なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

チャーチル・クロコダイル

男性 - 長野県

ラーメンと映画と’80の洋楽、スキーに新生横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するちょいワル風オヤジかな?

平均点 84.802点
最終レビュー日 2019年1月24日
2,768 1,203 9 3,206
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚つけ蕎麦 並盛」@つけ蕎麦 中華蕎麦 尚念の写真11月某日、夜、本日は早朝より我が上官と共に飛騨・高山への肉体労働。思いの外、順調に進み、夕方には松本に帰着。ヨメには夕飯はいらぬと言い置いて来たので、夜ラーを食っていく。突撃したのはこちらの店。

今年の6月に長野から移転OPしたつけ麺がウリの店。新店に対する私的突撃猶予期間の3カ月が経過したので突撃してみる。但し、私的に問題をクリアーしないとイケんのだ。

17:55着、外待ち6名に接続、開店と同時に入店、ここで出迎えのニーさんに、私的最大の問題事項を確認しとく。「つけ麺って蕎麦粉入ってる?」に店主に聞きに行ってから「入っていません」。情報では長野時代の麺は「蕎麦粉入り」と聞いていたが、変更となった模様で一安心。

券売機(メニュー写真)にて「大盛」にしたいところであるが、チョイと高いので‘濃厚つけ蕎麦 並盛’(900円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客15名くらい。こちら以前は「らーめん 大気見」だった店舗。内装は一部リニューアルされ、厨房には若き店主が主調理で、サブに2名が付いている。そして待つ事13分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚で、なっ、何と!鶏チャーシューが麺皿に乗ってるぞ!即刻、排除。濃茶褐色のつけダレには、メンマが認められ、別皿に、刻み紅タマネギ、刻み小ネギ、刻みネギが供される。麺線がキレイに折り畳まれているのが上品。

早速麺を浸してガシッとイク。うっすらとコラーゲン膜の張るつけダレは、豚骨メインと思しき滑らかな動物感と、同じく節系の魚介感が入り交じっている。トロミのある濃厚なつけダレで、丁寧に濾された感を覚える滑らかな口当たりが印象的。合わせられた醤油のカエシは醤油のコクと風味を覚え、塩分濃度は適宜ながらも、甘味が強め。この甘味がチョイと私的にはクドさを覚える。取りあえず濃厚でなかなか美味い豚骨魚介のつけダレである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。良く見ると全粒粉が練り込まれており、茹で加減やや硬めに揚がり、ムチムチとした弾力のあるコシある食感がイイ。小麦の風味も味わいえる。

具のチャーシューは事前情報では豚ロースチャーシューが1枚だったが、鶏チャーも付くようになったのか?取りあえず豚チャーは薄味付けでジューシーな豚肉の旨味を味わえる。メンマもチョイと甘醤油の味付けのサクコリ食感。3種のネギの薬味は別皿提供なので、好みのタイミングで徐々に味変出来るのがイイ。

最後にスープ割り。アツアツに再加熱され、好みの濃度に割られてフィードバック。骨粉も認められ、動物の炊き出し感を再確認。

もちろん完飲。早朝からの飛騨・高山への肉体労働を終え、夜ラーに突撃したこちらの店での「濃厚つけ蕎麦」。それは麺線の整った全粒粉の太麺も美味く、キメの細かなトロトロの濃厚な動物系の旨味と魚介の旨味が融合していてイイのであるが、私的に宗教上NGの鶏チャーが装備されての価格は割高感があり、何よりもチョイと私には甘過ぎる、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「酢・山椒つけ麺 (1.5玉:無料)」@のんべえ食堂 天火の写真11月某日、昼、本日は久しぶりに秋晴れ予想の松本でのゲンバ仕事。天気の良い日にはいつも思うが仕事なんぞをしたくないわ。そんな中、お楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

