なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

チャーチル・クロコダイル

男性 - 長野県

ラーメンと映画と’80の洋楽、スキーに新生横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するちょいワル風オヤジかな?

平均点 84.759点
最終レビュー日 2019年3月25日
2,830 1,227 9 3,305
レビュー 店舗 スキ いいね

「もやしあんかけラーメン ※クーポンで500円」@勝園の写真3月某日、昼、本日は昨日に続いての松本でのゲンバ仕事。世間ではひな祭りの日曜日であるが、娘2人も大きくなったのであまり関係は無い。お雛様を飾ったあの頃が懐かしいわ。そして昼ラーに突撃したのはこちらの店。

名付けて「島内中華トライアングル」の一角を占める大陸系の中華料理店。こちらの店もグルメ情報誌「どうずら」でワンコインのお得な一杯が食えるので突撃してみる。

14:10着、先客10名、テーブル席に着座、後客無し。早速カワイイおねーちゃんに「どうずら」で‘もやしあんかけラーメン’(780円税込)が500円になるページを示して注文する。日曜日ともあって家族連れ客の車で、狭い駐車場は満車状態。何とか一台滑り込めた。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、餡かけの豚肉、モヤシ、ニンジン、タマネギ、ニラ、キクラゲが、醤油スープに乗っている。

スープから。あっさりめのガラだしスープに、甘辛醤油の醤油スープがベース。そこにうっすらとゴマ油の風味が香るモヤシ中心の餡かけからの旨味が溶け出して来る。餡かけは緩めなのでゆるやかなトロミのある野菜の旨味が、まろやかな甘味を伴った醤油スープと融合している。塩分濃度は適宜で甘辛な醤油の味わいと野菜の旨味が一体化している。なかなか美味い醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水のある麺で、茹で加減やや硬めが良く、パツパツ、モチリの食感がイイ。取りあえずスタンダードな中華麺である。

具の餡かけの豚肉は細切りのバラ肉、トロミに包まれ旨味がある。モヤシはこの一杯の主役、シャキシャキの歯応えが残っていて美味い。ニンジンは甘味が出ている。タマネギも少量だがこちらも甘味が出ていてイイ。ニラはしんなり。キクラゲは柔らかコリコリ。

スープは少しだけ残し。松本でのゲンバ仕事での昼ラーに、「どうずら」でのワンコインラーメンを求めて突撃したこちらの店での「もやしあんかけラーメン」。それは主役のモヤシがそこそこ入ったゆるめの餡かけが甘辛な醤油スープにかかった安定の一杯。こちらでもワンコインでお得なラーメンにありつけた、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾刀削麺 ※ライスサービス ※クーポンで500円」@台湾料理 鑫茂の写真2月某日、昼、本日は朝イチから我がチームのおねーさんと共に諏訪のゲンバ始動の肉体労働。その後、おねーさんと別れ、一旦松本のオフィスに戻る途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

ここ何年かで中信地区に増殖しつつあるあちら系台湾料理店のひとつ。こちらもグルメ情報誌「どうずら」でチョイと気になる一杯をワンコインラーメンを提供しているので突撃してみる。

14:10着、先客4名、カウンター席に着座、後客無し。取り敢えず「どうずら」では「台湾刀削麺」と「坦々メン」の2種類から選べるが、ここは‘台湾刀削麺’(650円税別)が500円になるページを示して注文する。

コーヒーも一杯サービスなのでセットして、メニュー表(メニュー写真)を見ながらスタンバる。この手の店の例に漏れず、メニュー数はメチャ多い中、「手作り刀削麺」がチト珍しい。今回注文した一杯もこれに含まれる。刀削麺と言えば麺生地の塊から包丁で鍋の中に削ぎ落として茹でるアレ。厨房は見えんがそのパフォーマンスをしているのか?そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、挽き肉味噌、モヤシ、ニラが、台湾醤油スープに乗っている。そして何とライスが供されるではないか!「どうずら」を良く見ると「小ライス付き」とあった。

スープから。極々あっさり目のスープはガラだしベースと思われるが、あまり動物系の出汁感は無い。合わせられたカエシは塩分濃度は適宜で、穏やかな醤油の口当たり。課長のウマミも強めに効いている。そこにうっすらとラー油も張られてのピリ辛さと、八角あたりの中華香辛料の香りも立ち、チョイとエスニックスパイシーなテイスト。まずまずに美味い台湾醤油スープである。

