なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.275点
最終レビュー日 2019年10月18日
3,911 2,440 13 23,615
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(バリカタ)+ライス中(ランチサービス)」@博多禿鷹 向河原店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/15/212909
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rUghlRcffrM

<産業道路沿いには豚骨の香りが良く似合う>
 
 妙に豚骨食いたい気分!。GW中引いた風邪が何となく回復基調になってきて元気がでてきました。なので前回フラれてしまったリベンジを晴らそうと少し歩いて「向河原」方面へ。今回は「博多禿鷹」さんの2号店にあたる向河原店です。少し前まで「壱丸家」があった場所。愛想がよく声高のご店主にもう会えないかと思うと、ちと寂しい・・・。
  
 昼時となれば一気に混みだすね。地元客より、車の移動客が飛び込みで入って来るという印象で、あの道のカーブあたりに旨いラーメン屋があるってな感じで、習慣化されたようにすごすごと労働者たちが集まります。やはり例にもれず「サービスライス」が必ずお願いされている。家系の居抜きだからというわけではないが、やはり嬉しいサービスです。
 
 
 
 
<全体&スープ> ワイルドのようで実はしっとり優しい出汁のような豚骨煮出汁!薬味が映える!
 
 客が混みだす。それまでガラス拭きに一所懸命だったバイト娘さんが、張り切って厨房ヘルプに入りだしてからは、さあ昼飯大回転スタート。元気がいい厨房は見ていて気持ち良いし、また食い手のほうも気分が乗って来るからね。そんなフェスティブな雰囲気の中、運ばれてきたのがこの麺顔でした!。
 
 おおお!これこれ!出汁感漂う豚骨煮出し・・・これがいいね!。ぎっとりコテコテのコラーゲン濃厚タイプもいいけど、どうも最近胃が持たれていかん。だけどこれは程よい落ち着き感があり、まさに安心してゴクゴクと飲み干せる安心感があるじゃないか!。まさに飽きない味わい。キクラゲの黒さが嬉しい・・・。
 
 豚骨スープって煮出すとあの匂いがどうしても周囲に漂うもんだが、不思議なことに店内においてもフツーに感じます。バイトのお姉さんの真面目な掃除ぶりもありましょうが、スープのみならず店内もスッキリしてるのがいいね。また同じく塩気も程よく、豚骨のコクを味わえるほどの円やかさが難い。この時点で塩気が立つと、何も薬味を入れたくなくなるもの。薬味で好みにチューニングすればこそ、九州豚骨系に来たって感じがするからここは譲れない。しかも、このブランドは、「薬味がいい!」のだからなおさらだ。
 
 
 
<薬味> 良い豚骨ラーメン屋さんの条件は「薬味」の質感の良さ!これがいいね!
 
 まずニンニク。これがフレッシュタイプで皮をむいて適当にカットしてくれてる。水に浸されていて余分な尖りが抜けるのか、あのニンニク刺激が程よく調整されて、それがいいのだ!。またホール1粒だと刺激強すぎるのもあり、このようにやや細かくカットしてくれると嬉しいね。
 
 そして紅生姜の薄紅色タイプがいい。甘酢漬けタイプの紅生姜が実にいい。あの金属的な真っ赤な刺激もイイと言えばいいんだが、時々刺激だけの味風景になって失敗すること多いからね。それに比べてこのタイプは、それ単独でもバクバク食えそうだから、豚骨の出汁にも丁度会います。そして高菜漬けが何といっても質感がいい!。発酵加減が本格的で、その風味が辛さにも沁みている。スープに溶けてまた旨さ倍増な膨らみへと変化する。ひょっとして、こいつを食べに来たのかもしれません。
 
 
 
 
<麺> ご存知極細ストレート麺!7段階のレベルへ・・・ティプトロニックに固さを調整!
 
 ご存知、極細ストレート麺。麺の熟成感じさせるような・・・風味の良さが印象的です。なんと7段階に茹で上げ調整可能。きっと秒単位の違いなんだと思います。生でもそのグルテンの風味と味わいで美味しく頂けるかと。なので「ハリガネ」で頂いても良かったのですが、ちょっと浸透させても旨いかと「バリカタ」とさせてもらいました。
 
 豚骨スープがもはや出汁というより、ソースのような旨み。そして極細麺との絡みつき。クツクツと歯切れる瞬間がふわっと糖質の風味を感じさせるが、直後にやってくる脂質の旨み。これらを咀嚼すると一気に旨みへと変貌し、うまさの興奮が炸裂!。本来なら替え玉必須といったところですが、サービスライスを貰ったもので、そちらを少し工夫して腹を満たしました。
 
 
 
 
<具材> ラービスライスへさっさとトッピング移動!プチ丼にして堪能し尽くす!
 
 小中大とライスは昼時サービス。うれしい!。そのまま白飯と豚骨スープを交互に食い切るのもいいんだが・・・・・いつもの通り、トッピングを移してプチ丼を作り、底に少しスープを垂らしえて完成です。少しだけスープを垂らすところがポイントで、これだけで具材と飯の一体感が確実にアップ。なんだかサイドメニューを追加注文したかのような満足感あり。九州豚骨系でも、横浜家系チックな食い方ができるところが嬉しいのだ!。
 
 
 
 
 
 総じまして「何も悩なくてガッツリ食うなら豚骨!小杉・向河原ならココ!」と言うシンプルな感想!。最近、ほとんど豚骨系を訪問することは無いんですが、禿鷹だけは利用しやすさ+感覚的にお気に入り。武蔵小杉の本店同様、また寄らせていただきます。次回はもう少しガッツリ豪快にトッピングも追加したいところ。そんな今後の期待をよせつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   午後勝負
   気合を入れん
   豚骨で
 
 
 
   後は頼むぜ
   ブレスケア哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+替玉+サービスライス小」@博多禿鷹の写真とまそのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/20/000000
とまそのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=Tf57K-65fGs

<気温が高くなってくると何だか気分が盛り上がる・・・・豚骨気分!>
 
 今回は、武蔵小杉。博多禿鷹の2号店が開店ということで、少し歩くけど突撃してみました。ところが・・・・今はオープンしているが、私は開店日を一日前倒しで間違って覚えていたらしく閉まってた(ヒザガク)。おいおいおい・・・・この近辺でも「526」はないぜ。ほぼラーメン砂漠エリアだったので、わざわざ武蔵小杉駅まで引き返し。頭と口の中がすっかり禿鷹一色だったので、わざわざ本店まで戻り訪問してしまいました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚骨臭みが殆どないほど抵抗感ないサラサラ感!芳醇旨みと生ニンニクでゴクゴク飲み干せる!
 
 おおお!これはまたあっという間の配膳!ライスも同時配膳とは時間限られたリーマンには響きます。博多豚骨と言えば大衆的ないい意味の雑多さがありますが、こちらはどこか綺麗というかどことなく質感すら思わせる。店内の清潔感もそれを物語っている感じです。豚骨の白濁感すら、春色のカーディガンを思わせるようなほのぼの感とシルキーな装いとすら覚えます。
  
 まずはスープから頂くが・・・・やはり旨い。サラサラ感の中に微妙にコラーゲンがあって、髄の溶け具合と攪拌を感じますが、きめ細かさがありトロトロシャバヤバトロシャバ感。こってり重く思わせない豚骨感がええ感じです。塩気が低めで、それでも嫌味がないストレスの軽さ。まだ薬味を一切入れてませんでしたが、正直デフォルトのままで十分食えそうです。
  
 ここで一気に生ニンニクをクラッシャーかけて入れてみます。フレッシュニンニクですから、擦り下ろし感ある酸化
がない。本当にフレッシュに水に少し付けられているので、辛味が少ないです。しかしやっぱり、豚骨とニンニクパワーの相性は別格です。眠っていた魂が復活したかのように、ジリジリと塩気に風味を注入し、疲れたリーマンオヤジの私をシャキッとさせる旨さに変貌です。下手にドリンク剤のんで元気だすより、絶対こっちの方が真のパワーが出てくると思う。そして一通り、満喫したあと・・・・次の薬味投入へ拍車を掛けます。
 