店名が示す様に夜はジビエや馬肉料理などの創作料理での居酒屋にもなる。今回は漸く入手したグルメ情報誌「FREE BOOK」にあった新作つけ麺狙い。

13:45着、先客2名、カウンター席に着座、後客4名。早速メニュー検討、件の新メニューである‘酢・山椒つけ麺’(800円税込)をおニーさんに「FREE BOOK」のサービス券で「大盛り」にて注文する。

するとおニーさん、「1.5玉まで無料ですが」とのアナウンス。ならばそれにするつもりでサービス券を引っ込める。今回の品、こちらのレギュラーメニューの「酢・山椒らーめん」のつけ麺版と思われ、「山椒の香りと辛さに酢のすっぱさがまろやかにマッチした汁と細麺絡む一杯」と言う事。美味そうだ。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、ノリが乗った麺丼と、サラッとしたつけダレには刻みネギが浮いている。

早速麺を浸してガシッとイク。あっさりとした動物感の漂うガラだしベースのつけダレは、僅かな甘味を伴うまろやかな酢の酸味の加わった甘醤油ダレで、香り高い山椒の風味とライトなビリビリ感が舌先を駆け回る。イイのである。因みに辛味は一切ないので、爽やかなシビレ感が楽しめるのがイイ。醤油ダレもまろやかで、甘酸っぱさもクドく無く、山椒の爽やかなシビレ感を楽しめる。実に美味い酸っぱ甘シビのあっさりつけダレである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めに揚がり、コナムチとした食感がイイ。中華麺タイプの麺が、あっさりとした酸っぱ甘シビのつけダレとも良く合う。なかなか美味い麺である。1.5玉であったが、もう少しあってもイイくらい。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。サクッとしたやや硬めの食感で、薄甘醤油ダレが滲みた味付けが良く、豚肉の旨味が味わえる。メンマは削り節の風味の香る甘醤油味付け、柔らかなコリコリの食感がイイ。ノリの磯風味は良好。刻みネギは多めに浮き、良好なネギ薬味感を発揮している。

最後にお楽しみのスープ割り。ところが「割りスープはやってないです」と言う事。勿体ないのでそのままちレンゲでびりちびりとイク。底にはジャミった山椒の黒粒が認められ、最後まで爽快なビリビリシビレ感を楽しめる。

スープ完飲。松本でのゲンバ仕事での昼ラーに突撃したこちらの店での「酢・山椒つけ麺」。それはこちらの「酢・山椒らーめん」のつけ麺版で、さっぱりとした甘酸っぱい醤油ダレに香る爽やかな山椒のシビレと香りを楽しめるつけ麺で、最後まで山椒でのスパイシーさを楽しめた。「酢&山椒」の味わいをラーメンとつけ麺で楽しめるのがイイではないか、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「つけ麺(凄平麺) (大盛り:無料)」@らぁめん りきどうの写真10月某日、夜、本日は名古屋への出張帰りにチョイと課題を残していた岐阜のラーメン店のリベンジ攻略を試みる。一軒目の「丸デブ 総本店」からチョイと時間を置いて連食突撃したのはこちらの店。

こちらの店も以前の大垣帰りの途中、気になるつけ麺目当てで岐阜駅から徒歩行軍の末、夜の部閉店で爆砕した過去のある因縁の店。今回は流石に徒歩行軍はキツイのでバス乗車にて突撃する。

17:20着、シャッターズ、開店と同時に入店、券売機(メニュー写真)にて狙いの‘つけ麺(凄平麺)’(830円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客4名。「大盛り無料」なので、連食であるが珍しい麺であるからしてこれでイク。

奥に製麺機がある店内は香ばしい醤油と鰹節の香りが漂っている。メニュー表(メニュー写真)を見ながらスタンバる。私の持つ情報では、こちらの店では何と言っても「つけ麺」で、その選べる麺(太麺・細麺・凄平麺・小平麺)の中でも、インパクト十分の「凄平麺」が目当て。今回漸く突撃成り、期待は高まる。そして待つ事10分、着丼。

