なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.120点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,315 753 0 1,220
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚味噌らーめん」@濃厚味噌らーめん さかえ屋の写真名古屋大学での会合後、栄へ。女子大通りという、かつて女子大があったと思われる通りへ。小さな路地の交差点にある、こちらへ。

食べたのは、濃厚味噌らーめん 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80447206.html

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がり。コシがあるという感じではなく、硬め。セントラルキッチンで使われているような感じの、業務系の色合いが強そうな麺だ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクが結構効いている。返しの味噌は、数種類の味噌をブレンドしているというが、重層性は感じられず平坦な仕上がり。

チャーシューは、ばら肉ロールで、こちらも業務用っぽい感じで、ここまで何の特徴も感じない。

その他、ネギ、メンマが入る。これで名古屋で850円と言うのは超強気な設定なのだが、そこには工夫がある。

ランチタイムは、ご飯、生卵、キムチが食べ放題。ということで、セットにする。卵かけご飯は美味しかったが、それでもコストパフォーマンスは良くないと感じた。

店内は、カウンターとテーブル席。とはいえ、人気店。次から次へとお腹を空かせたお客が入ってきていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン 麺硬め+ネギ増し」@うま屋ラーメン 錦店の写真名古屋大学での会合後、栄へ。少しだけ時間があったので、久しぶりにこちらへ。

食べたのは、特製ラーメン 麺硬め+ネギ増し 580円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80203564.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、緩くならないギリギリの感じ。これがデフォルトなら良い感じだろう。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。かなりあっさりした家系という感じだが、スープの神髄は、卓上のニラ唐辛子とのマリアージュにある。ニラ唐辛子をたっぷり入れると、素晴らしいスープが完成する。

チャーシューは、ばら肉スライスが数枚。

その他、ネギ、メンマが入る。ネギ増しと卓上のニラ唐辛子は、最高の薬味。

店内は、カウンターとテーブル席。ファミレスのような感じで、それぞれがゆったりとくつろげる空間だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「台湾ラーメン 麺硬め+ニンニクチャーハン」@味仙 名駅店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。普段なら名古屋駅構内の「味仙」に行くところだが、観光地化していることもあり、そうではない「味仙」の持ち味を感じられる、こちらへ。

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 600円+ニンニクチャーハン 700円。ただ、いずれも外税なので、それほど割安感はない。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79395690.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、ポクポクした食感の、このスープにドンピシャの麺が出てくる。麺自体が特別美味しいわけではないが、どんぶりの中でのバランスが良く、このスープにこの麺ありという感じだ。同じことを「天下一品」の麺とスープにも感じる。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、ニンニクなど香味野菜をふんだんに使い味を調える。今回は特別辛くしてはいないが、丁度良いバランスで、辛いが旨味も感じるというさすがの味。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、ニラ、唐辛子などが入る。

ニンニクチャーハンは、素晴らしい美味しさ。ニンニクペーストではなく、ニンニク片がゴロゴロ入る。非常に濃厚な味わいで、大満足。

店内は、カウンターとテーブル席。活気があり、中国語が飛び交う店内は、正に本場の雰囲気だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン イタリアン 麺硬め」@味仙 JR名古屋駅店の写真名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。新幹線の時間まであまり余裕がなかったので、駅構内のこちらへ。

食べたのは、台湾ラーメン イタリアン 麺硬め 810円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78366521.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感でしっかりとコシを感じられる麺が出てくる。小麦の香りは、そこそこ。この料理は、麺を味わうというよりも、スープの辛さの逃げ場として麺が存在しているので、こんな感じで良いのだろう。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニク、唐辛子が大量に入ったスープは激辛。今回は、イタリアンという唐辛子がノーマルの2倍入ったスープ。とにかく辛い。辛さを通り越して痛みすら感じるほどだ。しかし、ベースの鶏がら醤油スープの旨味もあり、美味しく食べ進める。しかし、スープのコクは「矢場店」が一枚上だ。

チャーシューは、存在しない。

その他、ニラ、唐辛子、ひき肉が入る。ひき肉もまた唐辛子で炒められているので、相当辛い。

店内は、カウンターとテーブル席。荷物が多かったので、テーブル席でのんびり食事を楽しんだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「特製ラーメン 麺硬め+ネギ増し+名物チャーハン」@うま屋ラーメン 錦店の写真名古屋大学での会合後、名古屋の繁華街である栄へ。前回好印象だったこちらへ、再び訪問。

食べたのは、特製ラーメン 麺硬め+ネギ増し 580円+名物チャーハン 550円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78458417.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、ギリギリコシのある麺が出てくる。昔ながらの麺と言う感じなので、この緩さは許容範囲。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。醤油もしっかりしているので、分類としては、豚骨醤油。とろみのあるしっかり出汁を採られたスープで、この価格でこのスープは、素晴らしいレベルだと言える。

チャーシューは、ばら肉のスライス。肉の旨味は少ないが、麺とスープの良いお供だ。

その他、ネギ、メンマが入る。ここに卓上のニラカラシとネギを追加する。このジャンクな味がたまらなく美味しい。

そして、チャーハン。チャーハンもまた有名らしい。ネギが入り、しっとりしたタイプのチャーハンで、これは好みのものだ。美味しく頂いた。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店のようで、しっかり客が入る状況が続いた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「中華そば こってり 並 麺硬め+ネギ+ネギ+ニラ+ニラ」@天下一品 名古屋栄店の写真名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。久しぶりに、こちらへ。

