なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.155点
最終レビュー日 2019年10月23日
1,319 757 0 1,224
レビュー 店舗 スキ いいね

「ホタテ69らーめん」@NOODLE SOUNDSの写真東京大学での会合後、本郷からお茶の水方面へ。その途中にある、こちらへ。

食べたのは、ホタテ69らーめん 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80446716.html

麺は、捻りの入った太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある、スープとの絡みも良い麺が出てくる。小麦の香りも良好。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布、鰹節、ホタテ、コマイ、ヒメダラから魚介系の出汁を採る。ホタテは、粉砕してパウダー状にしている。塩の香りと鶏白湯の旨味がグッと押し寄せるインパクトのあるスープ。麺、スープと基本骨格が素晴らしい。

チャーシューは、ばら肉。厚めのスライスで、食べ応えがある。炙りを入れているので、肉の旨味が活性化している。

その他、海苔、メンマ、カイワレ、刻み大根、刻み玉ねぎ、柚子皮と盛りだくさん。しかし、散らかることなく、まとまりを感じる具材。

店内は、カウンターのみ。アーリーアメリカンな雰囲気で、まるでバーのようだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン 麺硬め」@東池袋大勝軒 南池袋店の写真立教大学での会合後、池袋を越えて東口方面へ。最初は「二郎 池袋東口店」を目指したのだが、お休み。ということで、急遽すぐ隣の、こちらへ。

食べたのは、ラーメン 麺硬め 800円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79660511.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、しっかりとコシのある麺が出てくる。しかし、「大勝軒」は中太麺という印象があったのだが、その印象からすると細めの麺が出てきた。小麦の香りは、良好。具材が少ないので、どうしても麺だけで食べる時間帯が多いが、麺だけでも十分に満足できる。以前は中盛も無料だったようだが、現在は100円増し。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。油分の少ない、あっさりしたスープ。昔ながらのオールドファッションなテイストだ。丁寧に作られているが、インパクトは薄い。

チャーシューは、ロースのスライス。若干、筋が残るが、良い茹で加減だ。

その他、ネギ、メンマ、海苔、ナルトが入る。海苔はとても小さなもの。メンマは味付けが濃く、具材が少ないので助かる美味しさ。

店内は、カウンターのみ。奥に長い大箱。スタッフはバイト感覚で、まあ多店舗展開をするとこんな感じになるだろうといった風情だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「渡り蟹のつけ麺 大盛」@麺屋 百式 権之助坂店の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅へ。目黒駅を越え、権之助坂の中腹にあるこちらへ。何度か前を通り過ぎ、気になっていた店だ。

食べたのは、渡り蟹のつけ麺 大盛 880円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77865479.html

麺は、ストレートの太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感のしっかりした麺が出てくる。全粒粉で、麺には粒粒が見える。ただし、風味にはあまり影響を与えていない。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、渡り蟹から魚介系の出汁を採る。食べ始めはしっかりしたスープなのだが、後半になり、麺の水分を吸い、かなり弱いスープになる。麺とスープのバランスが悪く、後半戦はかなりイマイチな印象。

チャーシューは、ばら肉スライス。独特の風味。

その他、メンマ、ネギ、海苔が入る。

店内は、カウンターのみ。接客は丁寧。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
67

「らぁめん」@町屋大勝軒 孤珀の写真アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港から長旅で成田国際空港へ。京成線沿線のラーメン店巡りで、こちらへ。

食べたのは、らぁめん 730円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77576445.html

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、やや柔らかめの仕上がり。自家製麺で「大勝軒」の流れをくむ麺だろうが、他の「大勝軒」系と比較すると、コシ、小麦の香りともにもう一つ。麺量は、かなり多い。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節から魚介系の出汁を採る。出汁のボディが弱く、力強さを感じない。清湯ではないが、清湯っぽいあっさり感というか、さっぱり感を感じる。麺量が多く、存在感が強いので、それに負けないスープでないと、バランスが悪い。

