なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.276点
最終レビュー日 2019年10月22日
3,915 2,441 13 23,657
レビュー 店舗 スキ いいね

「キリンラガービール中瓶 → 五目チャーシュー油そば」@中華そば みたかの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/22/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/fviVE6NVWCw

<It’s my basis ・・・中華そば みたか>
 
 実に久しぶりにマイ・ベース店舗「中華そば みたか」にやってまいりました。いえねー・・・朝から夜まで一口も飯を食うタイミングがなく、気持ちも緊張感あったからずっと凌げたんだけど、帰宅時には流石にダウン寸前。こういう時って、何が一番食べたいか!って素直に思ったり感じたりする訳で、自分の心に耳を傾ければ、ここに来てたって感覚です。それほど・・・It’s my basis ・・・中華そば みたか。
 
 
 この気持ちは、過去にこの店に対する愛情をまとめたので、もしご興味があれば覗いてみてください。
 
 【実録】 「中華そば みたか」という店!この愛が止まらないのでまとめてみた!
  https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/25/172911
 
 
 
 
 
<酒> キリンラガービール:昭和生まれのオッさんたちに大きく影響を与えた銘柄なのだ!
 
 この店ではビールを飲まずして過ごせないのです。そういう雰囲気ありあり。もちろん、ラーメンだけでも清々しく接客してくれますし気兼ねありません。この日は、スゲーツワモノ常連さん達がおられて、ビール瓶が10本は並んでたのが見てて笑えた!
 
 
 銘柄はキリンラガービール。スーパードライがヒットする前はトップブランドですよ。まさに昭和後期の名ブランド。これでビールの味を覚えたオヤジたちって結構居ると思うよ。まだ大学生の頃、親父のビールを勝手に飲んでて、一度喧嘩ごしに怒られたこともあったっけ(爆)。そりゃ・・・仕事から帰って楽しみにしてた冷えたビールを・・・全部オレが飲んでたんだから、そりゃ怒るぜ。今度の墓参りに重ねて詫びるつもり。
 
 
 
 
<全体> 令和の感覚では迫力が少ないかもだが・・・これは「昭和」感も味わうものなのだ!
 
 お?知らぬ間に若いスタフが加入してるね!。なかなか常連さんとも会話が弾んでるし、有望株なんじゃないですか!?。そんな頼もしい目線で新人君を眺めていたところで、今の店主から直々に配膳が完了です。それはこんな感じ。
 
 
 おおお!すごく昭和って感じしませんか?この麺顔。今回は半熟卵にしたんだが、固茹で玉子もOKだし、ピーマンが乗ってて、チャーシューが別にあるのにボンレスハムが乗っている。ピーマンとボンレスハムが、昭和の食卓って感じがいつもするのです。なので令和の今にあっては違和感とかノスタルジー感覚があるかもしれませんが、リアルに昭和を過ごしてきた記憶あるオヤジどもは、きっとこれ見て嬉し泣きすると思うのよね・・・・。しかも、こんな一杯をとても若い世代が切り盛りしてるって感じだから、思わず応援したくなるって感じです。
 
 
 
 
<タレ> 黄金比かと思われる醤油ダレ!油も多めで野菜の出汁も沁みるのだよ!
 
 タレがうまいよね。まさに醤油ダレって感じで、香味油もすでにタレ壺に溶けているような感覚。深く酌で掬い醤油濃いめの部分を丼に注いだところで、タレ壺の上澄みとして浮かぶ油の部分を掬って追加して垂らします。この仕草とバランス感がかなりの感覚的でして見ていていつもドキドキするよ。かっこいい!。醤油の風味を感じるコクもありながら塩気も伝える。そして油の余韻がどこかしら甘くも感じさせて、これまた憎い旨さだわ。白い粉(グルタミン酸)も塩気に結びつくが、やはり分かりやすい旨味という感じで広がります。
 
 
 油そばとは言え、多少のベーススープは入ってます。レンゲ3杯くらいだろうか・・・。そのため正確には汁なし系と言う割には、スープが多めです。そこに極細微塵のネギが溶けてゆくから、ネギの旨味と歯ごたえもプラスされる仕掛けです。実はこのベースのスープには、昆布類と葉野菜が半端なくエキスが溶けているので、実はとても健康的。白い粉で皆さん少し先入観あるようですが、しっかり健康的に作り込みされた一杯なのだとお伝えしたい!。
 
 
 
 
<麺> 「中華そば みたか」の代名詞!和蕎麦ライクなストレート麺は今日も健在なのだ!
 
 もう何度も伝えますが、この麺は唯一無二です。個人的には「和蕎麦ライク」と称してますが、表層のざらつき感や見栄えの灰褐色など、総合的に感じてもらいたい次第。もちろん歯応えも中華麺と和蕎麦の真ん中をゆくようで、ボソボソしていそうでグルテンの旨味も伝えるというバランスの逸品なのであります。
 
 
 ラーメンなら「麺カタメ」と指定すればその素性を素直に味わえるはず。また今回の私のように汁なし系として「油そばで!」とどのメニューでもアレンジを伝えると面白いかと。やはりどこか和蕎麦ライクな風合いは、汁なし系の方がしっかりと感じ取れると思う次第です。ボソボソ感が美味いと思うラーメンは、めったにお目にかかれませんぜ!。
 
 
 
 
<豚> これこそ昭和スタンス!昭和ノスタルジー!昭和スタイル!なチャーシューに違いない!
 
 昔・・・昭和ラーメンのチャーシューってこんなもんでしたよね!。スープ生成にすごく寄与したと思われる油の抜け具合。そこに少し塩気が残っているものの、醤油系のタレをかけたり、スープに浸したりして味をプラスするのがポイント。平成令和で爆発的に進化したトロトロチャーシューからすると実にクラシカルな味わいですが、オッさん世代には肉食ってるありがたさですよ!昭和の思い出としてフラッシュバックいたしましょうぞ!。
 
 
 ちなみに常連は、座ったらまず「ビールと豚!(チャーシュー)」と伝えてそれつまみ食って飲みながら長居する(爆)。2本程度中瓶を空けてからおもむろにラーメンを注文するのが、ここではかっこいいのです。麺半分でなんて伝えたりしてね。ラーメン屋でいかにラーメン食わずにカッコよく酔えるか・・・それがこの店での粋ってやつかもしれません。
 
 
 
 
<他トッピング> ハムとピーマンとクタクタもやし・・・牧歌的なトッピングに半熟卵が揺れる!
 
 こんなに意識してピーマン食うのは、近年ではこの店の五目そばでしかないかもしれません。子供の頃はよく食わされたが今となっては前向きで食ってるオレ。そしてボンレスハム?が入ってるのって嬉しくて泣ける。別にチャーシューの代用じゃないから、善意のトッピングですよ。ハムは好き!シルベスタ・スタローンのハム好きには負けるかもだが。
 
 
 またモヤシがクタクタで汁を吸い込んでいるからいいね。オレが作るモヤシ炒めはいつもこんな感じになるから、親しみも湧きます。そして半熟卵が嬉しいー。麺の茹でがまで同時進行で作ってくれますが、タイミング絶妙!。割りながらとろける卵黄で周囲と絡めながら堪能いたしました。
 
 
 
 
<割スープ> 目が合うだけで通じ合う!割りを告げるタイミング!
 
 最後は割スープ。お願いすると柄杓を伸ばしてくれて注いでくれるシステムです。もう最近だと目が合うだけで、柄杓を準備し始める感覚だよ(笑)。ただ、柄杓を伸ばして注いでくれるが、ストップのタイミングはこっちから告げないといけないので、忘れないように!。野菜と昆布が生きたベーススープだから、別に割の量が過ぎてもウェカムな旨さなのだが。
 
 
 
 総じまして「まさに三鷹の指定文化財的プレゼンス!受け継がれる喜び!」と言う感動。これは実に飽きませんなー・・・。ラーメンに限らず店全体が。消費税アップしたというのに、ラーメンは相変わらずワンコインの500円だし、オヤジどもだけでなく若い学生さんたちも実は重宝してる店。着実に受け継がれる文化的ラーメンに乾杯なのです!。ここは誰にでも激しくオススメ!。そんな応援を今後も続けてゆくとして・・・、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ゆらゆらと
   癒し求めて
   ビル地下に
 
 
 
   癒しのラーメン
   昭和の香り
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 50件

「辛味中華そば+味玉」@中華そば 西のの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/13/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/6KNBZGy-AdM

<台風接近中でもめげずに営業!>
 
 台風19号大接近でございます。早朝からスゲー雨。午後からもっと酷くなる上に風が増す。この調子じゃどこも営業してないだろうなー・・・って思いつくところ片っ端からTwitterでチェックをしますが、ななななんと暴風雨の様子見ながら営業中とのメッセージを発見。それが「中華そば 西の」さん。東京西エリアのラーメン好き家族に大人気「小金井大勝軒」の元店長の独立店だね。こんな状況で孤軍奮闘してるんだったら、これは応援しに行かねばなるまい!。
 
 
 
 
<全体> 落ち着いた辣油感!優しい辛味感覚の中華そば!王道の安寧崩すことない麺顔!
 