麺は幅1cm程のねじれとちぢれのある平太麺。白っぽく、麺に不規則な厚みがあり、見た目は平太のきしめんの様だ。茹で加減はやや硬めで、ゴワついたモッチモッチとした食感が実にイイ。小麦の味わいもうどんに近い。麺も長めであのイメージする刀削麺とは違うのだが、実に美味かったりする。

具の挽き肉味噌は豚挽き肉とニンニク、タカノツメが和えられ、プチスパイシーでなかなか美味い。モヤシはシャクシャク、そこそこあってイイ。ニラも多めで薬味としても成立していてイイのである。

想定外のライスは私的には半ライスなどでは無く多めで、やはり半分残し。だいたい白飯は嫌いであり、若い時分でもメシ時は茶碗一杯だけで、お代わりなんぞはした事が無い。

スープは挽き肉をサルベージしているうちほぼ完飲。「どうずら」でチョイと珍しい「刀削麺」狙いで突撃したこちらの店での「台湾刀削麺」。それはチョイとエスニックスパイシーな台湾醤油スープに、チョイとイメージの違った「刀削麺」を合わせた「台湾ラーメン」。その台湾スープは兎も角も、刀削麺かどうかは疑わしいが、よじれのあるモッチモッチとした平太麺は、どこか手ごねうどんの様な味わいがあり美味かった。機会があれば、もう一方の「坦々メン」で試してみたい。但し、ライスはパスだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉揚げラーメン ※特製豆板醤カスタマイズ」@テンホウ 松本渚店の写真2月某日、昼、本日は松本のオフィスにてミーティング。午後からはスカイプでの全国会議を控えているからして同僚と昼ラーに突撃したのはまだ50円引き券が使えるこちらの店。

11:35着、先客15名くらい、三人してテーブル席に着座、後客15名くらい。早速メニュー検討、今日もチョイとさぶいので味噌ラーが良さげ。そこでオバちゃんに「肉揚げ味噌ラーメン」を注文する。

「大盛り」は東京での散財もあるし、腹回りも気になるからしてダイエットも兼ねて回避する。待つ事6分、着丼。しか~し、オバちゃんが持って来たのは‘肉揚げラーメン’(570円税込)。「あれ~?俺が頼んだのは味噌だけど~」に「ごめ~ん。作り直すよー」。しかしそこは大人の対応で「もったいないから、いいわー、これで」。味噌の代用で卓上の豆板醤でイッテみる。

ビジュアルは、肉揚げ、ワカメ、モヤシ、刻みネギ、そして特製豆板醤が、醤油スープに乗っている。

始めから豆板醤を溶いてスープから。実はこちらの醤油スープはガラだしのあっさりベースに、まろやかな醤油のカエシで、正直、私的にはインパクトが薄いのであるが、この特製豆板醤を溶き入れる事で旨辛スパイシーさが劇的にあっさり醤油をリカバリー。辛味のみならず特製豆板醤の塩味も補強され、あっさり醤油にはっきりとした輪郭が生じ、なかなか美味いスパイシー醤油となってイイのである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中細麺。茹で加減は丁度良く、モチモチ食感がイイ。いつものスタンダードな中華麺である。

具の肉揚げは豚ロース肉の唐揚げで、豚肉はやや硬めであるが、揚げたてのアツアツ、味の付いた衣の片栗粉がスープを吸ってトロトロで美味い。ワカメは何気に好みの品、好きなのである。モヤシはシャクシャク。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープは少しだけ残し。いつもの「テンホウ」での昼ラーで「肉揚げ味噌ラーメン」を注文したのであるが、手違いで出て来たのは醤油ベースの「肉揚げラーメン」。私的には「テンホウの醤油ラーメン」はイマイチなので、必殺技の特製豆板醤でのスパイシー味変でイッタのだが、これが正解。初の醤油スープへの豆板醤味変であったが、劇的に旨辛スパイシー醤油となり、肉揚げも美味くて満足出来た。やはりこの特製豆板醤、使えるのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 74件

「つけそば +味玉:タイムサービス」@中野大勝軒の写真2月某日、夕、本日は娘1号と「中野ブロードウェイ」のカオスの世界に潜入。別に私はこの手のヲタクでは無いのだが、学生時代以来の突撃であまりの様変わりに驚く。そして信州帰還前の夕ラーに突撃したのはこちらの店。

こちらの店、あのラーメンの神様、山岸様が修業時代に賄いとしていたつけそばを常連客に乞われてメニュー化したと言う、言わばつけ麺の源流店。10年ほど前に突撃も定休日でフラれているのでリベンジ突撃する。

