なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

バサンダ

記憶の頁、評論家や専門家の評価ではなくただの個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.042点
最終レビュー日 2019年10月22日
433 245 0 1,044
レビュー 店舗 スキ いいね

「ザボンラーメン」@ラーメン専門店 ザボン 海老名SA上り店の写真フラリと立ち寄ったので(笑)

SAですからね、フードコートで食べます。
出来上がりは巷によくある豚骨ラーメン屋の一杯といった感じ。

いただきます!
うん、スープもそつなく美味しくてSAだから美味しくないってのはもう許されない時代なんだなぁと感じます(笑)
失礼ですが思っていたより断然美味しく、抵抗無く食べられてしまいました。

それは「SAだからな…」と思って食べに来たところからの感想なので、他と比べて特別美味しいとかそんなんじゃあないんです。
でもここで食べるなら充分満足なもので、高めのお値段だけが少し気になるくらい(笑)

また通りかかったら他メニューも食べてみよう。
シチュエーションと提供物の内容のマッチングがどれだけ満足感を生むか、それを再認識しました。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨らーめん」@らーめん よし丸の写真久しぶりに来ました!

初心に返りスタンダードな「豚骨らーめん」を注文。

それではいただきます!
スープはまろやかで優しい味わいの豚骨、塩気は強くなくニンニクも旨味も程々。重くなくサラリといただけるスープ。
私のお気に入りは後半にラー油のかすを入れる事、辛味と香りがプラスされます。

麺は自家製麺中太ストレート、すすり心地も噛んだ時の味も良いです。

具は、チャーシュー・メンマ・ねぎ・味玉。
チャーシューは人気の高い分厚くホロホロな大判、一枚でかなりのボリュームです。
メンマは色の黒めな板状のもの、美味しく枚数もしっかり入ってます。
ねぎはもっとあっても良い薬味。
味玉は半個入り、とろーりな黄身と甘じょっぱい絶妙な味付け。

味を総合して…
『安心安全無化調豚骨らーめん、いつ食べてもホッと一息つける優しい味!』
だと思いました!

店主さんご一家だと思いますが、仲良く真面目に働いていらっしゃって個人的に癒しスポットでもあります。
また食べに来よう。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「黒豚骨ラーメン(博多麺かため ニンニク有り きくらげ) 味玉」@熟成豚骨ラーメン専門 一番軒 東京歌舞伎町本店の写真先日こちらのお店を発見してからというもの、また食べたいと思っていたので来ました!

若干迷ったものの「黒豚骨ラーメン (博多麺かため ニンニク有り きくらげ) 味玉(鶏卵)」を注文、配膳されると盛り付けが何だか残念な印象。
前回と同じ様な盛り付けですが、スープがマー油で黒いので海苔等の色合いが全て同化してしまい味気ない盛り付けに感じます。

それではいただきます!
スープはマー油の利いた豚骨、ニンニクも有りにしているのでかなりニンニクが強め。
前回と同じくクリーミーな豚骨スープにマー油が入っている訳ですが、マー油が入る事によりむしろありふれた味になってしまった気がします。個人的にはマー油は要らなかったなぁ。
温度は相変わらずぬるめ。温度の意味が解った気がします、あえて意識すると確かに風味を味わうのにややぬるいくらいがちょうど良いですね。

麺は「かため」で注文、個人的にはかためが一番しっくりくる加減でした。
替玉は「ふつう」で。個人的には替玉をする時にいつも、最初の麺より柔らかめを注文してしまいます。
ふつうも良かったですが、こちらの麺は私の好みだとかためくらいがちょうど良いみたいです。

具は、チャーシュー・きくらげ・九条ねぎ・海苔・味玉。
きくらげは前回食べた時に味付けしてあるなぁと思ったのですが、今回はマー油効果で味付けは分からず。
味玉は半熟茹で玉子の状態で味付けは殆ど感じませんでした、味玉というよりは茹で玉子。

