なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.435点
最終レビュー日 2019年7月19日
568 460 14 1,850
レビュー 店舗 スキ いいね

「蔵木の中華そば(しょうゆ) ¥670+味玉 ¥100」@製麺処 蔵木の写真日曜日 晴天 10:45 先待ち2名 後待ち15名以上

令和改元記念 特別企画

〝諸国麺遊記 中四国編〟

昨日は夕方に愛媛県 松山市で今回の中国 四国遠征での6食目を終えて、次の目的地を探していたのだ。すると先ほど降りた大街道駅から、お隣の高知県に向かうハイウェイバスがある事を知った。今回は路線バスは利用したが、長距離ハイウェイバスは利用していない。しかも目的地が高知県となれば、夜のネオン街も大いに魅力的である。そう思った途端に、チケットもないままに大街道駅まで急いで戻った。

すると運行本数の少ない高速バスの高知行きの発車時刻の5分前ギリギリだった。この駅は始発駅ではなく途中駅のようで乗車券を購入する券売機がない。満席かもしれないと思いながらも到着を待って運転手さんに聞いてみる事にした。定刻通りに到着するとチケットを持った乗客が先に乗車していく。しかし窓越しに見ると空席もあるので祈るような思いで尋ねてみると、あっけないほどに簡単に乗車できた。

18:44発 高知行き JR 四国バス なんごくエキスプレス号に乗って二時間ほどの高速バスの旅となるが、高速道路と言っても片側一車線の対向車線を走るので、大型バスだと車幅がいっぱいで落ち着いて寝てるわけにはいかなかった。恐怖心が落ち着いてきた頃にはすでに高知市内だった。無事に高知駅に着いたが、数年前に来た時よりも随分と立派に改築された駅舎に驚いた。車中でネット予約しておいた高知城の目の前のホテルでチェックインを済ませると、高知の夜のネオン街に身を隠した。

初夏の高知の醍醐味といえば、なんと言っても〝鰹のタタキ〟だろう。ホテルからも近い観光名所の「ひろめ市場」には目もくれず、観光客が寄り付きそうもない古びた小料理屋を見つけると自分の嗅覚を信じて飛び込んでみた。そこは気難しそうなオヤジさんと和服姿の女将さんが営む素敵な店だった。時間も午後9時を過ぎていたので、店に入るとオヤジさんが「今日はネタが少ないけどいいかい」的な土佐弁で高圧的に仕掛けてきた。そこで私は正直に「食事は済ませてるので鰹をつまみに呑みたいのですが」と伝えると、「今日の鰹は良いのが入ってるよ」と、したり顔で答えてくれた。鰹のタタキを藁で炙ってもらっている間に、鰹の心臓や胃袋などを煮付けた小鉢をつまみながら高知の地酒を呑んでいた。すると私の選んだ地酒のチョイスに、ご主人が嬉しそうに話しかけてくれた「お前さん、渋い酒を選ぶじゃねえか」と。そのとき呑んだのが「久礼」と書いて「くれ」と読む純米酒だったのだ。酒処の高知県には名だたる銘酒がある中でこの久礼は都内でも扱っている酒屋が少なく、滅多に飲食店で出会う事がない地酒なのだ。たまたま都内の寿司屋で呑んだ時に香りが少なくドシッとした男酒に惚れて、またいつか呑みたいと思っていたのだ。そんな話をすると怖そうなオヤジさんが次々と地酒を振舞ってくれて、気が付けば日をまたいでいた。閉店時間はとっくに過ぎていたのに話をしてくださったお二人に後ろ髪を引かれる思いで店を後にした。

さて、ここからが本題の高知の夜のネオン街の話だが、書き出すと止まらなくなるほど楽しかったので止めておこう。

ホテルに戻ったのは午前4時を過ぎており、シャワーを浴びると堕ちるように眠っていた。チェックインの時に万が一の為にモーニングコールをお願いしておいたので、なんとかチェックアウト前に起こしてもらった。随分と呑んだ割には目覚めは良く、身支度を整えて総合ランキング高知県第1位の店へと向かった。

松山からのバスの車内で下調べしておいたので場所も分かっている上に、昨夜のネオン街に歩いて向かう時に深夜営業もされているコチラの店の前を通ったのだ。さらには、夜の飲み屋の女の子達からも現地の情報をリサーチ済みなのだ。その情報によると高知は飲んだ後にラーメンで〆るのが当たり前のようで、それは若い女の子にも共通しているらしい。なので繁華街周辺には深夜遅くまで営業しているラーメン店が無数にあるというのだ。そんな女の子たちの現地事情では、昼はつけ麺が多いが夜中はラーメンを食べている客が多いとの事。毛嫌いしているつけ麺推し店のラーメンには不安もあるが、そんな耳寄り情報を頼りに初訪問に向かっている。

さて、ここからが本当の本題だ。11時開店の15分前に着くと並びはなく先頭をゲットしたかと思ったら、店頭のウェイティングシートには1組2名の名前が記されていた。私もその後に名前を記入してから外待ちイスに座りオープンを待つ。すると続々と若者のグループが並びに始めると、定刻には15名を越す行列となっていた。

