なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

トンゴ氏投薬中

男性 - 千葉県 (1958年生まれ)

こんにちは。難しいことは解らないバカ舌おぢさんです。なので蘊蓄は語れません。ラーメンを取り巻くバックグラウンドも味のうちと感じておりますので、内容はそっち寄りです。行動範囲が狭くほぼ千葉県のお店ですが、暇潰しに読んでいただけると幸いです。宜しくお願い致します。

平均点 80.570点
最終レビュー日 2019年10月19日
251 158 1 1,647
レビュー 店舗 スキ いいね

「油そば」@麺や ふくろうの写真ライブラリー一掃シリーズ「実は汁なしを食べていた」件。
この日も麺友さんとヘロヘロになるまで飲み、ほぼ立ち寝状態。中〆で店主さんの御厚意で「ラーメン屋さんの賄いカレー」を頂き、その絶品さに更にウーロンハイが加速されてしまいました。今度こそ本当に〆で表記メニューをお願いしましょう。
おとなしめの麺顔。やはり汁そばと比べるとボリューム感の無さは否めず、各店主さんの工夫のしどころでしょうね。色彩的にも単調に成りがちなので何か差し色があると彩りが増すかもですね。自家製の中太麺は汁そばの時のイメージとは違いもっちりとした食感が良く、タレの絡み具合も抜群です。トッピングも美味しくそのまま食べても良し、崩して混ぜ混ぜして食べても良しの楽しみ倍増です。お腹に余裕があればライスをドボンして美味しさ3倍増で楽しめますね。汁なしも捨てたもんぢゃ無いと再認識出来た一杯でした。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「台湾まぜそば·追い飯付き」@徳福 八幡店の写真こともあろうに再び私が汁なしを頼んでいる、、、。実はリサーチしてこれを食らいに行っちゃぃました。初訪のお店にも関わらずデフォのラーメンには目もくれず決め打ちでボチッとな。暗めの店内には厨房に男性1名、ホールには昔のお姉さん1名の布陣。お姉さんにチケットを渡すと「大盛りで良いですね」と言われ、思わず「は、はい」。大盛りなんて頼んだことないし追い飯も付いている、ヤバイ食えないかも~(-_-;)
先ずは生卵が届きました。2つまでは無料のようです。メニューを眺めながら待つこと暫し、お姉さんの手より着丼しました。ボリューム感はさほど無くちょっと安心。玉子は乗っていないので玉子ポケットを作り先程の玉子のキミだけをとろんと投下。良い感じのビジュアルになりましたね。具材は肉味噌、メンマ、ネギ、ニラ、魚粉、もみ海苔、ニンニクのラインナップ。まずは混ぜずに麺とタレだけでいただいてみましょう。甘じょっぱく濃い口で香ばしいタレともちもちの太ウェーブ麺がナイスコラボ。どえりゃーうみやゃーでのー。混ぜ混ぜして食べ進めると、具材達の主張は謙虚に控えられ渾然一体となりながらも、混ざりきれぬ部分ではにわかにそれぞれの顔を見せ楽しませてくれます。卓上の徳福辣油でピリッと味変して、麺をフィニッシュ。残りダレに追い飯をドボンし玉子2号を投下。秘伝の玉掛けダレで味を整えて一気にかきこみ完食です。心配していた量も、二郎の麺半分で鍛えたこの胃袋にはなんてことありませんでした(笑)
プチ資本系の鎖店でメニュー的にも節操の無さが垣間見えましたが、混ぜそばビギナーの私には十二分に満足の行くものでした。きっとラーメンも美味しいんでしょうね。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし坦々麺」@豚粉屋の写真こともあろうに私が汁なしを頼んでいる!これは竹岡式を捨てて汁なしに魂を売ったあの人の悪い影響なのだろうか!? というのは冗談で、最近マツコの番組で特集されてから台湾混ぜそばに俄然興味が湧いてしまったのですが、提供しているお店が近所では見つからず取り敢えず表記メニューから攻めてみようとあいなりました。これでこちらの麺類は全制覇です。3種類ですが、、、
まずは餃子5個と好きな飲み物で500円のハッピーセットでスタート。手作り餃子がめちゃくちゃ旨い。セットは一回限りなので、春巻とハイボールおかわりをします。ついでにもう一杯ハイボール! ではそろそろ本題に。
初めて御対麺する汁なし坦々麺なので他と比較することも出来ず、こういうものなかと納得。着丼と同時に花椒がふわーっと香ります。辛味噌、ネギ、ピーナツ、白髪ネギ、糸唐辛子、タレが一回しされ、一味でパラパラっと色付けされています。早速天地返し混ぜ混ぜして頂きます。基本的な味は汁坦々麺と同じですが、辛味は控え目でタレの旨味がダイレクトに伝わって来ますね。細い縮れ麺も絡まることなく欲しい分だけ箸に着いてきてくれて食べやすく、あっという間に完食です。
私が居る間に麺屋さんや肉屋さんが配達にやって来てました。流れで仕入れ先の事から話が膨らみ、色々なお話を聞かせて頂きました。聞けば聞くほど頑張って欲しいなぁっという気持ちになって来ます。応援してますよ。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】冷やしジャジャ麺」@らーめんコジマル 東金店の写真食わず嫌い克服シリーズVo.5
平日、昼の部開店10分前に到着PP。定刻にオープンしました。オーナーさん、厨房男子1名、モエキュンちゃんの3名体制。限定の「煮干し油そば」を狙って来たのですが、勘違いしていまして『本店』だけの提供でした。ならば『東金店』限定の表題メニューをポチッとして、麺少な目、ニンニク普通をモエキュンちゃんに伝えカウンターの端っこに着きます。最近はやっと混ぜそばを抵抗なく食べられるようになって来ました。食わず嫌いの順位は 冷やし〉つけ麺〉混ぜそば〉ラーメンとなってます。今日は1番の難敵「冷やし」に意図せずとも挑戦する運びとなってしまいました。先日麺友さんの冷汁そばのスープを一口味見させていただきましたが、はいっオッケーですごちそうさまー(^_^;) 今日の一杯は冷たいと言えどもなみなみのスープか無いので何とか渡り合えそうな気がします。
