なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.102点
最終レビュー日 2019年10月22日
666 557 14 2,133
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば ¥600」@陽気 大手町店の写真土曜日 晴天 10:55 先待ち6名 後待ち12名

令和改元記念 特別企画

〝諸国麺遊記 中国編〟

今回の中国遠征の四県目となる広島入りの為に、昨日の三食目を終えた岡山駅から 18:51発 のぞみ 45号 博多行きに乗り込んだ。たった30分と少しの為ににグリーン車を調達して広島に乗り込んできた。新幹線の車中で二本ばかりの缶ビールを呑みながら、今宵のホテル予約を完了。これで心置きなく広島の夜を楽しめると意気込んで広島駅に上陸した。すぐに駅直結のホテルのチェックインを済ませて見知らぬ夜の街へと繰り出した。

いかがわしい風俗街と軒を並べる広島の夜のネオン街である流川という飲み屋街を満喫した。今回のラーメン巡りの経緯を写真とともに女の子たちに説明すると、必ず誰もが食いついてきて広島のラーメン情報を教えてくれる。だがほとんどの情報がアフターがらみの深夜のラーメンばかりで、夜ラーを控えている私には参考にならなかった。毎回のように地方遠征では夜のネオン街にお世話になっているが、ラーメンだけのために地方まで来たと言うと最初は不思議がられるが、次第には身体がいくつあっても足りない程のモテっぷりな夜になる。昨夜は、さすがにどうやってホテルの部屋まで帰ってきたのか覚えてないくらいに酔っ払っていた。それなのに今朝は快調に目が覚めるとチエックアウトまで二時間半近くもあったので、無計画な今回のラーメン旅の本日の候補店を見つけるためにRDBに向き合ってみる。

こんな時にはお決まりの総合ランキング第1位に君臨している店を目指すのが一番なのだが、広島県第1位のラーメン店があるのは現在地の広島市内ではなく、昨日の新幹線で通り過ぎた福山市にあるというのだ。引き返す事も考えたが、今日は中国地方制覇のために山口県まで足を伸ばしたいと思っており福山行きを断念した。

そこで本日は僅差で広島県第2位となっているこちらへの突撃を決めた。RDBのお店情報によると本日も営業日となっており、通し営業されているようでありがたい。所在地も市内の中心地にありアクセスは良さそうだ。しかも昨夜の夜の店でも名前が挙がっていただけに期待は高まる。そこで11時開店前の現着を目指して10時半にホテルをチエックアウトして広島駅前のバス停に向かった。

路面バスの 21号線に乗車して中国地方で一番の商業地である紙屋町界隈を通り過ぎて行く。市内には路面電車も走っているせいか、道路の凹凸が激しくバスの乗り心地は最悪だ。そんな車内で揺られながら15分も行くと最寄りのバス停 中電前に着くと、広島の平和のシンボルでもある平和大通りの近くに佇む店先が見えた。定刻の5分前だったので、すでに観光客らしい家族の行列ができていた。周囲を見ると大きなビルが立ち並んでいるので平日はサラリーマンで賑わうオフィス街のようだ。

なんとか七番手をゲットして並んでいると、定刻2分前の早開けとなった。真っ赤な暖簾をくぐり店内に入ると右手の券売機にて品定めをする。メニューはシンプルで中華そばの一本勝負だ。おにぎりやビールはあるが一切のトッピングはない。券売機の上部には、中華そばからはじまって中華そば(2枚) 中華そば(3枚) と最後には (5枚) までのボタンがある。これを見たときに大盛りがない代わりに、日本蕎麦のもりそばのように枚数で注文するものだとばかり思っていた。しかし後々考えてみると5人前も食べられる人がいるわけがないと気付き、団体客や家族向けに人数分の食券を発券できる仕組みと分かった。

そこで迷う事なく中華そばを発券してカウンターに座ると店内観察をはじめる。失礼ながら古ぼけた外観からは想像もつかない程に店内はきれいに片付いている。新しい訳ではないが細部にまで手入れの行き届いているのが分かる。地方の有名店を訪ねるとボロボロの外観や整理整頓されてないのも味わいとしているラーメン点が多い中で、これだけの清潔感はありがたい。そんな店内を回す四人体制のうち、女性が三人いるのが掃除が行き届いている理由に思えた。かなり広い店内だが、オープン直後には満席となり中待ちも発生していた。長いカウンター席とテーブル席も多くあり休日の家族づれで賑わっている。


