なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.276点
最終レビュー日 2019年10月22日
3,915 2,441 13 23,657
レビュー 店舗 スキ いいね

「小ラーメン ニンニク」@ラーメン二郎 品川店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/21/000000
とまそんのYouTube:https://youtu.be/F0hqbZXnOQc

<品川でポカンと出来た空き時間!7年ぶりにシナジへ行ってみたよ>
 
 それにしても随分と久しぶりなこの店。7年ほど前に訪問して以来です。関西転勤から東京に戻ってきたころだったかな・・・。ラーメン活動に熱が入りだし、二郎という食べ物に強烈に惹かれていたころだったかと。当時とどう感じ方が違ってるのかも個人的には興味でした。
 
 
 
 
<全体> 肩の余計な力が抜けたようなワイルド感!程よい圧迫感がオヤジなオレには最適なのさ!
 
 今回は元気がいいぜ!コールは全部!って言おうか!?。しかしまだ病み上がり感が微妙に残ってるしな・・・と悩んでたら、コールのタイミングを無言の手合図で知らされ、とっさに出たのが「ニンニク」だけだった(汗)。ま、ええか・・・そんなつんのめったやりとりの一杯はこんな感じでした!。
 
 
 おおお!ヤサイ盛りが穏やかなだけでこんなにワイルドさが丸く思えるのか?。ヤサイには少し緑色が差して、スープは半濁りな茶褐色。それでいて表層をうごめく豚エキスと鮮やかな刻みニンニクのイエローが、いかにもガッツリ系と感じさせる。ちょっと大人しい二郎になったかもだが、野菜マシだと極端な山盛りになるため、次回から「ちょいマシ」などのコールが必要かもしれん。しかし、オッさんの昼飯としてはこれでも多いくらいだから十分さ。
 
 
 
 
<スープ> こんなに旨かったのか?微かに進む乳化作用に醤油の香ばしさとニンニクパンチが絶妙に響く!
 
 もう前回訪問が昔過ぎて覚えていなかったのだが・・・正直言ってこんなに旨かったっけ?と思えてならない。乳化と断言しづらい程度の「微乳化」で、表層は脂が浮いているがその下には・・・スッキリとした豚骨醤油の海が広がってます。ここにニンニクをガッツリ溶かし込みますが、カネシと白い粉の塩気に結びつくように切れ込む旨さ。嗚呼、定番の直系二郎の豚骨パンチとカエシのキレですな!。豚骨エキスが濃ゆいけど重くない。ここもポイントで程よい臭旨感がたまらん!
 
 
 またカネシが好印象なのです。非乳化系の醤二郎のキレキレ塩気も感じながら、微濁豚骨エキスで円やかに感じる。ニンニクのジリジリ感すら飲み込む圧倒感で、今回だけはスープを飲み干しそうになってしまうところを、慌てて丼を下ろしました。うう・・・これはまさに麻薬的だ。そのくせヤサイの甘味が後半にはジワジワと溶けだすし、優しさすら感じるようになる。麺のグルテン風合いも滲むし、後半のスープは実にワイルドなのにカオスな旨さ!。
 
 
 
 
<麺> デフォルトでも程よいクシクシ歯応えと風味感!淡く芯を感じさせつつ汁をちゃっかり吸い込む!
 
 実に麺が旨かった!常連さんがやたら「麺カタメ」注文を付けるから、何だよぉ~ここ柔らかめだったっけ?と自問自答しつつ、もうカタメへの切り替えるタイミングを逸してしまって泣いておりました。ところがだ、いざ配膳されてデフォルトの麺を食ってみたが、フツー以上に固さが残っていてクシクシ。冒頭に歯で千切った切断麺には、淡く芯と思しき白い部分が明確に見えました。ここから香り立つオーションの風味が、実にスープのずっしり旨味に合うのだよ!
 
 
 この淡い芯にあたる部分は後半になるまでキープしてましたが、意外に回りはどんどんとスープを吸い込んで、艶やかな褐色に光ります。炭水化物が旨味成分を吸い込んで一気に旨味へと変化する瞬間みたい。一口噛むと唾液が溢れ旨味へと昇華!。そして割とハードなうねうね中太麺。ワシワシと食い進める醍醐味。ヤサイと混じったザクザク歯応え!。もう頭の中が真っ白になって爆食邁進するのみです。ひょっとしたら・・・大ラーメンでも食えた勢いだったかも。
 
 
 
 
<豚> 比較的醤油が効いた香ばしい肩ロース感!肉繊維を解れさせた部分を噛み締めて味わう楽しさ!
 
 豚が複雑な部位のようで、肩肉?腕に近い肩ロース??など不明。ただ周囲に分厚めに脂があり、タレに染まって飴色に輝きます。肉身の繊維質は噛めば安易に解け、一旦スープをくぐらすと裂け目から汁が入り込んで旨いっす。しかし元々、醤油ダレの浸透が深いと思われ、この塩気と風合いが前半の食欲をリードします。サイズは小ラーメンとしては可もなく不可もなく。ここでは小豚か豚追加が推奨かと思われます。
 
 
 
 
<ヤサイ> クタる前の儚さあるモヤシ!比較的甘味多めなキャベツ!ヤサイマシが大人気なのが分かるよ!
 
 マシの多さにヘタレしまったオレだが・・・常連がすべてヤサイ多めとコールする気持ちが分かる。モヤシの茹で上げ加減がクタり始める寸前ってな感じで瑞々しい。またキャベツの投入を比較的多く感じますので、緑色が少しばかり映えてみえる。そしてそれだけキャベツの甘味を感じるので、豚骨醤油スープの中にあっては良い箸休め的な働きもします。
 
 
 これだけヤサイが旨いと・・・マシにしても食えるハズだった・・・。ここは妙にヤサイマシリベンジを果たさねば!と妙な宿題をまた背負った気になってしまいました。
 
 
 
 
 総じまして「忘れられない旨さが響く汁と麺!ヤサイもナイスで豚追加オススメ!すべてハイレベル直系二郎!」と言う感動。これは上ブレだったのでは?と不安も過るが、いやいやいつも長年この行列と言うのは安定旨さの証拠と言ったところか。パーツがどれも旨かったので、二郎玄人も二郎素人も等しく楽しめると思われます。嗚呼、また二郎食いたいと心に火がついてしまった。こちらはもう激しくおススメ!。そんな応援と感謝を込めながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   長雨に
   気分も重く
   雲重く
 
 
 
   憂さを晴らさん
   二郎が旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「らーめん」@らーめんバリ男 大門店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/19/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/hFgzdczz-T8

<ガッツリ濃厚煮干にフラれた腹いせに・・・予定調和のガッツリ麺!>
 
 午後の都合から浜松町駅で下車。ここで濃厚煮干の名店を狙ったんだが・・・なんと売り切れ早じまい。えええ・・・ガッツリと濃厚煮干とその和え玉食って腹パンの幸せゲットしたかったのに。こいうなったら、すぐそばの東池系の店へ流れ込もうと思ったんですが、たまたま真赤なラーメン店を発見。その名も「バリ男」。二郎系の店だね。非常に中途半端な時間帯だったのに、8割以上が席埋まって流行っていそう。旨いのか??そんな予感もあって、ブレスケアのストック確認した後に、思わず入店してしまいました。
 
 
 
 
<全体> デフォルトで予想以上のマウント盛!?ちょっと焦るが食欲の秋だぜ!しっかり食い切れる!
 
 おおお!これでデフォルトか・・・似非ジロリアンなるジジイなオレとしては正直ビビッてしまうヤサイの山!。ちょっと焦ってしまいましたが、よく見ると豚肉がそれほど重く無さそうであり、丼のサイズも圧迫感がない。見た目より多くないかも・・・。またそう感じれるのも食欲秋で芽生えた余裕の現れかもです。冷静になってもう一度見渡すと、ありゃりゃ・・・多少豚のサイズ感に肩透かし感があるが、全体的にガッツリ行きたい気分にはベストマッチ!。
 
 
 
 
<スープ> 豚骨臭しっかりしつつも意外にもアッサリ動物感!カエシの塩気とニンニク大量投入で乗り切れ!
 
 店のまえまで漂っている豚骨臭だから、さぞかし塩気を効かせた豚エキスだろう・・・そんな気分で啜り上げたファーストインプレッションは「ライト&スムース」。一見乳化してそうな汁は、実は表層に浮いた背脂がメインであり、どちらかと言えんば醤二郎?いやいやそれよりも軽やかなエキス感です。これはアブラマシは必要かも。その一方でサラリーマンの昼飯としてはナイスなレベルであり、クサクサにならなくて済むし胃もたれもしなくて済みそう。ともあれ、ヤサイの汁も混じったからか、塩気や豚骨エキスとも食べやすいほどライトで、ヘタレな私にはベストマッチだったかもしれません。
 
 
 この店の蘊蓄によれば、まず三分の一まではそのまま食えと。それからニンニク投入とのこと。ニンニクはセルフです。業務用卸ニンニクではなく、刻みですからご安心を。ひと匙入れて「イケメン」ふた匙入れて「超イケメン」。み匙入れて「バリ男」とのことで、バリ男が一体なになのか説明は一切ありません。ま、仕事まだ残ってるしイケメン程度でセーブしておきましたが、やっぱりこれがないと成立しないよな・・・。多少薄く感じてた汁が、一気に魂を吹き込まれたような味わいに激変!。予想外に動物感が低かった部分は、一気に盛り返しを感じます。
 
 
 
 
<味変> 自家製唐辛子が激しくおススメ!これでいい塩梅にパンチが決まるよ!
 
