なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

バサンダ

記憶の頁、評論家や専門家の評価ではなくただの個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.042点
最終レビュー日 2019年10月22日
433 245 0 1,044
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーラーメン 餃子セット」@ソラノイロ食堂の写真タマにはちょっと変わったの食べたいなぁ…と、前々から気になっていたこちらへ来ました!

なんとランチはセットがあるではないですか、これは迷わずセットでしょう(笑)
「カレーラーメン 餃子セット」を注文。
配膳されると見事カレーがぶっかけられた昭和な一杯が登場、餃子は高い訳ではないがこの皿にして三個の盛り付けは余白有り過ぎて貧相に見えてしまう。ランチ用の皿を用意すれば良いのになと思いつつ、置場所とか手間とか大変だよなとも思わなくもない。

いただきます!
スープを先ずは醤油のところから、背脂も入ってはいたけど結構アッサリしていて正直物足りない。
ではカレーを。カレーは甘くはなく辛さも控えめで、スパイスを利かせながらも異国の本格的なものではなく日本風ライトな食堂仕様といったところ。あまりビーフって印象じゃないのですが、中に入っている肉片は牛っぽい。スープの豚臭で分からん(笑)
ではいざとスープを混ぜ合わせいただくと、カレー8:醤油2くらいの割合の味わい。混ぜ合わせて初めて味が整う、正にカレーラーメンのスープ。
力み過ぎていないゆるい味展開が良いです。

麺はストレートでカレーが程好く絡み、一口毎しっかりと味わえます。
これが太麺だとカレーうどん的な味わいになるのかも。

具はコロコロチャーシューが想像を超えてとても良かった!
ハムの様な適度な弾力と強過ぎない味、そして脂もしつこくなくてどことなく上品な味わい。チャーシューの完成度高いですね!
チャーシュー麺の人気が高いのも納得です。

餃子は薄皮で野菜が多いのかな?あまり肉肉しなくてアッサリ味、薬味の柚子胡椒も合う味。

雰囲気から味まで、正に食堂という空気を味わえました!
たまーに来たくなりますね、昔家族で来たラーメン屋にまた来た…そんな気分で来られる気がします。
ファミリーで来られている方も多く、お子さんが小さい頃から美味しいラーメン食べちゃって一体どんな大人になるのか楽しみな他人の私でした(笑)
味を追求するお店というよりは、今流行りのラーメン屋に慣れ過ぎてしまったら行きたくなる、リセットボタン的なお店(良い意味ですよ!)としてまたその内に来ようと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「黒虎【限定麺】 追加麺(黒虎用)」@影虎の写真火曜日は味噌曜日!

という事で「黒虎 追加麺」を注文、出来上がると…?黒くない…ひょっとしてと少し混ぜると盛り付けた具の下からイカスミが(笑)

いただきます!
スープは白味噌ベースのまろやか味噌ラーメンにどんどん混ざるイカスミの味のグラデーション、イカスミのコクと香りが白味噌豚骨にマッチしてとてもパンチのある味!

具が根菜チップスで蓮根や牛蒡や南瓜に人参、野菜たっぷりで味わいも豊か。
そこに肉厚デカデカ炙りチャーシューも入っていて、具だけをとっても特製並みに満足度の高いもの。
イカスミと言えば…の刻み玉葱やトマトも入って、それも自然に合ってましたねぇ。

追加麺はイカスミペーストとトマトが乗って、混ぜれば見た目イカスミパスタの様な雰囲気に。しかしタレが入っているので味はしっかりとラーメン。
イカスミ好きにはたまらん追加麺!そして少し食べた後にスープに入れて更に濃厚なイカスミ味噌ラーメンを堪能…。
良いです。

他店でもたまに見かけるイカスミを使った黒ラーメン、その中でもトップクラスの美味しさだと思います。
ちょくちょくやっている限定みたいなので、また機会があれば食べたいです!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「まぜそば 大盛り 全粒粉麺変更」@俺の麺 春道の写真前回気になっていた全粒粉麺を試したくて来ました!

