なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.275点
最終レビュー日 2019年10月18日
3,911 2,440 13 23,615
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製三位一体 + 玉子かけご飯」@中華そば 和渦 TOKYOの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/09/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rrnhxcnecYk

<生まれ変わった和渦!2度目の訪問!益々落ち着いたいい店になってきたよ>
 
 今回は、前回醤油系に続き、塩そばを狙ってきたんだけど・・・「三位一体」という言う張り紙に気持ち全てが吸い込まれてしまいました。限定とか特製にやっぱり弱いオレなので、どうせならどっちもやってしまえと、今回は「特製三位一体」です。それと、欠かすことのできない「玉子かけご飯」も忘れずに!
 
 
 
<全体> スープの三位一体構成よりも・・・特製の賑やかさに嬉しい圧倒を覚えるね!
 
 入店すると店の空気感がいいよね。マリオットホテルの下にはJR東海・東日本の電車が景色よく走る抜ける。そしてフロア担当の女性がキレイでフレンドリー。フロアでの手持ちぶたさタイミングでも、定位置にポジショニングで見守ってますよ!。本当に気持ち良い中華そば店になったものだ。そして旨さも相変わらず。そんなナイスな一杯はこんな麺顔をしながら目の前に現れました。
 
 
 おおお!当然出汁に注目なんだが、麺顔のトッピングがゴージャス過ぎて汁が見えん!ここまでやってくれると流石特製と唸りたくなるよね。肉の多さに目が行きがちだが、ワンタンだってデカいよ。これで味玉がホールで1個あるのなら完璧満足感なんだろうが・・・しかし他がとにかく贅沢だから全然許せるね。スープの色合いを意地で見分けますが、何とも淡麗さと柔らかさが織りなす塩だれ感覚。焦って動画メモをスローモーションで撮影してしまったよ(笑)。
 
 
 
 
<スープ> ファーストコンタクトは蜆!柔らかい滋味のあとは鶏出汁の静かな煮出し!飲み干すころにはさば煮干の旨味溢れる
 
 こちらの「三位一体」は限定品なのですが、日によってエキス構成が違うという展開です。今回は「サバ煮干し×鶏×蜆」と言う構成。日ごろ酒の飲み過ぎなオレにとっては蜆がありがたい。そんな勝手に薬膳感覚で味わいはじめましたが、最初の味風景に残るのは「蜆」からでした。ふわっと香る程度の貝エキス。やはり淡水系の旨味というか・・・派手さはないが素朴にもジワジワと来る貝エキスがいいね。
 
 
 続いて広く感じるのは自慢の地鶏スープの鶏エキス。鶏油系の濃密さは皆無だが、鶏ガラの煮出しによる丁寧さというか、ストレスを全く感じさせない旨味感。良い鶏は脂が綺麗だとか言うが、まさにそんな感覚で、煮干の含みもあって素朴にも見えるが、実は柔らかい旨味と透明化に溢れる旨味だと思われますよ。
 
 
 麺を食い終わってスープの完飲に向かいだすと、サバ煮干しらしい魚介の甘さを明確に感じます。珍しいね・・・。アジ煮干しはよく見かけるんだが。以前、ちょっといい店で飲んだときの酒のアテが「サバ煮干し」で、おつまみ的に旨かった記憶。それにしても円やかだね~。魚肉の乾燥して熟したアミノ酸が丁寧に煮出されています。鶏の上品な旨味とよく調和するし・・・。最後の時点では、蜆の風味は舌が慣れきってしまって、鶏とサバの競演をひたすら堪能です。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:加水の高さと弱い平型フォルム!伸びやかさのあるモチモチテイスト!
 
 麺が意外にも明るい目の多加水感覚でした。少し平型な形状でとても明るいクリーム色。表面も艶めいていて、啜りの良さを感じ取ります。捩れているようで、実はきれいなストレート麺?。通常の細麺より一回り分厚く感じますが、ちゅるちゅるとした滑らかさが印象的です。これは汁を吸い込むタイプで、汁持ち上げもよろしく、まさに三位一体スープもろとも味わってくれというメッセージ。
 
 
 前歯の歯切れもプツプツと着込みよいし、肉のハードさに比べればライトで対照的です。奥歯でもクチクチとよく潰れるし、出汁の旨味とグルテンの旨みがよい一体感!。密度感がそれほど高くないので、明るいモチモ感もあると思います。伸びやかさのあるモチモチテイスト!って感覚でしょうかね・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> ゴージャスな感覚!ひょっとして三位一体に対抗して4種の部位があったのか?
 
 実はチャーシューがかなり好み!多少無意識に食ってしまったが、ひょっとして「ロース・肩ロース・ヒレ・モモ」と4種類入ってたのかも?と、写真整理をして考えてます。全部写真メモ撮れてない〜。どれもタレに程よく漬けられたイメージで、周囲のロースト部分が深い醤油褐色です。部分的に脂に浸透してるところが実は好みだったりします。
 
 
 バラ肉はすごく脂がスープ熱で溶け出しており見るからに艶やか!。三元豚らしい肉繊維の細かさに加え脂のサラリ感で肉が上品にも感じしまうー。また肩ロースは身が薄いさくら色をしており見るからに薄味上品。ところが大胆に食うと周囲に深く浸透したタレ味で冷酒を欲する旨さに変貌です。
 
 
 ここから先の記憶がかなり飛んでるー。歯応え感からヒレ肉だと思ってるが、これはタレもうまいが三位一体出汁との相性が抜群!脂が少ないけど紙締める楽しさ旨さがそこにあります。残る一枚は・・・あっさりと柔らかく食えたような記憶。ここまで来れば腿肉であって欲しいがそりゃないかー。汁が三位一体なら、肉は四身一体でゴロがいいんだがねー。
 
 
 
 
<ワンタン> 皮が大判で滑らかで汁吸って味がするタイプ!肉餡は・・・強いといたスパイス風味!ハッカク??
 
 チャーシューも見事でしたが、ワンタンも負けておりません。皮が異様に旨かったのだがこれも自家製かどうかは不明。しっかりと出汁味を吸い取って、皮自体の緩い滑りさえ旨しと思える代物です。肉餡は鶏豚粗合挽きのシンプルな旨さで、塩気と軽い胡椒で十分満足な味わい。少し香味が入ってるなと感じてつぎを食うが・・・面白い東洋のスパイス感がほのかに香る!。滑りが良いから気がついたら飲み込んでしまってた(笑)。何だかんだハッカクに近い風合いを感じた次第・・・。旨し!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 元の漬け出汁の円やかな浸透に・・・三位一体出汁風合で濡れる旨さ!
 
 ハーフ味玉。もう卵黄はブランド物だと思える艶かしいディープオレンジ。タレじゃなく淡麗な出汁が染みてる感じで、見た目以上にマチュアな甘味を発します。ところがハーフだからずいぶんと食らうまでにスープの波を食らったようだ。マチュアな甘味に三位一体の旨味が溶けて、これも美味いと唸ってしまう。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!
 
 
 
 
<玉子かけご飯> 消費税アップに負けないサイドメニュー!値上げせず単価50円続行!しかも内容も濃ゆい!
 
 消費税が上がっても、再度メニューのミニ丼は今日も50円。本当に頭が下がります。味玉で質の高さを証明した卵黄がとろっとろですよ。鶏そぼろがケチってないし、ほんの少しナマ醤油かけてあって実に美味そうです。これは50円ではかなり申し訳ないうまさ!恐らく間違いなく、この店に通うときは必ずこれを追加し続けると思います。
 
 
 
 
 総じまして「旨さ!美しさ!ホスピタリティ!出汁とサービスも共に三位一体なる崇高中華そば」と言う感動。ここはもっと訪問を重ねるつもり。うまさ!美しさ!ホスピタリティ!の素晴らしき三位一体中華そば店。ツベコベ言わず一回食っとけ東京のラーメンファンなら!激しくオススメ!そんな応援と今後の発展期待を感じつつ・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   雨過ぎて
   季節外れの
   南風
 
 
 
   汗掻き辿る
   魅惑和渦そば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「パーコーごま麺+サービス半ライス」@ごま麺 鉢と棒の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/29/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/P1STvPW3wiQ

<胡麻の面白さを知る・・・「あの小宮」が業態変更!?>
 
 本当に駅から近い。線路とホームの真下って感覚。雨の日だって駆け抜けて着きそう。丁度ランチタイムだったので店前は5名ほど並んでましたが、10分程度ですぐに座れました。オレ実は強烈な担々麺好きなんだよね・・・実は。激しくメニュー選びに葛藤しましたが、初訪で屋号にある「ごま麺」を選択。そして秋になると猛烈に腹が減るわけで・・・パーコートッピングとサービス半ライスも追加してしまいました。
 
 
 
<全体> とても賑やか!スープも濃ゆいが内容全体も濃ゆいぜ!
 
