なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.120点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,315 753 0 1,220
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし煮干」@神保町黒須の写真専修大学での会合後、神田神保町の路地裏にある、こちらへ。

食べたのは、冷やし煮干 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80625345.html

麺は、ストレートの細麺。かなりの細麺なのだが、冷水で〆てあるので、しっかりとしたコシを感じる。ザクっとした食感が特徴で、煮干しスープとの相性もとても良い。三河屋製麺。

スープは、煮干し、昆布から魚介系の出汁を採る。表面は、煮干しオイル。クリアなスープで、ビターさは感じない。煮干しの旨味を出しながら、爽快なスープぎりぎりのところを抽出する見事なエッジの効かせ方だ。昆布由来か、若干とろみも感じ、それ故に麺とスープの絡みがより良くなっている。

チャーシューは、レアロース。しっとりしたロースが2枚。肉本来の旨味を重視しており、それほど味付けがなされていない。

その他、メンマ、ネギ、刻み紫玉ねぎが入る。メンマは、穂先メンマ。刻み紫玉ねぎは、辛味もなく甘みを感じる上質なもの。

店内は、カウンターのみ。有名店らしく、円滑なオペレーションは素晴らしい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「半殺し+替え玉セット」@つけめん・らーめん・煮干そば 金狼の写真獨協大学での会合後、春日部へ。駅から数分歩いたところにある、こちらへ。平屋の小さな建物だ。

食べたのは、半殺し+替え玉セット 1200円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80607516.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、煮干し系によく見られるパッツン系。コリコリした食感で、切れの良い麺だ。小麦の香りも、豊潤。菅野製麺。

スープは、丸鶏、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干し、烏賊干しから魚介系の出汁を採る。煮干し、烏賊干しは、粉にしてある感じで、鶏白湯+煮干しジェルといった、かなり濃厚なもの。麺との絡みが非常に良く、麺を持ち上げるとスープが纏わりつく。なので、麺を食べるだけで、勝手にスープがなくなる印象だ。

チャーシューは、ばら肉スライス。非常に柔らかく、ホロホロ。肉の旨味も保持されている。

その他、ネギ、刻み玉ねぎ、メンマが入る。メンマは、穂先メンマ。刻み玉ねぎは、かなり量が多い。そして、煮干しオイル。スープが美味しかったので、煮干しオイルは、替え玉の麺にかけて使用した。

替え玉は、和え玉。結構タレが多い。どんぶりに入っているので、混ぜやすい。刻みチャーシュー、刻み玉ねぎ、ネギ、そして大量の煮干し粉がかかる。替え玉は更にザクっとした食感で、麺がとても美味しい。

店内は、カウンターのみ。物静かな店主と女の子のオペレーション。人気店のようで無駄のない円滑なオペレーションだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なしジョニー 赤」@麺屋 愛心 TOKYO 町屋店の写真東京藝術大学での会合後、町屋へ。久しぶりに、こちらへ。ドアを開けようとすると新メニューが。そこでチャレンジ。

食べたのは、汁なしジョニー 赤 980円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80499384.html

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるもっちりした麺。タレとの絡みも良好で、美味しい麺だ。

タレは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。かなり濃厚なタレで、まず煮干しがしっかりと主張してくる。赤の辛味もしっかりしている。麺との絡みがとてもよく、この後の追い飯も期待できそうだ。

チャーシューは、ばら肉のほぐし肉。ほぐされているので、食べやすいし、麺にも絡みやすい。

その他、刻み玉ねぎ、味玉、磯海苔、ネギが入る。味玉はトロトロでタレの染みも上々。

そして、追い飯。麺に対しては味の濃さが勝っていたが、追い飯にすると丁度良い塩梅に。満足できる美味しさだった。

店内は、カウンターのみ。相変わらず狭い空間だが、いろいろな工夫がなされている。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「濃厚烏賊煮干中華そば 醤油+そのまま食べられる替え玉」@麺屋 ねむ瑠の写真東京大学での会合後、歩いてそれほど距離のない、こちらへ。

