なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.276点
最終レビュー日 2019年10月22日
3,915 2,441 13 23,658
レビュー 店舗 スキ いいね

「キリンラガービール中瓶 → 五目チャーシュー油そば」@中華そば みたかの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/22/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/fviVE6NVWCw

<It’s my basis ・・・中華そば みたか>
 
 実に久しぶりにマイ・ベース店舗「中華そば みたか」にやってまいりました。いえねー・・・朝から夜まで一口も飯を食うタイミングがなく、気持ちも緊張感あったからずっと凌げたんだけど、帰宅時には流石にダウン寸前。こういう時って、何が一番食べたいか!って素直に思ったり感じたりする訳で、自分の心に耳を傾ければ、ここに来てたって感覚です。それほど・・・It’s my basis ・・・中華そば みたか。
 
 
 この気持ちは、過去にこの店に対する愛情をまとめたので、もしご興味があれば覗いてみてください。
 
 【実録】 「中華そば みたか」という店!この愛が止まらないのでまとめてみた!
  https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/25/172911
 
 
 
 
 
<酒> キリンラガービール:昭和生まれのオッさんたちに大きく影響を与えた銘柄なのだ!
 
 この店ではビールを飲まずして過ごせないのです。そういう雰囲気ありあり。もちろん、ラーメンだけでも清々しく接客してくれますし気兼ねありません。この日は、スゲーツワモノ常連さん達がおられて、ビール瓶が10本は並んでたのが見てて笑えた!
 
 
 銘柄はキリンラガービール。スーパードライがヒットする前はトップブランドですよ。まさに昭和後期の名ブランド。これでビールの味を覚えたオヤジたちって結構居ると思うよ。まだ大学生の頃、親父のビールを勝手に飲んでて、一度喧嘩ごしに怒られたこともあったっけ(爆)。そりゃ・・・仕事から帰って楽しみにしてた冷えたビールを・・・全部オレが飲んでたんだから、そりゃ怒るぜ。今度の墓参りに重ねて詫びるつもり。
 
 
 
 
<全体> 令和の感覚では迫力が少ないかもだが・・・これは「昭和」感も味わうものなのだ!
 
 お?知らぬ間に若いスタフが加入してるね!。なかなか常連さんとも会話が弾んでるし、有望株なんじゃないですか!?。そんな頼もしい目線で新人君を眺めていたところで、今の店主から直々に配膳が完了です。それはこんな感じ。
 
 
 おおお!すごく昭和って感じしませんか?この麺顔。今回は半熟卵にしたんだが、固茹で玉子もOKだし、ピーマンが乗ってて、チャーシューが別にあるのにボンレスハムが乗っている。ピーマンとボンレスハムが、昭和の食卓って感じがいつもするのです。なので令和の今にあっては違和感とかノスタルジー感覚があるかもしれませんが、リアルに昭和を過ごしてきた記憶あるオヤジどもは、きっとこれ見て嬉し泣きすると思うのよね・・・・。しかも、こんな一杯をとても若い世代が切り盛りしてるって感じだから、思わず応援したくなるって感じです。
 
 
 
 
<タレ> 黄金比かと思われる醤油ダレ!油も多めで野菜の出汁も沁みるのだよ!
 
 タレがうまいよね。まさに醤油ダレって感じで、香味油もすでにタレ壺に溶けているような感覚。深く酌で掬い醤油濃いめの部分を丼に注いだところで、タレ壺の上澄みとして浮かぶ油の部分を掬って追加して垂らします。この仕草とバランス感がかなりの感覚的でして見ていていつもドキドキするよ。かっこいい!。醤油の風味を感じるコクもありながら塩気も伝える。そして油の余韻がどこかしら甘くも感じさせて、これまた憎い旨さだわ。白い粉(グルタミン酸)も塩気に結びつくが、やはり分かりやすい旨味という感じで広がります。
 
 
 油そばとは言え、多少のベーススープは入ってます。レンゲ3杯くらいだろうか・・・。そのため正確には汁なし系と言う割には、スープが多めです。そこに極細微塵のネギが溶けてゆくから、ネギの旨味と歯ごたえもプラスされる仕掛けです。実はこのベースのスープには、昆布類と葉野菜が半端なくエキスが溶けているので、実はとても健康的。白い粉で皆さん少し先入観あるようですが、しっかり健康的に作り込みされた一杯なのだとお伝えしたい!。
 
 
 
 
<麺> 「中華そば みたか」の代名詞!和蕎麦ライクなストレート麺は今日も健在なのだ!
 
 もう何度も伝えますが、この麺は唯一無二です。個人的には「和蕎麦ライク」と称してますが、表層のざらつき感や見栄えの灰褐色など、総合的に感じてもらいたい次第。もちろん歯応えも中華麺と和蕎麦の真ん中をゆくようで、ボソボソしていそうでグルテンの旨味も伝えるというバランスの逸品なのであります。
 
 
 ラーメンなら「麺カタメ」と指定すればその素性を素直に味わえるはず。また今回の私のように汁なし系として「油そばで!」とどのメニューでもアレンジを伝えると面白いかと。やはりどこか和蕎麦ライクな風合いは、汁なし系の方がしっかりと感じ取れると思う次第です。ボソボソ感が美味いと思うラーメンは、めったにお目にかかれませんぜ!。
 
 
 
 
<豚> これこそ昭和スタンス!昭和ノスタルジー!昭和スタイル!なチャーシューに違いない!
 
 昔・・・昭和ラーメンのチャーシューってこんなもんでしたよね!。スープ生成にすごく寄与したと思われる油の抜け具合。そこに少し塩気が残っているものの、醤油系のタレをかけたり、スープに浸したりして味をプラスするのがポイント。平成令和で爆発的に進化したトロトロチャーシューからすると実にクラシカルな味わいですが、オッさん世代には肉食ってるありがたさですよ!昭和の思い出としてフラッシュバックいたしましょうぞ!。
 
 
 ちなみに常連は、座ったらまず「ビールと豚!(チャーシュー)」と伝えてそれつまみ食って飲みながら長居する(爆)。2本程度中瓶を空けてからおもむろにラーメンを注文するのが、ここではかっこいいのです。麺半分でなんて伝えたりしてね。ラーメン屋でいかにラーメン食わずにカッコよく酔えるか・・・それがこの店での粋ってやつかもしれません。
 
 
 
 
<他トッピング> ハムとピーマンとクタクタもやし・・・牧歌的なトッピングに半熟卵が揺れる!
 
 こんなに意識してピーマン食うのは、近年ではこの店の五目そばでしかないかもしれません。子供の頃はよく食わされたが今となっては前向きで食ってるオレ。そしてボンレスハム?が入ってるのって嬉しくて泣ける。別にチャーシューの代用じゃないから、善意のトッピングですよ。ハムは好き!シルベスタ・スタローンのハム好きには負けるかもだが。
 
 
 またモヤシがクタクタで汁を吸い込んでいるからいいね。オレが作るモヤシ炒めはいつもこんな感じになるから、親しみも湧きます。そして半熟卵が嬉しいー。麺の茹でがまで同時進行で作ってくれますが、タイミング絶妙!。割りながらとろける卵黄で周囲と絡めながら堪能いたしました。
 
 
 
 
<割スープ> 目が合うだけで通じ合う!割りを告げるタイミング!
 
 最後は割スープ。お願いすると柄杓を伸ばしてくれて注いでくれるシステムです。もう最近だと目が合うだけで、柄杓を準備し始める感覚だよ(笑)。ただ、柄杓を伸ばして注いでくれるが、ストップのタイミングはこっちから告げないといけないので、忘れないように!。野菜と昆布が生きたベーススープだから、別に割の量が過ぎてもウェカムな旨さなのだが。
 
 
 
 総じまして「まさに三鷹の指定文化財的プレゼンス!受け継がれる喜び!」と言う感動。これは実に飽きませんなー・・・。ラーメンに限らず店全体が。消費税アップしたというのに、ラーメンは相変わらずワンコインの500円だし、オヤジどもだけでなく若い学生さんたちも実は重宝してる店。着実に受け継がれる文化的ラーメンに乾杯なのです!。ここは誰にでも激しくオススメ!。そんな応援を今後も続けてゆくとして・・・、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ゆらゆらと
   癒し求めて
   ビル地下に
 
 
 
   癒しのラーメン
   昭和の香り
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 50件

「生ビール中 → まぜそば(味噌)+豚のライスボール」@まぜそば専門店 シン・アジトの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/15/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/gZrR8lRixfM

<知らんかった・・・いつの間にか魂心家のふところに!?>
 
 新宿のアジトが、御茶ノ水へ移転してしまった・・・。個人的には残念でしてそして寂しい。まぁ好きなブランドでもあったし、寂しいばかり言ってても仕方がないので、ちょこっと様子見も兼ねて訪問してまいりました。場所は、JR御茶ノ水駅からすご近い所。「魂心家」という家系ラーメン屋の地下にあるって感じです。ゴソゴソと暗い階段を上り下りしますが、途中で頭打ちそうになるポイントあるから、みなさんお気をつけあそばせ。降りて行くといきなり券売機が現れ、そこから一気に店に飲み込まれるような店箱となっております。
 
 
 それにしても、このロケーションは単なる偶然だと思ってたんだが、わざわざ切られた領収書を見ると「魂心家」の名前で切ってあるじゃないか。あれー・・・提携関係あったんだー・・・って初めて知りましたよ。
 
 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ生中:これで290円なら大満足!近くにあったら入り浸る!
 
 まぜそばそっちのけで気に入ってしまった!。生中が290円ではないか!。鳥貴族真っ青!。最近ゴールデンタイムだったら200円そこそこでも飲めるけど、オールタイム290円のラーメン店は実に嬉しい!。近くにあったら入り浸るに違いありません。お通しサービスはトルティーヤ。これもなんとなく・・・崩せばまぜそばのトッピングにも活用できそう。冒頭から大変満足させてもらいました。
 
 
 
 
<全体> どことなくガッツリしていて、それとなくやっぱりスタイリッシュなまぜそば!
 
