なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.228点
最終レビュー日 2019年6月17日
3,773 2,387 13 22,431
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉煮干らーめん」@さかなとブタで幸なった。の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/24/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/s-Mff0mHX7Q

<どうしてもこの屋号のオモロさに惹かれてしまうよー>
 
 「さかなとブタで幸なった。」と言う新店舗。もうこの名称で一度は行かねばと思っておりました。開店日は生憎の嵐だったので、寄り道もせずに訪問スルーしましたが、快晴が気持ち良い昼飯時を狙って、スケジュール調整して訪問させていただきました。すでに私が座ったところで満席。元々駅近くと言っても、それほど人通りが多いロケーションでもないので、客呼び込みには、客の気持ちにフックを掛ける必要あり。そんな意味でもこの店名のようなインパクトは必要なのかもしれません。
 
 
 
 
<全体&スープ> 煮干そば風と思っていたが・・・豚魚やニボ豚を突き抜けるユニークでオイリーな濃密さ!

 おおお!これは安寧を思わせるマイルドタイプの煮干蕎麦な風貌!。軽くかかった魚粉が煮干の甘味と香ばしさを予感させます。色合い的にはニボニボビタータイプではなさそうな薄い醤油ブラウン。そして動物感も滲んだ柔らかい色合いがパステルチックにも感じさせます。・・・この時点ではマイルド一色なイメージ。
  
 しかしレンゲを沈め始めたところから、印象が変わり始めます。レンゲを静かに沈めると、凹みに流れ込むスープにある程度粘度がありそうな風合い!そして煮干の旨みと思っていた軽い醤油ブラウンした液体は、透明なオイルの中で雲立つ?かのように混じりあう・・・。オイル??ラードに魚粉を溶かしたものか??なーんてこの時点でも、まだそんなイメージ。一気に口に含む。すると風貌とは違ってインパクトを感じる濃厚濃密さが口の中で広がります。

 およよ・・・これはまたユニークな煮干そばじゃないか!。魚介感より動物感が先行するとは想定外。決して煮干が薄いわけではないのに、醤油のカエシをも飲み込むような豚の脂感が濃厚・・・。ラードのイメージが一番近いかな?。カメリアのようなサラサラ感ではなく、背脂が溶けたばかりのようなとろっとした感覚です。人によっては煮干と醤油ダレをマスキングしていると思う方いるはず。ただそれだけ脂コクを押し込めたのが特徴と言えましょう。
  
 ちょっと重いと思う方ように、自家製果実酢がテーブルセットにあります。おそらくこれは必須アイテム。濃厚豚骨が酢で円やかになるあの現象で、随分と食べやすくなりますが入れ過ぎには注意ですねー。全体的に汁系ではかなりの濃密度で、これまでの私的体験でも珍しい・・・・思い出そうとすれば、麺屋瑞風@田無の鶏白湯ラーメンが浮かびますが、そちらは汁系で割スープがあったはず。そのアイデア流用すればもっとハードルが低くなりましょうかね?。
 
 
 
 
<麺> 村上朝日製麺所:近年の煮干そばブラットフォームに則ったパツパツストレート細麺!これがスープにメチャ絡む!
 
 とてもインパクトを感じたスープ。しかしそれをガッツリと受け止める麺ですよ。さすがにぶれない「濃厚+低加水」のフォーマットは安定度強いですね。パツパツ低加水麺とくれば、村上朝日の名前は頭に浮かびますが、今回も期待通りの貢献ぶりで、まったく不安を感じず食い切れます。茹で上げのタイミングも見事なのでしょうが、低加水な炭水化物とオイリースープは、性質的に浸透度に違いがあまりにも大きい。よって汁の吸い込みが進まないところが好印象に働きます。風合いが最後まで持続するのね。
 
 それでも細麺ですから熱による影響は、ゆっくりではありますが進行します。徐々にしなやかになってゆき、啜りやすくなると言えばイメージしやすいでしょうか。それと同時に汁の持ち上げも効き目が大きくなる印象です。麺の隙間が狭くなる?・・・いやいや、汁から絡まってくるようなイメージです。汁が汁を呼んでいるような持ち上げ感が、これまたオモロイ印象!。段々食ってて汁蕎麦感が無くなってきたかも(笑)。
 
 
 
 
<チャーシュー> 炙りの感覚が非常に嬉しく風味の良い肩ロース肉の分厚いカット!酒が進む仕上がり!
 
 これは手放しで旨い!。近年の新店舗が流行りの「低温真空調理」タイプが多い中、王道の「焼豚」感覚でしっかり良質のを提供してくれる方が、個人的には印象よいかも。きっとこっちの方が感とか焼き加減の調整など、難しいと思うのよ・・・。
 
 分厚めにスライスされた豚の肩ロース肉。タレの浸透が周囲に当たる部分が深くて、醤油の香ばしさが沁み入って旨しです。中心部分にもしっかりと味浸透しており、そこに炙りの焦げ目の風合いやらも溶け込んで非常に馴染みある旨さ。これなら酒がどんどん進むだろうし、また白飯との相性も良さそうなので、サイドメニューへの転用にかなり幅がでそうです。特製にして肉増しして不安はなし!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> やや原点回帰なハードボイル系に傾き出汁の甘味を味わえるタイプ
 
 これも素朴感が少しあっていいね。タレの浸透は深く白身にも均一に奥深く浸透しています。そして卵黄はややハードな茹で上げになっており、中心部が少し湿っている感覚。味わうと出汁に味醂が含まれているような旨みが広がり旨いじゃないか!。まだ開店したてのためか・・・少し冷え抜きが甘かったけど、ま、ラヲタでなければ気が付かない程度です。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!旨し!。
 
 
 
 
 総じまして「いろいろ進化の可能性考えさせる・・・オイリー煮干という新たな価値観!」と言う印象。はたしてこのまま濃厚さで突き進むのか!それとも少しアレンジさせて別の旨さの扉を開けるのか!好き好みで評価割れそうですが、いえいえ・・・これはアレンジ次第で化けるのではないか?と少し思っている次第。かなり気が早いが・・・軌道に乗ったころの限定麺が旨いはず!応援気分で見守ってゆきたいと思うので、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空蒼く
   風に吹かれて
   腹減りて
 
 
 
   濃ゆいニボ豚
   腹持ちガッツリ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干蕎麦金目鯛合せ+うずら味玉+蒜山ジャージーバターのニボ玉」@横濱丿貫の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/TagsB6MLW3k

<新たな「丿貫」の脈動! ハマのニボシスト集まる!>
 
 考えが甘かった・・・・やっぱり行列。すんなりと連結し、情報チェックすると「煮干蕎麦」の店名も今のところ暫定なんだとか。6月頃には決定ということですが、入居ビルの案内は「煮干蕎麦」をハッキリ印字されてます(全部作成しなおし?)。何やら複合施設のレストランフロアの一角のようで、他にはいろんなジャンルの食べ物やがあります。なので老若男女対応可能なのですが、「煮干蕎麦」に幼稚園未満も並んでおられます。渋い幼児だね!。
 
 
 
 
<全体&スープ> 塩気でグイグイと旨みを引き寄せるような煮干感!多少円やかな部分は金目鯛かと勝手に妄想・・・・サラリとしているのに濃密な香ばしさ!
 
 おおお!これは正真正銘、極上の雰囲気ありありな煮干ソバ!。セメント感すら覚える深緑のニュアンス湛えますが、汁の方は超濃厚というハードさよりも「淡麗さ」が濃ゆいようなイメージ。見るからにアニマルオフな本格仕様ですね。またレアチャーシューが一輪のバラのように美しく中央に盛られ、まさに今の季節感を代表っといった語りかけです。うん!食う前から良くできてる!って感じしますな!。
 
 なにせ駄舌なもんで「金目鯛合わせ」という副題を感じ取れる自信はなし。それでもまずはゆっくりと味わいますが、金目鯛のことをすっかり忘れさせる、ビターな煮干感が先制パンチといったところ。セメント級ほどでもない・・・と既述しましたが、よく見ると外気と接する表層には、煮干成分がいくつも大きな膜を作って浮遊しています。煮干大好きニボシストな私としては、実は食べなれた味わい。そしてこの系統なら例によって、塩気がやや強め。煮干のビターな感覚にはこの塩気が必要で、苦みの中の旨みを塩気がグイグイと引きづり出しているのでは?と思うほどです。苦みと塩気は切っても切れない仲。魚醤の旨みなんかはこの定理にすこしかぶってるとすら思えてなりません。
  
 そう!薬味は定番なるフレッシュ玉ねぎの微塵切り。歯応えのシャクシャクしたところが好きですが、染み出る汁は灰汁を抜いたかのようなマイルドな甘みでした。この汁とニボ汁との相性は抜群で、すでにそれはテッパンネタ。その相性良い味わいをウンウンと心の中でうなずきながら食い進めますが、玉ねぎで味覚のスイッチが入ったのか、魚エキスの甘い香味を微かに感じます。ウルメのように少し鮮魚系に近いような魚介香ばしさ。鮮魚系っぽい?と言えば鯛じゃねぇよなと・・・・・思考してたところで、これがひょっとして「金目鯛合わせ」の余韻??なーーんて、後追いで意識しはじめたりします。ともあれビター一辺倒とも違う甘味と香ばしさもある煮干出汁。場所柄、家族と一緒に子供たちも並んでいたが・・・・お子ちゃまには少し難しい旨みかもしれませんね。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:これぞパツパツ麺!煮干ソバ仕様の王道なり!汁のニボニボパワーに一切負けない!
 