17:25着、先客3名、券売機(メニュー写真)にて勿論ここは‘つけそば’(590円税込)をプッシュ、二人してカウンター席に着座、後客3名。それにしても「つけそば」のメニュー数が思いの外、多くて目移りする。

こちらの店、昭和26年創業との事。今更であるが、ラーメンの神様・山岸一雄様は信州は中野市生まれ。こちらの「中野大勝軒」の創業者も信州出身と言う事で、信州とつけ麺は何かと所縁があるのである。「東池袋大勝軒」は本店を始め何軒か食っているが、こちらの源流の味は如何に?そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、麺のみもられた麺皿と、醤油のつけダレには短冊チャーシュー4~5個、メンマ、ノリ、刻みネギ、そして半味玉二個が認められる。後で判ったのだが「タイムサービス16~18時は味玉サービス」と言う事。(実際)、1号の「スペシャルつけそば」には半味玉計4個が入っていた。)

早速麺を浸してガシッとイク。ベースはガラだしのシャバ系あっさりスープで、おそらく豚ガラ、鶏ガラ混合の穏やかな動物系の旨味があり、うっすらと煮干しの香る魚介も感じられる。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度はやや高めも、スッキリとしたシンプルな醤油の味わいと塩味が活きている。そして特筆すべきは「東池袋大勝軒」の様な酸味、辛味、甘味が無いのである。特に甘味が無いのが私的には好感が持てる。ともあれ、シンプルなテイストであるが、私的にはしっかりと響く実に美味い醤油ダレである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めが良く、冷水で〆られてのライトなコシを伴うツルモチとした食感がイイ。シンプルな麺であるが、逆にその素朴な味わいが実にイイのである。

具の短冊チャーシューは豚ロースチャーシューで、チョイと塩気の効いた味付けが良く、豚肉の旨味をキッチリと味わえる。メンマも塩味が効いた醤油ダレが滲みたコリコリ食感がイイ。メンマ嫌いの1号からのメンマが増量されほぼ「竹の子つけそば」となってウレシイ。ノリの磯風味は希薄。刻みネギの薬味感はやや希薄。半味玉は薄味付けで普通に美味い。更に途中で卓上の揚げ玉を投下、これがまたコクが出て凄くイイ。

終盤になると頃合いを見計らってか割スープが金物のとっくり状の器にて供せられる。これはベースの清湯スープで適度に割って飲み干す。

もちろん完飲。中野での夕ラーに突撃した「つけ麺の源流店」であるこちらの店での「つけそば」。それはシンプルなガラだしのスープに、これまたシンプルな醤油のカエシを合わせ、良くある酸味、辛味、甘味を排した、どこか醤油ラーメンのスープを濃くした様なつけダレで太麺をイク素朴な味わいが実に美味かった。あのラーメンの神様が賄いから提供したと言われる味わいが基本となっているのであろう。してみれば、「東池袋大勝軒」の「酸っぱ甘辛系つけだれ」がこちらから出た進化系と言う事か。何れにしろ、あっさりとした醤油の塩味でイクつけ麺、私は好みである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味つけ麺 中盛り :辛味ダブル ※ひやもり」@つけ麺屋 やすべえ 渋谷店の写真2月某日、夜、本日はヒューマントラストシネマ渋谷で、若い時分は戦車乗りを目指していた私としてはどーしても観たかった「タンク・ソルジャー 重戦車KV1」を鑑賞。初めて見たKV1のそれなりの重量感に感動して腹が減り、夜ラーに突撃したのはこちらの店。

都内を中心に展開するつけ麺のチェーン店。都内のあちらこちらでちょくちょく見かけるが突撃するのは初。週末の渋谷とは言え深夜までやっているので、こんなシチュエーションには好都合。

23:25着、先客10名、券売機(メニュー写真)にて「ラー辛党」として‘辛味つけ麺 中盛り’(780円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客5名。食券を渡す時、「ひやもりかあつもり」を選べると言うので「ひやもり」でオーダー。