 おおお!何処と無く移転前の新宿時代からは少々ワイルドに感じるのは・・・豚肉のせいか?。しかし全体的なまとまりはハイセンスであり、やっぱりアジトらしいと言えばそんな感覚。ロッソとかビザソバ等、アジト名作のオーラ感はこれからといったところでしょうが、スープも新たに備わってメッセージ性は十分に伝わりますよ。それに味噌って取り組みも、このブランドにしては斬新だしねー。
 
 
 
<タレ> 白味噌の甘味が明日塩気も混じって食欲そそる!薬味も非常に相性良し!
 
 普段あまり味噌系を食わないけど、別に嫌いじゃないです。生まれの京都は正月雑煮は白味噌ですからねー・・・案外味噌は好きなんです。そんな郷愁をちょいと感じさせるのがこの味噌で、なんと「白味噌」仕立てとは知らなんだ!。ほほう・・・甘味でアレンジしてきますか!?。甘いタレって冒険だなと少し一歩引いて味わいはじめましたが、これがなんとグイグイと引き寄せるじゃないですか。甘味の中に香ばしさや塩気も少々感じて、途中から白味噌イメージすることなく食い進めてしまうオレです。
 
 
 全体的に少しブラックペッパーがかかってますが、これが白味噌と意外に合うんだがそれだけじゃないね。付属の辛味ソースで味変してしまえば一気に加速なんだろうが、それも味気ない。しばらく舐めては探って見ましたが、諦めてテーブルセットへ手を伸ばし、ペッパーとニンニクを少々プラスいたします。するとここでビビッと来ました!。ニンニクですよ!これが淡く予め溶けているようなイメージ。図らずも追加して感じたんですが・・・信憑性は保証しません。白味噌の甘味を損なうことなく、辛味への下支えとして浸透するニンニク風合い。個人的にはあと一押しでパルメザンチーズを振りかけたいところですが・・・。
 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所:強力粉「ファリーナ ダ サローネ」使用!まぜそばなのか!パスタなのか!?
 
 厨房内に山積みされた麺箱には、誇らしげな「KK 菅野製麺所」の文字。そしてパスタフレスカ専用の「ファリーナ ダ サローネ」使用ですってさ!。要するにパスタ用の粉ってことで以前にもそんな試みがあるから、東京ではあまりラーメン的には珍しくない気もします。ただ、ラーメンの他に趣味で手打ちパスタを作り、2台ほどパスタマシンを潰してきた私でして、パスタでも生パスタ用の粉は偶然チェックしてましたから、これはちょっとそそるよね!。浅草開化楼さんだけでなく、菅野製麺所さんもいろいろやってるんですな。
 
 
 これは加水が少なめなはずなんですが、非常に明るいモチモチ感を出します。粉自体は乾いたようで、それなりにまだ水分を保ってますから、マシンで強めにローラーかけるたびにジワジワと水分が滲み出して、麺板がきめ細かくなって行くんです。このあたりでグルテンが安定しだすんですが、あまり固すぎても勿体無いのでほどほどにするのがポイント。生パスタですから茹で上げ時間は短いんですが、案外茹で時間が長めにブレても耐えてくれるかも。
 
 
 噛むとヌチヌチとする反発とグルテンとタレとの絡みがいいですな。これは粉の甘さというよりモチモチヌチヌチとした反発とタレとの絡む状態の味わいが素晴らしい。タレとの一体感の旨さは格別!。ズボボボっとすすりあげるよりも、丁寧にワシワシと口の中へと運びたい。そして奥歯で潰してタレと合わせて味わいたいです。やはり美味いね・・・・まぜそばは。混ぜる作業って、実は調理最後のフライパンの混ぜ合わせと同じなのかと・・・改めて認識させられます。
 
 
 
 
<味変> 辛味ソース!辣油基調に香りの織り込み!やっぱり筋が一本通る旨さの展開!
 
 さて後半になって味変化ですが、辛味ソースが添えてありました。見るからに辣油系です。辣油と味噌はミスマッチなようで実は合いそうな雰囲気。南浦和での独身時代、スーパーの安売り食材を賢く使い切るには豚汁がとても活躍するのですが、さすがに毎日じゃ飽きます。なので味噌溶かしたり辣油も少し入れたりして、楽しく生活を凌いでおりましたわ!久しぶりに思い出した!(笑)。
 
 
 確かに汁なし系だとダイレクトに辛味が響きますが、これ結構マイルドな辛味です。よくよく見ると風味付けでいろいろ溶かされているようで、甲殻類のカケラかと期待したんですがあいにく細かすぎて不明。これを投入することにより、白味噌の甘味はかなり下火になりますが、味の下支えとしてはまだまだ生きてる。まぜそばに辣油は鉄板アイテムでして、これで一気に塩気が盛り上がりを見せ、爆食へと突き進みます。
 
 
 
 
<チャーシュー> トロトロ分厚い豚バラロール肉!脂身の揺らめきでハイテンション!
 
 美しいですよねー・・・豚バラ肉の層の分かれ目って。それがパラレルで褶曲されてロールしてる様なんて、どこかアイコン的で飽きません。タレ生成に貢献したかのような脂の適度な抜けがいい感じでトロトロ感丸出し。赤身の部分もそのエキスが染み込んでいるんですが、ザクリとした繊維の割れ目からは柔らかさを強く感じます。
 
 
 全体的に薄味でやっぱり柔らかくて食べやすいね。箸でも割れるぐらいで、肉厚なのを頬張りながら麺と野菜をかっ食らうのが痛快です。これは豚増したくなる。帰りがけに券売機で確認したら、豚増しボタンを発見!。次回からこれ必須です!
 
 
 
 
<野菜> キャベツや紫玉ねぎ・ベビーリーフなど華やかさとしっかり感で盛り立てる
 
 きっとハイセンスだと感じたのは野菜の見栄えと処理の美しさなんでしょう。キャベツともやしがベースですが、キャベツの方が多い!。それに色合いも美しい。そこに紫玉ねぎが加わり、オレンジ色したチーズ系のソースが振りかけられ、野菜としても味を引き立てます。細かくフライドオニオンがかかてるのもポイントで、これが香ばしくも甘い旨さ。薬味ネギもフツーに活躍しておりますが、ベビーリーフがこの中では存在感があり、柔らかくも青く甘い風合いがなんとも言えません。嗚呼華やかな野菜たち。
 
 
 
 
<スープ> 鰹出汁基調の醤油清湯!口休め的に楽しむ!?
 
 実は自分でもよく分からなかったのがスープ。醤油清湯で鰹エキスが効いがあっさりタイプです。これは口休め的に味わったり、最後の締め的に口をサッパリさせたりして完飲しました。ひょっとして時々、つけ麺風にお楽しみあれ?ということだったのか。それとも最後にまぜそばに入れてラーメン的に味わう設計だったのか。今回の汁なしはそれだけで、とても完成してたので敢えてそうしませんでしたがー。
 
 
 
 
<〆の飯> 豚のライスボール!ジューシーなシーチキンライスの様な気軽な旨さ!
 
 ランチタイムはサービスで「豚のライスボール」が希望により追加できます。チャーシューのカケラを集めてご飯に混ぜたようなイメージで、これ単体でも塩ふって食えば旨そう。これを麺丼を預けて入れてもらいます。味は、ジューシーなシーチキンライスの様な気軽な旨さ!ま、この〆め方は、旨さのテッパンですな。一口ライス程度じゃなくてしっかり食えた感あったし、ここまで含めてこの価格ならかなりオススメかかもしれません!。
 
 
 
 
 
 
 総じまして「旨さと楽しさ!気軽に食えるハイセンスまぜそば!」と言う感想。隠れ家的なロケーションが、いかにもアジトらしい存在感ですが、駅からガチ近いしラーメン激戦区御茶ノ水・神田界隈としても被らない味ジャンルかと。それに学生さんには受けやすいと思うし、オヤジ的には290円の生中ビールがとても魅力的。早くも限定や、これから出てくる油そばが多いに気になる!。ハイセンスまぜそばなら今ここが激しくオススメ!。そんな応援と今後に期待を寄せながら・・・、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   ひたひたと
   秋の訪れ
   染み入りて
 
 
 
   じわじわ旨し
   ビールとまぜそば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「特製汁なし中華そば+エビ辛し」@浜屋 五反田店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/07/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/UqHV3djvbXY

<何気に人気メニュー!浜屋の汁なし! in 五反田>
 
 10月になって消費税が上がっただけでなく、気温も上がったではないか!。季節外れの暑さで半袖のワイシャツがいつまでもタンスに仕舞えません。ちょっと五反田から更に都心に抜ける用事があって、まずは昼飯優先。頭に浮かんだ店が、久しぶりの「浜屋 五反田店」。ここは・・・・濃厚味噌が旨いだぜ!それ狙いで行ってみた。
 
 
 しかし駅から店までが軽く上り坂なのだった・・・。暑さも手伝って軽く汗をまた掻くとそれでもやっぱり濃厚味噌か?と自問自答しますよ。結局迷いつつ、券売機の前に立って一番ピンと来たボタンを押していた。一気に気分が変わって今回の「特製汁なし中華そば」となりました。それと名物の「エビ辛し」も追加ね!。
 
 
 
 
<全体> 二郎インスパイア級のヤサイ!炙りチャーシューの香ばしさと存在感!ガッツリお得メニュー!
 