 これも食う前から見た目で「ニボパツ!」って感じがありありですね。白めので漆喰のようにきめ細かく塗り固められたかのような、滑らかな地肌。前歯で噛むと、一瞬グニリとズレる感触あるけど、その後はパツパツパツパツと、噛むたびに小麦の風合いカプセルが弾けるような、痛快な香りが口の中一杯に漂う!。 これぞ煮干ソバ仕様の王道なり!汁のニボニボパワーに一切負けない!。この風合いの確実さを知ったからには、あとで和え玉が楽しみになってきます。
  
 物腰ハードなので汁に濡れるだけだと思ったら、案外麺と麺同志がよりそうのね。微妙な毛細管現象もあったりして、汁の持ち上げが多少期待できます。蕎麦なら啜り重視でのど越しで味わうのがよろしいでしょう。しかし、煮干向けのパツ麺は是非とも、いつもより意識して噛み締めるような咀嚼を楽しんでほしい!。苦みと旨み、つまり魚介系脂質と麺の糖質が噛むたびにしっかり結びつき、昇華した旨みを楽しめますから。
 
 
 
 
<チャーシュー> 現代ラーメンの技術の粋!低温真空調理の半レアな肩ロース肉!もはや「チャーシュー」を超えた味!
 
 盛り付けが非常によいですね!しっかり薔薇に見えます。ちょうどバラのシーズンですし心にピンと来ますね。もっとも私にとってバラは、ベルサイユでも英国式庭園のそれでもなく、高島屋の包装紙の方が馴染みですがー。また仏教徒なる私にとっては、煮干の濁った池の中に・・・・掃きだめに鶴のような高貴に咲く蓮の花とような心象。生肉と言えば非常に俗人的なエロい表情なのに、なんと旨さとして隔世した美しさよ!。
  
 剥がしたり崩すの勿体ないが、放置し過ぎると熱で色変化するので、美しいうちに味わってしまいましょう。箸で端をひっかけてみるが、極上すき焼のような絡みつきで、旨そう過ぎて泣ける。豚肉どんなに頑張っても豚肉なんだが、牛肉にも匹敵する迫力!。いや・・・最近はブランド豚なりものも浸透しており、牛と豚の肉格差もあってなきものなのだが。毎度思うけど、煮干の匂いが染みた肉ってバランス悪そうだが、実際はそんなことなく、抵抗感どころか香りの崇高さを纏うようで、素直に旨く感じる。大判なる肉が2枚あったので、満足度としては申し分なし。どこから千切っても、肉身と脂身が柔らかく千切れ、脂の嫌味ない甘味が素晴らしい!。次回肉増しにトライ!なんて心に誓ったりしました。
 
 
 
 
<うずら味玉> しっかり味玉してました!
 
 うずら玉子。これは個人的には、味がどうこう以上に「そこにあることだけで満足感・ワクワク感与えるもの」と思えてなりません。そんな頭でいたが・・・しっかりと出汁に染みた味玉感覚でありました。卵黄のトロミは期待できないが、ふかふかふわふわな卵黄にもしっかりと出汁風味が浸透。少し乾いた感覚で楽しませてくれるのがいいね。そして白身は薄いから、これは一気に一口で食べきるしかない。新幹線のワゴンサービスで食う燻製うずらも好きだけど、このホクホク感がたまらん!。3つで100円だったが、ダブル追加で楽しみたいくらい!。
 
 
 
 
<蒜山ジャージーバターのニボ玉> 煮干だけでも存在感あるのに・・・それを凌駕するジャージーバターの濃密さ!
 
 おおお!漆黒の味噌感!赤味噌系かと思いきや・・・・実はこれ全部煮干のすり身。ところどころ銀色に光るのは銀鱗部分。湿ったザラザラ感をお楽しみあれ。まずこれだけをつまんで食うが、そうとう苦々しいと思いきや、エグミは100%なし。香ばしさと軽い苦さ。そして甘味すら感じる。出汁が染みているのかもしれません。ただこれだけ大量の煮干粉があれば、きっと味はそれに支配されっぱなしだと痛感するね!。まさに「ニボ玉」のネーミングに間違いなし!。
  
 そして「蒜山ジャージーバター」。これが少し固まった状態だから少し難儀する。まだ麺に熱が十分残っている間に、バター全体を包んでしまいましょう。これが熱で十分に全体に行き渡らせるように、いつもの和え玉よりは少しばかり気を使う。完全に溶かしバターにニボ粉が入り混じった状態が、ソースのようになったら出来上がり。このバターの濃密さがたまらん。これだけ大量の煮干を全部覆い尽くすコクの分厚さ。煮干に負けるどころか打ち勝って、全体をバター味に染めていきます。塩気と脂のコク厚さがいいねーー。もう腹八分目のはずだった腹が、もっとくれもっとくれと、先を急がせる。
  
 またニンニクもいい仕事をしておりました。煮干がきついとニンニクで保険・・・・と思って、特に断らなかったんだが、入れて正解。当然ブレスケアも持ち歩き。煮干香ばしさにも、バターの濃密さにも、ニンニクは万能かと思うほど相性が良い!。ちょっと多めな和え玉が、あっという間に胃袋の中に納まりました。
 
 
 
 
 総じまして「大ターミナルに隠れ家的な煮干しの拠点!ハマの新たな煮干の脈動!」と言う感想。これは個人的に嬉しい!。だってJRだったら横浜駅南出口からあっという間ですし超便利。ただオレだけ便利なわけもなく、食べ終わって店を出たらハンパない行列が形成されておった(瀧汗)。店名も含めてまだ落ち着いていない時期だと思うけど、落ち着いたころには、定期的に通いそうな気がします。今後ともよろしくです。そんな応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   飯時の
   ハマ風涼し
   食堂に
 
 
   香り流れる
   煮干を乗せて
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(バリカタ)+ライス中(ランチサービス)」@博多禿鷹 向河原店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/15/212909
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rUghlRcffrM

<産業道路沿いには豚骨の香りが良く似合う>
 
 妙に豚骨食いたい気分!。GW中引いた風邪が何となく回復基調になってきて元気がでてきました。なので前回フラれてしまったリベンジを晴らそうと少し歩いて「向河原」方面へ。今回は「博多禿鷹」さんの2号店にあたる向河原店です。少し前まで「壱丸家」があった場所。愛想がよく声高のご店主にもう会えないかと思うと、ちと寂しい・・・。
  
 昼時となれば一気に混みだすね。地元客より、車の移動客が飛び込みで入って来るという印象で、あの道のカーブあたりに旨いラーメン屋があるってな感じで、習慣化されたようにすごすごと労働者たちが集まります。やはり例にもれず「サービスライス」が必ずお願いされている。家系の居抜きだからというわけではないが、やはり嬉しいサービスです。
 
 
 
 
<全体&スープ> ワイルドのようで実はしっとり優しい出汁のような豚骨煮出汁!薬味が映える!
 