 おおお!これは迫力あるじゃないか!パーコーが中々存在感がありしかも質が良い!また挽肉もしっかり山盛りになってるし、シビカラエッセンス散らばってるよ!。それにこの上、ランチタイムは半ライスがサービスだし、それがまた「半」とは思えぬ飯量(笑)。・・・更にテーブルセットには搾菜ポットが置いてあり、所謂ご自由に食えるわけで、また搾菜山盛りゲットしてしまではないか。・・・ううう!これは満足度高いかも。
 
 パーコーを麺で食ってもいいしライスで食うも捨てがたい。それは挽肉も同様で、搾菜なら白飯は無限大に食える。どれをどう組み合わせて食おうかと、写真メモを撮りながら非常に悩むオレです。
 
 
 
 
<スープ> 摺り胡麻のドロドロ感あるようでサラッと食えるが・・・シビカラ感覚も楽しめるのだ!
 
 まずスープが面白いね。別メニューに担々麺があり、それとは明確に区別しているのだが、胡麻感がフツーの担担麺とはちょっと異質な気がします。芝麻醤のようなまったり濃密な胡麻感じゃなく、明らかにザラツキ感が強くあり、それがまた風味を高めるイメージ。店名にある「鉢と棒」の意味が何となく分かる気がして、つまり摺り胡麻感を強く打ち出しているのだと分かります。では濃密で重いのかと言えば逆で、ドロドロした蕩け具合が強いのに、驚くほど食べやすいサッパリ感覚。見た目は灰褐色なので、黒ゴマ使用かと思いますが、相当粘度があるスープなのにゴクゴクと飲み干せる気がします。この時点ですでに飯割に気を馳せる・・・。
 
 そして辛さ(辣油)と痺れ(山椒)の強さを指定できます。この案内が、自分が案内された席では水のポットで隠れていて見えなかった(汗)。そんなわけでデフォルトで頂きました。ネギとニラが薬味としてパラパラと投入された上に、辣油と山椒をあしらう状態。なのでかき混ぜ次第では、黒ゴマすりこ木状態のコクをメインに、またシビカラ効かせたパンチ風にも味わえるという流れです。このスープだけでもいろいろと味わい方、楽しみ方に変化を持たせる・・・やっぱり何とも賑やかな一杯だわ!。
 
 
 
 
<麺> 摺り胡麻に負けない多加水もっちり太麺!途中でつけ麺食ってる錯覚!?
 
 麺を引き上げると「つけ麺か!」と思ってしまうほどの太麺。加水は高めでモチモチ感が印象的だったかと。因みに隣のお兄さんの担担麺は「細麺」だったので、スープによって使い分けてるプロセスです。ドロドロのスープの中に浸っていると、それだけでつけ麺を連想。なので重く密度感ある麺かと思いきや、見た目よりもライトにクチクチスパスパと食えるのがいい感じ。圧迫感を与えない程度のしっかり麺?とでも言いましょうか・・・・。
 
 具材の絡みつきもいいね。泡状態になったスープには成分の胡麻が細かく貼りつき、更に挽肉とニラ等の薬味もペッタリペタリ。多少ゴツゴツと暴れてタッチするスベリ心地ですが、ズボボボっと十分に啜り食えます。これはこのままで食うのが一番いいだろうと察し、パーコーとの絡め食いより、パーコーはライスに半分移すことにしました。
 
 
 
 
 
<肉①> パーコーは外せない!サイズと厚さの満足感にカレー風味が食欲そそりまくり!
 
 パーコーがいいですね!。写真メモでもその存在をアピールしてますが、実はあと2キレが汁の中に沈んでおり、サイズ的には満足です。注文を受けてから揚げるのが厨房の指示でしっかり分かりますから、そこも嬉しいね。熱々でカリカリの衣は断面が黄色く、齧ってみるとカレーの色だと判明。実にこの香味が嬉しく、飯を欲してしまいましたが本音はビールと合わせたいよね!。
 
 厚みも申し分なし。衣がサクサクならロース肉はフカフカ!。小気味よい千切れと咀嚼感がいちいち楽しくてならない!。こっりゃこの店に来たらパーコーは外せないな・・・・次回訪問に向けて強く思ってしまいました。
 
 
 
 
<肉②> かなりのボリューミー挽肉!これだけで混ぜそばもう一杯作れるかも(笑)
 
 挽肉が結構深い色合いをしており、肉みそっぽくなってます。結構味が濃そう・・・と思ったらその逆。とってもマイルド。ジューシー感と言うよりしっとり感覚で、刺激物がないようです。辛くもないが・・・これはつまんで食ってもいいし、そのままスープに溶かしてもいいみたい。迷ったけど私は後者。スープに別のコクが加わり具材感と旨味感が更にアップ。そして・・・飯割にするにはちょうど良くなってきた!。
 
 
 
 
<その他> ランチタイム半ライスサービス:満足量なので・・・半分雑炊風に飯割!
 
 大体、1枚のパーコーで1/4の、搾菜でまた1/4を食う。そして残った1/2の白飯を麺丼の中へ放り込み、飯割としました。更にそこに搾菜を追加したりして・・・お店側には申し訳ない!。濃厚擂り黒ゴマと挽肉の混じったタレが白飯に染みる!。何だか麺を食いに来たことすら忘れてしまうほど、〆の割飯が旨かった!。
 
 
 
 
 総じまして「何気にコスパのいいお店!増税前に一回食っとけ・・・ボリューミーごまダレ麺!」と言う感動。折角コスパがいいのに、税がアップして利点が埋もれてしまわないうちにね。今後ちょくちょくと寄らせてもらおうかなと考えています。それにしても・・・最近二郎系が続いたので、ちょっとカロリー控えようと思ってたのにこのありさま。今日は帰ってから少しは走ろうかな(汗)。そんなダイエットも忘れさせる魔力的な旨さを激しくおススメ!。そんな応援と今後の期待を高めたところで・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   風乾き
   秋分過ぎて
   陽が強し
 
 
 
   ピーカン晴れに
   パーコー旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「Tsukemen 冷 とまと 大盛」@メンドコロ Kinariの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/21/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/azvDoKlVnuo

<令和元年夏麺企画もそろそろ最終盤>
 
 狙い通りで店内は8割程度の客入りですんなりと入れる。近くの会社員ばかりのようで、女子社員が一人で食べにくるってシーンがぱらぱらっと。ま、店自体も入りやすいし、旨いのもたしかだし、女性人気が根付くのはいい店旨い店の傾向がしっかりと出ております。因みにこの季節だから「冷やし系」を食ってるのはオレだけ。2種類あった冷しは1つに絞られ、その「冷 とまと」は9月いっぱいということなので、気になる方はお早めにでございます。
 
 
 
 
<全体> 盛り付け鮮やかにして思いっきり洋風に振れるコンテンポラリーつけ麺! 
 
 おおお!名作の噂は知ってましたが・・・こんなに華やいだ盛り付けととは想定を超える!。またトマトでイメージする鮮烈な赤じゃなくて、クリーム色というかチョーク色というか、非常にパステルカラーのイメージがどこか現代的。これは女子ウケしそうだし、麺丼の方のトッピング色添えともマッチして、全体的な質感が高いじゃないですか!。そして配膳の瞬間に「スープ割もありますのでいつでもお声がけを」と伝えられる・・・。このスープ割の展開も読めず、見ているだけ興味が深まるばかりだ!。
 
 
 
 
<つけダレ> イタリアンの風? 冷製トマトクリームスープに匹敵する完成度と滑らかさ!
 