おーっ、なかなかの面構えですね。タマタマになった辛味噌の存在感が半端ないですね。たっぷりのネギ、水菜、卵黄、豚のラインナップ。ユーチューバーユウタ店長の指南通り迷うことなく全部混ぜ混ぜして行きます。下に沈んでいる濃い口の醤油ダレも合えながら混ぜ混ぜ。満遍なく辛味噌が行き渡ったところで麺を引っ張りあげ頬張ると、ウマー。言わずものがなの美味しさの自家製極太平打ち麺に絡み付く味噌の辛味、タレのしょっぱ旨を卵黄がマイルドにシフトし野菜でシャキッと口直し。豚も又神豚級、説明不要の美味しさ。一気に食べ進め後半タレの濃さを若干重く感じて来たので、割スープをお願いしてしまいました。冷やしに熱々の割スープ!? オーナーさんも想定外だったらしく目が点。良いんです。私流の冷やしの攻略法です。勿論、完食完飲満腹満足。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「ブタメン(小)+ブタマシ」@恵比寿ブタメンの写真食わず嫌い克服シリーズVo.4プラス一週回って再訪シリーズ。
先日時間切れでふられてしまいリベンジに伺いました。平日の11時過ぎ、半分弱の入りです。前回訪問時にもいらっしゃったちょっと怖そうな店長さんらしき方とホールさんの女性2オペ。趣向を凝らした面白そうなメニューが沢山増えていました。「ペペロンチーノブタメン」「坦々ブタメン」「ソースブタメン」「琉球塩ブタメン」「トムヤムブタメン」「カリーブタメン」「コチュブタメン」これは楽しそうだ。久しぶりだったので変化球は次回のお楽しみにしてデフォをポチッ。小150gと中200gが同料金でしたが、己の胃袋を鑑み(小)、ニンニクでお願いします。その代わり前回美味しかった記憶のあるブタマシ二枚もポチッ。少し待って着丼です。麺が少なく、スープも少しなのでビジュアル的にはインパクトはありませんね。前回はJ系フレーバーをかなり感じましたが、今日は微妙な感じです。混ぜそばと言っても熱いスープが丼の半分程注がれ、麺も熱いので汁の少ない濃いめラーメンみたいです。混ぜそばの定義は分かりませんが、もっとべたっとしていてソース焼きそば位の水分量をイメージしていました。スープに絡める、と言うよりは浸して麺をいただきます。少し焦げを感じる香ばしいスープと太ウェーブ麺が良い具合に混じり合い、ニンニクを溶かし込んで行くほどに旨味も増して行きます。間に野菜を挟みバランスを取りながら食べ進めます。豚はこんなだったかなぁ? 厚みは1.5センチ位で小さめのバラの角煮タイプです。程よく煮込めれ程度な歯応え、旨味が抜群です。しかしブタマシ2枚250円、ブタメン750円=1000円はきついですね。どうしても二郎基準に考えてしまう習性になっているので、、笑。固形物を完食後、スープを啜るとスープ割するほどの濃さではありません。非乳化濃口醤油スープにチャッチャされた背脂のあっさり麺でした。多量の背脂を投入せず甘味、旨味、滑りによるジャンクさを敢えて組み込まないのが狙いなのか分かりませんがこの系統としての脆弱さは否めませんね。等と言いながら完食、完飲です。お腹にも優しそうですね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】キリッとピリ辛·担々混ぜそば」@らーめんコジマルの写真食わず嫌い克服シリーズVo.3
本業が好調だったのでお裾分けを持ってコジマルさんへ。
今まで混ぜそばのメニューには目もくれなかったので、何を頼んで良いのか分からない。 G系、台湾、RED、和風、ちーず、レギュラーでこんなにあるんですね。茂原市民は混ぜそば好きなのか! 券売機の前で悩んでいると、「僕にしか作れない限定ありますよ~」と店主さんから天使の声。今朝、オーナーの気まぐれ限定あるよーとツイートしていたらしい。チェックしていなかってので声をかけてもらい助かりました。早速限定ボタンをポチッ。お兄さんに渡します。えっ、え"ーーお兄さんかーい! おっと失礼しました。
着丼した混ぜそばは野菜たっぷりのヘルシーな面持ち。私が第1号らしい。青菜、ニラ、ネギがかなりの量です。あまりの野菜の多さになかなか麺までたどり着けません。想像よりあっさりめのタレに絡められた広目の平打ち麺の美味しいこと。インスパ系では断トツの旨さですね。食べ進めると醤油の旨さ、辣油の辛さ、花椒の痺れが徐々に効いてきます。暖かいスープが3分の1程入っていてスープをレンゲですくって飲むことも出来るので、完全な汁無しとは違い初心者の私でもとても食べやすくズバズバいってしまいました。『恵比寿ブタメン』さんもこんな感じでしたね。豚さんは厚みもあり柔らかくジューシー、こちらもインスパ系ではトップクラスの美味しさですね。丼に残ったスープを名残惜しくすすりながらフィニッシュ。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】台湾混ぜそば」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真食わず嫌い克服シリーズVo.2
今日は13号師匠が主食としている、台湾混ぜそばにチャレンジです。まっ、結果この店ですが(汗)
前レポ同様綺麗な盛り付けは見るからに美味しそうですね。ワンオペ故、忙しい時間帯にまとめて出ると厳しいとのことですが、そんな風には見えない落ち着いた所作は安心感を与えてくれます。お店の方がテンパってるのを見ると凄く不安になりますものね。
程なく着丼です。トッピングは肉味噌、チーズ、紫玉ねぎ、チャーシュー、魚粉、ニンニク、青ネギ、てっぺんに卵黄のラインナップ。一気に全部混ぜると、味がごちゃごちゃになっちゃうので少しづつ崩しながら食べてねとの指南を受けスタートします。先ずは麺を引っ張り出すと、焦げ茶色の濃厚なタレか絡められ香ばしくもちっとして旨いこと。指南通りそれぞれの具材を楽しみながら少しずつ混ぜ混ぜし麺と一緒にいただきます。半分を過ぎた辺りで全混ぜして一気にフイニュシュです。
店主さんが絶対にやらないと言っていた、今流行りの昆布水つけ麺。常連さんの強引なリクエストで今日、限定で出しちゃってますね。私以外の方は大体注文してましたね。食わず嫌いも、作らず嫌いも駄目。結果を恐れずチャレンジすることが大切ですね。やってみて駄目だったらそこで反省しましょう。
と、今日も何か物足りない。そうだここはラーメン屋さんだ!ラーメンを食おう! やっぱり熱々スープのラーメン食べないと駄目なんだなぁ。前回遭難しそうになったので、今日は醤油ラーメン少なめを追加。今日も満腹、満足。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 13件

