なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

トンゴ氏投薬中

男性 - 千葉県 (1958年生まれ)

こんにちは。難しいことは解らないバカ舌おぢさんです。なので蘊蓄は語れません。ラーメンを取り巻くバックグラウンドも味のうちと感じておりますので、内容はそっち寄りです。行動範囲が狭くほぼ千葉県のお店ですが、暇潰しに読んでいただけると幸いです。宜しくお願い致します。

平均点 80.600点
最終レビュー日 2019年10月23日
255 158 1 1,687
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮干し特製」@中華そば 富士鹿の写真連続レビュー恐縮です。
又々来てしまいました。素敵な選タクシー無いんですよ、このルートには。
土曜の昼時、前回同様わさわさファミリー主体の待ち客で溢れています。今日は友人がご馳走してくれると言うので特製プラス餃子もお願いしちゃいました。予想以下の待ち時間で案内され、予想を上回る早さで着丼しました。店頭に九十九里背黒·長崎いりこ·牛深サンマ節等の箱が積まれているので、ブレンドして使われているのでしょう。ガツンとは来ませんが優しい煮干しの香りに包まれます。もちっとした浅草開花楼の中太麺は、それ自体は美味しいのですがスープとのマッチングは今一かな。具材も美味しくいただき完食です。とその時餃子が着皿。お店で包んでいるので野菜のざく切りの食感が良く、ニンニクもはっきりとした家庭の餃子のようですなかなか美味しかったです。タイミングさえ良ければねぇ、、。
総じて美味しいのですが、都内の高家賃の一等地のお店のハイクオリティーな特製が1000円強で食べられることを考えるとこの地での1000円はどうかなぁ? 点数を付けるにあたって、どうしても相対的な評価基準がはたらいてしまいこの点数になってしまいました。でも又来ますよ。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「生姜煮干しソバ」@中華ソバ 篤々 TOKU-TOKUの写真8月14日(水)盆中日。盆休みは特に無く今日はたまの休日。大型の台風10号がお盆の日本列島を直撃予報、各地で災害の危険度が高まり心配です。関東からはまだ大分離れているのですが、その影響で晴れていたと思ったら突然の激しい風雨、朝からこんな状態です。洗濯物は取り込んで出掛けることとしました。
開店15分程前に店前のコイパにイン。記名し車で待機している間もどしゃ降りだったり晴れたりの繰り返し。狐の嫁入りって今はあまり使われない? オープンし名前を呼ばれた時には小雨のナイスタイミングで店主さんに挨拶し入店。表記メニューをポチッとしカウンターサード側奥に着座。瞬く間に満席、外待ち発生です。店主さんはヘッドフォン型の扇風機を首からかけ暑さ対策をしながら作業しています。最近導入したファン付きベストは濡れてしまうので仕込み時だけ使っているみたいですね。勿論お客さんにも涼を取ってもらう為に扇子を用意する粋な計らいにも余念がありません。
2ロットめで奥様より高台超しにラーメンが手渡されました。綺麗な麺だなぁー。うっとりしてしまいます。スープを一口飲んでみて、、、またうっとりしてしまいました。完成度高杉君。これは煮干しより好きかも。難しいことはよく解らないのですが、しじみの効果が大きいのでしょうか。控えめながらその存在感を際立たせる生姜の仕事も見事です。麺も具材も文句無しの出来栄えに息つくことなく完食、完飲。前レポで土居センセに触れましたが、店主さんには神田川センセばりの調理白衣にネクタイで厨房に立って頂きたいと思う程の格調高い逸品でした。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「煮干し中華そば(Hard )」@煮干中華そば のじじR 我孫子の写真一周回って再訪シリーズ。
オープン当初に数回訪れただけなので、3年半ぶりの訪問になります。当時より注目度は薄れて来たようですが、安定した人気を保っているようですね。
Normal,Easy,Hard.Hard裏ver,ex-Hard の中から真ん中辺のHardをポチッ。何となく美味しかった記憶はありますが、正直忘れています。数分で着丼した丼は高さがあり、開口部直径16センチ程の今時の白いやつです。この丼ホント萎えるわー。ぱっと見は良いんですが表面積が狭く麺顔を綺麗に彩るには向いていない。そして食べ辛い。洗う手間が掛かるらしい。等と器の文句ばかり言ってないでラーメンをいただきましょう。スープは見た目ほどドロッては無くさらりとしています。丸鶏、豚骨ベースに煮干しの旨味が加えられ、苦味·エグミもしっかりと主張されていて二ボラーにも満足の行く仕上がりかと思います。定番の細パツ麺も良い感じです。バラチャー、白髪ネギ、メンマ、刻み玉ねぎを麺と交えながら一気に完食。煮干し粉が残るようなざらつきもないスープもさらっと完飲。たまには来ないとね。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン」@煮干しだし醤油ラーメン 桂の写真新店初訪問です。
土曜日、開店間もなく到着しました。カウンターに空きが一つありそこに着くと、早速中待ちが発生。ラッキーでした。早くも行列店の仲間入りですね。早い時間だったので二件目も考慮し小ラーメンをチョイス、チャーハンは自粛しておきました。店主さんと女性2名の体制です。目の前の寸胴には煮干しやら、野菜やら、背アブラらやがグツグツではなく、沸騰手前の温度で煮込まれています。真ん中にザルが沈められていて、そこから澄んだスープをレードルを使わず行平鍋で目分量で丼へ注いで行きます。女性助手さんがトッピングをし銀盆に乗せられ着丼しました。メンマの上にチャーシューが乗っている「まるき」タイプの盛り付けですね。煮干しの風味溢れるスープは表層が多めのラードで覆われ、食べ終える迄熱々をキープしてくれます。綺麗な清湯とカエシの深さは「まるき」でも「大勝」でもなく「大勝軒北習志野店」に似ているように感じました。そしてこのラーメンには無くてはならない相棒の草村商店の中細縮れ麺。味は勿論雰囲気を作る上でも良い仕事をしてくれています。殆どの人が半チャンセットにして(セット商品ではありません)を食べていますね。次回は是非ともいただきたいと思います。店主さんが元気に声を出して気持ち良く送り出してくれました。私の中の煮干し2強『大勝軒北習志野店』『赤坂味一』に続き、本日こちらが加わり3強とあい成りました。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「淡麗煮干しそば」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真元々行動範囲が狭く、仕事柄出先での麺との出会いも無い。未食麺を求めて活動するバイタリティー、ラヲタ的好奇心も日毎に弱まって行く。レビュー店舗数を増やすが為の麺活に本末転倒では?と違和感を感じてもいました。そろそろ自分のスタイルに戻ろうか。自然と足の向くお気に入りの同じ店、同じメニューを何度もレビューして行ければ良いかな(前垢では松戸二郎ばっかりレポしてました)。勿論機会有れば未食麺もいただきレビューしたいと思っています。

