なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 73.961点
最終レビュー日 2019年6月9日
1,235 724 0 987
レビュー 店舗 スキ いいね

「排骨担々麺 麺硬め+ライス」@支那麺 はしご 赤坂店の写真衆議院第一議員会館での会合後、坂を下り、溜池山王にあるこちらへ。

食べたのは、排骨担々麺 麺硬め+ライス 1100円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78841014.html

麺は、ストレートの細麺。麺硬めで頼んだのだが、それほど硬くない。しかし、しなやかで滑らかな麺で、これはこれで満足できる。小麦の香りはそれほどでもないのだが、後述するスープとよくマッチし、どんぶりの中の一体感を感じられる。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、胡麻ペースト、たまり醤油で返す。表面は、特製の辣油で覆われ、胡麻の香ばしさと辣油の辛さが良いコンビネーションとなる。

チャーシューは、排骨。あばら肉を香ばしく揚げてあり、衣にはカレー風味も感じられる。サクサクで、スープを吸い、複雑で奥行きのある味わいに仕上がっている。ライスとの相性も良く、これは美味しい。

その他、青梗菜が入る。

ライスには、卓上の刻み沢庵を。甘い沢庵で、辛いスープにフィットする。非常にバランスが取れた一品だ。

店内は、カウンターのみ。広い厨房。それを取り囲むカウンター。美味しい一杯だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「金ゴマ汁あり担担麺 麺硬め+サービスライス2杯+サービス正式」@想吃担担面 ユニモール店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ向かうためユニモールという地下街を歩く。名古屋駅界隈は地下街が発達しており、多くのお店が入っている。厨房担当は中国人で、ホール担当はアラブ系という感じ。

食べたのは、金ゴマ汁あり担担麺 麺硬め+サービスライス2杯+サービス正式杏仁豆腐 1000円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77646884.html

麺は、ほぼストレートの細麺。麺硬めで頼んだのだが、細麺のためダレるのも早い。濃厚なスープのお供という感じの麺で、存在感はそれほどない。自家製の玉子麺。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採る。胡麻ペーストが非常に濃厚。更に、金ゴマがしっかりと入り、かなり胡麻風味が強い。デフォルトで辛目のようだが、丁度良い感じで、激辛ではない。痺れはほとんど感じず、最近の刺激系ではない伝統的なスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、青梗菜が入る。

そして、ライス。単体では、それほど美味しくないが、このスープでおじや風にすると、とても美味しい。〆は、正式杏仁豆腐。サービスで頂いたのだが、さっぱりした味わいで、口の中がすっきりする。

店内は、カウンターとテーブル席。今回は空いている時間帯ということもあり、テーブル席でのんびり頂いた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺」@中華そば 虎桜の写真仁川国際空港から成田へ。約2時間30分の旅。国内旅行とほとんど変わらない。そして、京成線沿線のラーメン店巡りで、今日はこちらへ。

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77141683.html

麺は、ストレートの太平麺。ランチタイムの大盛がなくなって久しいが、デフォルトでも十分な量がある。重量級の麺で、箸で持ち上げると箸がしなるほど。小麦の香りも豊潤で、タレとの絡みもよく美味しい麺だ。

タレは、丼底に胡麻ペーストが入り、麺と良く絡ませている。麺を入れた後に唐辛子入りの辣油をかけまわしている。麻も辣も以前と比較するとマイルドになった感じがする。地元客に愛される店なので、次第にマイルドになるのは避けられないかもしれない。もっとも、卓上に花山椒、辣油ともにあるので、それを追加すれば問題ない。

チャーシューは、メンマと同様、かなり小さなカットで存在する。肉の旨味もしっかり感じられ、美味しい。

その他、ひき肉、白髪ねぎ、青ネギ、味玉が入る。今日の味玉は、結構ハードボイルドだった。

白スープは、相変わらず貝出汁が美味しい。ほっこりできるスープだ。

店内は、カウンターとテーブル席。店主のオペレーションはしっかりしており、目配り、気配りともに素晴らしい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 18件

