なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

お汁(大忙し)

汁に生き、汁に死ぬ。それがお汁男。記憶の頁、専門家の評価ではなく個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.046点
最終レビュー日 2019年10月15日
432 244 0 1,043
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷たいしなそば【夏季限定】」@あんくるていの写真今年の締め括りと冷やしラーメンの更なる可能性を求めて、今まで美味しかったと思えるお店の冷やし系を。
こちらも味の信頼度の高いお店なので来ました!

迷わず「冷たいしなそば」を注文、配膳されると氷が入ってますね…今まで氷が入ってて美味しかったという試しが無いので恐る恐る。

いただきます!
スープを一口…、なにこれ…滅茶苦茶美味しい…私の夏は終わった…。
ありがとう、あんくるていさん。
スープは酸味がほどほどにあり、冷やし中華とラーメンの中間地点。レモンも合う。
出汁が利いていて酸味と甘味がほんのりし胡麻油が香る、塩気はやや強めですが強過ぎるといった感は全く無し。
懸念していた氷もスープを薄める様な事は無く。
ふぁー…うんまぁ~…。

麺はいつものあの小麦の香り高い麺なのか、冷やしてしめるとこんなにキレッキレになるとは意外。
スープもしっかり絡んでスルスルいけちゃう。

具はチャーシュー・もやし・海苔・なると・スピナッチ・レモン。
チャーシューは細切りしてあり冷やし中華風。
刻み海苔が最高、こんなに風味合うのかってくらい。
スピナッチは少し苦くて冷やしには味が浮くかな。

あと興味あって後半に使ってみたのですが、卓上セットのラー油が合う!!
かなりしっかりした辛味があるのでほんの数滴垂らす程度でも変化が味わえます。
元のスープが良いだけに、少し入れるだけで充分!

あーもう夏終わってもいいやって感じです(笑)
特に変わった事してる訳じゃなくて、ただただ美味しい。
って通常のしなそばにも同じ事を言った気がします(笑)
食の真髄ってそういう事なのかもしれません。

また食べに来よ。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「ホタテミルキー冷そば【限定】」@NOODLE VOICEの写真夏もいつか終わるんですよねぇ…、切ないから冷やしラーメンでも食べておこう。

店内は綺麗なカフェ風でポップな造り、洋楽ロックがかかってます。
こちらならではというものをいただきたかったので、「ホタテミルキー冷そば」を注文。

配膳されると野菜多めでラー油も入る冷やし。
うーん変わり種系(笑)

いただきます!
先ずはラー油が無い部分のスープから、貝…なのかこれは。甘味のある出汁で確かににミルキー。
貝かと言われるとそんな気もするけど、確証を持って「貝だね!」というよりはまったり甘い香りと出汁。
つまりそれって貝なのだろうけど貝っぽい訳ではなく、冷やしはほんとに味の表情がガラッと変わりますね。
塩気はそうでもなくミルキーさがそれを補う優しい味、からのラー油が混ざると香りとピリ辛が足され貝出汁+乳成分+ラー油という他に類を見ない味。
構成だけ聞くと異様だけれども、実際食べると意外にも合う。
美味しくも不思議な味(笑)

麺は全粒粉が見られるもので、スープと良く合う調整。

具は野菜が多いけど切り方がなかなかワイルド、綺麗な盛り付けなので切り方も丁寧だともっと良さが引き立つかも。玉葱が軽いマリネぽくて辛くなく良かったです。
ワカメは…微妙。
冷やしにフライドオニオンて…と思いましたがこれが香ばしいラー油やピーナッツと合って良い具でした。

見た目から食べ始めのところまでの異様な雰囲気とは裏腹に、食べてみれば味はバランスがとれていて新感覚の美味しさ。
どんなんだろうと興味本意で立ち寄ってみて良かったです。
通常の濃厚ホタテそばも食べに来たい。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やしスパイス担々麺【夏期限定】」@ソラノイロ トンコツ&キノコの写真名店の夏期限定の情報を聞きつけて来ました!

