なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

お汁(大忙し)

汁に生き、汁に死ぬ。それがお汁男。記憶の頁、専門家の評価ではなく個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.046点
最終レビュー日 2019年10月15日
432 244 0 1,039
レビュー 店舗 スキ いいね

「らーめん 煮干しに変更」@らーめん こてつの写真イヤァオ!!!
と来ました(笑)

店内入場後くねくねしながら券売機へ向かい、右横からの視線を感じつつお目当ての「らーめん 煮干しに変更」を購入し店員さんに渡します。

配膳されると海老に変更の時とは違い、色からして明らかに煮干しに変更されているのが見て解ります。

いただきます!
スープは……!?
何てこった…こちらの唯一と言ってもいい気になっていたところの塩分過多が解消され、優しめな円やか味になっている!!
いやいや、これもうほぼ無敵の魚介豚骨スープじゃないの。
煮干しラーメンとしても質の高い味わいで、程好い苦味とコクの煮干し味にやや甘味のある醤油ダレで一口もう一口と中毒性の高い味わいを展開。
久々にどろどろに変更すればよかった…(笑)

麺は今のスープに対してはちょっと弱めかなぁ。
以前のしょっぱめスープにはスープの強さを活かす様なアッサリ麺がむしろ合っていましたが、今回スープが優しく味わい深くなったので麺の味もまた浮き彫りに。
もう少し甘味のある味わいだと麺の存在も活きるかと思いました。

具はネギ増ししようかと思っていましたが、この塩梅ならば通常のままで充分。どろどろなら増しかといった感じです。

一番ウメェーのはなぁ、ニボトンなんだよ!イヤァオ!!
選ばれし煮干の出汁にストロング豚骨スタイル、正にThe Artist!!
とでも言える柔と剛を兼ね備えたスタイルへと進化していました。
食べる度に「このしょっぱさが解消されれば…」と思っていたので、願ったり叶ったりというやつで通いたくなります。
これが果たしてブレなのか狙っての変化なのかは、また次回で解るかと思いますのでその日を今から楽しみにしています!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「らーめん 海老に変更」@らーめん こてつの写真あまり来ないこちら側に用事があったついでに。
新規開拓したかったですが、どうにもまた食べたくて来てしまいました!(笑)

前回から気になっていた「らーめん 海老に変更」を注文、相変わらず個性的なお店の雰囲気。マイケル・ジャクソン聞きながら豚骨ラーメンていうのも良い感じです。
配膳されるとフワッと海老の香りがして食欲をそそります!

いただきます!
スープは結構ガツンと海老が感じられる味、もっと軽いかと思ってました。お見それしました。
海老好き、そして濃厚好きにはとても良い感じ。海老に変更という味変的なイメージの名前に反して立派な海老豚骨ラーメン!
醤油ダレがやや甘めなところと海老の風味が相まって、コッテリまろやかな味わいです。

麺はしっかりとスープを持ち上げて一口毎の海老味がとても良いです。

しょっぱめのちゃーしゅうと甘口メンマに青いねぎ、具がスタンダードながらも物足りなさは皆無です。
特に濃いスープとねぎの相性は抜群、前回も書きましたがねぎは増しても良いですね。

いやー思ったよりガツンと来る海老味に満足でした!
しかし全体的にちょーっと味が濃いかな…という感想。
スープが塩分高めでガツンと濃くて、ちゃーしゅうも醤油ダレで焼き上げてあり味はしっかりめ、メンマは甘口だけども味はかなりしっかり。
タレ薄めとか出来たら私にはかなり合うかも、って現行でも美味しい事に変わりは無いですがつけ麺の方が向いてる味かもしれません。

次は煮干しに変更も食べてみようと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「シーフードらーめん」@らーめん カッパハウスの写真寒い内に食べておきたいものがあり来ました!
以前から気になっていたのですよねこちら。

