なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.155点
最終レビュー日 2019年10月23日
1,319 757 0 1,224
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーばんめん 大盛+炙りちゃーしゅー」@ばん麺 一真亭の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。住宅街の中にある、こちらへ。美味しいばん麺が忘れられず、すっかり足しげく通っている。

食べたのは、カレーばんめん 大盛+炙りちゃーしゅー 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80661738.html

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、この日もモチモチの美味しい麺が出てくる。大盛にすると2玉になるようで、推定350g。結構なボリュームだ。しかし、タレとのバランスは若干悪くなり、麺の量に対してタレが追い付いていない。

タレは、カレー。鶏がらから動物系の出汁を採り、カレーで返したもの。スパイシーなタレで、十分な辛さがある。

チャーシューは、ばら肉の炙り。美味しいので、今日は1枚トッピングを追加してみた。肉の旨味も保持されており、この価格帯でこのレベルなら十分だろう。

その他、ネギ、メンマ、レモンが入る。レモンの大きさは変わらないので、麺量は標準のほうが、レモンの効果は高い。

店内は、カウンターとテーブル席。地元客から高い支持を得ているようで、この日も次から次へとお客が入っていた。隠れた名店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーばんめん」@ばん麺 一真亭の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。間を置かず、こちらへ訪問。実は、前回結構感動していた。

食べたのは、カレーばんめん 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80599839.html

麺は、捻りの入った中太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、なかなか。麺量はそれほど多くないが、愛おしくなるくらい麺が美味しい。

タレは、鶏がらから動物系の出汁を採り、カレーで返す。「辛いですよ」という注意が入るのも納得で、結構スパイシー。でも、これが美味しい。麺との絡みも良好で、どんぶりの中で一体感を感じる。

チャーシューは、腕肉。ホロホロで柔らかく、肉の旨味もなかなか。この価格帯でこのチャーシューは、出色だ。

その他、メンマ、青ネギ、白ネギ、レモンが入る。レモンを絞ると爽やかに。

店内は、カウンターとテーブル席。この日は夜訪問したのだが、大盛況。美味しいので納得できる人気だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「油そば 麺硬め 特盛+サービスライス」@油そば 君の写真東京大学での会合後、本郷からお茶の水方面へ。その途中にある、こちらへ。何度も前は通っていたが、初訪。

食べたのは、油そば 麺硬め 特盛+サービスライス 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80570507.html

麺は、捻りの入った太麺。麺硬めで頼んだのだが、それでも若干緩さを感じる。もともと緩めだという情報を得ていたので、硬めにして正解。特盛でも300gでそれほど量は多くない。他店で大盛を食べているなら、特盛で正解だろう。

タレは、醤油ベース。麺との絡みは良好で、油も美味しい。意外と量があり、スープとしても飲めるくらいだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味は、抜けている。

その他、ネギ、メンマ、海苔、カイワレが入る。

ライスはパサなライスだが、最後追い飯として残ったタレに絡ませると、タレを上手く吸い美味しく仕上がった。

店内は、カウンターのみ。中華な女性2人のオペレーション。しっかりしたオペレーションで効率的だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺」@中華そば 虎桜の写真東京藝術大学での会合後、町屋へ。町屋駅から少し離れた、こちらへ。

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80519416.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、今日は茹ですぎ。冷やし担々麺が出たので、その基準で茹でた感じ。いつものしっかりしたコシを感じられない。小麦の香りは、それなり。

タレは、丼底に胡麻ペースト。濃厚な胡麻ペーストで麺に絡めると、本当に濃厚な重みのあるタレになる。表面には辣油を垂らしてくれるが、マイルドなので、卓上の痺れ辣油が必須。追加して辛味を増す。

チャーシューは、ほぼ存在せず、炸醤肉末に依存する。こちらは結構量が多く、食べても食べてもなくならない。

その他、ネギ、白髪ねぎ、刻みメンマが入る。そして、白スープ。貝ベースで、旨味十分の出汁は、20円で楽しめるのがもったいないくらい素晴らしい。

店内は、カウンターとテーブル席。相変わらず、目配り、気配りの利いた良いサービスだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「汁なしジョニー 赤」@麺屋 愛心 TOKYO 町屋店の写真東京藝術大学での会合後、町屋へ。久しぶりに、こちらへ。ドアを開けようとすると新メニューが。そこでチャレンジ。

食べたのは、汁なしジョニー 赤 980円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80499384.html

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるもっちりした麺。タレとの絡みも良好で、美味しい麺だ。

タレは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。かなり濃厚なタレで、まず煮干しがしっかりと主張してくる。赤の辛味もしっかりしている。麺との絡みがとてもよく、この後の追い飯も期待できそうだ。

チャーシューは、ばら肉のほぐし肉。ほぐされているので、食べやすいし、麺にも絡みやすい。

その他、刻み玉ねぎ、味玉、磯海苔、ネギが入る。味玉はトロトロでタレの染みも上々。

そして、追い飯。麺に対しては味の濃さが勝っていたが、追い飯にすると丁度良い塩梅に。満足できる美味しさだった。

店内は、カウンターのみ。相変わらず狭い空間だが、いろいろな工夫がなされている。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「ブタメン 中+アブラ」@恵比寿ブタメン 早稲田店の写真早稲田大学での会合後、大学からそれほど遠くない、こちらへ。