ビジュアルは、超幅広な麺が盛られた麺皿と、醤油のつけダレには一味唐辛子が混じっており、ブロックチャーシュー7~8個、メンマ、微塵切りネギが認められる。噂には聞いていたが、超幅広麺は実際目の前にすると思った以上のインパクトがあるわ。

早速麺を浸してガシッとイク。表面にうっすらとオイル膜の張るつけだれは、ガラだしのあっさりとした動物感がベースにあり、節系魚介の風味が潜行している。この魚介風味にはしっかりとした出汁感あってイイのである。合わせられたカエシは塩分濃度はやや高めも、濃口醤油のコクと味醂系のクドさの無い甘味に、一味唐辛子での適度な辛味とまろやかな酸味がバランス良く融合している。魚介がふわりと香り、さっぱり、プチ・スパイシーな実に美味い和風醤油のつけダレである。

麺は長さは25cmくらいで幅5cmはある超幅広麺。茹で加減丁度良く、ピロピロとしたうねりが入り、表面はツルモチ、一本一本つけダレにどっぷりと浸してイク。つけダレも適度に絡み、小麦の味わいを咀嚼出来る。ここまでの幅広麺は勿論人生初体験で、食感、味わい共に期待通りの実に美味い麺である。「大盛り」の麺量も適量。

具のチャーシューは豚ロースのブロック状の塊がゴロンゴロンと入っている。醤油ダレの薄味付けが良く、柔らかくてジューシーな豚肉の旨味が口内にほとばしる。実に美味いチャーシューである。メンマは醤油ダレの滲みたコリコリ食感、これも美味い。微塵切りネギも良好な薬味感を演出している。

最後にお楽しみのスープ割り。魚介出汁で割られてまろやかになったスープを完飲。「丸デブ 総本店」に続き、岐阜での課題であったこちらの店での「つけ麺(凄平麺)」。それは何と言っても見た目のインパクト十分な凄平麺が期待通りの食感と味わいで、魚介の香る和風醤油のつけダレとも相性バッチリで実に美味かった。チャーシューも何気に美味く、隣のあんちゃんが食っていた「つけ チャーシュー」のボリュームも凄い!機会があれば食ってみたいものだ。何れにしろ先の「丸デブ 総本店」同様、こちらも私的ラーメン史で印象に残るつけ麺であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「嘉六つけ麺 (中盛:同価格)」@つけ麺丸和 名駅西店の写真9月某日、夜、本日は名古屋での日帰り出張の後、帰りの「しなの」の出発まで時間があるので夜ラーに「麺家 獅子丸」に突撃。その後、腹に多少の余裕があったからして連食に突撃したのは近くのこちらの店。

「つけ麺丸和」と言えば、以前「つけ麺 丸和 尾頭橋店」への突撃経験があるが、こちらは初。その時にはウリの「丸和つけ麺」を食ったので、今回はもう一つの気になるつけ麺でイクつもり。

18:00着、先客2名、券売機(メニュー写真)にて、件の品である‘嘉六つけ麺’(770円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客4名。おニーさんに券を渡す時、麺量を問われる。聞くと、「並盛(220g)」「中盛(300g)」、更には平日は夜も昼も「大盛り(400g)」まで「無料」、と言う事。流石に連食後での「大盛り」はキツいが「中盛」ならイケそうなのでこれで注文。

この「嘉六つけ麺」、能書きでは「ほのかなかつおだしがかおる、あっさりとした昔ながらの味わいです」とある。良く判らんが「嘉六」とは本店「つけ麺 丸和 春田本店」(未訪)の関係者らしく、尊敬の念を込めて名付けたらしい。あの「ラーメンの神様」とも縁がある模様で、壁には写真が貼ってある。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、刻みノリの乗った麺皿と、醤油のつけダレには、チャーシュー、メンマ、ナルト、刻みネギが認められる。つけダレの器は「つけ麺 丸和 尾頭橋店」同様、石焼き鍋で熱そうだ。