 
 
 
<薬味> 紅生姜&高菜漬け:薬味の質感が高いのでついそのままでも食べてしまう
 
 定番の「紅生姜」と「高菜漬け」ですが、これが実に旨そう。なんとなく鮮度すら感じる仕上がり感で、どのカウンターにも定位置で置かれています。紅生姜がピンク色。自然な風合いがキープされているよにも思え、シソの赤身染色が薄くてナチュラル感覚が高まってます。まずは紅生姜。シャリシャリ歯応えが麺の隙間に挟まり、ときどきザクザクと感じますが、痺れ感とかヒリヒリ感が極度に少ない。本当に甘酢の旨さと生姜の本来味をナチュラルに楽しめるものです。出来がいいやつ!と確認できたら一気に投入してゆきます。少しばかり多くても赤くそまったりしない。
  
 そして「高菜漬け」これもフツーに旨そう。自然な辛子の刺激と香りの高さ、そして白ごまやら唐辛子の刺激等を倒し見ますが、思わずライスを欲してしまう味わいです。なので麺顔にも入れますが、ライスの上にも、トッピングを重ねてしまう。キクラゲのザクザク歯応えと非常によくシンクロするので楽しい味わい。
 
 
 
 
<麺> 言わずと知れた極細低加水ストレート麺!熟成感もあり生でも食えそう!?最初はバリカタで!
 
 博多麺だけは、食レポが難しい。だってスペック的にそんなに差があるとは思えないから。かん水だって低めと思われ、中には質感高くてそのまま食えるのもあり。一杯目は「バリカタ」と自分では決めているので今回もその通りに。汁の浸透が早いタイプだから、大雑把に手早く写真メモを終えて、まずは一口。
 
  口に入れた瞬間から、麺の風味高さを感じ、粉感を楽しむ雰囲気。そこにゆっくりとコラーゲン系なスープが浸透してゆき、咀嚼続けていくと脂と糖のうまみが結合します。しかし、割と早めに飲み込んで次へ次へと麺を早く回してゆうきたい気分・・・。パツパツクツクツっと前歯で千切ったあとは、奥歯へ送り込んでクシクシ・・・・ごっくん。そんな感じ。これは落ち着いて食うより、多少あわてた感じで食ったほうが旨く感じるのはオレだけなのだろうか・・・・。一気に食いだすスイッチは入ると、もう1玉めが半分程度なのに、次の替え玉をお願いしてしまうオレです。
 
 
 
 
<替玉> 結局食ってしまう・・・止められない豚骨替玉!今度は「ふつう」で頂く
 
 替え玉は、少し固さを下げてコール。バリカタじゃなくて、ちょいカタくらいとややこしい注文をつけてしまいます。快く受け止めてくれて、配膳完了。ラーメンのタレを少し回しかけてから一気に投入。ここでは更に紅生姜と高菜漬け・・・そして生ニンニクを投入してクサクサ度合いを高めてゆきます。
  
 もうこうなるとスープの最初の色なんて残っておらず、また覚えてもおらず。複雑な個性集合体の味わいを、ゆっくり豚コラーゲンの風味が包み込んでゆきます。惜しむらくは・・・ここにキクラゲがもう少し残っていれば尚旨しなはず。
 
 
 
<チャーシューとライス>  ランチタイムはライスが小中大サービス!
 
 替え玉があればライスなくとも良かったんだが、ライスが小中大とサービスと言うから思わず乗ってしまいました。替え玉をしてなかったら間違いなく大。このライスは、ラーメンの上に乗ってた豚バラ肉と海苔を外して、まず白飯の上にのせます。そしてその上に高菜漬けをわさっと乗せていただく。店の人に見つかったら注意されるかな???。それはラーメン用ですとか・・・こんど聞いてみようかしらん。
 
 
 
 総じまして「腹ペコ状態も短時間で一気に腹パン!多忙サラメシなら豚骨替玉でココ!」という感覚。一時期は飯食えずどうなるかと思ってしまいましたが、何とか午後の仕事も事なきを得ました。ごちそうさま。今度こそは間違いなく2号店へ行って食ってきます。武蔵小杉で九州豚骨は貴重ですから今後も定点観測。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   陽が強く
   暑さ感じる
   春の風
 
 
   豚骨漂い
   替玉気分
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「梅吉らーめん」@らーめん梅吉の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/03/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/9YkaFyJEcqo

<何気にRDBハイランク入りな店で驚く!>
 
「らーめん梅吉」。なんとラーメンデータベースで「2018年」・・・ 【神奈川県総合1位】【全国豚骨部門1位】と言うではないか!。本当に全然気がつかなかったわ!。「うまいヨ ゆうちゃん」と「飯田商店」を超えたのか!!。ギョエーーーーー!事件だ!!。この事実を発見して早速週末に突撃してまいりました。場所は、横浜線「淵野辺駅」界隈。普段のオレなら「中村麺三郎商店」か「大勝軒」になびいてしまうはずですが・・・。この店はシンプル!メニューが基本的に3つしかない。そしてどれも800円均一。そしてどれも熊本豚骨ラーメン。違いが分かるようでよく分からんのだがーーーーー、食ってみるしかないので、とりあえず屋号を冠としている「梅吉らーめん」をコールしました。前金制。そしてどうやら、初訪問の方は私だけではなかった様子。そのお方は、メニューラインナップの違いについてご店主に質問されてました。




<メニュー構成> 歴史と体験があってこれになる

 とても話好きなご店主のようで、横で聞いてるだけで全てが理解できました。メニューどれもマー油を使うが「黒らーめん」は本来の熊本ラーメンを意識したもの。熊本の味付けは、本来は甘いのだそう。例えば醤油も甘めらしいんだが、鹿児島出身の友達がいるオレとしてはそれがよく分かる。なのでご店主は、熊本本来のそのままで出したい気持ちで「黒ラーメン」があるらしい。しかし、関東ではやっぱり甘い味のラーメンが違和感ある人も多い。実際にその味で客の違和感から嫌な思いもあったらしい・・・。まぁ、関東は塩気で旨味を感じる文化だから、趣向が真逆なんだよね・・・。だから関東にも合うように工夫したのが「梅吉らーめん」。

 これは師匠にあたる旧「大石家」店主のレシピで、それに倣って再現されてるらしい。なので、迷ってるお客さんには、出身地を伺いながらメニューを勧めているとのことだ。今のこのメニューになるまでの体験談もじっくり聞こえたので、このご店主は相当いい人のように思えてならない・・・。いろんなエピソードで、この時点で腹一杯になりそうだったが(笑)。
 


 
<全体&スープ> 熊本ラーメン特有の「マー油」香ばしさ!そこに蕩けるチーズが絶妙に合う!

 おおお!それなりな予習してきたとは言え、やはり実物の迫力はすげー。漆黒のスープ表面!それはマー油の海。それだけでなくキクラゲが山盛り真っ黒!海苔は言わずと知れた真っ黒け!おまけに丼まで真っ黒クロスケ!。そこに蕩けるチーズの乳白色が浮かぶのであるから、唯一無二と感じる麺顔ですよ。しかも、マー油の香ばしさが半端ないから、二日酔いの頭痛も忘れてしまうほど。
 
 早速味わうが・・・やっぱり豚骨スープはそれ自体ポテンシャル感じるので旨い!。動物系の旨味をこれほどダイレクトにアピールする汁はないのかと思うほど。いきなりズドンと空腹神経を麻薬的快楽に陥れます。しかし、豚骨のあの独特のクセある匂いはすごく控えめ。なのにマー油でマスキングされない力強さ。ご店主の談では、予め豚骨はあら炊きをして、汚れを落としてから出汁を取るのだとか。クサクサ系のド豚骨をやろうとすると、やはり近隣住民の理解がないとやってはいけないラーメン屋事情ってのがあるんだそう。共生しないと客としても入って来ないんだとか・・・。
  
 マー油は言わずもがな、やはり旨い。ニンニクの香ばしさが痛快で、わざわざ新しいブレスケアを購入してまでやってきた甲斐があったと言うもの。しかも見た目で非常に分かりにくいが「焦がしネギ」ってのが実はふんだんに投入されていて、こいつがマー油との相性が良い!。マー油に別の香ばしさが加わり、パワーアップとさらなるキレすら感じます。
 
 そしてチーズ!!これを思いついた人は天才。それを実行した人は冒険家。ただ座って食うやつは幸せ者。豚骨の塩気とマー油のパンチに、チーズの塩気がすごくマッチするのだ!。食った瞬間、脳の一部が沸騰したのかと思うほど、覚醒を覚える味わい。これならダブルチーズで追加しても良いかも!。塩気のコラボレーションだけでなく、乳製品的酸味ある味わいも汁に溶けるのでコクも分厚くなる。全くいいことづくめ!。
 
 
 
 
<薬味> フライドガーリックを入れて・・・ダブルニンニクで攻めてみよう!
 