 隣に小さいお子ちゃま連れの男性。なかなか元気な男の子だよ。しかもお父さんはスーツ姿でiPadで仕事しながら中華そば待ってるご様子だ。すごいなと単にお子ちゃまがじっとしてられるか心配だったんだが・・・・・。「お母さん早く元気になってほしいね」って会話が聞こえた。実は近くに大きな病院があって・・・小さいのにお母さんのお見舞い帰りの昼ごはんだったんだね。毎晩、お母さんがいない夜を辛抱して過ごしている幼児。それが分かった瞬間、涙腺が緩んでしまった。そんな温かい涙の一杯はこんな感じだ。
 
 
 おおお!前回同様・・・配膳時は全部食えるか?という恐れが脳裏に浮かびますな!。デフォルトの麺量が並でも200gどころではなく、ヤサイの盛りもガッツリ系のお店に匹敵かと!。しかしそういう趣向のお店ではなく、こってりだけでなくあっさりの汁系も、しっかり人気を博しております。何と言ってもヤサイと肉の炙りに注目してしまう。そして麺へタレへと目線が流れる。今回は特製ですが、デフォルトは720円。消費税アップで麺類のみ一律20円アップという対応でした。それでもお得感あるよね!。
 
 
 
 
<タレ> 油そばとは別物!?醤油の香り誘導しつつ・・・魚介の旨味が優しく溶けるコク甘風景!
 
 とても分かりにくいですが、ベースのタレは明らかに醤油色で、予めある程度麺に絡めてくれてます。そこで醤油味の油そばイメージの頭で食い始めてしまいそうになりますが、食い進めてゆくうちに醤油の塩気よりも甘味がしっとり広がり、円やかに感じるはず。トッピングにある鰹節の香りと旨味成分が甘さを誘う?。豚骨系の脂の甘味?かとも思ったのですが、これは魚介の旨味でしょうか。サラサラな豚骨醤油のイメージは吹き飛び、+魚介の落ち着き感が先行しはじめます。そこに色々トッピングの旨味が混じったり・・・特にヤサイの汁は淡く甘い風合いを残すので、時間経過と共に一層マイルドな味輪郭に変化するはずです。
 
 
 
 
<味変化> エビ辛し:この店では必須アイテム!やはりエビの存在感が辛さ的には大きい!
 
 そこで有効的なのは「エビ辛し」。+50円で、これは消費税アップしても価格据え置きです。唐辛子と辣油と海老エッセンスが凝縮したようなイメージ。これを振りかけるとっ見栄えも少しワイルドになって楽しいです。さて唐辛子も辣油もテーブルセットにあるのだが、やはりマネできない辛旨さ。タレにも浸透し溶けてゆくから、全体的に辛味が混じります。
 
 
 特に海老の風味が香ばしい!。辛さに旨味が加わって濃厚なタレでも深く好影響を及ぼす!。どちらかと言うとやや甘いめの味が続く中で、ボリュームも多いことから飽きそうになるなら、こいつを後追い注文でもいいから追加しましょう。甘さと辛さがぶつかり合うと言うより、高め合う旨さ!。エビ辛しでやや醤油感も引き出されるし、辛さはヤサイの淡さを引き締める。因みに、少し後になってエビ辛しが足らなくなったので、辣油でのばそうとしたが・・・ちょっと余計でした(笑)。
 
 
 
 
<麺> あつもりライクの熱々ヌチヌチ麺!太さの割にはしなやかさと甘み抜群!
 
 つけ麺と同じ麺だね。あつもり状態で熱々ヌツヌツヌチヌチと千切り頬張りながら食らうのが、醍醐味で楽しいね。全体的にはストレートイメージ。太麺と言い切っていい部類で、捩れが入り気味な分、ボコボコとした部分も多い。予めタレが混じってるから余計にトッピングを貼り付けます。鰹節が麺の温もりで周囲に香りを運ぶ~。ずぼぼぼって啜れそうだが、麺だけなら可能だが、やり過ぎると具だけ余って味が薄くなるかな?。なのでヤサイもろともワシワシと食らうスタイルになりますが、それがますますガッツリ系を彷彿とさせます。
 
 
 加水は中程度からやや高め。プツプツと小気味よく切れ込むが弾力的な千切り。奥歯のつぶしは密度感は中レベルで、明るく弾み潰れ方もややライト。非常に食いやすい。この感覚だとつけ麺だとどうイメージが変わるのだろうねー・・・引き締まったのも確かめてみたい。次回はつけ麺に決定ですな!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 直前ハンディーバーナー炙りで香ばしさと食感アップ!ビールに最高!
 
 デカい!。手のひらサイズで厚みは男性腕時計のベルト1.5~2枚分。それが2枚重ねられて片方がハンディーバーナーで炙られております。直前炙りなので、軽い焦げが非常に香ばしく歯応えもカリカリ。そして中はちょっとスカッとしており、浸されたタレの風合いが伝わってきます。これは確実にビールと一緒に食らいたいが今は平日昼だ!。
 
 
 ところでお隣の席のお子さんがお父さんに「何の肉ぅ~?」と聞く声が異様にかわゆく響くではないか・・・。お父さんは「何だろうねぇ~」って会話してたが、オジサンが代わりに「豚さんの肩ロースだよぉ~」と答えたくて仕方がなかった!。
 
 
 
 
<ヤサイ> まさにガッツリ麺のように麺もろともワシワシしながら食う喜び!
 
 やさいは、ほぼモヤシ。微妙にニンジンが混じっており、微妙にくたりはじめうようとする刹那の状態で旨い。味が付いてない上に、汁なしだから必然的に麺に絡めるしかない。麺の弾力感と、モヤシのシャキっとした感覚のあと、炭水化物はタレ旨味と合体し、後追いでモヤシの汁が馴染んで旨い。意外にモヤしがあるから、量があってもザクザクと一気に食えたかもしれません。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 塩味玉に近いあっさり感覚!美しいほどに蕩ける卵黄!
 
 丼の両端に両端に半分づつ配されたユニークな麺顔。卵黄のオレンジ色が艶めかしく、ひと昔まえのクルマのウィンカーランプのように煌びやかにも感じます。蕩け具合が素晴らしく、混ぜて食らうのが勿体ない。そのまま早々に味わいますが・・・塩味玉かと思うほど、非常にあっさり味。その分玉子の本来味が強いのだが、こちらは熟成したような濃厚さがあり、非常に見た目の美しさに匹敵する旨さ!。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「魚介甘味とエビ辛みの見事な融合!コスパも光るガッツリ汁なし in 五反田!」と言う感想。ランチタイムはいつも満席、店内待ちあたりまえなので、外出ついでなら時間読めないので余裕をもってね。素朴な清潔感あり、女性一人役もそこそこいらっしゃる気軽な雰囲気。スタフの対応も心地よし。五反田駅のちょっと外れにいいガッツリ汁なし有。激しくおススメ!。そんな応援と期待が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 そして早く、お母さんが退院できるといいね・・・
 
 
 
 
   秋空に
   季節外れの
   蒸し暑さ
 
 
 
   額に汗で
   汁なし旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「PREMIUM MALT'S → 味玉ABURASSO」@ドリルマンNERIMAの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/25/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/G1F1Qj7ZVrY

<冷やしの旅を終えたら・・・最近暑くなってきた(汗)>
 
 一度決めたことなので・・・そんなこんなで、冷やし中華の呪縛から逃れたある秋の日。開店直後からずーっと心のどこかで引っかかってたこの店「ドリルマンNERIMA」に来ることができました。何やのん!練馬駅からすぐそこですやん!。こりゃ並びそう!と思って警戒して来てみたら、店前一人待ち状態。ランチタイムの注目店としては少し不安を覚えましたが、入店してみると結構店箱がデカく、大勢の客を飲み込んでおりました。
 
 
 
 
<酒> プレミアムモルツ:気持ちの上では永チャンになりきって・・・
 
 飲むぜ!人生は短いものなんだから。今回はプレミアムモルツ!。プレモルと言えば矢沢の永ちゃんなんだが、令和元年で御年70歳!。すげーこんなカッコイイ70歳はいないよな。まだまだオレもヒヨコだよ・・・なーんて感じながら、永ちゃんになりきり、永ちゃんを目指してプレモルを飲み干して行きましょう。
  
 少ししてからサービスのアテが運ばれて来ました。定番のメンマと刻みネギに辣油を垂らしたもの。これだけでもあれば十分!。コクの深く厚いビールは最高でした!。
 
 
 
 
<全体> 実に肉を食わせるって感覚!バルでも出せる洋風感覚に美しさを併せ持つ風貌がいいね!
 
 おおお!まず肉に目が釘付け!香ばしさと温もりが見ただけで迫力として伝わる!。そして何気に盛り付けが美的センスもあってワイルド感とも調和した麺顔。隙間から覗ける麺の褐色もあって、ヨダレが一気に噴き出しそうになります。この感覚だったら。ちょいとしたバルでも出してもらえると嬉しいかも。具材はもちろん麺も含めて全てが酒のアテになる感覚でっせ!。
 
 
 
 
<タレ> 王道の醤油味にブラックペッパー風味!動物系100%の明るい脂の旨味でグイグイ食わせる!
 
 さてタレですが・・・見るからに醤油系。一見王道ですが、ブラックペッパーがそれなりに効いており洋風感高めるところなどは、珍々亭@武蔵境に代表される武蔵野系とは少し違う様子。また脂にすっきり感があり、これは鶏油メインではなさそう。例えば牛脂のような明るさも少し感じるラード感?。これなどは・・・一時期、油そばで関東エリアの評判を席巻した兎に角@松戸の豚骨感とも違ったイメージです。ともあれグイグイと動物系のコク旨さと、ペッパーの刺激。そして醤油の風味と塩気の軽やかさがベストバランスで、非常に食べやすい仕様となっております。
 
 
<薬味> ネギは3種類!食感と風味がよく計算されてると思うのだ!
 