 きっと寂しい店内なんだろうなー・・・なんて訪問してみたら真逆!。熱い常連さんたちが集まってた(汗)。まあ混雑ってほどでもないが、いい感じでアットホームです。私自身アウェーな感じもなかったですし、外の嵐とは打って変わって居心地もよし!。今回は前回未提供で食えなかった「辛味」を今回試すことといたしました。ほどなく配膳されたのは、こんな麺顔でした!。
 
 
 おおお!辛味ということでもっと攻撃性あると構えていたが、なんともナチュラルな中華そば感!。確かに辣油の影響でややオレンジ色に染まってますが、よくある「旨辛」「カラシビ」とは真逆の落ち着き感。まさしく中華そばを逸脱することなく、また崩すこともないようです。ラードのコーティングの真下に、微妙に浮かぶ背脂と辣油成分の混じり合うところが美しく、メンマの隙間に入り込んだりして見ていて飽きない。色白なチャーシューにゆっくりチョッカイを出すように染めんとする辣油も面白い。
 
 
 
<スープ> 背脂のゆったり感に自家製辣油が溶ける旨味は「余裕」ある辛味!醤油感や魚介感も損なわず!
 
 まず全体的に、ベースのスープがマスキングされないところがいいですね。こちらのスープは豚の旨味がしっかり煮出されており、しつこくないところが特徴。ラードも薄っすら感じる上に背脂が細かく見えるので、秋冬には嬉しい仕立てです。豚骨醤油!と分類するほどパンチは効いていないが、むしろ無骨に見せてそこが上品と言えるかと。そして魚介がしっかり目に溶けているのが私個人的には注目しているポイントでして、豚骨旨味に魚介が滲むところがダブルの甘味となっております。節や煮干だけって単純作業ではないと思うよきっと。
 
 
 そうそう!その魚介エッセンスが、流石に辛味・辣油や唐辛子のインパクトには飲み込まれるだろうな・・・と思ってたがむしろ逆。しっかり残っていたというレベルじゃなく、逆にしっかり存在感があったのが意外でした。味がカオス化する際、バランス変えて複雑さを面白くするだけのタイプではなく、辛味アドオンにして・・・元味を崩さず深みや高まりや広がりを感じさせる展開。これはいいね。
 
 
 全体的には「背脂」と「辛味だれ」という2トップ、2フォワードが旨さを牽引するってイメージで、グイグイと食い進められます。スープは体調考えて少し残そうと思ってたが、嗚呼やっぱりまんまと完飲してしまった(笑)。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:やや中太の縮れ麺!加水高めで密度感は中間レベル!グルテンに浸透するスープエキス!
 
 どうやらつけ麺も同じみたい。それくらいに、汁系としてはやや太さを感じます。そして縮れと捩れの強さ。もし平打ちだったら、すぐにでもピロピロ部分が発生することでしょう。これが常連の人気が高くて「特盛」が結構出てました。洗面器か!と思う丼があちこち配膳されて、関係ないオレなのにタジタジしてしまう・・・。
 
 
 案外に汁を吸い込むタイプです。潰し込みはそれほど強くなく、ストレス少ないグルテンって感じ。そこにじわじわと汁が浸透してゆきます。この吸い込んだ部分がライトで美味い!。ラードと辛味の辣油を潜り抜けてはエキスを貼りつかせるのですが、諸共にして奥歯で潰すと瞬時に糖化が進むような旨さの一体感!。病み上がりの身体とは思えぬ食うスピードの早さよ・・・ここでは大盛り必須かもしれません。
 
 
 見た目の通り、表面はツルツルにしてボコボコしたフォルムですので、口当たり・舌触り・内頬や喉奥のタッチ・喉越しシルエットなど・・・優しくて明確!。あまり噛まずに飲み込みがちな人なら、ググッと楽しめるタイプでありましょう。
 
 
 
 
<チャーシュー> 上品な豚のロース肉!薄味をそのまま味わうも良し!汁を浸し切って食らうのも良し!
 
 ロース肉のようす。注文を受けてから、調理手袋をいちいちはめてから必要分だけスライスカット。デフォルトで2枚供されます。切り口の薄いピンク色が好印象で見た目通り薄味。こちらではアルコール類が未提供なのが残念ですが、これは酒に合うタイプの淡麗肉味。そのまま食らうのも良しだが、酒がないならググッと汁に沈めてから食らうのが旨いです。特に今回は辛味をプラスしておりますので、淡白な旨味に辛味が付いてアクセントがつくかと思われます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> フレッシュ感ありつつ・・・薄めの出汁が深く浸透してマチュアな旨味が深い!
 
 色白の味玉で、薄味浸透か塩ダレタイプかのどちらかとわかります。これは前者なのですが、予めハーフカットされてる為に、食う仕草でスープが激しく揺れますから、味玉にもスープがかなり付着します。そんな状態で食いますが、見た目がフレッシュな反面、味わいは濃密でマチュアな味風景。じっとりと熟成した卵黄の旨味が広がり、舌にまとわりつきます。やっぱりスープも混じって濃密な味をアクセラレートさせてる部分はありますが、これは確かに旨いぜ。麺大盛りに躊躇したなら是非!こちらの味玉追加でいかがでしょう!。損は決してしませんぜ。嗚呼、やっぱり今回もそうだったか・・・味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「嵐の騒がしさも忘れてしまうほっこり感覚!辛さもマイルド!安らぐ辛味感覚!」という感想。今回は、台風接近という暴風雨の中、食えただけでも拾いもんなんだけど、これだけ旨いとさらにラッキーって言葉じゃ足らない気がしますねー。こりゃ天気が良い日でもまた来なきゃ。西東京市のラーメン熱が最近上昇中ですが、この勢いで地道にプレゼンスを上げてください。ここも激しくオススメ!。そんな応援とこんな嵐の中で食えた感謝を込めながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   駅前も
   嵐近づき
   閑散と
 
 
 
   負けず営業
   気合いも嬉し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「特製中華そば」@中華そば 竹むらの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/08/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/0u7WDeVuEt8

<思い出すとすご〜く食べたくなる明るい醤油系!>
 
 この日は昼飯タイムはガッツリと全部資料作りにささげたので、午後は移動ついでに遅れてJR目黒駅界隈で食いました。東口に向かえば「麺や維新」。西口に向かば「中華そば 竹むら」。そう思いつくなか、訪問回数がまだ少ない、「中華そば竹むら」へ・・・。いざ店に近づくとおおお・・・外待ち行列!!(泣)。違いました、隣のとんかつ屋の行列でした(笑)。それにしても凄い人気だな・・・・ちょっと後で調べとこ。店前の写真メモを撮り終えて早速中へ。
 
 
 
<全体> まるでバックライトでも当たるようなピカピカ明るい鶏油と醤油の漲るパワー!
 
 おおお!照明の加減もあるが見るからに麺顔全体が眩しい程に明るいやないの!。いかにも鶏油系のコクが溶けているのが分かり、ゆったりとした香味油の帯が雲のように流れております。そして澄み切ってるベースのスープもさることながら、醤油の色合いが濃ゆいはずなのに透けて見えるような明るさじゃないか!。今回も特製にしたため、肉感を始めメンマも増量アップで味玉も追加・・・なんとも明るく豪華な丼風景なのだ。
 
 
 
 
<スープ> 円やか醤油とコク甘鶏油だけではない!干し椎茸の滋味も滲むのだ!
 