 テーブルセットとして「フライドオニオン」あり。実はスープの中にもフレッシュなニンニクが投入されている。なのにフライドガーリックを入れよう。フレッシュニンニクは、ビリビリくるニンニクエキスを吐き出すとして、フライドガーリックは、香ばしあの中に苦味を少しスープに溶かす。この香ばしさと苦味が、豚骨系にはすごく合う。入れ過ぎ注意だけど、さじ1杯くらいでちょうど良しです。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:加水低めの風味よい打ち込み感!ボリュームもよく満足感非常に高い!
 
 厨房の奥に製麺機が見受けられました。メニューから1玉160gとありますから、九州豚骨系としてはボリューミィーですね。この自家製麺が実に質感がいい!。言わずと知れた低加水系できっぱりしたストレート麺ですが、サイズ的にはフツーのラーメンと同じ。九州豚骨としては太く感じるサイズ感です。なので少々ゆっくり食っても伸びなさそうですし、また一方で風味が最後の最後まで持続すると思われます。パツパツというよりクシクシとした前歯の千切り感覚。粉の熟成感というより素直な粉風味感と言えましょう。すんなりとマー油の風味に溶け込んでゆくので、食ってて塩気の馴染みがいい感じです。時々キクラゲを引っ掛けてくるときの複雑な歯応えも面白い。
 
 
 これは旨い麺で、私以外の他客は皆替え玉を頼んでおられました。1玉では多すぎるので、半玉という設定もあります。二日酔いでなかったら確実に私もやっていたことでしょう!オススメです。
 
 
 
 
<チャーシュー> 醤油ダレの浸透とマー油の風合いが定番以上に旨さを感じるロース肉!
 
 実に定番な豚ロースのチャーシュー。かなり肉厚でサイズもなかなか。周囲の皮に近いところの脂身には、醤油ダレが深く浸透しております。全体的には定番・王道の醤油ダレの旨味で、酒にも飯にも両方合いそうな質感。きめ細かい肉繊維質で、スカスカして見えますが全体的にしっとりとした感触です。塩気がうっすら効いているいる上にマー油で半分染まり、そして浸透した味になります。これは麺を巻き込んで一緒に食うより、肉だけ噛み締めて堪能すべしでしょう。肉追加もオススメ。
 
 
 
 
<キクラゲ> デフォルトでこの量は嬉し泣き〜!
 
 乾燥してるのか!?と思うほど裏の白さが目立つキクラゲですが、これが実にゴリゴリとした質感良いもの。そしてデフォルトでこの満足量ですから、キクラゲ好きとしては泣ける。麺と絡んで歯応えの複雑さを楽しむのもいいですが、部分的にチーズにも絡み、このトロリ感とゴリゴリ歯応えの一体感も素晴らしい旨さを奏でます。マー油へダイレクトに沈めて染まらせるのも旨い食べ方。キクラゲ増しも可能。こちらも追加オススメ。
 
 
 
 
 総じまして「師匠の教えを忠実に!そして郷土の味も忠実に!伝統受け継ぐハイパー肥後ラーメン!」・・・と言う感想。人の良さそうなご店主と他客との会話も弾み続ける。そしてパラパラと週末行事のようにやってくるコアな常連客たち。狭い店ながらも、師匠との愛、ファンの愛が溢れ出んとするいい雰囲気。誠に大切にしたい店だなとしみじみ思いつつ、後ろ髪引かれるように帰途に着きます。遠いけどまた来たい店。なので宣伝気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   梅過ぎて
   桃も散りゆき
   桜待つ
 
 
   腹減り過ぎて
   待つは梅吉
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん+きくらげ+替玉」@とんこつ らい斗の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/26/215551
とまそんのYouTube: https://youtu.be/RJoHNZI6Cwo

<環八沿いに佇む・・・ストイックな博多豚骨のお店!>
 
 場所は「下丸子」駅界隈。歩ける範囲でもろ環八沿いにあります。快晴で気持ち良いが、駆け抜けるクルマの風がたたきつけるようで寒い。店前に少しクルマを置けるスペース確保で、混雑しそうなランチタイムを予測したが・・・あれ?少し心配になるほど空いてましたよ。先客2名。そして豚骨系ならではのゴテゴテした装飾類はなく、生真面目でもの静かそうなご店主が、落ち着いた仕事をしていそうな雰囲気あり。いい意味で渋い店。メニューもシンプルで、基本的に「らーめん」一本。多少のサイドメニューはあるとしても、なかなか一本気を感じさせる豚骨ラーメン店はいいね。
 
 
 
 
<全体&スープ> 実に王道で小細工なしの豚骨煮出し!サラリとしつつ程よいトロ~リな感覚 

 おおお!王道すぎて見慣れた感覚が、初訪問とは思えぬ馴染みを感じます。表層を少し泡が包みますが、ゴテゴテした感じもなく、豚骨匂がまったく気にならない。博多系らしいサラリとした豚骨煮出しを感じまして、ヘビーさが控えめながらも、すこしトロミを感じさせる程度の濃密も持ち合わせます。
 
 塩気は抑えめ。豚の旨みが塩味とバランス取れているという感じで、豚骨コラーゲンにストレスを感じさせない仕上がりがいいです。なので「デフォルトが旨し!」と素直に思ってしまったわけで・・・実は薬味を一切入れずにかなり食い進めてしまった程。それほど、ベースがしっかりしている豚骨出汁と考えて良しです。あっさり豚骨だーなんてずっと感じながら啜りますが、それなりに口の周りに貼りつきを覚えます。舐めてたら実は濃厚だった・・・ってな展開でしょうか。それにしても臭みが少ないのが実に印象的で、後から女性客もピンで訪問してくるなどです。気に入ったのは「泡立ち」。とてもきめ細かいのでとてもクリーミィー。泡立ちと言うと灰汁とごっちゃにしてしまいそうですが、味わえる泡立ち感覚で、強引に例えるなら「豚骨エスプレッソ感覚」とでもしておきましょうか。これが少し全体的に、クチのまわりのぺトぺト感に通じると思われます。
 
 
 
 
 
<麺> バリカタ!熟成された芯の渇き感が風味濃ゆし!しかもしなやかさも併せ持つクッシリ感!
 
 とりあえず、豚骨系では最近は何でもバリカタで通しております。写真メモなどと撮ってるとそれなりに時間経過して、フツーに「カタメ」になってしまうかと。博多麺は極細ストレートで加水は極低め。されどバキバキとした歯応えではなく、乾いたグルテンには発酵感覚が少しあり、実は芯は乾いていても、しなやかな腰つきがあると踏んでます。これもそんな感じで、クツクツと明確なる歯応えで遊びますが、千切れる刹那はクシリと少ししなやか。
 
 また浸透圧の違いによるのか、それほどスープに浸してもすぐに汁を吸い込んでヘナヘナになることはなし。落ち着いて食い進めても、しっかりと最後まで風味良い歯応えが体感できます。130g程度の量だから・・・これは替え玉必須だね。
 
 
 
 
<替玉> ここで一気に薬味を投入!クシクシ感がアップして旨し!
 
