なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Chris MacArthur

男性

米国系プロフェッショナルファームの共同経営者を経て、現在は投資家。悠々自適の生活をのんびりと送っています。あまり日本には滞在していませんが、滞在中はラーメンなど美味しい料理を楽しんでいます。

平均点 74.120点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,315 753 0 1,220
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 麺硬め」@すみれ食堂の写真鳥取大学での会合後、倉吉市の「いのよし」を経由して、米子方面へ。その途中にある、こちらへ。ノスタルジックな歴史を感じる雰囲気だ。

食べたのは、ラーメン 麺硬め 570円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80707688.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の、それなりにコシを感じる麺が出てくる。小麦の香りは、そこそこ。麺量は、それほど多くない。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの醤油ダレがはっきりしていて、牛骨の甘さよりも醤油の強さを感じる。表面は牛脂がしっかり入り、こってり感を出している。

チャーシューは、ロースを炊いたもの。いわゆるロールやスライスではなく、小間切れを炊いたもの。やや硬めの仕上がりだが、とてもユニークなチャーシューだ。

その他、ネギ、モヤシ、メンマが入る。メンマは独特の味付け。

店内は、カウンターとテーブル席。非常に歴史を感じるノスタルジックな店内で、映画のワンシーンのようだった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「なつ旨ラーメン 牛すじ丼セット 麺硬め」@ラーメン幸雅の写真鳥取大学での会合後、国道9号線を県中心部へ。倉吉市の人気店のひとつである、こちらへ。

食べたのは、なつ旨ラーメン 牛すじ丼セット 麺硬め 940円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80707701.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の麺が出てくる。以前と比較すればずいぶんよくなっているが、ライバル「いのよし」の麺が相当良くなっているため、相対的に比較すると、もう少し頑張ってほしい印象。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。美味しいスープだが、こちらも「いのよし」と比較すると、出汁感、脂の甘みともにマイルド。もう少しインパクトが欲しい。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味は抜け気味。

その他、ネギ、メンマ、モヤシ、ナルトが入る。そして、牛すじ丼。これが最高に美味しい。牛すじも美味しいのだが、タレが美味しく、そのタレを纏ったご飯は最高に美味しい。サイドメニューでは「いのよし」を超える出来だろう。

店内は、カウンターとテーブル席、小上がり。人気店でいつも混雑している。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「スジラーメン 麺硬め+餃子セット」@ラーメン いのよしの写真鳥取大学での会合後、鳥取市から倉吉市へ。国道9号線をひた走り、倉吉市内に入ったところにある、こちらへ。

食べたのは、スジラーメン 麺硬め+餃子セット 1050円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/80707656.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コシのあるプリプリした美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、なかなか。山陰地方のラーメンの麺では、頭抜けた存在だろう。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。牛すじのタレも使用し返すので、非常にコクのある甘みがしっかりした、これぞ牛骨というスープが出来上がる。山陰の牛骨スープは、牛骨と言いながら醤油が強いことが多いので、このボディの強さは、正に本物だ。

チャーシューは、牛すじ。トロトロで甘みがあり柔らかく、とても美味しい。

その他、モヤシ、ネギが入る。

そして、餃子。棒餃子の揚げ餃子。これは、あまりインパクトがなかった。ライスもセットされるので、お腹いっぱいになる。

店内は、カウンターとテーブル席。相変わらずオペレーションも素晴らしい。この客捌きも山陰随一のレベルの高さだろう。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「鳥取牛骨らーめん 麺硬め」@お食事処 米屋 関金店の写真関金温泉旅行の際に、訪問。倉吉市からクルマを走らせると、メインの通りは走りやすいが、ちょっと入るとかなりの雪。慣れていないと、大変だ。