 さてつけダレですが、私のつたない自炊経験からすると、トマトピュレーに生クリームというイメージです。パスタは得意ジャンルでもあるし、この組み合わせは甘味とコクを感じやすくなるは経験済。そんなところに、透明な香味油が浮かびますが・・・これが何とも理解不能。また全体的にドロドロっとしているけど粒子が細かいので、きっとバーミックスか何かで攪拌しきったものと推察。泡立ちも微妙に見られる上に、サラサラ感もよく見れば感じ取れます。
 
 味わうとトマトの雑味一切なし。プチトマト・フルーツトマト類のみを磨り潰したのか!?と感じるほどにナチュラルで仄かな甘さ。その一方で酸味も確かにあるが、ビネガーっぽくない低い酸味の刺激感。酸味果汁なのか?それともイタリアントマトの酸味純度だけなのか・・・。この低い刺激と生クリーム感が合体すると、ヨーグルトでも隠し味に入っているのかと思うほどです。そう・・・もはやこれは、つけダレ越えている。冷製トマトクリームスープという風格!。余りに旨くてついつい飲んでしまうが、最後のスープ割まで残すことができるのか、食いながら冷や冷やしてました。
 
 
 
 
<麺> 小麦粉の風合い豊かで実に旨味を感じる麺なのだ!大盛り大正解!
 
 麺が旨い!。多少平型に潰れながら、ランダムに軽くボコボコしたフォルム。中太タイプで加水は中からやや高めという感覚。茹であげはもちろんですが、冷やしも氷水で徹底しているようだし、水切りだって完璧。盛られた仕上がりが既に崇高です。まず何も付けずに2~3本食いますが、麺の風合いがとても強いね!。いやグルテンがしっかり旨いというか、本当にそのままで食えると思うほどに。
 
 そのままでも旨いというのがポイントで、清涼感溢れる冷製スープに浸して食うには抜群でした。冷製になるとやっぱり淡麗淡泊な味の広がりになってしまうし、それでは通常なら麺を絡めると頼りなく感じるかも。その点、この麺とタレの組み合わせなれら、組み合わせとレベルのバランスがよいのです。仄かに感じる酸味と甘み。トマトの清涼感がさらっと絡むだけでも、麺自体の旨味でグイグイと食わせて行ける。また今回は飲めなかったから、腹いせに大盛にしたのだがこれが大正解。最後はつけダレが足らなくなったけど・・・・少なくタレに浸すだけで全体をバクバクと食い進めることができました。
 
 
 
 
<チャーシュー他> 王道も低温調理の鶏豚2種チャーシュー! つけダレをソース代わりにFEEL SO GOOD!
 
 最近、「冷魚介だし」でも説明したチャーシュー。完璧ですし内容がかぶるので簡単に。低温調理の仕上がり具合や、肉質の良さは言うに及ばず。今回は出汁に浸らずそのまま頂けましたが、きわめて下味は薄く豚も鶏も淡泊。そして素材の味だけでウマウマで食えるし酒にも合うタイプ。いつも何かしら出汁に浸ってましたから、今回はその淡麗さが新鮮でした。なので、つけダレを肉のソースのようなイメージで、絡めて食う!。このサッパリつけダレが格別に相性がよく、これは白ワイン!と心のなかで叫びましたよ。うううーーーーもう一回酒との相性確認だけで、別途再食しようかしらん。
 
 またそのほかのトッピングも色鮮やかで質感ありありでした。トウモロコシの黄色。枝豆の明るい緑、ほうれん草(リーフレタス?)の濃い緑。プチトマトの赤。特にトウモロコシは甘味があって嬉しいアイテム。クリーム色のトマトつけダレに入れ込んでも絵になるし、写真メモ撮らなかったことを悔やむね。
 
 
 
 
<スープ割> 豆乳?クリーム??チョコレート??? 唯一無二なスープ割!!!
 
 さてスープ割が独創性ありありで、単なるラーメンヲタクでは予想無理っす。クリームを溶かしいれてくれました。それが生なのか・・・最近のはやりで豆乳なのかは不明。ただサッパリしてたから豆乳なんじゃないかと今では思ってます。またスパイスが実に不可思議!。ブラックペッパーか?と思ってたんだが、噛むと「甘い」。いや甘いというより苦味もあり、この時はブラックチョコレートを砕いたものと思い込んでました。こんなに細かく砕いたわりにはコリコリするなとは思っていたが・・・・。
 
 その後、ブラックチョコと思い込んでたのを齧るとガジリとスパイス粒を崩したような異音あり。チョコではないらしい・・・。見たこと無いんだが、風味は明らかにチョコなんだから、カカオの実を細かくしたものなのかもしれません。
 
 
 
 
 総じまして「気分は夏のイタリアン!令和元年冷し麺の締めくくりに一回食っとけ!」と言う感想。今を逃すと一年後になってしまいますから、是非オススメでございます。しかしこれほど酒に合わせたい冷やしも珍しいが、できるならワインで!。でも淡麗な冷酒でも合うのかな・・・なぜか食ったあとはそんなことばかり考えて、また新宿方向へもどり揺られるオレ・・・。もう空も風もすっかり秋。既に遠く過ぎ去ってしまった夏を懐かしみ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空高く
   風も乾いて
   とんぼ飛ぶ
 
 
 
   ゆく夏最後か
   冷しつけ麺
 
 
 
お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 7件

「海老とトウモロコシの冷やし 大盛」@麺場voyageの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/15/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/AqCXfHyiENc

<冷やし系の創作意欲の高い店!活動終盤に寄ってみた結果・・・>
 
 うーーーだんだんと納得行く冷やし麺を簡単に探せなくなってきた。もう冷やし活動も最終間際なのか?。それでもしつこくラーメンデータベースの冷やし中華ランキングなどと向き合ったり、Twitter で探しまくると、たまたま出てきたのが「麺場voyage」さん。おお・・・今年の夏は蒲田は相当攻めたはずだが、京急側は全く見逃していたわーー。反省もこめて慌てて突撃した次第です。そしてこの店の冷やし系提供最終間際だったしね。
 
 
 
 
<全体> どこか担々麺に似ている風貌・・・そんな冷やしトウモロコシはファッショナブル!
 
 おおお!お初にお目にかかる麺顔なのに、どこかで会ったこの感覚!?。何故かと思えばどこか「冷やし担々麺」に似ていない?芝麻醤の乳白色をどことなく連想するし、海老油と思われるがそれも辣油と似て非なる哉。それに華やかさがいい感じ。ヤングコーンがスープのポリシーをアピールし、海老の身も香味油に寄り添うか?。肉もペッパーに塗れて頼もしい見栄えだし、やっぱり今風の創作メニューって感覚がありあり。秋も近い麺顔に芸術性も感じるのだが・・・。
 
 
 
 
<スープ> トウモロコシの甘味!海老油の香りとコク!すべてを飲み込み包み込む豆乳の懐深さ!
 
 すっかり冷やし麺スープでトウモロコシが認知されたという感覚。鮮度が命なトウモロコシですが滑らかな仕上がりと、ナチュラルな甘みが広がります。意外とサッパリしてる甘味だね。これは豆乳によって一体化されたんだろうと感じますが、豆乳って何にでも合うのね。芝麻醤やゴマダレにも合うのは有名だが、トウモロコシとの相性が抜群。コクと甘さを掛け合わせたような味風景に昇華するようです。
 
 ここに海老油が溶ける・・・。豆乳と海老って一口目はちょっと引っかかるものですが、あっという間に別の一体感が押し寄せる。甲羅の風味も香ばしさを誘うが、海老身の旨味も移ったようでさすがは海老油だわ!。それにここにブラックペッパーなのだろうか、スパイスが割と多めに降りかかり、豆乳トウモロコシと海老味の合体を更に食べやすくしてくれるようです。もっと端的に言えば食欲湧かせる風味でパワーアップ。
 
 
 
 
<味変化> あえて自家製香味油を垂らしこむのも手かと!別角度の辛さで広がる味風景!
 
 ここでテーブルセットの自家製香味油を何気に活用することもおススメです。甘さとコクの世界だけでも美味しいんだが、どうしても辛さが欲しいと思う方向け。痺れる部分は皆無で、辛さもそれほど尖ったものではありません。淡くスパイシーさ滲み出るので、当初から入っていたブラックペッパーには相性良く結びつくと同時に、海老エキスが更に響くという感覚。
 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所:スープに負けない地肌の清らかな白さ!ハードなモッチリさで時にはクツクツと感じる締まり!
 