 レンゲもスープの色合いをご覧あれとばかり凹みにスープが覗くよ。もはや醤油ブラウンではなく、鶏油が溶けてディープオレンジとでも感じてしまう。旨いに決まってるやつ、分かり切った旨さをゆっくりと味わい始めますが、思わず一口目から深いため息がでます。鶏油が映える醤油感。醤油のカエシ感覚はそれなりにキッパリとしているのに、分厚い鶏旨味が全体を覆うように深くまとめ上げ、醤油味のはずなのに、甘味と感じてしまうほど。ベースの鶏ガラ煮出しも丁寧なんだろう・・・透明度がハンパないっす。
 
 
 また「飽きない」ところが今回は印象的。鶏油って多いと後半に重く感じるもんだが、これだけ芳醇な鶏コクなのに最後まで一定に飲み味わいつづけられる。明るくはしゃぎすぎただけじゃなく、どこか落ち着きがあるんだろうね・・・・。すぐに魚介とイメージを結び付けるが、煮干どころか節系さえ感じることができず、埋もれているだけなのか??。ただ、円やかな甘味についてはピンと来たところがあって、これは干し椎茸の煮汁が入ってるんじゃないかと推察いたしますがいかが?。昔実家の京都では、地元の麺類屋はかならずこれを多用しており、上京してしまうとすぐその味に反応してしまうんだがね・・・。
 
 
 
 
<麺> しっかり汁を吸い込むがクツクツ歯応えの芯が実に風味良し!替玉の誘惑!
 
 麺が旨し!。綺麗に整えられたストレート細麺は捩れなど一切なく、見ていると丼の中の枯山水のように感じます。最初の見た目は、鶏芳醇なスープをしっかり吸い込もうとしているなと分かるんですが、いざ持ち上げてみるとイメージが違う。微妙に全粒が混じっているようで、白い地肌が風味を感じさせるかも。啜りはスープの持ち上げがとてもよろしいのでとても楽。そして前歯を立てて力を入れると・・・・意外にパツっとした風合いをアピールします。
 
 
 老眼始まってるとは言え、麺の切り口に芯がしっかりと確認できます。そして周囲の部分はそれなりに鶏醤油出汁が浸透しつつあり、それなりに炭水化物と一体化する味わい。染みこんだ旨味と淡く乾いた風合いが両方楽しめるような仕上がりがナイスで、これなら替え玉したくなるぜ。とは言え・・・かなり前半で飛ばしてしまい、汁を結構飲んでしまったため、替玉どころではなくなってしまったかも(笑)。
 
 
 
 
<チャーシュー> 下味の浸透感じさせ・・・香ばしさも残す腿肉スライス旨し!
 
 とても上品な味わいのローストポークなイメージもあるチャーシュー。とてもきめ細かい肉繊維でフカフカとした歯応えが印象的であり、また脂身がとても少ないタイプの肉。腿肉と察しますが、いくらでも食えそうなほどライトで滋味深い肉です。確かに肉のチョイスがいいね。ばら肉だと鶏油感に豚脂が混じるし、肩ロースだってそれなりに脂あるもんね・・・。ひょっとして計算高いのか?。
 
 
 
 
<メンマ> 太いのが三本!味の浸透深くあっさり!歯切れもよし!
 
 メンマがチャーシューを隠すほど、麺顔アピールが強いです。しっかり太いし逃げてないよね。繊維質がサクサクとよく解れ、最近歯間ブラシがより奥まで入るようになった隙間に、メンマ繊維が挟まるようなことなく千切れる。味は薄目だが、素材味がしっかりしており、そこにスープもそれなりに浸透するから・・・思わず食うとビールに恋しちゃうよ!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 鶏旨味の明るさがそのまま表現されたような濃密さ
 
 鶏醤油の淡い出汁がしっかり浸透しております。全体が軽く褐色に染まっているなか、白身の内側はやや白い部分が残るが、卵黄への浸透力がハンパない。全体的にオレンジ色が濃ゆく、トロミが少ないけどすごくしっとりした食感。熟成とかマチュアだとか、その濃密な味わいは例えようがなく、鶏旨味がそのまま染みこんでパワーアップしたかと思うほど。旨し!嗚呼やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「老若男女や時節関係なし!明るい旨さのド・ストライク中華そば!」と言う感動。この味昨年から増えた気もしますが、それだけ人気爆発ってことでしょうし私も当面ハマってしまうでしょう。ラーメン超激戦区目黒駅界隈・談合坂・・・プレゼンスも固まりつつある頼もしさですから、今後とも大きく期待です。たまに限定なんかあったら嬉しいな・・・・なんてね。ともあれ鶏の明るい醤油ならここが激しくおススメ!。そんな応援と今後の期待が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   飯時に
   空は澄み切り
   陽は眩し
 
 
 
   旨さ煌く
   鶏そば眩し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「味玉中華そば」@おおぜき中華そば店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/06/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/7eMiPHS4i-c

<下半期のスタートに願掛け!恵比寿神社とおおぜき中華そば!>
 
 何とか上半期が形になった感じで締まってホッとしているが・・・すぐ下半期が始まるのだ。願掛けにいつもの「恵比寿神社」へ。その帰り道に、すぐそばにある「おおぜき中華そば店」で今日もランチです。それも・・・ちょっと立て込んでて、すごくズラしたランチタイム。ピーク時間は遠に済んでおります。さて何食おうか・・・。前回訪問でレギュラーメニューの白湯そばが異様に旨く感じてしまった!。その流れで今回は、王道の「中華そば」とさせていただきましょう。せっかくお参り帰りだから、味玉も乗せてみよう!。
 
 
 
 
<全体> 具迫力と汁淡麗さ!麺線の美しさ!全てまとまる感覚で魅了!
 
 おおお!味玉を追加しただけなのにこの迫力は何ぞ!。元々質感の高い一杯であるが、デフォルトの迫力がすごい!肉の質感とサイズ!味玉はそそるパステルカラー・・・更に青菜と穂先メンマも凛々しいお姿!。もはや旨そうではない。見ただけで旨いと確信するオーラですよ。そんな流れでスープの醤油ブラウンと綺麗に整う細麺の流れる姿を見ると、ヨダレが止まらないよ!。
 
 
 
 
<スープ> 鶏豚の混じり・煮干と節のエキス感・・・そして醤油のキッパリさ!カオスに崇高なバランス!
 
 そこそこ通っているこのお店。個人的には煮干そばが旨しと位置付けているんだが、デフォルトの醤油スープに今回目覚めてしまいました。動物感がしっかりと煮出されてます。これは鶏ガラ主体と思いますが出しゃばらず落ち着いた印象。豚の清湯も溶けているようで、旨味に明るさが保たれた感じでして、醤油の円やかさにぴっちりと結びついた旨味です。コクが深いのに重くなく、塩気は旨味と感じてしまう。鶏豚の混じり具合が絶妙で、馴染み深い旨さも感じたりします。
 
 
 きっと煮干もそれなりに入っているはず。風合いの中に淡く煮干の印象を感じ取りますが、ニボっと苦味は感じさせない。すっきりした甘み中心で、アジ節など白身系かもしれませんな。また節系も入って魚介感はカオスさを増している感じ。これも重くない。よく巡り会う鰹節の風合いではなく、これも煮干とブレンドされたような魚介一体感で、動物系・魚介系それぞれでブレンドバランスが素晴らしき感覚です。まさに崇高なカオスバランス!。
 
 
 
 
<麺> キッパリとしたパツパツ歯応えにしなやかさも加わり旨さで箸が止まらぬ!
 
 嗚呼・・・麺が旨い。キッパリしたフォルムの細麺で、第一印象としてはパツっとしている点。歯で切断した切り口を見ると明確に芯が現れます。ただし密度感は余裕があり、硬い印象はなく程よい汁との馴染みの良さがあります。
 
 
 食い進めてゆくうちに、半分汁を吸いつつ芯が残る状態が続きますが、このシーンが一番旨い。汁エキスがグルテンと一体化する旨味と、麺の本来風味がダブルで口の中に襲ってくる感じで、これを自分の咀嚼の力で合わせて高めるのだ。この作業がこよなく楽しく、旨さが続く・・・・。おお何と、この店のデフォルト中華そばって、こんなに旨かったのか!と再認識してしまいましたよ。
 
 
 
 
<チャーシュー> 出汁が浸透する鶏豚2種肉!淡くロースト感ある豚モモに、煮込み感程よい鷄もも肉!
 
 よく出てるし旨いのはチャーシューも同じ。豚はモモ肉だろうか、見た目はレアっぽさも残るタイプですが、下味は見た目より、しっかり目についている感じです。浸してから軽くローストしたのかな??。味の深さに、出汁と肉本来旨味を感じ、ちょっとゴージャス感ある豚肉でありました。
 
 
 また鶏は明らかにモモで、これは煮込みを感じるほど、すっきりさと出汁浸透を感じるもの。歯応えが異様に柔らかくサクサクと千切れジューシー。鶏モモは皮に近いのもあり、運動した部位でもあるから締まりと旨味が強くて好きなんだよねー。
 
 
 
 
<穂先メンマ> 単に飾りではなくボリューム感しっかり!歯切れと味わいも実に明るく旨し!
 