こちらの店、麺量を並盛(220g)、中盛(330g)、大盛(440g)の中から選べるが、夜も遅いので「中盛り」とした次第。途中で他の客が「辛味ダブル」とコールしていたので、「辛味強めで」と追加注文、「辛味ダブルでいいですか?」と問われて良く判らんので「あいよ」。後で調べると「辛味MAX」も出来たらしい。残念だ。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、麺のみ盛られた麺皿と、軽く赤みがかった醤油つけダレの中には、短冊チャーシュー4~5個、メンマ、ノリ、刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。ベースはガラだしの所謂シャバ系スープで、あっさり目の動物系の旨味と、魚介の風味が香り立つ。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜で、まろやかな醤油感がある。辛味は「辛味ダブル」でもピリ辛程度で私的にはもっとスパイシーでもイイ。また甘味、酸味はかなりマイルドであるので、あの「大勝軒」に比べると全体的にはさっぱり、まろやかな印象。

途中で卓上にセットされている刻み玉ねぎを2匙ほど投入してみる。これは事実上入れ放題で、同じく魚粉と共になかなかのサービス。ピリ辛の魚介醤油つけダレにタマネギの甘味がこれまた良く合う。ともあれ、なかなか美味いピリ辛醤油つけダレである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、冷水で〆られてコシもあり、ツルモチとした食感もイイ。後半になって気付くが水切りはかなり甘く、皿には多めの水が残っているが、逆に麺離れが良く、スルスルッと摘まめるのはイイ。麺量は中盛りとしたが、ダイエットが終われば大盛りでイキたいところ。

具の短冊チャーシューは豚バラで、味付けもしっかりとしており、柔らかく脂身がなかなかジューシーで美味い。メンマは柔らかコリコリ食感。ノリの磯風味は希薄。刻みネギの薬味感は良好に効いている。

最後にお楽しみのスープ割り。コールすると器で登場、豚ガラ魚介出汁で適度に割り入れて完飲。渋谷でのレイトショー鑑賞の後の夜ラーに突撃したこちらの店での「辛味つけ麺」。それはあっさりとした酸っぱ甘辛なシャバ系魚介醤油つけダレながらも、甘味、酸味が抑えられてさっぱりピリ辛な口当たりが良好で美味かった。大盛りまで無料なのも「麺食い」には重宝しそう。ラー辛党としては機会があれば「辛味MAX」でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「座」@京都千丸 しゃかりき murasaki 京都タワーサンド店の写真2月某日、夕、本日は二日間に亘っての大津の出張を終え、京都から新幹線で信州に帰還する。昼飯はサンドイッチ1個だけだったので、乗り継ぎの時間を利用しての夕ラーに突撃したのはこちらの店。

駅前の名所?「京都タワー」の地下にあるフードコート的スペースの一角にある店。何でも「京都千丸 麺屋しゃかりき 本店」(未訪)の支店の模様。駅チカなので都合がイイから突撃した次第。

17:25着、フードコート内先客たくさん、テーブル席に着座、後客わからん。ブースカウンターにてメニュー表(メニュー写真)チェック、中からデフォと思しき‘座’(780円税込)を注文、ブザー券を渡されたのでテーブル席に戻ってスタンバる。

地下にあるフードコートなので全体的には暗めな空間。そのスペースに、洋食、和食、中華、メキシカン、居酒屋、軽食など20店舗が立ち並び、なかなか機能的なフードスペースとなっている。ブースのカウンター席には座れなかったが、厨房は普通の店と遜色ない装備が整っており、本格的な一杯を期待出来そう。そして待つ事5分、ブザーが鳴って取りに行く。

ビジュアルは、薄切りチャーシュー2枚、メンマ、三つ葉、刻みネギが、チー油玉の浮く黒々とした醤油スープに乗っている。丼は中空ステンレス?のメタリックでチョイと珍しい。

スープから。結構アツアツ、これが中空メタリックの器効果で終盤まである程度持続する。「鶏×煮干し」と言うスープは、鶏ガラだしでのあっさりとした動物系の旨味と、ふんわり柔らかな煮干しの魚介風味がバランス良く馴染んだ清湯スープで、スッキリとしたテイスト。合わされたカエシの塩分濃度はやや高めで、黒醤油らしい独特のコクと仄かな酸味が印象的な味わい。京都での黒醤油スープと言えば近くの「新福菜館 本店」をイメージするが、それよりもコクは穏やか。しかしながらなかなか美味い醤油スープである。

麺は断面長方形のストレートな平打ち麺。茹で加減は丁度良く、ツルツル、モチモチとした食感がなかなか良好。黒醤油スープとの相性もまずまず。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは鶏チャーだとマズいので事前に確認したら薄切りの豚ロースと豚バラと言う事だったが、薄切りの豚ロースのみにしか思えん。取りあえずホロホロと柔らかで美味い。メンマは太めのサクサク食感、薄醤油の味付け。三つ葉は和の薬味感を添える。刻みネギの薬味感はまずまず良好に効いている。

