なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.149点
最終レビュー日 2019年10月21日
1,317 755 0 1,223
レビュー 店舗 スキ いいね

「スジラーメン 麺硬め+餃子セット」@ラーメン いのよしの写真鳥取大学での会合後、鳥取市から倉吉市へ。国道9号線をひた走り、倉吉市内に入ったところにある、こちらへ。

食べたのは、スジラーメン 麺硬め+餃子セット 1050円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80707656.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コシのあるプリプリした美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、なかなか。山陰地方のラーメンの麺では、頭抜けた存在だろう。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。牛すじのタレも使用し返すので、非常にコクのある甘みがしっかりした、これぞ牛骨というスープが出来上がる。山陰の牛骨スープは、牛骨と言いながら醤油が強いことが多いので、このボディの強さは、正に本物だ。

チャーシューは、牛すじ。トロトロで甘みがあり柔らかく、とても美味しい。

その他、モヤシ、ネギが入る。

そして、餃子。棒餃子の揚げ餃子。これは、あまりインパクトがなかった。ライスもセットされるので、お腹いっぱいになる。

店内は、カウンターとテーブル席。相変わらずオペレーションも素晴らしい。この客捌きも山陰随一のレベルの高さだろう。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「台湾ラーメン 麺硬め+ニンニクチャーハン」@味仙 名駅店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。普段なら名古屋駅構内の「味仙」に行くところだが、観光地化していることもあり、そうではない「味仙」の持ち味を感じられる、こちらへ。

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 600円+ニンニクチャーハン 700円。ただ、いずれも外税なので、それほど割安感はない。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79395690.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、ポクポクした食感の、このスープにドンピシャの麺が出てくる。麺自体が特別美味しいわけではないが、どんぶりの中でのバランスが良く、このスープにこの麺ありという感じだ。同じことを「天下一品」の麺とスープにも感じる。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、ニンニクなど香味野菜をふんだんに使い味を調える。今回は特別辛くしてはいないが、丁度良いバランスで、辛いが旨味も感じるというさすがの味。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、ニラ、唐辛子などが入る。

ニンニクチャーハンは、素晴らしい美味しさ。ニンニクペーストではなく、ニンニク片がゴロゴロ入る。非常に濃厚な味わいで、大満足。

店内は、カウンターとテーブル席。活気があり、中国語が飛び交う店内は、正に本場の雰囲気だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鳥取牛骨らーめん 麺硬め」@お食事処 米屋 関金店の写真関金温泉旅行の際に、訪問。倉吉市からクルマを走らせると、メインの通りは走りやすいが、ちょっと入るとかなりの雪。慣れていないと、大変だ。

食べたのは、鳥取牛骨らーめん 麺硬め 605円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78651261.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、プリプリした食感の美味しい麺が出てくる。小麦の香りは、イマイチ。昨年高評価をした1杯だが、今年の印象は、凡庸。「八兵衛」の後だったからかもしれないが、比較するとやはり及ばない。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。やはり倉吉市内のメジャー店と比較すると、かなり牛骨が弱く、鶏がら醤油スープとほとんど変わりがない。そういうものだと割り切れば、それはそれで楽しめるが、「牛骨らーめん」と銘打つ以上、牛骨の甘み、コクが欲しいところだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。これは昨年同様で、以前より改善しているが、「八兵衛」には劣る。「八兵衛」と価格差がない以上、もう少し頑張ってほしい。

その他、ネギ、ナルト、モヤシが入る。

店内は、テーブル席のみ。温泉に入った後、ゆっくりくつろぐことができる良い空間だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「中華そば 八兵衛」@中華そば 八兵衛の写真関金温泉旅行の際に訪問。Michelin Plateを獲得。個人的には「いのよし」だろうと思うが、こちらもなかなか美味しいお店なので、納得。

食べたのは、Cセット(牛骨ラーメン・明太マヨご飯)麺硬め 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78650799.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、プリプリした食感の美味しい麺が出てくる。この10年で、倉吉の麺もずいぶんレベルが上がってきた。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面のヘットの層が厚く、かなりこってりしたスープ。山陰地方は老人が多いこともあり、あっさりしたスープが多いが、このスープは、なかなかパンチがある。

チャーシューは、ばら肉スライス。トロトロで、柔らかい。タレの染みも上々。

その他、ネギ、モヤシ、メンマ、海苔が入る。

明太マヨご飯は、イマイチ。まず、ご飯がべちょ飯で、お米が潰れている。明太子も業務用で、ここはAセットの炒飯で再チャレンジをしてみたい。

店内は、カウンターとテーブル席。よく賑わっていて、人気の高さが伺えた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾ラーメン イタリアン 麺硬め」@味仙 JR名古屋駅店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。新幹線の時間まであまり余裕がなかったので、駅構内のこちらへ。

食べたのは、台湾ラーメン イタリアン 麺硬め 810円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78366521.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感でしっかりとコシを感じられる麺が出てくる。小麦の香りは、そこそこ。この料理は、麺を味わうというよりも、スープの辛さの逃げ場として麺が存在しているので、こんな感じで良いのだろう。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニク、唐辛子が大量に入ったスープは激辛。今回は、イタリアンという唐辛子がノーマルの2倍入ったスープ。とにかく辛い。辛さを通り越して痛みすら感じるほどだ。しかし、ベースの鶏がら醤油スープの旨味もあり、美味しく食べ進める。しかし、スープのコクは「矢場店」が一枚上だ。

チャーシューは、存在しない。

その他、ニラ、唐辛子、ひき肉が入る。ひき肉もまた唐辛子で炒められているので、相当辛い。

店内は、カウンターとテーブル席。荷物が多かったので、テーブル席でのんびり食事を楽しんだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾ラーメン 麺硬め+ニンニクチャーハン」@中国南北酒菜 味仙 矢場店の写真名古屋大学での会合後、栄の外れにあるこちらへ。前回訪問し、とても美味しかったことから、期間をおかずに再訪。

