なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.126点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,313 751 0 1,215
レビュー 店舗 スキ いいね

「博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット」@博多ラーメン 長浜や 鶯谷店の写真東京大学での会合後、上野桜木から鶯谷へ。そして、最近お気に入りの、こちらへ。

食べたのは、博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80456871.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、緩くなるのも早く、この価格帯で本場を求めるのはなかなか厳しい。しかし、この皿において麺は脇役。だから、これで十分役割を果たしている。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。この価格帯でこのレベルなら十分。ミルキーななんちゃって豚骨ではない。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味は抜けがちだが、ホロホロで柔らかい。

その他、海苔、ネギ、胡麻が入る。

そして、チャーハン。今日の炒飯は、かなり薄味。作り手によりばらつきがあるようだ。今日の味は「日暮里店」の薄味に近い。いずれもデフォルトでは薄いので、卓上の辛子高菜と胡麻をたっぷり入れ頂くと、至福の状態だ。

店内は、カウンターとテーブル席。夜に訪れたが、人気店でほぼ席が埋まっている状態だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン定食+ハリガネ、ライス大盛」@ニューあかり 目黒権之助坂の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅を越え、権之助坂へ。その中腹にある、こちらへ。

食べたのは、ラーメン定食+ハリガネ、ライス大盛 980円+税。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80446583.html

麺は、ストレートの中細麺。「一風堂」系列だというので博多ラーメンかと思ったのだが、サーヴされたラーメンを見ると、熊本ラーメン。なので、麺が博多と比較すると太い。しかし、ハリガネが通るという不思議な状況だった。実際は、ハリガネではなく硬めでサーヴされていた感じ。小麦の香りもなかなかで、美味しい麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。クリーミーなスープで、表面は細かいニンニクチップで覆われ、コクを加えている。なかなか美味しいスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライスが2枚。柔らかく、肉の旨味も感じられる。

その他、ネギ、モヤシ、キクラゲが入る。

ライスは大盛で。そして、もつ煮。こちらの名物のようで、柔らかく、臭みもなく、美味しいモツだった。

店内は、カウンターとテーブル席。外観よりはこじんまりと感じられた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン バリカタ+チャーハンセット」@博多ラーメン 長浜や 鶯谷店の写真東京大学での会合後、上野桜木を経由して鶯谷へ。以前は「長山」というパターンだが、この日はこちらへ。

食べたのは、博多ラーメン バリカタ+チャーハンセット 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80339743.html

麺は、ストレートの細麺。普段はハリガネでオーダーするところだが、一段階下げてバリカタで。それほど緩くならず、かつ、潅水臭さのリスクを低減できるので、これはなかなか良い塩梅。小麦の香りは、イマイチ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。この価格帯ではそれなりの出来。表面には、胡麻が振ってある。卓上の胡麻と辛子高菜をトッピングして、好みの味に仕上げる。辛子高菜は激辛だが、ふんだんに入れ、激辛バージョンへ。

チャーシューは、ロースのスライスが2枚。出し殻だが、チャーシューっぽい雰囲気は出せている。

その他、海苔、ネギが入る。

そして、チャーハン。先日「日暮里店」でも食べたが、軍配は「鶯谷店」。醤油の使い方が上手い。

店内は、カウンターとテーブル席。中華系のサービスだが、頑張ってしっかりしたサービスを提供してくれた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「チャーハンラーメンセット ハリガネ」@博多ラーメン 長浜や 日暮里店の写真東京大学での会合後、千駄木を経由して日暮里へ。駅前から少しだけ歩いた大通りに面した、こちらへ。初訪。

食べたのは、チャーハンラーメンセット ハリガネ 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80152617.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、博多ラーメンで時折感じる潅水臭さが鼻につく。ダレるのも早く、小麦の香りもそれなり。しかし、この価格帯でよく頑張っていると思う。中西製麺。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。量産系に見られるミルキーな豚骨スープではなく、一応出汁を採りライトボディではあるが、豚骨で勝負をするスープである。但し、デフォルトではかなり弱いので、卓上の激辛辛子高菜と胡麻を入れ、調整をすることになる。

チャーシューは、ロースのスライス。この価格帯では意外なほどに厚切りな大振り。肉の旨味は抜けているが、このボリュームだけで嬉しい。

その他、ネギ、海苔が入る。

そして、チャーハン。基本価格に150円プラスでフルサイズの炒飯。ボリューム満点だ。しかし、「鶯谷店」と比較すると、かなり薄味でパサ気味。チャーハンには、しっとり派、パラパラ派と諸派あるが、こちらはパサ。卓上の辛子高菜で調整し、美味しく頂いた。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店のようで、ランチタイムを外したが、結構入りが良かった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン ハリガネ」@博多屋台ラーメン一幸舎 東京キッテグランシェ店の写真三菱商事での会合後、東京駅地下街にある、こちらへ。こじんまりとしたラーメンストリートのようになっている。

食べたのは、ラーメン ハリガネ 780円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80090060.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、コシのある麺が出てくる。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。屋台系の昔味を標榜し、ミドルボディのスープで、まろやかだがパンチに欠ける。しかし、卓上にある唐辛子を入れるとグッと色合いが変わり、美味しいスープになる。メニューには辛味もあるが、卓上の唐辛子を入れれば十分だろう。

チャーシューは、ばら肉スライスが3枚。意外に多い。柔らかいが、肉の旨味はそれほど感じない。

その他、海苔、ネギ、メンマが入る。

店内はテーブル席のみ。相席が前提となった作りになっている。インバウンドが多く、バイトのスタッフが処理していた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん ハリガネ+ライス+替え玉 ハリガネ」@九州とんこつらーめん ひらさわの写真専修大学での会合後、水道橋へ。久しぶりに、こちらへ。