外観はラーメン屋とは思えないポップな感じで美容室か何かの様な店構え、店内は広くテーブルもカウンターもありファミリー向けな要素が多いです。
BGMは洋楽ポップス。

券売機で「シーフードらーめん」を注文、配膳されると長崎チャンポン風な一杯。

それではいただきます!
スープは塩気が強く豚骨と魚介スープという組み合わせでも豚骨魚介とは全く違い、節系は香らずクラムチャウダーの様な洋風の味わいに黒胡椒が利いてる。
しかしチャンポンと違い旨味は薄く、単にしょっぱいなーという感じ。

麺は自家製麺の太麺、これもチャンポン寄りな気もするけどパスタの様でもあり。
スープの絡みはそんなでもなく、麺食べてスープすすってという繰り返しで味わうものでした。

具は、海鮮・野菜。
海鮮は一番上の海老以外は冷凍食品ですかね。
野菜はキャベツもぶっとい芯まで入って栄養満点!?

味を総合して…
『洋風チャンポン。』
だと思いました。

他には無さそうな珍しい味かと思って来ましたが、そういう感じのものでは無かったです。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らーめん どろどろに変更」@らーめん こてつの写真無化調の豚骨ラーメンと調べて来ました!

外観は御世辞にも綺麗な感じではなく、看板も手描きの絵だったりして個性の強いバーみたいな雰囲気。
内装は黒を基調としていてBGMがクラブ系と、独特な感じで。本当にここ無化調のラーメンなの?みたいな…。

券売機で「特製らーめん どろどろに変更」を買い待ちます、無化調のどろどろ豚骨ってどんなよと。レビューも、もたれたとか食べきれなかったとか書いてあり怖い。
配膳されるとネットで見ていた通りのスタンダードな盛り付けでスープはそんなヤバそうな感じは無く。

それではいただきます!
スープは…これホントどろどろだ!(笑)
この濃度どうやって出してるのだろう、先ずはそれを考えてしまう。
塩気は結構強めで豚骨の味は有るけど節系の香りがかなり強く、濃厚豚骨にありがちな獣臭は皆無。
個人的に正確な表現で言えば「トロトロ」って感じですかね、餡かけの様に麺にトロリと絡み付く。一口毎にガッツリ絡み付いてきます。
一口一口がかなりヘビーなので、濃い味が苦手な方にはキツいかも。でも無化調らしいので食べた後のしつこさは無かったです。
上品ではない、しかし下品でもない、いかんとも形容し難い濃厚スープ。
こんな豚骨魚介スープを出す店は他に無いだろうな。

麺は中細のストレートで噛み応えがある冷や麦の様なもの、スープに対してやや弱いかと思いきや「あ、どろどろに変更したからか!(笑)」と(笑)
このスープでここまで味がするのなら、通常スープだとなかなか良い麺なんじゃあないかなぁ…。
早くも通常スープで食べたいです。

具は、ちゃーしゅう・メンマ・ねぎ・のり・味玉。
ちゃーしゅうは所謂ガチの焼き豚、今時の低温調理ではなくホロホロでもない。肉感しっかりで甘くはない醤油ダレの味付け、硬派ですねぇ。
メンマは濃い茶色の角材タイプ、甘めの味付けで歯応えはジャクジャクとした強めなものでした。
ねぎはこういうスープには必須の薬味、増しても良かったと思うくらい合っていました。
味玉は甘くない味付け、どろどろに変更では特に要らなかったかなぁ…。これは通常スープで味わいたいもの。

味を総合して…
『味は濃いがしつこくないどろどろ無化調豚骨魚介、濃厚好きなら食べてみて欲しい!』
と思いました!

お店は外観が少し怖いというか独特な尖った印象なので無化調という雰囲気ではないですが、店内は学生も多く地元の方が多数来られているのでそのギャップが面白かったですね。
味も他では見られない様な濃厚タイプで、半信半疑でしたが後味からしてもやはり無化調かと思います。
味のカスタムが色々あるので、また何回か来て組み合わせてみたいと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件