なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 73.961点
最終レビュー日 2019年6月9日
1,235 724 0 987
レビュー 店舗 スキ いいね

「博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット」@博多ラーメン 長浜や 鶯谷店の写真東京大学での会合後、上野桜木から鶯谷へ。普段なら「長山」へ寄るところだが、今日は坂道の反対側にある、こちらへ。チェーン店だし、それほど期待していなかったが、意外になかなか。満足できた。

食べたのは、博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78954135.html

麺は、ストレートの極細麺。ハリガネで頼んだのだが、コリコリとした食感の硬めの麺が出てくる。小麦の香りは、イマイチ。それよりも、潅水臭さがかなりきつく、そのままでは食べるのが辛い。しかし、卓上の辛子高菜を加えると、上手く中和され、美味しく頂ける。

スープは、豚骨、豚頭から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面はラードで覆われ、意外にこってりしている。見た感じ、資本系の豚骨スープと言った感じで、あまりそそられないのだが、飲んでみると意外にもしっかりした味わい。これはこれでよい。表面には胡麻が浮かぶが、卓上の胡麻、辛子高菜を加えると、更に良いコンディションになる。

チャーシューは、ばら肉スライスが2枚。あまり肉の旨味を感じられない。

その他、ネギ、海苔が入る。

そして、チャーハン。ラーメンが600円なので、実質150円でフルサイズのチャーハン。これは驚きの価格だ。しっとり系のチャーハンで、味付けも悪くない。お買い得な一品。

店内は、カウンターとテーブル席。オペレーションは中華系で、中華資本のFC?しかし、サービスはこなれていて、良い感じだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多長浜ラーメン バリカタ」@長浜やっさんの写真大阪大学での会合後、北新地へ。ネオン街のど真ん中、クラブが数多く入る雑居ビルの中の一角にある、なんともユニークなラーメン店の、こちらへ。

食べたのは、博多長浜ラーメン バリカタ 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78824184.html

麺は、ストレートの極細麺。バリカタで頼んだのだが、本場博多を彷彿とさせるバリカタで登場。小麦の香りも、なかなか。これは十分に満足できる麺だ。関西の博多ラーメンは、実は大阪流博多ラーメンにアレンジされていることが多いが、こちらは、本場の雰囲気を色濃く継承している。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。スープ自体はミドルボディだが、表面は細かい背脂で覆われ、コクを出している。お酒の後の一杯を想定していると思われ、ミドルボディで飲みやすい一杯に仕上げている。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味はそれほど残っておらず、まあ博多としては、標準レベル。

その他、ネギが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。なんとお店の中に屋台が作られている。これは面白い趣向。店主のやっさんも気さくな人で、お客さん通しの会話も楽しく、とても良いお店だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん ハリガネ+替え玉 ハリガネ+ライス」@九州とんこつらーめん ひらさわの写真専修大学での会合後、水道橋へ。以前から気になっていた、こちらへ念願の訪問。ランチタイムを外したが、店外5人の行列。20分ほどで、入店。

食べたのは、らーめん ハリガネ+替え玉 ハリガネ+ライス 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78577782.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、しっかりとコシのある小麦感を感じる麺が出てくる。田中製麺。スープとの馴染みもよく、どんぶりの中の一体感を感じる。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。鉄鋳羽釜と強力バーナーで炊き上げたスープは、しっかり濃厚。チェーン展開の豚骨スープとは、一線を画する。髄まで煮出されたスープで、フルボディスープ。

チャーシューは、ばら肉ロール。肉の旨味は、若干抜け気味。

その他、海苔、キクラゲが入る。海苔は大振りで、ライスにオンした。卓上には、胡麻や辛子高菜が。辛子高菜もしっかりと辛い。

替え玉も一つまで無料。ハリガネで。スープにオンして、卓上のタレで調整した。ライスは、デフォルトで無料。高菜をトッピングし、最後はスープをかけて雑炊風に頂いた。

店内は、カウンターのみ。都心部でこれだけのラーメンを出し、この価格は人気が出て当たり前だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中州屋台とんこつラーメン 粉落とし+竜の赤い目玉」@元祖博多 中州屋台ラーメン 一竜 池袋東口駅前店の写真立教大学での会合後、池袋駅前にあるこちらへ。明らかに資本系だが、24時間営業でとても便利。朝食に使用。

食べたのは、中州屋台とんこつラーメン 粉落とし 730円+竜の赤い目玉 30円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78374652.html

麺は、ほぼストレートの細麺。粉落としで頼んだのだが、コリコリの博多らしい麺が出てくる。小麦の香りは、それなり。資本系にありがちな麺と言えば、そんな感じだ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面は背脂で覆われる。500円台のミルキーな豚骨もどきスープではなく、しっかりとした豚骨出汁を感じ、価格差だけはある。

チャーシューは、ばら肉ロール。柔らかいが、肉の旨味は抜けている。

その他、ネギ、キクラゲが入る。そして、竜の赤い目玉。唐辛子ダレで、それほど辛くないがアクセントによかった。

店内は、カウンターのみ。モニターで注文も面白いのだが、女の子が一人で厨房、ホール回していて、大したものだと感じた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白ラーメン 麺硬め」@中華厨房 寿がきや 名古屋エスカ店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。駅の隣にある地下街のエスカへ。名古屋のソウルフードとして有名な、こちらへ。

食べたのは、白ラーメン 麺硬め 590円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77910789.html