早速麺を浸してガシッとイク。石焼き鍋のスープは煮立ってはいないもののアツアツ。シャバ系であっさり目のガラだしスープは適度な動物感があり、うっすらと魚介も漂う。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はかなり薄味でそのまま飲んでも差し支えないくらい。割とシャープな醤油のコクに、酸っぱ甘辛なテイストはどこか「大勝軒」を思わす。しかしながら、まろやかな酸味と唐辛子の辛味は良いのであるが、砂糖由来の甘味が強く出過ぎに感じられる。私的にはもうチョイ抑えた方が好みか。

麺は断面平べったいほぼストレートな平太麺。茹で加減やや硬めが良く、水で良く〆られてツルツル、ムチムチとした食感は、滑らかなコシも伴っていて実にイイ。小麦の風味も味わえる。実に美味い麺である。「麺クイオヤジ」としては連食ながらも「中盛(300g)」の麺量も問題無くイケる。

具のチャーシューはなかなか厚みのある豚バラチャーシュー。スープ熱でアツアツの柔らか。醤油ダレでの味付けも美味い。メンマは塩っ辛い味付けのコリコリ食感。つけダレが甘いのでしょっぱさが映える。ナルトはあるだけである種の懐かしさを覚える装備。刻みネギの薬味感はまずまず。刻みノリも麺に磯風味が絡んでイイ。

スープ割りはそのままでもイケる濃度であるので薄めずにイク。名古屋への日帰り出張の夜ラー連食で突撃したこちらの店の「嘉六つけ麺」。それはアツアツの酸っぱ甘辛な醤油のつけダレに、滑らかツルモチの平太麺でのコンビネーションのシャバ系魚介醤油つけ麺。麺が美味くてイイのだが、つけダレの甘味が名古屋のつけ麺に多い様にチョイと強めの印象。もう少し甘味が抑えられればイイのに、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 (大)2玉」@さくら食堂の写真8月某日、昼、本日は午前中オフィスにてデスクワークの後、午後からは諏訪地区の巡回へ。諏訪地区での昼ラーに幾つかの候補から選択したのはこちらの「ラーメン食堂」。

好みの豚骨系のラーメンの印象がすこぶる良好で、諏訪地区での私的赤丸急上昇店。諏訪「麺屋さくら」のDNAを引き継いだ豚肉中心のラーメンが特に好印象。今回は初の「つけ麺」狙いでの突撃をかける。

13:45着、先客15名くらい、カウンター席に着座、後客3名。取りあえずメニュー表を一読、予定通りに「つけ麺」を激腹ヘリであるからして‘つけ麺 (大)2玉’(880円税込)でイク事にする。

今回の品、写真は無いが「濃厚な豚骨スープに程よい酸味が効いたパンチのあるつけ麺」と言う能書きが。勝手に想像するにウリの「すた麺」の様な豚バラ肉満載のつけ麺をイメージする。店内は市内の大学生の集まりだろうか?結構賑やかに盛り上がっている。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、麺のみ盛られた麺丼と、濃厚そうなつけダレにはサイコロチャーシュー2~3個、油揚げ、刻みネギが認められる。つけダレがかなり少な目。ビジュアルは想像と違って意外とシンプルだった。

早速麺を浸してガシッとイク。軽粘度のトロミのあるつけダレは如何にも豚骨ベースであるまったりとした濃厚な豚豚感が詰まっており、ふんわりとした魚介の風味が後追いして来る。合わせられた醤油のカエシはチョイショッパーながら、濃厚な豚骨をしっかりと支えている。甘味、酸味もあるが、然程突出しておらず、酸っぱ甘辛なバランスはイイ。但し、つけダレが少ないので、あまりどっぷり浸け過ぎると、大盛り故に終盤無くなりそうで、チョコンと浸けながらイク。美味い豚骨魚介のつけダレではある。