味を総合して…
『よくあるマー油豚骨ラーメン。』
だと思いました。

マー油は思いの外効果が強く、マー油のおかげでどこにでもある量産型ラーメンに感じました。
元の味も決して特徴的な訳ではないですが、没個性中の没個性と言いますか…何処かで食べた味以外の何物でも無かったです。
勿論それが良い方もいらっしゃると思うので、悪いという意味ではないですが個人的には記憶に残る様な好みの味ではなかったなと。
あと味玉は単純に玉子が好きな訳でなければ不要に感じました。味玉ではなく玉子が食べたい方へオススメ。

まだ他にも二種類ありますしね、そちらも食べに来たいと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「白豚骨ラーメン(博多麺バリかた ニンニク有り) 熟成焼餃子」@熟成豚骨ラーメン専門 一番軒 東京歌舞伎町本店の写真ここ最近、豚骨系は満足ゆくものが無くまた豚骨のお店へ来てしまいました…。

外観はこれといって特徴的ではないですが和風の佇まいで、券売機が外置きタイプ。
店内はまだ新店なので真新しく、BGMは大正ロマン的なジャズともポップともいえそうな曲。

「白豚骨ラーメン(博多麺バリかた ニンニク有り きくらげ)」と「熟成焼餃子」を注文し待ちます、麺が中華麺も選べたりキクラゲではなくメンマに出来たりと最近の関西方面の豚骨ラーメン屋はこういうの流行ってるんですかね?
とか思っている間に配膳、そうそうこれこれ!「豚骨と言えばこれでしょ!」と言わんばかりのクリーム色白濁スープにシンプル盛り付け。ここ最近こういうのが食べたかったんです。

それではいただきます!
スープは乳化した豚骨スープで臭みも少なく油もサッパリめ、温度はちとぬるめ…とまぁ小綺麗優等生タイプな味ではありますが求めていたものに近かったのもあり素直に美味しいと感じられました。
注文時にニンニクの有無を訊かれますが、余程の事が無ければズバリ「有り」でしょう!ニンニクの風味が非常に良く合うスープでした。
具が多いからかスープがぬるいのだけは気になりましたが、もうちょっと熱ければ更に良かったなぁ。

麺は博多麺か中華麺か選べて茹で加減も選択出来ますが、他のスープの味も色々あるので豚骨なら先ずはスタンダードに博多麺でバリかたで注文。
極細ではないですが、細麺ストレートの博多麺。茹で加減もきちんとバリかたではあるのですが、イマイチ粉の風味と食感が好みではなく。
これはかた麺ではない方が良いかもしれないと思い替玉をあえてのやわめで注文。
この麺ならやわめで充分適度なコシがありましたし、私の好みではむしろやわめの方がマイルドなスープと合って断然美味しく感じました。

具は、チャーシュー・九条ねぎ・きくらげ・海苔。
チャーシューは大判なものがドーンと一枚。味はこれといって特徴的ではなく、肉質も少しパサつきが感じられるものでスープに浸しながら食べました。そういえば、スタンダードな豚骨ラーメン屋でチャーシューが良かった覚えが無いなぁ。
九条ねぎはかなりたっぷり入ってますね、味はスープと合いますが主にチャーシューとこれのおかげでスープの温度が下がっていると思われます。上手い方法は無いですかねぇ。
きくらげはピリ辛ダレに漬け込んでいるのでしょうか?味としては辛さは大して感じないほんのりしょっぱい味でしたが、スープに赤い油が浮いてきたのでピリ辛ダレかもしれないです。
海苔は私にとっては雰囲気担当といったところです(笑)

熟成焼餃子は薄皮で中は柔らかめの餡。
豚と葱中心のスタンダードな餡かと思いますが、奇をてらったりしていないところにむしろ好感があります。
肉汁も程々でサイドオーダーの餃子としてなかなか良いものだと思いました。

味を総合して…
『ファーストフードとしての豚骨ラーメンの王道、ライト豚骨として重宝したいお店!』
だと思いました。

これといった強い特徴が無いんです、しかしそこがいい!(笑)
最近の私が求めるライト豚骨が在りました。
意外にこれ系のお店って有名店意外あまり無いので。
ほんと普通なんですけどお気に入りの店になりました。これは全メニュー食べてみないとですねぇ。

※あと替玉はスタッフさんにお金を渡すとスタッフさんが外置きの券売機で買ってきておつりを渡してくれる仕様、最初から替玉が決まっている場合は買っておくのがベストです。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「元味らーめん(こってり ちぢれ麺) 味玉 替玉」@ラー麺ずんどう屋 新宿歌舞伎町店の写真真夏に背脂豚骨という選択肢、そんなのもいいじゃない…と来ました!