券売機で「まぜそば 大盛り 全粒粉麺変更」を選択(全粒粉麺変更は無料で数量限定)、配膳されると見た目にも迫力ある太麺の全粒粉麺で期待大。
お酢とラー油のボトルもセットで出してくれます。

いただきます!
先ずは麺から。
色から想像したより香りが強いとかではないけれど、風味良くモッチリと歯応えがありまぜそばに最高の麺です。色のせいか粉の味わいも濃い気がします。

タレは甘めな味付けですが太麺にビッタシ合う醤油系の味で、うねりのある麺によく絡みます。
豚骨スープも少しは混ぜているんですかね、油分もありなかなか濃厚なタレ。
海苔に乗った節粉をふりかけ混ぜると香りも良い。

具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・なると・のり。
ネギは相変わらずこちらでは良い薬味ですね、しかしながら今回気付いたのは券売機にネギ増しのボタンは無かった…(笑)
まぜそばの具って二通りあると思うのですが、麺に絡む様に切ってあるものとラーメンと同じ状態のもの。
個人的にはやはりラーメンと同じだと少し食べづらいというか何か違う印象。

半分くらいまでいただいてから一緒に出してくれたお酢をかけると、酸味のおかげでタレの甘味とコクが更に感じられる様になりますね!
更にラー油もかけると胡麻油の香りにピリ辛がまた合う。
個人的にはお酢は少な目ラー油は多目なバランスがベストでした。

麺量もかなりありタレも最後までしっかりと味わえる量、生卵のボタンが売り切れでしたが濃厚味にとても合いそう。
次は試してみたい。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「麻婆麺(普辛) パクチー」@SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋の写真今人気のこちら、今回はラーメン好きを賑わしている一番人気の麻婆麺をいただきに来ました!
相変わらずの長蛇の列。

券売機で「麻婆麺」と折角なのでと「パクチー」も注文、しかしやはりここもパクチーは200円で高いですねぇ。
配膳されると…盛り付けと言うかまんま麻婆豆腐ですね、パクチーは別皿。

スープは多少見え隠れするくらい、とりあえずレンゲで味わってみると動物系の旨味がしっかりとでていて美味しい。辛味はピリ辛くらい。
で麻婆の味は肉に味が染み込んでいて、店内の説明書きには豚肉と書いてあったものの合挽き肉の様な濃い香りとコクがあります。粗挽きなのも食感が良い感じ。

麺は中太でややモッチリなもの、麻婆の絡みはまぁまぁです。

で問題はここから。
何口か食べるまでは味は良かったのですが、振りかけられた青花椒がかなりの量で痺れがきます。
花椒は好きなのでキツいとか食べられないという訳ではないですが、正直他の味が殆ど分からなくなる量。
麻婆もラー油も麺も味は分からず、香りがほんのり感じられるくらいに口が鈍くなってしまい残念。パクチーを入れてみても殆ど味の違いが判りませんでした。
倍辛ならまだ分かるのですが、普辛でここまで痺れさせてしまっては折角のスープや麻婆の味が勿体無い気がしました。

酸辣湯麺の時は味のバランスも良くラー油も香りの良いもので美味しいと思いましたが今回はちょっと。
最初からこのバランスだったのか、過度なカラシビを求める声からこうなったのかは判らないですが…こういうのは増し注文の方からにして欲しいですね。
更に座った席の前の棚や置物は一日とは思えない量のホコリをかぶっていて、汁跳ねと思われる点々としたシミからはカビが生えていました。
色々と前回からの変わり様に驚きました。
※念の為、私の辛さと痺れの感じ方はごくごく普通のものだと思いますし、唐辛子や花椒も普通にかじり食べられます。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「真ダコとトマトの麻辣ボロネーゼ【秋季限定】 パクチー」@中華蕎麦 はるの写真限定情報を聞きつけてやって来ました!

「真ダコとトマトの麻辣ボロネーゼ パクチー」という、想像の斜め上をゆく名前の新作限定を注文。
配膳されると見た目は盛り付けがイタリアン、花椒とパクチー(100円)別皿が一緒に出て来て本当にコレら必要なのかい?
果たしてそのお味はどうなんだい?

いただきます!
まずはソースから、トマトだ…やはり洋風?
挽き肉は合挽きですかね、かなりしっかりと味付けされています。真ダコもプリプリで美味しい。
と思っているとジワジワとピリ辛がやってきます。タバスコ的な感じでやはり洋風。てタバスコ?
野菜もトマトにマッシュルームとズッキーニとこれらも洋風。

では中太縮れ麺を引っ張り出して食べてみると…、おおっ!?八角や桂皮かと思われる麻辣の香りがしてきて、トマトの酸味と良い絡み…洋風から一気にアジアンな雰囲気に。
先行していた辛味はやはりタバスコではなく麻辣油ですね、混ぜると香りが後からやって来ました。

こりゃあ花椒をかけねばなるまいとゴリゴリかけまして、ますますアジアン。パクチーもトマトの酸味甘味に絶妙に合う味。
温玉を崩してまろやかさと濃厚さが増し、もうこれ以上の何があるという美味しさ。
洋風か中華か東南アジアか…そんな枠組みはよそにただただ美味しい。