 デフォルトで140gとのこと。迷わず+100円で大盛にしてもらいました。210gだそうです。しかし食べ応えは合ったのでもう少しボリュームがあったのかもしれない。白いスープに浸っているのに、白さが粋に感じるストレート麺。薄っすらと透明感すらあり、加水はやや高めかと思うが、キンキン冷え冷えな感じだから引き締まりが強い。強いけど縦にも伸びるような弾力が気持ち良いし、揃いやすいのでスープの持ち上げ力が抜群なのだ!。まさにズボボボボボボボーーーっと高速に啜り食えるのが快感です。
 
 麺の風味と言うより、スープとの絡みがいいね。冷たいのにしっかりと麺の旨味を感じるし、個性的なスープの味を巻き取りながら麺自体の糖質と一体化するようなイメージ。いろいろと賑やかな具材とも絡ませなれがら食らうのが印象良かったです。
 
 
 
 
<具材> 車エビとヤングコーンのグリル風!香りの高さが全体味に彩を添えるよう!旨し!
 
 やはりヤングコーンは目を引くよね。実は一番先に食ったパーツ。ペッパーかかった部分が淡い塩気をくれますが、全体的にはほの甘いシャクシャクとした歯応え。一気に食ってしまったが、死ぬまでに一度、単一で腹いっぱい食べてみたいものの一つです。そして海老のグリル。これだけサイズあるとしっかり海老肉の味がして楽しませてくれる。やはり海老や蟹といった甲殻類の旨さは、特別感あるよねー・・・。これも腹いっぱい食いたいものだわ。
 
 
 
 
<チャーシュー> 低温と炙りの2種鶏肉!意外とアピール強い鶏肉の迫力!
 
 実はチャーシューの出来栄えが良かったのだ!。ご存知、低温調理の鶏胸肉。これがトウモロコシスープを纏って皺と隙間に吸い込ませ、噛むと軽いスポンジ的に旨味を吐き出す感覚。海老油と混じっても淡泊な素材だからケンカしない味なのだ。旨いに決まってる。
 
 一方、鶏肉のグリルっぽいもの。これはモモ肉と思われ、皮に近かった部分の脂が芳醇で旨味に溢れている。またこの日に仕込まれたものと一目瞭然で、軽く出来立ての温もり感が残ってたのが実に嬉しい!。肉の旨味・炙りの香ばしさ・ペッパーの刺激に、マイルドなスープの余韻・・・それらが一体化した肉味は最高!。モモ肉が2キレあったのも嬉しいポイントで、ちょっと後引く旨さでありました。
 
 
 
 
 総じまして「冷やし活動終盤に華を添えるか!秋の収穫感も香る極上崇高冷やし麺!」と言う感想。もっと早くに来るべきだったよ・・・。このレベルでひと夏冷やし系を創作入れ替えしてくれるなら本当にいい店だよ。冷やしヲタクとしては悶絶的に嬉しいはず。ちょっと蒲田の中でも活動エリアからハズレにあるのだが、来シーズンはもっと工夫して機会を増やしたいと思います。ともあれ冷やし麺活動終盤に崇高な創作系を食えてよかったよかった!。そんな出逢いに感謝を覚えつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   吹く風に
   秋の気配も
   感じ入り
 
 
 
   時れ流れと
   冷やしの旨さ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「冷やし高菜そば 味付玉子入り 大盛り」@麺場 ハマトラの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/14/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/BtNLRLp_3Is

<濱虎グループ「秋麺」企画!秋をテーマに冷やし麺とはイキだね!>

 前回訪問の時も感じたのだが・・・ここは照明が暗めなのね。写真が撮りにくい・・・。 そろそろ iPhone 買い換えようかな・・・今回だけは本当に考え込んだわ。カメラ3つも付いてるからさ。マジでどうしようと深く考え込んでたタイミングで配膳が完了。




<全体> 季節先取り?高菜の旬は霜月・・・まぁええじゃないか高菜好きには関係なしさ

 おおお!これはまさに高菜麺!博多系でテーブルセットに備わってる感がありますが、この高菜には少し高級感があるぞ。オカズ的な迫力って感じがありあり。そういえば「高菜」に旬があるなんて思いもしなかったよ。一年中ラーメン店の片隅に備わってるからねぇ~。なんてことで、秋が旬だたのかとググって調べてみましたが、実は霜月からが旬。初冬の季節野菜だったのね・・・ひとつ勉強になりました。それにしても店内が暗いから、スマホのカメラピントが合わせづらい。ピンぼけばかりで迫力が十分に伝わらないところがご容赦ください。




<スープ> 和出汁が染みいる濃密豆乳ベース!旨味オイルで円やかさが増す!

 何とベースのスープは豆乳タイプ。汁は少な目で汁なし系に分類してしまっても差し支えないかも。高菜の深緑とクリーム色ってミスマッチかと思ったけど、豚骨スープも白濁してるから妙にミスマッチのようで、実はしっくりくる組み合わせです。さてこの豆乳・・・・サラサラしてるけど、豆乳としては濃密感ありなむと言う感覚。しかし豆っぽくないのは、和出汁がよく溶けているという感覚です。節系の出汁が引いてあるのかなと推察しますが、それでいてとても円やか。植物油のようでコクがある香味油が効果発揮と言う感じですね。

 また高菜のエキスも旨く溶けだします。ここには挽肉が入っているから、そのエキスを感じているかも。なので妙に腹持ちするし、食べ応え感も沁みだすイメージ。そしてこれだけでは終わらない・・・・味変化がある!。このメニュー専用の味変ツールがあのです!。




<味変> 山椒辛ラー油:入れ過ぎ注意を無視してしまうほど好物!痺れよりも辛さが勝る?

 山椒が擂り込まれ辣油の小瓶に沈んでいる。そんな山椒辛ラー油。とてもきめ細かく粉状態になった山椒でして、四川系のようなバリバリ痺れアピールって感じでもありません。和山椒??。入れ過ぎ注意と厳しめにアピールされてますが、山椒も辣油も変態的に好きですから・・・そこをあえて入れ過ぎてみる!。結果・・・丁度良い!。これはきっと高菜自体に唐辛子感が低いのもあった結果かと思う次第。貴方も変態なら入れ過ぎてみよう!。




<麺> 嬉しい大盛り無料!多少高めの加水感にギュギュっと氷で締められた引き締まりが痛快!

 さすがに学生の街「日吉」。大盛サービスは定番化したイメージです。かと言って安っぽくない麺ですからいい感じ。店全体が少し暗くて、そしてカウンターは一層手暗がりなのに、麺だけはピントが合う。別に発光してるわけじゃないのだが、暗がりでも白い地肌が明るく、とてもツヤツヤとしたのが印象的です。

 一見多加水麺のようですが、強い引き締まりを感じます。モチモチ麺がギュギューと引き締まった感じで、クツクツと言うより、ミチミチとした歯応え?。形状は丸みを感じるので一度は膨れたと思いますが、そのまま締まってます。なので口当たりとスベリもよく、ツルツルと気持ちよく啜り上げられます。嗚呼気持ちよく大盛が楽しめるぜ。体感250g弱と言う感じかな??。





<高菜> 挽肉と搾菜がふんだんに入ってしっかりしたオカズ感!バクバク食える!

 高菜が薬味としてでなく、メイン具材として旨い!。それはオカズとして成立するほどしっかりとしており、挽肉感が比較的多いためそう思うのと、風味的には搾菜がザクザクと入っているところが、満足感を更に高めるといった感じです。高菜ももちろん旨い。軽やかで薄っすらな苦みが逆に食欲をそそります。

 特徴的なのは辛さ、つまり鷹の爪が低いというところ。ピリ辛感が低いと感じましたが実際どうなんでしょう。これがオカズとして更に成立させると思うからいいよね。人によっては、山椒辛ラー油をかけてみても面白いと思う!。安っぽさが全くなしで、白飯であってもバクバクとオカズ食いできそう!。




<味玉にハズレなし> 深い浸透感の見栄えだが意外にあっさりさを併せ持つ食感!