調理場内では大女将と若旦那らしき二人が麺上げを担っているが、定期的なロット数 (今回は3ロット毎) で麺上げ作業を交代していたのだ。互いに声を発するでもなく、自然の流れで交代する様子に大変興味が湧いた。また他の女性スタッフさんたちも生麺を取り分けたりほぐしたりと補助しているが、指先の合図だけで分量を伝えているように見えた。

そんな静寂のコンビネーションに見とれていると 3rd ロットにて我が杯が到着した。その姿は双喜に龍の描かれた切立丼の中で、素朴ながらも堂々たる表情を見せつけている。派手さはないが丁寧な盛り付けが好感度を上げる。前回の東北遠征では見かけなかったタイプの容姿に自分が今、広島にいる事を実感させてくれた。

まずは土器色のスープをひとくち。適度なラードの粒子が散りばめられた液面にレンゲを挿し込む時に、こう思った「味噌ラーメンなのかな」と。スープの色調だけでなく、立ち昇ってくる湯気の中にも味噌の風味を感じとった。不思議に思いながらスープを口に含んでみると、やはり味噌のような味わいも感じてしまった。もちろん微かな風味なので味噌ラーメンではないのは分かったが、もろみや麹の強い醤油を使ったカエシなのだろかと思った。ベースにはしっかりとした豚主体の動物系スープが旨みの土台を築いている。豚骨や鶏ガラを潰して炊いたようなスープではなくサッパリとした淡にごりのスープだが、特有の獣臭さを消すために大量のニンニクが使われていると感じた。すりおろしたニンニクではないので刺激はないが、香りとしては強く感じた。また、ほとんどの客が「むすび」という、おにぎりを追加していたのが納得できるような、ごはんに合いそうなスープの味わいだった。この時点でも味噌汁のような気がしてならない。

麺は中国地方では定番なのだろうか、すでに食べ慣れてきた中細ストレート麺の柔らか仕上げ。麺上げまで45秒の早茹でだが提供時には既に、しなだれかかるような麺質となっている。それには計算されたであろう理由もあった。それは麺上げをしてスープの張られた器に麺を盛り付けてから具材のモヤシを茹でているので、全ての具材を盛り付け終わるまでの時間がかかっている点だ。しかしこれは麺を柔らかく仕上げるために、わざとそうしているのだと思う。今回の中国遠征で訪れた島根 鳥取 岡山 広島の四県いずれもラーメンの麺にハリやコシを望んではいないような気がしたのだ。食文化の地域性の違いを体現している今回のラーメン旅だ。
実際にこちらの麺も滑らかな口当たりと喉越しを信条としていて、歯応えや歯切れの良さは皆無だ。その食べ応えの不足分を補う役割を「むすび」が担っているとも感じた。

具材のチャーシューは部位違いのように見えたが定かではない。しかし今回のチャーシューは豚ロースと豚ウデ肉のような部位が交互に盛り付けられていたが、実際のところ味わいや食感には大きな違いなかった。どちらのチャーシューもしっかりとした歯応えがある分、肉本来の旨みは抜けていた。その抜け出した旨みは煮汁に溶け込んでいるのだろうか、スープの旨みは強くなっている。なのでチャーシューを噛んではスープを注ぎ込む事で難を逃れた。

先ほど登場した茹でモヤシは細いタイプを使われている。日々大量に使われるので鮮度は間違いなく良い。特有のアンモニア臭を発せずに食感だけで好演してくれた。また物足りない麺の食感をサポートする役目も果たしていた。

薬味はシンプルに青ネギのみと潔い。少し粗さの残る素朴なネギの辛味や香りが、良い意味での田舎くささを引き出している。やはり西日本は青ネギ王国だと実感した。

中盤からは麺の力のなさが好みとは反しているが、今まで味わった事のないスープの魔力で食べ進めていた。この後の事を考えてスープは飲み干さなかったが、完食して席を立った。

これで今回の中国遠征も残すは山口県だけとなった。目指す場所はすでに頭には浮かんでいるのだ。それは今年に入って東京でも話題となっている山口県ご当地ラーメンの発祥の地である〝下松市〟である。そんな下松市で人気のある牛骨ラーメンの店を見つけるために早々と店を後にした一杯でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件