麺は断面長方形のほぼストレートな平太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、冷水で〆られた麺はコシがあり、弾力のあるツルムチとした食感がイイ。こちらのラーメンの麺もそうであるが、自家製麺特有の小麦の風味と味わいが香る麺で実に美味い。

具のチャーシューは豚バラのサイコロチャーシューで、チョイショッパーな味付けながらも、豚肉の旨味を味わえる。油揚げは刻みで、つけダレを吸って濃厚な味わい。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にお楽しみのスープ割り。やはり僅かしか残らなかったが豚骨スープで割られてフィードバック。適度に割られて結局完飲。最近の諏訪地区での赤丸急上昇店での「つけ麺」。それは濃厚な豚骨をベースにライトな魚介が交わった豚骨魚介のつけダレに、自家製麺の平太麺でイクつけ麺。装備がややシンプルであるが、兎に角、小麦の香る自家製麺が殊更に美味かった。ただ、やはりもう少し装備に華があればイイのに、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「濃厚つけ麺 (大盛:無料) +味玉:クーポン券」@カナヤマ55の写真8月某日、昼、本日は午前中は松本オフィスにてデスクワークの後、その後名古屋オフィスへの出張。金山駅で下車、昼ラーを食っていなかったので突撃したのはこちらの店。

中京地区で展開する「フジヤマ55」のグループ店らしい。以前は飯田にも「信州55 フジヤマ外伝」があったが、撤退。久しぶりにウリの「つけ麺」でイクつもり。

14:10着、先客5名、カウンター席に着座、後客6名。早速券売機(メニュー写真)にて狙いの‘濃厚つけ麺’(820円税込)をプッシュ。更に〇べログのクーポンで「味玉」をトッピング。この品、「普通」と「大盛」が選べるので当然の事ながら「大盛」で。

おニーちゃんに券を渡す時、「ご飯」の有無を問われるが、パス。こちら「フジヤマ55」の基本システムとしてつけ麺の〆の雑炊用としてライスと生卵が用意されているのであるが、今回「大盛」としたし、そもそもご飯があまり好きでは無いからして止めとく。よって卓上にセットのIH調理器は今回出番無し。そして待つ事分、着丼。

ビジュアルは、麺のみ盛られた麺丼と、豚骨魚介のつけダレには、サイコロチャーシュー、メンマ、魚粉、刻みネギ、そして味玉が認められる。器はIH調理器の仕様を想定してのステンレス製。

早速麺を浸してガシッとイク。つけダレが浅く、チョイと麺と絡みづらい。茶褐色のつけダレは軽度のとろみがあり、ベースは豚骨と思われるクサミの無いまったりとした動物感が味わえる。同時に節系魚介も漂うが、魚粉が溶け込んで来るとこちらがやや優勢となるテイストに。カエシの塩分濃度はやや高め、そこに若干の酸味とチョイと強めの甘味が交差する。確かに流行りの濃厚豚骨魚介のテイストではあるが、私的にはチョイと甘味が強めに感じられる。まあ、美味いつけ麺ではある。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、水で〆られてのプリプリ、ムチムチとした食感はイイ。麺量もまずまずであるが、チョイと水切りが甘い。美味い麺である。因みに厨房には「林製麺」の麺箱が認められた。

具のチャーシューは、好みの脂身が多めなサイコロチャーシューで大小合わせると10個近くが認めらる。やや濃い目の味付けであるが、兎に角脂身がジューシーで実に美味い。メンマはサクコリ。魚粉は前記の如く豚骨の中に節系魚介の風味を拡げて来る。刻みネギの薬味感はやや弱い。味玉は普通に美味い。

