なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 73.961点
最終レビュー日 2019年6月9日
1,235 724 0 987
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 並 麺30秒硬め+背脂多め+ライス普通」@京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店の写真日本橋コレドで会合後、裏手にあるこちらへ。久しぶりの訪問だ。原材料価格高騰のため、値上げしていた。デフォルトで800円を超えると、日本では高く感じる。海外の価格からすれば、半額以下だが。

食べたのは、ラーメン 並 麺30秒硬め+背脂多め+ライス普通 810円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79521304.html

麺は、若干捻りの入った中細麺。麺30秒硬めで頼んだのだが、相変わらずベストの仕上がり。素晴らしい。個人的には、この麺のポテンシャルを発揮するのは、麺30秒だと思う。小麦の香りも、なかなか。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。低層に唐辛子、中層にスープ、上層には背脂。背脂の甘みも上々。ただ、今日は鶏がらのスープのボディが弱く、その結果、背脂や唐辛子に左右されやすいスープだった。

チャーシューは、ロースのスライス。スープに馴染ませると、良いチャーシューに変身する。

その他、ネギ、メンマが入る。

一方、ライスとスープの相性は相変わらず良く、ご飯がどんどん進んだ。

店内は、カウンターのみ。オペレーションも安定しており、今日も美味しく頂いた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 37件

「中華そば 麺硬め」@中華そば  光の写真東京藝術大学での会合後、三ノ輪まで散歩。先日この辺りを散策した時、再オープンしたのを知った。で、今日は再オープン1週間以内で、限定価格。ということで、こちらに入店。

食べたのは、中華そば 麺硬め 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78985931.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、このくらいが個人的には良いコンディション。麺硬めでも、体感はノーマルだ。前回の訪問時、麺が緩く、三河屋製麺のポテンシャルを発揮できていないと思ったので、今回は硬めにしたが、正解だった。小麦の香りは、それなり。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの醤油も丸大豆の醤油で滑らか。非常に穏やかな風味だ。

チャーシューは、ばら肉スライス。以前より、小ぶりになった。やや出し殻。

その他、笹切りの白ネギ、メンマ、水菜が入る。

店内は、カウンターのみ。非常に小さい造り。再開した店舗で、店員がワンオペで一生懸命頑張っていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「醤油らぁ麺 麺硬め」@麺や維新の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅へ向かう途中で、こちらに。ランチタイムなので店内行列ができていたが、ほどなく着席。

食べたのは、醤油らぁ麺 麺硬め 790円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78953406.html

麺は、ストレートの中細平麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感と滑らかさが共存する良いコンディション。小麦の香りも豊潤で、これは美味しい。

スープは、比内地鶏、名古屋コーチンなどの鶏がらから動物系の出汁を採り、醤油で返す。非常にまろやかで、滋味深いスープ。表面は鶏油で覆われ、甘みとコクを出す。ラーメンというより、和食といった趣がある。

チャーシューは、豚ロースと鶏むね肉。今日のチャーシューのコンディションはイマイチで、豚ロースはそれほどレアではなく、鶏むね肉もしっとり感に欠ける。何度も通っていると、こういう日もある。

その他、ネギ、メンマが入る。メンマは材木メンマ。ザクザクと噛み切る感じだ。

店内は、カウンターのみ。オペレーションもしっかりしていて、相変わらず安定している。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「醤油らぁ麺」@らぁ麺 はやし田 新宿本店の写真早稲田大学での会合後、高田馬場、大久保、小滝橋通りを経由して、新宿駅東口へ。丸井の裏手にある、こちらへ。

食べたのは、醤油らぁ麺 800円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79199471.html

麺は、ほぼストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある麺で、全粒粉を使用しているので小麦の香りも良好。パッツンまではいかないが、のど越しの良いレベルの高い麺。麺量もしっかりしており、十分に楽しむことができる。菅野製麺所。

