なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.120点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,315 753 0 1,220
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば 小盛」@麺屋7.5Hz+ 梅田店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。北新地へ向かう途中に、こちらへ。

食べたのは、中華そば 小盛 530円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80519737.html

麺は、ストレートの太麺。小麦がギュッと詰まったような重量感のある麺。スープの絡みというか吸いが良く、昆布の旨味を纏った麺になる。小盛にしたので、それほど量は多くない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。昆布の旨味が全面的に出た関西特有のスープ。とても美味しい。麺とのバランスが良く、スープの旨味をしっかり纏っている。

チャーシューは、ロースのスライス。出し殻だが、スープを吸うと良くなる。

その他、メンマ、ネギが入る。ネギは量が少ない。

店内は、カウンターのみ。人気店のようで、結構混みあっていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏豚骨らーめん 麺硬め」@らーめん つけそば 古今亭の写真大阪大学での会合後、梅田へ。新梅田食堂街にある、こちらへ。

食べたのは、鶏豚骨らーめん 麺硬め 730円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80561747.html

麺は、捻りの入った中太麺。麺硬めで頼んだのだが、しっかりとハードな麺が出てくる。表面は、ツルツルしており、スープの絡みはそれほど良くない。しかし、スープが濃厚なので、スープのおかげでしっかり入ってくる感じだ。

スープは、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクを入れたので、香味野菜が効いている感じ。油も乳化しており、しっかりしたボディのスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味は抜けた、出し殻。

その他、ネギが入る。そして、卓上のキムチと食べる辣油。それほど辛くなく、あっさりしている。

店内は、カウンターとテーブル席。アジアンなオペレーションだったが、しっかりしていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「おいしいラーメン 麺硬め」@どうとんぼり神座 エキマルシェ新大阪店の写真大阪大学での会合後、新大阪駅へ。在来線から新幹線に乗り換える途中にある、こちらへ。

食べたのは、おいしいラーメン 麺硬め 700円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80561919.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、丁度良い感じの茹で具合の麺が出てくる。小麦の香りは、それなり。麺量は、それほど多くはない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採る。そして、白菜、豚肉のミルフィール鍋同様、白菜、豚バラから絶妙の出汁が出ている。発祥はフランス料理のシェフだったというが、そのイメージがしっかり見えるコンソメっぽいスープ。甘みがあり、さっぱりしているが奥行きを感じる美味しいスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。茹で肉で、旨味はまだ残っている感じ。

その他、白菜、豚バラ肉が入る。そして、卓上のニラ唐辛子。これが最高に美味しい。がっつり入れて楽しんだ。

店内は、カウンターとテーブル席。狭い造りで、そこだけは不満だが、エキナカのお店だし、致し方ない。サービスは、上々だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「アカフジ 麺硬め」@ラーメン 芦田屋の写真大阪大学での会合後、梅田駅へ。駅前の地下街の一角にある、こちらへ。2018年OPENらしい。

食べたのは、アカフジ 麺硬め 980円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80193369.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、丁度良い茹で加減の美味しいチャンポン麺。量はそれほど多くなく、軽く食べるのに丁度良い感じだ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、イリコなどから魚介系の出汁を採る。清湯スープで、スープ自体はあっさりしている。返しの味噌は、赤味噌。このさっぱり感が「宇和島ちゃんぽん」の特徴らしい。

チャーシューは、基本の茹でばら肉スライスと、アカフジ特有のロースのチャーシュー。ロースは4枚程度あり、富士山を形作るようにデコレートされている。

その他、ネギ、野菜、生姜、ニンニクが入る。野菜は、玉ねぎ、人参、モヤシ、カマボコ、キクラゲが入る。野菜の量が多く、食べ応えも十分。

店内は、カウンターのみ。牧歌的な雰囲気で、のんびりした穏やかな空気が流れ、くつろぐことができた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@カドヤ食堂 阪神梅田店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。阪急百貨店の地下街の新店なのだが、地下街の中のかなり外れに位置している。いくつかお店が集合し、立ち食いスタイル。

食べたのは、中華そば 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80144364.html

麺は、ストレートの細平麺。デフォルトで頼んだのだが、若干コシの弱さを感じる、でも小麦の香りはそれなりの麺が出てくる。「カドヤ食堂」をイメージすると、フードコートの麺という感じがしないでもない。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。悪くはないが、一方で、印象が残るスープでもない。価格で考えると、無理もない感じのスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。トロトロだが、旨味は若干抜けている。

その他、ネギ、海苔、メンマが入る。

店内は、立ち食いテーブルのみ。フードコートの立ち喰いスタイルなので、サービスについては、評価できない。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 小盛」@麺屋7.5Hz+ 梅田店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。駅前ビルの地下街が素晴らしいのだが、今日はその中で、こちらへ。

食べたのは、中華そば 小盛 530円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/79864587.html

麺は、ストレートの太麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がりでアルデンテのように中央に芯がしっかりとした麺。小麦の香りも豊潤で、とても美味しい高井田系の麺だ。小盛にしたので、体感100gといったところか。サッと食べるには、丁度良い量。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。昆布の旨味と返しの醤油ダレのストレートな風味がとてもよくマッチしたスープだ。シンプルだが、旨味を重層的に感じられる美味しいスープだ。