 味玉がデフォルトで入っております。これは嬉しい!。見てみるとかなり出汁の浸透を感じさせる深い色。かじってみると白身の半分には深く染まってますが、とちゅから白いままです。それでも醤油以外の出汁はしっかりと浸透したような感覚。見栄えに反して実はあっさり目に食えます。塩気も低く、甘ったるくもない丁度いい塩梅。卵黄はややカタメですが緩い芋羊羹状態で、微妙にトロトロさを残す感覚です。旨し!嗚呼やっぱり味玉にハズレなし!。




 総じまして「意外に思いつかないナイスアイデア!高菜の魔力に一気にひれ伏す冷やし麺!」と言う感想。一旦ぶり返した蒸し暑さもまたどこか軽やかで過ごしやすく・・・。そろそろ本当に夏麺の終わりか?。終わってしまう前に激しくおススメ秋麺なる冷やしそば!。まだまだしつこく冷やし系を食らうぜ!そんな自身に気合を入れつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   空高く
   風は乾いて
   秋気配



   夏を惜しんで
   しつこく冷麺



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「酸辣涼麺 大盛り+ミニさけ節ごはん(サービス)」@いちばんやの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/07/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/FpvDopBAieY

<意外と気が付かず通り過ぎてた店!ちょっと変わった冷やし麺を食ってきたよ!>

 どうも自由が丘でしかランチ取れないというある日。冷やし中華をまだ追及したいと、「梅華」を目指しました。目算もなく、中華料理店だったらフツーにあるだろうと思っての行動でしたが、なんと改装か何かで店が閉まって工事中!!。あっちゃーーーーと膝落ち気分になってたところで振り返ると、立て看板。それが今回こちらの「いちばんや」さんです。

 一点だけご注意点。お手洗いで頭をぶつけないように。焦って注意を見落としてしまったオレです。




<全体> なかなか涼感溢れる上品さ風流さ!中華よりも和の風吹く涼麺だった!

 まあコブはできてないようなので安心あんしん。打った場所を右手で抑えながら、元いた席にもどって気持ちを切り替えましょう!。まだ混雑する前なので冷やしと言えど妙に配膳が早かった!。運ばれた麺顔はこんな感じです。

 おおお!予想外にさっぱり系やがな!店前サンプル写真より出来栄え良し!。そして酸辣湯イメージのどろどろ玉子溶きなスッパー迫力は皆無。寧ろ淡麗な和風感・落ち着きある涼味を連想させます。サラサラした透明感あるスープには所々、控えめに辣油の輪が浮かび漂う。トッピングも青々としているなかで、メンマもしっかり投入されており、一段と和風らーめんと感じさせるかも。なるほどぉ~こう来たか!なかなか涼感溢れる上品さ風流さ!中華よりも和の風吹く涼麺ではないか!。




<スープ> 節と昆布の良く効いた和出汁が響く!酸辣の刺激抑えめにして淡く甘い酸味がナイス!

 見栄えの迫力に嬉しさを隠しきれず、にんまりしながらスープを啜りますが、白いレンゲで透かしてみると柔らかく霞みがかった透明感。これはエキス感ってやつでしょうかねー。そして味わいますと、「酸辣」感覚で構えていたらすっかり肩透かしを食らってしまう穏やかさ。確かに辣油も感じるが香り程度だわ。そして酸味の方だが非常に遠くに感じる程度で、清涼感を風で感じる程度の酸っぱい感覚。この時点でハッキリと「和風涼麺」と頭が切り替わります。

 そこから素晴らしいのは和風出汁の風合い。少々油の浮きが見て取れますが、殆どアニマルオフかと思う軽やか魚介の味がベースで広がります。店の蘊蓄書きによりますと、鮭節だそうで・・・これが節系の中でもどこか分厚い風味を生み出している感じです。特に節系の旨みがほのかな酸味と相まって旨し!。また塩気とあまり感じない旨みの輪郭なので、醤油感もサラサラない。実は白醤油ですよと言われても、これじゃ気付かないわな・・・。また昆布の旨みも沁みているのだろうか・・・この淡麗感・落ち着き感は半端ない。もうこの時点で出汁茶漬けにして最後は〆ようと決意いたしました。




<麺> 質感あり!麺の風味がすごく伝わるクツクツさ!麺の味わいも感じる好感触!

 お?これも意外!麺が想像以上に旨いではないか。大盛で+120円という設定だったがひょっとしてコダワリの麺なのかと感じました。「プライムハード」使用とのこと。一時期一気に中華麺用として拡大しましたねー・・・。個人的にはラヲタ化したころに有名になったので、ブログやレビューなんかで知ったかぶり炸裂でコメントしておりましたが、ここまで定着するとは思ってませんでした。元々はふすまの入った素朴な麺表情が好きなオレですが、プライムハードのように殻など一切感じさせない白さの麺も好き。特にストレート麺で風味を感じる湯で加減が好みです。

 これが実にその好みの風合いドンピシャ!。スープが超淡麗であるのもあって、麺の風合いが豊かに広がる~。芯などないのに、クツクツクスクスとした歯応えがありしっかりした感覚。前歯で千切った瞬間から鼻孔に届くような香りの妄想!。奥歯で潰すときは確実に粉の風合いを発揮します。それが段々と糖化した旨みと感じられて、ラーメン感覚を高める!。

 それにしても地肌が漆喰のようにきめ細かいねー。しなやかさもあるけど、この細かさが汁の持ち上げにも貢献してるんじゃないかな?。風味が良い上に汁の持ち上げによるスベリもナイスなので、こういうところも実にポイント高い!。のびる心配の低い冷やし麺なのに、旨さのあまりズボボボボボボーーーーーーっと超高速で啜り食いましたがな!。




<チャーシュー> 豚バラ肉!冷たくても脂の蕩けと炙りの香ばしさが鮮烈!

 豚バラ肉は私の原点。幼少時代は極薄スライスで楽しんだが、学生時代にはもっぱらロール肉スライスで肉の世界を深堀させてもらいました。そしていい歳になったころには、炙りが流行りだし脂が焦げて香ばしいやら、片面炙りなど広まりだしたのだった。だいたいこの辺りから、私はラヲタ化が進んだんですー。だから非常に懐かしさもこみ上げる旨さなのです。

 蘊蓄書きによれば「ミネラル麦豚」。ブランドと言うより、要するに良いエサ食わせてのんびり育てた豚らしいっす。ストレスなければ旨くなる?。そんな脂身から流れる油は、妙にキラキラした透明さがあり甘味が深いじゃないか!。そして例外なく炙りの香ばしさと最高にマッチする。噛みたくなるが噛むと無くなるので惜しくなる・・そんな旨さで、いつまでも口の中で残ってほしいと思いつつ・・・最後は負けて腹の足しにしてしまうのでした。




<具材他> ちょっとの手間、ちょっとの追加だけでも質感の高まりあり!トマトとカット味玉

 汁・麺・肉と軽々と予想を超えていきましたが、細かい仕事も見逃せない。プチトマトが何気ないようですが、しっかりと皮むきしてあるところを評価したい!。プチトマトが全く別物のように甘さがアップして感じられるし、食感がフルーツそのものですしね!。そして味玉をカットでも入れてくれて嬉しい・・・。やはり味玉がないと寂しい。特製レベルの価格ならね。




<ライス> ミニさけ節ごはん:おかか飯よりかなり風味濃厚「さけ節」!後半出汁茶漬け!

 ランチタイムは3種類からミニライスを選べるシステム。正直言うと、「さけ」と「ごはん」だけ目に入って鮭のほぐし身と勘違いしてたので、実物来てちょっとびっくりした(笑)。さてこの「さけ節」ですが、おかかご飯よりは比べる必要もないほど、味が濃密。ご飯が進みます。ミニライスだったから軽く食い切るはずだったが、途中で決めたように、すこしスープを垂らして茶漬け風にしてみました。さらに節の旨みが増して全く喧嘩しない旨さとはこのこと。ミニではなくフルスペックでもサラサラと気持ちよく平らげていたことでしょう!。




 総じまして「奇抜と思いきや・・・とっても丁寧和出汁の冷やし麺!穏やかさを楽しめ!」・・・と言う感想で、何だか上から目線ですみません。、この夏もう終わり?もう最後?と毎日冷や冷やしながら探す冷やし麺。初めて食らう「酸辣系冷やし」ですしちょっと他にも探してみたいと思います。ちょっとハマったかも・・・。そんな興奮を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   蒸暑さ
   気分さっぱり
   切り替えて



   旨味さっぱり
   軽やか涼麺



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やしアボカドつけめん2019 大盛り+サービスライス」@ONLY ONE NOODLE 壱富士の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/05/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/foV9wcEScKk

<冷やし麺・・・そろそろ食らうも一苦労??>
 
 「冷やしアボカドつけめん2019」という一杯。おそらく2019バージョンということで、もう来年夏はお目にかかれないのでしょう。アボカドってめちゃカロリー高いのは知ってましたが、妙に腹が減っていたため、麺大盛とさせてもらいましょう。こうと分かっていればポイントカードを持って来ればよかったよ・・・。
 
 
 
 
<全体> この夏シーズン食い続けた冷やしの中で・・・どれにも似ていない唯我独尊的創作系!
 