チャーシューは、ロース。今回は、端肉が入り、それなりに美味しかった。

その他、ネギ、メンマ、海苔、茹で玉子が入る。メンマは異常に柔らかく、独特の食感だった。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店のようで、常にほぼ満席。さすがだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「蟹そば+サービス燻製うずら」@crab台風。の写真仕事を終え、小雨模様の中、こちらへ。

食べたのは、蟹そば+サービス燻製うずら 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77719906.html

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、ざっくりした噛み応えのコシがしっかりした麺。小麦の香りも豊潤で、とても美味しい麺だ。カネジン食品。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、渡り蟹から魚介系の出汁を採る。非常に濃厚なフルボディのスープで、豚骨の髄もよく出ているし、渡り蟹も5㎏のスープに2㎏の渡り蟹を使うという。もっとも、濃厚ながら臭みもなく、バランスを上手にとっているスープだ。

チャーシューは、レアロース。低温調理でレアな仕上がり。非常にしっとりしている。肉の旨味が十分で、とても美味しい。バジルオイルとの相性も良い。

その他、海苔、刻み玉ねぎ、メンマ、燻製うずら。メンマは穂先メンマで、食感もとても良い。刻み玉ねぎは、シャクシャク。スープに浸し、甘みを活性化する。燻製うずらは、サービスで4個。香りのよい、美味しい玉子だ。

店内は、カウンターのみ。白を基調としたシンプルな内装。男性2人のオペレーションで、さすが人気店、安定していた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こってりらーめん サービス大盛 麺硬め」@麺屋 天王 二号店の写真東京大学での会合後、湯島、御徒町経由で上野へ。日光街道を通る際に何度か目にしていたこちらへ。

食べたのは、こってりらーめん サービス大盛 麺硬め 680円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/75643056.html

麺は、ほぼストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、そこそこのコシ。サービス大盛にするとかなり量があり、2玉だろうか。小麦の香りが弱く、スープとの絡みも若干よくないので、そうするとこの量を持て余す。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節などから魚介系の出汁を採る。表面の背脂でこってり感を出しているが、スープ自体は豚骨ライト。そのため、麺に伝える出汁が弱い。

チャーシューは、ばら肉ロール。柔らかいが、肉の旨味はそれほど感じられない。

その他、ネギ、モヤシ、海苔、メンマが入る。具材の量が麺の量と比較してそれほど多くないので、巧みなプロジェクトマネジメント能力が要求される。表面には焦がしネギが、マー油っぽくかかっている。

店内は、カウンターとテーブル席。地元密着型で、バイク街のサラリーマンが続々と入店していた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 麺硬め+サービス大盛」@天然豚骨醤油 らーめん玉 超大吉 上野店の写真東京大学での会合後、湯島経由で御徒町へ。そこから、上野方面へ少し歩いて行ったところにあるこちらへ。「武骨」のはす向かいという、なかなかアグレッシブな立地だ。

食べたのは、ラーメン 麺硬め+サービス大盛 780円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74049974.html

麺は、捻りの入った中大平麺。麺硬めで頼んだのだが、デフォルトでも十分コシがありそうな雰囲気。サービス大盛は240g。食べ応えのある量だ。小麦の香りは、そこそこ。三河屋製麺。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節、昆布から魚介系の出汁を採る。Wスープだというが、返しも強く、家系に寄ったスープでもある。もっとも、それほど油は多くなくすっきりしており、昆布がしっかりと効いた独特のスープ。

チャーシューは、ばら肉ロール。柔らかくタレの染みも上々なのだが、肉の旨味はもう一つ。

その他、ネギ、海苔、メンマが入る。メンマは独特の香りだが、柔らかい。

店内は、カウンターのみ。インバウンドがメインのようで、店内には所狭しと中国語が並んでいる。開店当初と比較すると、若干クオリティの違いを感じるが、非常に縁起の良い店名で、実際縁起の良い店。これからも頑張ってほしい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件
71