 薬味は見るからに「ネギ」三昧。白ネギは細かく斜めカットされており、万能ネギも細かく小口切り。玉ねぎは辛味が少なく粗微塵されている。醤油ダレとねぎ類の相性も抜群で、玉ねぎは歯ごたえとして麺と絡んで貢献した後、汁はほとばしりタレに微妙に溶けて行きますな・・・。そのイメージは、タレの明るさに軽やかさが加わるような感覚で中々味風景の展開としてはテッパン的にうまい。白ネギはネギに張り付くか混ざってゆき、咀嚼の変化・・・つまり奥歯で麺を潰す刹那に感じるザクザク感とネギ汁の風味を楽しませてくれます。
  
 万能ネギは量も少なく、コチジャンの添え物的な扱い。むしろコチジャンの腰巾着みたいに全体に散らばって、醤油ダレの洋風テイストにピリッとしたオリエンタルな風を吹かせて行きます。
 
 
 
 
<味変化> グリーンタバスコ:醤油味を邪魔せず!脂の旨味に清涼感与える!
 
 配膳時にスタフさんがグリーンタバスコをお好みでと仰るから素直に従っちゃいました。醤油の和風とどこか洋風な脂エッセンスタレに・・・今度はメキシカンな風をチリッと吹かせてみましょう。これはいいよ!。辛さの中に清涼感を与えるような味の展開になり、ますますビールを欲してしまう味わいに変化!。オススメには素直に従うべきだと感心した次第です。
 
 
 
 
<麺> 麺風味とハードなもっちり感の塊!ボコボコしたフォルムが食感楽しさを膨らませる!
 
 麺はグルテンの風味感覚をしっかり伝えるタイプですね。つけ麺にも共通している中太捩れ麺。捩れの他にも不規則にボコボコしたところがあり、微妙に手揉み的な風合いを感じるフォルム。これはタレに絡みまくるタイプです。
  
 前歯で千切るとプツプツプツ・・・っとハードなテンピュールのような感覚。その際、グルテンの風味がじわじわと伝わるんだが、奥歯へ運んでプレスする。すると意外にもっちり感じてそのあとは麺の旨味を知りますよ。タレは絡んで少しだけ浸透している様子。微妙に残ったヌメりはタレと同化。炭水化物が唾液と化合して糖化したような旨味にタレの旨味が合体して味は昇華してゆきますよ。嗚呼・・・なぜかここでビールを飲みたくなる。すでに配膳時で飲み干してしまったわけだが(汗)。
 
 
 
 
<肉> 肩ロースとモモの2種部???炙りとロースとをそれぞれ楽しめる肉達!!!
 
 肉が美味い!こんなことならあと+130円で「特製」にしておくべきだったよ。2種のチャーシューをトッピングしてくれますが、一つは肩ロースで、脂身が適度に差していてしっとりきめ細かい赤身。そのバランスがとてもよい上に薄味あがらもタレの香ばしさを感じるものです。肉を咀嚼していると言うのに・・・それを遮るものがない歯ごたえ。肉食らって歯応えは立て板に水なのだよ!。
  
 もう片方は一見牛肉?と感じていたのだが、これは豚のもも肉なのか?。ほぼ赤身でそれでいてフカフカ!。肉に温かみが残っており、炙られたのか香りと温もりがよく伝わる!。ほぼサイコロ状にカットされており、このカット肉3粒だけで、茶碗飯一杯、またはハイボール一杯が、容易に胃袋に収まると言うものです。嗚呼・・・次は絶対に肉増しにしよう!。もし稚記事をご覧であったら、最初からそうしてよね!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 薄味の深い浸透感!ハードめな卵黄にふわふわな卵白!?
 
 肉に集中していたあまり・・・味玉の印象が薄くてごめんなさい。簡単に述べるとちょっと変わった印象。味わいとしてはとてもあっさりめな味わいだけど、風合いは全体的にマチュアな感覚。薄味が深く浸透していると言う感じだね。卵黄なんかややハードな茹で上げなんだがネットリ感もちょい強めです。そして一方の卵白だが・・・こちらは柔らかい。ふわふわの部分もあり、熱の通りかたとしては卵白の方が後なの???ってな感覚。もう一度確かめるためにもまた食いたい。だから次回は「特製ABURASSO」を食わねばならぬが・・・どうなるかは分からんっす。嗚呼!今回もやっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
<スープ割> 最後に軽く魚介エキスを滲ませる?味変化を起こすスープ割
 
 「つけそば」を食しても、「ABURASSO(油そば)」を食しても、配膳の際は「少し麺が残った段階でスープ割りも試してください」と伝えられます。右となりの「つけそば」おじさん・・・・聞いてなかったのか、麺を全部平らげてからスープ割りカモン状態。嗚呼なんだ・・・ずっとイヤホン付け食ってたのね。若い人だけじゃないんだこの時代・・・。
  
 元々油そばのスープ割りは、最後はラーメンとしても楽しんでください!と言う趣向。だからとっても楽しみ。スープ割りがないのがフツーなんだろうが、この味変化を楽しみたいですね。こちらは割りスープに魚介エキスが入っているのか、入れるとすごく馴染みある和やかさが広がります。単に味を薄くしたり濃ゆくしたりするタイプもありますが、この味変化球が楽しい!。お腹一杯でも負担にならないくらいの量ですから是非試してみて!。
 
 
 
 
 総じまして「これぞ酒に合う油そば!パスタ感覚と肉感覚で食らいつく満足汁なし系!」と言う感動。いやー休日という開放感に、実にフィットする一杯を楽しむことができました。さすがの名店系譜。汁なし系が苦手な方にこそ試してほしいオススメな一杯です。そしてそんな満足気に店を出た途端・・・驚いた!。店前の行列は道を挟んで長ーーーく伸びていた。食ったタイミングの良さにも感謝しながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ふわふわと
   麦酒の泡に
   空の雲
 
 
 
   ゆるい週末
   拉麺最高!
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「アサヒスーパードライ→いわしそば→いわし丼」@寿製麺よしかわ 保谷店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/23/000500
とまそんのYouTube: https://youtu.be/HiaUpFEExFU

<ビックニュース!地元近くに名店支店が出店!そら直ぐ行くがな!>
 
 初レビュアーは、バスさんが獲得されましたので・・・私は食べログの方で初投稿者をゲットさせていただきました・・・(汗)

 さてちょっと前の話。冷やし中華・冷やし系活動の終盤で、ちょっと別系統をつまみ食い!その日も、今日も都内で冷やし系を探して食うぞ!と思って、検索するためにラーメンデータベースをおもむろにアクセスします。するとトップページに「寿製麺よしかわ 保谷店」開店との情報が目に飛び込むから慌てたよ!。何ーーーー!しかも日曜休みで昼だけ営業やん!。今行くしかねーと思ってしまいました。冷やし中華探すのほったらかして、お店へ直行っす。しかもこの驚きとワクワクが自分でも抑えきれず、開店時間の相当前に到着。ちゃっかりポールポジション。
 
 待ってる間、入り口のガラスの隙間から券売機が覗けるんだけど、煮干わんたん麺と地鶏わんたん麺が看板メニューと知ります。しかも牡蠣そばもあるじゃないか。ずーっと悩んでたんだけど、自分の中では「いわしの店」なのよ。開店が早まって券売機の前に誘導された瞬間に決めたのは、券売機の中ではポールポジションと対極にある「にぼしそば」と「にぼし丼」。そしてビール!。
 
 後から知ったんだけど、この時の行列に相当ラーメン的に濃ゆい方々が入り混じっておられたらしく・・・全くご挨拶もできないで申し訳ございませんでした!。実は待ちながら・・・iPadで仕事してた(仕事とは言っても中身はカッコよくない)。
 
 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ中瓶:注ぐの下手(爆)アッチャーーー泡だらけ・・・
 
 相当興奮してたのかなオレ?。手が震えてた??自分としても稀に見る下手なビールの注ぎ方(爆)。めっちゃ泡だらけぇ〜〜〜。それでも美味しくいただけました。休日のビールってどうしてこんなに旨いのだ。引退して毎日が日曜日になったら、オレきっとアル中になっちゃいそうで今から怖いー。いわしが来るまでに全部飲み干してしまいそうでした。
 
 
 
 
<全体> この店オープン最初の客なオレ・・・いわしづくしで攻めてみた!
 
 それにしても・・・新規開店最初の客が、こんな「いわし」ばっかり注文するとは思わなんだろうな〜。ご店主としては、限定やメインの煮干系から食ってくれよと思ってるかな?。でもやっぱり私にとって「よしかわ」のすごいところは「いわし」でして、このブランドで、このメニューで、今更ながらこの歳でいわし開眼させられたのです。そんな麺顔はこんな感じ。
 
 おおお!いわしが実に艶やか!脂がのりきってるところに鮮度の良さを強く感じる身の色合い。すでに下味が軽く絡まってるのか、ピッカピカで眩しい程です。そしてボリュームもあるから嬉しい。ちゃっかりビールのアテとして食らわせてもらうが・・・トロトロの旨さ絶品であります。
 
 
 
 
<いわしそば> スッキリ&コク深い醤油は川越産?植物系の香味油と・・・いわしの脂が解けるのだ
 
 タレは醤油系でほぼ完全に麺に絡まってるので撮影は困難。玉ねぎがいわしと麺の間に挟まってるが、その色合いを見ると醤油の存在がわかると思います。とてもゆったりとした香味で塩気というより甘味の方をほんのりと感じるスタイル。確かこのブランドは埼玉の素材を推しているはずで、となると川越あたりの醤油?。いやー、スッキリしてるのにコクもある!・・・っても、それいわしの脂だったりして(笑)。ともあれいわしの味わいととっても相性がよく、隅々までなめ尽くしたくなる程です。
 
 また足された香味油が良いねー。軽やかで少し甘くも感じる植物系って感じで、いわしの脂に絡んでもまろやか。一層味を高める感じがありあり。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:クツクツ歯応えと風味の豊かさを瞬時に感じて・・・いわしの脂を吸い込む
 
 ちょっと加水低めで自然とクツクツと千切れる茹で加減。当然のように歯ごたえの後に、ふわっと小麦粉の風味を感じるのがいいね。完全にタレを吸い込み切らないところがポイントで、そこに段々といわしの脂が絡まり滑るという感覚です。多少ボソボソっていう感覚がいいね。脂で光るいわしの身に絡めて食うと、歯ごたえが一層コントラスト高まるので、複雑な歯ごたえにシンプルな美味しさが深まるかと!。
 
 またどうせなら玉ねぎとも絡めて食うとよろしいでしょう。玉ねぎのザクザクとした新たな歯ごたえが麺に楽しさを与え、そして甘い汁がこれまたいわしの脂によく合うよ!。
 
 
 
 
<味変化> 必ず「酢」を入れましょう!これやらないと損するよ!
 