 何とメンマもしっかりしてる!。これは歯応えも明確でボリューミーなのが印象的。しかも2本も入ってるから、満足感すらあるトッピングメンマでして、とても上手な仕上げになってます。もちろん味良し。日本酒でも合うような上質感。青菜とともに酒ツマミになる一品です。
 
 
 
<味玉にハズレなし>  少し濃ゆい目の出汁がしっかり浸透!ちょっと面白い滋味が染みてる??
 
 薄味タイプよりやや濃ゆいめ。浸透はこれも深いが卵黄だけでなく白身も味わい深く食えるイメージです。卵黄はトロミが微妙に残った感じで、周囲はその中などは、芋羊羹より遥かに柔らかい半熟度。見た目より濃密でマチュアなコクが感じられます。気のせいだったらごめんなさい。生姜味の片鱗が一瞬あったかもだが・・・味玉にそれはさすがにないよね。旨し!嗚呼やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「いつ食ってもハズレなし!旨さにご利益感すら覚える有難し崇高感の中華そば」と言う感動。これから何かにつけて、困ったことがあったら恵比寿神社のお参りとセットで通いそうです。それにしても・・・午後の部終わりに近いというのに、神社も店も人が後から後から絶えないよ。世の中困った人とラーメン好きは相当多いと思った次第。激しくオススメ!。そんな応援と期待を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   秋晴れに
   暑さ復活
   神無月
 
 
 
   下期スタート
   願掛け拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 16件

「中華そば」@東池袋大勝軒 神奈川新町店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/04/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/87frt30yj6w

<大勝軒に魅せられて・・・神奈川新町ふ~らふら>
 
 何を隠そう・・・私は大勝軒ファン。いや大勝軒フェチ。一応東京都の看板は回ってきたつもり。ホントくどいけどご参考までに。
 
 【実録】東京都内で「大勝軒」の看板をひたすら追いかけた結果・・・・現役は67店舗 
  https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/24/210656
 
 そして次は「神奈川県」を制覇してみようかしらと妄想中。ちょっと時間かかるけどね。そんな野心の第一歩でもないけど、ずっと前から行きたかった「東池袋大勝軒 神奈川新町店」へようやく伺うことができました。ちょっと私用で横浜へ出かけ、都内に戻るときに京急を使うだけですが、それがなかなか今までできなかった。
 
 
 
 
<全体> ほっこり感とガッツリ感の丁度中間にして和やかさが溢れる・・・そんなクラシカルスタイル!
 
 おおお!これよこれこれ!フツーに見えて圧迫感あるボリューム!。そして醤油感がとてもソフトに見えつつ豚骨の煮出しと魚介の深さを感じるスープ感。しかもこれが超熱々で、絶対に受け皿を敷いてないと受け取れない高温度だよ。写真メモの為にすこしずらそうとしても苦労するほど(笑)。そして麺がいかにも東池系って感じで、やや薄い黄色の地肌が鮮やかに目に映る!。そしてやっぱり・・・ゆで卵がいい。今の時代に有難みを感じる人は少なくなったかもですが、これって昔ながらのシンボルマークってな感じがしていいのだよ!。
 
 
 
 
<スープ> 深くてアッサリ感じる豚骨の煮出しに滲む煮干しの甘さと香ばしさ!バランスよいカエシがナイス!
 
 嗚呼旨い。わざわざこれ食いに遠くから来たのもあって有難みも増す為か・・・妙に旨い。東池系のスープ分類は、よく「醤油」と「豚骨魚介」で迷うんだけど、今回は明らかに「醤油」。しかし醤油が主役となった凛とした味風景ではなく、豚骨の煮出しがしっかりしており、そこに煮干が柔らかくとけてバランス保つ感じかな。醤油はその媒酌ってな立ち位置で、力強い下支えのある醤油味というイメージです。
 
 
 それにしても熱いよねー(笑)。口の中を軽く火傷をしてしまうほど。ぎちぎちラードがあるわけじゃないんだけど、ナチュラルに煮出された豚エキスがとても明るいです。清湯というわけでもなさそうだが、薄い濁りがある分豚旨味が深そう。そしてナチュラルに甘味を保つのが魚介の役割なんじゃないかなという発想です。ニボっとしたところは皆無で甘味中心の魚介感。しかし豚よりも前にギリギリ出てこないかってな感じでしょうか。また恐らく野菜類の甘味もあったりすると思うので・・・ハードに熱くとも、ハートに和む優しい味わいとなっとります。ううう・・・また今回もKK(完食完飲)フィニッシュ・・・、健康診断が迫ると言うのに。
 
 
 
 
<麺> いかにも東池系といった中太麺!熱さにも全くダレないクシクシ感と汁に絡んだ旨味感!
 
 これもいかにも大勝軒といった中細麺。周囲の客は九分九厘つけそばを食しておられましたが、東池系の中華そばが実に捨てがたいのだわ。大雑把なようで完成美がある麺顔だからかな・・・。さてその麺ですが、これだけ熱い熱いと言っているスープに浸っておりながら、実にしっかりと受け止めております。熱ダレなんて一切感じることなく、最後まで食い切れる。麺量だって200gどころではないボリュームなので、あっと言う間に食い切れるわけでもなし。慣れ親しみ過ぎて途中で飽きるかと頭をかすめるが・・・そんなことは決してないのです。
 
 
 今回はカタメだったからか実にクシクシ感があったし、また汁との一体感があって旨かった。やはりクシクシ感があっても汁を多少吸い込んでいるのもあり、グルテンと旨味が既に一体化してる雰囲気が少しある感覚。前歯で千切ると歯の裏側でプツリプツリと当たる感覚があるが、奥歯へ運ぶと前半はふわっと麺の風合いを感じます。奥歯でクシクシと潰していくと、じわりじわりと汁と一体化し糖化したのか旨味が広がる。この日の体調なら、この旨さだったら中盛程度は問題なく食えたかも!。秋深まるとどんどん胃袋が拡張するオレじゃ~。
 
 
 
 
<チャーシュー> 昔ながらの煮出汁の効いた豚ロース肉!グニグニと味わうオーディナリースタイル!
 
 ま、これぞ昔ながらって言うんだろうね。ロース肉って感じで、肉繊維の詰まった部分と脂身の輪郭が見事に分かれてます。きっとスープ生成にも貢献した豚肉。煮出汁でエキスが少し抜けたところに、他のエキスも少し吸い込んだりして、ちょっと淡い旨さに変化している。そして醤油ダレに浸されて周囲はかなり香ばしく、ダークブラウンに染まってます。嗚呼、この少しだけアゴの力を使うグニグニ感がいいね。スープに少し浸らしてから食らうのが旨かろう・・・明らかに飯よりも麺に合うタイプのチャーシュー。クラシカルな旨さは、一周回って斬新にも感じますよ。
 
 
 
 
<トッピング他> 具材もクラシカルさ醸し出す!深い色合いメンマにゆで卵!
 
 あとはもう本当に王道のラーメン感覚のトッピングですね。海苔は熱々スープの為に後半にはトロトロに溶け切ってしまいます。佃煮状態で麺に絡めて食らうのもオツなもの。またナルトも定番で、ネギの薬味は常道。その中でやはりメンマがいい感じ。関東らしい醤油が深く色づいた柔らかメンマで、一見味が濃ゆいように見えて、関西人にも通用するアッサリ感。少しだけグニュっとして繊維方向に千切れやすいもの好きなところ。何となくビールより日本酒に合いそうなメンマなのです。
 
 
 そしてゆで卵。味玉は平成の30年余りで半熟が当たり前のように変わってしまったが、昭和の味を守る魂というか・・・やはり大勝軒の味にはゆで卵が鉄則であります。そのまま食らって箸休め的に楽しむもよし。汁に沈めて吸わせ、具材として一体感を上げてから食らうもよし。玉子の食べ方って十人十色で面白いよね。私は・・・へそ曲がりなので、半分はそのまま、半分は沈めてから食ったよ。
 
 
 
 
 総じまして「やさしさと和み!そして幸福呼ぶ腹パン感!王道の東池系健在の旨さ!」と言う感動。わざわざ滅多に乗らない京急線を利用した甲斐あり。百花繚乱な東京近郊のラーメン界にあって、遠くからわざわざ食べに来る人は相当マニアなんだろうが・・・地元に支えられてる感がありありな店。昔ながらの大盛の殿堂ですが、店側も常連客も年齢が進みつつあるよな店風景。若い人にこそレトロな旨さを伝えたい・・・。激しくおススメ!。と思ってたら後から若いサラリーマンが来るわ来るわだった(笑)。そんな旨さの感動と今後の応援を感じながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空眩し
   秋の陽射しに
   目を細め
 
 
   
   麺顔デカさに
   目を丸める哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん 全部入り」@麺処 びぎ屋の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/03/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Id3toXCMIdc

<東横線で醤油と言えば・・・やっぱりここだね!>
 
 最近妙にまた、フツーに醤油ラーメンが食いたくなる!。先日もそんな気分で狙ってみた「びぎ屋」ですが、外待ち客を見て時間がなく退却。近場へ移動して別の店で食ったがそれはそれでよかったものの・・・ちょっと心残りのままで落ち着かない。ウダウダしてたって仕方がないので、リベンジでまた訪問してしまいました。そして勢い余って特製に相当する「醤油らーめん 全部入り」とさせてもらいましょう!。
 
 
 
<全体> 艶やかな醤油感にエキスの溶け込みで和やか!崇高な雰囲気あるようで落ち着きある親近感!
 