 あと自家製唐辛子もおススメだとか。これはひと匙だけでいいらしい。これもニンニクと同様、ライトなスープ感を肉厚にさせますので、辛さによほど抵抗感ないならやっておいた方がいいです。麺に絡むのも旨いですが、個人的にはモヤシに絡んだ時が旨いと思えるので。ヤサイ消化にもこの自家製唐辛子はおススメなのです!。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:実にしっかりとしたハード目な歯応えと風味の良さ!カタメ好きにはおススメのガッツリ麺!
 
 一番印象に残っているのが「麺」。これは旨いよ!。ややカタメな茹で加減がポイントで、風味もよく感じられてスープの味変化とも良く合っておりました。ハードさは箸でリフトアップしたときの腰つきからして明らか。捩れた形がそのままリフトされますし、ひっかかったようにモヤシも巻き込まれてゆきます。前歯で千切るときはヌツヌツと切れ込み、歯の裏側に温度を感じるかのように熱々さもキープ。啜り上げるには重いので、ワシワシと啜り食らいますが、モヤシのザクザク感と、麺のハードなクシクシ感のコラボがいいね。瑞々しさと粉感の一体感に、豚骨エキスが混じるー。
 
 
 何と言っても、このクシクシ感が最後までキープされるから嬉しいよね。こちらにはつけ麺も用意されており、そっちも激しく気になりだします。ハードだが食い切れる!。体感300g弱って感じです。麺少なめと言う設定もあり、こちらは味玉が付く模様。固い麺が苦手な方ならこちらへ流れるのもいいですね。
 
 
 
 
<豚> ちょっとデフォルトでは寂しい気もする?豚増しが必須なのかも・・・
 
 3枚あるんだが、ちょっとサイズ的にはこの手も一杯としては寂しさもありなむか。一般的なラーメンでは考えられんことなのだが・・・。肩ロースかと思ったけど、これは豚バラ肉です。ブロックの全体も感じ取れないので少々不満だったんだけど、柔らかさはあったし、塩気と脂の旨味のバランスはいい。サイズだけが問題って感じでしょうか・・・。
 
 
 だったら豚マシで行けばよいんだが、これが+300円してしまう。豚ラーメンで1000円オーバーはちょっと考えにくいヘタレ者なので・・・どうにかしてここで豚満足を得たいのだが、今回はたまたまだったのか?。ちょっと定点観測したろかしらん・・・・。
 
 
 
 
<ヤサイ> デフォルトで満載なのがイイね!天地返しも慎重になるほどボリューム多めが楽しい!
 
 麺とヤサイがウリなのか。ヤサイは量が多いだけでなく、クタり始める寸前のシャキシャキ感がモヤシには残っていて、これが非常に好みにあった感じ。天地返ししたあとのモヤシが旨くて、最初は遭難するかもと思ってビビってた自分とは思えぬ爆食爆走モードで一気食いしたようです。店の蘊蓄には最後にこのヤサイに酢をかけて楽しめと書いてあったが、夢中になり過ぎて一気に食い切ってしまった・・・。
 
 
 
 
 総じまして「あっさり食えるガッツリ感!ヤサイと麺をしこたま食らう気分ならここ!」と言う気分。ヘビー級じゃないけど、それだけがガッツリ系じゃないと思う。サクサクあっさりと食えるガッツリ麺。これほど食って胃袋に負担少ないガッツリ系も珍しいかも。ライトな旨さもいい感じなので、軽い憂さ晴らしにはもってこい!そんな気分には激しくおススメ!。そんな応援と今後の期待を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   秋深し
   バリバリ食らう
   ガッツリ麺
 
 
 
   病痩せ後に
   デブ一直線
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン ヤサイニンニク」@ラーメン豚山 元住吉店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/17/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/9eKimaNk1EQ

<時間が無くてもガッツリ食いたいならここ!>
 
 訪問時は平日ランチタイムのトップタイム。外待ち無しで丁度満席状態。券売機で食券買っているうちに丁度一席空きましてラッキーって感じです。接客はいたってよろしい感じ。ヘビーなジロリアンってな方はちらほら程度で、わりと小ラーメンやミニラーメンがメインで出ております。やはり、ガッツリ系で昼飯気合入れたいってサラリーマンと学生多しって感じでしょうか。女性客の姿は皆無です。
 
 
 
 
<全体> 豚もヤサイも程よい圧迫感!サクッと食えるガッツリ感がええ感じやねん!
 
 少し前まで病み上がりで試し運転的なラーメン活動だったんですが・・・そろそろエンジンかかって来たって感じ。ここは久しぶりに「ヤサイニンニク」通常コールとさせていただきましょう!。憂さ晴らししたい気分に体調が追い付いてきました。そんな今回の一杯はこんな麺顔でやってきました。
 
 
 おおお!最初の大きな盛りに追加したヤサイに遭難確実かと思われましたが、目の慣れと旨そうな見栄えで闘争心が復活!。麺量デフォルト250gというのが大きな勇気を与えてくれます。やはり豚山と言う屋号の通り、豚肉がアピールしまくり。のの字か@(アットマーク)をイメージさせる、とてもキッパリとしたロール豚バラ肉が実に旨そうです。それなりのスライス厚みですが、2枚あるところで個人的には十分!。あとは湯気で立ち上るニンニクの香りで、爆食モードスイッチオン状態であります。
 
 
 
 
<スープ> 軽く乳化した汁にカエシが効き目だがそんなに塩っぱくない!ヤサイマシなら味足しオススメ!
 
 一見パンチがありそうなスープ感ですが、意外にライトです。微乳化とも言うべき微かで軽い濁りが印象的ですが、レンゲで掬ってみるとサラサラっとしてる。そして醤油の色合いが結構効いており、この点でも塩気を感じさせるが、ゴクゴク飲み干せる程度の濃度です。ヤサイが多めだったのでこの汁が結構全体を薄めてしまったかも。しかしテーブルせっとには醤油タレが備わっているし、ほかにも一味等薬味は万全。薬味でリカバリー可能な範囲です。ただアブラは足した方がいいみたい。ヤサイは結構盛りがサービス的だし水分が染み出し気味なので脂のコクは、後から足しようがない・・・。
 
 
 しかし決してシャバい訳でなく、さっとサラリーマンが昼飯で食らうとしては十分に重め。辺りを見回すと午後からを気にして「そのまま(ニンニクなし)」コールもそこそこ多しな店内風景。私はブレスケアとクロレッツの準備はいつもカバンに万全ですが、食う前と食った直後に多めで飲んどけばある程度仕事に影響は及ぼしません。言い方を変えれば、後に残らない豚骨醤油感覚と言えましょう。
 
 
 
 
<麺> クシッとした感覚がキープのややスリムな平打ち麺!オーション風味をヌツヌツと味わう!
 
 麺は旨かったかと!。ザクっと一気に天地返し。すると中太タイプの平打ち型の麺が現れますが、外カタできめ細やかなオーション麺いい感じ。ややスリムなフォルムですが、ボコボコした部分も少なくてスタイリッシュに見えなくもないです。芯はない湯で加減ですが、クシクシとした前歯の千切れが印象的で、汁の絡みもヤサイと混じりながら良さげ。後半になるとやや汁と熱を蓄積してデロっとした風貌に変化しますが、これもまた悪くないです。
 
 
 この麺だったら300gは食えたよなって思えてくる。ヤサイと麺と混じらせながらバランスよく食ったつもりが、麺が好みだったのもあって先に食いつくしてしまいました(笑)。ヤサイ減らして麺チョイマシってバランスがマイベストみたい。
 
 
 
 
<豚> 「の」の字豚バラロース肉が2枚!欠片も混じってデフォルトとしては満足レベル!
 
 屋号が豚山ですからねー・・・豚肉ではずしはしませんな。美しく「の」の字にそろった豚バラ肉。ローリング整形が見事で、醤油ダレに染まった脂身も飴色のようであり、褐色のようでもあり実に旨そう!。また2枚のロール肉だけでなく、肉の塊の端っこがサービス的に入れられており、実質2.5枚以上という体感ボリュームです。
 
 
 もう自重で崩れ落ちる感覚で、ロールがほどける。脂身と肉身のバランス良いところをむしゃぶりつきますが・・・割と醤油感がいい塩梅で浸透しており、カエシの塩気と脂の甘味がナイスバランスであります。固い部分は殆ど見当たらず、かと言って緩すぎるようなトロトロ部分も少ないのですが、十分に及第点と申せましょう。
 
 
 
 
<ヤサイ> モヤシメインだがキャベツも意識した80/20の混合比!割と好印象!
 
