なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.126点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,313 751 0 1,215
レビュー 店舗 スキ いいね

「なつ旨ラーメン 牛すじ丼セット 麺硬め」@ラーメン幸雅の写真鳥取大学での会合後、国道9号線を県中心部へ。倉吉市の人気店のひとつである、こちらへ。

食べたのは、なつ旨ラーメン 牛すじ丼セット 麺硬め 940円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80707701.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の麺が出てくる。以前と比較すればずいぶんよくなっているが、ライバル「いのよし」の麺が相当良くなっているため、相対的に比較すると、もう少し頑張ってほしい印象。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。美味しいスープだが、こちらも「いのよし」と比較すると、出汁感、脂の甘みともにマイルド。もう少しインパクトが欲しい。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味は抜け気味。

その他、ネギ、メンマ、モヤシ、ナルトが入る。そして、牛すじ丼。これが最高に美味しい。牛すじも美味しいのだが、タレが美味しく、そのタレを纏ったご飯は最高に美味しい。サイドメニューでは「いのよし」を超える出来だろう。

店内は、カウンターとテーブル席、小上がり。人気店でいつも混雑している。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン 麺硬め」@光月軒の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。久しぶりに、こちらへ。相変わらず、穏やかな空気が流れている。

食べたのは、ラーメン 麺硬め 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80600253.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、今日は良いコンディションで、卵麺特有のコリコリした食感が素晴らしい。伸びやかな麺で、啜りがいのある麺だ。小麦の香りも、なかなか。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。今日の出汁は、イマイチ緩い。出汁の深みをあまり感じらない、控えめなスープだった。

チャーシューは、ばら肉ロール。とても柔らかく、スープに浸し、持ち上げると、それだけで崩れるほど。肉の旨味もそれなりで、この価格帯では素晴らしく上質。

その他、ほうれん草、ナルト、メンマ、ネギ、半熟茹で玉子が入る。とても具沢山だ。

店内は、カウンターのみ。地元客から高い支持を得ているようで、ひっきりなしに客が入っていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「激辛チャーシュー麺 麺硬め」@北大塚ラーメンの写真早稲田大学での会合後、高田馬場から大塚へ。駅前から少しだけ歩いたところにある、こちらへ。

食べたのは、激辛チャーシュー麺 麺硬め 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80597905.html

麺は、ストレートの中太麺。前回までは中で頼んでいたのだが、全体的に値上がりし、並は850円、中は900円になっていた。ということで、今回は並を選択。麺量は、それほど多くない。硬めにすると、ポキポキした食感の麺になる。スープとの馴染みも良いので、これはこれでよい感じだ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、ベースはサラッとした清湯。ここに辛味の付いたひき肉が入り、それで激辛を構成する。名前は激辛だが、実際は激辛ではなく、程よいスパイスになる感じだ。

チャーシューは、ばら肉が相当数入る。麺と一緒に食べても、なかなか無くならない感じ。食べ応え十分。柔らかく、肉の旨味も十分で、都内屈指のチャーシューだと言えるだろう。

その他、肉味噌、茹で玉子、メンマが入る。

店内は、カウンターのみ。モンゴル人の老夫婦がオペレートする、非常に良い雰囲気。これからも頑張って頂きたい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「中華そば 小盛」@麺屋7.5Hz+ 梅田店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。北新地へ向かう途中に、こちらへ。

食べたのは、中華そば 小盛 530円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80519737.html

麺は、ストレートの太麺。小麦がギュッと詰まったような重量感のある麺。スープの絡みというか吸いが良く、昆布の旨味を纏った麺になる。小盛にしたので、それほど量は多くない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。昆布の旨味が全面的に出た関西特有のスープ。とても美味しい。麺とのバランスが良く、スープの旨味をしっかり纏っている。

チャーシューは、ロースのスライス。出し殻だが、スープを吸うと良くなる。

その他、メンマ、ネギが入る。ネギは量が少ない。

店内は、カウンターのみ。人気店のようで、結構混みあっていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「おいしいラーメン 麺硬め」@どうとんぼり神座 エキマルシェ新大阪店の写真大阪大学での会合後、新大阪駅へ。在来線から新幹線に乗り換える途中にある、こちらへ。

食べたのは、おいしいラーメン 麺硬め 700円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80561919.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、丁度良い感じの茹で具合の麺が出てくる。小麦の香りは、それなり。麺量は、それほど多くはない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採る。そして、白菜、豚肉のミルフィール鍋同様、白菜、豚バラから絶妙の出汁が出ている。発祥はフランス料理のシェフだったというが、そのイメージがしっかり見えるコンソメっぽいスープ。甘みがあり、さっぱりしているが奥行きを感じる美味しいスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。茹で肉で、旨味はまだ残っている感じ。