 
 おおお!これですよこれ!深い醤油感のようで微妙に明るさも感じつつ、鶏出汁清湯のピカピカな艶めかしさは低めな感覚。現代のラーメンっぽく絵になる飾りつけもありますが、オレだけかな?全体的に和みの雰囲気あり。これは醤油スープが色々なエキス微妙に霞んでいるようにも見えるし、それが柔らかく感じさせているのかも・・・。そして特製に当たる「全部入り」ですから、もっと肉アピールあるかとも思うが、全体のまとまり感が高いために、肉がドヤ顔していない。目新しさより、安堵感を与える麺顔ですね。
 
 
 
 
<スープ> いかにも鶏ガラ醤油って感じじゃなく、複雑にエキスを取り込み和風に落ち着く汁なのだ!
 
 醤油の色合いとしてはとても深めですが、とても円やかなので塩気が立ちません。こちらは醤油で有名なお店で、そのコダワリもアピールポイント。静岡・天野醤油の丸大豆と甘露という2種をブレンドしたタレらしいっす。思わずHPで調べると、丸大豆ですっきり感を出汁、甘露でカエシ感と深い色を付けているみたい。醤油色が濃ゆくとも塩分控えめな醤油なのだそう。
 
 
 またベースは鶏油で鶏コクがきっぱりと感じられるようですが、やはり豚のやさしさも垣間見れましょう。すっきりした動物系の旨味が支えられてます。そして落ち着きを強く感じさせるのはやはり魚介系。節系とは予想が付き増したが、蘊蓄書きによると宗田鰹と鯖節が溶けているとのこと。やはり魚介が少し入るだけで全体がますます馴染みやすくなりますねー。因みに煮干も投入とか。しかしニボ感は一ミリもなく、完全なる脇役の立ち位置ですね。醤油ダレ・動物感・魚介感・・・それぞれで複雑にエキスを複雑に!。まさにいろんなエキスが溶け込むカオスが招く、落ち着き感なのでした!。
 
 
 
 
<麺> 色白なストレート細麺は適度に汁を吸い込こみ持ち上げる!風味も少し残す中加水レベル!
 
 色白で外カタな地肌に見えて、そんなハードな感じをさせません。汁を吸い込むというより、濡れてスベルって感覚でしょうか。微妙に全粒らしい粒が打ち込まれており、3%にも満たない感覚。老眼が進みつつある私はすぐには分かりませんでした。箸でリフトすると麺と麺が接しやすく、スープの持ち上げも良さそう。食い進めて中盤あたりになると少し汁吸った感覚になりましょうかねー。そこからが更に麺の旨さでございます。
 
 
 やっぱり麺も旨いね!パツさは影を潜め、スパスパと割とソフトに千切れやすいかな。そしてずぼぼぼぼぼぼぼーーーーっと非常に啜りやすく、スベリもなかなかいい感じ。噛むと風味がやや残るが、汁と麺が合体した旨さの方が印象に残ります。香味油の貼りつきも一部で認められ、トッピングと絡めて食うより、脂エキスと絡めた旨さがいい感じ。こんなことなら・・・大盛りにしとくのだった・・・消費税アップの前に!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 鶏豚三種の頼もしさ!どれも出汁に漬け込む手間惜しまずな丁寧さ!
 
 3種のチャーシュー。まずは鶏肉から。最近では胸肉が多い中、モモ肉を使用。これ出汁と煮たような仕上げになっており、モモ肉の旨味が出汁に負けてない感じ。また歯応えがいい感じで食べ応えもあり、なかなか好印象で日本酒に合いそうなイメージでした。
 
 
 また豚肉は2種あって、ひとつはばら肉2枚。これも出汁がとても浸透したイメージで、いわゆる煮豚タイプ。出汁が浸透し、一方で余分な脂が抜けてるようでとても旨い。残るは肩ロース肉です。これも同様に出汁がよく浸透しており、振り返ってみれば「びぎ屋」らしい肉と言う感じ。出汁醤油の円やかさが凄く生きています。肩ロースについては、軽くローストしてあるかもしれないが、いずれせよどれも楽しめる肉でした!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 嗚呼・・・淡いけど醤油出汁!カエシの輪郭を少し感じて濃密なのだ!
 
 チャーシューで分かった通り、こちらは「出汁を深く浸透させる」のがトッピングポリシーみたい。味玉は明るい醤油出汁って感じで褐色に染まっており、白身の断面が色合い均一なことから長い時間をかけてると思われます。そして卵黄は半分蕩けていますが、醤油エキスが混じって飴色に輝く!。全体的にフワフワと柔らかい茹で上げで、噛むと緩く震える。歯で潰して卵黄を味わうと・・・やはりマチュアな旨味の他に醤油の風合いを感じ取れ、それが味にも響いているのが実に良い!。嗚呼・・・やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「もはや学芸大学駅前の商店街名物!華やかさと落ち着きがハイバランスの極旨醤油麺!」と言う感動。東横線で・・・昼飯で迷ったらラーメン!ラーメンで迷ったら醤油!醤油なら「びぎ屋」でして例え消費税が上がろうとラーメン止められないので、益々お世話になると思います。そんな私が自信をもってオススメ!。今後の発展と応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   街角も
   ゆっくり秋が
   染み入って
 
 
 
   肥ゆるオヤジに
   醤出汁沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 7件

「ワンタン麺」@中華料理 大勝軒の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/02/205137
とまそんのYouTube: https://youtu.be/tusIDNU-8Zw

<絶滅危惧種・・・人形町系大勝軒!>
 
 JR小岩駅と京成小岩駅のほぼ中間地点にある大勝軒。今では貴重な「人形町系大勝軒」の系譜。それってどんななの?って方には、以前拙ブログで少しまとめてあるので、下記ご参考まで。
 
 【実録】「人形町系大勝軒」をぐるっと巡ってみた・・・
  https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/02/092754
 
 実は、この店はこの記事をまとめている時に、何度も訪問していたんですが、いつ行っても店が閉まっており、すっかり休業していると思い込んでおりました。先日、ひょんなことから、ラーメンデータベースに新規レビューアップされたのを見て、驚きを隠せませんでした。そして早速の訪問です。
 
 
 この系統は「中華屋」であり、フツーに町中華として楽しめるようになっております。なので永福町系や東池系と並べると、中華そば専門じゃないから少し違和感あるかもしれません。それも本丸の人形町大勝軒が業態変化して、今や喫茶店となってしまったのも影響あるんじゃないかなと、個人的には思ってます。これも下記ご参考まで。
 
 【実録】人形町大勝軒の聖地『珈琲 大勝軒』へ行ってみた
  https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/02/083349
 
 
 
 
<全体> 消費税アップに立ち向かう昭和の心意気!コスパと和みの溢れる一杯!
 
 全くもって地元の町中華感あっていいねー。このご時世でラーメン一杯550円(2019/09時点)。地元の常連客は、入店するなり、入り口側の冷蔵庫から勝手に瓶ビールを持ち出してカウンターに座る。おもむろに餃子!と告げていつもの昼飯スタートって感じで、店と常連の歴史ってもんすら感じますよ。そして会話が始まるが、ジャイアンツの試合の話で盛り上がる。話題がその後コロコロ変わってゆき、「消費税アップ」やら「ラグビーW杯日本対アイルランド戦」へと流れる・・・。この街の住人との一体感が捨てがたいよね。今回は、王道のラーメンと思ったんですが、ちょっとアウェー感丸出しのオレが、一番安いの食ってすぐさらばってのもやるせなく、もう少し高いめのワンタン麺とさせてもらいました。それでも680円(2019/09時点)ですがー。それはこんな麺顔!
 