 モヤシ主体のヤサイで、デフォルトでもそれなりに多い。ヤサイマシにすると450gという触れ込みですが、これは茹で前の概略でありそれほど圧迫感与えるものではありません。またキャベツは意識的に一定量入れようという意志が見受けられ、比較的キャベ率が若干高ったようなイメージ。なのでヤサイの甘味も感じることができ、個人的には一定以上の満足度がありました。
 
 
 
 
 総じまして「ライトにもハードにも調整自在!駅近で立ち寄り便利なガッツリ麺!」と言う感動。いい意味であんまりハード過ぎない二郎インスパイア系。豚に拘る方もそれなりにハマるかと。何より駅から近いのでサクッと憂さ晴ら食いするにはもってこいかと!。私のように面倒くさがりにはもってこいで、似たような人には激しくおススメ!。そんな応援と今後の期待を込めて、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいとおもいます!。
 
 
 
   山盛りに
   のの字のの字の
   豚の肉
 
 
 
   ストレス晴らす
   爆食昼飯
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺少なめ)+ニンニク+ちょい脂+生姜ダレ」@自家製麺 No11の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/14/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Sx51UeDeqI0

<自分自身の快気祝いに・・・今注目のJ系新店にトライ>
 
 そろそろもういいかな?ってな感じになるまで体調復活。ではそろそろガッツリ系でも攻めてみましょうか!。久しぶりに直系二郎ってな発想もあったんですが、普段訪問ハードルが高くて今注目集めるとこ行っときましょう!ってな感じ。今回やってきたのは、下板橋から少し歩く場所にある「自家製麺 No11」さん。富士丸で御修行経験ありとのことですが、実は恥ずかしながら・・・富士丸系まだ未体験な私。ピヨった感じで挑戦させていただきましょう。
 
 
 それにしても、人気上昇中と言うことで日曜日の昼営業の開店1時間前に来たんだが・・・その時すでに15名前後の並び発生!。30分前には軽く30名は超えて、開店時刻には60名以上にはなってたんじゃ無いだろうか〜。もう秋だと思ってたんだが、台風一過で結構直射日光キツかったっす。丁度開店時刻には、陽が傾いて丁度日陰になったけど。
 
 
 
 
<全体> 乳化が進みつつ更にオイリーな脂感覚!しっとり脂にクタリ気味の野菜!背徳感ありありなのに優しい麺顔
 
 それにしても季節外れでいい日光浴となりました〜。待ってるうちに色々と考えも整理されてきまして、男の意地を張るよりもここは病み上がりの我が身を感が見ようよ・・・と言う流れへー。麺少なめで、スタミナ補給のニンニク!っとさせていただきましょう!。コールを終えた麺顔はこんな感じです!
 

 おおお!これまた見事な乳化スタイルのガッツリ麺!中央に横たわる豚肉の存在感もさることながら、全体的にオイリーに感じる迫力は何ぞ!。スープは乳化したイメージなのにその上にまた脂がのしかかかるような圧迫感ですぞ!。しかし全体的な色合いとか雰囲気は、優しい雰囲気も十分にあって・・・ヘビーなのかマイルドなのか、一言では中々言い表せない。
 
 
 
 
<スープ> オイリーな表層に透けて見える豚骨乳化出汁!刺激パンチよりヘビーな甘みを感じさせるゆったり系豚骨醤油!
 
 見るからに脂で重いなって感覚。コク深いと紙一重なこってり感で、一言で言えばオイリー。表層にはナチュラルに浮かび上がったラードの層があり、その下でスープが揺れております。醤油も溶けた黄土色の豚骨スープがそこにあり、乳化したニュアンスが見て取れるといった構造です。この上更に脂の塊があちこちに浮かぶのだから、病み上がりのハイパーカロリー摂取にはもってこいですな。
 
 
 味わいとしては、塩気よりも甘みを先行して感じます。調理過程で相当量の白い粉(グルタミン酸)を確認したので、塩っ気傾向で待ち構えてたんですが、乳化した脂の旨味がいい塩梅で私の舌をコーティングしてゆきます。多少の刻みニンニク刺激で塩気は活発化しますが、これは豚コクを楽しむ一杯と何となく心得てしまう。醤油が滲み溶けきれない脂の塊を味わうが、思いほのかあっさりと美味しく食えるから、背徳心を感じる暇もない。こんな感覚でスープを次々と思わず飲んでしまいます。
 
 
 しかし実際には相当塩分が入っていたとみえ、後でお徳用600mlのサントリー烏龍茶をまたコンビニで買い足してがぶ飲み(笑)。嗚呼、一度はやってみたい二郎系でビールのぶ飲み。
 
 
 
 
<麺> 見た目以上に粉風味感じさせるワシワシ麺!平打ち縮れのハンドメイド感抜群で汁を吸い込んでもクシクシと沈む低反発!。
 
 ちょうど麺箱の前の席でしたから茹で前の麺がよく見えました。オーション感じる灰褐色の平打ちボコボコ麺。今回は体調と年齢を鑑み「麺少なめ」で対峙いたしましたが、かなりボリュームについてはブレがありそうです。私の場合は、少なめで250g弱って感じで楽に食えてしまったかも。フツーに二郎系経験値あるなら、「ふつう」でも問題なさそうですよ。
 
 
 これがまたオイルと汁をよく吸いまくる!。何度か天地返しした後、くらい続けるうちにジワジワと吸い込んでるのが分かるほどで、この点も見た目ワイルドにして食べやすかったと感じます。冒頭はボソボソっとした雰囲気に麺風味がふわっと感じて香ばしい感覚。これが後半には汁と一体化したグルテンの旨味一色に頭が埋め尽くされます。ここにかなりクタリ気味のヤサイの感触と汁甘みが加わるので、まともにご飯感覚として旨し。ふむふむ・・・人気を集めるわけですな(笑)。
 
 
 
 
<味変化> 生姜ダレ:刻みニンニクとは違った清涼感伴う刺激感!脂に飲み込まれず全体的に凛と響く!
 
 案外とニンニクはスープの脂に飲み込まれて跡形消えます。やはり良かったよ・・・生姜ダレを押さえておいて。少し醤油が効いてますが、これを後半に入れると清涼感が生まれて一気に食べやすくなります。脂に完全に抑え込まれないで、風味が最後までしっかりと残ります。あのジリジリとした金属的な生姜の刺激は、ここではマイルド化されます。何なら脂の塊と一緒に生姜のカケラを乗せて食らってもよろしい。麺に乗せて食らうと一気に色が進み、「麺少なめ」にしたことを後悔するほど、胃袋と脳の食欲中枢がバカになって解放させてくれましょう。
 
 
 
 
<豚> トロトロ部分とスカスカ部分が入り混じる柔らか肉!天地返しで汁を吸わせて食ら旨さよ!
 
 写真の見た目以上にデカくて分厚い肉塊です。とても面白い部位で、端っこは脂もあってトロトロホクホクな蕩ける豚肉なんだけど、反対部分は肉質めいてややスカスカしておる。歯応えも適度にあってどちらかと言うと汁に沈めてから食らいたいと思わせます。一体どこの部位なのか。肩からかなり腕に近寄った部位のようにも感じますな。そう言えば最近、ガチ腕肉ってな肉にお目にかからんですが・・・スープ生成に回されているのか???。
 
 
 それにしてもすでに常連さんのリピートが凄いみたい。私の前後の方がそうでして、ご店主が親しげに話されてたが・・・彼らは共に豚増し。これはオレの僻みなのだが・・・豚増しの豚はともに異様に旨そうであった(爆)。これもサービス精神。
 
 
 
 
<ヤサイ> しっかりとクタリが浸透したモヤシ!これが富士丸系譜のヤサイなのだね!?
 
 個人的に一番勉強になったのがヤサイでした。富士丸系のヤサイってこうなんだって明確に知ることができたし、なんとなく本店にも乗り込みたい気になってきたかも。ヤサイはしっかり目にクタリを効かせたイメージ。これまでクタリ気味の二郎系もそれなりに食らってきたけど、ここまでのは中々なかったです。完全にクタリ切ったのはもっと山ほどあるんだけど、このややハード目なクタリ方がいいね。全体的にオイリーなスープ感を受け止めやすくしてくれるし、また汁を吐き出してくれて甘みをサッパリさせてくれてるイメージ。食い切れるのが不安でマシにしなかったが、「ちょい野菜」って設定もあるので、次回はそれだな!と確信いたします。
 
 
 
 
 総じまして「豚エキスのコクと甘み!ハードなオイリー感にマイルドな刺激感!富士丸スピリッツ感じるガッツリ感!」という感想。これは流行るなっと分かりやすい店であります。J系の中でもはっきりと個性があるし、接客丁寧でしかも美味い。食い終わって店外に出てみるが凄い行列の中に女性の姿もちらほら。麺半分だって三分の一だって快く受けてくれるし、それが恥ずかしくないので年配のラーメンファンも気後れ必要なし。現在助手くんのOJTのようだがもっともっと良くなるよこの店。激しくオススメ!。そんな応援と今後の発展を祈願しつつ、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
 
   空蒼し
   台風一過
   突き抜けて
 
 
 
   快気雄叫び
   復活爆食
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「小らーめん ヤサイニンニクラー油」@らーめん玄の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/28/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/nviatgX1r4g

<秋を迎えて・・・メグジスピリッツを確かめに!>
 
 メグジ(ラーメン二郎目黒店)で長年助手をやってきた方の独立店「らーめん玄」さんに参って、小らーめんを頂いてまいりました。今回は「ラーメン以外撮影禁止」ということなので、「店舗前」「券売機」「テーブルセット等」の写真は一切排除。「ラーメン」と「曲がり角の店看板」のみアップさせてもらいます。
 
 
 
 
<全体> インスパイア系?いやスピンアウト系!しっかり系譜を受け継いだ安寧ガッツリ感!
 