 客が混みだす。それまでガラス拭きに一所懸命だったバイト娘さんが、張り切って厨房ヘルプに入りだしてからは、さあ昼飯大回転スタート。元気がいい厨房は見ていて気持ち良いし、また食い手のほうも気分が乗って来るからね。そんなフェスティブな雰囲気の中、運ばれてきたのがこの麺顔でした!。
 
 おおお!これこれ!出汁感漂う豚骨煮出し・・・これがいいね!。ぎっとりコテコテのコラーゲン濃厚タイプもいいけど、どうも最近胃が持たれていかん。だけどこれは程よい落ち着き感があり、まさに安心してゴクゴクと飲み干せる安心感があるじゃないか!。まさに飽きない味わい。キクラゲの黒さが嬉しい・・・。
 
 豚骨スープって煮出すとあの匂いがどうしても周囲に漂うもんだが、不思議なことに店内においてもフツーに感じます。バイトのお姉さんの真面目な掃除ぶりもありましょうが、スープのみならず店内もスッキリしてるのがいいね。また同じく塩気も程よく、豚骨のコクを味わえるほどの円やかさが難い。この時点で塩気が立つと、何も薬味を入れたくなくなるもの。薬味で好みにチューニングすればこそ、九州豚骨系に来たって感じがするからここは譲れない。しかも、このブランドは、「薬味がいい!」のだからなおさらだ。
 
 
 
<薬味> 良い豚骨ラーメン屋さんの条件は「薬味」の質感の良さ!これがいいね!
 
 まずニンニク。これがフレッシュタイプで皮をむいて適当にカットしてくれてる。水に浸されていて余分な尖りが抜けるのか、あのニンニク刺激が程よく調整されて、それがいいのだ!。またホール1粒だと刺激強すぎるのもあり、このようにやや細かくカットしてくれると嬉しいね。
 
 そして紅生姜の薄紅色タイプがいい。甘酢漬けタイプの紅生姜が実にいい。あの金属的な真っ赤な刺激もイイと言えばいいんだが、時々刺激だけの味風景になって失敗すること多いからね。それに比べてこのタイプは、それ単独でもバクバク食えそうだから、豚骨の出汁にも丁度会います。そして高菜漬けが何といっても質感がいい!。発酵加減が本格的で、その風味が辛さにも沁みている。スープに溶けてまた旨さ倍増な膨らみへと変化する。ひょっとして、こいつを食べに来たのかもしれません。
 
 
 
 
<麺> ご存知極細ストレート麺!7段階のレベルへ・・・ティプトロニックに固さを調整!
 
 ご存知、極細ストレート麺。麺の熟成感じさせるような・・・風味の良さが印象的です。なんと7段階に茹で上げ調整可能。きっと秒単位の違いなんだと思います。生でもそのグルテンの風味と味わいで美味しく頂けるかと。なので「ハリガネ」で頂いても良かったのですが、ちょっと浸透させても旨いかと「バリカタ」とさせてもらいました。
 
 豚骨スープがもはや出汁というより、ソースのような旨み。そして極細麺との絡みつき。クツクツと歯切れる瞬間がふわっと糖質の風味を感じさせるが、直後にやってくる脂質の旨み。これらを咀嚼すると一気に旨みへと変貌し、うまさの興奮が炸裂!。本来なら替え玉必須といったところですが、サービスライスを貰ったもので、そちらを少し工夫して腹を満たしました。
 
 
 
 
<具材> ラービスライスへさっさとトッピング移動!プチ丼にして堪能し尽くす!
 
 小中大とライスは昼時サービス。うれしい!。そのまま白飯と豚骨スープを交互に食い切るのもいいんだが・・・・・いつもの通り、トッピングを移してプチ丼を作り、底に少しスープを垂らしえて完成です。少しだけスープを垂らすところがポイントで、これだけで具材と飯の一体感が確実にアップ。なんだかサイドメニューを追加注文したかのような満足感あり。九州豚骨系でも、横浜家系チックな食い方ができるところが嬉しいのだ!。
 
 
 
 
 
 総じまして「何も悩なくてガッツリ食うなら豚骨!小杉・向河原ならココ!」と言うシンプルな感想!。最近、ほとんど豚骨系を訪問することは無いんですが、禿鷹だけは利用しやすさ+感覚的にお気に入り。武蔵小杉の本店同様、また寄らせていただきます。次回はもう少しガッツリ豪快にトッピングも追加したいところ。そんな今後の期待をよせつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   午後勝負
   気合を入れん
   豚骨で
 
 
 
   後は頼むぜ
   ブレスケア哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「[限定]焼き豚らーめん」@麺屋 信醸の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/09/195058
とまそんのYouTube: https://youtu.be/n3YDpFLDsK0

<混んでないけど旨い店・・・in 武蔵新城>
 
 まだ10連休の余韻を引きずっているのか・・・・気持ちが昂らない!。なんとなくダラダラ状態で、はやく次の週末になだれ込みたい一心であります。そして、GW中に引いた風邪がなかなかすっきりと治らんので、やっぱり身体が全体的にずっとだるい。こんな調子だから、川崎から南武線にのって武蔵小杉で乗り継ぐつもりが座って爆睡。目覚めたら車窓には大手IT会社が映ってた・・・。しかしこんな時でも慌てなくていい。武蔵新城に着けば解決策があるのだから。



<全体&スープ> 淡麗な醤油清湯の風景のようで・・・複雑な魚介エキス感が燻しにも感じる魔力!
 
 おおお!まさに奇を衒わない正統生真面目チャーシューメンって感じ!。今風ラーメンのニュアンスありつつ、どことなく全体的に素朴なセンスが滲みます。しかし隙が見当たらぬ質感の高さでして、オヤジ的にはほっこりさせてくれるオーラが立ち込めます。チャーシューが一面に目を引きますが、低温調理全盛な現代において、忘れがちな肉を焼いたときの香ばしさ。そして落ち着いた醤油ブラウンの深み。実に旨そう。
  
 もうこれは旨いに違いないのだとスープを一味確かめる・・・・やっぱりハズレなし!。前回塩でも感じたことだが、こちらのスープはちょっと個性がよくて、スープに香ばしさ滲むだけでなく、まるで汁を燻製にしたかのようなニュアンスが素敵なのだ。これで二回目なので、少し落ち着いて味わえましたが、燻製っぽく感じさせるのは、全体に浮遊する魚介系の粉かと!。煮干由来と思うが、そんなシンプルな味じゃなく、いろいろな味の複合した複雑さを醸し出します。まさしく「麺屋信醸」の「醸」の字のように「かもす」味わい。例えば、煮干しの他に、甲殻類も刷り込まれているかもしれません。海老の欠片は見いだせんでしたが、節系も深く感じる気がしてなりません。
  
 非常に複雑なエキス感だから、動物系も溶けていると思うけど、それが鶏と豚とどっちがメインなのかも計りかねます今回だけは・・・・。すっきり感はまさしく鶏ガラの丁寧な煮出しと思いたいが、香味油なのかラードが含まれてるような気分にさせる。ラードは煮干でもニンニクでも旨みを溶かしやすいから重宝だよね!。また全体的に柔らかい味わいには豚系のやさしさも感じたりして・・・・・。これまで数々食ってきたけど、旨いのに因数分解できないもどかしさ。旨さに脱帽でございます。
 
 
 
 
<麺> なんとも口当たりの良いストレート細麺なのだ!まるで丸麺のようでストレスなくスパスパ千切れる優れもの
 
 この麺が好きなのだ!。とてもキッパリとしたストレートさが映える細麺。潰しこみ感は少なくて、スパスパと切れ込むライトな歯応えがいいね。汁を吸い込みやすそうでもそこそこ、香りを粘り強くキープしてくれるのも好き。その一方で麺がとてもしなやかでまとまりやすく、スープの持ち上げは得意。
  
 前歯ではプツプツと千切れて、奥歯では一気に短いタップでクチリと潰れる。全くストレス感じさせない。 汁の味をしっかりキャッチしつつ、千切ると風味を楽しめ、咀嚼では旨み変換が容易で食らう・・・といった感覚です。今回は限定でチャーシュー麺なので、少し肉で巻いて食いましたが、あまりにも上品なスベリ心地と舌ざわりなので、途中から別々で楽しむことにする。まるで丸麺でも食らっているような滑らかさが気持ちよいね。そういえば、暖かくなったのもありまた新しい限定で「つけ麺」がリリースしたばかり?。この麺でつけ麺ってのも興味がそそりまくり。また宿題を抱えてしまった気がします。
 
 
 
 
<チャーシュー> 三元豚のばら肉の炙り!焦げ自体も旨く!滲み出る脂に嫌味が一切ない!
 