 
 おおお!王道の町中華ワンタン麺!ワンタンよりもワカメが気になるが(笑)、写真メモの見た目以上のしっかりワンタンですよ!。人形町系と言うより町中華感そのものって感じですが(爆)、それでいいんです。それがいいんです。ナルトなんかじゃなく、タンメンや野菜炒めにも流用するカマボコがSO GOOD!。メンマも大衆感覚あふれるし、スープのきっぱりした醤油ブラウンもイメージ通りでいい感じ。半チャンラーメンがよく似合う出来栄えって感じですよ!。
 
 
 
 
<スープ> 豚肉・鶏ガラの懐かしいエキス感!大衆中華のあっさり醤油!
 
 ガチの人形町系は、鶏ガラ主体のあっさり醤油だったような記憶。それが今では大衆中華そばのオーディナリースタイルとなったものだか、逆に特徴的ではなくなったが、日頃新しいラーメンを追い求めているラーメンヲタクなオレとしては、むしろ斬新に映ったりします。
 
 
 鶏ガラだけじゃなく、豚肉エキスもしっかり溶けている感じ。鶏豚混合の馴染みある旨さで、ティピカルなあっさり中華そばとなっとります。魚介ってな感じは私の中では意識がスルーしてしまい、むしろ野菜の煮込みと調味料の醸し出す味が、醤油ダレのエッジ感と結びつく。ごくごく飲み干しても、後から水を欲することない、マイルドな塩気です。これぞ関東昭和のスッキリ醤油!。クラシカルと言う、時代に淘汰されなかった存在感を感じるかもしれません。この味は滅びん駄ろうなこれからも。
 
 
 
 
<麺> 和みの多加水ストレート細麺!まさにチュルチュル啜る楽しさよ!
 
 ガチのクラシカル人形町系は、すごくスリムな細麺だったような記憶。今は屋号が変わった日本橋大勝軒でそれとなく体感しただけだが・・・なんだかそれも曖昧になってます。自家製麺や有名製麺所の個別オーダー品と、同じ列に並べるわけには行かなくとも・・・誰もが一度は慣れ親しんだ安寧な味わい。
 
 
 麺は柔らかく、モチモチしているのがフツー。汁吸い込んで味が染み付いた感じの麺もいいね。麺の風味感は皆無なんだが、炭水化物にスープが浸透した旨味ってな奴が、懐かしい旨さに感じます。プツプツスパスパと異様に歯切れがよろしい。また、ラーメン大好き小池さん(オバQの方)気分でがズズズズズーーーーーって啜りあげる気分で食うのも楽しからずやです。そう言えば、オバQに出てた小池さんは、美人で料理上手な奥さんと結婚した回がなかったっけ。小池さんが結婚したラーメンが食えなくなって禁断症状起こしたのが今でも印象的で、それ以来、料理上手の奥さんがラーメン作るようになって幸せに暮らしましたとさ・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> スープ生成にも貢献したあっさり肉感!仄かな塩味!
 
 どこの部位だかわからん肉だが、肩か腕の肉と推察。これはスープ生成にきっちり貢献した後って感じがありありで、脂身の差したところはいい感じでエキスが抜けてて、軽い感じでむしろ美味いです。そこには醤油系のタレがしっかりと浸透しており、淡い塩気で食えるのが旨い!。固そうに見えて全然そうでなく、繊維質に沿って容易くほぐれます。令和のラーメンに乗るチャーシューは・・・すごくサイズも様態も変化と進化をしたようだけど、昔ってちょこっと肉が乗る程度だったよね。ちょい懐かしさもありなむか・・・。
 
 
 
 
<ワンタン> 町中華のしっかりした雲呑!ビールのアテにもなりそう!
 
 写真メモで見るよりずっと本物は質感ありましたよ。皮が肉厚でチュルチュルと楽しく滑るし、汁が浸透して味が移ってるのが旨い。また肉粒もしっかり噛み応えある感じで、麺抜きの「ワンタン」として主役として通用する仕上がりとなっております。これは正直期待を超えた旨さ!常連がビールや酒の締めとして食うワンタンです。
 
 
 
 
 総じまして「地域性深くいつまでも大切にしたい町中華のワンタン麺!」と言う感想!。決して通過人口が多いエリアでなさそうだけど、地元に包まれた良店。貴重な人形町系なんて誰も意識せずなんだろうけど・・・ご後継者おられるのかしらなんてちょっと考えてしまいました。こう言う町中華を盛り上がるムーブメントが起きないかと密かに期待しているオレ。町中華の魅力がわかる人には激しくオススメ!。町中華の未来を信じて・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   秋空に
   週末過ごす
   町中華
 
 
 
   心和ます
   ワンタン旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ワンタン麺」@withの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/30/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/vHP11uACSOQ

<拾う神は一軒向こう隣りにあったりしてね・・・>
 
 あれー!こちら夜営業のみだったはず。先日だって店の前を通ったが営業していなかったような記憶?。おいおいこんなところで救われるとは思わなかったよ!。しかも入って分かったのは、昼から深夜まで通し営業??それは嬉し過ぎる川崎・城南エリアを行き来きするものとしてはね!。「風は南から 学芸大学店」からのリニューアル営業だから、味としても心配することなかろうだし、今回の拾ってくれた神は実にありがたかった!。
 
 
 
 
<全体> 肉にワンタンが覆いかぶさり・・・!大胆さとシンプルさのナイスバランス!器熱いから注意してね!
 
 ところが・・・先客1名。ランチタイムのど真ん中にだよ。ちょっと不安になるけれど・・・。何系を食うか決めてなかったんだけど、「ワンタン」と書かれたボタン文字を見て、すっかりその気分。今回は「醤油ワンタン麺」とさせてもらいましょう!。そんなありがたい一杯はこんな麺顔でした!。
 
 おおお!これはまた見事なチャーシュー!それを半分覆うワンタン!ほぼそれだけのシンプルな構成ですが、飽きの来ない感じの迫力が迫りますな。それにやっぱりどこか「風は南から」の系譜を感じさせる男っぽさある雰囲気。しかし丼が丸く内向きにそってる形状が可愛く感じるし、ワンタン皮と揃った麺線の美しさゆえに、女性らしさも一部感じたりして・・・。そして注意しなければならないのは丼の熱さ。ちゃんと言葉で注意してくれますけど、最初丼の位置を変えようとして、まさかと思うほどの熱さだったからビビったが、非常にこういうの悪くないよ!。
 
 
 
 
<スープ> 深ぁ~い醤油ブラウンとラードの迫力!ところが重くないエキス感でKKフィニッシュ確実!
 
 背脂と醤油と2種類ラインナップ。こういうところも相変わらず「風は南から」っぽいが、醤油スープ感もまさにそんな感じでした。とても深い醤油ブラウンに凄みを感じる。一見濃いので塩気や淡い酸味があるタイプに思えるけど、実は円やか。塩気よりも脂の甘味を感じるほどで、ベースの豚エキスもしっかり煮出されている上に、ラードの香味油が実にいいね。熱を逃げないように蓋をしているかのように、それはとても分厚めに浮いてます。このラードがいい感じで意外に重く感じさせず、割とサッパリと味合わせてくれますよ。
 
 うーん・・・旨い。とても良い動物感で清湯系でこれだけサラサラと食えるのにジットリと感じるのも忘れてた味だったかも。鶏や野菜も煮出された部分はきっとあるのだろうが、昆布くらい引いてあるのか?。丼がようやく何とか自分の手で直接持ち上げられる程度に温度が下がったところで、最後は完食完飲(KKフィニッシュ)してしまいましたがな。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:しなやかで汁を吸いがちなきっぱりストレート細麺!全粒配合で風味が消えない旨さ!
 
 店前に三河屋製麺の箱が積み重なってました。メインは台湾まぜそばですから太麺もラインナップか?。背脂ラーメンは多分中細麺でしょうか。醤油ラーメンは「ストレート細麺」でした。とてもきれいに麺が揃って整っており、見た瞬間から汁を吸い始めたように、褐色な地肌が印象的。しかも揃ってるから引き上げると汁の持ち上げが良さそうです。麺は汁を吸ってからが旨いというタイプもあり、これはそれかな・・・・。ズボボボーーーってレンゲ使いつつ強く啜ると、確かに汁の旨味も芳醇!。前歯ではスパスパと小気味よく切れ込み、奥歯で潰すと汁の旨味と麺の風味が一体化し、唾液腺が刺激されます。
 
 汁ととても馴染みよいので、グルテンの旨みは分かりやすいが、しっかり麺の風味もキープしていたことがとてもナイス!。クツクツしなくとも、不思議と感じる粉風味感。加水がやや多めでも、いかにも全粒配合麺って感じがいたします。中盤以降は汁と完全一体化しますが、前半の雰囲気は見事!。熱ダレもせず最後まで凛々しい旨さをキープしてました。
 
 
 
 
<チャーシュー> 麺顔7割弱を覆い尽くすデカデカ一枚肉!しっかり分厚さも重みもある食べ応え!
 