その他、白菜、豚バラ肉が入る。そして、卓上のニラ唐辛子。これが最高に美味しい。がっつり入れて楽しんだ。

店内は、カウンターとテーブル席。狭い造りで、そこだけは不満だが、エキナカのお店だし、致し方ない。サービスは、上々だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らぁ麺 麺硬め+鶏炊き込みご飯」@麺や維新の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅方面へ向かう途中で、こちらへ。

食べたのは、醤油らぁ麺 麺硬め+鶏炊き込みご飯 990円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80341767.html

麺は、ストレートの中細平麺。麺硬めで頼んだのだが、コシを感じる、確かに若干伸びやかさは失われるが、個人的にはバランスの良い麺が出てくる。小麦の香りも。豊潤。

スープは、比内地鶏、名古屋コーチンなどの鶏がらから動物系の出汁を採り、醤油ダレで返す。この醤油ダレがまろやかで、その素晴らしさは後述する炊き込みご飯でも味わえる。

チャーシューは、鶏むね肉と豚レアロース。レアなのだが、すぐに火が入ってしまうので、早めに食べるのが良いかもしれない。

その他、メンマ、ネギが入る。メンマは太めの、若干繊維を感じるもの。

そして、鶏炊き込みご飯。鶏の出汁も素晴らしいのだが、それをまとめる醤油ダレが素晴らしい。お米一粒ずつをコーティングし、素晴らしい美味しさだ。

店内は、カウンターのみ。人気店ならではの優れたオペレーション。相変わらず素晴らしいお店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「らーめん 麺硬め」@珍來 北千住店の写真東京藝術大学での会合後、西口から東口に移動。駅前商店街の奥にある、こちらへ。

食べたのは、らーめん 麺硬め 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80487090.html

麺は、捻りの入った中太麺。麺硬めで頼んだのだが、丁度良い茹で加減の個人的には好みの状態。この価格で頂ける麺としては、十分なレベル。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布、鰹節などから魚介系の出汁を採る。この日のスープは、やや薄め。出汁の旨味が弱かった。

チャーシューは、ロースのスライス。厚めのスライスで、この価格を考えれば十分な出来。

その他、ネギ、和布、メンマ、半熟茹で玉子が入る。

店内は、カウンターとテーブル席。しかし、ほぼほぼテーブル席が使用されている。牧歌的な雰囲気で、良いお店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーメン 並 麺30秒硬め+脂多め+セルフ辛いの多め+セルフ」@京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店の写真汐留にある大手広告代理店での会合後、日光街道を北上し日本橋へ。そして、こちらへ。

食べたのは、ラーメン 並 麺30秒硬め+脂多め+セルフ辛いの多め+セルフ辛目+ライス普通 810円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80446383.html

麺は、ほぼストレートの中細麺。今回も30秒硬め。相変わらずベストコンディション。個人的には、この麺のポテンシャルを最大限発揮していると思う。通い始めて20年。本当に美味しい麺だ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。グルタミン酸の旨味が口いっぱいに広がるスープ。表面の背脂、セルフ追加の醤油出汁、辛いのでベストバランス。デフォルトのタレでは若干味がぼやける。

チャーシューは、ロースのスライス。出し殻だが、スープに浸すとグッと美味しくなる。

その他、ネギ、メンマが入る。

ライスは、相変わらずスープとの相性が抜群だ。

店内は、カウンターのみ。中華シフトだが、安定した良いサービスだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 40件

「中華そば」@カドヤ食堂 阪神梅田店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。阪急百貨店の地下街の新店なのだが、地下街の中のかなり外れに位置している。いくつかお店が集合し、立ち食いスタイル。

食べたのは、中華そば 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80144364.html

麺は、ストレートの細平麺。デフォルトで頼んだのだが、若干コシの弱さを感じる、でも小麦の香りはそれなりの麺が出てくる。「カドヤ食堂」をイメージすると、フードコートの麺という感じがしないでもない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。悪くはないが、一方で、印象が残るスープでもない。価格で考えると、無理もない感じのスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。トロトロだが、旨味は若干抜けている。

その他、ネギ、海苔、メンマが入る。

店内は、立ち食いテーブルのみ。フードコートの立ち喰いスタイルなので、サービスについては、評価できない。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば」@タナカタロウの写真東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。町屋駅から見たら、かなり奥に位置する、こちらへ。

食べたのは、支那そば 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80030755.html

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある伸びやかな弾力のある美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、豊潤。三河屋製麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。あっさりとした清湯スープなのだが、重層的な出汁の味わいを感じるよくできているスープ。旨味の厚さはしっかりしている。返しは白醤油で、すっきりした見た目と味わい。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味が感じられる美味しいもの。

その他、メンマ、ネギ、海苔が入る。卓上の揚げネギをトッピングしたが、スープだけでもグイグイいける。

店内は、カウンターのみ。居抜きで使っており、奥の部分しか使用していない。穏やかな空気が流れ、リラックスできる。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件