 「三元豚」。ようするに3種類の豚のいいところを掛け合わせた逸品とだけは、何となく知っております。ただどれを3種類選ぶかは特に限定ないとしたら、いろいろ違いが楽しめそうですな・・・。まあすごく品質管理されてるという共通項だけを信じて味わうのみです。
  
 やっぱり旨いね。平成の末期から低温調理が幅利かせてますが、原点回帰な炙り肉ってのがむしろ最近新鮮に思えてくる。まさにチャーシュー・ルネッサンス。炙り肉復興!三元豚という畜産技術と相まって、旨さの新しい扉を開かん・・・・と妄想が突っ走る。だって、脂身から染み出る油がうまいんだもの。その旨さ、肉の旨みに塩気が含まれ、出汁の成分もあいまってひたひたと馴染む水滴。砂漠の一滴の水にも勝る旨さかと。数えたら6枚あったが、どうせなら夜の部で酒と合わせたい代物。旨し!。
 
 
 
 総じまして「Simple & Complex!痛快チャーシューと重層魅惑的スープの掛算的旨さ!」・・・と言う感想。フツーにチャーシュー麺として850円ならリーズナブル。そして質感も高いとくればCPも必然的に高い。それにしてもいつも混雑なく重宝させてもらってるが、逆に心配も感じる。しかし地道に口コミで広がることを信じるのみだね。肌感覚ではあるがそんな高まりも感じるし。そんな応援気分を高めつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   春和み
   休み過ぎても
   気が緩み
 
 
 
   電車寝過ごす
   目覚めの拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「流星パンチ」@流星軒の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/05/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/qiS5jMGQDQk

<連休中は夜更かし三昧!懐かしい曲聴きまくりーーーー!>
 
 噂には聞いていたが「矢沢永吉」一色なお店。世代的にもマッチする上に、ここまで徹底してると逆に気持ち良いです。学園生活時代は、どちらかと言うと「矢沢永吉」信奉者とは距離を置いていたヘタレもいいとこだったオレですが、卒業してからやたら永ちゃんが好きになって、今ではカラオケでこれ十八番です。そしてなんだか横浜って土地柄がよく似合う気がして・・・・。この大型連休中に、一人カラオケしそうです(書いてて、自分がすごく寂しい人間に感じる)。
 
 この味噌ラーだけ明らかに製造プロセス。他とは全く違うので、面白いより驚いたよー。簡単に言うと、まず中太麺がゆで上げられ、汁も注いでない丼に向けて湯切り直後に投入。嗚呼、誰かの「つけ麺・あつもり」向けなんだと、ボケーと他人事で見てました。すると直後に、茹で我慢で温められてた「酒タンポ」からいきなりドバドバーーっと中身がその丼に投入!。ええええ!・・・なんと酒じゃなく「味噌スープと挽肉玉」がはいってた!。汁後入れ方式。こんなやり方、初めて見た!!
 
 


<全体&スープ> スープを麺にぶち込む型破り!ひき肉も味噌玉風!スパイシーな味噌の海にキレ込む旨さ!
  
 おおお!店コンセプトからもっとワイルド予想でしたが、迫力ありながらも凄く整った麺顔!。至極繊細。肉・玉葱・青葱・メンマがパラレル半円パラレル。そして肉が立っているように見えるのは、挽肉玉が下で支えているみたい。 一見は豚骨魚介に背脂ラードを溶かしたような見慣れた風貌。味噌感が見た目では案外低い。
  
 よくよく見ると、味噌スープに何かタレのように分離して漂う筋があります。それを御構い無しに一口、スープをレンゲで口へと運ぶと、いきなりクセになってしまうほどやめられなくなる。極上のスープカレーに遭遇したかのように、その最初のインパクトはスパイシーと言う味風景。それが味噌と離れないスパイス感覚。味噌の甘みを絡めての刺激の展開なので全く暴力的じゃない味わいです。更に味わい始めてからグイグイとキレを感じてくるじゃないか!これは微妙にガーリックパワーを感じる部分。これは「味噌」にも「スパイスダレ」にもキレを与えてるから、案外と味の一体感図る触媒になっているのかもしれません。
 
 さて挽肉・・・この全貌を確認するのを失念です_| ̄|○。食った瞬間から食欲爆発爆走で、気がついたら挽肉玉は食い散らかして粉々でした〜。ここにも味わいの核が含まれてる様に思えたから、余計に悔しいです。挽肉には味噌に似合う肉の甘み。食えば食うほど全体に拡散して行く。そして拡散するほど薬味達と絡み合う・・・もちろんふわふわに近い食感です。ここにスパイスを仕込んでいるかと思ったけど、挽肉粒を噛み締めたところ、ナチュラルにな肉汁に味噌味が素直に染み込んでいるのが、ホットする味でした。
  
 肝心の味噌をもう少し細くすると、基本的には甘めの醸造感覚で塩気も円やかで酸味も淡い。麦味噌?と勘ぐったりしましたが、スパイスが判断の邪魔しますし、合わせ味噌だとそもそも皆目見当付かん。ともあれ刺激一辺倒ではなく優しい味噌味がベースだったことが旨さの成功要因。ファンキー一辺倒じゃなく、締めてキメるところは、男の優しさ的にビシッとキマッたって漢字でしょうかね〜。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:味噌のスパイス感をがっしり受け止める中太中加水ストレート!クシクシと肉厚ながら淡白な歯切れ心地良し!具材を絡めて食う!!
 
 箸でボコッと引き上げると、見慣れた中太麺が現れます。感覚的には中太麺。やや平たい形状したフォルムで捩れは少ないものの、微妙に表面にボコつきがあるのが印象的。そしてそれが素朴と感じさせるねー。・・・・味噌ラーメンは、平成になってビブグルマンな店が崇高な味噌麺を開発しましたが、基本的には太麺がいい。そんなソウルな部分は愚直なまでに踏襲です。そしてスープがファンキーな一方で、麺は学ラン第一ボタンまで締める感じの真面目さ。
 
 比較的長さは短め。そして密度感は低めで、細麺ならスパスパと歯切れ良いところが中太麺なので、クシクシとした感触となります。通常なら濡れる程度の張り付きでしょうが、味噌スープの粘度で多少は貼りつくか?。挽肉のカケラまで呼び込んで貼り付けてます。そこを奥歯でガジって一気に潰す。すると影に隠れた玉葱のザクリとした歯ごたえと、挽肉ぽよよーんな弾力が入り混じる。クシクシvsザクザクvsぽよよーん・・・な入り混じりが一気に合わさりモグモグモグモグ・・・・。この時初めて麺に風合いがあったことに気づきました。
 
 
 
 
<チャーシュー> とっても無骨風貌な肩ロース!タレの旨味が深く香ばしさテッペン!なのに優しくほぐれる〜
 
 厨房の片隅に、七輪みたいな網焼きがあって、そこで炙り焼いてから提供するシステム。注文に応じて必要分だけ手切りカットしてます。実はすごーーーく几帳面!。いや、店コンセプトから思うに「ひたむき」と言い直すべきだね。ハードに見える炙りチャーシューですが、実はソフト極まる柔らかタイプ。箸で持ち上げると・・・自重で崩れます。立て直しが効かないほどに。なので大きめなカケラを選んで口に頬張ることとなります。
 
 強く糸巻きグルグルにして、周囲と中心部のタレ浸透を差と、歯ごたえの妙を計算した、浸しローストオーブンなタイプのチャーシュー。肩ロース部分。筋で区分けされ、脂身がさす部分の多少がクッキリ別れてます。そしてそのどちらも、周囲部分は深くタレ浸透して焦げ目が香ばしく誘いまくる。包丁手切りでカットされたフレッシュな肉側面は、瞬時に網焼きの遠赤外線効果で軽く表面薄く炙られる。結果として薄皮一枚だけ・・・色目が変わってる。そこに容赦なく奥歯を押し当てて一気に噛み潰す!。炙りの香ばしさが弾ける瞬間と、まだ奥に潜んでいた肉汁の弾けが一瞬に、口の中だけでお祭り状態!旨さの嵐!唾液の洪水!。
 
 
 
 
 総じまして「スパイス刺激でビシッとキマッた優しいハード味噌麺!」と言う感想。これはクセになる味だよ!。初訪問だったから控えめにデフォルトにしたけど、これなら大盛り必須。または残った汁に飯投入したいほどです。更にこの他につけ麺バージョンもあるというではないか!。・・・ツライな。そんなに頻繁に来れるエリアでないだけに。しかし再訪問決定。吉野町界隈は本当に悩ましい限りです。そんな嬉しいストレスを感じながら、とっとと最後に詠って、いつものように閉めたいと思います!。
 
 
 
   スパイシー
   ロックな刺激
   おどけてる
 
 
 
   いつも恋しい
   ファンキー味噌麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん 塩」@麺屋 信醸の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/21/000000
とまそんのYouTube; https://youtu.be/XHVPsZHZJTs

<「シンジョー」は九州宮崎に移転してたのだった・・・気を取直して初訪問>
 
 「牛王」の右隣。なにも隣同士でラーメン店並ぶことないのにと思うけど(汗)、牛王の方は何となく人も入っているようだし、ラーメン系SNS露出も多いからそうなるよね。ランチタイムだというのに少し心配になりながら 、先客ゼロの「麺屋 信醸」へ入店しました。
 
  とても物静かそうで真面目そうなご店主の一人オペ。ほぼ居ぬきのまま。勝手したる初訪問ってな感じで、券売機メニューを眺めます。BGMは確かラテンっぽい明るい曲ですが、店自体がこれから動くって感じ、妙に静かに感じますな。純朴そうな方に食券を手渡しました。何となく塩気分だったので、今回は様子見で「味玉らーめん 塩」。お熱いですからと・・・とても丁寧に厨房からカウンター越しに乗り出して配膳してくれました。それはこんな麺顔でありました!。
 
 
 

<全体&スープ> 実に質実あっさり感!香ばしいザラツキと節系エキスが素朴な旨さ!
  