スープは、鴨、大山地鶏、鶏がらから動物系の出汁を採る。表面の鶏油がしっかり入っており、最初甘みを感じる。その後、鶏出汁の旨味を回を重ねるごとに、しっかりと感じるようになる。

チャーシューは、レアロースと鶏むね肉。鶏むね肉は、素材を活かす方向で、言い換えるとあまり工夫がなかった。レアロースも、スープに浸すと火が通るので、早めに食べたほうがレア感を楽しめる。

その他、メンマとネギが入る。メンマは、穂先メンマ。

店内は、カウンターのみ。人気店でオペレーションも良好。着席してすぐにサーヴされた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らぁ麺 麺硬め」@麺や維新の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅へ向かう途中で、こちらへ。昼時だったので、行列。

食べたのは、醤油らぁ麺 麺硬め 790円。
https://ramendb.supleks.jp/manage/review-add/14836

麺は、ストレートの細平麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感でありながら伸びやかな、個人的にはベストの麺が出てくる。小麦の香りも豊潤で美味しい。ただ、今回は若干潅水臭さが残り、その分評価を下げた。

スープは、鶏がら、拳骨から動物系の出汁を採り、鰹節、鯖節、秋刀魚節から魚介系の出汁を採る。ダブルスープではなく、シングルスープらしい。鶏がらは、秋田比内地鶏を使用し、低温でじっくり旨味を引き出していく。返しとのバランスが非常によく、まろやかで優しい味わい。表面の鶏油もまろやかで、甘みがある。麺とのバランスも良く、どんぶりの中での一体感が素晴らしい。

チャーシューは、豚と鶏。レアロースと、鶏むね肉。それぞれ肉の旨味を感じる美味しい味わいだ。

その他、ネギ、メンマが入る。メンマは、材木メンマ。コリコリした食感だ。

店内は、カウンターのみ。オペレーションも安定していて、いつも通り満足できるサービスだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「ラーメン 醤油 麺硬め」@かおたんラーメン 赤坂店の写真青山学院大学での会合後、表参道から六本木を経由して、赤坂へ。中途半端な時間帯で開いている店が少なく、初見のこちらを選択。「かおたん」という店名から、乃木坂の名店の味を期待。

食べたのは、ラーメン 醤油 麺硬め 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78766942.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、それなりにコシを感じる麺が出てくる。小麦の香りはイマイチ。丸山製麺の麺だというが、そのポテンシャルはあまり感じられない。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。揚げネギとネギ油が特徴なのだが、ネギ油の甘さをそれほど感じない。表面には結構な量の油が入り、麺をリフトすると湯気が立ち上る。

チャーシューは、ばら肉ロール。柔らかいのだが、肉の旨味は抜けている。

その他、青梗菜、メンマが入る。いずれもかなりの量が入っていて、具沢山だ。

店内は、カウンターとテーブル席。夜は、居酒屋使いもできそうで、近隣のサラリーマンでにぎわっていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製醤油そば」@RAMEN にじゅうぶんのいちの写真東京藝術大学での会合後、北千住から散歩。隅田川を渡らなければならないので、少し遠回りをして、こちらへ。

食べたのは、特製醤油そば 1150円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78767441.html

麺は、ストレートの中細麺。しなやかな麺でありながら、しっかりとコシがある。小麦の香りも豊潤で、とても美味しい麺。麺屋棣鄂。

スープは、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、昆布、鰹節などから魚介系の出汁を採る。初めて醤油を頂いたのだが、これは素晴らしい。出汁のまろやかさが醤油と調和し、非常に奥行きのある美味しいスープが出来上がる。思わず、最後まで飲んでしまった。

チャーシューは、鴨と豚。鴨ロースが2枚。鴨は、風味が濃厚。豚ロースは、レアな仕上がり。柔らかく肉の旨味も十分。いずれも美味しいチャーシューだ。

その他、メンマ、ネギ、味玉が入る。味玉は、半熟。

店内は、カウンターのみ。ボサノバがかかり、ゆったりとした空気が流れている。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「特製醤油ラーメン」@ラーメン屋 トイ・ボックスの写真東京藝術大学での会合後、北千住から三ノ輪まで散歩。日光街道をひたすら南下し、到着。最近メディアへの露出も多いようで、行列に接続する。