「【限定】オーメン」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真食わず嫌い克服シリーズVo.1
つけ麺·混ぜそば·冷やしの類いは殆ど食べません。何故ならラーメンが好きなのです。熱いスープが無いと駄目なんです。以前つけ麺はそこそこ食べましたし今も和え玉はたまにいただきますが、記憶にある中で混ぜそばは2杯·冷やしはゼロです。んな訳で取り敢えず混ぜそばから攻略して行きたいと思います。
先ずは手始めに毎年見送ってきた、初夏を知らせるメニュー「オーメン」から攻めまてみしょう。
ガラスの丼に、彩り豊かに散りばめられた食材達。見ただけで美味しいのが分かってしまいます。トップにはサルサソースがあしらわれ、そこからメキシカンな風味が。麺と共にコリッ、コリッ心地よい歯応えをもたらすフライドガーリック。贅沢なローストビーフ、スリラチャソースの煮こごり風ジュレが溶け出し味に変化をもたらします。更にチーズ、パクチー、バゲット達名脇役が飽きの来ないよう最後迄勤めてくれました。前記以外にも奇をてらった変化球が苦手な私ですが、あまりの美味しさにあさっり完食してしまい何か物足りない。ライスドボンするほどのスープ量ではなかったし、、 そうだここはラーメン屋さんだ!そうだラーメンを食おう!塩ラーメンを追加し今日も満腹(限界)、満足。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 13件