 おおお!これはまたオッサン的には好みな日常的な風貌。ハッキリ言って当たり!って感じさせるいい雰囲気です。今風の煌びやかなライトベージュでなく、春霞のような微妙な濁りのある塩だれの半透明感。そして丼の内側に貼りつくエキスの欠片が、なにかしら旨みのヒントを与える感じ。全体的には素朴!質実!そんなほっこりした雰囲気がむしろ旨さにつながるみたい。
  
 実際に味わうと、差し障りある言い方だったらフツー。そうじゃないちゃんとした言い方だと、偉大なるフツーというか、毎日食えるようなアッサリ感。それにやや燻製のような香りがつけたようなイメージです。これは後から入れた香味油の余韻なのか、ベースのタレなのか不明だが、ザラツキを少し感じるものが足されている。よく見ると黒く小さな粒が広がっているのだが、それが香りの主犯格のようです。これはイメージの話だが、「タレを燻製にした」ような雰囲気があって、それが独特。単にフツーな中華そばじゃないとアピール感じる部分です。液体に燻製の香りを移す・・・・て何事か?。小田急線百合ヶ丘のとある店が参考になりましょうが、それよりもっと素朴な香り。
  
 香り高いエキスは、豚系かな?。ラードのようなギトギト感はないから、一層分からんが、本体は鶏ベースのアッサリさがイメージを占めますが、天邪鬼なワタクシは動物系では豚が好き。豚清湯エキスにどうしても期待してしまいます。またあっさり感には、薬味の柚子皮が塩ラーメンとしての主張を感じ、これまた風流な清涼感を漂わせる。塩気もマイルドで、昆布等の乾物系の旨みや、香味野菜のさっぱり甘さも含んでいると妄想に妄想を重ねます。ただ個人的には「節系」。この節のエキスが濃ゆいと感じてしまい、食っている途中から魚介系何だかミックス系なんだか、分からなくなってしまいました。塩気はあっさりと申しましたが、その塩気を突き詰めると後味が節っぽい旨みに行き着くところがある。そして、それがオレの頭の中では全体の出汁イメージとつながる。フツーにあっさりしてるけど、よく味わうと実に面白い一杯。香りと塩気が実は独特だった。
 
 
 
 
<麺> 極細寄りなストレート麺!角があっても丸みを覚えるような〜しなやかさ抜群!
 
 麺の選択が勝利!。このスープ感にはすごくマッチしていると思います。第一印象から口当たりの良さに、快感を覚えました。加水は中程度で、極細にかなり寄ったストレート細麺。アルデンテを丁度超えた感じで、プツプツとリズミカルに歯切れが良いです。また麺の密度感もあまり意識させないので、腰つきがしなやか。そのため汁との交じり合いが素晴らしい。引き上げるだけで綺麗に揃い、毛細管現象のように汁の持ち上げがとてもよろしい。表層の滑らかさも言わずもがなで、ズボボボボボボっとすすり上げた後の、舌ざわり・・・・のど越しのシルエットが滑らか極まるです。
  
 そう・・・妙に滑らかにすべるシルエットが気持ち良いのです。見た目は明らかに切断された角がある角麺なのですが、啜り食っている間の感覚では、「まん丸な丸麺」のようなイメージ。まるで滑らかさは「冷麦・そうめん」に匹敵するほどの感覚です。これが少しスープに混じったザラツキエキスも着実にキャッチし、奥歯で噛むときの旨みとの一体感がたまらん!。これなら大盛カモン!って感じです。
 
 
 
 
<チャーシュー> これは燻しの効いたもち豚感覚!噛めば噛むほどエキス染み出すぜ!
 
 随分と脂身の面積が大き目な肩ロース(別の部位か?)。薄いピンク色した切り口で、オーブンなのか炙りが効いた感じが伝わってくる肉です。これがまた個人的にはハマった!。これも実に燻製が効いたような薫り高さがあって、半生イメージすらあるピンク色の肉が、まるで熟成ハムのような旨さを運ぶのです。
  
 オーバーに言うと噛めば噛むほど味が滲むようで、チャーハンに入れると旨かろうなタイプ。見た目フツーで、ちょっと香りは他とは違うかも。チャーシューメンにすれば、チャーシューからじわじわと出汁が取れそうだね(笑)。帰り際に知ったが・・・限定で肉増しメニューがちゃんとあるじゃないか!。サイドメニューのご飯ものが限定だと思い込んでたオレ。また限定麺を食わねばという宿題を抱えてしまいましたよ・・・。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 塩ダレっぽいフレッシュ感!緩めの卵黄が口の中で滑らか広がる!
 
 これは好みが割れそうですが、味玉は緩いタイプ。口を当てただけでプルンと揺れるほどですから、卵黄は緩いと直感でわかります。ゆっくり歯をあてて潰すと、ドロリッチ~ってな感じですぐ垂れる。スープに溶けてしまいそうですね。味わい的にはフレッシュ感ある塩ダレ系に近いという感覚。出汁を含んで熟成し、濃密な甘みを全面的に粘りつかせるタイプとは別物。玉子本来味を大切にした味わいという感覚で、塩ラーメンにはとても合うタイプですな。こういうのも好き。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「偉大なる馴染み深さ!素朴と質実と真面目さ沁みる良質中華そば!」と言う感想。ちょっとこれまで訪問まで距離をおいてしまいましたが、機会損失であったと自覚。早速、肉たくさん入った醤油系を食べたくなってきました。それにして、たまたまだったのかもう少し人が入っても良いはず。と思ってたら、また近くに新しい店がオープンするようで・・・武蔵新城も競争激しいですな。何気に応援気分です。そんなエールを送る気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   陽が注ぎ
   薫風流る
   爽やかさ
 
 
 
   食らう昼メシ
   麺もさやけき
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン+替玉+サービスライス小」@博多禿鷹の写真とまそのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/20/000000
とまそのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=Tf57K-65fGs

<気温が高くなってくると何だか気分が盛り上がる・・・・豚骨気分!>
 
 今回は、武蔵小杉。博多禿鷹の2号店が開店ということで、少し歩くけど突撃してみました。ところが・・・・今はオープンしているが、私は開店日を一日前倒しで間違って覚えていたらしく閉まってた(ヒザガク)。おいおいおい・・・・この近辺でも「526」はないぜ。ほぼラーメン砂漠エリアだったので、わざわざ武蔵小杉駅まで引き返し。頭と口の中がすっかり禿鷹一色だったので、わざわざ本店まで戻り訪問してしまいました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚骨臭みが殆どないほど抵抗感ないサラサラ感!芳醇旨みと生ニンニクでゴクゴク飲み干せる!
 
