なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.129点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,312 751 0 1,214
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば こく味 麺硬め」@中華そば ちから 八丁堀店の写真広島旅行、最終日。みっちゃんでお好み焼きを食べた後、こちらへ。元々はうどんで有名な店らしいが、こちらはラーメンで勝負。一風堂がアドバイザリーで入っているらしい。

食べたのは、中華そば こく味 麺硬め。

麺は、ストレートの中細麺。広島ラーメンとしてはかなり細いほうで、この辺に一風堂の影響を感じる。硬めで頼んだのだが、一風堂のバリカタ程度の麺が出てくる。コシのあるコリコリした食感で、小麦の香りも十分で美味しい麺だ。

スープは、広島風鶏ガラ豚骨醤油に、背脂を加える。これにより、甘みと旨味が増し、確かにこく味だ。広島ラーメンの一種の進化系と言えるだろう。

チャーシューは、ばら肉。トロトロで柔らかくタレの染みも上々だ。

その他、モヤシ、ネギ、ホウレンソウ、ナルトが入る。このホウレンソウが謎で、なんで入るのかよくわからない。

店内はカウンターのみ。先払いで注文する。いきなり「ニンニク入れますか?」と聞かれ、何となく嬉しくなった 笑。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@一休軒 広島本店の写真広島旅行の際に食べた店。実は一休軒を初めて食べたのは、23年前。何度も通い、体の中に染み込んでいる味である。しかし、一休軒は閉店し、もはやその味を楽しむことはできないのかと思っていた。ところが、その味を伝承した店が広島にあるという。楽しみに出かけた。

麺は、ストレートの中細麺。硬めで頼んだのだが、コリコリした食感で小麦の香りはそれほどしないものの、美味しい麺が出てくる。

スープは、豚骨ライト。豚骨ライトといっても、博多天神のような豚骨ライトではなく、豚骨の出汁を上手に採った、甘みのある豚骨スープに仕上がっている。そうそう、この味だ。

チャーシューは、もも肉。出し殻で、肉の旨味は抜けている。塩が効いていて、そのしょっぱさが目立つ。

その他、ネギと海苔が入る。

当時はラーメンが特別好きというわけではなく、ただ安いので一休軒のラーメンをよく食べていたのだが、この甘みのある豚骨スープを一口飲んだ瞬間、23年前の記憶が鮮明によみがえった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
39

「ラーメン」@三公の写真食べたのは、ラーメンと炒飯。

麺は、ストレートの中細平麺。デフォルトで頼んだのだが、コシもありなかなか美味しい。意外に量がある。しかし、後述するスープとの絡みもイマイチで、一体感がない。

スープは、鶏がらから出汁を採る。尾道は魚介系の出汁が特徴のはずだが、イマイチ出汁を感じない。返しの主張も弱く、出汁を感じない平坦なイメージのスープだ。揚げた背脂に若干甘みを感じる。

チャーシューは、美味しい!豚ばら肉で非常に柔らかくタレの染みも上々。これは何故か絶品だ。

その他、葱、メンマが入る。炒飯は美味しい。というのも、広島で初めて食べたご飯だからだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
47

「ラーメン」@ひよこの写真食べたのは、ラーメン。

麺は、ストレートの細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシがあり、噛み切るとプチっとした食感で面白い。小麦の香はイマイチだが、これはこれで美味しい麺だ。

スープは、豚頭だけで、2日間煮込み出汁を採る。口に入れると最初に甘みを感じる。これと共に、豚骨臭さも口に広がり、雰囲気としては神戸のラーメンに似ている。

チャーシューは、肩ロースの超薄スライス。出し殻で、味はほとんどしない。しかし、5枚ほどあり、チャーシュー麺のようだ。

その他、葱、モヤシ、玉子が入る。葱は本当に大量で、葱ラーメンを食べているかのようだ。しかし、シャキシャキした葱で、これは美味しい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
51

「中華そば」@すずめの写真食べたのは、中華そば。

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシがあり、コリコリした食感の麺が出てくる。他の有名店同様、玉子麺で、噛み締めるとプチンと切れる。この感触がなんともよい。

スープは、豚骨、鶏がらの動物系の出汁を採り、これに野菜で甘みを加える。「つばめ」と比較すると返しが弱く、表面の脂は強い。この脂の強さは、豚骨の量が多いことによる。ただ、バランスで言うと、「つばめ」に軍配があがる。スープが弱く感じるのは、煮込みの時間が6時間とやや短いからかもしれない。「つばめ」同様、スープが多く、美味しいスープを楽しめる。

チャーシューは、肩ロース。出し殻で、旨みが残っていない。

その他、モヤシ、葱が入る。モヤシは茹で加減が絶妙で、透き通っている。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
55

「中華そば」@つばめの写真食べたのは、中華そば。

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるコリコリした食感の麺が出てくる。広島では玉子麺が主流なようで、小麦の香はイマイチしない。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、これに玉ねぎ、人参など野菜で甘みを出す。14時間ほど煮込んでいるため、濃厚な動物系の出汁が十分に出ており、ボディはしっかりしている。これに醤油で返し、茶濁系の濃厚なスープが出来上がる。「陽気」のスープに若干似ているが、ボディの完成度は、こちらのほうが高い。おそらく返しの割合が強いのだろう。スープの量も十分で、非常に楽しめる。

チャーシューは、肩ロース。タレの染みがなかなか美味くできていて、噛み締めると次第に口の中に旨みが広がってくる。これはなかなか秀逸だ。

その他、モヤシ、葱が入る。葱はそれほど多くなく、スープの中に散在している感じだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@陽気 江波本店の写真食べたのは、中華そば。

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるコリコリした食感の麺が出てくる。小麦の香はイマイチ。で、食べ進むにつれて次第にダレてくる。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁をとり、これに野菜の甘みを加える。しかし、返しの醤油が結構効いているため、「ひよこ」ほどは甘くない。

チャーシューは、肩ロース。出し殻で、食感も味もイマイチ。

その他、葱、モヤシが入る。モヤシは髭の処理がなされていないが、臭みはない。モヤシは浮いているように入れられる。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件