 おおお!これはまた想像を超えた展開!。サンプル写真が粗くてよく見てなかったのもありますが、こんなに凛とした麺皿の優雅さ!そしてつけダレの謎めいたモスグリーンのクリーム感。自宅で嫁さんが毎日バーミックスで緑のスムージー作って飲んでるのもあって、見慣れた風もあるんだが・・・冷やし中華?冷やし麺?として眺めるとこれは事件だと思えるほど奇抜です。そして笑いそうになるのが柿の種。薬味か具材としてプカプカと浮いているではないか!。2019夏も終わろうとしているタイミングで、最大のエポック的一杯に出会うとはラーメンの神様に感謝!。
 
 
 
 
<つけダレ> 野菜はこんなにも甘味があるのか!ワサビ&クリームチーズも飲み込む分厚い甘味!
 
 さて問題のつけダレ。ほぼ野菜ポタージュです。アボカドは森のバターとして有名で私も自宅でディップ作る時にはよく利用する食材。だからこれほどまでにトロトロ状態になるのがとても興味が湧くところです。感覚的にはアニマルオフな味風景。トウモロコシの冷製ポタージュに匹敵するほどの糖度ありと感じます。これが全く塩気を介さないかのような甘味の徹底ぶりですので、ここがポイント。これは食べ手を選ぶかも??。
  
 アボカドとサワークリームはとても相性良いんですよねー。なので味変薬味を貰ったとき、これは絶対合うと確信です。だからクリームチーズとアボカドはイメージしやすいんですが、ここに「ワサビ」が溶けているとは大胆だね!。確かにキリリとした刺激が欲しくなる甘味の海ですし・・・これが実に合う。ちょっと甘さが重くなってきたのもあったので、もっとあっても良かったくらい。最後は黒コショウを入れたりして、オリジナル味変して遊んでくいました。
 
 
 
 
<浸しダレ> これはほぼ・・・そばつゆ?うどんつゆな味風景!妙に懐かしむ甘味!
 
 説明によると麺丼にもスープが浸されてあり、そのままでも食べられる。またつけ麺風にしても良しで、麺丼のタレが、アボカドつけダレに交じり合ってゆく変化を感じてほしいとのことです。さてそんな麺側のタレですが・・・こいつも意表を突くよ!。ひとことで言えば「めんつゆ」に近い感覚(笑)。しかも出汁の甘味が強く、カエシはかなり控えめとすら感じるほど。アボカドつけダレで甘さイメージの下を、めんつゆタイプの二番手の出汁で味わうという流れとなります。ここもちょっと意見が分かれるポイントかもしれません。素直に、ワサビが追加薬味で用意されておれば、バクバク食えるという感覚。
 
 
 
 
<麺> 淡いクツクツ感と引き締まったモチモチ感!微妙に縦伸びするような明るい弾力がいいね!
 
 ふたつのつけダレで相当面白いこの一杯。麺については、フツーな姿でフツーでない旨さでした!。さすが壱富士という感覚。見た目も味も上品です。クツクツとした歯応えはとてもフレッシュで、淡い感覚が小気味よい。ふわっと風味も感じるし、サッパリといただけそうです。それでいて・・・細いラーメンにしてはもちもちとした食感。さらに歯で千切ろうとすると縦伸びしようとする弾力感もあります。要するに食感が引き締まっているのに、どっか明るい。
 
 そのままズボボボーーーーっと啜ると、薬味のアラレやらフライドオニオンなどの抵抗はあるが、ざるそばのように一気に啜り上げられる。ズボボボボボボボーーーーと永遠啜っていられますよお(ウソです)。さて今回は妙に腹が減っていたので麺大盛にしましたが、つけ麺だとかなり多い!。300g近い腹回りなのだが、そうと知っていたら、サービスライスは辞退するか、ライスもらって大盛却下するべきでした・・・・。嗚呼、これ食ってから腹パンで死にそうだった(爆)。
 
 
 
 
<薬味他> アニマルオフはトッピングにまで徹底!柿の種とメンマが妙に愛おしい!
 
 トッピング的には見栄え華やかですが、チャーシュー等の主役がないのが特徴です。アボカドはタレに溶け込んでいるため・・・。ただ、その中に材木上のメンマが入っております。そしてホールで投入された柿の種。今回、これがこんなに愛おしいとは思わなんだわ・・・・。
 
 さてサービス「ライス」ですが、本来ライス割にしてつけダレ諸共食らうところだったけど、麺大盛がきつすぎたものの、そのまま最後に胃袋に押し込みました。甘いタレにライスを入れる気がしなくて・・・。こちらは、ランチタイムは、白飯の他に「炊き込みご飯」も選べるので、この場で共有させていただきます。
 
 
 
 
 総じまして「甘党なら絶対オススメ冷やし麺!ゆく夏惜しむ甘露の愉悦!」と言う感想。いやぁ~夏麺活動の最終局面に、こんなにもファンキーな冷やしつけ麺に出会うとは想像もしてなかった。東京ほんと広いや・・・いつも驚かされることばかり。そんなゆく夏の哀愁感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空腹に
   空はさやけき
   ランチ時
 
 
 
   夏の残り香
   冷やしが甘し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「ハートランドビール 中瓶 → 冷製浅利白湯SOBA」@神保町黒須の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/03/000000_1
とまそんのYouTube: https://youtu.be/EFYTXyulQmQ

<ますます創作系に威力と進化!そんな黒須にまた来たよ!>
 
 しっかしもう相当な人気店だ!。食べログTOP1000店だもんなー・・・ゆうに10名以上の行列客。中にはツーリストと思われる方もパラパラ行列に加わってる。ホテルに荷物置くよりまずここだったんだろうね!熱意が伝わるわー。自分と同じ匂いを感じたりして(笑)。
 
 
 
 
<酒> ハートランドビール:これ置いてあるのも訪問モチベーションに含まれる!
 
 最近、500円でもハートランドだったら小瓶ってところが多いからなー。しっかり中瓶出してくれるところがまず嬉しい。と言うより頼もしい。この板でもかなり触れているが、一番好きなビール!まさにハピネスな気分を味わえるビールなのさ!。新発売された当時のCMソングだって、いまだにiTunesには登録済みだよ。
 
 
 
 
<全体> 見ただけでは全く味の予想がつかず!浅利のそばが・・・これほどまでにワクワクが止まらない!
 
 おおお!何じゃこれわぁ〜!浅利と聞いたからイメージは汁そばだったが「つけ麺」スタイル。白湯と聞いたから魚介系濁りかと思ってたらポタージュの風貌じゃないですか!。浅利ポタージュつけそばって感覚!?。それだけでも相当驚きなのだが、レンゲには何か特別な薬味が乗っておる。説明によると後半に、麺の方に混ぜて召し上がれとのこと。うおー!変化に富みまくってますねー。しかも左上にあるのは、スープ割りに当たるそうだ。これを最後に投入してフィニッシュなんだが、明らかに最後に味変化をさせようと言う嬉しい魂胆が見え見えじゃないか!?ウッヒョーーーー!ワクワクが止まらない。この時点で誰かオレを抑えてほしいほどに興奮しまくり!。
 
 
 
 
<つけダレ> 和風なの洋風なのか!冷製クラムチャウダーを崇高に研ぎ澄まされたようなキレある仕上がり!
 
 このつけダレはポタージュだと思ったんだが、味わい出すとしっかりと浅利の旨味が溶けているので、頭の中ではクラムチャウダー風に変換されました。つけ麺風だと少し味が濃ゆいのが通常なんだが、すでにこれだけで完成系の塩加減と旨味濃度。フランスパンを浸して食っても成立しそうだし、白飯に冷やがけしてサラサラと頂くのも絶対に旨そう。そんな中、今回は麺をくぐらせて食らうと言う流れです。
  
 和風なのか洋風なのかも判断がつかない面白さです。クリーミーさは豆乳なのか?しかし鶏の旨味もうっすら感じる中で、浅利の滋味深さがじわじわと響きます。表面に少しばかり漂うペッパーも絶妙なバランスで、淡い塩気に風味を与えつつ、旨味を引き出しにかかってるじゃないか。すごく素朴に見えるけど、味わいは崇高な研ぎ澄ましを感じる一級品でっせ!。あまりの不思議な旨さに箸が止まらなくなって、後になってスープ割りに苦労してしまうほど!。
 
 
 
 
<麺> この店で初めて食らう平型多加水ストレート麺!しなやかさにタレが絡みつく腰つきがたまらん!
 