 おおお!これはまたあっという間の配膳!ライスも同時配膳とは時間限られたリーマンには響きます。博多豚骨と言えば大衆的ないい意味の雑多さがありますが、こちらはどこか綺麗というかどことなく質感すら思わせる。店内の清潔感もそれを物語っている感じです。豚骨の白濁感すら、春色のカーディガンを思わせるようなほのぼの感とシルキーな装いとすら覚えます。
  
 まずはスープから頂くが・・・・やはり旨い。サラサラ感の中に微妙にコラーゲンがあって、髄の溶け具合と攪拌を感じますが、きめ細かさがありトロトロシャバヤバトロシャバ感。こってり重く思わせない豚骨感がええ感じです。塩気が低めで、それでも嫌味がないストレスの軽さ。まだ薬味を一切入れてませんでしたが、正直デフォルトのままで十分食えそうです。
  
 ここで一気に生ニンニクをクラッシャーかけて入れてみます。フレッシュニンニクですから、擦り下ろし感ある酸化
がない。本当にフレッシュに水に少し付けられているので、辛味が少ないです。しかしやっぱり、豚骨とニンニクパワーの相性は別格です。眠っていた魂が復活したかのように、ジリジリと塩気に風味を注入し、疲れたリーマンオヤジの私をシャキッとさせる旨さに変貌です。下手にドリンク剤のんで元気だすより、絶対こっちの方が真のパワーが出てくると思う。そして一通り、満喫したあと・・・・次の薬味投入へ拍車を掛けます。
 
 
 
 
<薬味> 紅生姜&高菜漬け:薬味の質感が高いのでついそのままでも食べてしまう
 
 定番の「紅生姜」と「高菜漬け」ですが、これが実に旨そう。なんとなく鮮度すら感じる仕上がり感で、どのカウンターにも定位置で置かれています。紅生姜がピンク色。自然な風合いがキープされているよにも思え、シソの赤身染色が薄くてナチュラル感覚が高まってます。まずは紅生姜。シャリシャリ歯応えが麺の隙間に挟まり、ときどきザクザクと感じますが、痺れ感とかヒリヒリ感が極度に少ない。本当に甘酢の旨さと生姜の本来味をナチュラルに楽しめるものです。出来がいいやつ!と確認できたら一気に投入してゆきます。少しばかり多くても赤くそまったりしない。
  
 そして「高菜漬け」これもフツーに旨そう。自然な辛子の刺激と香りの高さ、そして白ごまやら唐辛子の刺激等を倒し見ますが、思わずライスを欲してしまう味わいです。なので麺顔にも入れますが、ライスの上にも、トッピングを重ねてしまう。キクラゲのザクザク歯応えと非常によくシンクロするので楽しい味わい。
 
 
 
 
<麺> 言わずと知れた極細低加水ストレート麺!熟成感もあり生でも食えそう!?最初はバリカタで!
 
 博多麺だけは、食レポが難しい。だってスペック的にそんなに差があるとは思えないから。かん水だって低めと思われ、中には質感高くてそのまま食えるのもあり。一杯目は「バリカタ」と自分では決めているので今回もその通りに。汁の浸透が早いタイプだから、大雑把に手早く写真メモを終えて、まずは一口。
 
  口に入れた瞬間から、麺の風味高さを感じ、粉感を楽しむ雰囲気。そこにゆっくりとコラーゲン系なスープが浸透してゆき、咀嚼続けていくと脂と糖のうまみが結合します。しかし、割と早めに飲み込んで次へ次へと麺を早く回してゆうきたい気分・・・。パツパツクツクツっと前歯で千切ったあとは、奥歯へ送り込んでクシクシ・・・・ごっくん。そんな感じ。これは落ち着いて食うより、多少あわてた感じで食ったほうが旨く感じるのはオレだけなのだろうか・・・・。一気に食いだすスイッチは入ると、もう1玉めが半分程度なのに、次の替え玉をお願いしてしまうオレです。
 
 
 
 
<替玉> 結局食ってしまう・・・止められない豚骨替玉!今度は「ふつう」で頂く
 
 替え玉は、少し固さを下げてコール。バリカタじゃなくて、ちょいカタくらいとややこしい注文をつけてしまいます。快く受け止めてくれて、配膳完了。ラーメンのタレを少し回しかけてから一気に投入。ここでは更に紅生姜と高菜漬け・・・そして生ニンニクを投入してクサクサ度合いを高めてゆきます。
  
 もうこうなるとスープの最初の色なんて残っておらず、また覚えてもおらず。複雑な個性集合体の味わいを、ゆっくり豚コラーゲンの風味が包み込んでゆきます。惜しむらくは・・・ここにキクラゲがもう少し残っていれば尚旨しなはず。
 
 
 
<チャーシューとライス>  ランチタイムはライスが小中大サービス!
 
 替え玉があればライスなくとも良かったんだが、ライスが小中大とサービスと言うから思わず乗ってしまいました。替え玉をしてなかったら間違いなく大。このライスは、ラーメンの上に乗ってた豚バラ肉と海苔を外して、まず白飯の上にのせます。そしてその上に高菜漬けをわさっと乗せていただく。店の人に見つかったら注意されるかな???。それはラーメン用ですとか・・・こんど聞いてみようかしらん。
 
 
 
 総じまして「腹ペコ状態も短時間で一気に腹パン!多忙サラメシなら豚骨替玉でココ!」という感覚。一時期は飯食えずどうなるかと思ってしまいましたが、何とか午後の仕事も事なきを得ました。ごちそうさま。今度こそは間違いなく2号店へ行って食ってきます。武蔵小杉で九州豚骨は貴重ですから今後も定点観測。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   陽が強く
   暑さ感じる
   春の風
 
 
   豚骨漂い
   替玉気分
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば 濃厚+野菜盛り」@中華そば もり川の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/13/130303
とまそんのYouTube: https://youtu.be/dPuWS0XHUTE

<なんだかんだで気になる店・・・・メニュー制覇してもうたわ!>
 
 誰にでも常連な店があると思う。自宅や会社の近くだと利便性でそうなる。好きな味とかで通うケースが一番多いと思うが、それもコスト次第。ところが、利便性が良いわけでもなく、何となく気になる~程度で、気が付けば何度も訪問してしまう。知らぬ間にメニュー制覇してしまいました。そんなこんなで、今回は「中華そば もり川」で、濃厚なやつをやっつけてみました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 九州系でもなく家系でもなく!濃密さと滑らかさがマッチする醤油豚骨!
 
 おおお!やっぱり好きなんだよなぁ~この野菜盛り感覚と、日常系中華そばの融合した麺顔が。野菜盛りというと家系では頭に浮かびますが、あのワイルド感とはかなり違うよね?。当然九州系って感じもない。レギュラーメニューは超あっさり系でグビグビ食わせる。一方、トッピングの質もイイから、つい定点観測に訪れてしまうのです。
  
 さてスープ感ですが、レンゲを差し入れたとたんに「濃密!」って思う。濃厚じゃなくて濃密。ザラツキが一切なくてエキスの粒とうより粉が溶けているような滑らかさ!。これはかなり丁寧に擦り合わせたり、濾過したりして雑味を省きながら磨きをかけている。スープ表面が鏡面になって天井が移りこんでますよ・・・すげー。ここまで細かい濃密感だと、抜けが逆によくなってスルスルと垂れておちるのが早い感覚です。
  
 そしてしっかりと動物感が表現されてる!。色合いだけ見たら家系にも感じるけど、鶏油の飾りがほとんど感じられず、その点でちょっと家系とは距離を置いた旨さと感じます。豚骨臭も低く抑えられていてその点では上品とすら思う。コラーゲン感が低いからか?と思ってはみたものの、クチの回りには少しばかりコペコペしたものが貼りつきますし、濃密さはやさり証明されている。
  
 もっとも味変化もさせたから、印象に変化も与えたようです。まず確実に温野菜エキスが含まれる。これは一段と食べやすくさせるアイテムですね。入れすぎると味が薄まりますが、湯切りはダイナミックで完璧のようでした。そしてテーブルセットでは、今回は市販のニンニクおろしと、すりごまを入れてみました。当然ブレスケアは準備万端。やはり濃厚豚骨の分厚いコクには、ニンニクのシャープな刺激が一番似合います!。途中でニンニク入れた途端に食用が加速するよう・・・。すりごまは、ちょっとニンニクに走り過ぎた部分を上手くまとめてくれます。そして香ばしさも与え、これまた食べやすくさせる。
 
 
 
 
<麺> 昼レギュラーとは変えてきた?風味感アピールの中加水ストレー細麺!
 
 驚いたのは麺。他のメニューとは変えてます。こちらのレギュラー麺は、たしか引き締まりが強く、Rが緩めのボコボコ縮れ細麺だったはず。やや黄色くて歯応え感がしっかりしたコシの強さが印象的でした。それとは一転して、加水低めでキッパリと流れるストレート麺。色白がイメージで清楚な感じ。スープの濃厚さとはコントラストを感じます。
 
 茹で上げは、芯が少し残るぐらい。前歯で千切るとクスクスっとリズミカルに切断される一方、鼻孔をくすぐる麺の風味感がまた高い。少し粉感覚を感じるタイプ。構図としてはパツパツな煮干ソバの麺と同じだが、そこまでエキセントリックでもない感じです。
 
 汁の浸透感は低め。濃密なスープと麺の地肌の浸透圧がずれているのがいい感じで、長く風味を持続するようなのもいいね。表面がきめ細かい上に滑らか&濃密な汁なので、口当りからしてライト。濃厚スープもろともブボボボボボボボって吸引するのが楽しいです。今思えば大盛必須だったなと後悔。もっと腹が減ってたら替玉できるか聞くとこだが。
 
 
 
 
<野菜盛り> 嫁の言いつけをちゃんと守って野菜を摂るよ!
 