 そんな感じで替玉を召喚。ここから一気に薬味を投入しました。まず替玉で薄まるのを懸念して「ラーメンだし」を麺に投入。そのまま丼のスープに滑り込ませ、紅生姜、高菜漬け、おろしにんにくを投入。白ごまはパンチが薄まりそうなので、九州豚骨系では個人的にはあまり入れません。
 
 高菜漬けには唐辛子系がわりと強めに利いており、甘味は低い分辛さに味わいがあるタイプ。これはダイレクトで食うより、豚骨スープに投入してスープと辛さを交換させましょう。出汁が少しオレンジ色に変化して、紅生姜のパッションレッドとは違う視覚的刺激がありますね!。そんな味変化たっぷりで替玉を堪能。替え玉の方がカタメに感じられるのもあって、歯応えと風味が後半はアップ。味変化を受けて立つ麺風合いとしてはグッドでした!。嗚呼、クシクシ感もアップして旨し!。
 
 
 
 
<トッピング> バリカタクシクシ!キクラゲバリバリ!チャーシュートロトロ!存分に緩急楽しめ!
 
 トッピングはきくらげを追加。博多系は歯応えを楽しむのが私の中でポイントなので、かなりの確率でこれを載せています。今回はキクラゲの質としてもいい部類で、肉厚で色合いもしっかりとしている。サイズもデカいのを千切りにしたって感覚ですかえら、麺にとても絡みます。クシクシのバリカタ麺と、ゴリゴリキクラゲの歯応えコラボが面白くたまらん・・・。いつもこれが好き。
 
 またチャーシューはあまりイメージに残ってないものの、ばら肉がとてもしっとりしたタイプであったという記憶。ナチュラルな味付けで塩気等の尖りがないタイプ。気付かずに麺に絡んで飲み込んでた?ってことがあるやもしれぬ・・・それほど柔らかくてトロトロでした!。
 
 
 
 
 総じまして「男の止まり木的ストイックさ!間違いなしの王道博多豚骨!」・・・と言う他思いつきません。ケミカル感覚えずナチュラルに食えた感が実に好印象。これ食ったあと喉の渇きも低く、ナチュラルであったという感じです。実に真面目な豚骨が食える店。家系盛んなエリアですが、この実力的さっぱり豚骨で頑張ってほしいですねー。東急多摩川線利用する方なら激しくおススメ。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ひと区切り
   ヤマを乗り切り
   思い切り
 
 
 
   気分解放
   ガッツリ豚骨
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

PS。Toshi さん情報では、この後スープが変わったかもということですので・・・あしからず!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@博多禿鷹の写真とまそんのブログ:https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/J9fleynUo38

<武蔵小杉に本格的豚骨系復活!!>
 
 いつの間に、こんな博多豚骨の店が出来たのだ・・・。店先が路地側に向いているので、全く見逃しておりました。11時ジャストに入店!。一番客だろうと思ってたら、先客が既に5名!。そこそこ人気なのか、ほぼ常連気取りで勝手知ったる感じで注文です。ランチタイムはライスがサービスらしく、しかも小・中・大と選べるとのこと。きっとこれ目当てなのだろうと思われる若者多しの店内です。スゲー!朝から替え玉して、ライスの大だなんて・・・健常な胃袋と、食っても太らない活性化した身体が羨ましい!。
 
 
 
 
<全体&スープ> さらりとした豚骨煮出しで豚旨みが芳醇!ストレスなくグビグビ飲み干せる出汁感覚!
 
 おおお!実に定番で安寧あたえる王道の博多系豚骨スープ!。白濁の豚骨エキスにはコラーゲン感がたっぷりと感じられますが、ギトギトとした感覚が薄く、とてもさらっと煮出したようなシルキーな雰囲気がいいね!。少し透けて麺が見える程度の濃度感が素敵。デフォルトで上質っぽい海苔も入っており、キクラゲも質感が高い。これはコスパがいいかも!実に久しぶりの九州豚骨系ですが、まずはデフォルトをそのまま味わいます。レンゲで汁を近づけた際にも豚骨のエグミは一切感じないでとても素直な豚エキスが薫る。そして味わいはまさに塩豚っていう、ストレスを感じない煮出しっぷりで、サラサラゴクゴクと飲み干してしまいたくなる。丁度良い塩梅とはこのこと。コラーゲンは濃すぎず、今の自分の腹の浸透圧にしっくりと来る。
 
 
 
 
<薬味> すべてしっくりと来る感覚がいいね!ニンニク粒・紅生姜・高菜
 
 まずニンニク。これは生の粒を皮をむいた状態で粗くスライスされてある。これを水に浸してあるのですが、これが何気にいいね。ニンニククラッシャーにニンニクを入れて潰したあと、内側に搾りかすが残るけど、このニンニクだとそれが出ないのが不思議!。それでいてしっかり生潰しニンニクのシャープな刺激がキープでこれがご機嫌にいいぞ!。また紅生姜と高菜漬けがいい感じ。紅生姜は、サイケデリック?蛍光色とも言える赤がイメージですが、こちらはやや大人しい紅色で、ナチュラルさがいい感じ。シャネルのルージュで例えるなら「色番#84:ディアローグ」と言ったところでしょうか。噛むと余計な金属的なジリジリ感が一切なく、軽やかな刺激の紅生姜!。
 
 そして高菜漬け。これは全体的に柔らかめで、フツーに白飯に載せて食いたいと思える質感。柔らかいのは当たり前だろと言われそうですが・・・汗。ここから滲み出る辣油のようなエキス感が、豚骨スープ全体に広まって、後半にはとてもカオスな旨さを高めるのが実にナイス。
 
 
 
 
<麺> バリカタでお願い!クシクシとした感覚の中に粉熟成の風味深く!
 
 ここは、フツーに「バリカタ」で抑えておきましょう。超低加水のストレート極細麺の、いわゆる「博多麺」。じつはこの麺の違いってのは、私には分かりにくいのでレビュー泣かせな食材。熟成効いた粉感覚を楽しむものと思ってますが、かん水が完全に抜け熟成された風味は、どれも同じように思え、またどれも同じレベルで美味しく感じてしまうのです。芯をよりはっきりと感じる博多麺ですが、その芯はとってもしなやかで、粉風味をかなりダイレクトに感じる・・・と言ったところ。ここが好みの分かれるポイントで、風味を大切にしたい人は「カタメ」を、汁と混じった糖化の甘味を堪能したいひとは「ヤワメ」を選択するのだと、個人的には感じますー。
 
 
 
 
<トッピング> 定番の薄スライスばら肉とゴリゴリ歯応えのキクラゲ!
 
 実はかなり、汁と薬味で満足してしまったので、トッピングの印象は薄いんだがー・・・。ただ余計な記憶がない反面、とても素直に食えたという解釈です。豚肉にしたって甘味強めのタレが染みこんだばら肉は旨かった。脂の甘さとタレの微妙な甘さに、豚骨スープの塩気が相まってすごく食欲を感じさえる旨みに感じたし。またキクラゲも質感がよくて、無駄に乾いた感じがなく、小気味よくバキバキボキボキと食い千切れた。バリカタの麺と混じっては、面白い歯応えのコラボを感じたし。汁に濡れた味も実に好きだわー。
 
 
 
 
 総じまして「気取らない高品質!纏まりとバランス感覚感じる本格博多系豚骨!」・・・と言うのが感想。店がまだ新しいのもあって、まだ清潔感も高いしいろいろ創作的な博多ラーメンも試みているみたい。元々武蔵小杉は飲み屋が多い街だし、飲んだ後の〆にも丁度良い質感とロケーション。とても使い勝手よいのでここはまた来ると思います。ともあれムサコに本格豚骨が復活して嬉しい!そんな気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
 
   寒空に
   朝飯抜いて
   腹が鳴り
 
 
 
   窮地を救う
   確かな豚骨
 
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「○得濃厚ラーメン 黒 +替え玉」@ラーメンかなやの写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/26/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/6ufoBQlqBEE

<ひとりぼっちの年末夜は・・・濃厚ラーメン!>
 
 ・・・いろいろあって方南町に出没。夜は信じられんほどに都会でも暗いのね。環七が抜けてゆくだけのロケーションで、少し寂しいイメージプンプン。そんな中、飲食店の電光看板だけがあちこちにアピールしてたりして、独特な雰囲気が哀愁そそります。場所は、元「家系ラーメン桂家」の跡地。勝手知ったる場所だから、間違えることはないのだった。やけに学生たちの人だかりがいるなと思ったら、ああここか・・・と言うことでプチ行列に連結。1分もしないうちに店内に召喚されました。
 