その間に店頭のメニューや昨晩の情報を照らし合わせて品定めをしておく。普段は限定メニューを避けているがメニューの筆頭にある、1日限定10食の鶏そばが気になったので旅の勢いも借りて限定狙いに決めた。

定刻になると女性スタッフさんの誘導で店内に入った。券売機はなく卓上メニューからの口頭注文システムだ。グラスにお冷やを入れてオーダーの順番を待っていると、先客が私の狙っている限定メニューを注文した。すると女性スタッフさんが「それ今日はお休みしてます」と、なんとも素っ気ない返答。それを聞いて急遽、選び直したのがシンプルそうな中華そばの醤油味にした。好物の味玉だけは追加をお願いした。

店内を見渡すと既に調理場内では後客のオーダーを見越して、つけ麺用の太麺を茹で始めているのを見ると、つけ麺需要の方が多いのだろう。店内には至る所にメニューやウンチクなどが貼られている。テーブル席が多い客席の入口近くの6名席には高校生の7人グループが窮屈そうに肩を寄せている。全員が「モツつけの大」と注文していたが、牛モツ入りとは珍しいが胃もたれしそうだ。しかも大盛りとは若い胃袋がうらやましい限りだ。そんな活気に満ちた店内を四人体制で回している。スタッフお揃いの赤いポロシャツのユニホームに連携の良さを感じながら待つこと10分の 1st ロットにて我が杯が到着した。

その姿は双喜に龍の切立丼の中で馴染みのない顔立ちが、よそよそしく映った。それは私のイメージの中華そばよりは色素が淡く、表層には脂肪片が浮いていた。これが〝高知スタイルの中華そば〟なのかと思いながらレンゲを手にした。

まずは半濁した白茶色のスープをひとくち。見た目の濁りのせいか重たそうに見えるスープをレンゲですくってみると、思いのほかサラリとしている。いざ口に含むと、捉えどころのない味わいが口に広がる。鶏豚由来の旨みと鰹節主体の魚介出汁の旨みが主張する事なく一体となっている。スタート時点では穏やかな滑り出しに感じたが次第に余計な旨味が押し寄せてきた。ラードに混じった豚背脂が時折コクを与えながら旨みをふくらませる。カエシも優しい設定なので野菜出汁のような甘みが全体的な印象を後押しする。

麺は麺上げまでジャスト90秒の中細ストレート麺で馴染み深い麺質に見えて、持ち上げた箸先には密度の詰まった重みが伝わってくる。切刃のエッジまでは見てとれないがハリとコシはありそうな麺を啜り上げてみる。唇に触れた感覚は柔らかく力強さはないが舌の上を跳ねる弾力は強く、麺肌は柔らかいが芯の部分にはコシの強さを残してある。これ以上だと麺がダレてしまいそうなギリギリの茹で加減だ。麺自体の風味は強い方ではないと思うので、スープや薬味の力を借りて食べ進めた。

具材は豚肩ロースのレアチャーシューで、四国上陸後の二軒とも低温調理を採用されていた。ここまでの推測は、愛媛と高知の人は新しいものを受け入れる傾向にあるような気がしている。それに反して中国地方の人は昔ながらの伝統を重んじている気がし、それがラーメンの人気店に表れていると思った。ちなみに昨夜の女の子達は、高知県西部発祥の「鍋焼きラーメン」は食べないと言っていた。こちらのつけ麺も流行を取り入れた太麺のようなので、アンテナの感度が東京寄りだと思った。

追加した味玉は提供温度も温かく色合いも良かったが、熟成度では好みから外れていて残念だった。白身にはほんのりと味が浸みていたが、黄身自体は半熟たまごのままだった。

メンマはあまり見かる事のない平べったい板メンマだった。まるで板ガムのような幅広で極薄なメンマは、食感こそ物足りないが折りたたんで食べる事が出来るので食感不足も解消できた。味付けは程よくスープや麺の邪魔をせずにサポートしていた。

薬味はこちらも白ネギを使っていた。関東にいると当たり前のラーメンの薬味たが、中国地方遠征の瀬戸内海側では一度もお目見えしなかった薬味だ。しかし思い起こせば昨夜の鰹のタタキには青ネギが添えてあったので、高知の人はどちらも巧みに使い分けているのだろうか。昨夜の女の子の中に愛媛県の中の高知県境出身の子がいたが、その子の祖父母は〝ねぎ〟と言えば青ネギの事で、白ネギの事は〝東京ねぎ〟と呼んでるという興味深い話があった。それならば青ネギが主流なのだろうが、四国では白ネギが二軒続いた。

青みは不得手な水菜だったが、しっかりと下茹でされていた。今まで生の水菜は手抜きの青みだと思っていたので、茹で水菜への印象が変わった。しかし大きな役割は果たしてなく思った。

ご当地色が無かったのは自分のメニューのミスチョイスではあるが、それなりの評価としかならずに箸とレンゲを置いて店を後にした。

さて、ここまで来れば自然と次の目的地を探すのだが狙いは当然、残る四国の香川県と徳島県だ。どちらの県の方がアクセスが良いのか調べるために、ひとまず交通の拠点となる高知駅へと歩いて向かうことにした一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件