食べたのは、中華そば こってり 並 麺硬め+ネギ+ネギ+ニラ+ニラ 745円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78264409.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、それほど硬くなく、早い段階でダレる。小麦の香りもイマイチ。しかし、このスープに、この麺。麺とスープの一体感が素晴らしい。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、野菜、果物、香味野菜などで味を調える。この日ちょっと体調が良くなかったのだが、このスープを飲めば元気になると思わせてくれるような、素晴らしいスープ。

チャーシューは、ロースのスライス。サブ的な役割で、それほど存在感はない。

その他、ネギ、メンマが入る。しかし、名古屋の「天下一品」の意味は、無料トッピングにある。ネギと、ニラ唐辛子を選択。トッピングした後、一気に掻き込むと、体調が一気に回復しそうな感じだ。

店内は、カウンターとテーブル席。喫煙可能なのがイマイチだが、相変わらず素晴らしいサービスだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「台湾ラーメン 麺硬め+ニンニクチャーハン」@中国南北酒菜 味仙 矢場店の写真名古屋大学での会合後、栄の外れにあるこちらへ。前回訪問し、とても美味しかったことから、期間をおかずに再訪。

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 680円+ニンニクチャーハン 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78119094.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。このくらいの硬さが、やはり丁度良い。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクと唐辛子が大量に入り、とても辛い。ただ今日のスープは、出汁の旨味以上に、塩辛さが前面に出てくる。後述するニンニクチャーハンもイマイチで、作り手が違うのかもしれない。

チャーシューは、存在しない。

その他、大量の唐辛子、ニンニク、ニラ、ひき肉が入る。ひき肉は甘辛く炊いてあり、台湾ラーメンの特徴だ。

ニンニクチャーハンは、今回はかなりあっさりしている。前回むせかえるようなニンニク風味に感動したので、今日はイマイチ。その分、パラパラしていた。

店内は、テーブル席のみ。活気のある店内で、相変わらず良い雰囲気だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「金の中華そば+サービススムージー」@ソラノイロ  NAGOYAの写真名古屋大学での会合後、名古屋駅近くのミッドランドスクエアへ。おしゃれなビルで、ハイブランドが立ち並んでいる。4階のレストランフロアにある、こちらへ。

食べたのは、金の中華そば 830円+サービススムージー。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78401731.html

麺は、若干捻りが入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある伸びやかな麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。

スープは、名古屋コーチン、豚骨から動物系の出汁を採り、伊吹煮干し、鰹節、昆布から魚介系の出汁を採る。非常に豊潤で、表面の鶏油からも甘みを感じる美味しいスープ。

チャーシューは、レアロースと鶏むね肉。鶏むね肉はしっとりしていて、レアロースは柔らかく肉の旨味を保持した仕上がり。

その他、ネギ、玉ねぎ、ナルト、メンマ、海苔が入る。

スムージーは、青菜、バナナ、レモンのスムージー。青菜の青臭さを、バナナの甘さ、レモンの酸っぱさが上手くカバーしている。

店内は、カウンターのみ。厨房を囲むような配置で、結構狭いが、荷物入れなども工夫されていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン 麺硬め+ネギ多め」@うま屋ラーメン 錦店の写真名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。夜の栄は、やはり怪しい雰囲気で、猥雑としている。そんな中にある、こちらへ。

食べたのは、特製ラーメン 麺硬め+ネギ多め 580円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78363830.html

麺は、若干捻りの入った、中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。これといった特徴はないが、この価格帯であれば、十分に満足できる麺。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。結構しっかりと濃厚なスープで、乳化したフルボディのスープ。返しのバランスも良い。

チャーシューは、ロースのスライス。まあ、価格なりだが、十分なクオリティ。

その他、ネギ、メンマが入る。更に、サービスで九条ネギ。そして、卓上のニラカラシ。唐辛子部分が多いが、これがこのスープにとても合う。その結果、この価格で素晴らしいパフォーマンス。

店内は、カウンターとテーブル席。中京圏を中心とするチェーン店のようだが、名古屋の味として、しっかりと覚えておきたい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメンセット 麺硬め」@江南 柳橋本店の写真名古屋大学での会合後、伏見通りから名古屋駅へ。その途中にあるこちらへ。伏見と名古屋駅の間にあるのだが、ちょっと寂れたというか、低地にあり高速道路の高架下であることもあり、独特の雰囲気がある。

食べたのは、ラーメンセット 麺硬め 980円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78223162.html

麺は、若干捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、昔ながらの穏やかな、それほど主張のない麺が出てくる。しかし、清湯スープとの相性はよく、麺もスープもホッとする一杯だ。

スープは、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。豚骨は拳骨を使用する。ぐつぐつ煮出した白湯ではなく、きれいな琥珀色の清湯。あっさりしているが、滋味深く旨味はしっかりしている。

チャーシューは、ロースのスライス。結構厚めで、炙ったものを出してくれるので、肉の旨味は活性化している。

その他、ネギ、モヤシが入る。

小炒飯は、結構しっかりした味。チャーシューのタレがしっかりしているので、良いアクセントになる。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店で、ランチタイムを外したが、ほぼ席は埋まっていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件