「【限定】釜玉swallow」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真合え玉なのですが余りに綺麗なのでアップさせていただきます。
Niboshi_sobaからの連食になります。当日のNiboshi_sobaはpure,bitterの区別がなくpure寄りの1メニューのみの提供でした。pure 狙いで来たのですが、通常よりも多くの煮干しを使用し出来もかなり良いという一杯をいただき満足した後のだめ押しでお願いしました。

なにやら和え玉で一悶着あったようですね。詳しくは分かりませんが、提供タイミングについて理解出来ていないお客さんが多いようでお店側が困惑しているようです。人気店になると普段はラーメンを食べないタベロガー達が話の種に行ってみようとなりますね。複雑なルールが分からないまま二郎に行くようなもんでしょう。来客が増えるのは有り難いが、いちいち対応するのも大変。お店にとっては痛し痒しですね。

極上脂たっぷりの豚。低加水麺。白髪ネギ。玉子。シャープなカエシ。
指南通りに混ぜ混ぜし豚を粉々に崩していただきます。店主さん狙いのジャンクさは私にとってはこの上ない上品さ。脂の甘さに玉子の円やかさが拍車をかけ、きっちり締められた麺に顎をくすぐられます。もし太麺であったら、ニンニクをぶちこみ、一味を山のように振りかけてジャンク化したでしょう。

このメニューにも一悶着あったそうで。この神脂を残した不届き者がいたそうです。素人お断り、メニューのご理解出来ないお客様お断りってな訳にもいきませんしね。客商売って難しいですね。店主さんご夫婦メンタルケアぬかりなくしてくださいね。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件