 実は関東平野だけだったら二郎制覇している私。だけどそれほどジロリアンでもなく、そんなに通いはしてないんですが・・・メグジだけは一時期集中的に通っており、私の中では二郎の中で特別な存在。その間、ずっとこちらのご店主とも顔を合わせてきたわけだね。何にせよ独立はめでたい。そんな思い出迎えた一杯は、こんな麺顔でした。
 
 おおお!これはとっても馴染みのある二郎系!やっぱり直系系譜の王道感覚が全体からにじみ出ますよ。お店の張り紙には「インスパイア系?NO!スピンアウト系なんです!」と書かれている。なるほど・・・根元は直系の二郎目黒店ですからね。根元に二郎とは一切関わり合いのない、他のインスパイア系とは区別って感じです。しっかりと系譜を受け継いだ安寧の質感を深く感じ入りましたー。
 
 
 
 
<スープ> 微乳化とオイリー感に包まれる豚骨感!カネシの塩気輪郭も伝わる醤油感!
 
 二郎系と言えば「乳化」って言葉も慎重に扱わねばですが、こちらの感覚は短く言うと「微乳化」、そしてちょっとだけ「醤二郎」タイプかと。割と透明感あるので非乳化にも近いんですが、軽く濁りのような乳化作用を感じるスープ感です。そしてサラサラオイリーな感じで、案外コッテリと重くなく啜り食えると言う感じ。だからニンニクのパンチがシャープに決まります!。天地返しを数回やったところで、麺の風合いがスープに溶けますが、この濁りでますます乳化があったようにも感じます。
  
 また醤油感がわかりやすく広がってるイメージ。いわゆるカネシって感覚があって、確かに醤油味食ってる気分にもなりましょう。更にモヤシの汁も後半になればなるほど染みてきますから、醤油感がますます楽しくなる!。テーブルにあった醤油を少し足して更にカエシ感をパワーアップしましたわー。
 
 
 
 
<麺> 思いっきりゴワゴワ縮れ太麺感覚!ワシワシ食らって汁飛び激しく食らう!
 
 見た目、メチャワイルドな平打ち縮れ太麺。オーション感がはっきりと出ており、茹で前の茶褐色から茹で上げの乳白ゴワゴワ感まで、ガッツリ系好きには堪らない風貌です。本当は縮れと言うより捩れが強いと言う感じで、風貌的にはゴツゴツしている。汁の持ち上げは期待せず、濡らして食らいつくように突き進みます。今回はニンニクマシなので、スープに浮いてたニンニクが麺に貼りついたり、隙間に転がったりして口の中へ運ばれてくる。見た目ハードでも、歯ごたえは饂飩ライクで独特なグルテンの風合いはダイレクトに伝わる!。
 
 これはどう気を使って食っても、汁が飛び散るね・・・。今回は普段着だったから、多少の注意で済ませましがた、豪麺がすする度にブルンブルンと震えますよ。そして時間経過で結構汁を吸いがちなのも段々と分かってきます。明らかに前半よりも後半の方が食べやすい気がしてきたぞ。ひょっとしてこの麺は、柔らかめの方がうまいのかもしれない?。
 
 
 
 
<味変> ラー油:ほんの僅かで想像以上にオイリー感が変化だよ!
 
 後半になって・・・少しキツくなってきて、やっぱり汁を飲み干すのは諦めることとしました。さてそんなタイミングでラー油を投入。少し風味が変わると思ってたけど、たった少量で随分と変化しきってしまいました(汗)。醤油も足したものだから、結構オリジナルの味からかけ離れてしまった(汗)。食べるラー油のような山椒混じりのピリ辛感ではなく、本当に唐辛子メインのオイル感。お好みで使い分けてください。冒頭から使うのは個人的にはあまりオススメしません。
 
 
 
 
<豚> 繊維に沿ってフカフカ解れる柔らかさ!しっかり効いた醤油感!
 
 メグジのサイズ感だったら、小豚で全部マシできるんだが・・・さすがにここでは無理そうです。さて豚ですが、バラかウデか不明な部位でして、割と肉繊維に密度を感じるタイプ。しかしスカッとしてて直ぐに解れる柔らかさあり。個人的には豚を天地返しで相当沈めてから食らうととても美味いと思います。
  
 味わいとして特徴的なのは「カエシ感」があること。肉片をガジると一番最初に感じる肉味の直後に、カネシの風味が残ります。決して塩気が強いわけでなく、風味だけが強く残ると言う印象か・・・。個人的にはこれはビールと食いたいですが、ヘタレですので酒と二郎系合わせたら遭難間違いなしでしょうな(笑)。
 
 
 
<トッピング> とってもザクザク感が嬉しいモヤシ三昧!
 
 ほぼ9割モヤシと言うヤサイ構成。それで十分!。ご覧の通り少し茹で上げの透明感が残っており、水分を含んだのがよく分かると思います。シャキシャキと言うより、水分含んだザクザク感というイメージ。麺のヌチヌチ感とよく混じって、頭の中は楽しい咀嚼音に包まれることでしょう。
 
 
 今回悟ったのは・・・300gでヤサイマシは今のオレ限界だってことさ。その昔CoCo壱番館でポークカレー1.3kg30分で食ったパワーは本当にどこへ行ったのか(泣)。本当は飲みたかった汁を残して・・・ごちそうさましました。
 
 
 
 
 総じまして「正しく直系DNA!魂受け継ぐ正統派スピンアウト!」と言う感想。そう言えば・・・ここは東北沢に「千里眼」、新代田に「新新代田二郎」・・・挟まれた形にはなってるけど、逆に下北沢ではガッツリ麺はここだけなのか?。それなら若者が多い街だし、しっかり客が根付いて頑張って営業続けて行って欲しいと願う次第です。スピンアウトして更に突き抜けてね!。そんな感じでエールを送りつつ、とっとと最後に詠って、いつもの通りに締めたいと思います!。
 
 
 
   秋来れば
   見境なしに
   腹が減り
 
 
 
   今日もニンニク
   ガッツリ拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん豚一切れ にんにくねぎ」@ちばから 経堂店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/27/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/39dPeVJbhO8

<急に食欲の秋を感じて・・・ちばから新店に行ってきた!>
 
 無性に食いたくなったのが、いわゆる二郎系。そして未訪問店攻略。先日早速「ラーメン英二@北府中」に行ってきたばかりなのだが、実は他に激しく迷っていたのが「ちばから@経堂」です。こちら最近平日は、昼営業休止ということらしく、昼飯がわりなら土日しかタイミングが合わない。混むだろうな・・・と迷っていたんだけど、無意識に向かっているから自分でも嗤ってしまうよ(汗)。
  
 なんと時間を30分読み間違えて、開店前の相当前の行列順番確保!。店横が建物の廊下になっていて、そこに並ぶ仕組みになってるから、雨露や灼熱日光から逃れるにはちょうど良いね。開店時間近くになると続々と客がやってきて・・・人気の定着ぶりがわかります。
 
 
 
 
<全体> 最初に感じる濃厚汁感!肉の迫力!嗚呼やっぱりここは「ちばから」なのだ!
 
 おおお!これぞ「ちばから」・・・ド乳化と感じる濃厚出汁加減と「の」の字か「@(アットマーク)」記号で分厚い豚バラ肉感覚!。もうそれの質感と圧迫感でそれと感じる存在感でございます。わざわざ千葉に行かなくとも、小田急沿線・世田谷区民のラーメンファンにとってこれほど開店朗報は早々ないでしょうな。客層もパラパラと世田谷住民らしき落ち着いたカップルも多く、ちょっとガッツリ系のイメージが変わってくるかも。しかし・・・麺顔見ると童心に帰る思いだよね。ちょっと前まで二日酔いだったのを、すっかり忘れてしまうのでしたー。
 
 
 
 
<スープ> 評判のド乳化豚骨醤油は健在!脂と節で最早甘く飲み干せる柔らかさ!
 