 
 
 
<久しぶりの濃厚豚骨!マー油追加で胃袋も突然刺激にビックリ!?>
 
 おおお!さすが特製!。四方八方に薄切りチャーシューがはみ出ております。そして中心部に肉の盛り上がりあり。スープのマットな黄土色感が如実に白濁系豚骨エキスを感じさせますが、じわじわと麺顔をはびこるように広がる黒い油・・・それがマー油です。キクラゲ・海苔・マー油・・・と重なって、なるで旨さの黒い三連星。微妙に違和感を覚えるのは海苔と京都九条ネギ。マー油豚骨だと、すぐに熊本系に結びつけたくなるが、あまりとらわれないで自由さ楽しむ濃厚豚骨らしい。味はなんとなく、色合いと濃厚さ・・・そして香りから察しがつくのだが、心落ち着けて味わうと、確かに豚の濃厚なるパンチを感じますね。しかしそれほどコラーゲンでベトベトしない。口の周りに張り付くほどのコラーゲン感は抑えめですが、それでも豚煮出しの風合いは分厚い。骨成分でザラザラした後味もなく、非常にまったりとした濃密さと感じてました。塩気は来そうで実はそれほど感じません。豚コクが濃密で味が濃ゆいため、それほど塩気は抑えめであったのか??。しかし家に帰ってから、喉が渇くのでそれなりに塩分あった様子でした。 
 
 
 

<衝動は抑えられない!刻みニンニクに紅ショウガを投入してアクセル全開!>
 
 ここは思いっきり行くぜ!。生ニンニクをクラッシャーで!と行きたいところだったが、こちらは刻み生ニンニクがポットに入っておりますから、それをズバズバと何回も投入。蓋を開けた瞬間から匂う(笑)。濃厚豚骨をベースに、マー油のシャープなキレに加え、粗みじんニンニクがボディーブローのように攻め込み、クサクサ旨味の猛ラッシュで、ダウン寸前なオレです。ここで忘れかけていた紅ショウガを投入。この独特の最強ジリジリ感がいいね!。ダウン寸前で目が覚めたように、また食欲が盛り上がってくるではないか!。麺とも絡みやすく歯ごたえにアクセントを形成するのも楽しいアイテム。
 
 
 
 
<豊華食品:なんと言われようと濃厚豚骨には極細ストレートの低加水麺が最高なのだ!>
 
 濃厚豚骨スープだったら、極細麺必須でしょう!。細麺と伝えましたが、カタサなどの確認がなかったので、それはそれで楽しみで待つのみ。配膳された瞬間のデフォルト加減は、ちょうど良いカタメの風合いだった!。最近、博多麺を食ってなかったのもあって、非常に粉な風合いが鮮烈で気持ち良い!。極細麺だからスープの持ち上げ半端ないのに、汁浸透を一切していないから、咀嚼でスープと麺を一体化を一から始める事になる。その最初の一口目・・・強いクシクシ感の後に鼻腔に流れる風味の良さがたまらん!しかし麺量も少なめだし、あっと言う間に汁吸い込みが進むので、悠長なことをしてられない。多少慌て気味で食うのも博多麺の醍醐味でしょうか。麺を食い始めて1分経過した頃には、替玉コールをしてました。
 
 
 
 
<誘惑に負けるオレなのさ・・・・替玉召還!>
 
 すでにタレを軽くかけられている。銀皿から流し込むように麺をずらしながら投入。九条ネギとチャーシューの欠けらも入ってて、納得の風貌です。みなさんご存知の通り、替玉の方が1玉目より水分低めに、パツパツ目に感じる。1玉目だとまるでバリカタ以上のように粉風合いが楽しめていいね!。この2玉目の麺風合いをダイレクトに楽しむことも重要で、だから博多麺だと1玉だけで帰れなくしてしまうのだわー。
 
 
 
 
<薄めの肩ローススライスが好き!汁にも馴染むし低加水極細麺にも最高なコンビネーション>
 
 基本的に薄切り肉。なんだが微妙な厚みが心地よくて、ペラいんだかペラくないんだか・・折りたたんで食うと妙にハマるー。マー油が部分的に染み込んでいるのもあるけど、程よい塩気で旨し。いくら食ってもカロリーゼロなら無限に食い続けてたい、そんな魔力性も微妙に感じます。
 
 
 嬉しいのは注文を受けてから、スライサーで人数分必要分カット。当たり前のようで、抜け目ない気配りが良いと思うし、その方がきっと在庫を無駄にしないと言うことなんでしょう。それでも「きっとオレの肉をスライスしてる!」と思ってカットしてるの眺めてるだけで、その肉が愛おしく一層うまく思えてくる。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!濃厚なスープの塩気にあって、濃密な甘味が安らぐのだ!>
 
 久しぶりの濃厚豚骨と博多麺でかなり興奮した今回の一杯。実は脳みそが疲れすぎて、あまり味玉のイメージが残っていないのだが(苦笑)。ただ濃密でマイルドな卵黄だけは印象に残ってる。ねっとりし過ぎず、ペッタリとした全体に絡みつくような柔らかさ!きめ細やかさ!。出汁の浸透はあっさり気味、そして熟成の甘みもほんのりと薫るといったイメージ。なのでやや塩気あるスープと混じると、甘辛が混じったようで、より美味く感じる。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「濃厚民族の魂揺さぶる直球豚骨!背徳の豚骨エキスに風雅なる低加水細麺の魔力にひれふせ!」・・・と言う感覚でして、最近あっさり系ばかりに傾斜していた自分としては衝撃の一杯!。営業時間とロケーションが悩ましいのですが再訪確実。限定麺も人気なようですでに焦ってしまいます。次回はそれ狙いと言うことで。そんな応援気分が収まりませんが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   禁断の
   ニンニク追加
   やりすぎて
 
 
 
   家族の視線
   イタさに猛省
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「きくらげラーメン」@なんでんかんでん 高円寺復活店の写真サクッと見るなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/-tg0St0M0XGdNfe2EM5NSjuh-38
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/uhkczIulfD4

<ホンモノ生マネーの虎が心機一転!接客案内しながら再スタート>
 
 あ!川原社長!!・・・店前まで行くと見覚えのあるあの濃ゆい顔つきの方が、店前で行列の整理を一人でなされてます。「マネーの虎」は、よく見てましたからね。また、「しくじり先生」もチェックしてましたし、なんだか馴染み深いお方。と言うより、やはり芸能人的オーラが漂っているように思えるから不思議です。なんなんですかねー、オレら一般人との差ってやつは。
 
 
<あるある〜な博多豚骨なのだが・・・正直言って麻薬的にうまい>
 
 4名ほどのスタフさん達で切り盛り。接客は某家系チェーンに勝るとも劣らずで、気落ち良い体育会系のパワフルな声で迎え入れられます。座るとおしぼりを半分広げて持ってきてくれるし、そのわりにきめ細かい接客です。メニューをちらっと見ると、博多とんこつ系としては、強気な価格帯。夜に豚骨で〆るのは、腹回りにまた脂がつきそうなのだが・・・やはり、豚骨の香りはそそるね〜。今回は、大人しく「きくらげ」トッピングとさせてもらいました。それはこんな麺顔。
 
 
 おおお!大当たり!!だってさ!!!こういうプリント海苔は好みじゃないんだけど、なんでんかんでんだから、なんだか許せてしまう。茶目っ気はいいね。丼も派手派手でメジャー感ありありんだけど、それ以外のラーメンそのもの質感は、なかなか本格的な雰囲気もありか。写真では分かりにくいが、コラーゲンのコテコテぶりがとっても訴えかけるスープ感が見事です。
 