券売機で「冷やしスパイス担々麺」を注文、冷やし担々麺は聞くことあるけどそこに更にスパイスってのが気になるところ。
配膳されるとオレンジや緑といったソラノイロらしい野菜の色鮮やかな一杯。

いただきます!
スープは担々麺に色々スパイスを足した様な雰囲気、辛さも香りも良くなかなか美味しい!
クミンのおかげでカレーっぽくはあるものの、日本のカレーと言って想像する様なものではなく。ちょっと新感覚。

麺は細麺でキリッとしめてあるもの、プリッとした歯応え。
しかしですね…、スープが全ッ然絡まないんですわ…。
そのまますすると麺9:スープ1くらいの味の比率なので殆ど味しないんです、麺自体もそんなに味が強いものでもないし。水切りが甘かったのかと思いましたがそんな気配でもなく。
一口一口スープをすくって口に入れていかないと味は交わらなく少し面倒に感じてしまいます。
氷でしめてキュッとした表面は思った以上にスープが絡まないものですね。練り胡麻や油、あとは出汁が強くもない限りは。
決してスープの味が薄いとか悪いとかではなく、むしろ濃い味なのに。

具は、ソラノイロらしく野菜多めに肉味噌。
これもまた悪循環。
肉味噌は麺には絡まずスープに溶け込むくらいのペースト状。
野菜はニンジンシリシリ(マリネ風?)やトマトは良いのですが、水菜や小松菜の水分は絡みの弱いスープの天敵。各素材の味がまとまらず。

そこで!
こちらの卓上セットのスパイスビネガーを試してみると…おおっ!!冷やし中華風に酸味が利いて麺に味がやや絡む!!!
スパイスビネガー自体はクミンの利いたお酢で、元々スパイスの利いたこのスープにかけると酸味にプラスして対比でスープの甘味が感じられるくらい。
なるほど…冷やし中華の酸味ってこういう役目もあったのね…。

スープは美味しかったです、スパイスがかなり利いて味もしっかりしていて。
しかし「絡まない」というのがこんなに残念なのだという事を改めて理解しました。
このメニュー、温かかったら私はきっと相当好みです。

冷やしラーメンはこれが怖いんですよね、正直ハズレが多い。スープは香りが立たないし麺に絡まない、とってもハードル高いと思います。
普段のメニューが美味しいお店でも普通にハズレが出て来る。

その点冷やし中華は大体のお店が安定して美味しい、なるべくしてなった冷やし麺の形って感じです。
私の好みがうるさいだけかもしれませんが、満足出来る冷やしラーメンはまだあるのだろうかともう少し探してみます。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「冷やがけ中華そば(塩)【夏期限定】」@食堂 七彩の写真先日の冷やし中華から気になっていたこちらの冷やし麺をいただきに来ました!

「冷やがけ中華そば(塩)」を注文、醤油もありますが醤油は他でもやっているお店が多い気がするので味に信頼のあるこちらは塩をチョイス。
配膳されると風鈴の音が聞こえてくるのではないかと思うくらい涼しげな見た目、飾らない中に美味しそうなオーラを放っています。

いただきます!
スープは冷やしの宿命とも言える強めの塩分でなかなか強め、しかし喉を通った後にはほんの~りと山葵の香りと出汁の味。
初動は塩気にビックリしますが段々と慣れてきます、冷やしで風味は立たないので何出汁かは分からないですが鶏と魚ですかね。
ただ冷やしただけのお店とは違い、きちんとした冷やし仕様の塩ラーメンのスープです、これは凄い。

麺は稲庭中華そば、しめてありチュルンという食感の割に噛めばモチッともする独特な冷やし麺です。温かいものとはまた別な味わいで良いですね。
スープを絡めてもそんなにスープの味が立つ訳ではないですが、麺の素朴な味わいとは良く合っているし何よりこちらの「麺が主役」というコンセプトにはピッタリな塩梅かと思います。