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 680円+ニンニクチャーハン 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78119094.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。このくらいの硬さが、やはり丁度良い。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクと唐辛子が大量に入り、とても辛い。ただ今日のスープは、出汁の旨味以上に、塩辛さが前面に出てくる。後述するニンニクチャーハンもイマイチで、作り手が違うのかもしれない。

チャーシューは、存在しない。

その他、大量の唐辛子、ニンニク、ニラ、ひき肉が入る。ひき肉は甘辛く炊いてあり、台湾ラーメンの特徴だ。

ニンニクチャーハンは、今回はかなりあっさりしている。前回むせかえるようなニンニク風味に感動したので、今日はイマイチ。その分、パラパラしていた。

店内は、テーブル席のみ。活気のある店内で、相変わらず良い雰囲気だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「元祖濃厚海老らーめん+サービス大盛+キーマカレー」@海老丸らーめんの写真専修大学での会合後、水道橋にあるこちらへ。新進気鋭の新しい店舗だ。

食べたのは、元祖濃厚海老らーめん+サービス大盛+キーマカレー 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78065971.html

麺は、ほぼストレートの太平麺。重量感のある麺で、「二郎」とまではいかないが、かなり太めの麺で、スープから引きずり出して食べる感じだ。小麦の香りも豊潤で、ラーメンとパスタの間を行く感じだ。

スープは、鶏がら、丸鶏、モミジから動物系の出汁を採り、オマール海老から魚介系の出汁を採る。オマール海老は、殻と味噌をふんだんに使う。これを、様々な香味野菜で味を調える。非常に濃厚なスープで、正にビスク。麺との絡みも非常に良く、麺にビスクがくっついて持ち上がっていく感じだ。

チャーシューは、スペイン産肩ロースのレアチャーシュー。トロトロで肉の旨味もしっかりと感じられる。

その他、バケット、サワークリーム、刻み紫玉ねぎ、水菜、紫キャベツ、味玉と、ラーメンではなかなか見ない具材も多い。ラーメンの常識にとらわれない自由さを感じる。味玉は、かなり燻製が効いていた。

キーマカレーは、ジューシーでこれだけでも美味しいが、最後はスープを全部かけて頂いた。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店で、ほぼ満席状態が続いていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤ホルモンラーメン」@ホルモンらーめん 8910 白寿 北新地店の写真大阪大学での会合後、北新地へ。以前から気になっていた、こちらへ。

食べたのは、赤ホルモンラーメン 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78000727.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、かなり硬めの仕上がり。所謂、鍋用の麺で、最後までダレることなく、コシをしっかりと感じる麺だ。小麦の香りはそれなり。小麦がギュッと詰まった感じがする。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。牛骨の甘みも感じるが、チゲ風の辛目のスープに仕上がっている。甘辛さがしっかりしたご飯にも合いそうなスープだ。熱い石鍋に入っているので、最後まで熱々を楽しめるのもありがたい。

チャーシューは、存在しない。その代わりに、マルチョウが多く入る。脂がしっかりした、噛みしめると甘みを感じる美味しいマルチョウ。これは、美味しい。

その他、白髪ねぎ、玉ねぎが入る。

店内は、カウンターのみ。栄養あふれる滋味深いスープで、会議続きで疲れた体を癒してくれた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン 麺硬め+ニンニクチャーハン」@中国南北酒菜 味仙 矢場店の写真名古屋大学での会合後、矢場町へ。中心部から少し離れたところにある、こちらへ。目の前が高速道路の高架で、ちょっと外れにある雰囲気だ。しかし「味仙」はビルになっており、灯りが煌々と照らされ、この一角だけはとても活気がある。

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 680円+ニンニクチャーハン 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77960229.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、非常に良いコンディションのコリコリした食感の麺が出てくる。このコリコリ感は最後までダレることなく、美味しく頂くことができた。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。「JR名古屋駅店」でも食べたことがあるのだが、スープの深み、旨味が全然違い、非常に美味しいスープ。辛さのバランスも絶妙で、辛さ旨味のバランスが非常に良い。後述するチャーハンとの相性も非常に良く、ほぼ飲み干した。

チャーシューは、存在しない。

その他、ニラ、唐辛子、ニンニクが入る。

そして、ニンニクチャーハン。かなりニンニクが効いたチャーハンで、コクがあり旨味も濃厚。台湾ラーメン含め、ニンニクのオンパレードだ。

店内は、テーブル席のみ。非常に活気のある店で、この空間は日本ではないようだ。是非また再訪したい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「オリーブ油そば 大盛+サービス温泉玉子」@オリーブ油そば 三六の写真金龍山浅草寺での会合後、千束方面へ。2018年OPENのこちらへ。オリーブオイルの油そば専門店だ。

食べたのは、オリーブ油そば 大盛+サービス温泉玉子 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77920098.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりしたコシの美味しい麺が出てくる。小麦の香りもなかなか良い。麺量は大盛でも225gなので、それほど多くはない。

出汁は、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。出汁やタレに対し、やはり存在感があるのは、オリーブオイル。麺との絡みもよく、ただ先入観からか、パスタっぽさを感じさせる。

チャーシューは、鶏むね肉。大振りなものが2枚で、食べ応えがある。肉の旨味もしっかりあり、美味しいチャーシューだ。

その他、水菜、白髪ねぎ、糸唐辛子、レモン、卓上の刻み玉ねぎ、温泉玉子が入る。温泉玉子は麺と絡めると、カルボナーラ風の雰囲気に。

店内は、カウンターのみ。店主一人のワンオペだが、しっかりしたオペレーションだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件