最後にスープ割り。セルフでポットがセットされているコーナーに出向いて適度に薄める。緩やかな出汁スープで割られ完飲。名古屋への出張での昼ラーに食ったこちらの「55系」での「濃厚つけ麺」。それは流行りの濃厚豚骨魚介つけ麺で、チョイと私的には甘味が強かったがまずまず美味かった。今回は卓上のIH調理器での〆の無料のライスと生卵での雑炊はパスしたが、このサービスを考えるとCPは良好なつけ麺ではあると思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 特盛(2玉(460g)) :冷盛り ※㋗で500円」@ちゃーしゅうや武蔵 イオン南松本店の写真8月某日、昼、本日は金曜日のみ飛び石となった実質9日間の盆休みも終わり、楽しいお仕事が待っている。午前中はオフィス仕事、午後から諏訪に向かう途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

ショッピングセンター「イオン南松本」のフードコートにある新潟発祥のチェーン店。いつかの新聞広告のクーポン券で「からし味噌ラーメンorつけめん」が500円になるので使っておく。

13:40着、フードコート内先客たくさん、カウンター席に着座、後客たくさん。そしてブースカウンターの並び5名に接続、件の新聞広告の‘つけめん’(740円税別)が500円になるクーポン券を示して注文する。

この「つけめん」、「選べるボリューム“同一料金”」と言う事で、「並盛」「大盛」「特盛」から選べる模様。ここはハラヘリであるからして「特盛2玉(460g)」で。更には「冷もりorあつもり」も選べるからして「冷もり」でイク。そしてブザーを渡されスタンバる。待つ事8分、ブザーが鳴ってカウンターへ。

ビジュアルは、麺のみ盛られた麺皿と、濁りのある醤油つけダレには、チャーシュー、半味玉、メンマ、モヤシ、ナルト、ホウレンソウ、ノリ、刻みネギが認められる。デフォでもそれなりの装備が揃っている。

早速麺を浸してガシッとイク。擦りゴマ?の浮くつけダレは、シャバ系ながらガラだしでのそれなりの動物感と、ふわりと漂う魚介感が共存したあっさりとした味わいで、マイルドなコクがある。合わせられた醤油のカエシにはライトな醤油感があり、塩分濃度はやや高め。そこにピリ辛スパイシーさと僅かな甘味と酸味が加わっている。そして具材のモヤシからの「モヤシ出汁」的なテイストも見え隠れしたりする。なかなか美味い魚介醤油のつけダレである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減やや硬めで、冷水で〆られツルモチとした食感がイイ。今回の「特盛」は「2玉(460g)」という事であるが、麺の下にはすのこが敷かれ、所謂上げ底となっているので、量的には見た目ほどのポリュームは無い。しかしながら麺クイには同一価格はウレシイ。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー。小ぶりであるが「ちゃーしゅうや」だけあって味付けも良く、流石に美味いチャーシューである。半味玉がデフォで付くのはイイ。普通に美味い。メンマは薄味付けのサクサク食感。モヤシは多めにあり、前記の如くモヤシ出汁にもなっている。ナルトはあるだけで好感持てる装備。ホウレンソウは箸休め。ノリの磯風味はやや希薄。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にお楽しみのスープ割り。カウンターまで器を持っていくと、別の器にて刻みネギが添えられて供される。ガラだしのスープで、適度に割り入れて楽しむ。残った素のスープもまんま飲み干す。

もちろん完飲。ショッピングセンターのフードコートにあるこちらの店で、クーポン券で500円になった「つけめん」をイッたが、ほんのりと香る魚介のあっさり醤油のつけダレにはデフォでもなかなかの装備が整っており、魚介醤油のテイストも悪く無い。加えて「特盛」まで同一価格と言う事もあり、「麺クイオヤジ」としては満足出来るつけ麺であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定?】魚介豚骨つけめん +味玉:サービス券」@豚骨醤油ラーメン まじめ家の写真8月某日、夜、本日は松本の某家電量販店に10年間壊れていて使用不能だったエアコンを買い替えに行った後、ヨメは友達と出かけているからして昼の「おおぼし 松本桐店」に続き、夜ラーに。突撃したのはこちらの店。