 レモン酢がテーブルセットにありますから、これを後半でもいいから入れましょう。不思議だよねー・・・酢を入れるとタレを始め全体的に円やかになるのだから。よく豚骨魚介等でやる手段だけど、いわしの脂にも合うのだから必ずやっときましょう!この味変化アイテムを!。
 
 
 
 
<いわし丼> 飯にも相性抜群!少し醤油が効いた感じに飯の温もりでいわし脂が蕩ける
 
 いわしそばだけではやっぱり腹がふくれんので、サイドメニューの丼ものを!。だったら他の味を選べばいいものを、そこをあえて「いわし丼」でございます。やはり、よしかわのいわしを食べ尽くしたいという衝動にかられたもので(笑)。まさにイワシ三昧をさせてもらいました。
 
 
 正直言って、やっぱり・・・いわしの身ってご飯の上の方が似合うかな?。感覚的にしっくりくるというか。麺の方が玉ねぎが敷かれてましたが、丼の方は刻み海苔が散らばってる。そして飯にも同じような醤油タレがかかっており、下味はいわしと同様です。もうこれは説明不要の旨さかと!。海鮮丼のような華やかさはないけれど、ツウ好みの味わい。寿司屋でも大体、青魚系が好きなオレですから特にこの味わいは効くぅ〜!今日はDHAたくさん摂取!。
 
 
 
 総じまして「いわしの旨さを思い知るブランド:よしかわ!主役をくらう完璧バイプレイヤーいわしそば!」という感動。それにしても、こんなところと言っては失礼だが、よく開店してくれたよ!。いなげやの買い物ついでに寄る機会が増えるかも。早く夜営業も開始してほしいものです。次回訪問は、別のメインメニューを食らうつもり。・・・と思ってるけど、またいわし尽くしを食いそうなオレ。ともあれ9月に入って一番嬉しいニュース。今後も激しく応援です。そんな期待が高まったところで・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空蝉と
   月見が過ぎて
   いわし雲
 
 
 
   心そぞろに
   いわし三昧
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「冷やしまぜそば 大盛り」@楽観 武蔵小山の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/30/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/ceZX2r1C-x0

<まだまだ終わらんよオレの夏!オレの冷やし麺活! in 武蔵小山>
 
 楽観ブランドは、創業六本木時代からファン!。その後の発展は、関東ラヲタの方達なら、説明など必要ありますまい・・・。立川・青山と追いかけたけど、何かと武蔵小山を見逃しがち?。とある電車移動時間にTwitterでたまたま見つけて「冷やしまぜそば」があることを知り、ちゃっかり頭の中でブックマーク。絶好の機会を見つけ慌てて訪問してまいりました。
 
 
 
  
<全体> なかなか良く絡みを想像させる「ませそば」!食ってみるまで冷やしに見えないよね(笑)!
 
 おおお!美しい麺顔が得意な楽観・・・その汁なし系!。パーツが全体的にはストライプ感は影を潜め、ドット感が深い麺顔風景。放射状に区切り盛り立ててるが、チャーシューと玉ねぎのCubyな見栄えが存在感を占めてるようです。また水菜を始めとする野菜たちもかなり短めにカットされてるのが印象的。これは明らかに「まぜそば」。混ぜ易さを徹底的に追及したようだと感じとりましたよ!。つまり冷やし中華というイメージがあまりしない。あくまで「まぜそば」を冷やしたものという存在感ですな。
 
 
 
 
<タレ> 名作醤そば「琥珀」からイメージ変化!仄かな辛さと柔らか甘味が入り混じる醤油ダレ旨し!
 
 タレが一番興味があった部分。どうしても楽観と言えば名作「琥珀」がイメージにあるため、あの崇高でキッパリとした醤油感を連想してしまう。なので同じ傾向なのか、それとも変えて来るのかがまず興味のポイントです。結論言うと後者で、微妙に変えてるのですが・・・・それが「辛い」ようで「甘い」。「甘い」ようで「醤油感」あり。
  
 ベースは明らかに醤油ダレで、混ぜる前に丼の底に溜まったタレを確認すると、油ぎった深いブラウンの液体があった。しかしその量はとても少なく、写真メモにも収まらないほど。かき回してから味わうしかないのだった。そしてそれは最初「甘辛く」感じます。しかもほんのり程度。辛さは意識しないと分からなかったですが、見妙に辣油が溶けてるかという程度。辛さのシャープな切れ味は一切なし。香る程度の辛さと醤油ダレの塩気が絶妙にバランスがよいね。しかし少しばかり甘味が残るのだった。その甘さがとてもナチュラルで単に砂糖というわけでもなさそうだが・・・柔らかい甘味が何とも嬉しい。これもほんの微妙なレベルなので、味醂でも垂らされているのだるおか・・・。
 
 
 
 
<麺> タレがすべて絡みつくのは「琥珀」イメージ!更にストレート細麺がクツクツ痛快!
 
 ランチタイムは大盛無料。ま、それ目当てだったのもありますが(笑)。さてこの麺が実に旨い!。汁系と同じ麺と思われ、きっぱりとしたストレート細麺で麺線がまことに綺麗。それを予めタレで混ぜてくれてたらしく、色白なはずの地肌が染まって、見事な褐色!。これを琥珀色と呼んでもおかしくないのではと思います。
  
 実にクツクツとした食感が気持ちよく、粉の風合いが見事に香ると同時に、薄くコーティングされたタレでツヤツヤと光って見える。まとわり付かない程度に解けやすいので、ズボボボっとライトにすすり上げることも可能です。前歯のクツクツ歯応えの香りを楽しんだところで、奥歯へと運びますが、ここからがやはりいいね。同じ用意クツクツクッチリと感じるんだけど、具材をとことん絡めてくるから、肉や玉ねぎの潰れる感覚やら、水菜等のシャキシャキ感と混じるなど、かなり複雑な歯応えで一杯。そのどれもが楽しく、思わず飯と一緒に食いたくなります。また部位によって混ざりが低い部分を食うと、今度は酒を流し込みたくなる。
 
 
 
 
<チャーシュー> 香ばしさと薬味の相性がよいサイコロカット!粒をまとめて奥歯で潰しこむ旨さ!
 
 いつもは「琥珀」や「パール」にトッピングされてる肩ロース肉。炙りが入って細かくサイコロ状にカットされています。これが香ばしく旨いのだ!。一枚肉が欲しいと思ってたが、麺と絡んだ旨さを知るとこれでよしかと考え直す。またフライドオニオンが降りかかっているのもいい感じ。この旨さと交じり合う部分は、ダブルで香ばしいし、玉ねぎの甘味が肉にも伝わるように旨さがアップ!。この組み合わせだけで丼飯が1杯食える。
 
 
 
 
<他具材> 細麺に絡みやすい・・・シャキシャキなパーツが色とりどり!
 
 他にも具材がたさん!。野菜系は水菜以外には、パプリカ・玉ねぎ・キュウリ・ネギ。そして細メンマ。これらが一貫して短めにカットされてるので、攪拌性が高いです。味玉以外に玉子も少し入ってるがあまりアピールせず。やはりフライドオニオンの薬味は、野菜と混じっても効果絶大です。シャキシャキ感にザクザク感が混じるのがいちいち楽しくさる。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> やっぱりネットリと絡む濃密な風合いは嬉しい!甘味ある熟成感が見事!
 
 ハーフでも味玉が入っているとそうでないでは、かなり満足度が違う。これも熟成度が深く、甘味で食わせるタイプ。トロトロな卵黄が出汁に染まり切って、和菓子かと思うほどまったりとしてる。白身が薄い乳白色に染まってるが、これだけでも出汁の旨みを知るって感じ。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「彩と食感のカオスな華やぎ!酒にも飯にも合う万能のタレ旨!秋でも食いたい冷やしまぜそば!」という感想!。もっと早く出会いたかった!。お店のTwitterによると9月下旬までとか。もう一回食えるか微妙なんだが次はビールと合わせたい。また是非ともまた来年夏もやってほしい!。個人的には次の冷やしブームは「まぜそば」なんじゃないかと予想してますので、別途まとめてレポートしたいかも!。そんな名残り惜しさと応援と宣伝が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   月末に
   忙しく啜る
   まぜそば哉
 
 
 
   残暑汗かく
   冷やしが旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし塩生姜油そば」@塩生姜らー麺専門店MANNISHの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/17/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/OJZdtfoI2gA

<都心のお盆シーズンど真ん中!通し営業!頭が下がります〜>
 
 帰省中は断ラーメン!なので東京駅から直行で納得いく店へ行きたい。ところが街はお盆休み真っ只中。更に帰省混雑事情により、遅れてランチタイムと言えない時間帯。そんな悪条件でありましたが、あったあったよあの店が!。「塩生姜らー麺専門店MANNISH」さんが、なんとお盆期間通常通りで、しかも通し営業だったのだ。もっと重要なことは、「冷やし」メニューもあると言うところ(ここ今のオレは大事)。冷たい油そばなる系統のメニューを求めて、JR神田駅からスタコラサッサと、コロコロ転がしてやって参りました。
 
 
 
 
<全体> これぞ三位一体?三変化!?汁なしテーマの中に・・・つけ麺と汁そばのニュアンス!
 