麺は、ほぼストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感。小麦の香りはイマイチだが、この価格帯でそれを求めるのは、なかなか厳しいだろう。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、昆布、鰹節から魚介系の出汁を採る。かなり豚骨ライト。豚骨の資本系で500円台のラーメンに共通するミルキーな豚骨スープ。カップ麺の豚骨スープにかなり近い。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味とは違うケミカルな旨味を感じる。

その他、ネギ、メンマが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。おばちゃんがサーヴする地元密着型の名店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 麺硬め」@もっこすの写真名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。といっても、かなり伏見寄り。夜しか営業していない店で、たまたま夜に時間があり訪問。

食べたのは、ラーメン 麺硬め 700円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77910760.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の麺。小麦の香りはイマイチ。麺量に対し、スープの量が非常に多い。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。熊本ラーメンは、基本的に豚骨ライトな店が多いのだが、こちらもその原則に忠実。スープはライト、しかし、ニンニクチップでコクと風味を出そうとしている。

チャーシューは、ばら肉スライス。意外に厚めのもので、トロトロ。タレの染みもしっかりあり、このどんぶりの中では一番の出来。

その他、キクラゲ、海苔、ネギ、紅ショウガが入る。紅ショウガはいらないので、トッピング可能にしてほしい。

店内は、カウンターのみ。昔ながらのラーメン屋という感じで、BGMのテレビを見ながら、のんびりと頂いた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん ハリガネ+替え玉 ハリガネ」@博多長浜らーめん いっきの写真在日フランス大使館での会合後、ハイヤーでこちらへ。東京で本物の博多ラーメンを紹介するとなると、やはりこちらだ。

食べたのは、らーめん ハリガネ+替え玉 ハリガネ 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77792292.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、良いコンディション。麺上げ担当が、往年の名手に戻ったので、美味しさが復活した。「いっき」は「もりや」時代から、麺上げ担当、ホール担当でゴールデンコンビが組まれており、この2人のオペレーションで、最高に美味しい麺が出来上がる。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。開店からしばらく経った時間帯なので、油も程よい感じで上質の出来。

チャーシューは、ロースのスライス。博多ラーメン系では、最高レベルの出来だろう。

その他、ネギ、キクラゲ、メンマが入る。

替え玉は、ハリガネで。最高の茹で加減で、コリコリ感を楽しんだ。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店で、常にほぼ満席の状態が続く。素晴らしい東京の名店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「白 博多麺 ハリガネ+サービス トンから」@大名古屋一番軒の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ向かう。名古屋駅近くの大名古屋ビルヂングの地下にあるこちらへ。

食べたのは、白 博多麺 ハリガネ+サービス トンから 700円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77646847.html

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、しっかりとコシを感じられる美味しい麺だ。長浜を由来としているようで、中華麺も選べたが、ここは博多麺を選択。もっとも、博多麺というには、その中では結構太目な感じ。

スープは、豚骨をしっかり煮出し、24時間熟成させた、まろやかなスープ。ガツンと来る印象はないが、落ち着いたクリーミーなスープで、飲みやすい。

チャーシューは、ロースのスライス。大振りのチャーシューで、食べ応えがある。

その他、海苔、ネギ、キクラゲが入る。いずれも結構大振りだったり、量があり、食べ応えがある。

そして、トンから。非常に大きな唐揚げで、噛みしめると肉汁が流れ出る、とても美味しい唐揚げ。甘辛いソースで頂いた。

店内は、カウンターとテーブル席。元気のある接客で、好印象だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「元味らーめん まみれ味 麺硬め+サービスライス」@ラー麺ずんどう屋 目黒店の写真東京大学医科学研究所での会合後、今日は目黒駅の先まで足を延ばす。目黒駅から恵比寿方面へ向かい、少し歩いたところにあるこちらへ。

食べたのは、元味らーめん まみれ味 麺硬め+サービスライス 790円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77575054.html

麺は、ストレートの細麺。硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。姫路のラーメンだというが、どこから見ても博多のラーメンだ。替え玉のシステムを見てもそうだろう。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。豚骨を20時間煮出し、表面はたっぷりの背脂が覆う。「一蘭」と同じ甘さをスープに感じ、個人的には嫌いではない。「まみれ味」にしたので、相当な背脂の量だった。

チャーシューは、ばら肉ロール。SPFもち豚ということだが、若干肉の旨味が抜け気味。

その他、ネギ、海苔が入る。卓上には、辛子高菜が。ジワリと辛味を感じる、なかなか秀逸な高菜。ライスに乗せて、美味しく頂いた。

店内は、カウンターのみ。一人用と二人用の面白いカウンターだ。サービスは、資本系なので、まあそれなり。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多らぁめん 粉落とし+味濃いめ+油多め」@博多麺房 赤のれん 丸ビルの写真三菱商事での会合後、丸ビルのこちらへ。10年以上ぶりの訪問。意外に何も変わっていない。

食べたのは、博多らぁめん 粉落とし+味濃いめ+油多め 750円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77001908.html

麺は、ストレートの細平麺。粉落としで頼んだのだが、潅水臭さが抜けておらず、かなり厳しい状態。粉落としでもそれほど茹では浅くなく、むしろ小麦玉感が目立つ。「しばらく」にもこういう傾向がある。都内の名店「いっき」や「田中商店」では感じないので、何かが違う。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。豚骨ライトとは言わず、それなりにボディを感じる。しかし、フルボディではなく、割と万人に受けそうなミドルボディ。

チャーシューは、ロースのスライス。柔らかいが、若干出し殻。

その他、ネギ、メンマが入る。メンマは若干、干物感を感じる。

店内は、カウンターとテーブル席。かなり大箱だが、空いていたので、早いオペレーションだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件