 見るからにド乳化なスープは、よくよく見ると実は二郎インスパイア系の中では上品とも思えるクリーミー。黄土色のきめ細やかさが逆に上品とか綺麗だとか思うかも。そして味わい始めるとズドンと来るようで、実はスルスルと食わせるから全く不思議な濃厚ぶりです。見た目の通り脂感が濃厚。そこに醤油のカエシ感が結びついてワイルドさが生まれ、ニンニクが響きだすとパンチ感が入って、本来は暴力的なずっしり感があるものです。ところがこれが飲みやすいのはなぜか?。
 
 甘さだと思うんだよねー。Sweetってな感じではなく、Richっつーか・・・脂の乳化でコクが深まり甘くも感じる。そこに節系エキスが溶け込むようで、スッキリした甘さを演出している。そこが、ちばからのRichスープ感覚。豚骨醤油感をマスキングすることは決してなく、あくまで動物系主体でグイグイと押し捲るスープなのです。
 
 またラーメン一般に言えることだが、麺と野菜系トッピングの風合いが後半に移り込むのも、マイルドに食える一因かと。これは濃厚さを薄めるほどではないのであしからず。あとはニンニクはいつもよりアクセル効かせる方がオススメです。ド乳化に少し埋もれそうになるため・・・。
 
 
 
 
<麺> ハードなきしめんの如く・・・デロデロ感あってもどこか上品!風味良し!
 
 ちばからをコメントすると毎回「きしめん」を引き合いに出してしまうよなどうしても・・・。ゆで前の麺を見ると決してそう思えないのだが、仕上がりはそんな感じ。もちろんオーション麺をイメージするワイルド太麺なんだけど、若干手揉み感があるものの、全体的にはすっきりとした麺線がとても印象的。今回は「カタメ」でお願いしたからでしょうか。デロデロっとしたワイルド感もあるんだがどこかこれも上品と思えてしまいます。
 
 きっちりと麺がうまいね!。濃厚なスープを受け止めてるだけあって、麺の風合い・グルテンから来る旨味ってやつがしっかりとしてます。決して芯を感じさせないけど、ヌチヌチヌッチヌチとしたハードな腰つき。ずぼぼぼぼって啜れない重みがあるが、滑らかにスープを纏うからレンゲの助けなくとも楽に運べます。少しばかりのモヤシだったら混ざっても物ともせず、奥歯でならハードなテンピュール感でグニグニと食える。それがやや弱まったところで麺の旨味がしっかり前へ出てくるという感覚です。
 
 初訪問や、二郎インスパイア系の経験値に自信がない方なら、きっと「ミニらーめん200g」と「らーめん300g」で悩むかもしれません。迷った時点で私なら300gがオススメ。麺少なめもできますが、きっとさらっと食えてしまうと思うから。麺の旨さで。スープとのバランスの良さで。
 
 
 
 
<豚> 存在感ありありのトロ豚感覚!一回汁に沈めてから食らう〜
 
 ちばからは、豚も人気ですよねー。まさしく神豚と感じるほで印象良いのです。今回も見事な分厚さとサイズ感。そして「の」か「@」にローリングしたバラ肉の脂と赤身の褶曲バランスが見事。トロトロの感覚に解ける肉なので、迷わず豚入りを選んで欲しいと思います。
 
 今回は、一部トロトロまで行かない部分もあって、天地返しをもう一度やって豚を沈めて後から食らってみました。これも中々熱が伝わるだけでなくスープの旨味ともよく絡むのでオススメな食べ方かと!。
 
 
 
 
<トッピング> ファーストロットの茹で上げ直後のシャキシャキ感最高!
 
 今回は、開店前に並んでファーストロットで食えたのですが、それも良かったのかモヤシがとてもフレッシュ感と熱々感、そしてシャキシャキ感が残ってて最高でありました。こういう濃密なスープ系にはやはりフレッシュ感が欲しいしね。ヤサイマシのサイズ感が分からんかったから抑えてしまいましたが、ちょいマシくらい言えば良かったと激しく後悔・・・。
 
 また「ねぎ」についても同様。「ねぎマシマシ」程度がオレ的には基準みたい。一応「ねぎマシ」と伝えたつもりだったがもう少し欲しかった。それに市原本店みたいにラー油を加えて欲しいところですねー。ねぎとラー油が加わり、濃密乳化スープに溶けるところを味わいたい・・・。
 
 
 
 
 総じまして「二郎と似て非なる独創性ガッツリ麺!ド乳化スペシャリスト!」と言う感動。正直旨かったです。最初の二日酔いの不安が吹っ飛んだどころか、スープを飲み干しそうになってしまう。腹が出てたまるか!という意地で誘惑を断ち切ったが・・・そんならガッツリ系食うことの方がそれこそ矛盾。嗚呼、秋深まれば食欲と腹回りとの葛藤の日々が始まるのか。食欲の秋、悩む秋。そんな悩んでるふりしてもまたきっと来るでしょう。次回ちばからは、そろそろ油そばと決めている!。自己管理できてる人できてない人両方に激しくオススメ!。そんな気分でとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   秋来れば
   抑制効かぬ
   食欲よ
 
 
 
   腹が鳴るから
   ガッツリちばから
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン ニンニクアブラ」@ラーメン英二の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/26/000500
とまそんのYouTube: https://youtu.be/NbqLhK3r5Ik

<長〜い冷やし系の連食旅を終えたところで・・・唐突に二郎系を食いたくなったのだ>
 
 北府中駅に午後14時前について何とか間に合いそう。駅から少し歩くのも訪問渋ってた理由の一つですが、秋を感じる晴天でしたから気分良しです。こんな閉店間際の時間帯ですから、並ばずに座れましたが、空き席1つのみ。その後客足が途切れないのですから、やっぱ人気店です。
 
 
 
 
<全体> この店らしい褐色に染ま輝くアブラの艶!ニンニクよりも迫力があるぜ!
 
 一人オペだったので、時間かかるのしゃーねーと思ってボケーっとスマホでメールをチェックしてたんですが、びっくりするほど配膳が早かった!。ちょうど前客の生産ロットに滑り込んだらしく、コールの瞬間は「オレ?」って感じでトッピング種類じゃなく順番ですか?と確認したりして(爆)。慌てて「ニンニクアブラ」と告げました。そんなドギマギしながら受け取ったのがこの麺顔。
  
 おおお!冒頭から飴色のようなアブラトッピングに目が釘付け!。モヤシの白さもあってコントラスト度がアップしたように存在感を撒き散らします。ニンニクがその迫力に飲み込まれているかのよう・・・。久しぶりの二郎インスパイア系なので、ヤサイマシは危険と察したが、デフォルトでも私レベルにとってはそこそこ満足。早くスープ感覚を確かめたくて、写真メモを取り終えた後はすぐにレンゲを差して味わい始めます。
 
 
 
<スープ> 深めの乳化系!若干とろみを感じるほどの濃密さがカエシと薬味を飲み込む!
 
 おおお!これは乳化系ですね!。カエシの褐色が少し曇って見えたので、これは湯気のせいだと思った瞬間・・・レンゲの中で渦が巻く。それはアブラエキスの流入でどんどんクリーム感が増すではないか。比較的最近は、醤油感強めの「醤二郎」「非乳化系」を好んで食ってきただけに、今回は豚骨エキスのコクが分厚くて冒頭から唸るね〜。
 
 カエシが結構効いている。そしてニンニクもジリジリと響き始める。しかしそれにも増して豚骨エキスがズドンとくるイメージ。乳化したアブラは少しとろみを増したかのような気分にさせるし、また脂の甘みすら錯覚のように味わう流れ。食い始めて時間が経過すると麺の風味も溶けてくるのか益々旨味が増す。いや・・・それにも増して脂がさらに溶け出すのだった。
 
 
 
 
<アブラ> もはやスープの具材と化して泳くのだ!
 
 醤油ダレに染まったトッピングのアブラ。それがスープに溶け出して、元からあったアブラと共にスープを泳ぐのだった。これが時間が経ってもアブラ感が増す感覚を与え、後半になるとコクMAXとなるのだった!。しっかしこの店はアブラマシするのが流儀なのか・・・全員多客は漏れなくアブラと言っているから人気のほどがわかりますよ。アブラ増しを是非試してほしい次第。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺のこだわり!デフォルトでも十分カタメ!芯が残り風味良さがスープを受け止める!
 
 麺が美味い!スープも特徴的だったが、個人的には麺の方がもっと特徴的だ!。二郎系でもカタメの麺を出すところが多いが、ここもその一員かと!。カタメ注文不可と書かれながら、デフォルトで十分ってな感じです。府中二郎と比べるとどうなのか?と考えたりするけど、野暮っぽいからここではやめときます。
 
 色合いはオーション麺でよく見る淡い茶褐色。やや太めで捩れが強め。表面がアブラでニュルッとしてて意外とワシワシさせながらも食いやすい一方で・・・汁ハネしやすいタイプ。噛むと明らかに強い麺風味を感じます。強いグルテンの反発、芳しいグルテンの香り。思わず噛みちぎった後を視認すると、芯らしき部分が見て取れます。ここがものすごい強いコシとハードな弾力を証明しているかと!。汁麺も美味いが、このタイプなら汁なし系や、つけ麺でも試してみたくなるね!
 
 
 
 
<豚> 箸で持ち上げると自重で崩れ落ちそうな・・・豚バラロール肉!
 