 おおお!こ・・・これはどないして食ろうたらええんや!?。冷やし油そばとしての完成度とジュレダレのアピール感で意識はそれに釘付けされるはずだった。ところがスープも運ばれて来たが故に、頭の中の予定調和が完全に崩れてしもうたがな!。しかもスープが、ちょこっと口直し的な分量でもなく、つけ麺のツケダレにも比敵するボリューム。しかも仕上がり感がハンパなく、塩だれによる琥珀な透明感には鶏のエキスがたっぷりと透けて見える。
 
 ところが先に少しだけスープを味わうと・・・つけ麺ツケダレのような塩っぱさはなく、フツーにゴクゴクお美味しく頂けるではないか・・・・。これならフツーに、デフォルトの塩生姜らー麺として楽しめるじゃないか。つまりこの一杯は、「油そば」として当然楽しめるんだが、立派な「つけ麺」としても確実に楽しめるし、スープの仕上がりから「汁そば」としても通用すると言う代物であります。すでにラーメンブロガーとしては頭の中はパニック!。
 
 
 
 
<タレ> 塩生姜風味と鶏清湯が冷え固まったようなジュレ!掘って行くと出汁氷!遊び心満載!
 
 メニュー表題は「油そば」だから、まずはそれとして楽しみ始めます。これがまた唸るほど旨くて楽しい!。まず麺の上にプルプルした様相とキラキラした透明感を放つ「ジュレ」。これを箸でひと摘みだけ味わうと、なんとも鶏塩のあっさりした生姜系旨味と動物系の旨味。全く嫌味がなく、するすると舌の上で知らぬ間に溶けてゆくと言うずるい展開です。ジュレでも少々緩めなので、麺と麺の隙間に蕩けて抜け落ちそうになってる。なので麺との絡みは抜群で、実際麺との相性も格別!夏の涼味としても楽しめる上に、案外と鶏の旨味を感じるのです。
 
 しかしこれだけでは無かった!。当初、随分と丼の中は底上げしてあるな〜なんて思ってたんだけど、掘り起こすと、なんと氷が入ってた!。溶けて薄くなるとやだな・・・と思って氷を掬い上げた瞬間、鶏肉が中で挟まながら凍ってた?。つまり出汁氷だったと言う訳で、すごく手間がかかってるじゃないか!。溶けた氷は麺に絡んだりするが、それでまた麺が氷に貼りついたりする。そこを解そうとしたら、氷はシャービック状になっているので、ジャリジャリと崩れてゆく。そこを口の中へ放り込み、ガジりながら食らうと涼味満点!。
 
 つまりジュレと氷の遊び心って言う展開で、しかも旨いと言う安心感。実際にこれだけで非常に満足だったため、「油そば」として全体通して食い尽くしてしまおうかと、かなり悩んだー。
 
 
 
 
<スープ> 塩生姜の温かいバージョンも落ち着く旨さ!微かに和山椒も香る?はんなり味世界!
 
 食い方は自由。だがせっかくだから「つけ麺」としても試しておこうと考え直しました。生姜のエキスが浮いている上に、鶏脂エキスがキラキラと輝き漂う。レンゲでゆったりと味わうと、塩分ちょうど良しの芳醇な鶏清湯!。最初あっさり系と断じたが、単体で真剣に味わうと濃ゆい部分も感じて、鶏芳醇な展開です。
 
 ところが味わい慣れた頃合いから面白いことが2つ。一つは「フライドオニオン」の薬味館。これはつけ麺として食っていくうちに、麺丼にあったフライドオニオンが貼りついて、スープの方に溶け込む。それが薬味として天かす的な甘みと玉ねぎ本来の甘みを、スープに溶かし込みます。さらに簡単にはスープに浸り切らないので、カリカリとした歯ごたえも少し残す。つけ麺として食って正解と確信します。
 
 あとの一つは最後に「汁系(ラー麺)」として楽しんだ時の風味感。最後の段階で麺丼の中へスープを投入。出汁氷は先に食い終えた方がいいね。ゴクゴクと飲み干せる緩やかなラーメンスープとして完成された味わいです。生姜の風味と塩だれ感覚、そして鶏旨味を堪能し、ほのかなスパイス感も楽しむ・・・・。そうするとほわっっと和山椒の風味を感じたんだが、それは気のせいか???。
 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所:程よい密度感ある歯応え!麺の風味も感じるような落ち着く旨さ!ストレート細麺旨し!
 
 この製麺所も好きなブランド。イメージ的には細麺でクツクツとした歯ごたえを選ぶ店が多いと感じてますが実際はいかが?。本当に自然な白さが美しく、凛としたフォルムが印象的で、冷やしで引き締まってるために、くつくつ感がいつもより楽しく感じるほど。また風味を邪魔しないタレ仕上がりなので、麺自体の香りも楽しめるかなくです。上述の通り、ジュレと絡んだ麺は最高に楽しい食感。また出汁氷をガジる合間に食らう麺というのも、何とも表現しにくいが楽しい体験です。
 
 つけ麺・ラー麺状態で食っても素晴らしい!。一気に麺の表情が緩むのが分かるし、透明感がはっきりと出てくるのが印象的。そしてスープに濡れてからの麺のまとまりが素晴らしく、汁持ち上げが非常によろしい。それだけにスベリは滑らかで超高速にすすれる!。ズボボボボボボボボボボーーーーと吸い込みMAXで楽しみまくるオレです。生姜?やオニオンが貼りついたところを、奥歯で一緒に潰す快感もあるし、直後に感じる麺の旨味は上品そのもの。塩気と鶏旨味のあっさりバランスが、麺の旨さをマスキングしませんな!。
 
 
 
 
<チャーシュー> ふんだんに盛り付けられた上質鶏腿肉!ジュレで食って酒恋し!汁に浸して飯恋し!
 
 これはオレ自身の撮影腕前の問題。写真以上に鶏肉の迫力はあるし、ボリュームだってもっと感じてる!。腿肉と覆われますが、実に鶏の旨味と肉食感を味わえるところ。冷えてもフカフカとした部分が楽しめ、かたさを微塵も感じさせません。塩加減はスープに限らず天才的と言えましょう。どうやって食ったって旨いに決まってる。例えばジュレと絡めて食うと、白ワインなど辛口の酒と合わせてみたく思えてしまう。一方で溶けた出汁につけてみると、白飯の上でバウンドさせながら食いたくなるし、とにかく重宝そのもの。肉ましにしなくとも最後まで肉が残って寂しくなりません。
 
 
 
 
<薬味他> 汁に浸ってもクランキーなフライドオニオン! 冷やし中華感楽しめる生姜酢!
 
 記述の通り、フライドオニオンがスープに散るだけで、甘みを足したり歯ごたえを面白くさせたりして楽しいもの。ここで更にご提案したいのが、「生姜酢」の投入です。カウンターに備わってますので、自分で調整して入れるだけですが、少なめで良いです。何がオススメかと言うと、これによって少々「冷やし中華」感覚が楽しめるあkらです。生姜のジリジリさが溶けてますから、紅ショウガの紅抜き感覚でナチュラルに感じるかも。また、暖かい汁系でも同じことやってみたいとも思いました。気になる方は、最後に少しだけ試してみれば?。
 
 
 
 
 総じまして「遊び心と旨さのフルコース!塩生姜の可能性存分溶け込む真夏の冷やし麺!」と言う感動。いやー・・・これだけいろんなことが楽しめる一杯だとは思いませんでした。お盆の期間が過ぎれば、少々遅めの夏休みを取られるとのことですが、立秋過ぎても8月の暑さは続きそうなので、神田・小川町界隈に用事があるかたなら通し営業だし激しくオススメ!。そんな宣伝と感動が高まったとことで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   足早の
   帰省の疲れ
   心地よく
 
 
 
   ほっこり気分に
   生姜が旨し
 
 
 
お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「アサヒスーパードライ→冷やし担担まぜそば+味玉→小ライス」@つけ麺 陽の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/07/23/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/9TBzYkNB4ww

<目移りしちゃうラーメンスポット・・・堀切菖蒲園>
 
 場所は「堀切菖蒲園駅」界隈。初めて降りたぜ・・・。しかしこの界隈は以前からずっとマークしており、行かねばならぬ店が多いのだった。今は亡き堀切二郎の系譜とか、このエリアで本店を構える店とか、注目の新店舗でかき氷も旨そうな店だとか・・・。他にも町中華があふれていて、実に飽きのこない街・・・本当に目移りしちゃうラーメンスポット「堀切菖蒲園」。行ってみると・・・なんと「ラーメン大 堀切店」のすぐそばではないか!。並んでるー・・・。地元の家族づれなどもおられて、あらあらすっかり人気店の風格ですな。これなら内容にかなり期待!。
 
 
 
 
<酒> 休日の過ごし方・・・アサヒスーパードライ
 
 やっぱこれでしょ!休日の楽しみと言えば、明るい時分からのビールです。ビールのボタンに「350円」とありますが、出てきたのがお馴染みのシルバー缶。アサヒスーパードライ!。ナイス!冷え冷えのグラスと共に配膳です。それにしても幾度も同じことを述べているが・・・どうして外で飲むビールがこんなに旨いのか。缶ビールだと明らかに自宅で飲む味と同じなはずなのに。つまり開放感なのか?・・・ん?だったら家では解放されていないのか?。嗚呼、ややこしいこと考えずに飲もう!。やっぱ旨し!
 