具は、チャーシュー・支那竹・ねぎ・なめこ。
チャーシューは冷たいので尚更ローストポーク風な味わい、香りが良く味も抜群。冷やしラーメンにとっても合うチャーシュー、このチャーシューで増せるのなら増しは多いにアリ。
支那竹は冷やし仕様なのかかなりしょっぱめに感じましたがこれもバランスが良く合ってました。
冷やしラーメンに生長葱は辛味が強過ぎやしないかと思いましたが、こちらくらい強めのスープであればむしろ長葱でベストな薬味。
なめこは癒しですね、唯一薄味で合間に挟むと最高な合いの手となります。

はぁー…、冷やしラーメンって美味しいじゃない…。
って思える逸品。
私はこちらの冷やしラーメンなら断然塩をオススメします、他のお店には出来ない味だと思いますからね。
いやいやこれはこれは、苦手な領域に一歩踏み出してみて良かったと言える経験が出来ました。
期間中にまた来たいくらいです。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

「冷やし中華蕎麦【夏季限定】」@中華蕎麦 はるの写真冷やし中華の新たな可能性を求めて来ました!
こちらが「普通の」冷やし中華を出すとは思えなくて(笑)

「冷やし中華蕎麦」を注文、配膳されると野菜が色とりどりの一杯。配膳時から胡麻油の良い香りが漂います。

いただきます!
先ずはやはり汁から…。
一口目から鰹出汁が半端無い!!
そこに胡麻油の円やかな香りと、鰹の風味を邪魔しないゆるい酸味、そしてほんのりとしながらも存在感ある上品な甘味。
蕎麦と表記するだけあって和風なお出汁の味わいです。
薬味も辛子ではなく山葵!麺や具に乗せても良いし、汁に溶かしても絶妙に合う!!!
決して濃くはなくむしろそのままでも味わえる薄めに感じる汁なのに、器の全てに味がしっかりと絡み不足は無い…どうなっているのかこの汁。

麺は中太のやや平たい縮れ麺、モッチリとした噛み応えが端麗な汁とはミスマッチかと思いきや上記した様に汁の出汁の深みが尋常ではないので程好く味が絡んで美味しい。
信じられない。
そして山葵を麺に乗せて食べてもまた合う。

具は低温調理鶏チャーシューと野菜と鬼おろしと温玉。
端麗な汁にこんなにお野菜乗せちゃって薄くなるんじゃあないの?
と思った私が間違い。
茗荷やゴーヤーは薬味として合いましたし、鬼おろしも良い塩梅で清涼感ありました。温玉にも汁は負けずに黄身のコクでが足され円やか味になりました。

和風冷やし中華の最先端を味わった気分です。
今年もいろいろな冷やし中華を食べようとされている方、必食だと思いますよこれは。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「冷やし中華【夏期限定】」@食堂 七彩の写真美味しい麺を味わうには汁無しや冷やし中華ってもってこいなんだなぁ、と最近実感。
ならば「ラーメンの主役は麺です」と言うこちらは一体どんな冷やし中華なのかと思い来ました!

迷わず「冷やし中華」を注文、配膳されると具は半分に乗っているカレーライス風盛り付け。
これは麺がスグに食べられて良いかもしれない、さすがは麺に比重を置くお店。

いただきます!
汁は正に王道の甘酸っぱい醤油味、Twitterで見ていたレモンの酸味が利いているというのはあまり言うほどは感じなかったですね。あと台湾山椒?も。
シンプルに美味しい、昔ながらの冷やし中華の汁といった印象の汁でした。

麺はこちらの有名な手打ち手揉み麺。やや平たく波打った線が汁を絡めて口に入ってきます。
モッチリプリンとした歯応えに噛めば甘味が感じられる、うーん正に麺が主役と言うお店に相応しい麺。

