

専修大学での会合後、まだ午前早い時間だったのだが、朝から営業しているこちらへ。久しぶりの訪問だ。

食べたのは、限定 熟成牡蠣 塩つけ麺 1000円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77286132.html

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、若干緩い。「がんこ系」特有のコリコリした硬めの食感を楽しむことができない。小麦の香りは、それなりにある。麺量は、ラーメンと同じ200gで、つけ麺としては、少ないほうだ。

つけ汁は、殻付き牡蠣から魚介系の出汁を採り、背脂がぷかぷか浮いた脂タレと合わせている感じ。元々乾物系を使うのが得意な店なので、魚介の風味は複雑にする。しょっぱさは健在で、美味しいつけ汁だ。後半、スープを足してもらったら、しょっぱさが大幅に消え、ちょっとぼやけた感じになってしまった。

チャーシューは、ばら肉ロール。大振りのもので、スープに着けておくと、ほどけるほど柔らかい。

その他、海苔、メンマ、バター、ネギ、揚げネギが入る。バターはコクが出るのだが、スープの風味を消しがち。

店内は、カウンターのみ。朝から客の入りが良いが、ラーメンに対する情熱を強く感じる。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけ麺 もつ 200g」@龍の家 新宿小滝橋通り店の写真早稲田大学での会合後、散歩がてら大久保経由で小滝橋通りへ。小滝橋通りは選択肢が多いのだが、こちらに行列がなかったので、こちらを選択。

食べたのは、つけ麺 もつ 200g 800円。現在小麦が高騰しており、あちこちのラーメン店で値上げが目立つ。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74406669.html

麺は、ストレートの中細平麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある小麦の香りも豊潤な美味しい麺だ。良質の小麦を使っていることはわかるが、やはりつけ麺としては量が少ない。

スープは、豚頭をしっかりと煮出し、動物系の出汁を採る。これにマー油が加わり、ニンニクの香ばしい香りが。更に、モツを焼き、その香ばしさも加わっている。スープは熱々で提供されるが、麺が冷たいのですぐに冷める。ただし、途中で温めてくれるので、最後まで美味しく頂ける。

チャーシューは、ばら肉スライス。こちらも炙ってあるので、旨味が活性化している。美味しいチャーシューだ。

その他、モツ、海苔、メンマ、ネギが入る。サーヴまでは、卓上の辛モヤシと高菜を楽しむ。ビールが欲しくなるようなシチュエーションだ。

〆は、おじや。残ったスープを温めなおし、おかゆを入れ、更にネギ、チャーシューまで再度トッピングしてくれる。これで結構お腹いっぱいになり、十分満足。

店内は、カウンターとテーブル席。今日のオペレーションは前回ほどの目配り、気配りはなかったが、相変わらずレベルの高い接客だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚つけ麺 大盛」@銀座 朧月 目黒処の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅方面へ。先日、すぐ近くの「維新」で美味しいラーメンを頂いたので、負けず劣らず美味しいこちらへ。

食べたのは、濃厚つけ麺 大盛 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/73280083.html

麺は、ストレートの太麺。エッジの効いた太麺で、非常に弾力がある。まるで、讃岐うどんを食べているかのようだ。デフォルトで頼んだのだが、コシのある美味しい麺で、小麦の香りも豊潤。さすが、つけ麺を前面に押し出しているだけある。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。濃厚なスープで、粘度の高い麺との絡みの良いスープ。最後にスープ割をしてもらうと、また違った印象を感じる。

チャーシューは、存在しない。

その他、角切りのメンマ、ネギ、なるとが入る。麺量が多い割に、具材が少なく、そのため、麺とスープの印象ばかりが残りがちになる。美味しいのだが、個人的な印象では、つけ麺より、ラーメンだ。

店内は、カウンターのみ。そんなにピカピカではないが、味のある雰囲気。もともとのラーメンは美味しいので、これからも楽しみだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「つけ麺もつ 中盛」@龍の家 新宿小滝橋通り店の写真早稲田大学での会合後、小滝橋通りへ。以前からいつも行列で気になっていた、こちらへ。今日はそれほど行列ではなく、数人の行列に接続。

食べたのは、つけ麺もつ 中盛 780円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/72177998.html

麺は、ストレートの中細平麺。デフォルトで頼んだのだが、水で締めてしっかりとコシのある素晴らしい麺。小麦の香りも芳醇で、これは驚きの美味しい麺。後述のスープが熱々なので、水で締めていても、美味しく頂くことができる。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採る。焦がしニンニクのマー油がしっかりと効いていて、コクがある。モツを焼いた香りが素晴らしく、麺との相性も非常に良い。モツから出る甘みも感じる美味しいスープ。

チャーシューは、バラ肉。タレの染みも上々で、肉の旨味も残っている。麺、スープ、チャーシューともに素晴らしい。

その他、モツ、ネギ、メンマ、海苔、ネギが入る。モツは、カリカリで香ばしい。

最後に、おかゆを出してくれ、おじや風にして頂いた。これもサラサラで美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。店員の目配り、気配りが素晴らしく、これは人気店になるわけだと納得。競争の厳しい新宿だが、その中で行列を作る素晴らしいお店だといえる。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚つけ麺 特盛 600g」@麺屋武蔵 新宿本店の写真早稲田大学で会合後、小滝橋経由で新宿まで散歩。今年の夏は曇り空の日が多く、意外に過ごしやすい。昼時を外したので、行列もなくすぐに入店。