 こちらの大きな特徴がチャーシュー。メチャでかい肩ロース肉が、注文に応じてカットされていきますが、分厚くカットされてますので、一枚とは言えかなりの迫力です。これは噛み応えも楽しむタイプ。しっかりした咀嚼にこそ楽しみを覚えます。ベースの味わいは薄味で、スープと馴染みやすいのもいいね。赤身と脂身のバランスよく、差し方は複雑な部分もあれば大胆な部分もあって、食うところで印象が変化します。デフォルトだとほぼトッピングはこれだけという感覚。あと薬味の青ネギと、海苔が一枚ある程度。自信ありって質感ですね。
 
 
 
 
<ワンタン> 肉餡の粒もワンタンの皮もスープに染まった旨さが光る!
 
 蕩けたり皺になったりせず、しっかりとツルン!とした茹で上がり。皮は分集めでスベリと炭水化物の旨味も感じて食う雲呑です。なので麺と同様、少し放置しておくとすこしスープに染まった部分もあったりして、皮の旨さが光ります。これもサイズが大きめ。3つ入ってますが、ほぼ麺顔の半分を覆います。肉餡は粗挽き度がワイルドで、シンプルな塩コショウタイプ。それだけに醤油スープと一緒に滑らすように口に運べば、汁の味が肉餡にも浸透して旨しなのです。口の中やけどしそうだったけど・・・そこで冷たいビールがあればとっても幸せなのにな・・・・。
 
 
 
 
 総じまして「見栄えと食べ応え・・・当然旨さをしっかり伝える文句なし!質実醤油ワンタン麺!」と言う感動。今日もまた昼飯難民になりそうなところを救ってもらって大感謝なる一杯。まだ昼営業開始したのを知られてないのか?昼飯時でもすんなり入れるので、このエリアで迷ったらこちら激しくおススメ!。リニューアル前には塩ワンタン麺食ったので、これで醤油も制覇したことから・・・次は看板メニューの台湾まぜそばに挑戦させてもらう予定です。感謝と応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空高く
   秋が染み入る
   駅前で
 
 
 
   醤油染み入る
   雲呑旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉中華そば 大盛り」@中華そば たかばんの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/26/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/uwg1ewdsX9o

<フツーにいい醤油そばが食いたい>

 とある平日、無性に「醤油味のオーソドックスな中華そばが食いたい!」と頭に浮かんだわけです。そんな中、昼休憩と移動を駆使して「麺処びぎ屋」へ駆けつけようとしますが・・・ちょっとばかり並んでて時間がねぇ。すぐ返して通り過ぎたはずの「中華そば たかばん」さんへと方針変更とさせてもらいました。丁度、同じいい醤油清湯が食えそうなので、これもラッキーといったところでしょうか?。

 それにしても「はやし田」系も一気に拡大を見せますね。制覇する気はなかったのですが、こことあ原点の旧「春道」跡に入った「流川」を足すと、何気に制覇になっちゃうかもしれないよ・・・そんなことを考えるるうちにとっとと配膳が進みました。それはこんな麺顔。




<全体> コンテンポラリー王道中華そば!旨味肉厚なる淡麗醤油味!

 おおお!何とも明るい醤油ブラウン!香味油でキラキラ輝いてそれはトパーズ色の風が麺顔に吹いたかと言った印象。スープの透明感から淡麗系な風貌にも感じますが、香り高いために濃厚とすら思える質感の分厚さがいいね。都内ではややこの系統の麺顔が増えた気もするが、やっぱり一般ウケするよなーと思える、美しさと分かりやすさがある。そして当然味の方も。




<スープ> 鶏油で華やぐ鶏コクの芳醇さ!醤油の香りにみっちり結びつき・・・昆布出汁も響く

 私個人としては、見ただけで味が分かってしまうのだ。「はやし田」系となればね。レンゲを差すと予想通りの展開が続きます。まず鶏油と思われる香味油が醤油ボディーから浮いて出る。それをレンゲでかき混ぜたり一体化させたりして味わいますが・・・一口目から鶏出汁の旨さに溢れます。この出汁というよりエキスと呼びたいほどの芳醇さで、これが分かりやすい旨さだからウケると思うよね。まさに鶏そばってこの時点では思います。

 ただ醤油も結構いい仕事してます。鶏エキスの分厚い旨さは、醤油の香りと塩気が確実にバックアップしており、醤油の醸造感も緩やか。塩気の部分でも尖りがないから、一体感もすばらしいです。醤油の香りも楽しみながら鶏の旨味を楽しむという贅沢さ!。都内にこの味が広がるのが早いのも分かるな・・・。

 そして魚介系の旨味もしっかり入って全体に落ち着きも感じさせます。明らかに煮干とはちがう。節系かな?と思ったけれど、それでは少し味が濃くなりすぎるか?。結論としては昆布だしでした。どこか鶏一辺倒!のように見えて言い切れない優しい味わいは、この為なのかもしれません。




<麺> 菅野製麺所:全粒配合の風味感!汁吸いがちなのだがしっかり歯応えあってGOOD!

 割と好きな製麺所なんですよねー。クツクツ細麺と言えば頭に浮かぶのがここ。美しく整えられた麺線も印象が良いです。最近、はやし田系も食ってから久しいので忘れていましたが全粒配合なのね。全体的に少し褐色めいて落ち着いた感じかなと思ってたら、よく見ると微妙に全粒が打ち込まれておりました。

 色合いが少し濃ゆいいのは全粒ばかりじゃない。実は汁を少し吸い込んでいるので、そう見えると思うのです。途中からそんなことも良く感じるのですが、冒頭からそんな感じ。またストレートさが非常にキッパリしていて、コシ付きはしなやかであるため、とても汁の持ち上げもいい感じです。

 柔らかいんじゃないか?と思って食い始めたら・・・実にしっかりと歯応えがキープされていた!。前歯でプツプツ千切るときの風合いとか、奥歯で潰したあとの小麦粉の旨味甘味など、とても分かりやすくていい感じ!。思わず次へ次へと気がはやり・・・ズボボボボボボっとした吸引ピッチが早まりますよ。




<チャーシュー> ここでも王道の低温調理の鶏豚2種肉!汁吸って更に旨し!

 ここも王道の低温調理の半レア肉。そして定番の2種の鶏豚タイプです。薄味で淡泊な味付け。本来ならその本来味を滋味として楽しむものなんだろうが・・・スープと香味油の影響を多く受けがちだから、旨味が少し染みて妙に旨いではないか!。特にこの鶏醤油の清湯タイプで、少し濃いめの味だから・・・少し染みただけでも十分に味が深くなるようです。豚は定番肩ロース。少し薄い気もしたが大きさはあったからま・・・いいか。鶏は胸肉。想像しやすいあの柔らかいパフパフ感が楽しめます。




<味玉にハズレなし> スープの旨味と塩気も加わり卵黄の濃密さに香りが移って尚旨し!