最高でした。
満足以外の何ものでもない。
味が良い事は勿論、独自の発想と食べ始めから終わりまでの味の変化まで全てにおいてパーフェクト。

付け加えますとパクチーが100円で納得いく量があることも良い、パクチーは結構150円とかのお店が多い気がしますし。更には注文すると上にモッサリ乗せてしまい盛り付けが見えないとか。(パクチーは別途トッピングの注文ですが、お嫌いでなければつける事を強くお勧めします。)
そういう細かい気配りって味にも出ますし、何より食べるこちらの気持ちにも作用しますし。

いつ来ても満足が実感できるお店、それを毎日続けられている店主さんに精一杯の敬意を表して…
御馳走様でした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件
90

「大分佐伯ラーメン」@ナベラボの写真お店のテーマが変わったので来てみました!

以前食べていなかった「大分佐伯ラーメン」を注文、結構油かけますね…(汗)
配膳されるとシンプルな盛り付けで、前回の牛骨ラーメンとあまり変わらない印象。

いただきます!
スープは油膜がありかなり重そうな見た目、しかし一口すすってみると油はそんなに気にならず甘めな豚骨醤油味。
旨味が強くてコンソメスープの様な野菜の旨味なのではないかと思える味に豚骨のコク、これまた中毒性の高い味をさしてますね。
飲んではいかんと思いつつレンゲは止められず、最終的にスープを完飲する始末。
胡椒も結構利いていてただの甘いスープではないところがまた、もう一口もう一口となってしまう魔性のスープ。
如何にも「ラーメンのスープって何だかんだ飲んじゃうんだよな…」っていう感じ(笑)

麺は前回の牛骨と同じですかね、こちらにも合ってます。

具も前回とほぼ変わらず。
だけに前回食べていると味の違いは判るか…、しかし見映え的にはまた同じかって印象は否めず。

難しい理屈抜きの美味しい豚骨醤油ラーメンて印象ですね、あーだこーだ蘊蓄入れるより「へぇーこんな味なんだ、美味しいね(笑)」と言える味。
ご当地だから何か凄く変わってる味なんじゃあないか、現代のラーメン界ではそんな考え方はもう古いんだよなぁーって思えてしまう美味しさ。
ラーメンを神格化して斜めに見過ぎていた数年前の自分をこっ恥ずかしく思わせてくれるくらいにホッとする、そんなご当地味の一杯でした。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「二天ら~麺」@麺屋武蔵 二天の写真春はあけぼの、秋は…………揚げ物!!!!
ずっと気になってはいたものの何故か行っていなかったお店へ!

勿論の「二天ら~麺」を注文、お店の暗めの照明も手伝ってか店員さんが揚げ物をダンダンと切り刻む姿は異国の雰囲気。
配膳されるとはみ出す美味しさ的アピールの熱々揚げ物がドッドーン!!

い、いただきます!
スープは節を利かせた醤油味で結構醤油強め。

麺は中太縮れ麺、モッチリとした食感で主張強め。

具は豚と鶏の揚げ物がメインで他は普通。
豚は胡麻揚げ、鶏は青海苔揚げ。熱々で大きくて味濃いめ。

器の中の構成要素のどれもが「我こそは!」と名乗りをあげてくる、天下分け目の戦場状態。
やはり…全部味濃いめ!!!
これ、好きな方は好きなんだろうなぁ…。

とにもかくにも、安定の武蔵クオリティではありますが個人的な好みとは外れた感じ。
池袋でガツンとニク・アブラ・ショーユ!な方は是非といったところですかね。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば 塩」@中華そば 向日葵の写真無化調で気になっていたお店へ来ました!

思っていたよりも小さい規模のお店で店内並びもあり、皆さん並んでまでわざわざ来る事に期待大。
「特製中華そば 塩」を注文、配膳されると透き通るスープの一杯。

いただきます!
スープはとてもアッサリで如何にも無化調な味わい、これは大人がうなる様な味わいのスープですね…。
お若い方や濃い味が好きな方には支持されなさそうな繊細さ、好み別れるだろうなぁと感じます。
動物系は使っていないか使ってもごく少量か、鶏油も爽やかなもので重さは皆無。
昆布等と思われる出汁で旨味はありますが、ゆっくりじっくり味わって感じるタイプ。
貝でも使えば旨味の輪郭は分かり易いであろうに、これはあえて使わないといった哲学的な空気さえ感じます。
塩スープに貝出汁を使うお店一気に増えましたしね、それとは異質な硬派な玄人寄りの味でした。

