なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.120点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,315 753 0 1,220
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 麺硬め」@りんりんの写真東京藝術大学での会合後、日光街道を越え、北千住の西側へ。日光街道沿いにある、こちらへ初訪問。

食べたのは、ラーメン 麺硬め 370円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80745851.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、しっかり硬めの茹で上がりに仕上げてくれる。ノスタルジックラーメンは、麺が相当緩いことが多いのだが、この硬さは好印象。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、生姜など香味野菜で味を調える。表面は澄んでおり、ほとんど油を感じない。すっきりしたトラディショナルスタイルの東京醤油スープ。麺との絡みは良好で、お出汁を飲んでいるかのようだ。

チャーシューは、ロースの小さなスライスが2枚。出し殻だが、この価格で考えれば十分だろう。

その他、ネギ、メンマが入る。メンマは、細長い小さなもの。

店内は、カウンターのみ。お爺さんとおばさんの意外に豊富なスタッフの大勢。歴史を感じさせる、なんともノスタルジックな雰囲気で素晴らしかった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーばんめん 大盛+炙りちゃーしゅー」@ばん麺 一真亭の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。住宅街の中にある、こちらへ。美味しいばん麺が忘れられず、すっかり足しげく通っている。

食べたのは、カレーばんめん 大盛+炙りちゃーしゅー 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80661738.html

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、この日もモチモチの美味しい麺が出てくる。大盛にすると2玉になるようで、推定350g。結構なボリュームだ。しかし、タレとのバランスは若干悪くなり、麺の量に対してタレが追い付いていない。

タレは、カレー。鶏がらから動物系の出汁を採り、カレーで返したもの。スパイシーなタレで、十分な辛さがある。

チャーシューは、ばら肉の炙り。美味しいので、今日は1枚トッピングを追加してみた。肉の旨味も保持されており、この価格帯でこのレベルなら十分だろう。

その他、ネギ、メンマ、レモンが入る。レモンの大きさは変わらないので、麺量は標準のほうが、レモンの効果は高い。

店内は、カウンターとテーブル席。地元客から高い支持を得ているようで、この日も次から次へとお客が入っていた。隠れた名店だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「札幌中華そば」@RAMEN にじゅうぶんのいちの写真東京藝術大学での会合後、町屋へ。そこから東尾久方面へ少し歩いたところにある、こちらへ。久しぶりの訪問だ。

食べたのは、札幌中華そば 880円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80626286.html

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、丁度良い茹で加減で、しなやかで伸びやかな麺が出てくる。小麦の香りも、豊潤。スープとの馴染みも良く、本当に美味しい麺だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、鰹節、宗田節などから魚介系の出汁を採る。札幌の味噌をイメージしているというが「純連」系の濃厚味噌ではなく、「味の三平」系のすっきりとした清湯系。しかし、清湯系でも芯のしっかりしたボディのスープで、いくらでも飲めてしまう。

チャーシューは、ロース。レアロースではなく、炙りが入ったロース。これはこれで、なかなか美味しい。

その他、メンマ、ネギが入る。メンマは、穂先メンマではなく、普通のメンマだった。そして、どん底には、ひき肉が。これがコクを出し、また、旨味がある。

店内は、カウンターのみ。店主のワンオペ。穏やかで、くつろげる空間だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン 麺硬め」@光月軒の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。久しぶりに、こちらへ。相変わらず、穏やかな空気が流れている。

食べたのは、ラーメン 麺硬め 500円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80600253.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、今日は良いコンディションで、卵麺特有のコリコリした食感が素晴らしい。伸びやかな麺で、啜りがいのある麺だ。小麦の香りも、なかなか。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。今日の出汁は、イマイチ緩い。出汁の深みをあまり感じらない、控えめなスープだった。

チャーシューは、ばら肉ロール。とても柔らかく、スープに浸し、持ち上げると、それだけで崩れるほど。肉の旨味もそれなりで、この価格帯では素晴らしく上質。

その他、ほうれん草、ナルト、メンマ、ネギ、半熟茹で玉子が入る。とても具沢山だ。

店内は、カウンターのみ。地元客から高い支持を得ているようで、ひっきりなしに客が入っていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーメン 並盛 麺硬め+味濃いめ+油多め+ライス」@麺家 千祥の写真東京藝術大学での会合後、町屋へ。最初は「愛心」に行こうと考えていたのだが、行列。時間がなかったので、急遽駅の反対側のこちらへ。こちらもこちらで人気だが、数席空いていて、入店。

食べたのは、ラーメン 並盛 麺硬め+味濃いめ+油多め+ライス 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80707534.html

麺は、ストレートの中太麺。麺硬めで頼んだが、相変わらずしっかりとコシを感じられるとても美味しい麺。小麦の香りも、豊潤。目黒の「黒」と並び、本当に美味しい麺だ。

スープは、大量の豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。フルボディでとても美味しいスープなのだが、油多めにすると見事にスープに馴染み、まろやかなコクのあるスープになる。

チャーシューは、ロースのスライス。タレの染み、肉の旨味ともに上々。麺、スープ、チャーシューともにレベルが高い。

その他、ほうれん草、ネギ、海苔が入る。海苔は、もちろんライス用。ほうれん草は、かなりウェルダンだ。そして、ライス。卓上のQちゃん、胡麻をトッピングし、更にスープに浸した海苔を巻いて食べる。至福だ。

店内は、カウンターのみ。「黒」で修業した店主が作る一品は、しっかりと作品になっている。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件
91

「ラーメン 大盛 400g」@眞久中の写真早稲田大学での会合後、「としおか」をのぞいてみたのだが、暑い中でも結構な行列。ということで、近くのこちらにシフト。店内待ちが少々ある程度だった。

