なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.120点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,315 753 0 1,220
レビュー 店舗 スキ いいね

「長州ラーメン」@長州ラーメン 万龍軒 富士見店の写真食べたのは、長州ラーメン。

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、やや硬めの仕上がり。お隣の博多の影響を強く受けていると思われるが、長州流のアレンジは麺が太めになっている。むしろ熊本に近い。ただ、業務用の麺なので、潅水臭く保存料臭い。

スープは、豚骨ベース。脂は乳化しているのだが、髄まで出汁が出きっておらず、ライトな仕上がりだ。

チャーシューは、豚ばら肉ロールタイプ。硬いのだが、甘めの味付けでタレの染みは上々だ。チャーシューは一昼夜タレに漬けている。

その他、葱、メンマが入る。葱は白目のタイプ。メンマは業務用で評価できない。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「オロチョンラーメン」@オロチョンラーメン 40Qの写真食べたのは、オロチョンラーメン。

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、最初はコシが感じられるものの、次第にダレてくる。まあ業務用の麺だな。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、野菜で味を調える。そして、返しが野菜を炒めたスープなのだが、これが奥が深い。豆板醤ベースで炒めているようなのだが、豆板醤は前面に出てこない。唐辛子の辛味と焼き肉のタレのような酸味も少々感じる。なかなか正体を明らかにできない面白いスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、豚バラ肉、玉ねぎ、木耳、ネギが入る。玉ねぎはざく切りで結構大きめだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@竹岡らーめん 清見台店の写真食べたのは、チャーシュー麺。

麺は、若干捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだがコシがあり、美味しい。例によって乾麺なのでインスタントラーメンのような味わいだ。しかし、奥底に小麦の香も感じられ、これはこれで美味しい。乾麺なのでスープとの絡みも上々で、醤油の黒さが移っている。

スープは、チャーシューの煮汁を麺の茹で汁で割る所謂竹岡式。しかし、たったこれだけなのに「梅乃家」同様、深みのある美味しい醤油味になっている。濃口で頼んだのだが、非常に濃厚な醤油臭い(良い意味で)ラーメンが出てきた。

チャーシューは、豚バラブロックで、非常に柔らかく、かつタレの染みも上々。美味しいチャーシューだ。

その他、メンマ、海苔、そして微塵切りの玉ねぎが入る。この玉ねぎの薬味がコクを出し非常に良い。スープに馴染み、このバランスが絶妙だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ら~麺」@麺屋あらき 竈の番人の写真食べたのは、ら~麺。

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるコリコリした食感の麺が出てくる。小麦がギュッと詰まったような麺で、非常に美味しい。カネジン製麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、これに土佐の鰹節、鹿児島の鰹節、九十九里の煮干で魚介系の出汁を採る。いずれも、相当な量を使って出汁を採っており、かなり濃厚なスープが出てくる。ちょっとやそっとでは崩れないボディのしっかりしたスープだ。

チャーシューは、バラ肉ロール。肉の旨みを上手く封じ込めてあるので、噛み締めると肉汁と一緒に旨みが口の中に広がる。直前に炙って、旨みを引き出しているようだ。

その他、葱、メンマ、玉ねぎが入る。玉ねぎは、ちゃんと炒めてあり甘みのあるタイプだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺+薬味」@梅乃家の写真食べたのは、チャーシュー麺+薬味。

麺は、乾麺。かなり縮れており、乾麺であるためぼそぼそしたインスタントラーメンのような食感。しかしながら、コシも感じられモチモチ感もある。都内では、肉麺カピパラがこのタイプ。意外にも美味しい。

スープは、非常に不思議だ。チャーシューを漬けている醤油ダレに、乾麺を茹でた茹で汁を入れるだけ。まさにインスタントラーメンの作り方だ。シンプルな醤油味なのだが、コクがあり美味しい。二郎ほどの荒々しさはないのだが、醤油のストレートさは結構似ていると思う。

チャーシューは、脂が結構入ったばら肉。この味付けが絶品で、肉の旨みを活かしつつ、しっかりとタレが染みこんでいる。ここまでのチャーシューには、都内でもなかなかお目にかかれない。素晴らしいチャーシューだ。

その他、薬味を頼むと刻み玉ねぎが結構入る。ぽっぽっ屋にあるタイプだが、強い醤油と良く馴染み、美味しかった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@ラーメン富士屋 木更津店の写真食べたのはチャーシュー麺。

麺は、捻りの入った中細平麺。デフォルトで頼んだのだが、相当柔らかい。ここまで柔らかいラーメンは、久しぶりに食べた。後述する濃い醤油スープを吸い、「新福菜館」並に黒く色づいている。小麦の香もあまり感じず、それほど美味しい麺だとは思えない。

スープは、濃い醤油味で、チャーシューの煮汁を麺の茹で汁で割る竹岡式。しかし、「梅乃家」や「竹岡らーめん」と比べると単調で出汁に深みがない。

チャーシューは、ばら肉ブロックの大き目のものが数枚。肉の旨みを残しつつ、タレの染みが非常によく、これは美味しい。柔らかさも十分だ。

その他、メンマ、玉ねぎが入る。ただ玉ねぎは微塵切りではなく刻みで量も少ない。

一見、竹岡式のようにも見えるが、独自の進化を遂げたラーメンだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件