麺はストレート細麺でザックリとした歯応えのもの、スープの持ち上げも良く上品でおしとやかなスープとの相性抜群。
スープの繊細さを引き立たせる麺でした。

具はチャーシューが二種とも味の良い低温調理で、スープとの対比で交互に食べると抑揚がたまらない。
スープを一口飲んだ時点で判りましたが、こちら味玉は塩スープには向きませんね(汗)
黄身までしっかりと味が染みていますので、玉子の後にはスープの味は分からなくなってしまう。美味ですがこれはまた醤油や煮干しの時に良いでしょう。

今回はあえて情報薄な塩を選んだのですけど、とてもマニアックな味わいでこういう硬派なの久々な感じでした。
初めての方はきっと醤油か煮干しを選んだ方が楽しめるかと思います、無化調の繊細な端麗さを味わいたいならば塩で。
また他メニューや限定も食べに来ようと思います。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「牛と鶏の白湯蕎麦【限定】 台湾風煮玉子」@渡なべの写真限定狙いで来ました!

「牛と鶏の白湯蕎麦 台湾風煮玉子」を注文し配膳されると、茶色メインの渋い盛り付け。
最近茶濁系ばかり食べてるなぁ…、まいっか。

いただきます!
スープはややトロみのある牛鶏白湯、やや重めなコクのあるスープ。この重さは悪い意味でなく牛を上手く重量感ある味に仕上げているなぁという意味で。
サッパリ系の牛は今やどこもオシャレ系なラーメン店がやってる気がするので、この綺麗めに寄せてない味が良いです(笑)
振りかけられたフライドガーリックがとても合う薬味で、スープに更にジャンクフード的な粗野なパンチを与えていますね。
うーんこれ辛味が半端無く合いそう、いずれ辛いバージョンもやって欲しい。

麺はややグンニヤァ~とした噛み心地が武骨なスープに合って、無化調なのに化調ジャンキーな雰囲気を醸し出していてグッド。

具はチャーシューが牛である事がスープとの統一感があり嬉しいですね、硬めに仕上げてあり噛めば噛む程旨味が出てくる半ジャーキータイプ。絶妙に心地よい弾力と八角の香りが東南アジアを思わせます。
台湾風煮玉子も最高でしたね。最近はどこも均衡してきた味玉の味に興味無くなっていましたので、こういう新たな味は最高に嬉しい発見。黄身までカッチリ茹でられた玉子に甘口醤油ダレがしっかりと染み込んでいる、香りは八角の利いた風味でこれが甘めな味付けと実に良く合う。流行りの味玉の様に黄身が流れ出ないから何回かに分けて食べられるのも、チマチマ楽しみたい大人にはまた良いのです。

あえてなのか偶然か、時代に逆行するスタイルが良いですね!
右ならえのどこも美味しいどこも一番な豊食の世の中も良いのかもしれないですけど、私はこういう我が道を進むスタイルのお店が好きなんだなぁと改めて実感しましたねぇ。
日本各地のラーメンから着想を得て独自に作り上げた温故知新の味、しかし決してただのコピーでは終わらない。
こういう限定が食べられるこちらはとても好きなお店です。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「くれは式ブラックラーメン【限定】」@ラーメンくれはの写真前々から何度かやっていて気になっていた限定をいただきに来ました!

「くれは式ブラックラーメン」を注文、いつもの寡黙な雰囲気から配膳されます。

いただきます!
スープは思っていたよりも口当たりアッサリとしていてコクのある醤油味、出汁は鶏白湯ですかね。
くれはらしくないと言ったら角が立つかもしれませんが、「くれは+ブラック」という重曹歩兵の様なイメージからはかけ離れた優しく味わい深いスープでした。物凄くドロドロでしょっぱいとかを想像していたので(笑)
それにしても鶏白湯のキメ細やかで自然に身体に染み込んでくる感じに、まったりとしてコクのある醤油ダレが良い風味をプラスしている。
その味、何とも艶やか。

麺はいつもので、これがまたスープを絡めて合うわ合うわ。
替え玉をしない訳にはいかず、替え玉後は卓上セットの黒胡椒で更にブラック色を強めこれもまた良し。

具はいつものラーメンと同じですが、こういう味わいだとまた違って感じられます。
改めて具も一つ一つが美味しいと再確認。

これは食べに来て良かった!!
予想とは正反対、予想外な展開ながらこんなに美味しい限定にありつけてラッキーでした。
こちらは毎回限定を追っていきたいくらい好きなのですが、なかなか来られなくて(汗)
あーそして既に通常のラーメンも食べたい…、また来よう。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 7件