 薄味の出汁がしっかり深く丁寧に漬かった感じ。白身は浸透が均一で、固くもならずフルフルと震えたクリーム色状態です。卵黄は半分トロミがある感じで、フレッシュ感とマチュア感が入り混じった感覚。やっぱり鶏出汁と醤油感の深い汁と一緒に食えば、卵黄の濃密感に拍車がかかる旨さに変わるね!。スープの旨味と塩気も加わり卵黄の濃密さに香りが移って尚旨し!嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!。




 総じまして「誰にも好かれる醤油感と鶏出汁感!旨さ明解!濃密淡麗醤油!」と言う感想。もっと短く言えば旨さテッパンと言う感覚でしょうか。学芸大学駅周辺もラーメン競合多い中、醤油系の名店も控えておりますが、切磋琢磨して盛り上げていただきたいと思います。激しくおススメ!。そんな応援を込めて・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います。



   秋空に
   台風過ぎて
   南風



   軽く汗かき
   醤そば旨し



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「PREMIUM MALT'S → 味玉ABURASSO」@ドリルマンNERIMAの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/25/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/G1F1Qj7ZVrY

<冷やしの旅を終えたら・・・最近暑くなってきた(汗)>
 
 一度決めたことなので・・・そんなこんなで、冷やし中華の呪縛から逃れたある秋の日。開店直後からずーっと心のどこかで引っかかってたこの店「ドリルマンNERIMA」に来ることができました。何やのん!練馬駅からすぐそこですやん!。こりゃ並びそう!と思って警戒して来てみたら、店前一人待ち状態。ランチタイムの注目店としては少し不安を覚えましたが、入店してみると結構店箱がデカく、大勢の客を飲み込んでおりました。
 
 
 
 
<酒> プレミアムモルツ:気持ちの上では永チャンになりきって・・・
 
 飲むぜ!人生は短いものなんだから。今回はプレミアムモルツ!。プレモルと言えば矢沢の永ちゃんなんだが、令和元年で御年70歳!。すげーこんなカッコイイ70歳はいないよな。まだまだオレもヒヨコだよ・・・なーんて感じながら、永ちゃんになりきり、永ちゃんを目指してプレモルを飲み干して行きましょう。
  
 少ししてからサービスのアテが運ばれて来ました。定番のメンマと刻みネギに辣油を垂らしたもの。これだけでもあれば十分!。コクの深く厚いビールは最高でした!。
 
 
 
 
<全体> 実に肉を食わせるって感覚!バルでも出せる洋風感覚に美しさを併せ持つ風貌がいいね!
 
 おおお!まず肉に目が釘付け!香ばしさと温もりが見ただけで迫力として伝わる!。そして何気に盛り付けが美的センスもあってワイルド感とも調和した麺顔。隙間から覗ける麺の褐色もあって、ヨダレが一気に噴き出しそうになります。この感覚だったら。ちょいとしたバルでも出してもらえると嬉しいかも。具材はもちろん麺も含めて全てが酒のアテになる感覚でっせ!。
 
 
 
 
<タレ> 王道の醤油味にブラックペッパー風味!動物系100%の明るい脂の旨味でグイグイ食わせる!
 
 さてタレですが・・・見るからに醤油系。一見王道ですが、ブラックペッパーがそれなりに効いており洋風感高めるところなどは、珍々亭@武蔵境に代表される武蔵野系とは少し違う様子。また脂にすっきり感があり、これは鶏油メインではなさそう。例えば牛脂のような明るさも少し感じるラード感?。これなどは・・・一時期、油そばで関東エリアの評判を席巻した兎に角@松戸の豚骨感とも違ったイメージです。ともあれグイグイと動物系のコク旨さと、ペッパーの刺激。そして醤油の風味と塩気の軽やかさがベストバランスで、非常に食べやすい仕様となっております。
 
 
<薬味> ネギは3種類!食感と風味がよく計算されてると思うのだ!
 
 薬味は見るからに「ネギ」三昧。白ネギは細かく斜めカットされており、万能ネギも細かく小口切り。玉ねぎは辛味が少なく粗微塵されている。醤油ダレとねぎ類の相性も抜群で、玉ねぎは歯ごたえとして麺と絡んで貢献した後、汁はほとばしりタレに微妙に溶けて行きますな・・・。そのイメージは、タレの明るさに軽やかさが加わるような感覚で中々味風景の展開としてはテッパン的にうまい。白ネギはネギに張り付くか混ざってゆき、咀嚼の変化・・・つまり奥歯で麺を潰す刹那に感じるザクザク感とネギ汁の風味を楽しませてくれます。
  
 万能ネギは量も少なく、コチジャンの添え物的な扱い。むしろコチジャンの腰巾着みたいに全体に散らばって、醤油ダレの洋風テイストにピリッとしたオリエンタルな風を吹かせて行きます。
 
 
 
 
<味変化> グリーンタバスコ:醤油味を邪魔せず!脂の旨味に清涼感与える!
 
 配膳時にスタフさんがグリーンタバスコをお好みでと仰るから素直に従っちゃいました。醤油の和風とどこか洋風な脂エッセンスタレに・・・今度はメキシカンな風をチリッと吹かせてみましょう。これはいいよ!。辛さの中に清涼感を与えるような味の展開になり、ますますビールを欲してしまう味わいに変化!。オススメには素直に従うべきだと感心した次第です。
 
 
 
 
<麺> 麺風味とハードなもっちり感の塊!ボコボコしたフォルムが食感楽しさを膨らませる!
 
 麺はグルテンの風味感覚をしっかり伝えるタイプですね。つけ麺にも共通している中太捩れ麺。捩れの他にも不規則にボコボコしたところがあり、微妙に手揉み的な風合いを感じるフォルム。これはタレに絡みまくるタイプです。
  
 前歯で千切るとプツプツプツ・・・っとハードなテンピュールのような感覚。その際、グルテンの風味がじわじわと伝わるんだが、奥歯へ運んでプレスする。すると意外にもっちり感じてそのあとは麺の旨味を知りますよ。タレは絡んで少しだけ浸透している様子。微妙に残ったヌメりはタレと同化。炭水化物が唾液と化合して糖化したような旨味にタレの旨味が合体して味は昇華してゆきますよ。嗚呼・・・なぜかここでビールを飲みたくなる。すでに配膳時で飲み干してしまったわけだが(汗)。
 
 
 
 
<肉> 肩ロースとモモの2種部???炙りとロースとをそれぞれ楽しめる肉達!!!
 
 肉が美味い!こんなことならあと+130円で「特製」にしておくべきだったよ。2種のチャーシューをトッピングしてくれますが、一つは肩ロースで、脂身が適度に差していてしっとりきめ細かい赤身。そのバランスがとてもよい上に薄味あがらもタレの香ばしさを感じるものです。肉を咀嚼していると言うのに・・・それを遮るものがない歯ごたえ。肉食らって歯応えは立て板に水なのだよ!。
  
 もう片方は一見牛肉?と感じていたのだが、これは豚のもも肉なのか?。ほぼ赤身でそれでいてフカフカ!。肉に温かみが残っており、炙られたのか香りと温もりがよく伝わる!。ほぼサイコロ状にカットされており、このカット肉3粒だけで、茶碗飯一杯、またはハイボール一杯が、容易に胃袋に収まると言うものです。嗚呼・・・次は絶対に肉増しにしよう!。もし稚記事をご覧であったら、最初からそうしてよね!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 薄味の深い浸透感!ハードめな卵黄にふわふわな卵白!?
 
 肉に集中していたあまり・・・味玉の印象が薄くてごめんなさい。簡単に述べるとちょっと変わった印象。味わいとしてはとてもあっさりめな味わいだけど、風合いは全体的にマチュアな感覚。薄味が深く浸透していると言う感じだね。卵黄なんかややハードな茹で上げなんだがネットリ感もちょい強めです。そして一方の卵白だが・・・こちらは柔らかい。ふわふわの部分もあり、熱の通りかたとしては卵白の方が後なの???ってな感覚。もう一度確かめるためにもまた食いたい。だから次回は「特製ABURASSO」を食わねばならぬが・・・どうなるかは分からんっす。嗚呼!今回もやっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
<スープ割> 最後に軽く魚介エキスを滲ませる?味変化を起こすスープ割
 
 「つけそば」を食しても、「ABURASSO(油そば)」を食しても、配膳の際は「少し麺が残った段階でスープ割りも試してください」と伝えられます。右となりの「つけそば」おじさん・・・・聞いてなかったのか、麺を全部平らげてからスープ割りカモン状態。嗚呼なんだ・・・ずっとイヤホン付け食ってたのね。若い人だけじゃないんだこの時代・・・。
  
 元々油そばのスープ割りは、最後はラーメンとしても楽しんでください!と言う趣向。だからとっても楽しみ。スープ割りがないのがフツーなんだろうが、この味変化を楽しみたいですね。こちらは割りスープに魚介エキスが入っているのか、入れるとすごく馴染みある和やかさが広がります。単に味を薄くしたり濃ゆくしたりするタイプもありますが、この味変化球が楽しい!。お腹一杯でも負担にならないくらいの量ですから是非試してみて!。
 
 
 
 
 総じまして「これぞ酒に合う油そば!パスタ感覚と肉感覚で食らいつく満足汁なし系!」と言う感動。いやー休日という開放感に、実にフィットする一杯を楽しむことができました。さすがの名店系譜。汁なし系が苦手な方にこそ試してほしいオススメな一杯です。そしてそんな満足気に店を出た途端・・・驚いた!。店前の行列は道を挟んで長ーーーく伸びていた。食ったタイミングの良さにも感謝しながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ふわふわと
   麦酒の泡に
   空の雲
 
 
 
   ゆるい週末
   拉麺最高!
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件