食べたのは、濃厚烏賊煮干中華そば 醤油+そのまま食べられる替え玉=780円+180円=960円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80491312.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、ザクっとした食感というよりも、しっとり感が増したように思える。麺箱を見ると菅野製麺。小麦の香りも、良好。それほど量は多くない。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、烏賊煮干し、煮干し、昆布から魚介系の出汁を採る。今日のスープは、それほど烏賊が前面に出ておらず、むしろ鶏を強く感じるスープだった。前回同様の印象だ。

チャーシューは、ロースの低温調理。肉の旨味は、それほど感じられなかった。

その他、刻み玉ねぎ、三つ葉が入る。

替え玉は、和え玉。結構な量で、一玉あるのではないだろうか。煮干し粉、オイル、タレ、刻み玉ねぎ、刻みチャーシューをよく混ぜて、混ぜて頂くと至福の美味しさ。

店内は、カウンターのみ。1回2杯のオペレーションなので、丁寧だが回転はそれほど良くない。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「期間限定 冷やし煮干しそば」@麺や維新の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅方面へ。その途中にある、こちらへ。店頭に、新しい限定の案内がある。

食べたのは、期間限定 冷やし煮干しそば 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80339252.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、キンキンの冷水で〆られ、素晴らしいコシ。噛み千切るのにも苦労するくらいのしっかりした麺だ。小麦の香りは、冷たいのでそこそこだが、とても美味しい麺。

スープは、煮干しから魚介系の出汁を採る。表面は、煮干しオイルが入り、非常に風味が良い。鶏油も入っているようで、若干白濁したオイルを見ることができる。スープも冷え冷えで、しかし、しっかりと出汁を感じる美味しいスープ。見事なまとめ方だ。

チャーシューは、鶏もも肉スライス。プリプリの鶏肉で、美味しいチャーシュー。

その他、ネギ、茗荷、青菜。チャーシューの上には、もろみ。青菜はシャキシャキしている。

店内は、カウンターのみ。相変わらず安定したオペレーションで、素晴らしいサービスだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「烏賊干し鶏白湯醤油そば」@新橋 纏の写真慶応義塾大学での会合後、三田から新橋へ。久しぶりの新橋。で、雑居ビルの奥まった、こちらへ。

食べたのは、烏賊干し鶏白湯醤油そば 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80158117.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、それほどパッツン系ではなく、しっとりとした滑らかな麺が出てくる。小麦の香りも良好で、これは美味しい麺だ。三河屋製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、烏賊煮干しで返す。烏賊らしい独特の臭みを伴った豊潤な香り。個人的には、好きな香りだ。鶏白湯のわりに、それほど重くはなく、サラサラとした白湯スープ。烏賊はゲソを使い出汁を採る。ユニークなスープだ。

チャーシューは、鶏むね肉。低温調理され、しっとりした仕上がりだ。

その他、海苔、ゲソ、三つ葉、ネギが入る。最大の特徴は、ゲソ。コリコリしており、ゲソだけで味わい深い。

店内は、カウンターのみ。とにかく激狭な店内で、通り抜けることすら難しい。サービスは良好。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚そば+和え玉 醤油」@麺処 晴の写真東京大学での会合後、上野桜木、鶯谷を経由して、入谷へ。言問い通りの交差点近くにある、こちらへ。

食べたのは、濃厚そば 850円+和え玉 醤油 200円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80153345.html

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がりで、パッツンとした食感の美味しい麺。小麦の香りも豊潤。しかし、あまりにも量が少ない。博多ラーメンよりも少ない100g以下?という感じ。4口くらいで終わってしまう。なので、和え玉推奨。村上朝日製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。鰺や背黒の煮干しを使用していた。相変わらず安定した美味しさ。鶏白湯の濃厚スープにビターな煮干しが反映され、バランスが良い。