 
 
 
<全体> お初にお目にかかるようで馴染み感!台湾まぜにもどこか似た安定感!
 
 おおお!やはり良くできた汁なしだこと!。さすがは狼煙系譜の安定感・・・トッピングやパーツの行き届きが素晴らしいです。卵黄あるのに味玉オプションしたオレも酔狂だったが、デフォルトで挽肉あるのにチャーシューがあるぜ。そして薬味はネギがあるのに、玉ねぎの微塵切りが大量。おまけに玉ねぎついでにフライドオニオンまで投入しておる・・・。完成度には隙がないよね。
 
 しかし初めての遭遇なる冷やしの「担担まぜそば」なんだが、妙に馴染みを感じる。なぜかな・・・と色々考えたが、ひょっとして台湾まぜそばと同じ感覚で食い進めたのかもしれません、
 
 
 
 
<タレ> 芝麻醤意識できる卵黄マイルド担担!辣油と山椒は薬味と共に味わうタイプ!
 
 まず気になるのがタレ。麻辣系でシビカラ強く攻めてくる系か?・・・それとも芝麻醤のコクで甘辛く忍び寄ってくる系か?。汁なし系だったら前者と予想したのですが、結果としては後者。芝麻醤の明るいベージュ色が、丼の底から滲み出てます。その上に辣油系の辛味が、挽肉等のエキスと混じりながら混じって、ベージュkらオレンジ色へと染めてゆく様子。なかなかエキス感あって旨そうです。
 
 辣油のキレもありましょうが、辛さについてはマイルド。挽肉に封じ込まれたスパイス感と、薬味として投じられた一味唐辛子の刺激ありといった感じです。ただし安心感与えるマイルドさなので、小学生でも難なく食えるレベルで、冷や汗などはかかないで済みます。また山椒は仕上げに全体にフラれたようだったが、全体的に混ぜる前にトッピングの上側にある部分を、食い進めたから・・・痺れの攪拌に少ししくじってしまったかも。なのでとても緩めの痺れ感でフツーに大人しく食えて、それでも大満足です。常連の方々は、柚子胡椒とか、マヨネーズ?とタルタルソース?みたいなのも、投入しておられましたが・・・事前予習怠ったため無念。しかし担々麺にマヨネーズは要らないよね・・・本来。
 
 
 
 
<麺> 村上朝日製麺:きっぱりと冷やされて風味と密度の高い引き締まり!一貫した麺の旨味はタレに埋没せず!
 
 麺がうまいわー。後でラーメンデータベースに登録しようと思って知った「村上朝日製麺」でした。加水は中から多めに傾いた感覚ですが、茹で上げ後の引き締めが完璧。氷水か大量な流水での粗熱処理が完璧で、麺の冷えにる引き締まりが快感。硬くなる引き締まる。涼感も覚えると同時に麺の風合いが漏れる。濃厚な担担のタレに絡むというのに・・・タレの味に埋没することなく食えますよ!。
 
 これをまたオレは・・・卵黄が崩れたばかりのところを絡めて食う!カルボナーラでも同じことを絶対にやります(笑)。意外と挽肉も呼び寄せてきますが、プツンプツン!と小気味よく千切れるのが快感だし、奥歯で束になったやつを潰すときのクッシリさがたまらんね!。一気に唾液が溢れ出し糖化を促し旨味へと高めますよ!。挽肉と炭水化物という組み合わせはテッパン!。
 
 因みに大盛り無料。券売機で大盛り券を押しませう。まぜそばの場合、並で200g。大で300g。普段なら迷わず「大」だが、ビールとライス割を予定していたために・・・並でセーブさせてもらいました。
 
 
 
 
 
<挽肉> 塩気と肉甘味がギュっと詰まった濃ゆい目の味わい!混ぜて全体バランス良し!
 
 割と濃ゆい味付け。松の実が乗っててちょいとヘルシー。肉粒は標準サイズでボリュームは多めで満足です。醤とスパイスで炒められた感が深く、色合いも高いし玉ねぎの甘みも抑え気味。ここに仕上げの山椒が振られて非常に旨い事になっとります。
 
 後半は混ぜ返して攪拌を続けると、いろんな水分を吸い込んでしまうんだろう・・・やや肉味噌的な風合いになりますが、それでも味のしっかりした部分はキープという感じです。最後でライス割した時にはいい働きをしてくれました。
 
 
 
 
<チャーシュー> 2種肉!半レアピンクが炙られた肩ロース!深くタレ浸透したボイルばら肉!
 
 挽肉とチャーシューのダブル構成だけで結構満足。しかしチャーシューをめくるとまた下に別のチャーシューがあって、ダブルチャーシューだったのだ!。まず1枚目は肩ロース。低温調理というより軽くローストした感覚で中身はピンク色ってな仕上がり。いかにも現代的な崇高チャーチューは、仕上げでバーナーで炙られてるのか??とても表面が溶けた脂で濡れています。そこに山椒を中心としたスパイスが振られているのだから・・・旨いに決まってる!。この肉一枚で缶ビールが2本飲めそうじゃ。
 
 そしてもう片方はバラ肉。煮豚タイプだがゴロッとしたサイズ感で、脂と肉の層が別れてて旨そう。これを一度に食うのだったが、見た目以上に塩気がしっかり効いていて・・・これまた酒かビールが進みそう。イメージ的には、味噌ラーメン等こってり系によく乗ってるやつって感じー。そこそこのサイズでも腹にたまる(笑)。
 
 
 
 
<薬味等> 玉葱粗微塵・ネギ小口切り・フライドオニオン等香り高いアイテムにペッパー!辣油!
 
 記述の<全体>でも伝えた通り、薬味に隙がありません。白ネギの小口切りは、やや刻みのようになっており、そこに辣油がかかってる。一方、玉ねぎはそのまま粗微塵の状態で、双方仲よく山椒主体のスパイスが降りかかってます。どちらが刺激が強いかと言えば・・・辣油塗れな白ネギより、実は玉ねぎ微塵!。少々ジリジリさせるネギエキス感で辛い。これが妙に担担麺のイメージにはマッチしてくるから面白いのです。
 
 またフライドオニオンが、全体の薬味ばらつきをうまくまとめているイメージ。ま・・・このアイテムは万能ですからね、何に振りかけてもそれなりにまとまってしまうから!。そばで一味が溶けている。青梗菜もフレッシュな感覚を保ってるし、仕上がりが何気にいい。こういった細かいところへの配慮と、全体計算高いところが素晴らしいですね。
 
 
 
 
<味玉にハズれなし!> しっかり塩気も浸透するマチュアな卵黄!白身はプルプル感キープで温めは完璧!
 
 冷やし系中心の活動に入ってから、味玉オプションが少なくなったが・・・久しぶりにいいのを食ったという感じ。まず卵黄からだが、全体的にはハードジュレって感じで、部分的には芋羊羹状態のねっとりした状態。マチュアな出汁の浸透旨さを見ただけで感じますが、まさにその通り。卵黄の出汁に染まった甘みがいい感じ・・・・と言いたいが、今回はそこに塩気がしっかりと効いていた!。これはいいね!。
 
 そして白身ですが表面だけでは分からないものです。割ってみると中身がプリンのようにフルフルになっとる。卵黄と変わらぬ柔らかい部分があり、この歯ごたえ一体感と味わいのカオスな関係が素晴らしい。さらに・・・温度。仕込んだものを温めなおすのは当たり前なんだが、温もりが全体的に感じられてナイス!。
 
 
 
 
<ライス割> このボリューム感で小ライス!タレに絡めて大満足!腹パン必至の幸福感!
 
 こんな感じで上述の通り、うまうま!と一気に食い続けていったわけですが、汁なしとは言え、案外固形物を食いきってもタレが残るものだった。しかしこれはこれで好都合!。ライス割にはベスト。迷う事なく丼の方へ白飯を放り込みます。
 
 この時点ではシビカラ感はすっかり飛んでしまった感はある。だが胡麻ダレの旨味と薬味の刺激でバクバク食える。このあと少々、備え付けのペッパーを振って軽い味変して一気に食い切りました。量が多いのでほぼ丼物になってしまったけど(爆)。この量で「小」。少なかったら足してくれますが、大ライスと料金はそもそも同じです。欲張って「大」を頼んでたらきっと死んでたなオレ・・・。
 
 
 
 
 総じまして「さすが汁なし名門系譜!どこを取っても高い完成度!爆食系崇高まぜそばならココ!」と言う感想。いやー・・・これは充実の一杯。是非とも私の最寄駅に欲しいところだが・・・冷やしも旨いと思い知った次第。狼煙系譜おそるべし。この夏、埼玉・大宮の方にも足を伸ばさないといけなくなりました(笑)。それにしても堀切菖蒲園界隈は、まだまだ他にもいい店あるようだいいスポット。地元の方々のレビューもこまめに今後はチェックさせてもらわねば。ラーメン遠征してまた逆に宿題を抱えてしまいましたが・・・それも嬉しからずや。とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   休日の
   緩々過ごす
   有難さ
 
 
 
   腹も余裕だ
   がっつり混ぜそば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「キリンラガービール中瓶→ワンタンメン油そば」@中華そば みたかの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/28/210020
とまそんのYouTube:https://youtu.be/6vOOVtucylQ

 もうこの店については・・・ざっくばらんにコメントさせていただきましょう。
 
 どんな店?どんなラーメン?って言う基本情報は下記をご参考ください。
 【実録】 「中華そば みたか」という店!この愛が止まらないのでまとめてみた!
 https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/25/172911
 



 噂によると、この日から「冷し中華」が始まったそうです。しかし、いくら「冷や中ヲタク」なオレとしても、この日だけは、しんみりと最近お気に入りの構えで楽しみたかった次第。仕事で疲れた時とか、面白くなかった時などは、こんな感じで気持ちはフリーになってここに来るのだった。
 