 
 レンゲでまずはスープを味わうが、もう既にコラーゲンのエキスが口の周りに張り付き、コペコペした感じになります。嗚呼豚骨エキスの重厚さそのもの!。少量でもズシリと胃袋の壁に張り付くようです。そしてゆっくりと染み渡る・・・。しっかりと豚骨臭を伝えるんだけど、眉間にシワを寄せる必要のないマイルドな感覚。決してサラサラタイプの九州豚骨ではありません。
 
 
 塩気がじっとりしており、とても好印象。この豚骨エキスと塩気の結合が半端なくうまい。そしてずるい。これは麻薬的な感じだぞ!。必ず皮下脂肪に変わると思いつつ、レンゲが止まらない。まさしく酔った時の〆には、最適な味わいで、食った後から後悔するタイプ。スープ残すつもりだったのに・・・・完全に飲み干してしまいましたわ!。
 
 
 
 
<薬味で厚化粧しまくる〜 ^_^ >
 
 生ニンニククラッシャーを投入!しかも2粒ホール丸ごと!。スープの濃厚さを鑑みるとこれくらいしないといけないかと思った次第。既に他店で酔ってしまって感覚がバカになっていたかもしれません。後からブレスケアを大量摂取しましたー。そして紅生姜と高菜。これも前半と後半に分けて2回投入。紅生姜が重厚豚骨の中では、ジリジリ感が少しマスキングされるので仕方ない。また高菜が自分好みのマイルドタイプでうまかったー。薬味で厚化粧しまくりだったため、最後に残ったスープは、薬味でドロドロ度がさらにアップしてしまいました。替え玉必要ないくらいに・・・・腹が満たされた。
 
 
 
 
<この濃厚スープには超パツパツ麺しか相性ありえない〜>
 
 これだけラーメン食い続けて、博多麺だけはレビューがしづらい・・・・。いい麺ならほぼどれも味わいが同じ、風合いも同じに感じるんだもの。それだけ、完成されたスタイルと思えます。今回は自分には珍しく「カタメ」程度で抑えておきました。しかし、それでもしっかりと後半最後まで麺の風味をしっかりと伝えたし、パツパツとした強い歯応えはイメージとしてキープされたまま。濃厚スープだと浸透圧が低くなるのでしょうかね。
 
 
 
 
<きくらげは個人的に博多系でははずせない!>
 
 なぜ「カタメ」程度で抑えたかというと、きくらげがあったから。きくらげのゴリゴリ感をあまり邪魔しないようにとの作戦は大成功。麺の「前歯でパツパツ」「奥歯でクシクシ」感覚に、「きくらげゴリゴリ」感覚が交互に押し寄せ、口の中は歯ごたえの競演!。これが最高に楽しいから、博多系ではキクラゲは必須なのです、私にとって・・・。
 
 
 そんな感じだったので、なんとチャーシューの印象がまるで残ってない(爆)。肩のような腕のような部位が不明なんだが、肩ロースなのか?。うっすらと薄味だったのは覚えているが、脂身の甘さは濃厚豚骨の中に巻き込まれてしまったようなイメージ。でも不満は一切なしなので、あしからず。
 
 
 
 
 
 総じまして「やみくもな旨さと明るい元気さ貰える・・・なんでんかんでん!」と言う感じでして、この復活の旨さには、最近落ち込みの多い私には、なんだか深く染み入りました。いつもという訳にはいかんと思うけど、時々名物社長も店頭に立ち続けて欲しいかな。復活なんだから、地道な客とのコミュニケーションも楽しいものだと思うしー。また鳥貴族の帰りに寄らせてもらいます。このパターン激安ベロベロで大満足なオレ。お安い自分を嗤うけど、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   懐かしき
   平成最後に
   バブル麺
 
 
   今は昔の
   社会現象
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつラーメン + 替え玉」@無鉄砲 東京中野店の写真サクッと見るなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/b-4XHbyKzK-VZdvPRHNTqKzp8FM
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/4tlff0obmqY

<夏休み開けが迫る憂鬱を晴らすなら、ガッツリ食うしかない!>
 
 「無鉄砲」は京都府山城地域の名店。10年以上前関西転勤時代には、崇拝気分で食らってた名店です。「あっぱれ屋」と並び、京都の山奥にポツネンと存在する店で、それでも週末はラーメン狂が集まりごった返すと言う異様な光景が、いまでも印象に残ってます。大阪の大国町に支店ができてからはそちらへ流れましたが、東京中野に支店が出来て久しいというのに、未だ放置しておったのが、ずっーーと心残りでした。ようやく訪問です。

 
 
<見た目以上にズッシリ感じる濃厚豚骨エキス!スルスル食わせる罪なやつ!>
 
 なぜ無鉄砲が人気があるのか、当時のうろ覚えですが、豚骨と水しか使わない、純粋豚骨へのこだわりというのが、こちらのスタイルだったかと。当たり前のように当時思ってたんだけど、ラードなどコッテリとさせる素材は一切使わない。いわゆる添加物ゼロのド豚骨ということで、人気を博してきたという理解です。昔「dancyu」に紹介された頃は、すごい人気で山奥山中に車の渋滞が発生してたもんだ。それが東京の街中でさらっと食えるようになったのだから・・・時代は変わるもんだ。そんな約10年ぶり近くに対面した麺顔はこんな感じ。
 
 
 おおお!すぐに思い出せるほど、相変わらず守られた質実さと重厚さが伺える!。丼も懐かしい。ギトギトとした背脂感が皆無なのに、このコラーゲン感が重そうな切迫感はなんだ!。表面に乗せてあるチャーシューは、スープに浮いているというより、スープ表面に張り付いて動かないと行った存在感。これはかなり脂との戦いが伺えるので、備え付けの箸はエコ箸でなく、割り箸と選ばせてもらいました。
 
 
 まずはスープから。するといきなり口の周りがコペコペ貼りつくような、コラーゲンの感覚。しかし、豚骨臭はともかくも、とてもスッキリした動物系の旨味に感じられます。そして醤油ダレがなかなかいい感じで、見た目に反してあっさりと感じさせる。塩分がコラーゲンでマスキングされているのか?とても食べやすいので、スルスルグビグビと飲んでしまう。濃いと感じたら、言えば魚介スープで割ってくれるが・・・そんなの勿体無いよ!。
 
 
 重そうで重くないと感じさせるのが秀逸です。そのため薬味を追加してどんどん味重ねすらやってしまいます。九州系なら生ニンニクをクラッシュさせて投入したいところ。しかしここでは、ニンニク入りの醤油ダレ。そして紅生姜をアクセントとして追加させてもらおう。ニンニクが醤油に深く浸かっているので、酒のツマミにもなりそう。またジリリとした金属的な刺激の紅生姜も濃厚豚骨では生き生きとした酸味と感じられます。今回はネギ多めでお願いしましたが、ネギの青と紅生姜の赤が補色(反対色)なので、目に鮮やか。麺顔だってヴィヴィッドに引き締まる!。
 
 
 
 
<博多麺とは対極的にややモッチリ感を楽しませる!ストレートボコボコ麺!>
 
 博多麺とは違い、かなり普通の中細麺。きっぱりとしたストレートが九州系であるのに対して、微妙にボコボコとしたフォルムをしています。関西で豚骨と言えばやっぱり博多麺が多い中、こちらは加水もやや高めな設定で、別物豚骨のイメージ確立させてますね。
 
 
 カタメの設定をお願いしましたが、スカスカ、パツパツ、クシクシと行った粉っぽさはあまり感じず。それよりも濃厚豚骨エキスに馴染みやすいような、しなやかさと微かなもっちりさすら感じる、明るい歯応えイメージでした。スープをほどよくキャッチしますし、持ち上げも素晴らしく、薬味ネギや追加薬味を引っ掛けながら、ズボズボと啜り食ってしまう!。
 
 
 しかし・・・・ここでいつものクセが出てしまった。胃もたれ気味だったというのに、豚骨系を食うと「替え玉」をしないで帰れなくなってしまう。
 
 
 
<替え玉は高菜でガッツリ食った!>
 
 現金精算で急遽替え玉にトライです。お姉さんの説明によると、細麺と太麺を選べるそうなんですが、邪魔くさいオレは、「これと同じやつ」とだけ伝えてあとはお任せしました。替え玉はそれ専用の皿に載せられてやってくるのかと思ってたら、麺ザルに乗ったままやって来て、丼にポチャンと入れてくれました。替え玉はややハードな印象になりますが、それでも明るい歯ごたえは変わらずですね。
 