食べたのは、ブタメン 中+アブラ 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80488205.html

麺は、捻りの入った太麺。「二郎直系」標準と比較すると、かなり細めの部類。茹で加減は、デフォルトで若干硬めの仕上がり。小麦が詰まった感じで、しっかりした麺だ。

タレは、醤油ダレに液体油が油層を作る。麺とヤサイをしっかり絡めると良い感じでバランスがとれる。〆に九十九里産のカタクチイワシの出汁。風味がよい。

豚は、腕肉の塊。ホロホロ具合と繊維質のバランスが良く、タレの染みも上々でとても美味しい。

その他、ヤサイが入る。デフォルトで200g。それなりの量だ。アブラは、トロトロでこちらも美味しかった。

店内は、カウンターのみ。二郎風まぜそばで、また違った味わいを楽しんだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーばんめん」@ばん麺 一真亭の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。南千住の住宅街の中にポツンとある、外見は全く普通の住宅である、こちらへ。

食べたのは、カレーばんめん 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80481295.html

麺は、捻りの入った太平麺。デフォルトで頼んだのだが、ムチっとした感じの太麺で弾力のある美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、なかなか。麺量はそれほど多くない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、カレーで返す。しっかりスパイシーなカレー味。麺との絡みも良好で美味しいスープだ。

チャーシューは、ロースの厚切り。この価格帯では十分満足できるレベルのチャーシュー。肉の旨味も感じられる。

その他、メンマ、ネギ、レモンが入る。レモンを絞ると爽やかな味に。

店内は、カウンターとテーブル席。非常に穏やかなのんびりした空気が流れており、地方の家族経営の店に訪問したようなゆったり感を味わった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「汁なし担々麺」@中華そば 虎桜の写真東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。最近、町屋も美味しいラーメン店が増えてきているが、今日はこちらへ。

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79863863.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチでベストの茹で上がり。小麦の香りも豊潤。本当にレベルの高い麺だ。タレとの絡みが素晴らしく、持ち上げるのも苦労する絡み具合。かなり重量級の麺だ。

タレは、ベースは胡麻ペースト。ここに少しだけ白のスープを加え伸ばしているようだ。盛り付け後には、辣油を垂らしている。しかし、ベースの味付けはそれほど辛くないので、卓上の痺れ辣油で調節。美味しく仕上がった。

チャーシューは、存在しない。しかし、餡の粗挽きひき肉が存在感を発揮する。


その他、青ネギ、白髪ねぎ、ひき肉餡、味玉が入る。ひき肉餡は胡麻ベース。かなりボリュームがあり、麺にたっぷりかけて食べても足りなくなることはない。そして、白スープ。貝出汁をしっかり感じられる美味しいスープ。担々風味との相性も良い。

店内は、カウンターとテーブル席。今回は夕方の訪問。ワンオペだったが、円滑なオペレーションだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「汁なし担々麺」@中華そば 虎桜の写真東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。久しぶりにこちらに伺ったのだが、夜の訪問は初めてだろう。

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79633113.html

麺は、ほぼストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感のとても美味しい麺が出てくる。しっかりとスープに絡め食べるのだが、非常に絡みが良いので、タレから麺を引き出すだけでも一苦労だ。どっしり重量感を感じる麺。

タレは、芝麻醤をベースに、ひき肉、刻みメンマなどが入る。以前と比較すると大分マイルドになり、卓上の痺れ辣油で調整。結構痺れが本格的で、少し入れるだけで十分に表情が変わった。

チャーシューは、今回は見当たらなかったような気がする。

その他、ネギ、白髪ねぎ、味玉が入る。この一杯だけでしっかりと完成形だ。

そして、白スープ。貝出汁が豊潤で、担々麺にしっかりと合う。このマリアージュも素晴らしい。

店内は、カウンターとテーブル席。夜の席は、ビールを楽しんだり各自時間を悠々と過ごしているようで、この雰囲気もなかなか良かった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「汁なし アブラ」@つけ麺・汁なし専門店 R 中村店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。名古屋駅近辺で二郎系のお店がいくつかあるのだが、今日はこちらへ。

食べたのは、汁なし アブラ 800円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77962062.html

麺は、捻りの入った極太麺。デフォルトで頼んだのだが、非常にコシのあるモチモチした食感のインパクトのある麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。相当な噛み応えで、噛んでいるだけで後半戦疲れてくる。しかし、噛むたびに幸せを感じる素晴らしい麺。500g。自家製麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。これに返し、脂が入り汁なしダレを構成する。濃厚なタレで麺にもよく絡む。混ぜると麺は飴色に変化し、良い感じになる。卓上の唐辛子を入れ、辛目に仕上げると最高だ。

チャーシューは、サイコロ状。今回は塊ではないので、豚とは表現しない。硬めの仕上がりだが、肉の旨味は十分に感じられる。

その他、モヤシ、青菜、目玉焼き、メンマが入る。目玉焼きは、半熟と完熟の間。それほど流れない。モヤシは、なんと生。若干辛味を感じるが、天地返しして麺の熱さで少しだけ茹でる。そうすると、やや食べやすくなる。

店内は、カウンターのみ。非常にワイルドな空間。麺との格闘に集中できる良い空間だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件