具は、チャーシュー・玉子・胡瓜・ワカメ・クラゲ。
これらもスタンダードですがクラゲが特に良かったです。
食べてゆくと器の底から山椒らしき物が!!
かじってみると独特な香りとほんのりとした痺れ、これが台湾山椒かなと。汁に風味が出ていた訳ではないので、ホールよりミルでひいたりした方が良い気はしました。

なるほど王道も麺にここまでこだわると他には無い個性を感じます、毎年楽しみにしている方が多いのも納得の美味しさ。
七彩は変化球などしなくても味わい深いスタンダードメニューを多々出していますが、冷やし中華を食べて改めて思うのは麺の存在のおかげでそれらの印象が深く残っているのだなぁと実感。

冷やがけかぁ…、それもちょっと気になりますね。
次食べてみよう。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

「四川棒棒鶏の冷やし中華【限定】」@渡なべの写真右も左も誰も彼も冷やし中華や冷やしラーメン、毎年毎年…と思いながらもそれにノってみるのも悪くないか。
という事で限定の冷やし中華をいただきに来ました!

店内へ入ると券売機の限定ボタンは生きていたので「四川棒棒鶏の冷やし中華」を注文、配膳されるとTwitterで見ていたものより豪華な気がしました。
※上からの画像で分かりにくいですが、横から見ると結構高く盛り付けてあります。

いただきます!
汁は一応冷やし中華だからか少な目、レンゲですくって味をみると…王道冷やし中華の汁にラー油を足した様な感じ。
王道と言いましたがベースは誰もが想像する様な冷やし中華の汁で、甘酸っぱくて酸味はあまり強くなく老若男女誰もが食べ易いであろうあの味。
そこに辛味は比較的マイルドで香りの良いラー油が合わさっています。
冷やし中華にカラシ…ではなくラー油をかける。誰でもやりそうな組み合わせですが、それを専門店ならではのクオリティで楽しませてくれます。
「お好みで」と別器で出してくれる追加辛味は唐辛子粉ににんにくも入ってるかなぁ、胡麻油も濃いめで焦がし風味。スープに入れると辛味よりも香りとコクがアップする印象、そんなに辛くないので試すのがオススメ。

麺は中細ストレートで、いかにも中華食堂で出て来そうな普遍的な中華麺。
勿論ベースの冷やし中華ダレに合うのですが、ラー油や具の雰囲気とはズレている様な。悪くはないですしじゃあ何が合うかって訳でも無いのですが、麺だけ弱いなぁという印象。

具は、鶏肉・キュウリ・もやし・パクチー・赤エンドウ豆。
鶏肉!出ました好きなやつ(笑)岡山笠岡ラーメンの時と基本的に同じ作りでギッチギチムッチムチの鶏モモ肉、八角等が利いた味付けでトンポーロー的な甘じょっぱくて香辛料ムンムンなもの。
個性的な食感なので好みは別れるかと思いますが、鶏ジャーキーみたいな噛んで旨味を感じるおつまみっぽい感じ。酒好きならどストライクでしょう!!正に酒呑み殺し(笑)
あとこちらのラー油にはパクチーがとても合うんですよね~。

渡なべならではの冷やし中華がいただけて良かったです。
しかし麺だけが気になりましたね。冷やし中華は汁が少ないので必然的に味の判断は麺に比重が傾きます、普段スープ重視の私でも。
なので麺が何か変わったものとまでいかなくても、もうワンポイントあれば良かったなとは思います。
あえて、のこの麺だったとは思いますが。
うーん、こちらの替え玉の細麺で食べてみたいという願望がありますね…。

次の限定も楽しみです。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「イタリアン風フルルの冷しSOBA【夏季限定】」@麺屋 Hulu-luの写真夏の塩ラーメン探訪、改めて冷やしにチャレンジ!
という事でもう何年も食べ逃しているこちらの夏季限定をいただきに来ました。