食べたのは、鳥取牛骨らーめん 麺硬め 605円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78651261.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、プリプリした食感の美味しい麺が出てくる。小麦の香りは、イマイチ。昨年高評価をした1杯だが、今年の印象は、凡庸。「八兵衛」の後だったからかもしれないが、比較するとやはり及ばない。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。やはり倉吉市内のメジャー店と比較すると、かなり牛骨が弱く、鶏がら醤油スープとほとんど変わりがない。そういうものだと割り切れば、それはそれで楽しめるが、「牛骨らーめん」と銘打つ以上、牛骨の甘み、コクが欲しいところだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。これは昨年同様で、以前より改善しているが、「八兵衛」には劣る。「八兵衛」と価格差がない以上、もう少し頑張ってほしい。

その他、ネギ、ナルト、モヤシが入る。

店内は、テーブル席のみ。温泉に入った後、ゆっくりくつろぐことができる良い空間だ。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「中華そば 八兵衛」@中華そば 八兵衛の写真関金温泉旅行の際に訪問。Michelin Plateを獲得。個人的には「いのよし」だろうと思うが、こちらもなかなか美味しいお店なので、納得。

食べたのは、Cセット(牛骨ラーメン・明太マヨご飯)麺硬め 900円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/78650799.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、プリプリした食感の美味しい麺が出てくる。この10年で、倉吉の麺もずいぶんレベルが上がってきた。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面のヘットの層が厚く、かなりこってりしたスープ。山陰地方は老人が多いこともあり、あっさりしたスープが多いが、このスープは、なかなかパンチがある。

チャーシューは、ばら肉スライス。トロトロで、柔らかい。タレの染みも上々。

その他、ネギ、モヤシ、メンマ、海苔が入る。

明太マヨご飯は、イマイチ。まず、ご飯がべちょ飯で、お米が潰れている。明太子も業務用で、ここはAセットの炒飯で再チャレンジをしてみたい。

店内は、カウンターとテーブル席。よく賑わっていて、人気の高さが伺えた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「なつ旨ラーメン 牛すじ丼セット 麺硬め」@ラーメン幸雅の写真三朝温泉を楽しんだ後、倉吉市中心部へ。小さなショッピングモールのそばにある、こちらへ。

食べたのは、なつ旨ラーメン 牛すじ丼セット 麺硬め 940円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77278003.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、しっかりとコシを感じられる麺が出てくる。茹で加減も上々。小麦の香りもそれなりで、レベル向上を感じる。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しは赤崎涌谷産の白醤油。そのため、一見塩に見えるが、醤油ラーメンだ。牛骨由来の甘みがしっかりしており、牛骨スープとしてイメージしやすい。旨味も十分で、これは明快に美味しいスープだ。

チャーシューは、ロースのスライス。若干肉の旨味が逃げ気味だが、それなりのチャーシュー。

その他、メンマ、ネギ、モヤシ、ナルトが入る。ナルトが入るのが、「幸雅」の特徴だ。

そして、出色だったのが、牛すじ丼。トロトロの牛すじと、牛すじから出る油を纏ったご飯が、最高に美味しい。これは絶品だった。ラーメンとの相性も良い。

店内は、カウンターとテーブル席。そして、小上がり。人気店で、開店後すぐに行列ができていた。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「スジラーメン 大盛 麺硬め+瓶ビール」@ラーメン いのよしの写真三朝温泉でのんびり過ごした後、倉吉市へ。中心部から少し北上した、こちらへ。

食べたのは、スジラーメン 大盛 麺硬め 900円+瓶ビール 550円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77268521.html

まず、瓶ビール。温泉の後のビールは、最高に美味しい。

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感のコシを感じられる麺が出てくる。この10年で山陰地方の麺のレベルも、ずいぶん向上した。

スープは、牛骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。牛すじを煮込んだタレで返し、牛骨独特の甘みを感じる美味しいスープだ。