チャーシューは、鶏むね肉と豚レアロース。こちらも安定した美味しさで、肉の旨味が十分に感じられるもの。

その他、ネギ、岩海苔、刻み玉ねぎが入る。

そして、和え玉。ラーメンの麺よりも細めの中細麺。煮干しオイルとしっかり絡め頂くと、至福の美味しさで、麺自体の美味しさを存分に味わえる。ネギ、刻み玉ねぎ、刻みチャーシューが入る。

店内は、カウンターのみ。今日は店主は作らず、ホール担当。しかし、しっかりしたオペレーションで、回転が良かった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「ごくにぼ」@長尾中華そば 東京神田店の写真明治大学での会合後、お茶の水から小川町を経由し、神田へ。神田の中でも小川町にかなり近いところにある、こちらへ。

食べたのは、ごくにぼ 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80145682.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感の存在感の大きい麺が出てくる。弾力があり、うどんのような食感だ。小麦の香りは、豊潤。とても、美味しい麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。「ごくにぼ」なので、煮干し比率は高くなる。鶏白湯で濃厚さを出すかと思いきや、意外にサラサラとしたスープ。動物系で濃厚さを出すのではなく、煮干しの多さで濃厚さを出すタイプ。飲みやすいスープだ。

チャーシューは、ロースのスライスとばら肉のスライス。いずれも、肉の旨味がしっかりしており、美味しいチャーシューだ。

その他、メンマ、ネギが入る。ネギは、薬味の役割を期待してか、かなり量が多い。スープのパンチが強いので、このくらいネギが必要になるのだろう。

店内は、カウンターとテーブル席。サービスも上々で、料理、サービスともに優れた店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「煮干しそば 中盛250g」@中華そば しながわの写真立教大学での会合後、そのまま立教小学校を通り過ぎ、要町方面へ。その途中にあるこちらへ。店外行列ができていたので、食券を買い、接続。10分ほどで、入店。

食べたのは、煮干しそば 中盛250g 800円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80090612.html

麺は、ほぼストレートの太麺。しっかりした噛み応えの、小麦がギュッと詰まったような麺で、コシもしっかりしている。「BASSO」系は、とにかく麺が美味しい。小麦の香りも豊潤で、これは満足できる美味しい麺。250gというが、茹で後の量といった感じで、それほど重くない。

スープは、比内地鶏、滋養鶏、山水鶏などから動物系の出汁を採り、煮干などから魚介系の出汁を採る。返しは、たまり醤油など。非常にまろやかなスープでバランスが良い。表面は、背脂が。しかし、それほど多くはなく、煮干しの香りと醤油の美味しさが際立っている。

チャーシューは、ロースとばら肉。それぞれの良さを引き出した、美味しいチャーシュー。素晴らしい出来だ。

その他、ネギ、刻み玉ねぎ、メンマ、海苔が入る。メンマは、太メンマ。刻み玉ねぎに熱を加え甘みを出すと、素晴らしい美味しさになる。

店内は、カウンターのみ。接客も素晴らしく、完成度の高い店だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚そば+和え玉 醤油」@麺処 晴の写真東京大学での会合後、入谷へ。夜に訪問することは珍しいが、こちらへ。

食べたのは、濃厚そば 850円+和え玉 醤油 200円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79609244.html

麺は、ストレートの中太麺。なんか太くなったか?デフォルトで頼んだのだが、コシのある、美味しい麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。濃厚そばはスープの絡みも良いので、中太麺でもバランスは悪くない。村上朝日製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、今日は背黒、平子から魚介系の出汁を採っていた。「いずる」のほぼゲル状の濃密なスープと比較すると、マイルドでまだスープという感じだ。でも、このくらいのバランスが丁度良いと思う。

チャーシューは、豚と鶏。豚はレアロース。鶏は胸肉。レアロース、むね肉ともにしっとりした仕上がりで、美味しい。

その他、岩海苔、ネギ、刻み玉ねぎが入る。岩海苔は風味が良い。

そして、和え玉、醤油で。煮干しオイルを混ぜると、最高に美味しい。こちらは従来通りの中細麺。刻み玉ねぎ、ネギ、刻みチャーシューが入る。

店内は、カウンターのみ。相変わらず、進みの良いオペレーションだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件