安曇野農免ラーメンロード沿いに今年の2月に突如オープンした「横浜家系」がウリの店。「家系」は地元の甘露醤油仕様のスープが出色の出来で、あっさり系の「中華そば」も好印象。今回は再び「家系」狙いの突撃。

19:15着、先客14名、券売機に新メニュー(メニュー写真)を発見、初の「つけ麺」と言う事で予定変更し、‘魚介豚骨つけめん’(850円税込)をプッシュ、カウンター席満席で「相席になるかもしれませんが」と言う事でテーブル席に着座、後客5名。食券と共に「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」をトッピする。

その後、カウンター席が空いたのでそちらに移動、スタンバる。今回の品、「厳選8種の節!」と言う事だが、メニューボタンには無く、同価格の「ラーメン中」のボタンを、という事。もしかしたら「夏季限定」かもしれん。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、メンマ、ノリ、そして半味玉2個が乗った麺丼と、豚骨魚介のつけダレには刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。細かな節粉の混じった中粘度のつけダレは「厳選8種の節!」と言う謳いであるが、確かに節系の魚介感はあるが、駄舌ではそこまでの複合した香りは判らん。むしろ豚骨の動物感が先行、後追いで節系魚介が付いて来る。合わせられたカエシは醤油がキリッと締まり、かなり濃厚ショッパー。しかしながら過剰な酸味、甘味が無いのが私的好みでイイ。豚骨感、魚介感のバランスが良く、カエシのショッパーさにパンチがある美味い豚骨魚介のつけダレである。

麺は断面長四角のゆるいウェーブのかかった平太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、冷水で〆られてコシがあるツルモチとした食感がイイ。やや強めのつけダレにも対峙している。美味い麺である。麺量はデフォで250gくらいか?

具のチャーシューは豚ロースのレア・チャーシュー。しっとりとしたレアな肉質感が残り、薄塩の味付けも豚肉の旨味を生かしている。実に美味いチャーシューである。ホウレンソウも歯応えがあり美味い。メンマは鰹節が和えられ、柔らかコリコリ。これも美味い。ノリはパリッと磯風味が濃い。半味玉はゲル状の黄身が濃厚で美味い。刻みネギの薬味感は良好に効いている。

最後にお楽しみのスープ割り。「あっさりとこってりが出来ます」という事で「こってり」で。ややショッパーなスープもまったりとした豚骨スープで適度割られてフィードバック。

もちろん完飲。「横浜家系」がウリのこちらの店でイッた「魚介豚骨つけめん」。それはこちらの「横浜家系」のスープをベースに「厳選8種の節!」を加えた、単に「横浜家系風」つけ麺では無く、仄かな魚介が加わったチョイとショッパーな豚骨魚介つけ麺で美味かった。特にボリュームのあるレアチャーシューを始めとする装備も充実しているのがイイ。これはレギュラーメニューとして残して欲しいモノである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「【限定】濃厚つけ麺 (大盛り(麺2玉))」@テンホウ 松本渚店の写真8月某日、昼、本日は松本でのポリコムを使った全社朝礼。その後のテレビ会議が長引き、午後イチからのスカイプ会議の合間の昼ラーに同僚たちと突撃したのはこちらの「テンホウ」。

12:00着、先客12名、3人してテーブル席に着座、後客15名以上。取りあえずメニュー選定、別メニューの初お目見えの「期間限定」である‘濃厚つけ麺’(780円税込)が美味そう。(メニュー写真)

デフォでも「1.5玉」という事であるが、腹ヘリなのでこれを「大盛り(麺2玉)」(100円)で注文する。他の二人もこれに追随する。この品、「濃厚魚介ベースにがっつり太麺!」と何ともシンプルな謳い。しかしながら見た目が魚粉の山があったりしてチョイと初期の「六厘舎」っぽくて良さげ。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚が乗った麺皿と、豚骨魚介のつけダレには味玉、魚粉、ノリ、刻みネギが認められる。魚粉はノリに乗って無いので、湿っている。