やや並んでから「イタリアン風フルルの冷しSOBA」を注文、券売機には鴨のメニューも発見!これはいつやっているのか訊き忘れてしまいました…。
配膳されると見た目が爽やかで香りの良い盛付け、オレガノ(?)の香りがとても清涼感あってトマトの赤が綺麗です。

それではいただきます!
スープは氷も入ってキンキンに冷えた状態、鶏主体かと思いますがオレガノのおかげか臭みは皆無です。
塩気は強めですが、氷の回りから薄まるので混ぜながら味わわないと箇所により味が違ってくるのが少し残念。
やや酸味も感じますが、トマトだけのものではなさそうですね。ワインビネガー等も隠し味に使っているのでしょうか?ハーブの香りに酸味も相まってスッキリとした後味に作られていました。

麺はこちらのスタンダードな中細ストレート麺を氷でしめたもの、ややポキッとする歯応えにザクザクとした食感が良かったです。
やはり冷たい麺はクッとしまっていて良いです。

具は、生ハム・鶏挽肉・トマト・葱・カッテージチーズ・おかひじき。
生ハムは内容に合っていますが、特に変わった点は無い普通のもの。スープの塩気と酸味がしっかりとしているので、生ハムの味は少し消され気味だったかと思います。鶏叉焼とかも合いそうですよね。
鶏挽肉は最後にスープを飲む時まで気づきませんでした。確か以前に温かい麺でも同じ様な事を書きました。
トマトはスープの酸味とハーブの香りと絶妙にマッチしています!トマト好きなのでたっぷり乗っていて嬉しかったですね(笑)
葱は刻んだ長葱がスープに入っていますが、ハーブの香りが強かったので目視で確認しただけで味としては殆ど分かりませんでした。
カッテージチーズはトマトに乗せて食べました。麺にも絡めたかったですが、なかなか難しく無難にトマトと合わせました。
おかひじきは生食初めてでしたが、シャキシャキコリコリして特にクセはありませんでしたね。見た目の面白さと食感要員として良かったです。

味を総合して…
『ハーブの香りと酸味が爽やかなイタリアン冷し。』
だと思いました。

こちらはグランドメニューがどれもかなり美味しいので、夏季限定に私の期待が高まり過ぎた感は否めません。
しかしながらイタリアンでありながらもラーメン、しかも冷製…これだけでも充分特徴的で他にはあまり見ないメニューだし実際美味しいんですよね。

グランドメニューが美味しい店って…残酷。
他の限定も食べに来よう。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「うま辛ビビン冷し麺【限定】」@らーめん よし丸の写真夏と言えばピリ辛味、こちらの夏限定冷し麺をいただきに来ました!

早速「うま辛ビビン冷し麺」を注文し調理風景を眺めると、こちらの冷やしも氷が入るのですね。
配膳されると、野菜たっぷりで麺はタレを絡めたほんのりとした赤色。色合いも如何にも「夏!」という感じが良いです。

スープは恐らく醤油ダレと辛ダレと魚スープを合わせたものかと思いますが、ビビン風辛ダレの味が強くてその一色のイメージが強いです。
和え麺くらいの少なめスープなので濃くて当たり前なのですが、もう少し辛ダレが弱めで出汁が多くても良いかとは思いました。なのでスープとしては特濃で、氷が溶けるに従い段々飲んでも大丈夫かなぁ…くらいの味に変化しました。
何だか、非常に惜しい気がする。