食べたのは、らーめん ハリガネ+ライス+替え玉 ハリガネ 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79803689.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、コシのある麺が出てくる。田中製麺。今日のコンディションは、小麦の香りがやや弱い。量は少なめなので、替え玉は必須だろう。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。この価格帯でありながら、髄を感じさせる意外にしっかりしたスープ。卓上の胡麻、辛子高菜を加え、スープを完成させた。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味は、抜け気味。

その他、ネギ、キクラゲ、海苔が入る。更に、卓上の胡麻と辛子高菜をトッピング。夕方に訪問したのだが、胡麻も高菜も少な目で、そこはイマイチだった。ライスもサービス。高菜、胡麻、スープを吸わせた海苔で頂いた。替え玉も、ハリガネで。もう少し、小麦感が欲しいところだ。

店内は、カウンターのみ。夕方の時間はワンオペ。それでも、次から次へと顧客が入り、盛況だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット」@博多ラーメン 長浜や 鶯谷店の写真東京大学での会合後、上野桜木から鶯谷へ。先日訪問し、好印象だったこちらへ。

食べたのは、博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79695607.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、先日のような潅水臭さもなく、食べられる麺が出てくる。コリコリとした食感で、小麦の香りはそれほどでもないが、価格を考えると満足できる麺だ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。この価格帯にありがちなミルキーなスープではなく、ちゃんと豚骨出汁を感じられる。表面はラードで覆われ、胡麻も散らされている。デフォルトでは弱いが、卓上の胡麻を加え、辛子高菜をトッピングすると、かなり良い感じに仕上がる。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味は抜けているが、出し殻ではなく、この価格では十分。

その他、海苔、ネギが入る。出色は、卓上の辛子高菜。かなり辛い。でも美味しく、結構な量を入れ、楽しんだ。そして、炒飯。フルサイズの炒飯で、これは素晴らしい。こちらのチャーシューは、タレも染み美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。ワンオペだが、客の入りがこの時間帯は少ないので、全く問題なかった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「博多らぁめん 粉落とし」@博多麺房 赤のれん 丸ビルの写真三菱商事での会合後、隣の丸ビルへ。久しぶりに、こちらへ。

食べたのは、博多らぁめん 粉落とし 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79521273.html

麺は、ストレートの細平麺。粉落としで頼んだのだが、粉っぽさが残るネチョネチョ歯に絡む麺が出てくる。硬さではなく、粉っぽさが先に来るので、オーダーするなら、ハリガネ、カタメでいくのが良いだろう。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。今日はデフォルトのスープで。デフォルトでも、それなりに脂が入るが、まろやかながらマイルド。パンチが欲しければ、やはり、脂多めが良いだろう。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味はそれなりだが、博多系でこのレベルのチャーシューであれば、十分に満足だ。

その他、ネギ、メンマが入る。博多系でメンマが入るのは、珍しい。

店内は、カウンターとテーブル席。安定して美味しいラーメンを頂けるので、時間のないときなどとても便利だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット」@博多ラーメン 長浜や 鶯谷店の写真東京大学での会合後、上野桜木から鶯谷へ。普段なら「長山」へ寄るところだが、今日は坂道の反対側にある、こちらへ。チェーン店だし、それほど期待していなかったが、意外になかなか。満足できた。

食べたのは、博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78954135.html

麺は、ストレートの極細麺。ハリガネで頼んだのだが、コリコリとした食感の硬めの麺が出てくる。小麦の香りは、イマイチ。それよりも、潅水臭さがかなりきつく、そのままでは食べるのが辛い。しかし、卓上の辛子高菜を加えると、上手く中和され、美味しく頂ける。

スープは、豚骨、豚頭から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面はラードで覆われ、意外にこってりしている。見た感じ、資本系の豚骨スープと言った感じで、あまりそそられないのだが、飲んでみると意外にもしっかりした味わい。これはこれでよい。表面には胡麻が浮かぶが、卓上の胡麻、辛子高菜を加えると、更に良いコンディションになる。

チャーシューは、ばら肉スライスが2枚。あまり肉の旨味を感じられない。

その他、ネギ、海苔が入る。

そして、チャーハン。ラーメンが600円なので、実質150円でフルサイズのチャーハン。これは驚きの価格だ。しっとり系のチャーハンで、味付けも悪くない。お買い得な一品。

店内は、カウンターとテーブル席。オペレーションは中華系で、中華資本のFC?しかし、サービスはこなれていて、良い感じだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「博多長浜ラーメン バリカタ」@長浜やっさんの写真大阪大学での会合後、北新地へ。ネオン街のど真ん中、クラブが数多く入る雑居ビルの中の一角にある、なんともユニークなラーメン店の、こちらへ。

食べたのは、博多長浜ラーメン バリカタ 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78824184.html

麺は、ストレートの極細麺。バリカタで頼んだのだが、本場博多を彷彿とさせるバリカタで登場。小麦の香りも、なかなか。これは十分に満足できる麺だ。関西の博多ラーメンは、実は大阪流博多ラーメンにアレンジされていることが多いが、こちらは、本場の雰囲気を色濃く継承している。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。スープ自体はミドルボディだが、表面は細かい背脂で覆われ、コクを出している。お酒の後の一杯を想定していると思われ、ミドルボディで飲みやすい一杯に仕上げている。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味はそれほど残っておらず、まあ博多としては、標準レベル。

その他、ネギが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。なんとお店の中に屋台が作られている。これは面白い趣向。店主のやっさんも気さくな人で、お客さん通しの会話も楽しく、とても良いお店だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件