チャーシューは、存在しない。しかし、トロトロの牛すじ肉が入る。甘みがあり、すじもコラーゲンになり、トロトロで美味しい。

その他、ネギ、モヤシが入る。

店内は、カウンターとテーブル席、小上がり。大きな箱なので、一部空調が弱いことろもある。活気のある店内で、相変わらず元気をもらえる店だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「鳥取牛骨らーめん 麺硬め」@お食事処 米屋 関金店の写真関金温泉・三朝温泉旅行の際に、訪問。毎年訪問しているが、今回劇的にレベルが上昇。倉吉市内でも胸を張れる美味しいラーメンになっていた。

食べたのは、鳥取牛骨らーめん 麺硬め 605円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74328904.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリとした食感の美味しい麺が出てくる。例年、後半でダレてくるのだが、今日は最後までダレない。好印象だ。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、隠し味にリンゴを使用する。倉吉中心部のラーメンと比較すると返しが強く、醤油をメインで感じるのに変わりはないが、例年以上にまろやか。美味しいスープだ。麺、スープといった基本線のレベルが向上している。

チャーシューは、ばら肉スライス。今回チャーシューが一番レベルアップしている。トロトロの脂に甘みがあり、タレの染みも上々。東京で出しても恥ずかしくないチャーシューのレベルだ。倉吉の中でもトップレベルのチャーシューだろう。

その他、ネギ、モヤシ、ナルトが入る。ネギはフレッシュなネギでシャキシャキ。

店内は、テーブル席と座敷。温泉に入りしっかり温まり、ビールをグイっとやった後のラーメンは一際美味しい。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 5件
67

「ラーメン」@まさご屋の写真関金温泉・三朝温泉旅行の際に訪問。本来は仕出し屋で、一方、ラーメンも提供しているという面白い店。仕出し屋なので、ラーメンを食べる席は簡易版で、簡易テーブルに丸椅子。しかし、古き良き日本の雰囲気を色濃く残し、店主が温かく迎えてくれる。

食べたのは、ラーメン 450円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74338285.html

麺は、若干捻りの入った中細麺。捻りが強い倉吉の麺の中では、ストレートに近いほうだ。仕出し屋の中で作ってくれることから、麺硬めと言い辛く、デフォルトで頼んだのだが、なかなかどうして、しっかりとコシのある麺が出てくる。素晴らしい。但し、小麦の香りはイマイチで、この辺は専門店ではないところが出ている。しかし、この価格で、この麺は素晴らしい。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。牛骨の出汁が弱く、デフォルトで胡椒がかかっているので、牛骨はほとんど感じない。油の少ない、あっさりしたスープ。

チャーシューは、ロースのスライス。あっさりしているのだが、塩分がしっかり入っており、噛みしめるたびに肉汁と塩っ気が口の中に広がる。これはこれで悪くなく、満足できる。

その他、モヤシ、ネギ、蒲鉾が入る。

店内は、簡易テーブルのみ。まさに仕出し屋の工場内という感じで、野趣あふれる空間。気の良い親父さんがニコニコしながら話しかけてくれる。本当に素晴らしい空間だ。この空間だけで一気に評価が上がる。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「牛骨ラーメン 麺硬め」@中華そば 八兵衛の写真関金温泉・三朝温泉旅行の際に、こちらへ。倉吉駅から北へ進み、名店「いのよし」の近くにある。

食べたのは、牛骨ラーメン 麺硬め 600円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/74312264.html

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、若干硬めという感じで、モチモチした食感が特徴だ。小麦の香りは、それなり。「いのよし」の麺が、このエリアでは最強だと思うが、こちらの麺もなかなか美味しい。八ばせ屋製。

スープは、牛骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面にヘットの油の層があるのが特徴で、かなりこってりした仕上がり。山陰のスープは、あっさりしたスープが多いので、これは特徴的だし、ラーメンらしい。返しの岩塩も風味がある。

チャーシューは、ばら肉スライス。柔らかいし、タレの染みも上々で、山陰では、上位レベルだろう。

その他、海苔、モヤシ、ネギ、メンマが入る。海苔は、パリパリ。モヤシもシャキシャキ。

店内は、カウンターとテーブル席。オペレーションは非常に効率化されており、山陰ではトップクラスだろう。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件