なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.120点
最終レビュー日 2019年10月16日
660 551 14 2,108
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば 小盛 うす口 ¥650」@ケンちゃんラーメンの写真日曜日 雨天 12:15 先客12名 後客8名

〝諸国麺遊記 東北編〟

「また、やっちまった...」

秋田のホテルで目が覚めると午前10時前になっていた。昨夜の計画では岩手 青森 秋田と周ってきた勢いのままに、山形と新潟の総合ランキング第1位の巡ろうと思っていたのだ。山形県の第1位が内陸部の南陽市にあるという事で、開店前の現着を目指すには早朝6時前に秋田駅を出発しなければいけないはずだった。しかし今回も人生初の秋田のネオン街の魔力に負けてしまい遅くまで呑んでしまった結果、気が付けば予定を大きく寝過ごしていた。

途方にくれる暇もなく慌ててチェックアウトして秋田駅の構内にて本日の再計画を立てる。山形県の内陸部に向かうには移動時間が5時間もかかるので諦めざるを得ない。山形県総合ランキング上位陣は内陸の山形市や天童市に多くあるので店探しに行き詰まった。そんな中で秋田と新潟を結ぶ路線上にある酒田のラーメン店が浮かび上がった。しかも山形ランキングの第2位の人気店の本店のようだ。藁にもすがる思いでお店情報やルートを調べてみると、日曜日も営業しており秋田駅からも1時間半ほどで行けると知り、本日の新たな目的地に決めた。

秋田駅からは偶然にも20分後に酒田に向かう始発列車があった。慌てて窓口でチケットを購入し車内販売がない事を確認すると缶ビールを二本買い込み、いよいよ出発の時を迎える。秋田駅 10:35発 特急いなほ8号 新潟行きにて人生初の酒田に向かった。

あいにく雨の日曜日で観光客も少ないのか乗客は7両編成で20名ほどしかいない。ほとんど貸切状態の列車で進んで行くと日本海が見えてきた。雨空の下の日本海の波しぶきには恐怖心すらおぼえる。何故だが分からないが昔から日本海が怖いのだ。それに加えて風力発電の大きな風車が回る姿も恐ろしいのだ。出来るだけ見ないようにカーテンを下ろして眠りにつく。

列車では寝過ごさないようにセットしておいたタイマーで起きると、そこはもう酒田駅だった。ルート検索では10分後にバスがあるのだが、小さな駅なのにバス停がバラバラに点在していて乗り場が分からない。とりあえず大きなバス停で待っていると反対車線に目的のバスが停まった。しかし向こう側に行くには離れた信号まで行かないと渡れない。仕方なく諦めて、もの寂しげにバスの方を見ていると運転手さんが待ってるから回って来なさいと手招きをくれた。なんて優しい運転手さんなんだろうと有難くバスに乗せてもらった。歩いて行くと20分はかかる道のりだったので本当に感謝しかない。バスの乗客が私だけだったので待ってくれたのかもしれないが本当に助かった。

バスで5分も進むと最寄りの、ゆたか町バス停で下車した。大型店舗が立ち並ぶ大通り沿いを外れて道を入って行くと、屋号の書かれた看板を見つけた。目の前の駐車場には多くの車が停まっているが行列はない。休日の昼時になったので覚悟していたが幸運にも並ばずに入店できた。雪国らしい二重扉を開けて店内に入ると、ほぼ満席だったが調理場側のカウンターが空いており、腰を下ろして壁に書かれたメニューに目をやる。

メニューは至ってシンプルで中華そばのみ。麺の量と味の濃淡、油の量をカスタマイズ出来るのがありがたい。隣りの席のおばさまが食べている小盛だったが十分な量に見えたので「小盛りのうす口」と女将さんに告げて店内を物色する。すりガラスの扉で調理場と客席が仕切られているので調理工程は非公開。店内の特徴は何と言っても、カレンダーの数の多さである。そう広くはない店内の壁には9枚ものカレンダーが所狭しと掛けられている。そんなにも必要なのかは不明だが、インパクトは圧巻である。そんな店内を本日は三人体制で回している。

セルフで水を入れてカウンターに戻ると我が杯が到着した。その姿は雷紋と龍が描かれた茄子紺の小さめの高台丼の中から溢れんばかりになみなみと盛られている。写真撮影のためにちょっと向きを変えようとしただけでスープをこぼして慌ててしまった。しかしながら素朴で親しみやすい表情が気持ちを落ち着かせてくれる。

まずは肉桂色のスープをひとくち。油の量は普通にしたのだが、ほとんど油膜が張ってない液面にレンゲを沈めてみる。店内に立ち込めた煮干しと醤油の香りを、より凝縮させた香りがスープから漂ってくる。少しだけ霞んだスープは清流のようや爽やかな印象を与えている。口に含むと外連味のない見た目と同じ素朴さが滋味となってあふれている。沸かさないように炊かれた煮干し出汁ならではのエグ味のない上品なスープに仕上がっている。うす口にしたせいもあるとは思うが、カエシも非常に穏やかで喉を刺すような刺激は全くない。私にとっては塩分バランスの優れたスープだが、旨味の底上げも若干感じるのはマイナス材料。

一番の特徴でもある麺は、自家製平打ちぢれ麺。〝酒田のひねり王子〟である事は間違いない堂々たるひねりっぷりだ。箸で持ち上げてみるとランダムなひねりが手打ち感を物語る。スープの飛び散りなど躊躇せずに一気に啜りあげてみると、不規則な口当たりに口の中が喜んでいる。滑らかな麺肌を奥歯で捉えようとするも、口中を暴れまわる麺に手こずりはするが、麺を嚙みつぶした瞬間にあふれる小麦の香りと甘みがたまらない。この甘みとスープの塩気が重なりあう作業が楽しくて箸が止まらない。

具材のチャーシューは部位違いで二種類。脂身のない豚モモ肉は堅すぎるくらいの食感だが、肉を喰らう本能が呼び起こされるようで悪くはない。脂身の無さを補うのが豚肩ロースのチャーシューで、ほどけるような歯ざわりで応えてくれる。どちらも肉本来の旨みには乏しいが、食感としては無くてはならない存在のチャーシューだ。

大量の細メンマは手作り感があふれメンマ愛を感じる。乾燥メンマならではの発酵臭があるので香りと食感の両方でアクセントとなっている。単体で食べても良し、麺と絡めて食べても良しの名脇役。

薬味は白ネギが何気なく盛られている。初動では辛味で存在感を発揮し、中盤からは熱変化で甘みがとなってスープに風味を加える。またシャキッとした食感でもスープや麺との共演を果たしている。玉ねぎとは違ったアクセントになっている。

海苔はしっかりとした歯ざわりを優先した海苔選びをされているのだろう。香りや口溶けは良くないが、ハッキリとした存在感を口の中に残していく。寿司屋の巻物などにも適した海苔を選ばれている。

やはり小盛でも十分な麺量で、ちょうど良い感じで平らげられた。スープは旨味が気になったので残したが過度な量ではなかったのだ満足でレンゲを置いた。

本日は計画通りにはいかなかったが「ケンチャンラーメン」の本店参りを出来たことは大変うれしく思いながら店を後にしたが、帰りのバスまでは一時間以上もあるので雨の中を歩いて酒田駅に戻ることになった。ここまで来たら、次は新潟県総合ランキング第1位への訪問意欲が湧いてきた一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件