食べたのは、ラーメン 大盛 400g 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80651637.html

麺は、捻りの入った極太麺。デフォルトで頼んだのだが、相変わらず存在感絶大な重量感のある麺が出てくる。割り箸がしなるほどの重さで、麺をすすることはできない。ワシワシ喰らう感じだ。並では200gまでなのだが、50円増すことで2倍の400gにすることができる。ヤサイがそれほど多くないので、400gでも十分に食べられるレベル。小麦の香りも、豊潤。

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採る。しっかり乳化したフルボディスープ。しかし、それほど量が多くなく、常に麺が出ている状態だ。完飲しなかったが、量が少ないのでできるレベル。

豚は、ばら肉ロール。柔らかく、タレの染みも十分。天地返ししていると、それだけでほぐれる柔らかさ。肉の旨味は、まあまあという感じだ。

その他、ヤサイ、アブラが入る。ヤサイはデフォルトだと、体感100g。とても少ない。しかし、麺を楽しむ場合には、このくらいの量でも十分だろう。アブラは、それほど存在感がない。

店内は、カウンターのみ。非常に狭い席間隔で、今日は隣がいなかったのでよかったが、満席の場合はちょっときついだろう。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「冷やし煮干」@神保町黒須の写真専修大学での会合後、神田神保町の路地裏にある、こちらへ。

食べたのは、冷やし煮干 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80625345.html

麺は、ストレートの細麺。かなりの細麺なのだが、冷水で〆てあるので、しっかりとしたコシを感じる。ザクっとした食感が特徴で、煮干しスープとの相性もとても良い。三河屋製麺。

スープは、煮干し、昆布から魚介系の出汁を採る。表面は、煮干しオイル。クリアなスープで、ビターさは感じない。煮干しの旨味を出しながら、爽快なスープぎりぎりのところを抽出する見事なエッジの効かせ方だ。昆布由来か、若干とろみも感じ、それ故に麺とスープの絡みがより良くなっている。

チャーシューは、レアロース。しっとりしたロースが2枚。肉本来の旨味を重視しており、それほど味付けがなされていない。

その他、メンマ、ネギ、刻み紫玉ねぎが入る。メンマは、穂先メンマ。刻み紫玉ねぎは、辛味もなく甘みを感じる上質なもの。

店内は、カウンターのみ。有名店らしく、円滑なオペレーションは素晴らしい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーばんめん」@ばん麺 一真亭の写真東京藝術大学での会合後、散歩がてら南千住へ。間を置かず、こちらへ訪問。実は、前回結構感動していた。

食べたのは、カレーばんめん 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80599839.html

麺は、捻りの入った中太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、なかなか。麺量はそれほど多くないが、愛おしくなるくらい麺が美味しい。

タレは、鶏がらから動物系の出汁を採り、カレーで返す。「辛いですよ」という注意が入るのも納得で、結構スパイシー。でも、これが美味しい。麺との絡みも良好で、どんぶりの中で一体感を感じる。

チャーシューは、腕肉。ホロホロで柔らかく、肉の旨味もなかなか。この価格帯でこのチャーシューは、出色だ。

その他、メンマ、青ネギ、白ネギ、レモンが入る。レモンを絞ると爽やかに。

店内は、カウンターとテーブル席。この日は夜訪問したのだが、大盛況。美味しいので納得できる人気だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「激辛チャーシュー麺 麺硬め」@北大塚ラーメンの写真早稲田大学での会合後、高田馬場から大塚へ。駅前から少しだけ歩いたところにある、こちらへ。

食べたのは、激辛チャーシュー麺 麺硬め 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80597905.html

麺は、ストレートの中太麺。前回までは中で頼んでいたのだが、全体的に値上がりし、並は850円、中は900円になっていた。ということで、今回は並を選択。麺量は、それほど多くない。硬めにすると、ポキポキした食感の麺になる。スープとの馴染みも良いので、これはこれでよい感じだ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、ベースはサラッとした清湯。ここに辛味の付いたひき肉が入り、それで激辛を構成する。名前は激辛だが、実際は激辛ではなく、程よいスパイスになる感じだ。

チャーシューは、ばら肉が相当数入る。麺と一緒に食べても、なかなか無くならない感じ。食べ応え十分。柔らかく、肉の旨味も十分で、都内屈指のチャーシューだと言えるだろう。

その他、肉味噌、茹で玉子、メンマが入る。

店内は、カウンターのみ。モンゴル人の老夫婦がオペレートする、非常に良い雰囲気。これからも頑張って頂きたい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン 並盛 麺硬め+味濃いめ+油多め+ライス」@麺家 千祥の写真東京藝術大学での会合後、町屋へ。最近訪問頻度の高い、こちらへ。この日は、夕方の訪問。

食べたのは、ラーメン 並盛 麺硬め+味濃いめ+油多め+ライス 650円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80597310.html

麺は、ストレートの中太麺。麺硬めで頼んだのだが、しっかりとコシを感じられる良いコンディション。小麦の香りも、良好。相変わらず、美味しい麺だ。

スープは、大量の豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。油を増すと、しっかりとスープと馴染み、とても美味しい仕上がりに。フルボディスープで、麺の絡みも良いし、ライスとも相性が良い。

チャーシューは、ロースのスライス。柔らかく、肉の旨味も上々で、こちらも素晴らしい。

その他、ネギ、海苔、ほうれん草が入る。ほうれん草はしっかりしていて、クタっていない。海苔は3枚。ライスには、卓上のQちゃん、胡麻、そして、スープに浸した海苔を巻く。これが最高に美味しい。

店内は、カウンターのみ。しっかりしたオペレーションで、美味しく頂いた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件