 豚はバラ肉ロールの一枚肉。この系統だとブロック肉みたいにゴロッと分厚いのを期待しがちですが、割とスリム。それでもフツーのラーメンよりは遥かに分厚く凌駕します。タレも深めに浸透しておりまさにトロトロ。箸で持ち上げると自重で崩れます。脂のパラレル断層が美しく、これなら豚2枚が標準的だと感じますが・・・アブラで腹が重くなりつつあったので、私個人的にはこれで良いボリュームでした。
 
 
 
 
<ヤサイ> 濃厚スープにはシャッキリさが残るモヤシがいいね!キャベツもちょこっと甘さ表す!
 
 ヤサイは、感覚的に「モヤシ:キャベツ」=「9:1」と言うもの。茹で上がったばかりだったのもあり、シャキシャキ感と熱々感が非常にありました。これで重いアブラの豚骨エキスを食いきれたかもしれない・・・。そしてキャベツも甘さを感じれて私的には印象良かったです。腹が重くてもヤサイマシにしておけば良かったとプチ後悔。
 
 
 
 
 総じまして「乳化系豚骨醤油の質実さ!麺の風味のしっかりさ!ハイレベルで均衡する二郎インスパイア系!一回食っとけJ系好きなら!」という感動。スープも麺もよく出来てるので、東京に住まうJ系ファンなら激しくココお勧めですよ!。それにしても・・・歳には勝てないと思うのは、食い終わってから30分後ぐらいに脂の重さが少し襲ってくるのだ〜。消化力が衰えつつあるのでしょうな。体調万全で臨んだ筈だったが・・・。そんな哀愁を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空高く
   乾いた空気に
   軽い汗
 
 
 
   風に漂う
   ずっしり豚骨
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やしまぜそば少なめ・ヤサイ増黒脂ガリマヨW・ニンニクマシ」@用心棒 市ヶ谷飯田橋の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/14/000000
とまそんのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=GSqhzJnR4uw

<夏の参拝帰りに・・・平和に感謝しラーメン活動>
 
 お盆は実家に帰省するので、今年の夏も早めに参拝・・・靖国神社へ。いろいろアジア情勢がややこしく対立している昨今ですが、自分で決めたことだから毎年参れるうちに行ってます。ま、それだけで終わるオレでなく。いつも帰り道に、ラーメン食って帰るんだが・・・人間生きているだけで腹が減る生き物なので、ここはご容赦いただきたい。
 
 
 
 
<オーダールール> 事前記入方式+直前のニンニク確認!分かりやすいし間違えない!
 
  数多くのお巡りさんに遭遇しつつ、お疲れ様ですと声かけて、たどり着いた「用心棒 市ヶ谷飯田橋」さんですが、店名の通りちょうど市ヶ谷と飯田橋の中間にあるのね。春秋なら大した距離じゃないんだが、体感38度クラスの猛暑だとこれが身体に堪える・・・。炎天下の待ち行列対応グッズは持ってきたけど、使うのやだな・・・と憂鬱だったんだけど、着いてみるとすんなり入れて超ラッキーだった!。
  
 こちらは食券が特徴的で、「ヤサイ」「アブラ」、冷やしだったら「ガリマヨ」が、「少なめ・普通・少増・増・W」など、印字されたところに赤いマジックで丸記入してから手渡すシステム。だから呪文のような長いコールを間違いなく伝える緊張もない。店側もそれに間違うこともない。これ広めてもらいたいよなー。 
 
 
 

<全体> やはり名作「用心棒まぜそば」の風格!見慣れた高品質のガリマヨ雰囲気!
 
 おおお!配膳の瞬間は恍惚を覚えますな・・・やはり見慣れた二郎系スタイル!麺は少なめ200gに調整ですが、ヤサイの盛り上がり方や上にかかるマヨネーズの五月雨文様が、夏の汁なし系ってな感じで興奮を誘います。特にガリマヨは「ダブル」でお願いしたので、もっとベタベタダラダラとした風貌を期待したのですが・・・麺少なめとあって舐められたか(笑)。ま、許容範囲です。そして卵黄と刻みニンニクがあるだけでワクワクさせる・・・。まさにスタミナ系ってな感じで、酷暑にへばったオヤジの体力増進には持ってこいのアイテムですな!。
  
 好みによっては、さらに一味唐辛子と酢を入れるのもよろしかろう。テーブルセットも活用ありでして、お隣さんも同じもの食ってらっしゃいましたが、まるで永福町大勝軒系を食らうが如く、酢を勢いよくかけていたのが興味深い所作でした。
 
 
 
 
<タレ> 豚骨醤油の風合いにガリマヨ溶けるドレッシーな味わい!
 
 かなり興奮していたらしく、いつも忘れないタレの撮影を忘れてしまってた(爆)。もうとっとと写真メモを撮り終えて早く食いたいー。記憶によると、ベースのタレは馴染みある醤油が深いじっとり辛めのタイプ。トンコツ感は確かそれほどなかったという記憶ですが、天地返しをしてしまったから後の祭り。あとはガリマヨ等薬味が滲んだ味を楽しみます。
 
 
 やはりニンニクとマヨネーズの味が一番アピール感ありあり!。マヨネーズはもうそれだけで味の完成系だから旨いに決まっているが、ニンニク入りのガリマヨに加え、さらに刻みニンニクがプラス。するとマヨの中でガジっとしたニンニク歯ごたえ!。更にそれを潰すと、ジリジリとした辛味がスパークする!。いつもの豚骨醤油ならアブラが絡む味風景ですが、マヨネーズだけに少しサラダっぽくドレッシーな味わい!。
 
 
 
 
<味変> 単なるマー油と思ったら背脂入りの強化ダレ!丼内のニンニクエキスが歓喜する旨さ!
 
 アブラが3種類選べるシステムで、定番と・唐辛子辛味入り・マー油タイプと読み取れます。選んだのは「黒脂」と呼ばれるもの。二郎系で一番馴染みがないため、単なる好奇心です。実際はただのマー油と思ったら、ちゃんと背脂が溶けているじゃないか!。やはり二郎系で背脂が全くないのは少し寂しいものだったのだと、思わぬ安堵を得ます。
 
 こいつが想像以上に良かった!。マー油らしい香ばしさが、マヨネーズ味に相当相性良かったし、肉に垂れてもそれはそれで食欲がそそられる味わいにアップ。また、ガリマヨのガーリック部分と、刻みニンニクにこれが触れると、ニンニクエキスが再点火されたかのように、またパワーアップされた気分で味わえる。形を変えてもニンニク同士、引き合い相互に影響するものです。まるで丼内のニンニクエキスが歓喜するような旨さの競演です!
 
 
 
 
<薬味> 卵黄のコクがニンニクと揚げ玉に絡む!ただこれだけで全体味のピントが合うね!
 
 おおお・・・残念なことにちょいと配膳前から卵黄が破れておりました。これを破るのが食べ手にとっては楽しみにしているポイントなので、次回からは少し慎重になってもらいたい。少し破れてもほとんど影響ないでしょってなわけにはいかんのです。慌てて残りの部分を自分で潰して、トロトロ卵黄が蕩ける様を眺めて嬉しがるオレはちょっと変態的です。
 
 卵黄を破り割って、どこへ垂らしこむかと言えば、それはもちろん刻みニンニクの方向。卵黄とニンニクのコンビネーションで味のピントが決まる!。マヨネーズと醤油等で全体イメージは出来上がっているんだが、いわゆる「コク」と言う部分では卵黄とニンニクの結合した旨味が役目を果たしてくれます。これは古来から「元気なる」組み合わせでして、きっと効能としては「血行が良くなる」とか「免疫力を高める」とかそういうもの何だろうがな〜。そう言ったものには必ず「滋味」が潜んでいる訳で、それが旨さに厚みを加えると勝手に思い込んでおる次第です。さらにそこに、サクサク歯ごたえの揚げ玉が混じり込むから・・・もう旨さの競演この上なし!。
 
 
 
 
<麺> 二郎系イメージの定番ワシワシ感!よく冷えつつもハードな固さは回避のナイスフィーリング!
 
 直系のやや平型でウネウネした形状じゃなく、心持ちスッキリ感あるフォルム。タレが絡んですでに飴色?褐色?に染まった感がありますが、中太麺の迫力はありありです。一斗缶にはガチガチに氷が入っているらしく、スタフさんが氷補給に余念がない・・・。きっちり冷えを確認している様が後ろ姿でもはっきりわかります。つまり今回のそれは冷え冷えだったのがいい感じ!。新店舗にしては、すでにオペレーションを修正してきた感があり、まさに明るい体育系の厨房って感じで、日々成長って伝わります。
 
 二郎系冷やしでは、あえてしっかりカタメで食わせる場合も多い。グルテンの個性でそうなってしまうのかもしれませんが、緩い冷えだと質感が下がるイメージになるからそうしているかも。しかしいつもそれだったら顎が疲れるのだ。だからこの程度の歯ごたえは良いなと感じます。ギチギチに冷える一歩手前で、冷たさの中にクシリとした風味が明るく感じ取れる・・・・。引き締まっているんだがちょい緩やか。狙ってそうなったのか、たまたまそうなったのかがわからんが、そこは訪問重ねないと分からんとこだよね。ともあれ、個人的には大合格!。200gというボリュームに抑えたが、茹で前計量なのかちょっと多く感じて、それはそれでナイス。
 
 
 
 
<豚> 旨い豚なんだろうが・・・ちょっと細かくカットし過ぎ?慣れた方なら豚追加必須!
 
