なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.120点
最終レビュー日 2019年10月16日
660 551 14 2,108
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油らーめん ¥650+味付玉子 ¥100」@麺屋 つるるの写真平日 晴天 10:20 待ちなし 後待ち12名

「ちゃるめ」「ちゅるり」「つるる」

謎の三段活用のような旅をしてみよう、と昨夜は大宮に宿をとった。

昨日に行った店の名前に感化されてRDBをザッピングしていると、語呂の良いコチラを発見。お店情報や皆さんの写真を見てみると、いかにも旨そうな気配がしている。しかし自宅からは、かなり遠いので移動時間を少しでも短縮するために前泊する事にした。

北関東遠征の拠点となりつつある大宮の夜を楽しんだが、今月だけでも二度目なので馴染みの店もできた。前回はラーメンの為だけに大宮に泊まっていると言うと不思議がられたが、その時のラーメンの写真からを見せると、今回はようやく信用してもらえたようだ。朝までコースの勢いだったが、翌朝のことを考えて残念ながらネオン街をあとにした。

朝は快調とは言えないまでも何とか目を覚ました。11時開店前の現着を狙うために午前9時前にはチェックアウトした。ひとまずは大宮駅から宇都宮線で久喜駅に向かう。そこからは東武線 有料特急 りょうもう5号に乗り換えれば最寄駅の足利市駅までトータル1時間ほどの道のりだ。自宅からだと倍近くはかかるので、前泊の価値があった。

無事に10時過ぎに足利市駅に着いた。ナビによると徒歩16分と近くはないが知らない街を歩いて向かう。足利市駅からJR足利駅に向けて渡良瀬川に架かる大きな橋を渡る。その先の日本最古の大学と言われる足利学校を横に見ながら進んで行くと「のどごしつるる」と書かれた白い看板が見えてきた。ご自宅の一階を店舗にした店先には大きな日除け暖簾が掛かっているが行列はない。さすがに開店40分も前に着いたので先頭をキープ。店頭に置かれたウェイティングシートに名前と人数を記入し、カーポート下の外待ちベンチで待つことにした。開店15分前くらいになると後列が現れるが、名前を記入すると駐車場の車に戻り、暖かい車内で待機している。寒空の下で待っているのは私だけで車のある人がうらやましく思えた。

少し切なくなっていると定刻になりオープン。気持ちを切り替え意気揚々とトップバッターとして入店。初訪問なので券売機の中から基本の醤油ラーメンに味玉追加のボタンを押して発券。カウンターに座り店内を見渡す。郊外ならではのテーブル席も多く設けられた店内を三人体制で回している。調理場に対面したカウンターに座ったが壁が高く調理する手元は見えないが、ご主人の動きから麺を手揉みする様子が分かった。

手打ち麺への期待が高まりながら待っていると着席して4分程の 1stロットで我が杯が到着した。黒塗りの受け皿の上に乗せられた青磁の高台丼の中の姿は、素朴ながらも繊細な仕事ぶりが見てとれる美しい顔立ち。特に薬味の印象が脳裏に焼きつく。今回は写真用にラーメンを覆い隠している大判の海苔をずらして撮影した。

そんな絶景を崩すのが勿体無いと思いつつも、まずはスープをひとくち。レンゲですくったスープと口元の距離が近づくのと比例して、魚介の香りが強くなってくる。それは鰹節由来の香りで、しっかりとした厚みを感じる。いざ口に含むと、その香りでイメージされたスープとは異なる旨みが広がった。鶏ガラスープの旨みが主体となり土台を作っている。つまりは香り役は鰹節の魚介系が演じ、旨み役は鶏ガラの動物系が演じているのだ。この清湯醤油スープの二大スターの共演が、丼という名のステージの上で繰り広げられている。舞台の袖には不必要な旨味成分も感じるのが残念だが、この価格設定ならば、オール天然素材のキャスティングとはいかないのも納得がいく。

カエシの醤油ダレは塩気よりも甘みが有するコクや、キレのある酸味を中心に構成されている。最近は塩分の強さでインパクトを強調するラーメンが多い中で、尻上がりに味をアジャストするのは店側にとっては勇気のいる事だと思う。もしかすれば、薄いとか味がないとも言われかねない。そこをあえて、優しく穏やかなスタートからコクや酸味を重ねていき、ピークに達するようなスープの設計図を書かれたご主人の技量の高さが感じられる。味こそ違うが組み立て方は懐石料理の上質な吸い地のようだった。

手揉み作業の様子から自家製と思われる麺は、平打ちのちぢれ麺。かなり強く押しつぶされた感じの薄刃の麺。薄くつぶされシャープなエッジが特徴的だ。麺上げまでジャスト60秒と平打ち麺にしては短い茹で時間も麺の薄さを物語っている。ランダムに縮れた麺を箸で持ち上げると思ったよりも軽やかに感じたので、加水やカンスイの量もさほどは多くないのかもしれない。そんな麺を一本だけ思い切り啜ってみた。唇の先を不規則な麺肌が通り過ぎるたびに震えるような口当たりが楽しい。唇を刺激しながら飛び込んできた麺は、屋号のままに〝つるる〟と喉の奥へと滑り落ちていく。讃岐の人が「うどんは飲み物」と言っていたが、まさに飲み物のように胃袋へと消えてしまった。ふた口目は数本を啜らずに口へと運んで味わってみた。一本一本が違う個性を持った麺は口の中を跳ねまわる。そんな暴れ麺を奥歯で噛みつぶすと、みっちりと詰まったグルテンの力で奥歯を押し返そうとする。負けじと力を入れて噛むと、つぶれた麺から小麦の甘みが弾ける。奥歯とグルテンのせめぎ合いから生まれた風味も、全ては計算された茹で加減が成せる業なのだろうか。これには麺を啜るスピードが加速し続けた。