 
 替え玉には、ガッツリと高菜漬けを!多少のピリ辛ではありましたが、胡麻油の香ばしさと甘さがしっかりと浸透して、これ単独で白飯がガツガツ食えるような旨さです。二回投入して遊びました。替え玉を食い終えたあたりで、かなりスープを巻き込んだため、減っているのがわかる。その一方で、嗚呼・・・やらかしちゃった感がありあり。胃が重い・・・・。帰り道に、コンビニで胃薬購入をこのとき決断しました。
 
 
 
 
<京都系を感じさせるペラいバラ肉チャーシューが色々楽しめてナイス!>
 
 ほとんど濃厚豚骨と、高菜等のトッピング、そして替え玉に意識を占有されて印象が薄いのですが、チャーシューも懐かしく好きな味わい。ペラペラと揶揄されようが、京都ラーメンのチャーシューは、薄切り積み重ねが基本。これを一枚一枚剥がして、麺に巻いて食ったり。またシワシワにして、バラの花のように丸めて、口へ放り込むのも楽しい食べ方。時折、メンマとネギを巻き込んで、酒のアテ的に食ってみたりと・・・・・これでも真面目にチャーシューと遊ぼうとすると、忙しいものです。
 
 
 
 
 総じまして、「これも京都ラーメン!?はんなりさ皆無の超驚愕濃厚民思考な一杯!?」と言う感覚でして、ハメ外しには最適な一杯かと。ただし食い終わった後の胃もたれ等はありますので、それなりの覚悟は必要です(*´ω`*)。 日々のラーメン活動に、ブレスケアはいつも携帯しておりますが、今後は「胃薬」も加えねばと感じ入った一杯。もう見た目も胃袋も・・・若くはないのだから。そんな自省と秋の気配を感じながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   盆過ぎて
   秋の気配か
   空高く
 
 
   風は軽やか
   とんこつ香る
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「濃菜麺 + パクチー」@濃菜麺 井の庄 荻窪店の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/draft/CjqRySzgtEUcBuFwAkoYHrGCkyk
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/2D-cITGz8KI

<新店舗開店続く中央線!今度は「井の庄」!>

 本当に最近は、いい店の新規開店開店ラッシュで、公私ともに忙しくなってきました。しかも、中央線界隈も賑わいを見せており、先日の東中野の移転開店に続き、今度は、荻窪に新しい支店がオープンしました。練馬の名店「濃菜麺 井の庄」さん。ますます荻窪のラーメン店の層が分厚くなってまいりました。たまたま開店の日に、予定が二つドタキャンが続き、急にフリーなったものだから、オフィスに帰るよりも早直帰を申請いたしましたわー。嬉しいことに、夜の部は5:30PMスタートなので、まだ明るいうちから夜のラーメン活動ができました。

 それにしても、外観内観ともオシャレな感じです。私のような薄汚れたオヤジには似つかわしくない、白を基調としたデザイン。何もかも真新しいのもあって、店内には緊張感が伝わります。オペレーションの確認も怠りなく、スタフの動きも開店当初としては、キビキビしております。気合を感じるねー。

 最初のご挨拶は、デフォルトで行きましょう!ということで、「濃菜麺」とさせていただきました。ただ、何か薬味が欲しくなる味わいとだけは、練馬店での記憶がありまして、ニンニクかパクチーで揺れ動きます。両方だったら喧嘩するか??と思い、パクチー大好き「パクチー星人」としては、パクチー【和名:カメムシソウ】をチョイス。



<ポイントの甘さに、確かな豚骨煮出しで淡くクリーミー!薬味によく反応するからパクチー追加!>

 カメムシソウはいいよぉ~!なんたって美容効果があるらしい。「病気予防」だけでなく、「アンチエイジング」「デトックス」という効果があるらしい。これからオレは、美しいオヤジになって、虐げられた半生を見返してやろうかと、カウンターで考えてはほくそ笑んでおりました。そんな不気味な雰囲気をつんざくように、濃菜麺が配膳。その空気を読まない麺顔はこんな感じ。

 おお!久しぶり!でもちょっと男前になりましたね!。以前、練馬でお会いしたときは、もっとワイルドさアリアリだったような記憶。濃厚豚骨とあってワイルドな泡立ちもあったし、また一番の違いは肉。チャーシューが最新スペックでレアチャーシューに代替わりしております。また野菜の盛りもややスリムになったイメージで、時の流れを感じさせますなー。日々変化し進化してゆくものだと、麺顔見ただけでしみじみと、自分の年齢を感じてしまいます。

 思い出に泣きながら、静かにスープをまず味わいます。おー、これこれ!濃密な豚骨のエキス感がマイルドにサラサラと流れる・・・・と言うか淡くクリーミーな感じがいいね。香りはふわっと獣系の輪郭を感じさせますが、そんなにくどいものではありません。上品な仕上がりの濃厚豚骨と言う感じ。また、ポイントの甘味も健在で、醤油ダレによるものか不明ですが、やや甘塩っぱい仕上がりになっております。トッピングからくる野菜の汁気も滲んで、見た目よりも随分と食べやすい。そして、胃袋にじっとりと食べごたえ感じる心地よい負担感もナイスです。晩飯ラーメンとしてはピッタリ。

 ここでパクチーを本格的に撹拌させて、味変を試みます。すると獣っぽい輪郭は一気に霧散して、清涼感ある苦みも加わり、一層職が進みます。奥歯にパクチーが挟まって齧る瞬間なんて、ペパーミント級に清涼感が爆発する中に、濃厚豚骨は味の火消にまわるといった味風景が、なんとも食っていてにぎやかで楽しい!。また、一味もなかなか似合うスープです。個人的には、パクチーとケンカせず、ピリ辛風味を加えてくれるし、パクチーの緑に、一味の赤が降りかかるとちょっとカッコよく見えます。緑と赤は、色彩学では捕食にあってあまり相性良く感じませんが、食べ物上では十分にアリの組み合わせですね!。



<丸みを帯びて引き締まりある太麺!豚骨受け止め食べ応えもあり!>

 これだけ個性的なスープですから、麺には図太さがもとめられましょう。そんな期待に十分応えた中加水ストレート麺です。丸みを感じる形状で、引き締まり感もあり、前歯を当てて力を加えるとプツリと千切れて、断面が前歯の裏側に貼りつくような・・・錯覚を感じます。その際にグルテンの風合いが実にしっかりとしており、汁の浸透をあまり許さないイメージがアリアリと伝わります。

 奥歯へ運んで、しっかり咀嚼することにより、スープのエキスと麺の炭水化物が、唾液で混じって融合するみたい。その時の化学変化で甘味が生まれ、スープの残り香と口のなかでブレンドされて、濃密な旨さと感じますー。

 また、紙エプロンは遠慮したのだがもらっておいた方がいいね。十分注意したつもりが、きっちりワイシャツに染みを一つ作ってしまいました。オシャレな空間で、ヘタレオヤジが一人、紙エプロンしてる姿が自分で恥ずかしかったのだが、考え過ぎな性格は早く捨て去ろう・・・いい歳なんだから。



<二種の低音調理チャーシューが絶品!どんな酒にも合うね!肉プレートおススメ!>

 代替わりした肉は旨かった! 豚のレアでしたが、肩ロース肉と思われ、薄切りスライスが大判で二枚ありました。味わいとしては肉の本質を感じる中に、浸った塩味タレの芳醇さがナイスでして、ワインを思わず欲してしまう崇高な味わい。これなら無限大に何枚でも食えそう。また鶏は胸肉で、なんとも柔らかい。中がほんのりのレアかと思うほど、しっとりとした柔らかさで、よくあるパフパフとしたコンフィの食感とは少し違う。少し艶めかしい食感と味わいで、周囲にあるハーブが良く染みており、白ワインでなら、これも無限大に食えそうな気がします。なので「肉プレート」はかなりおすすめかと!350円と言う設定もナイス!。