外観は今風かつチェーン店の雰囲気ムンムンな佇まい、店内はテーブルも通路も意外に広く豚骨ラーメン屋というよりは居酒屋的な間取りですね。
BGMは2000年頃のヒットした洋楽、ちょうどzebraheadがかかっていて夏って感じで良かったです(笑)

「元味らーめん(こってり ちぢれ麺) 味玉」を注文し配膳されると、盛り付けは如何にもという感じの一杯。

それではいただきます!
スープはこってりを選び見るからに表層数ミリが脂で蓋をされているタイプ、飲んでみると想像通りの味。
こういう今風チェーンの豚骨ラーメンの味って、基本的にはどこもそんなに大幅な差異は無いかと思います。そこに、脂が多い少ないとか辛味があるとかマー油がかけてあるとか…あるとすればそんな違いでしょうか。
あんな味が出てくるであろうという安心感と安定感。

麺はちぢれ麺を選んだ訳ですが、この選択肢は背脂が多目に入っているこってり以上ありきですかね。アッサリスープでは麺の味が浮きそう。背脂を程好く持ち上げて濃厚な味わい。
替玉は細麺でお願いしましたが、思っていた博多豚骨麺とは違いかん水も多目に入っているのか黄色みの強い細麺。味としても博多豚骨ほど粉っぽい味ではなくグルテンを感じる中華麺的な味でした。

具は、チャーシュー・ねぎ・焼きのり・味玉。
チャーシューは業務用色の強い味がしっかりついているもの。
ねぎは背脂豚骨スープによく合います。
焼きのりは見たまんま。
味玉はカット済みで、黄身がトロッとした甘じょっぱい味付けのもの。

味を総合して…
『標準的で安心安定の背脂豚骨ラーメン、背脂と麺が選べるのが特徴。』
だと思いました。

スープも具も想像通りの味で、それ以上でもなく以下でもない。ただし立地上のせいかお値段は高めな気がします。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚ブラックらーめん」@らーめん よし丸の写真マー油を使ったという新作のブラックをいただきに来ました!

「豚ブラックらーめん」を注文し席で待ちます、相変わらず混んでいますし最近は海外の方も多いですね。
配膳されると、思っていたより斑模様のブラック!マー油の香ばしい香りもします。

それではいただきます!
スープはいつもの優しい豚骨スープにマー油という、ある意味予想通りで期待を裏切らない方向性(笑)
マー油は香りに嫌味が無くほろ苦い味、予想通りとは言ったもののいつもの豚骨スープと比べたら味の変化はかなり凄いです!
マー油が入ってるなとかいうものではなく、マー油と豚骨の味の感じ方が同率なイメージをしていただくと想像し易いかと。それくらいマー油の風味が強く出ていました。

麺はいつものモチモチストレート太麺。
うーん…、このスープには麺の味が強烈過ぎて浮いてる様に感じます。
この麺が好きな方はかまわないのかもしれないですが、麺を口に入れたらスープも蓮華で入れないと味が組合わさらないという感じ。
決して味が合わない訳ではないですし麺はとびきり美味しいですが、スープの絡みがあまり無いのが残念。

具は、チャーシュー・肉そぼろ・野菜。
チャーシューはお馴染みのトロトロドデカチャーシュー、味は良いですがこれもスープとは別味というかあまり馴染んでいる感はありません。
肉そぼろは甘じょっぱい味付けがスープととても合っています、チャーシューよりも断然こちらの方がビターなマー油と合いますね!
野菜は茹でたキャベツともやしに輪切りの長葱、キャベツともやしは無難な具。長葱は強めのスープの味に対して良い薬味でした。