 刻むな・・・。ここが個人的に惜しいと思うところ。まぜそばだから、豚は全体感を考えて割と細かくカットしたんでしょうが、豚の一枚肉がないと二郎系に来た気がしねぇのだった・・・。きっとバラ肉。その脂分のトロトロさと甘み、そして肉身に染み込んだ塩気の結合した旨さはなかなかの満足感。ただ、一口一口が小さいのでもどかしい・・・。食べ慣れた方なら、豚追加が必須となりましょう。ま、それをしなかったオレが自業自得ということで、お店側には罪はなし。
 
 
 
 
<ヤサイ> ヤサイ(モヤシ)も冷えてザクザク感キープ!増にしても楽々食える旨さ!
 
 次回訪問するときは、豚を追加してヤサイは増かWにするつもり。ガリマヨWだったのもあって、モヤシがとても素直に旨しと食いきった!。熱も抜けててサラダ感覚。表層は水菜や紫玉ねぎがあるが、ほとんどモヤシです。ガリマヨにまみれたモヤシは、実にザクザクとした感覚で旨しでして、麺に絡めると相性良いし、これならきっと豚肉と一緒に頬張っても美味いはず。全然苦もなく食い切れたよ。余裕のよっちゃんだったから、ヤサイWでもやったろかしら?。
 
 
 
 
 総じまして「やはり楽しい名作まぜそば!夏盛り上がる用心棒冷やしバージョン!」と言う感想。年々、二郎系やガッツリ系の世界にも冷やしが浸透して、今や盛り上がりも見せつつあるかも?。まぜそば系冷やしは、今後も注目と思われこの系統、この夏にもう少し食べ続けてゆくつもりです。それにしても今の学生さんたち実に羨ましい・・・。こんな身近にいろんないいラーメンがたくさんあって。そして時代が違えば、こんなことも楽しさも出来ないんだよな・・・。ほんとバカやれてることに感謝を忘れてはいけません。そんなラーメンバカも時には年に一度は平和を考える・・・。なのでとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   天高く
   入道雲の
   逞しさ
 
 
 
   英霊眠る
   空はさやけき
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「冷し汁なし・バラトロぶたニンニクショウガマヨタマネギこがし」@鬼豚オーガの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/06/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/awWLWjkNT4U

<冷やし麺企画全展開!の六厘舎グループ>
 
 こちら「六厘舎」でお馴染みの「松富士食品」系だったのね!。二郎系ではジャンクガレッジ等傘下にもつグループ。だったら別にジャンクガレッジでも良かったのにと余計なことを思いつつ・・・むしろそれだけに、安定感ありそうなと期待を高めます。このグループでは夏に冷やし系を企画展開しているらしく、ついでに情報収集も進むわ!。そして適当なタイミングで開店直後に突撃し再突撃!。あらら・・・同じ木陰で休んでたおじさんが、店内で発見したりして!皆考えること同じなのね(笑)。
 
 
 
 
<全体> 覚えきれないトッピングのバリエーション!サービス性が良いね!
 
 それにしても、無料トッピングのバリエーションがハンパではないぞ!。具材トッピングは「バラ・ナンコツ・トロぶた・味玉・うずら」の中から2つ選べる。しかもダブっても良い。例えば味玉2つとしても良い。そして薬味トッピングは「ニンニク・ショウガ・アブラ・タマネギ・辛ナムル・こがし(フライドガーリック&オニオン)」と幅広く、それぞれでタブル・トリプルなどお好み自由。そんなことなので、今回の私のコールとしましては、「バラトロぶたニンニクショウガマヨタマネギこがし」と相成った訳で・・・とてもじゃないけど、一度で伝えきれん。途中区切ったり、間を置いたりしてコールを伝える流れです。そんな今回待ち受けた一杯の麺顔はこんな感じ。
 
 おおお!写真だと迫力半減だが、トッピングの楽しさがこれだけ溢れた二郎系はそうそうないのでは?。どれもダブル・トリプルはしなかったけど、質感の高さは確実。アブラはデフォルト状態でしたが、まるでタレのように垂れかかっている。肉も2種と言うのも嬉しく、王道のバラ肉だってそこそこ厚め。薬味も思いつくところ全部入ってる感覚なので、こんな質感分かってたらビールを追加しておけば良かったと激しく後悔。酒のアテにも飯のおかずにも確実になる!。もう今回は、体調もよく腹も減っていたため爆食で突き進み、ごぼう抜きで先客たちを追い抜くスピードで食いきってしまいました。
 
 
 
 
<タレ> ほぼトッピングが混ざるカオスな味わい!・・・醤油の塩気とタレ酸味も染みる
 
 ほぼ具材や薬味のトッピングが渾然一体となったタレの味わい。だが混ざる前のベースのタレをまずは味わおう!。と言うことで、汁なし系だからかなり苦労して視認してみたところ、割ときっぱりとした醤油タレ。もう少しすればアブラと混じって完全な豚骨醤油ダレになる寸前の状態を味わう。すると割とカエシのきっぱりした醤油感でなかなか良いぞ。しかも塩気だけでなく、冷やし系なりの酸味も滲んでおり王道安寧の味わいだったりします。
 
 もうここからは、一気に薬味がカオスのごとく混じり合い、複雑で重厚な旨さを醸し出します。中でも一番影響力を放つのはニンニク。これがジリジリっと生の感覚であちこちにちょっかいを出すような、全方位的な刺激の展開。そこをマヨネーズががっしりと受け止め、ガーリックマヨへと進化して全体の味を制覇しようとします。そこにベースの醤油ダレとショウガの味わいが結合し、これに対抗するようで・・・これまた相乗効果的に混じり合い始めたりする。ガーリックマヨ味に大きく変化が現れ、大衆洋風な味わいに和風ジャンキーな味が滲むのだった・・・。そこがうまい。
 
 
 
 
<麺> つけ麺ライクなクッシリ歯応え!タレ具材のアシストの中で麺旨さも響くね!
 
 二郎系のワシワシ麺とはまた違った質感。立派なつけ麺風な太麺で、さすが六厘舎系列という安定感がすぐに伝わりましょう。きっちり熱が取られて冷ややかな感覚も滲む。されど氷水にギンギンに冷やされたような硬さはなく、むっちりとした質感がありありです。実際に麺密度もそれほどエキストリームな感じはせず。つけ麺ライクなクッシリ歯応えです。
 
 水切りも完璧で、しっかりと薬味トッピングのカオスに混じり合う。マヨベースを癒着させながらも、ニンニクショウガはもちろんのこと、タマネギやフライドガーリック&オニオンなどもペタペタと貼りつかせます。フレッシュなザクザクとした歯ごたえと、フライド系のサクサクボキボキとした感触。そして麺自体のヌチヌチとした感触と風味が、これまた実に相性が良いのです!。汁なし系が好きな人なら、こんな複雑さ花開く歯ごたえと味わいは好きがなはず!。これだけカオスな味なのに、麺自体の旨味も感じるようだし・・・この時点でもう大変よくできた冷やし麺だと確信しましたよ!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 王道のバラロール肉と脂が芳醇なトロ豚肉!J系に絶対に合う味!
 
 肉が選べるのがまた嬉しい!。既述の通りバラ・ナンコツ・トロぶた・・・なんだが、ほぼ客全員「バラ」は頼んでいたようです。やはり近年の二郎系で豚となればバラロール肉がテッパンですな。腕肉をガジガジ味わうのも昔っぽくっていいんですが、やはり素直にバラ肉はうまいな。ホロホロ崩れるほどの柔らかさに、肉身と言えども脂のエキスが染み込んでいるかの如く、ジューシーで味わう深い。さらに脂身はトロトロですぐに剥がれ落ちようとする。これがコレステロールの塊だと分かってはいても、その如実な旨さの前では無抵抗になってしまいます、噛まなくとも千切れ食える部位をじっくりと舌で潰すように味わい尽くすオレですよ・・・。
 
 ところで「トロぶた」が何だか今だに分からん(汗)。なとなく肋骨にこびれつく肉片なのか?とぼんやりと思うのだが・・・。焼肉で食う「豚トロ」とも違う気がしてならない。見栄えが違うような気がするし、ナンコツに近い部位かななどと、ただ邪推してしまうだけですが・・・。ところが名前の通り、これが周囲トロトロで、中も解れる柔らかさと芳醇な旨味!。これは追加料金で豚追加しても良いと感じました!。追加オススメ!。
 
 
 
 
<ヤサイ系> 辛ナムル・玉ねぎ・キャベツ!やっぱあると嬉しい自然な甘さと歯応え感!
 