チャーシューは、ロースのスライス。ちょっと肉の旨味は抜け気味。

その他、ネギ、メンマが入る。ネギは、ざく切り。大きめのネギを噛みしめながら頂くと、甘みを感じる。

店内は、カウンターのみ。武骨な店内だが、さっぱりしたサービスでよかった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「らーめん 麺硬め」@らーめん2国 お初天神店の写真大阪大学での会合後、梅田からお初天神へ。夜のお初天神は、活気があり、まだまだ大阪も元気であることが伺い知れる。そんな中、こちらへ。

食べたのは、らーめん 麺硬め 670円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78887605.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、まあそれなりに硬めの麺が出てくる。先日訪問した「横綱」同様、関西伝統系のラーメン店は、麺がそれほど強くない。小麦の香りも、イマイチ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面は、背脂が見え、こってり感を出している。30年前であれば、こってりという評価だろうが、最近のレビューを見ていると薄いというレビューも多い。これは、「2国」は変わっていないが、我々消費者がこってりに慣れ、相対的にスープを薄く感じている可能性もある。

チャーシューは、ロースのスライス。スライサーを使うので、とても薄く、だから柔らかい。出し殻で、肉の旨味はそれほど感じられない。しかし、スープとの馴染みが良く、これはこれで美味しいチャーシューだ。

その他、ネギ、モヤシが入る。モヤシは相当な量で、食べ応え十分。「二郎」ほどではないにせよ、相当な量だ。そして、ニラキムチ。店員にオーダーし出してもらう。このニラキムチが入ることで、スープもボディの輪郭がはっきりするし、とても味が引き締まる。素晴らしい。

店内は、1階はカウンターのみ。野趣あふれる男のサービスと言う感じで、場末の力強い雰囲気を感じた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 並 麺硬め」@ラーメン横綱 阪急三番街店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。梅田から阪急三番街の地下へ降りる。いろいろ選択肢はあるのだが、今日も定番のこちらへ。

食べたのは、ラーメン 並 麺硬め 700円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78855102.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、あまり硬くないのは、昔ながらの関西ラーメンを彷彿とさせる。関西ラーメンはもともと麺に重きを置くのではなく、スープに重きを置いていた。だから、麺は添え物であり、それほど茹で加減にこだわらなくてもよいだろうということだったわけだ。小麦の香りも、そこそこ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ミドルボディで、それだけでも美味しいが、「横綱」の本質は薬味にあるので、薬味でスープを完成させる。

チャーシューは、ロースのスライス。基本的には、出し殻。ただ、スープと馴染ませ薬味と合わせると良い感じに仕上がってくる。

その他、ネギ、メンマが入る。しかし、本質はそこにはない。本質は卓上のニンニク唐辛子と追加ネギだ。これらのトッピングを追加し、ラーメンを完成させる。

店内は、カウンターとテーブル席。広めの箱で、老若男女誰もがラーメンを楽しんでいる。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「煮干しらーめん」@煮干しらーめん 玉五郎 阪急三番街店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。阪急三番街の中でも地上階にある、こちらへ。

食べたのは、煮干しらーめん 730円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78865728.html

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、プリプリでモチモチとした食感の美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、そこそこ。美味しい麺なのだが、こじんまりと完成された感じで、あまり感動はない。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、千葉のカタクチイワシを中心に魚介系の出汁を採る。豚骨と魚介のWスープで、見飽きたスープではあるのだが、バランスが良く、それでも高い評価をできるスープだ。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味も保持されていて、隙が無い。

その他、海苔、ネギ、メンマ、ナルトが入る。

店内は、カウンターのみ。効率的なオペレーションだが、ベルトコンベア方式で、えさを与えられているような雰囲気も無きにしも非ずだ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン カタメン」@博多ラーメンげんこつ 梅田店の写真大阪大学での会合後、梅田へ。阪急梅田駅そばにある、こちらへ。

食べたのは、博多ラーメン カタメン 630円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78822157.html

麺は、ストレートの細麺。博多ラーメンの極細麺ではなく、熊本ラーメンくらいの感じの細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリとした食感で、しっかりと存在感のある麺が出てくる。小麦の香りは、イマイチ。自家製麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。博多ラーメンではあるが、あくまでも大阪流の博多ラーメン。大阪流の博多ラーメンは、鶏がらが加わることもあり、塩ラーメンっぽい雰囲気が色濃い。これはこれで確立された美味しいスープなので、個人的には好きな部類だ。デフォルトで、胡麻が入る。

チャーシューは、ばら肉スライス。ばら肉と言うか、ほぼ脂身で、トントロという感じだ。

その他、モヤシ、ネギが入る。モヤシが入るのも、大阪流。

店内は、カウンターとテーブル席。1階のテーブル席は2人席だが、2階があり、そちらは大テーブルのようだ。活気のある店内で、元気のおすそ分けがある、良い店だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件