具材のチャーシューも圧巻の一言。写真ではメンマや薬味に隠れているが、かなり大判な豚肩ロース焼豚で煮豚式。その大きさの上に厚切りにカットされている。単品トッピングでは250円となっていたが、デフォルトでそれが入ってラーメン一杯650円とは恐ろしい太っ腹だ。しかも味も抜群ときている。赤身の肉質を活かして引き締まりながらも解けていく繊維質の食感も素晴らしく、煮汁の味をしっかり取り込みながらも豚肉本来の旨みはきちんと残してある。一枚で十分に大満足できるので、逆に追加チャーシューを注文する人がいるのだろうかと要らぬ心配をしてしまった。

追加した味玉は醤油よりも出汁を浸み込ませたタイプ。個人的に好みの熟成感や濃厚な黄身の食感はないが、全体の邪魔をしないように控えめにしてある。しかし物足りなさを感じさせないのは出汁の旨みがあるからで追加した甲斐があった。

メンマは細切りのものが多めに添えてある。柔らかすぎないシャクシャクとした食感が麺との対比でアクセントとなってくれる。味付けも麻竹の香りを残す程度で薄味だが、噛み続けても味気なくならない具合がちょうど良い。

初見で最も印象に残ったのが薬味の白髪ねぎだった。ラーメン店の白髪ねぎといえば剛毛なものが多いと思っていたが、こちらの白髪ねぎはシャンプーのCMにでも出てきそうな繊細な毛質で驚いた。この細さに切れるのは、余程の技術がないと難しいはずだ。また、白ねぎの青い葉先の部分を織り交ぜている点にもセンスの高さが表れている。しっかりと水にさらされているので香りや辛味は感じないが、見た目と同じ繊細な食感には感動した。

白髪ネギからは不足気味に思えたネギの香りは他のネギが担当していた。スープに浮かんだ細かく刻まれた白ねぎが一手に香り役を担っていた。このネギの仕事ぶりも丁寧で、見事なまでに美しかった。

スープに浮かんでいた薬味が他にもう一つあった。最初は茶色いので焦がしネギかと思っていたが、香ばしい香りはしないので不思議に思っていた。中盤を越えると節系のスープの香りの一因となっているのが、この茶色い浮遊物である事にようやく気が付いた。それが鰹節の荒削りの欠片だったのだ。スープにも荒削りが使われているようなコクと酸味があるのにも納得できた。

語呂合わせだけで栃木県まで来てしまったが、新たなラーメンに出会えたことをうれしく思った。しかしこの喜びが、次なる試練を自身に課す事となってしまった一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン ¥750」@佐野青竹手打ちラーメン 大和の写真日曜日 10:45 先待ち40名 後待ち 20名以上

休日の早朝7時に自宅を出発し群馬県桐生市のらーめん芝浜を目指す。電車を乗り継ぎ最寄り駅前でタクシーを探すも見つからず20分近く歩いて店に向かう。遠くから看板が見えてきたが行列の様子がなく怪しい雰囲気。そこには扉に貼られた本日臨時休業の貼り紙。愕然とする。

仕方なく近所で店を探すも10時前で営業している店などあるはずもなく移動を決意する。もともと連食の予定だった佐野市のこちらに向かう。

開店前に到着したのだがすでに一回転分の整理券は配布済みで順番待ちの用紙に名前と人数を記入する。その用紙の順番で20人くらい待ち。

軒下に設けられた丸椅子に陣取りその時を待つ。入店前に注文を聞かれるスタイルで約40分程で入店。

店内はカウンターにテーブル席、それとお座敷もあり家族客も多く見受けられ一人で来ているのは私だけかも。

まもなく届いたラーメンは見るからにあっさりしてそうな顔立ち。

スープをひとくち飲んで後悔する。一番苦手な化学調味料の独特の甘味である。

スープをあきらめ麺をすする。多加水の平打ち麺でもっちりとしたコシとツルツルの喉越しでうまい。だけにスープが悔しい。このタイプの麺はやはりリサイクル箸だと滑って食べづらい。

豚バラ焼豚は柔らかく煮てあるが肉質も残ってて美味しく、濃いめの味付けの味玉もまずまず。しかしスープをひとくち目以降は飲んでないのだが化学調味料のせいで舌が痺れていてただでさえバカ舌が大バカ舌になって味の判断も自信がない。

朝からのハプニングで踏んだり蹴ったりの上に最寄り駅から帰りの上り列車は一時間に一本というバッドエンディングで幕が閉じる。

必ずや芝浜リベンジを誓う一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件