麺はつけ麺用のものというモチモチ極太ストレートで、スープの辛味に対しての麺の甘味が引き立ちとても良く合っていました!
やはりこちらは麺も美味しい…。

具は、挽肉・メンマ・のり・たまご・生野菜・トマト・檸檬。
挽肉は甘辛味で、こういったピリ辛系の定番とも言える味。勿論スープにも合いますね!
メンマは相変わらず美味しいです、極太なのにシャクッと柔らかい食感。甘めな味付けがピリ辛スープに映えます。
のりはこういった混ぜ麺ぽいメニューだと苦手です、浸せないから柔らかくならないし麺に巻いても上顎にくっつく…。
たまごもメンマと同じく通常メニューの質の高さを教えてくれます。半個ではなく一個のトロトロたまごを崩して混ぜたくなりますね!
生野菜はレタスとベビーリーフで無難に夏を演出する箸休め。
トマトは恐らく軽く茹でたものの皮を剥き実をダイスカットしたものかと思います。タコライスよろしく辛いスープとは相性としては良い筈なのです…しかし辛ダレが強過ぎて混ぜるとスグに味は消えてしまいました。
檸檬はちょっと意外でしたが、コチュジャンベースのタレにも良く合うのですね!勉強になります。

味を総合して…
『夏にピッタリ、太麺大盛りでバリバリ満腹ピリ辛冷し麺!』
だと思いました!

美味しかったです、しかしスープのところで触れた様に少しスープの辛ダレが強過ぎた感は否めません。
出汁の比率がもう少し高ければ旨味もグッと感じられたかもしれません。
麺はやはり最高に美味しいですね!私はつけ麺を食べないので、貴重な極太麺体験でした。

この辛さが強めのスープだと、たまごは半個入っていたとしてもトッピングで一個入れて崩しながら混ぜ混ぜして食べたくなりますね。
あと通常のチャーシューもトッピングしたくなる辛味です、その二つは絶対合う!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「バリバリ魚の塩冷やしめん【限定】」@らーめん よし丸の写真先日イタリアンの冷やしが良かった為に、元々好きなお店の冷やしをいただきに来ました。
よし丸さんは何を食べても美味しいですからね、これは試さない手は無いなと(笑)

「バリバリ魚の塩冷やしめん」を大盛り無料で注文し調理を眺めます。
麺は氷水ではなく水道水でしめるのですね、そして…ええっ!?スープに氷!?
配膳されると店の看板とは何か色合いが違う一杯の登場…!?(笑)

それでは…、い た だ き ま す !
ッッッ!?えーと…煮干し等の魚と、トマトと、山葵と、檸檬…。
各々の味が激しくぶつかり合い、最後までまとまる事は無かったです。
スープ温度も水道水くらいの温度でぬるく、氷付近は勿論冷たいですがそこを飲むと味はやはり薄くなっている。

麺はいつもの自家製麺、かなり凶暴な大盛りでさえもノンストップで食べられるくらい美味しい麺。
この太さの麺で冷やしラーメンとしては、水道水のしめでは中が温かいまま。氷水のしめでキンと冷たかったらどうなるのか知りたかったです。

具は、挽肉・メンマ・レタス・トマト・のり・檸檬・山葵・たまご。
挽肉は甘辛味噌炒めですかね?醤油ダレかもしれませんが。
メンマはこちら定番の極太で、柔らかく調理されていて甘めの味付け。このスープだからこそ味が浮いてこの具単体の味が浮き彫りになりますが、本当に美味しい!こんなに美味しかったのか!
レタスはスープも吸わないしあまり味が合わないし、うーん…という感じ。
トマトはエキスがスープに溶け出して…これも塩スープとのマッチングは無いかと…。
檸檬は搾ると味が変わるかなぁと思いきや、トマトの酸味との相乗効果で塩スープの味が酸味スープに変化。しかも氷で薄まるので野菜ジュース的な味に。
山葵…山葵は好きです。しかし、野菜ジュースに山葵は…風味に苦味が生じました。
たまご!これもメンマと同じ現象で「こんなに美味しかったのか!?」と驚きました(笑)トロトロ味玉でタレの味が程好く染みていて、黄身の味も濃厚に感じられる…これは美味しい。

味を総合して…
『弘法も筆の誤り。』
だと思いました!

どのメニューを食べても私のストライクゾーンをぶち抜くお店だと思っていましたが、タマにはこういう事もあるのだなと(笑)
それはそれで貴重な体験だったと思いますし、私はまたこちらへ来るでしょう。
限定の冷やしはもう一品ありますしね!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件