 ナムルって言われると焼肉屋のお通し的なものを連想。それほど必要ないかと思ってしまったが、肉っ気とマヨネーズ、そしてニンニクが響く中では、このモヤシの甘みが実に貴重!。ダブル・トリプルで追加しても全然OK牧場ですよ。またフレッシュなタマネギ微塵も自然な甘みとシャリシャリ歯ごたえが気持ちよく、全体調和にもすごく貢献してる旨さ!。またトッピングのお座布団的な扱いだが、キャベツの甘さは本当にいいね!。二郎系でやっぱりモヤシ以外に欲しいヤサイアイテムとしたら・・・それはキャベツ。実力を再認識!。
 
 
 
 
<薬味等> マヨとニンニクだけでもテッパンな上に・・・フライドガーリック&オニオンで決まり!
 
 やっぱり二郎系汁なしで、薬味と言えば「ニンニクとマヨネーズ」のコンビネーション!。これでほぼ味は決まりのような気がしてなりません。もともとマヨラーなオレっすからねー・・・依怙贔屓はあしからず。しかもフライドガーリック&オニオンが相当に降り注いでいたのだから、全く間違いのない旨さです。これら薬味のコンビネーションは、何もラーメンに限ったことでもなさそう。自宅で色々試してみたくなるアイテム達です。
 
 
 
 
 総じまして「鬼と言うより具材の有難さ!味のカオスなる二郎系冷やし麺!」と言う感想。最初は店の看板と屋号から、もっとけたゝましく豚の塊が攻めてくるとか、辛さが責めてくるとか先入観ありました。鬼は鬼でも「auオニちゃん!」に近い気の利きようと明るさを感じる冷し汁なし!。カオス感あっても、ラーメン女子こそガッツリ食って貰いたいような整然さ。これは激しくオススメな一杯かと。そんな今後の応援も感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   休日に
   ガッツリ睡眠
   身も軽く
 
 
 
   ニンニク摂取
   乗り切る酷暑
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「冷し中華 小林アイススペシャル」@ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyoの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/06/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/S6HmErpULvo

<夢を忘れてしまったオレ・・・久しぶりにこのブランド「夢を語れ」>

 それにしても客層がオレ以外全員学生~!学食的気楽さが店内を包み込んでます。それもそのはず、東洋大学が近いですからねー。食欲旺盛な若者ばかりで、オレ完全に浮いとるがな!。こんな状況で「麺半分」「麺少な目」など・・・恥ずかしさを覚えるではないか!。いや、これは男の意地だ。オッサン、ジジイと言われても、牙を抜かれたわけじゃないぜ!。大盛は無理としても、デフォルト盛りで堂々と対峙させていただきましょう!。それはこんな麺顔でやってきました。


 

<全体> 辛ねぎ!豚!ワイルド感ありつつも・・・平皿盛り付けで冷やし中華的風貌!

 おおお!二郎系冷やしとしては、Jインスパイアのゴツゴツさ!ワイルドさ!を保ちながら、一般的冷やし中華的なニュアンスも感じる一品ですな!。器が平皿になると盛り上がりが慣らされるためか、やや大人しく見えるような感覚です。しかし豚肉の固まりを見るとやっぱりガッツリソウルフル!。醤油ダレの浸透も深い上に、脂身のギトギト感も深い褐色に見えてパンチを感じます。嬉しいのはキュウリでは無く「辛ねぎ」がトッピングされているところ。以前、辛ねぎラーメンを追い求めるほど好きなアイテムでして、これは興奮しますねー。

 ちなみに「辛ねぎ」活動は、以下の通りにまとめてあります。暇があればご参考まで。
 【厳選】東京都内でさらっと「辛ネギラーメン」を食う!そんな10選!+α
   https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/26/082052




<タレ> しっかり酸味に脂の甘味!醤油のエッジングに辛ねぎ薬味が溶けて食欲刺激!

 タレがいいね!。しっかりとオリジナルの豚骨醤油感を出しています。ラーメンをそのまま冷やした感があって馴染みやすい上に、ニンニクの味響きがストレートに分かりやすいタレ仕立てですので、これは実に食べやすいし、分かりやすい旨さ!。そしてしっかりと酸味はこの上に効かされているという感覚です。割としっかりと醤油感が強いのね・・・。豚骨エキスは冷やすと固まるので、少々削げ落とされた感じもするのですが、その分追加で脂を乗せますから、ギトギト脂感は全く衰えておりません。


 そう!追加の脂が結構ヘビーかも。オレもジジイになったと思えるのは「脂を分解するのに体力と時間がかかる」ということ。隣の学生さんなんか、飲み込むようにドロドロじゅるじゅると脂を啜っているのに、それだけは真似ができぬ(苦笑)。


 また辛ネギの旨さが、計算通りですね!。これなら追加しておけば良かったと思うほどですが、あとあと考えるとボリュームセーブしといてよかったわ。辛ねぎなのに、葱の甘味すら感じる旨さ。そして辣油がタレの酸味と非常にマッチした上に、脂ともマッチ。脂×油という図式で一層ヘビーなのですが、この時は頭を過らずに嬉しがってガツガツ食ってました。




<味変> こうなったら辣油追加で食欲を加速!実に酸味と円やかさに合う!

 辛ネギの旨さに気分を良くしたオレはアホだった・・・。今更ネギ追加もできないので、カウンターにあった辣油ボトルをたらたらと回しかけました~。これが刺激少な目な辣油だったから、すっかり調子にのってしまった・・・・。まぁより旨く感じたから結果オーライなんですが、あとあと胃が重くて重くて・・・・コンビニで胃薬を買ってまいました(笑)。




<麺> 自家製麺:実はかなりボリューミー!程よく明るいモチモチ歯応えとプツプツ千切れる食べやすさ!

 麺箱から取り出された麺は、深い灰褐色でいかにも二郎インスパイアって感じがする見栄え。目分量でバサバサと茹で釜に入れられてるようで、ご店主表情は厳しく、きっちり感覚で計っている感じです。茹で上がって流水で締められた麺は、割とスマートな平型フォルムで、捩れは少なくボコつきも少な目。太麺でも軽く啜れそうな滑らかさすら感じます。


 二郎系の冷やしでは、ガッチガチ!ヌッチヌチ!に引き締められた剛麺も多い中、こちらは余裕感じる歯応え感で、モチモチっとした明るい反発があります。そしてワシワシと感じさせることなく、プツプツと小気味よく切れ込むので非常に食べやすい感覚。これなら楽勝と完食を一気に目指します。


 ところが平皿だったから分かりにくかったが・・・結構多かった!。体調にもよるのだが、この日の自分的腹回りでは300g弱かと!。辣油と脂でオイリーにしてしまったから、それだけでも胃袋の負担にかかるのだった・・・。もっと己の年齢を知れよと、自分で自分を嗤うけど・・・時すでに遅し!。




<ヤサイ> ヤサイはクタり気味のモヤシ100%、生姜がナチュラルな清涼感を醸し出すのだ!

 よく今回は・・・・ヤサイマシをしなくて良かったと思いました。右隣のヤサイマシの量を見て、正直ビビりました。やっぱりオレはジロリアンになり切れんな・・・・。少々クタっとしたモヤシですが、熱々でもなくとてお食べやすかったのが印象的。それほど山盛りでもないし、平皿で天地返しかったので、ほとんど麺とかき混ぜて食い切りました。これには生姜の千切りがトッピングされており、それが実に清涼感をプラスしたイメージ。ジリジリとするところもなく、おとなしいめの生姜でナイスでした。




<豚> 久しぶりに二郎系ソウルフルなハードな嚙応え!醤油も滲んだ脂もトロトロ〜

 最近、この系統の豚って全体的に柔らかい傾向のものばかりを食ってきたようで、久しぶりにハードさを体感です。ある程度固さがある豚肉・・・これを噛みちぎる度に自分に野生を感じてしまいます。肉食ってこそ男ぞ!。肉を食い切ってこそ男前でございます。肉身と脂身の境目で妙に手こずりましたが、ライオンになった気分でガッツリと完食。


 全体的に醤油感が効いてて実に好みでした。肉もさることながら脂身が染まるところに美しさすら感じます。噛むとトロっと溶けてゆく感じで、脂が舌に溶けて滑って甘さを広げます。まさに脂身が甘露な味わい。醤油の塩気が効いているのに甘く感じる妙がオモロイですな。しかし気が付いたら・・・・オレの胃袋は脂で一杯であったのだった・・・・うう苦しい。




 総じまして「食ってワイルド!味わい円やか!ガッツリ豚骨醤油映える冷やし中華!」と言う感想。若い人たちばかりにに囲まれて、冒頭は場違い感ありありでしたが、食い切ったころには妙な連帯感あり。椅子を引いて先に退店する若者にスペースを作って譲ったら、しっかりとありがとうございます!と気持ちよく返答された~・・・今の若者すばらしいかもしんない!。すっかり若さに刺激されて暴食に走ったが、今回は気持ち良い打ちのめされ感・・・。そんな痛快な気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   無理をして
   なぜか張り合う
   食欲に



   寄る歳波か
   腹パン悶絶



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件