 しっかりと野菜は入っているから好き!。120円としてはリーズナブルじゃないかと実は思ってます。キャベツの量が一番多く、しかも甘味を感じる部位がたっぷり。そしてほうれん草の多さも家系には負けてませ。そこまでクタクタじゃないからフレッシュな旨さが残ってる。そして、トッピング野菜で一番ポピュラーなモヤシもある。キクラゲもあってこれが歯応え的にはとても痛快にさせます。この店では必ずこれを載せているオレ。 野菜摂れと、嫁の言いつけをちゃんと守ってるオレですよ。
 
 
 
 
<チャーシュー> トロトロに柔らかい豚バラロールチャーシュー!ゼロカロリー!
 
 肉がオヤジ泣かせだぜ・・・。関西転勤時代にはとてもお世話になった豚バラロール肉。これがかなり醤油ダレが周囲に浸透して、十分にオーブで焼かれ香ばしい上に、脂身がトロトロで甘くも感じる旨さ。これもきっとゼロカロリー。無限大に食えるとはこの旨さで、そういうものはひとまとめにしてゼロカロリーと考えられます。
 
 箸で持ち上げると、それだけで自重で千切れちゃう柔らかさ・・・。野菜盛りの上にチャーシュー追加をして、いつかお祭り食いしてやろうと、ほくそ笑んでます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 標準装備のハーフ味玉が泣ける・・・・
 
 デフォルト価格700円を下回って、その上で標準装備。しかもちゃんとした味玉。全体的に薄く醤油ダレがしんとうしてるようで白身の変色は低め。なのにジェル状態になった卵黄は、甘味を含んだような塩気の旨みがある。これもきっとゼロカロリーの仲間です。今回は特に濃厚スープの中に沈没させたので、深い味に進化した感じ。愛からず旨く食いましたが、嗚呼、やっぱり味玉にハズレないだと痛感です。
 
 
 
 
 総じまして「 九州系でも家系でもなく・・・和みを感じる濃厚さ!マイルド醤油豚骨!」・・・と言う感想。どこかが鋭い!って感じじゃなくて、何となく好きにさせる魅力ある日常系豚骨醤油でございます。武蔵小杉か新丸子あたりで縁ある方で「ほっこりしたい」ならおススメですので是非一度!。私決して関係者じゃありませんとお断りをいれながらも、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   飯時に
   抜けるそよ風
   滑らかに
 
 
 
   食らう豚骨
   まったり滑らか
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「超濃厚 鶏白湯そば 大盛」@麺屋 汁久の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/12/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/uM9ln609gDI

<博多水炊きのお店の昼だけセカンドブランド営業!確かな腕前にマダムの集う!>
 
 移転してたのか。以前新丸子駅の反対側にあったのだが、再訪問したら見つけられず潰れたものと思ってた。ちょっと嬉しかった!。だったら景気づけに訪問しようと、そんな流れです。
  
 おおお!随分と以前とは広く宴会向けの店になったではないか!。鶏メインの洒落た居酒屋「AKARI」が夜の顔。焼き鳥などはじめとした鶏料理が旨そうだが、博多水炊きがご自慢なご様子です。さて水炊きならちょっとうるさいぜオレは。生まれの京都だって水炊きが有名なのさ。最初に飲ませるスープがいいよねぇ~、今日はこの御出汁で仕上げさせていただきますってな感じで・・・。骨の髄がゆっくり煮出されて白濁したスープ感が食う前から妄想させる。
 
 
 
 
<全体&スープ> 博多水炊きならではのゆったりとしたコクと艶!まるでシルクだ!まさしく汁久だ!超ナチュラル!
 
 おおお!実に久しぶりな麺顔ですが全体的に鶏エキスが濃ゆくてシルキーと思わせる雰囲気はさすが!3年ぶりでも妙に覚えておりますよ!泡立ちがあちこちに浮かび、それでいて、立体的に盛り付けられてる白髪ねぎと糸唐辛子が綺麗。全体的にスープの「ペールオレンジ」、器の「ホワイト」、レンゲと糸唐辛子の「レッド」、この3色のみで形成された風景です。超濃厚な割に、超シンプル~。
  
 さてその味わい。「超」濃厚というからには多少ビビってしまうオレ。まずレンゲですくい味わってみると「!!!・・・・フツーに旨い!」ので驚き。もっとベッタベタなコラーゲン含みとか、鶏の脂ギッシュな味わいと匂いが強いもんだと先入観がぶっ飛んでしまいます。実に肩透かしな程にすんなりと食える。そうか・・・これが博多水炊きの延長線上にある濃厚鶏白湯の極意かのか!?。
  
 まずコラーゲン感ですがじつにナチュラル。口の周りにコペコペと貼りつく状況は非常に低い。モミジまで入れ込んで溶かした風ではなく、水炊きで全体的に煮出されたエキスが、均等に濃ゆい・・・という印象。なのでスープは非常に滑らかなのですが、脂チックなとろみではありません。ザラツキあっても超微細な粒子。なのでシルキーというよりも、ラックス・スーパーリッチ級の滑らかさと申し上げたい。
  
 それにしても不思議だ。旨みがこんなに濃ゆくて、なぜコラーゲンの貼りつき感が少ないのか。察するところ、純鶏100%ではないということかと。博多水炊きのスープなら、よく鶏と水だけでスープを仕上げました・・・なんて聞くところだが。魚介の旨みで和風チックに全体を落ち着かせているのか?、はたまた、香味野菜を投入してるのか??。鶏骨の髄まで煮出す白濁系エキスは、香味野菜で円やかになっているのだろうか???。
 
 
 
  
<麺> 極細系ストレート!汁が絡みまくる!加水低めで最後まで風合いキープな優れもの!
 
 麺が旨い!大盛無料対応にしてよかったよかった!。超濃厚スープには多加水のプリプリ麺という組み合わせも悪くはないが、味が全体的に明るすぎて味風景が暴れそうだ。そんなオレのセンスにはドンピシャのストレート系の極細系です。麺と麺が非常によりそうので、スープの持ち上げの良さ間違いなし!。いや・・・持ち上げるというより、絡めとるいう雰囲気の方が合っているかもしれません。
 
 細さが決め手。見栄えも美しいし、歯応えも快活に楽しめるタイプだから。切り刃は#24?#26??といった感覚で腰が実にしなやか。まさしく「シルク」を連想させる細やかさあるスベリがいい感じです。命ですかね。大盛の量も200g弱?180gといった感じで、重さを感じない程度なベストマッチ。
  
 更に香りがあるのがまた決め手。これほど濃厚なスープの中にあって、しかも細麺なのに、一本一本から粉っぽさを感じるかの如く、麺からの風合いが強いのだった!。ひょっとしてこの風合いが無ければ、全体が重く感じていたかもしれません。それが最後まで持続するし、噛みきった断面には淡い芯に当たるものが見つけられる。旨しな麺!。
 
 
 
 
<穂先メンマ> 非常に繊維質の細かさが印象的!極細麺と交じり合ってもそん色なくスパスパと切れ込みクセもなし!
 
 ちょっとだけクローズアップしたいのが、穂先メンマ。別に珍しくないアイテムですが、20年前の生活感ではちょっと新鮮に感じつつ食らってた記憶です(糸唐辛子も同じころかな)。食べなれたものですが、妙に繊維質が細かくて柔らかい。なのでストレート細麺の一緒に食っても違和感なく楽しく食えますよ。汁の持ち上げ以外に、楽しさ求めるなら、穂先メンマの麺絡め食いをおススメしたいかも。
 
 
 
 
<チャーシュー> 今を時めく低温調理真空系の逸品!甘噛み一歩越えただけで優しく切れこむ柔らかと淡泊さ!
 