「汁なし担々麺」@中華そば 虎桜の写真ヘルシンキ・ヴァンター国際空港から成田へ。京成線沿線のラーメン店巡りで、こちらへ。

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/76579676.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとしたコシで、モチモチした食感。タレと絡めるとかなりの重量感だ。ランチタイムの大盛サービスはなくなったが、十分に満足できる量だ。

タレは、芝麻醤がしっかり入ったもので、粘度のしっかりした胡麻ペーストが、麺に良く絡む。麻、辣ともにあるのだが、どちらも食べやすく仕上げてある。そこで、卓上の花山椒を追加。良い感じの痺れを得ることができた。

チャーシューは、存在しない。その代わり、ひき肉が結構入る。

その他、ネギ、白髪ネギ、味玉が入る。味玉は半熟で手作り感があり美味しい。

そして、白スープ。貝出汁のスープで、担々スープとの相性が良く、風味豊かだ。

店内は、カウンターとテーブル席。助手が入ったようで、店主との呼吸を合わせていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 18件

「汁なし担々麺」@中華そば 虎桜の写真チャンギ国際空港から成田へ。京成線沿線のラーメン店巡りで、こちらへ。

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/75933641.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、ずっしりと重量感のある麺だ。小麦の香りも豊潤で、素晴らしい麺。ランチタイムの大盛サービスが終了し、普通サイズで頂いたが、十分な量。

タレは、芝麻醤ベース。濃厚な胡麻ペーストで、デフォルトだと以前より痺れも辛味も穏やかになっている。そこで、卓上の痺れ辣油を足し、味付けを完成させる。胡麻とのバランスを考えると、あまり麻辣に寄らないほうがよさそうだ。そうなると、元々のバランスがベストだということになる。

チャーシューは、角切りのチャーシューが入っているはずだが、今日はあまり存在を感じなかった。

その他、ひき肉、白髪ねぎ、青ネギ、メンマ、味玉が入る。味玉は、相変わらずトロトロで美味しい。

白のスープは、浅利、蛤の出汁が素晴らしい。スープだけを頂くことで、その輪郭をはっきりイメージできる。

店内は、カウンターとテーブル席。店主のオペレーションは、毎回安定している。さすがだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 18件

「汁なし黒胡麻担担麺 辛め」@汁なし担担麺 ピリリの写真日本IBMでの会合後、水天宮へ。この辺りを訪問するのも、久しぶりだ。そしてミシュランのうどん店「谷や」の2階にあるこちらへ。

食べたのは、汁なし黒胡麻担担麺 辛め 880円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/75308556.html

麺は、ストレートの中太麺。モチモチした食感で、スープとの絡みも良い。ただ、スープの花山椒がかなり痺れて、のどの動きを鈍らせる。その結果、食べることはできるのだが、飲み込むのが難しくなり、かなり食べるのに難渋する。

スープは、麻も辣もかなり効いている。辛めにしたので、尚のことだ。食後の感想なのだが、麻の刺激がかなり強く、10分くらい口内が痺れていた。本格的な四川風味を化学調味料不使用で形作るのは素晴らしい。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、干しエビ、ネギ、水菜が入る。ひき肉は相当量が入る。干しエビがなかなか良い隠し味で、風味を増している。

店内は、カウンターとテーブル席。おしゃれな雰囲気の店内で、女性客も多い。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白だし 担担麺 サービス大盛」@中華そば 虎桜の写真香港国際空港から成田へ。京成線を町屋で途中下車。久しぶりにこちらへ。券売機の大きなところにお進めがあり、今日はこのメニューを選択。