食べたのは、特製醤油ラーメン 1100円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78662134.html

麺は、ストレートの中細平麺。デフォルトで頼んだのだが、コシがありながらとても滑らかで、艶やかな麺が出てくる。舌触りがとてもシルキーで素晴らしい麺と、ベストの茹で加減だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、生揚げ醤油、生醤油で返す。鶏がらは川俣シャモとおおいた冠地どり、丸鶏は山水地鶏、会津地鶏、名古屋コーチンを使用する。とてもすっきりしたスープで、表面には、ぼんじりや皮から採った鶏油が。この鶏油が、また美味しい。ただ、今回は特製をオーダーしたこともあり、具材と鶏油のために、ややスープが温くなる。これは、イマイチ。

チャーシューは、ガリシア栗豚が2枚と鶏むね肉が1枚。レアぎりぎりの仕上げで、しっとりと肉の旨味を感じることができる。

その他、ネギ、メンマ、味玉、ワンタンが入る。味玉は、意外にも結構しっかりしたもの。トロトロ半熟系ではなかった。ワンタンは、餡、皮ともに良好。メンマは、穂先メンマ。

店内は、カウンターのみ。老若男女問わず、誰もが楽しめる店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「ラーメン 麺硬め+サービス茹で玉子5個」@珍來 北千住店の写真東京電機大学での会合後、北千住駅東口の学園通りへ。久しぶりに、こちらへ。

食べたのは、ラーメン 麺硬め+サービス茹で玉子5個 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78286441.html

麺は、捻りの入った中太麺。麺硬めで頼んだのだが、今日はかなり硬めの仕上がり。ゴワゴワ感を楽しみながら、美味しく頂く。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節、昆布などから魚介系の出汁を採る。昔ながらのノスタルジックな鶏がら醤油なのだが、しっかり現代風に進化しており、美味しいスープ。このスープには、間違いなく胡椒が合い、卓上の胡椒をしっかりと振りかけた。

チャーシューは、ロースのスライス。あっさりした仕上げだが、肉の旨味を感じられるもの。この価格帯でこのチャーシューは、素晴らしい。

その他、ネギ、メンマ、ワカメが入る。サービス茹で玉子は食べ放題。着丼までに3個頂き、ラーメンを食べた後食後に2個。大満足だ。

店内は、カウンターとテーブル席。スポーツ新聞が似合うノスタルジックな店内には、穏やかな空気が流れる。素晴らしい空間だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「中華そば+サービス味付き替え玉」@中華蕎麦にし乃の写真東京大学での会合後、本郷を南下し、こちらへ。Michelinにも掲載されたようで、人気店だ。

食べたのは、中華そば+サービス味付き替え玉 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78537722.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、伸びやかなコシのある、ややパッツン系の麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。煮干し系では、しっかりパッツン系が多いのだが、こちらは、パッツンを残しつつも、しなやかな伸びのある麺。とても美味しい。村上朝日製麺。

スープは、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、カタクチイワシ、昆布、浅利から魚介系の出汁を採る。返しが白醤油なので、塩スープっぽく見えるが、醤油スープ。穏やかな滋味深いスープなのだが、ボディはしっかりしている。美味しいスープだ。

チャーシューは、ロースが3枚。重なっているので、1枚に見えるが、めくると裏に更にロースがある。

その他、ナルト、ほうれん草が入る。

そして、味付き替え玉。麺は多加水で、パッツン感も若干あるが、モチモチ。煮干しオイルとよく混ぜると、とても美味しい。チャーシューの小間切れと、刻み玉ねぎが入る。

店内は、カウンターのみ。洗練されたオペレーションで、美味しく頂いた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件