味を総合して…
『無化調でビターな、大人の豚骨らーめん。』
だと思いました。

今やマー油と言えばラーメン好きなら誰もが知っています、豚骨にマー油と想像もつき易い味の方向性。
しかし丁寧に作り上げられた優しい豚骨スープと自家製マー油の組合せは、思っていたよりも元の豚骨スープと違う味わい深い大人の味になっていました。豚骨+マー油が単純に濃厚になるというスタンダードな答えではなかったのです。
よし丸さんの豚骨の味は覚えてしまった、と思われる方にこそオススメのメニューかと。
しかしながら私も味を覚え過ぎてしまい感動に至れなくなってきたのは事実…、こういう場合は少し間を空けたら解消するのでしょうかね?
また折を見て来てみたいと思います。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件

「マックス豚らーめん(辛ニンニク)」@らーめん よし丸の写真通りすがりに来ました(笑)

相変わらずゴキゲンな80年代洋楽ロックが迎えてくれます。
「マックス豚らーめん」を辛ニンニクのかけダレで注文、配膳されるとタレの赤と背脂の白が何とも美しいコントラスト…惚れる。

スープはいつもと同じ無化調豚骨、そして辛ニンニクダレを混ぜるとニンニク香るピリ辛仕様に。
やはりこちらの優しい豚骨スープは辛味が非常に良く合います!
今回はあえてラー油のカスをお願いしませんでしたが、このスープにも合いそうです。

麺もいつものモチモチ太麺、ピリ辛味に麺の甘味が引き立ちます。

具は、チャーシュー・背脂・もやし・キャベツ・のり。
どの具もいつも通り美味しく、そして辛ニンニクダレと合っていました!

味を総合して、『ピリ辛でどんどん箸が進んでしまう豚骨らーめん!』だと思いました!
このメニューのタレは三種類から選べますが、全て食べてみてこの辛ニンニクが私の一番好みでした。
辛いのは得意ではないので後回しにしましたが、殆ど辛さは無く程好くピリ辛なくらいでむしろ食欲を促進させてくれました。
更にラー油のカスもお願いしようかとは思いましたが、先ずはこの一杯の味を存分に楽しみたく次回のお楽しみにしておきます。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件

「マックス豚らーめん(しょうゆ)」@らーめん よし丸の写真豚骨の気分になり、久し振りに来ました。

スープは豚骨に醤油ダレの無化調で優しい味付け、丁寧な仕事っぷりがたまりません。
一口で優しい食べ物だと分かる、そんな感じ。
背脂などの油分があってもそれが重く感じません。

麺はいつも通りの自家製麺でツルツルモチモチ。
豚骨にこういう麺も合うのだと、私のラーメン人生に新たな価値観を与えた麺。

具は、チャーシュー・背脂・もやし・キャベツ・葱・海苔。
チャーシューはいつも通り柔らかく煮込まれて、味も程好くスープとの相性抜群。
背脂は前よりも量は少な目ですが、これくらいの方がちょうど良いかも。そしてかけられた醤油ダレも風味良く美味しい。
他野菜類も優しい豚骨スープと相まって更に爽やかさを演出、食べていて飽きが来ないのもこの具が一役買っている筈。

味を総合して、『醤油ダレは無難な選択だけど、やはりスタンダードは外せない。またスグに食べたくなる堅実に美味しいラーメン。』だと思いました!
たまらんです。
次は…煮干かなぁ。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「とんこつラーメン 半熟味玉」@無鉄砲 東京中野店の写真今冬の間にこちらに来ようと思っていたので、二月も後半ギリ冬かなぁという時期に間に合いました。

外観は道路沿いなのでなんだか冴えない立地、店の名前を知らなければほんとに道端のローカルなラーメン屋さん的雰囲気。
店内はやや暗めで黒を基調としています、椅子が赤でそのコントラストに独特なインパクトは有りますね。BGMはラジオで、そこもローカル色を強くしています。

決めていた「とんこつラーメン」に「半熟味玉」をプラスでポチッ、麺の硬さと葱の量を訊かれたので先ずは両方普通の注文。
配膳されると、なかなか濃厚そうな色に期待が高まります!