食べたのは、濃厚つけ麺 特盛 600g 950円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/72136031.html

麺は、ストレートの太麺。デフォルトで頼んだのだが、グミグミした食感のつけ麺で、小麦の香りも良好。ただ、武蔵らしさというのは、あまり感じられない。美味しいのだが、個性に欠けるというか。2000年前後の「武蔵」の革新的なイメージは見られない。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。これに砂糖が結構入り、ベタベタした印象のスープ。麺600gの場合、スープの量も多くなるなど、良いサービスではあるが、スープ自体がくどく、食べていて疲れるスープ。スタートから温いのは頂けない。

チャーシューは、角煮で、麺に大きな角煮が入り、スープにも、小さな角煮が入っている。

その他、ネギ、メンマが入る。

店内は、カウンターのみ。外国人対応にも慣れた対応だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけめん(激辛) サービス大盛」@つけ麺 坊主 間宮の写真日本橋堀留町で愛犬の散歩をした後に、小伝馬町まで足を延ばす。水戸市の激辛ラーメンとして人気だったお店が東京進出。ということで、こちらを訪問。

食べたのは、辛つけめん(激辛) サービス大盛 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/71536884.html

麺は、ストレートの中太麺。つけ麺なので太麺をイメージしていたが、つけ麺としては細目の中太麺。デフォルトで頼んだのだが、冷水でしっかり締められ、コシのある仕上がり。大盛で450gだというが茹で前の450gではなく、茹で後の450gのイメージ。なので、g数からイメージするほど大盛ではない。ちょうど良い量。サッポロ製麵。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節から魚介系の出汁を採る。鶏白湯のWスープ。これを岩田醸造の赤味噌「紅一点」で返す。動物系というよりも、かなり魚介系が前面に出たスープ。表面は、マー油で仕上げられていて、コクを感じる。魚粉も入り、それにより麺に対するスープの絡みが非常に良い。激辛にしてみたが、個人的にはちょうど良い辛さ。

チャーシューは、ばら肉のサイコロブロック。非常に柔らかく、トロトロで美味しい。

その他、海苔、魚粉、ネギが入る。

店内は、カウンターのみ。路地に入ったところにあり、ちょっと目立たないが、美味しい店でこれからも頑張ってほしい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 特盛 500g」@麺屋武蔵 武骨の写真東京大学での会合後、御徒町経由で若干北へ上り上野寄りへ。もう何年振りだろうか、往年の名店であるこちらへ。

食べたのは、つけ麺 特盛 500g 870円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/67765681.html

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で、決して悪くない美味しい麺が出てくる。しかし、勝手な言い分ながら流れ作業で出てくる並でも特盛でも同じ価格のこの麺に、却って魅力を感じなくなる。美味しいし、たくさんサーヴしてくれることは間違いない。感謝すべきことだと思うのだが、そういうジレンマを感じる。

スープは、これだけの麺を受け入れるためか、かなりメリハリの効いた味付け。塩加減、砂糖加減ともにかなり強烈。砂糖のためにべたつきをかなり感じる。しかし、これもまた好意によりお代わり可能。僕もまた、お代わりをお願いすると、快く新しいつけ汁を作ってくれた。サービスはとにかく素晴らしい。

チャーシューは、角肉。トロトロでいうことがない。本当に美味しいチャーシューだ。タレの染みも上々。

その他、つけ汁にはメンマ、ネギが入る。「武蔵系」の隙のないサービス。しかし、そこにマニュアル化を感じ物足りなさを感じるのは贅沢なのだろうか。

店内は、カウンターのみ。今日もしっかりしたオペレーションだった。素晴らしいの一言だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚つけ麺 中(300g)+サービス味玉」@銀座 朧月の写真帝国ホテルで会合後、銀座方面へ戻り、こちらへ。昼時を少し過ぎた遅めの時間帯だったが、なかなかの行列。で、進みがかなり悪い。まあ、時間はあったので、のんびり待った。

食べたのは、濃厚つけ麺 中(300g)+サービス味玉 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/66789213.html

麺は、ストレートの極太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりと存在感のある極太麺で、グミグミした食感。小麦の香りも豊潤で、非常に美味しい麺。300gというがそれほど多さは感じない。極太麺なので、麺の本数が少ないからかもしれない。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、鰹節、煮干から魚介系の出汁を採る、所謂Wスープ。もう散々見飽きたスープだが、非常によいバランスで、やはり美味しいスープは美味しいと感じさせられる。濃厚なのだがくどさがなく、絶妙のバランス。表面の鰹節オイルも風味が出ていて良い。

チャーシューは、ロースを細かくカットしたもの。スープとの馴染みも良く、つけ麺で食べやすいタイプだ。こちらもタレの染み、肉の旨味などしっかりとしていて、満足できるもの。

その他、タマネギ、ネギ、メンマ、ナルトが入る。サービスの味玉は半熟で、それだけだと冷たいが、熱々のスープに入れるとちょうど良い。麺をほとんど頂いた後、スープ割。煮干がしっかり香る美味しいスープになる。思わず完飲。

店内は、カウンターのみ。意外に小さな店。しかし、オペレーションはしっかりしており、つけ麺を楽しむことができた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件