 そこそこ通っている店なんだけど、こんな麺は初めてだよな・・・。いわゆる「きしめん」「フィットチーネ」タイプ。ストレートがきっぱりと麺線で、幅広型の平打ち麺です。しかも加水は高めなのでしなやかさが半端ない。きしめんの方がイメージ近いけど、冷水で引き締められた分だけ、麺の風味がしっかり残り旨味の高さが伺えます。
  
 さてこの幅広麺・・・タレに絡みまくり!。ゆるゆると言うより、しなやかな物腰は上品さを感じるほどで、箸でリフトすると光って見える。これを最初はそのまま味わった後で、つけダレに投入して楽しみます。太麺でもタレの持ち上げや絡まる性格が強いね。バランスある濃密なタレの旨味をマスキングすることなく味がフィットっていい感じです。
 
 
 
 
<謎のペースト> まるでキノコ系にグリーンカレーが溶け込んだような・・・コクと香り?
 
 スタフさんが説明してくれましたが、すっかり冒頭で麺顔に驚いてしまって、頭に入ってこなかった(笑)。これをまずダイレクトに味わいますが・・・エスニックなスパイス感を微かに感じる。そしてキノコなのか馴染みある旨味とペースト食感って感じです。後半になり、お言いつけ通りに麺に混ぜて食らいますが、個人的にはグリーンカレーの淡い味に森の旨味が広がる感覚?。そのまま食い進んでもよかったんだけど、やっぱり次はつけダレへ投入して味わいます。
  
 このつけダレに投入するとまた複雑さがまして旨さがアップ!。タレも少し味が変化したようでまた斬新な味に生まれ変わります。
 
 
 
 
<チャーシュー> 恒例定番の崇高仕上がり!低音調理の半レアな肩ロース肉うまし!
 
 この店のレアチャーシューは絶品!。ホテルで出しても遜色なしじゃな!。箸でもちぎれるししっかりとレアなのに淡い熱が通ってる。その加減は舌の熱で脂が溶けるようなイメージで、豚なのに牛脂を溶かすような旨味の広がりなのだ!。ああ・・・これは永遠に食い続けていられるからきっとゼロキロカロリー。人気あるサイドメニューに「肉飯」ってのがありますから、ぜひこちらも合わせて食してもらいたい!。オレはこの夏、冷やし麺を食い過ぎてダイエットせねばならんから諦めたが・・・(そのくせビールは飲む)。
 
 
 
 
<謎のスープ割り> ドレッシングのようで冷製スープのようなとろみ!これで割るのだ!
 
 これも冒頭で聞いたけど忘れたー。最後はつけダレが少なくなりすぎて、野菜トッピングも含めて麺も全投入。そこにこのスープ割りも投入してフィニッシュしてしまいました。かなり作者の設計意図とはずれた食い方してごめんなさい。ドレッシングと冷製クリームスープの中間的な仕上がり。淡い酸味があったようだがかなり低めなので感じない方もありかと?。最後の味変化は、通常のやや薄め淡麗なあっさり風でなく、スープ濃度はそのままで、酸味等で清涼感へと変化させると言う演出だったかと言う印象??。後半になってビールの酔いが回ってたから責任もてませんがー(爆)。
 
 
 
 
 総じまして「フルコース食ったレベルの満足感!旨さはもちろん!味の発想と移り変わりを楽しむ一杯!」と言う感動。まさに限定メニューの天才と言ったところですので、ご興味があるなら早い目に行っとけと強く背中を押しましょう!。九段下からこの界隈、他にもそんな天才をいくつか思い出しますが、東京でラーメン案内するならこのエリアかもね。そんな最先端のラーメンに敬意を評しつつ・・・、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   冷房車
   風の直撃
   背が震え
 
 
 
   黒須の冷製
   旨さで震え
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 7件

「冷やしぶぅさん・ヤサイニンニク」@ラーメン ぶぅさんの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/26/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/ZLogzPvyC4U

<二郎系としては意外と穴場なスポット!?>

 それにしてもなぜここに?。二郎系でありながら「冷やし」を提供してるからです。実は東京23区で「二郎系ガッツリ系冷やし中華」って思いつくとろが少ない・・・。そんなちょっとコレクター的な欲望が高まったというわけです。しかしいざ行ってみると、満席に一歩手前な人気ぶり。その後も客は入れ替わり、なかなか定着ぶりが伺える人気店というオーラがあるではないか!。「冷やしぶぅさん」「冷やし坦々ぶぅさん」と2ラインナップあるなか、今回は前者とさせてもらいました。




<全体> デフォルトアブラが責める・・・そんな「ぶぅさん」スタイル!

 おおお!これは宣伝写真よりは全然迫力マシではないか!。ヤサイマシ・ニンニクだけでこれほどまでにドヤ顔な表情になるのか!。いやいやそうではない・・・アブラだ。デフォルトでこの垂れ落ちるほどのボリュームアブラが責められるような気分にさせます。醤油ダレで染まってるような褐色がまた刺激的。更に糸唐辛子で飾られていて、ワイルドなようでドレッシーな風貌でございます。なるほど、ぶぅさんって脂が旨い店なのね。左右の常連らしき方は、更に別容器に入れられた脂を追加してるし、これは個人的には珍しい味展開になるかと期待が高まる!。




<タレ> 意外とクリーミー!マヨドレでもなく?胡麻ダレでもなく?不思議なマイルド感がナイス!

 そんなアブラの感覚で・・・すっかり頭の中は「豚骨醤油」と「ニンニク」のぶつかり合いが始まってました。そしてタレを確認しますが、オヨヨーーーーー!これは不思議なクリーム色!。アブラが空気に攪拌されてクリーム色になってるのかとも過りましたが、明らかにそれとは別。マヨドレなのか?ゴマダレなのか?慌ててレンゲですくい取って舐めてみるが・・・うーん、そのどちらでもないようで、オレのような駄舌では区別がつきにくい。

 まず、近年二郎系冷やしの中で主流になりつつあるマヨネーズ味だがそれではないよね。玉子由来のコクと酢の酸味はそこにはなし。一方で冷やしの別バージョンに「冷やし坦々ぶぅさん」と言うのがあるが、部品の共通化からすると、例えば芝麻醤あたりと豚骨醤油ダレとの合わせこみなのか?。全体的にはマイルドな味風景だが、甘ったるい部分はなし。胡麻の香ばしさも低いのだが・・・、実は豚骨醤油に少量の豆乳とうのなら、似たような味になるのか??。

 しかし二郎系の魂は失ってない。そりゃ刻みニンニクをこれだけ入れればそうなんだけど(汗)。クリーミーなタレの味わいの中に、豚骨エキス混じった醤油味の塩気に結びついたニンニク刺激の広がりがある。マイルドとワイルドが両方織りなす不思議な味わいと言えましょう。




<麺> しっかり冷えてるクシクシ中太平型麺!凛々しいフォルムで麺線クッキリ!脂が絡みまくり!

 こちらは麺量をちゃんと分かりやすく、メニューボタン等に表記してくれてるから嬉しい。二郎系だとデフォルトのボリュームが店ごとで違うし、読みにくいし、ヘタレなオレとしては実に助かる。茹で前200gということで自分でも収めることができる範疇です。

 平打ち麺ですが、見た目はリングイネのような丸みを感じる平型で、二郎系でよく見らえるボコボコした感覚はとても少なし。きっぱりと流れる麺のラインがとても凛々しく、クッキリ感があります。また冷やし方もいい感じで、しっかり熱がとられてクッシリと明確に感じられるまで締められた冷やし感。おそらくこれは氷水によるもの。仕事が細かいです。

 オーションのような褐色にも見えますが、とにかくアブラが絡みまくってすごい。覆い尽くすって感じで、具材をいろいろ巻き込んでくるから、歯応えも複雑。しっかり奥歯で噛み締めながら潰すように食進めてゆきます。モヤシ・天かす・ニンニク・薬味ネギ等がアブラに溶け込み、シャリシャリと音を立てながら麺と一緒に潰れてゆく。それらの味の重なりに唾液腺が一気に噴き出し、旨みへと昇華!旨くて顎の線が急に痛くなるわ・・・。





<豚> 完璧なる豚バラ肉のブロック塊!脂のトロミが赤身に染みて・・・全体的にトロトロなのだ!