食べたのは、白だし 担担麺 サービス大盛 800円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/75482320.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、汁なしの太麺と比較すると存在感に欠ける。コシもそれほど感じられず、決して悪い麺ではないのだが、太麺と比較するとどうしても分が良くない。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、アサリから貝出汁を採り、更に鰹節、宗田節、昆布などから魚介系の出汁を採る。ただ、これが坦坦スープになるとせかっくの繊細な貝出汁が消えてくる。また、芝麻醤も中途半端で、麻も辣も今一つ。万人受けを目指すと中途半端になるし、マニアックに辛くすると食べられなくなる人が出る。この辺りは、哲学をどうするかだ。卓上の辣油で調整した。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、ネギが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。ラーメン業界は、原価高騰でなかなか苦しいお店が多い。大変だと思うが、頑張ってほしい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 18件

「肉盛り坦坦油そば+サービス温玉+追い飯」@ローストビーフ油そば ビーストの写真早稲田大学での会合後、散歩がてら新宿まで。「二郎 歌舞伎町」のすぐそばにあるこちらへ。

食べたのは、肉盛り坦坦油そば+サービス温玉+追い飯 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74779931.html

麺は、捻りの入った太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感の美味しい麺。しっかりとコシも感じられ、油との絡みもよい。

タレは、芝麻醤。胡麻ペーストがしっかりしている。辣油も入るが、それほど辛くはない。

チャーシューは、ローストビーフ。いわゆるザブトンの部分で、柔らかく肉の旨味もしっかりしている。端肉も入り、これも美味しい。

その他、肉味噌、温玉、青梗菜、ナッツが入る。温玉を崩すと、味わいがずいぶんまろやかになる。

最後に、追い飯。残ったタレと和えると、非常に良い風味だ。

店内は、カウンターとテーブル席。中国人が多いのか、中国語対応がなされていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺 サービス大盛」@中華そば 虎桜の写真ヤンゴン国際空港から成田へ。そして、京成線で町屋駅を降り、都電沿いに少し歩くこちらへ。

食べたのは、汁なし担々麺 サービス大盛 820円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74246639.html

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチとした食感で、とても美味しい。小麦の香りも、豊潤。大盛だとボリュームも十分で、推定250g。タレとの絡みが非常に良く、とても満足できる一品だ。

タレは、芝麻醤。胡麻ペーストがしっかりと入り、香りがとても良い。辣油、花山椒ともに入るが、万人向けに弱くしてあるので、卓上の辣油や花山椒で追加トッピングをするとよい。

チャーシューは、角切りの小さなものが少し入るが、ほとんど存在感はない。

その他、ひき肉、白髪ねぎ、青ネギ、味玉が入る。味玉は、半熟でタレの染みも丁度良い。

そして、白のスープ。20円分の増加とは思えないほど美味しいスープ。貝の出汁が豊潤で素晴らしい。

店内は、カウンターとテーブル席。店主のオペレーションは確実で、安定している。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 18件

「激辛・麻辣担々麺」@担々麺本舗 辣椒漢の写真明治大学での会合後、散歩がてらこちらへ。小川町というか神田駅というか三越前からというか微妙な感じの距離の場所にある。都心部の中のエアポケットだ。

食べたのは、激辛・麻辣担々麺 950円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/73844685.html

麺は、捻りの入った太麺。これは意外。存在感のあるモチモチした麺だ。店主が何度も茹で加減をチェックしたベストの状態。小麦の香りもなかなかで、これは美味しい麺だ。

スープは、八角も香る本格的なスープ。芝麻醤もしっかりした本格的なもの。表面には、花山椒が追加されており、香りもよいし、山椒の刺激が心地よい。激辛というが、無茶な激辛ではなく風味を楽しむことができるバランスの良い激辛。この辺りも、こだわりを感じさせる。

チャーシューは、存在しない。

その他、クラッシュナッツ、青梗菜、カイワレ、胡麻が入る。ナッツや胡麻の風味がとてもよく、薫り高い一品だ。

店内は、カウンターのみ。非常に狭い店内で、ウナギの寝床状態。店主は研究熱心なようで、担々麺にこだわりを持っているようだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件