「蕪村そば 太麺」@麺屋蕪村の写真湯田中温泉を楽しんだ後、長野駅前へ。新幹線まで30分ほど時間があったので、駅前のお店へ。

食べたのは、蕪村そば 太麺 730円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/73811922.html

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある麺が出てくる。ただ、依然と比較すると小麦の香りがイマイチで質が低くなった気がする。スープとの絡みもイマイチでどんぶりの中でパーツがバラバラに存在している。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節から魚介系の出汁を採る。昔ながらのWスープで完成度は高い。「蕪村」の美味しさはそれほど変わっていないと思うのだが、美味しいスープを出すラーメン店が増えると、相対的には埋没してしまう。

チャーシューは、ばら肉ロール。タレの染み、肉の旨味ともにレベルの高いチャーシューだ。

その他、海苔、メンマ、ネギが入る。メンマは、以前の極太メンマから穂先メンマに変更。いずれにしても良質のメンマだ。

店内は、カウンターのみ。以前のオーナー夫妻はお店に入らなくなったようで、アルバイトのオペレーションのようだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「濃厚つけ麺 大盛」@銀座 朧月 目黒処の写真東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅方面へ。先日、すぐ近くの「維新」で美味しいラーメンを頂いたので、負けず劣らず美味しいこちらへ。

食べたのは、濃厚つけ麺 大盛 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/73280083.html

麺は、ストレートの太麺。エッジの効いた太麺で、非常に弾力がある。まるで、讃岐うどんを食べているかのようだ。デフォルトで頼んだのだが、コシのある美味しい麺で、小麦の香りも豊潤。さすが、つけ麺を前面に押し出しているだけある。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。濃厚なスープで、粘度の高い麺との絡みの良いスープ。最後にスープ割をしてもらうと、また違った印象を感じる。

チャーシューは、存在しない。

その他、角切りのメンマ、ネギ、なるとが入る。麺量が多い割に、具材が少なく、そのため、麺とスープの印象ばかりが残りがちになる。美味しいのだが、個人的な印象では、つけ麺より、ラーメンだ。

店内は、カウンターのみ。そんなにピカピカではないが、味のある雰囲気。もともとのラーメンは美味しいので、これからも楽しみだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「限定 煮干しそば極み+サービス味玉」@麺屋 音の写真東京藝術大学で会合後、北千住駅方面へ。そして、北千住駅を過ぎ、こちらへ。昼過ぎだったが、数人の行列。しかし、いざ店内に入ると空席が。オペレーションに時間がかかっているようで、すべての席は使用していないようだ。

食べたのは、限定 煮干しそば極み+サービス味玉 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/71906891.html

麺は、ストレートの中太麺。煮干し系にありがちなパッツン系ではなく、若干柔らか目の仕上がり。小麦の香りはそこそこで、スープとの絡みも若干弱い。デフォルトで麺量は意外にあり、並盛で十分という感じだ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。鶏白湯に煮干しを合せるのだが、「おおぜき中華そば」や「晴」のような鶏白湯の旨味が凝縮されたものに、ギュッと煮干しを埋め込む感じではなく、さっぱりしたスープに煮干しを合わせたもの。期待していたものとは違ったので、若干拍子抜け。セメント色はしているが、見た目ほど濃厚ではない。

チャーシューは、ロースのスライス。厚みもあり、旨味も十分で、美味しいチャーシューだ。

その他、メンマ、ネギ、海苔、柚子、味玉半分+サービス味玉。味玉は、タレの染みも十分で美味しい。メンマは、かなり太めのタイプ。

店内は、カウンターとテーブル席。席に着くと、冷たいおしぼりが出るなど、サービスは良好。オペレーションがもう少し早いと、回転率も上がるだろう。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件