 いやー・・・豚が旨い。二郎系の店は豚がある意味命かもしれませんが、ばら肉ロールは分厚くて・・・引き出物のバームクーヘンかと思うほどに分厚く、アブラの膜に覆われて旨し。皮に近い部分の脂の甘さが芳醇で蕩ける。それがまるで赤身にも浸透しているかのうように、赤身まで蕩けるようにほどけてゆく。肉も脂もトロトロ状態であり、箸で持ち上げる以前に差し込んだところで、既に自重で崩れだします。




<ヤサイ他> 殆どモヤシ!事前申告で多くから選べるシステム!

 こちらは、ニンニク以外のコールは事前確認制です。10種類から選ぶシステムですが、限定(冷やし等)は1つ、フツーのラーメンなら3つチョイス。冷やしのサンプル写真が大人しい感じでしたので、ここはヤサイマシ!そしてニンニクとさせていただきました。本当はキクラゲと激しく悩んだのですが・・・・。さてそのヤサイですが、モヤシ100%?でございます。しかし程よいシャキシャキさがナイスで、クッシリ中太麺を受け止めるかの如し。モヤシも熱を取ってるのか全体の温度センスにも馴染みます。暴力的な盛りでもないので、私のようなオッサンでもクリアできる程度。おススメです。

 その他もいろいろ気になるトッピングあり。例えば「天かす」。二郎系冷やしではすっかり定番化したアイテムですが、この前半のカリカリ感と後半溶けたぷよぷよ感のギャップが楽しい。またタレに溶けてしまえばコクも厚みを増すような気がしますし、なかなか優れものです。また「うずら」は2個でデフォルトで入ってます。アブラの下に隠れてしまって見た目存在感ありませんが、豚骨醤油ダレに染まった味わいが、濃密な鶉玉子味にはピッタリ。これを追加するのも激しくおススメかと!。
 



 総じまして「ガッツリオイリー!まったりクリーミー!ハイブリッドなジャンキー二郎系冷やし中華!」と言う感想。いろいろ二郎系ガッツリ冷やし中華をこの夏食ってきましたが・・・どれとも似てない個性的なタイプ。これはまた来シーズンも是非とも提供してほしいと今からリクエスト!。更に人気が高まる予感もしますし、この調子で頑張ってプレゼンスを上げて欲しいと思います。そんな応援気分が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   ワイシャツが
   汗で貼りつく
   残暑哉



   冷やしが嬉し
   J系旨し



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「グリーンソースひやちゅう」@冷やし中華専門店 HiyaChuの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/25/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/598URC_uCzs

<NY逆輸入!冷やし中華専門店へ行って来たよ!>

 冷やし中華専門店って・・・冷や中ヲタクな私としては嬉し過ぎる!。雰囲気からは想像できませんが、NYから逆輸入の冷やし中華だとのこと。なので少し洒落たメニュー展開となってますが、ご店主はおキレイな女性一人のワンオペスタイル。こういう美しくも逞しき女性たちが徐々に頭角を現してきましたね!。令和のラーメンはこんな方向性で更に発展してほしいものです。基本メニューは「ブラックビネガー」と「グリーンソース」。前者はなんとなく味が予想できそうなので、初訪ですが「グリーンソース」の方をチョイスさせていただきましょう!。




<全体> 予想よりオーソドックスな見栄えにグリーンソースがチラチラ〜

 昼飯時だとすぐに満席になりそう。カウンター6席がすぐに埋まります。狭そうな厨房で孤軍奮闘なご様子。まるでトヨタ式生産方式の作業現場のような機能的調理フローとパーツの配置?。食器洗いなどこなしながら、タイムリーな手捌きでスムースに配膳が進みますよ。そんな効率性を感じながらの麺顔はこんな感じ。

 おおお!もっとアメリカナイズされたような無国籍の料理のような大胆さで構えていましたが・・・案外王道。都心の冷やし麺らしいコンテンポラリーさはありましょうが落ち着き感があっていいね。しかしよく見ると具材等に工夫が忍ばされているようですが・・・。それにグリーンソースにやはり目が行きますが、どこかイタリアンにも感じる風貌がチラチラ見えて、食う前から気になるぅ~。




<タレ> 葉野菜のペーストに醤油と山椒!ほぼジェノベーゼに化けるのだ!

 メニュー説明には、野菜ペーストが主体とあります。これに醤油を合わせて馴染みを感じさせるようですが、山椒をピリリと効かせているという箇所が、個人的には魅惑的~。予めしっかりと麺に絡ませてありますので、タレだけを確認できませんでしたが・・・ワクワクしながら味わいます。

 おおお!これほぼジェノベーゼって感じですよ。野菜ペーストとあるがそれバジルか和紫蘇か混じってないかという感覚で、清涼感がたまりません。酢が効いているのか不明ですが殆ど感じない程度。また松の実が混ざってるので余計にジェノベーゼ感がありありです。やっぱり面白い味になってるのは山椒の仕掛け。刺激度は低いけれど、チリチリと山椒の刺激が実に痛快に突き抜ける旨さですよ!。この点でイタリアンではない感覚で、ちょっとした無国籍感も味わいとしては楽しい!。




<麺> 引き締まりとモチモチ感の中間!ボコボコ捩れて生パスタな感覚?

 先入観・固定観念というのは根強いもので・・・一度「ジェノベーゼ」というワードが頭に浮かぶと離れない。麺をすすってもパスタと感じてしまう。キンキンに冷えているわけではないが、これがなかなか楽しくなる食感であり、ボコボコした中加水の中細麺が味わい深いです。これでもか!と言うほどしっかりとグリーンソースに絡んでおり、ニュルニュルとしたやや重めのスベリ心地。ズボボっと強く短く啜り食う感じです。

 ペースト的なソースのねばりを受け止めるしっかり腰つきも印象的。奥歯で潰すと引き締まりあるヌツヌチさ。しかしながらモッチリと生パスタでも食ってるような明るい弾力も感じさせます。また具材とよく絡まります。ボコボコフォルムがトッピングの野菜たちをひっかけてくる。これは最初から混ぜ混ぜを尽くすほどに混ぜ返す方が旨いに決まってる感じです。




<チャーシュー> 上出来な今風低温調理の肩ロース肉!

 今や定番とも感じる低温調理の半レアチャーシュー。王道のコンテンポラリーとも言えましょうか。赤身と脂身のバランスもよくキレイに見える豚肩ロース肉。薄味です。肉の旨味しかしないのかと思うほどで、タレなどいろんな味にも合わせやすいかも。歯応えは割としっかりしており、肉食ってる感覚で楽しめます。上品な仕上がりで辛口白ワインでも合うんじゃなかろうか。大盛とか肉増しとか、そういう対応してくるのだろうか・・・メニュー表にはそんなそぶりが無かったが。今度聞いてみよう。




<他具材> 挽肉じゃないよ〜・・・ツナチャツネ!結構満足度あるね〜

 ちょっと見えにくかったのですが挽肉じゃなくツナです。配膳の時に説明してくれまして「ツナチャツネ」とおっしゃってた。個人的にはツナと言うよりシーチキンと呼んだほうがピント来るんだがな(笑)。そのまま食っても旨い素材ですが、焦がしネギなどと炒めに詰めたような仕上がりになっており、野菜類の旨さも浸透しているという優れものです。後半になったら混ぜてくださいと言われたが・・・性格がせっかちだから前半早々に全部まぜちゃった。挽肉よりもヘルシーでバクバク食えるからいいね。これも追加できるのか知りたい・・・。

 そのほか野菜類は、プチトマト・レタス・キュウリ・紫たまねぎ・オクラ・三つ葉・・・と結構カラフル。ハーフ玉子は味付きじゃなくゆで卵。そしてなぜかワカメ。NYでもワカメはトッピングとしてウケているようですな・・・。




 総じまして「新たな気付き覚える和魂洋才!新進なる逆輸入冷やし中華!」と言う感想。逆輸入と聞いてもっとごっつい感じとかファッショナブルな展開かと妄想してましたが、落ち着きある旨さに斬新さも感じる旨さで、かなり好きな系統かと!。冷やし中華専門とFrom NYという感じで・・・ニッチ&グローバルで頑張っていただきたいと思う次第です。小さいお店だけど頑張ってください。そんな応援気分が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   王道に
   新たな刺激
   忍ばせて



   和魂洋才
   冷や中旨し



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件