早速麺を浸してガシッとイク。所謂「豚骨醤油」ベースのつけダレで、「濃厚」とはあるものの、粘度は高いものでは無く、サラッとした口当たり。しかしながらこちらのデフォの「つけ麺」に比べると、動物系のコクが加わり、魚粉の効果も加わって動物系、魚介系の“濃度”は高い。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高め。そして酸味と甘味を排したテイストは、魚粉の香りをストレートに楽しめて私的好みの味わい。なかなか美味い豚骨醤油のつけダレである。

麺は断面長四角のゆるいちぢれの入った平太麺。前回食ったデフォの「つけ麺」と同じ麺で、冷たく〆られ、ツルツル、パツパツとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。やはり「大盛り」とするのがボリュームが増してイイ。

具のチャーシューは好みの豚バラチャーシュー。薄醤油ダレの味付けがシンプルで美味い。味玉がデフォで装備されているのがイイ。うすあじつけでこちらも美味い。前記の如く魚粉がなかなかの効果を発揮、つけダレ全体をコントロールしている。ノリの磯風味はまずまず。刻みネギの薬味感は良好に効いている。

最後にスープ割り。例によってカップに入って提供される。和風の魚介ダシで、適度に割って完飲。いつものテンホウで初めて出会った「濃厚つけ麺」。それは柔らかな動物系スープをベースに魚粉効果での節系魚介の風味を効かせ、デフォに比べると「濃厚」な味わい。酸味と甘味を抑え、魚粉の風味が強めに効いたテイストは私好み。これなら通年提供でも食ってみたい良品である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 69件

「冷ざるらーめん(四季) (めん大盛)」@麺処 金太郎の写真7月某日、昼、本日は朝イチから塩尻のゲンバで同僚と共に撤収作業。その後、機材を倉庫に戻した後、同僚のリクエストで昼ラーに突撃したのはこちらの店。

「麺処」とは言うものの、豊富な種類を擁する麺類の他にも、セットラーメン、定食、丼物を揃えてある地元でも人気の食事処。あっさりとした「ラーメン」は懐かしい昔ながらの味わいで私も好み。

12:00着、先客15名くらい、二人してテーブル席に着座、後客10名くらい。取りあえずメニュー表を検討。チョイと目に止まった‘冷ざるらーめん(四季)’(700円税込)が気になる。そこでこれを「めん大盛」(100円)でイク。

こちらの品、(四季)とある様に通年提供されている模様であるが、気が付かなかった。我が家の家訓は「暑い夏は熱いラーメンをもって制する」であるが、たまにはシンプルな「ざるラーメン」もイイではないか。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、メンマ、刻みノリが乗ったざると、白濁したつけダレの器で供される。実にシンプルな見た目ながらも、ざるの風情がイイではないかい。

早速麺を浸してガシッとイク。つけダレは冷たく、非常に滑らかでサラッとしたゴマがメインで、駄舌故に定かでは無いがクルミあたりもミックスされていそうだ。それらがクドさの無い甘酸っぱい酢醤油ダレで纏められ、クリーミーなコクに満ちている。シンプルな清涼感がイイのである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減丁度良く、冷水で〆られてコシがあり、ツルツル、モチモチとした食感がイイ。シンプルなゴマダレで、さっぱりとイクには最良の麺。大盛にした麺量も丁度イイ。美味いのである。

具のメンマは塩味が強めで、チョイとショッパーな醤油味付け。コリコリとした食感が良く、つけダレの甘酸っぱさに良い対比の品。刻みノリは磯風味の薬味、シンプルでイイ。

もちろん完食。撤収作業の軽労働の後の昼ラーに突撃したこちらの店での「冷ざるらーめん」。それは肉っ気は無く、冷たく〆られた中華麺をメンマと刻みノリのシンプルな薬味を添えて、甘酸っぱいゴマダレでイク、夏向きのシンプルな一品。どちらかと言えばハイカロリーなラーメンが続く中、たまにはこんなシンプルな一杯もイイもんだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件