 肉が旨いやっぱり。鶏水炊きは、いろんな部位の肉を使ってこそ、本当に美味しく仕上がる・・・そんなことをどこかで聞いたっけか。それが京水炊きだったか、博多水炊きだったかは不明。いずれにせよ、水炊きのプロは、間違いなく肉のプロでもあると確信します。そんな味だった。・・・まさに鶏肉すらシルキーと思える、胸肉の低温調理コンフィが、パフパフな柔らさすぎて泣ける。どこから歯を差し入れても安易にさけるから笑う。滑らかに濡れて繊維の隙間に入り込む汁旨味を楽しむ。今や鶏白湯系の必須アイテムになりつつある、鶏むね肉コンフィ肉でありますな・・・。
 
 
 
 
 総じまして「博多水炊きのニュアンス漂う濃厚鶏エキス!重くなく完全に飲み干せる超ナチュラルテイスティ鶏白湯!」・・・と言う感想。【超濃厚】という冠で気持ちが少しびくつくところを、あえて食していただきたい。そしてでいきることならご飯入れて出汁茶漬けも旨かろうな質感。上品にもお下品にも、きっと両方おいしく対応できると思うのでおススメです。そんな応援気分が冷めやらぬうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雨上がり
   風はシルクに
   そよぐ昼
 
 
 
   上質ランチに
   旨しの汁久
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「焼き味噌」@拉麺 大公の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/03/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/iFqZ342qa6M

<まだ肌寒さが残る内は味噌ラーがありがたし!>
 
 てっきり店前行列人気と思ってたら、店前に人影なし。なんだこれなら楽勝じゃんと思って扉を開けると・・・なんと満席&店内待ち!。どおりで甘くないわな。しかし人気の高さは味の保証と言う感じで、安心して券売機で看板メニュー「焼き味噌」の食券を購入。案外外にいる時間が多かったから、体が少し冷えていたようでした。これで味噌ラー食えると思ったらなんだか、心も体もほっこりとしてきた・・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> 味噌の奥行き深く感じさせる味噌発酵のコク!高火力で旨さ封じ込める魔力的旨さ!
 
 おおお!味噌よりも中央にある多めの生姜トッピングに思わず目がいくね!肉も旨そうだがもやしの炒めがピカピカと光っている上に、焦げめがところどころ伺え、見ただけで「炒め香ばしさ」を感じさせる!。またラード感感じるがそれほどギトギトし過ぎないスープ感は、味噌の色が濃ゆめで味わいも深そう。
  
 これは何を先おいてもまずスープから!。レンゲで掬って見ると実はやっぱりラード成分が結構深いのだったわwww。しかし味わうと意外とサラサラした感じ。この手の味噌ラーだと、ラードが蓋をしているように分厚い層を予想するけど、それほど重くないと感じたオレでした。そしてやっぱり味噌の味わいが深い・・・。焼き味噌と書いたり読んだりすると、酒飲み野郎なら、炉端焼きで酒のアテに出てくるような、炙り味噌の「香ばしさ」を連想したりしませんか?。この焼き味噌はそう言う風ではなく、我流で例えるなら、味噌の風味を炒めて焼いて封じ込めたようなイメージなのでした。それにより、味噌の醸造に由来する独特の風味!そして塩気が深く滲み透る・・・ような感覚で味わった次第。

 さらに妄想続けると、きっと数種類の味噌をブレンドしていると思える合わせるタイプかも?。単に塩気の強いだけでなく、これは全くの想像だが麦味噌のような甘みも溶け込んでいるのでは?と感じたが・・・・・よくよく考えたら甘みは何も味噌だけじゃなかった(汗)。ラードも甘く感じさせる要素ですが、やっぱりもやし(あと少し玉ねぎあったっけ??記憶喪失)!野菜から生まれた汁はナチュラルに甘みを感じさせるはず。ラードが重くなくグイグイと味わい飲ませるのも、実はこの汁がいい感じでライト感を演出していると思えます。そして甘み感も同時に演出しているようなのも少し感じるのでしたwww。
 
 
 
 
<薬味> それほどジリジリと感じさせずナチュラルな清涼感保つ生姜!挽肉のそぼろ感も旨味の成果か!
 
 デフォルトでこれだけ多めの生姜を放り込んでくれると嬉しいよね!。テーブルセットに備わってるのも使い勝手いいけど、フレッシュさに欠けるイメージあり。やはり調理場で管理された薬味の方が安心感ありでしょう。さてこの生姜。これだけの量があるからさぞかしジリジリとパンチを与えてくれると思いきや・・・ふわっと清涼感を感じさせる程度で、優しい風味に止まっておりました。その方が上品でまとまりあると言えば、そうとも言えるか。
 
 またそぼろのような挽肉も少しトッピングされておりました。野菜にまみれていないので、後入れトッピング形式で乗せられてます。しかし、個人的にはトッピングと言うより「薬味」的な扱い。濃密なスープの中にあって挽肉風味が顕著に現れませんが、スープを飲むときに入り込んだりして、ちょっと歯応えを与えさせるんです。スープを「飲む」時にわざわざ「歯応え・歯ぎしり」させるだけで、ちょっと内容が詰まった感があって・・・得した感じになりませんか?
 
 
 
 
<麺> 札幌味噌のイメージ通りの透明感ある縮れイエロー麺!濃密な味噌にくっきり歯応え!
 
 いかにも札幌味噌ラーメンをイメージしたような黄色く透明感ある縮れ麺。見ようによってはプラスティックに近いイエロー感覚。ラードの層を突き抜けてくるから、余計にコーティングされたかのように煌びやかに見えます。ご存知の通り、キュッと密度が引き締まったようなタイプで、これは麺の打ち込みの強さや回数と言うのではなく、独特の練り水の反応のような凝縮すら思う・・・。なので前歯で千切る動作がいちいち明確で、プツリプツリと感じながら食い続けて行きます。奥歯でまとまって潰す時は、クシクシとした低反発が味噌味との一体感を醸し出して旨しです。濃密な味噌にくっきり歯応え!
 
 腰つきが強いタイプで、ボコボコした縮れのフォルム。しかも表層はツルッツル。ズボボボボボーーーーと啜らずにはおられないオレ。ですから、啜っている最中は麺が暴れまくりです。なるべく丼に顔を近づけて食う戦法で対応しますが、時々隣客から変な目で見られますから、本当はこう言うタイプのラーメンには紙エプロンが欲しいです。自前でカバンに入れて持ち歩こうかとも考え中。
 
 
 
 
<もやし> 熱々で焦げが香ばしく!それなのにシャキシャキ歯応え完全キープで素直に旨し!
 
 根切りされた太いもやしたち。これが実に美味い。まさに中華の技法というか、超高火力で中華鍋を使い、一気に高速で炒めて仕上げる・・・決して家庭ではできない技ですな。南浦和での独身生活時代には、金をセーブしようと月末はもやし炒めばかりで過ごしておりましたが、一度も自分で満足できた試しなし。何が違うって・・・・温度が熱々で火傷しそうなのに、歯応えがシャキシャキしてるところ。だったら火の通りが甘いのか?と言うと全然そうでなく熱々な野菜の汁があふれ出ますわ!。その汁がまた美味い上に、もやしの所々に焦げ目が生じて、その香ばしさがたまらん!。入店したとき感じた中華鍋を振るう音が、改めて思い起こさせますね。
 
 
 
 
<チャーシュー> オーソドックスな豚バラチャーシューがとっても質感高いのだ!肉増し必須だったわ!
 
 実はチャーシューも自慢の店だったとは予習が不足してました。「3枚チャーシュー」と言うメニューがあって、それがよく出ていました。実にオーソドックスな豚バラ肉です。しかしその仕上がりがトロトロと感じさせるほどに柔らかく、味噌ラーのスープに浸ってその相性が抜群なのです。持ち上げると自重で割れ目をあちこちに生じさせ、その隙間にスープが入り込みます。脂身は皮に近い部分までキープされてますし、脂の一番甘いところを確実にキャッチしてます。これは・・・肉一枚で茶碗飯一杯は食えそうかも。今回は逃しましたが、こちらでは肉増し必須と申せましょう!。
 
 
 
 
 総じまして「まさしく王道の札幌味噌!濃密なる旨味の溶け込みは季節関係なく旨しだった!」・・・と言う感想。花見が過ぎて少し冷えた体にはまさにベストマッチと思って食ったが、旨さで季節感なんて全く忘れて夢中で食いきってしまった。一気に完食完飲!。横浜で味噌イメージあんまりないけど行く価値あり。味噌に拘らなくても醤油や塩、担々麺もあるので、散策のついでに激しくオススメでございます。そんな応援気分冷めやらぬですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   風に揺れ
   五分咲き桜
   肌寒し
 
 
 
   暖が嬉しき
   焼き味噌旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件