 
 しっかしここは自由区だ。単行本読みながら、一切ラーメン食わないでビールとタケノコ(メンマ:この店の呼称)で、延々と飲んでるおじさんもいるよ。しかも混んできたら、周囲をわきまえて、とっとと帰るという協力的態度もいい感じ。
 
 
 そしてこの店は、ライトなレトロ醤油清湯と、蕎麦感と素朴さバリバリの麺を楽しむところですが、最近すっかり「油そば」。しかも、通常メニューを油そば化してしまうと言うワガママ放題をしております。もっとも、結構好みに合わせてくれるみたいで、客の好み毎に、味バランスも調整してくれてる。
 
 
 しかし思えば、ワンタンメンの油そば化は初めてのトライだった。いつもの通り、蕎麦ライクな麺と濃いめの醤油ダレは相性が素晴らしい。オレが今回、冷し中華にしなかったのは、この油の甘みと醤油の塩気、素朴な麺の風合いのコラボレーションを楽しみたかったに他なりません。
 
 
 適当に汁を吸い込むところを、油そばだから浸透圧がいつもとはバランスが違うために、染み込みにくい。外側に濡れるか絡まる感じで、タレの味を楽しみましょう。ボソボソとした歯ごたえは最後までキープだぜ。また超みじん切りの薬味ネギがいい感じで麺の地肌に貼りつく!。ぞんざいなばらつき薬味ネギが、むしろ全体に散らばってバランスが良いではないか!。
 
 
 注目したいのは、ワンタンの汁なし状態。汁がないからワンタン同士が貼り付きやすいのだった(爆)。しかしそれをはがすように食うのも面白く、また多少の重なりは愛嬌という感じです。それよりも、濃厚な醤油の油ダレと、茹で上げワンタンの相性が抜群!。当たり前じゃよ、よく考えたら、フツーの点心だってそうじゃねえか。これが超ビールに合うよ!。まだまだ発見があるなと喜んでいたら、他の常連が「ワンタンを皿でくれ」と注文を飛ばして、そこにタレを絡めて食うようなオーダーを・・・・・。研究し尽くしたと思ってたが、まだまだオレは、この店常連の中では青二才。
 
 
 今回は全然全体がまとまってないけど、たまにはいいか。このまま・・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   やるせなく
   ほっこりしたい
   そんな宵
 
 
   いつもの店で
   いつもの一杯
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 50件

「まぜそば(ニンニク辛アゲガリマヨ)」@鷹の目 蒲田店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/19/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/0D4swnvVP8w

<夏を感じだすと・・・汁なし系!元気出すならガッツリ系!蒲田にナイスショットな店誕生!>
 
 「鷹の眼」がオープンということも知っておりまして、どうせ新規開店だから混んでるだろうなと諦め気分で一応確認までに寄ってみました。すると・・・・なんと空いてる!!!。ここぞとばかり飛び込んでしまいましたよ。あれれれ・・・・こんな調子でいいのかと少し心配にもなりますが、食う方は無責任なものですから、悠々と食うことができました。適当に空いた席に座ろうとしたら、一応座ってる席から順番に詰めてくれと言われましたので・・・やっぱりピークには満席必定なんでしょうねー。
 
 さてそんな先客の座席に連結しましたが、なんとピンの女性客。ま、最近では珍しくないという感じだし、券売機には「女子盛り」ってのもありましたし、きっとそれなんだろうなと思っていたんですが、がっつり並サイズでしかもヤサイマシアブラマシじゃないですか!。見かけによらんと自分の偏見を恥じました。そして「女子盛り」という文字を見て無意識に「女体盛り」と発想してしまった愚かさを恥じました。
 
 
 
 
<全体&タレ> 今回は「ニンニク・辛アゲ・ガリマヨ」追加!意外にマイルド調和な旨さ!刺激欲しけりゃマシマシ必須!
 
 おおお!これじゃこれじゃ!この山盛りの麺顔は期待通りのコニーデ型の稜線です。本物のジロリアン殿には物足りなくとも、リーマンオヤジの平日外出ランチとしてはMAXな質感。特に辛アゲの赤と卵黄の色合いがとてもギミックな配色にも思え、ワイルド感の中にユーモラス性も溶け込む何とも言えないカラフルさ。これが千里眼系の特徴に他なりませんな!。
  
 もう知ってる味だから、底に溜まったタレの描写はすっ飛ばして、とっとと混ぜそばまぜまぜ~を開始してゆきます。とは言っても最初は天地返しで麺一色の風貌ですがー。ガリマヨと卵黄が、一気に豚骨醤油ダレに絡んでゆき、麺の地肌の色合いとそう変わらぬ色合いに変化。そして野菜の上に降りかかっていた魚介の細かい粉が、一気にペースト感に巻き込まれて溶けてゆく。どろどろになったところを、すくい上げると・・・・とてもマイルドな塩気であります。
  
 嗚呼、これなら抵抗なくガツガツと食える味わい。ヤサイの汁がゆっくり溶けだして後半になるとますますマイルドになってゆくのが印象的。なので、後でタレか一味唐辛子の補強が必要になってくるかもしれません。ただ女性にも安心しておススメするなら、デフォで十分。個人的には、この日はブレスケアを新しく買い増したところだから、ニンニクパンチを効かせたかったが、ガリマヨがかえってニンニクをマイルドに仕向けたかもしれません。よって男前ならニンニクマシマシが丁度良いかと思います!。
 
 そして何と言っても「辛アゲ」。入れ放題の天かすなどでバカ盛してしまうオレでして、基本的に好きなアイテム。そこに唐辛子が含まれているのが痛快ですね。これを思いついてラーメンに入れようと初めて実行したひとってすばらしい。汁なしですから、この辛アゲもゆっくりと浸透してゆきます。全体的にクランチっぽい?クリスピーなる歯応え?が残るのですが、汁に浸ったそれはゆっくり溶けだして、ふやけたところもまた面白い!。麺に貼りついたりしたのを強引にワシワシと食い切るのがたまらんですなー。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:オーションっぽい素朴な小麦粉風味すら思うヌチヌチ歯応えキープ!ワシワシ感覚で一気にがっつく快感!
 
 別に粉の種類を確認したわけではないんので悪しからず。あくまでイメージの話。味が全体にマイルドだったからか、妙に麺の風合いまで気が回りまして、これが痛快。まぁよく遭遇する「灰褐色」の地肌の色合い。それに捩れと縮れがランダムに入った太麺。最近ヤワ目な店とハードな店と歯応えで区別化が進んでいますが、こちらは中間的。ストライクど真ん中というやつで、大変よいねー。
 
 マヨが薄い部分は、豚骨醤油ダレに絡んで粉が貼りつく。そのまま頂くと粉の甘味が膨らんで鼻孔を駆け抜けます。またマヨがこってりと絡んだ部分は、生パスタ感覚のヌッチリニュルニュルさ。ソースの味に支配されたって感じで美味しくいただけます。このマヨが多めに絡んだ部分に、辛アゲを集め寄せてから麺に絡めて食うのが、オレ的には好き~。ふにゃふにゃな辛アゲが、麺のボコボコした形状の隙間に入り込み、後でクチの中で一気に奥歯で潰す・・・。辛さが緩~く広がる~。
 
 
 
 
<ヤサイ> ヘタレでトラウマが拭えないオレは・・・デフォで十分なのさ!
 
 ヤサイ「マシ」をする勇気が無かった・・・。歳は取りたくないものです(号泣)。隣のお姉さんは、ヤサイマシの上にアブラまでトッピングしているのに、それでいても痩せてるからズルいよな・・・。ま、結果的に丁度腹回りで9割5分までパンパンに埋まりましたので、個人的には痛快レベルでした。
  
 通常モヤシとキャベツですが、モヤシと葱というイメージ。黄緑色はキャベツの欠片か?と思っていたが、実際は葱だった。葱大好きネギ星人なオレとしては無問題!。さてモヤシの加減ですが、クタっとなり始める手前の印象。汁系だったら一気にクタっとシナシナ歯応えに傾斜するところ、汁なし系の麺の熱気のなかでは、シャッキリ歯応えを残そうと踏ん張っているようです。麺の腰つきとはいいバランス関係ではないだろかね・・・。いつか猛烈に腹を空かせた健康状態のときに、マシマシでやっつけたい!。
 
 
 
 
<豚> ちょっと可愛すぎないかと思うけど・・・オレのレベルでは十分ボリュームだった
 
 豚は、ヤサイの下に隠されていたー。混ぜ返すときに発掘して、入れ忘れじゃないと安心しました。そのような感じですっぽりと隠れてしまえるサイズ感。切り口・直系的には少し可愛げがあるので、豚追加で普通なイメージでしょう。
  
 煮豚の脂トロトロ感は少な目で、また肉身のスカスカ感は少し残った感覚。すぐに解れるほどに柔らかです。マヨネーズ系のタレとの相性がとても良くて、サラダトッピングのフレーク肉に似た旨さも楽しめる味風景。J系で言う圧迫感ある豚!っという暑苦しさはないのが、いいようなそうでないような、意見が分かれるところでしょうか・・・・。
 
 
 
 
 総じまして「辛さとクリスピー感の刺激感楽しいマイルドガッツリ汁なしJ系名作!」・・・という感想。蒲田と言う大きなターミナル駅の近くで、通し営業でガッツリ系が食えるというのが、外回り多い我が身としては嬉しい!。ちょくちょくとストレス発散に飛び込むことが増えるかも(笑)。その時はガッツリと魂を受け止めてくんなまし。そんな期待をよせつつ・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   陽射し浴び
   夏空感ず
   強さ哉
 
 
 
   ガッツ貰って
   ガッツリまぜそば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件