閑話休題

んな訳で一発目は、既にここばっかりになっているお店(汗)
過去最高の極上煮干しを仕入れたとのツイートを見て早速訪問してみました。券売機のレギュラーメニューにホワイトボートの限定。限定だけで4種類もある。良くこれだけのメニュー数をこなせるものだと感心しながら待つこと数分で着丼しました。普段使っている煮干しの3倍近いお値段の高級品を使っているそうです。産地やら銘柄、乾物屋までも教えて頂き、だんだん奥が深くなり素人の私にはちょっと難しい部分まで及んで行きました。ウンウンと分かったふりをして啜ったスープの美味しいこと。苦味、エグミの全く無い優しくもしっかりした煮干しの薫りが広がります。控えめで甘味を押さえたカエシも絶妙です。スープが少なめに見えますが、スープの量、温度にも最適なバランス調整している拘りが見えます。トッピングも美味しくいただきましたが、素ラーメンでも満足出来そうな一杯でした。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 13件

「【期間限定】煮干鰮ラーメン」@麺割烹亀壱の写真6、7月は「煮干し強化月間」と称してレギュラーメニューのスープはオール煮干し化。そもそも「鰮」という字が読めませんでした。ググってみると「鰯」のことなんですね。この辺も店主さんの拘りかな?
毎度のキンミヤ抹茶割りを美味しいあてでいただいて〆のラーメンです。
醤油の色濃い清湯スープ。煮干し感はそれほど強くはありません。鶏を使うとどうしても、鶏〉煮干しの力関係になってしまうので、下支えには豚を使っているそうです。麺はなんと麺屋棣鄂の平打ちピロピロ麺。背脂の絡み、スープとの相性の良さから決めたそうです。素材の違いこそあれ、スープはやはり店主さんの作り出す何時もの風味に溢れていますね。ダクトから排出された香り、スープの風味、壁に染み込んだ匂い。色々な物からお店それぞれの独特な匂いを感じ取ることが出来ますね。それらが顕著に現れるのは、出汁でもスープでも麺でも無く、タレなんだそうです。これを聞いて目から鱗。店主さんの拘りの沢山詰まった一杯をいただき、今日も満腹、満足。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件