 総じまして、「コンテンポラリーハイセンスとガッツリ系のハイブリッド感!お洒落濃厚豚骨!」と言う感覚でして、これでますます荻窪が楽しくなってきました〜。最近、荻窪はご無沙汰なので、近場をもう一度回ってみようかしらと言う気にさせますね。次回あたりに、井の庄と言えばの「辛辛」やら、「ジロベジ」「カラベジ」などにも手を広げてみようと、すでに考え出しております。嗚呼、腹いっぱいでもう幸せ。メタボ一直線なのだがー。そんなのは一時忘れて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。


   週半ば
   濃密予定に
   へばり食う


   マイルド旨し
   濃密豚骨


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「焼き芋焼酎黒丸+汁なし豚骨そば」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2018/04/12/061343
YouTubeでまとめたよ
https://youtu.be/3JQ52yPnOdI

<飲まずにまっすぐに帰れない運命・・・^_^ >
 
 本当は、どこかでゆったりとブログの整理をしようと持ち出していたPCだったが、こういう風に役立つとはね。イラつきながら、喫煙ルームでガンガン吸いながらパソコン叩いている私は、周囲からは仕事しているのを見せつけてる嫌なやつに見えたでしょうね。灰皿にガッツリと6本ほどの吸い殻の山を、気づきあげてしまいました。あっという間に午後2時近くです。
 
 全然、週末でくつろいだ気がしねぇ〜。なんだか一気に会社帰りの気分に逆戻りですよ。やっぱり酒飲んで帰ろう。近くにサイゼリアを見つけたから、そこで安ワイン飲んでハジけようと思った。そのある商業ビルの看板でどこにあるのか探そう・・・としていたら、なんと「金町製麺」の看板を発見!。あ!こんなところにあったの!! いつか夜に訪問するために場所だけ確認しに行こうと移動すると、ななななななんと!!!!営業してる!!!!!!!!夜だけ居酒屋じゃなかったんですか!。もうここで、酒とラーメンするしかないでしょ。
 
 普段は同じ場所で連食しない私ですが、今回ははじけよう!
 
 
 
<芋焼酎黒丸>
 
 少し前まで、プロントでアイスコーヒーの大きいやつと、水をがぶ飲みしてたから、本当は生中と言いたいところだが、芋焼酎ロックとさせてもらいましょう。正確には「焼き芋焼酎」とな。どうやら焼き芋を10%使用しているらしいのが、どうやって醸造発酵させてるんですかね。などと理屈っぽく考えながらチビチビやると、おお成る程!すごく香ばしさの中に甘味がある気がするー。いも焼酎の臭さが、香ばしさと分かるようになったのは、随分と後だったが、その香ばしさがとても受け入れやすい感じ。お湯割だともっと特徴がわかるのだろうが、疲労と眠気が重なったのもあって、すごくアルコールが回るの早かった。お代わりする予定だったが、一杯だけ。腹の中がもうチャプチャプ・・・。
 
 
 
<汁なし系の豚骨!?初体験!!>
 
 どうやら昼営業の最後の時間帯だったみたいで、ガラガラ。ほぼ私一人貸し切り状態でした。もう悠々と誰にも気兼ねなく、ゆっくりと酒を味わう。
 
 ただこんな腹の状態で、ラーメン食えるのかとちょっと自信を失いかけました。でもメニュー表の中に、唯一汁なしってのがあったから、それなら胃に少しでも入れられるだろう。魔、そんな訳で「汁なし豚骨そば」を追加オーダーしました流れです。その汁なしってのがこんな麺顔。
 
 おおお!豚骨そばって言うからコッテリした「豚そば」かと思ったら、博多系をオマージュしたような汁なし麺じゃありませんか!。紅生姜とキクラゲと万能ネギ!これに味付きモヤシもありますので、豚骨風なのに汁がないのが、この時点になってようやく不思議と思いました。
 
 タレはどんなだろう・・・と底を探しても見当たりません。麺を食うと分かったのだけど、タレも、本当の九州豚骨風スープの白濁の色合いになってる。そしてペースト状態になって麺にすでに絡まっていたのです。麺の地肌カラーとそんなに違和感なかったので気づかなかった。食うと本当に笑うほど、九州豚骨ラーメンの味しとるがな!。塩気がしっかりしている中に、豚のエキスがネットリとした感じを出しており、舌に絡みつく。紅生姜がこの豚骨ペーストとよく合う!。
 
 混ぜて行くうちに、紅生姜以外の味わいも広がります。例えばモヤシの味付けが豚骨ペーストにも少し影響を及ぼし、味で紅生姜と対立軸になっている。ネギは豚骨ラーメンに似せた青ネギと、油そば風を意識した白ネギが両方プラス。この二種ねぎ風合いも、豚骨ペーストの中では、うまく纏まっていて食欲を加速するアイテムでした。どうせなら・・・・ついでに、ニンニクがあれば、もっと旨さが昇華していたかもしれませんね。
 
 
 
<やや中太で中加水なほぼストレート丸麺!芯を残して風味良し!>
 
 九州系は全く疎い私ですが、どうしても麺のカタサを追求してしまう。九州豚骨系だと、いつもカタメを志向してしまいます。ところが、この汁なしそばは、代表的な細麺ではなくて、むしろ普通より少し太めの「やや中太麺」です。加水のレベルも中程度として、少し王道からは外れるイメージがあるかもしれない。
 
 しかし、実際に食うと、しっかりと芯を残している茹で上げ状態だった。パツパツとまではいかなくとも、ヌツヌツっと乾いた歯ごたえに後に、麺の断面をみるとはっきりと芯があるのが確認される。つまり、風味がとてもよくできているため、茹で上げもそこそこ早めのタイミングになっているような、風合いでした。
 
 
 
<九州豚骨イメージの具材に今風のレアチャーシュー!酒のアテ!!>
 
 やはり、豚骨の味とキクラゲは合いますね!。麺と合わせると、歯応えの二重奏な感じで、クツクツ感とゴリゴリ感が共鳴しあうようです。そこに味付きもやしのザクザク感もリズミカルに合うかも。よく豚骨ラーメン屋にある辛モヤシがありますが、それよりはもっと甘め。なぜなら唐辛子の代わりにすりゴマですから。なので、キクラゲ同様でこれを少しつまんで食うと、酒が進みます。
 
 しかし何と言っても二種チャーシューが、実に焼酎に合う!。豚ロース肉は、レアチャーシューの代表格のようでして、実に肉味がナチュラルに凝縮しており、塩気が薄め。ソフトなようで生っぽい肉の感触を確かめた後、ロックの焼酎をちびりとやって、胃袋へと流し込む作業が実に楽しい。そして、鶏胸肉のコンフィっぽいチャーシューも、丁寧に飾り焼き目まで入れられている。前歯を少し力を入れるだけで、繊維がスーッと切れて行きます。これもすごく淡白な薄味。麺に絡まっている豚骨ペーストが少し絡みつくと、爆うまですよ!。両方の肉も、少し白ネギを乗せて食ったりして、存分に楽しみました。
 
 
 
 総じまして、「こんなの近所にあったら入り浸る〜!酒好きラヲタの為の店!」と言う感覚でして、実に罪作りですよ。最初は、胃袋の状態から食い切れるか心配だったものの、見事に難なく完食してしまいました。こんな汁なしがあるなら、通常の体調であったら、焼酎は3杯は軽いはず。まさに麺食堂と立ち飲み居酒屋の合体状態のこのお店ならではの、メニュー展開だったと思っています。しかし、こう言う店は、我が地元にも欲しいもんだー。あれば必ず入り浸る。ここはまた来るでしょうが、ちょっとあまりにも遠すぎるので、ちょっと一杯気分ではしんどいかな・・・・。常磐線沿線で、所用があったときには、是非ともこの店訪問を絡めたいとおもいました。この日は、思いがけず、金町で2杯も食うこととなって、どちらも大満足。そんないい気分を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   泣かせるぜ
   夢の昼酒
   昼ラーメン
 
 
   気持ち弾ける
   金町製麺(字余り)
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件