スープを飲んでみると…かなりアッサリ、正直ビックリしました。
何処へ行っても誰に訊いても大概「超濃厚」「日本一濃厚」と名高かったこちらだけに、今まで色々と豚骨ラーメンを食べて準備してきた私としましては非常に食べ易く適度に濃厚な豚骨スープでした。
確かに濃厚ではあるのですが、塩気も化学調味料も脂も大蒜などの臭いも全てが控え目。期待値が高過ぎたからか拍子抜け。
その分食後に気持ち悪くなる様な事はありませんでしたので、無化調宣言の賜物かもしれませんね。
私は無化調好きですが、もう一押し味に何かしらのパンチが欲しい気はします。
スープが濃いと思われたら割スープもあります(豚or魚)、と言われてもここから更に割って薄くする意味が分からず頼みませんでした…。

麺は弾力のある中太やや縮れの中華麺タイプで、合わない訳ではないですが私的には違和感のある組み合わせだと感じました。ツルシコ系の麺にスープがあまり絡まないイメージ。
替玉は中太か細麺か選べたので、博多豚骨風を期待し細麺硬めで注文。運ばれて来て器へドボン、そうそうこの細麺の方が…方がぁ……細麺もポキポキ系ではなく弾力系の噛み応え。
うーん独特ではあるのですが、固定観念を取っ払って考えてみてもやはり何か物足りない気がします。

具は、チャーシュー・メンマ・葱・海苔・半熟味玉。
チャーシューは薄切りの豚バラ肉で、味付けもかなり薄め。というかスープの味でした。
メンマも同じく。
葱はスープによく合います。普通の注文で少なめだったので増しても良かったと思います。
半熟味玉は確かに半熟と言えば半熟ですが、味もかなり薄く茹で玉子状態。

味を総合して、『後味サッパリな豚骨ラーメン』だと思いました。
スープ・麺・具と、全てが予想外でした。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 味玉」@豚骨味噌ラーメン じゃぐら 野方本店の写真寒いので濃厚なラーメンを欲して来ました。

外観はこぢんまりとした下町のラーメン屋さん、内装は黒を基調としたバーの様なシックな雰囲気。その割にBGMは店内のテレビで気取らない感じが落ち着きます。
初なので先ずはこちらのスタンダードのラーメン(豚骨味噌)から、あと味玉も。

スープは…、スープね……スープが…蓮華に入ってきません!(笑)
流動食ばりのドロドロさでなかなか入って来ない、これは味わう前から楽しみなドキドキが止まらない(笑)
一口味わうと先ずは味噌の香りと味、そして豚骨の香りとコクがきます。直後にほんのりピリッとするのは唐辛子、飲んだ後味には大蒜の風味。これは美味しい!!
ドロドロと言うと脂を気にされる方も多いと思います。しかし脂は少なく、濃厚なのに変なしつこさがありません!
何より味噌と豚骨とフライドオニオンと大蒜の香りが絶妙にマッチして風味が良く、更に唐辛子のほんのりピリ辛が味をしめるのでスッキリとしていて只単に重いスープとは違います。

麺は縮れ太麺で、スープとの相性が最高!
噛んで味わうタイプで茹で加減も絶妙、そして麺が長過ぎない…いやむしろ短い。そこも良かったです。
ドロドロスープなので、すするよりかも咀嚼する事に比重が置かれている事が完成度を高めていました。

具は、チャーシュー・野菜・フライドオニオン・味玉。
チャーシューの味付けは薄めでスープに合わせた仕様で良かったです。
野菜はもやしと韮と葱ととうもろこしで、どの野菜もスープと麺に合っていて無駄が無かったです。
フライドオニオンは配膳と同時に良い香りを出しており、ドロドロスープが重くなり過ぎずに食べられた要因の一つです。
味玉は甘めな醤油ダレの味付けでスープに埋もれないかと心配でしたが、スープの香りも味も特徴が違うので存在感はしっかりとしたまま味も絶妙にマッチしておりました!

味を総合して、『見た目はドロドロ、味は香り良くスッキリ、超濃厚豚骨味噌ラーメン!』だと思いました!
予想を上回るドロドロスープに、良い意味で期待を裏切る清々しさ。
初めてのお店の一口目で「美味い!」と唸ったのは久し振りでした!

あ…、カレーパウダー試すの忘れてた。
また行こう(笑)

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件