「濃厚ラーメン」@麺処しろの写真一周回って再訪シリーズ。1年3ヶ月ぶりの訪問です。
新規オープン当初は並びも多かったですが、大分落ち着いたようですんなり入店できました。加えて券売機トラブル、人手の問題で一旦お休みか営業時間短縮でしのぐという前途多難な船出となったような記憶があります。間違っていたらご免なさい。当時冬場ということもあって、全面ガラス貼りのお店は結露で中が全く見えない状態でした。今はオールスケルトンのオサレな雰囲気。夏場はブラインドがあるのかな?
平日夜の部PPで入店、券売機で表記メニューをポチッ。入口、出口が別の店内一方通行は変わらずでした。元一之江のアニキのワンオペです。
着丼したラーメンは以前とほぼ同様の麺顔。リニューアルされた、と言ってもずいぶん前なので又変わって来てるとは思いますが、私の駄舌の感覚では以前と同様な味わい。トロサラ白湯に煮干しがきつめに効いています。麺、具材も美味しいのですが、これといったアピールポイントが見当たりませんね。1年以上愚直にデフォで勝負して来たのですから、そろそろ限定なんてのも良いんぢゃないですか。あっ、既にやってたらご免なさい。
どんな商売でもそうですが、独立した時点で職人から商人に代わなければならないと思います。自分のお店を繁盛させる総合プロデューサーですね。私の地元では商才に長けてい方の1人勝ちですよ。頑張りましょう。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】煮干し中華そば」@4代目松屋食堂の写真少し前の限定です。
ニボラーではありませんが、セメント系よりは清湯の煮干しは結構好きです。オーソドックス系では「赤坂味一」、「大勝軒北習志野店」が二大巨頭。ニユーカマーでは「零一弐三」等が私の少ない経験店舗でのお気に入りです。

閑話休題

キャッチフレーズは「奇をてらわない王道の煮干し中華、毎日食べたい味を狙いました」。 だとー! 旨くて毎食食えるやないかーい!
長崎アゴ、伊吹イリコにつくば茜鶏を合わせたスープ。私には良く分かりませんが拘りの食材らしい。いつもとちょいとテイストの違う、お店としては意外な起用のパツ麺が旨い。既レポの「煮干しらぁめん」とは全くの別物でした。店主さんの引き出し多さに驚いた一杯でしたが、セメントは止めときましょうね。頂き物らしい高さのある口の狭い今風の丼に変わってしまったのは残念至極(>_<)

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 8件

「煮干しソバ」@中華ソバ 篤々 TOKU-TOKUの写真一周回って再訪シリーズ。
普段は自分の動線上(若干の逸脱はありますが)、他の目的があっての移動先近辺、と非常に狭小なエリアで消極的らー活を行っています。ラーメンを主目的として動くことはほぼ無く、故に何時も同じお店ばかりです。こちらも動線から外れていてなかなか再訪出来ずにいましたが、今日はポッカリ時間が空いてしまい他に何も出来ないのでラーメンをいただく為だけの攻めの活動をしてみました笑。近いけど(汗)

閑話休題

おそらく2年ぶり以上の御対麺です。きちんと畳まれた麺。綺麗な麺顔ですね。濃厚全盛にあってここまで澄んだ清湯煮干しは珍しく、有難いです。煮干し、醤油共に主張は控えめ。和食の土井センセが「出汁効かせ過ぎたらあかんよ」と仰ってた。和食出身の店主さんだからこそ出来うる技でしょう。卓上調味料には山椒とゆず酢。年中ジャンクなラーメンを食らっている自分とは対極なラインナップに心が洗われるようです。なのに完飲。

店主さんご夫婦共々かなりのオーバーワークの日々とのことです。似形態のお店では、休日を増やしたり営業時間を短縮している所もあるようです。素人の私が口を出す事ではありませんが、お身体を壊さぬようご自愛下さい。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「ドロニボラーメン+刻み玉ねぎ」@ラーメン豚極有の写真オープン初日に二郎系をいてだいてから1年4ヶ月ぶりの訪問です。その日は店主さんの愛想も良くラーメンも美味しくいただけました。
最近煮干しも復活したようで、ツイッター限定の表記メニュー決め打ちで来ました。待ちは無くカウンターの空き席に座り目の前のトレーに代金を置き待ちます。私は以外は二郎系を皆注文していますね。すると女性1人客が入店しドロニボつけ麺を注文しました。ドロニボつけ麺とドロニボラーメンを変則的に提供ツイートしているので、きっと勘違いしたのでしょう。店主さん「お土産しかありません」。女性客無言、、ドギマギ、、二郎系小ラーメンを注文。 愛想は悪くても「つけ麺はありませんが、ラーメンはできますよ」的なビジネストークはあっても良かったのでは。

ここからは、店員さんの人柄等の偏見無しの純粋な味レポです。笑
黒褐色のスープは移転前の『ウズマサ』でいただいたつけ麺を彷彿させます。強烈なニボ臭ととろみ。これに甘みと節が効いていたら絶対ダメなヤツ。一口でご免なさいしていたでしょう。まっ、それがなかったので完食しましたよ。二郎系をいただいた時には美味しく感じた平打ち太麺は密度が薄く旨味も少ない。スープともマッチしていませんね。リニューアル前の清湯の中華そばは、あんなに美味しかったのに、、、 かっての若き天才ラーメン職人 迷走中かな? 頑張って下さいね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件