スープは少しだけ残し。大津への二日間に亘った出張の帰り、京都での新幹線の待ち時間に突撃した駅チカのこちらの店での「座」。それは見た目真っ黒な醤油スープには「鶏×煮干し」の旨味が横たわり、黒醤油のどちらかと言えばまろやかなコクが味わえる一杯でなかなかに美味かった。しかしながら本店でのテイストとは差別化されている一杯の様で、こちらは中空メタリックのラーメン丼の印象の方が強かった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼きアゴ醤油麺 普通盛り」@らーめん みふくの写真2月某日、夜、本日は朝イチから大津への出張。午後からのひと仕事を終え、ホテルにチェックイン後、夜ラーに先の「ラーメン モリン」からの連食突撃したのはこちらの店。

昨年春に移転オープンした店の模様だが、情報量の極端に少ない店。何でも元和食職人の店主が営んでいる模様。正月太りでダイエット中ではあるが、ここは連食してでも是非とも押さえておきたい。

19:15着、先客6名、券売機(メニュー写真)にて左上の「焼きアゴ醤油麺」から、連食だからして‘焼きアゴ醤油麺 普通盛り’(800円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客3名。店内はまだ新しく、カウンターのみのこじんまりとしていて、どこか小料理店の様。

卓上のメニュー表(メニュー写真)を見ながらスタンバる。今回の品、能書きによると「高級出汁素材の国産焼きアゴ(トビウオ)の旨味と香りの至極の一杯!」とある。また「スープ」「タレ」「麺」にもこだわりがある模様で、このあたり如何にも和食職人らしい。期待が大である。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、ホウレンソウ、ノリ、刻みネギが、節粉の浮く醤油スープに乗っている。

スープから。こだわりによると、スープは「近江の銘柄鶏「淡海地鶏」を主軸に「京地鶏」「国産焼きアゴ」「魚粉」等を使用」と言う事。柔らかながらもしっかりとした動物系の旨味をベースに、焼きアゴでの豊潤なる香ばしさを伴った華やかな魚介風味が席巻している。加えて魚粉も魚介の風味をキッチリと底固めしている。合わせられたカエシは「滋賀県産丸中醤油」と言う事で、塩分の濃度は適宜、ふくよかな濃口醤油のコクと旨味が味わえる。野菜の甘味もクドさが無い。実に美味い和風醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減やや硬めが良く、コシのあるツルモチとした食感があり、しなやかな喉ごしも実にイイ。焼きアゴの風味を纏った醤油スープとの相性も良好。実に美味い麺である。

具のチャーシューは薄切り大判の豚ロースのレアチャーシューが2枚。スープ熱にさらされぬ様に早期に丼の縁に引っかけておく。脂身の刺しがところどころ入り、薄味付けで柔らかくしっとりジューシーな豚の旨味をたんまりと味わえる。実に美味いチャーシューである。メンマは薄醤油味付けのサクコリ食感、これも美味い。ホウレンソウは柔らか目でしっとりとした箸休め。ノリは磯風味あり。刻みネギの薬味感も良好に効いている。

スープ完飲。大津への出張の夜ラーに「ラーメン モリン」からの連食で突撃したこちらの店での「焼きアゴ醤油麺」。それはこだわりを持った和食職人の店主が繰り出す地元の食材をあしらったガラだしのあっさりスープに焼きアゴ節での香ばしい風味が立った極上の一杯。スープ、麺、装備に職人店主の拘りが垣間見られ、先の「ラーメン モリン」の昔懐かしテイストに比べると、洗練された今風の和醤油テイストで実に美味かった。情報の少ない店であったが、間違い無く大津での名店になるであろう、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン」@ラーメン モリンの写真2月某日、夜、本日は朝イチから大津への出張。昼飯は「肉食堂 最後にカツ。」でトンテキ定食「伝説のトンテキ」を食う。午後からのひと仕事を終え、ホテルにチェックイン後、夜ラーに突撃したのはこちらの店。

事前ブリーフィングではR.D.Bの大津での一位は我が苦手な鶏白湯系の店。そこで昨年の大津入りでも攻略出来なかった上位のこちらの店に単独夜間徒歩行軍にて突撃してみる。

18:50着、先客2名、券売機にてここは左上の‘醤油ラーメン’(750円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客1名。カウンター越しの厨房には店主ひとりで回しているので、券を渡してメニュー表(メニュー写真)などを見ながらスタンバる。

こじんまりとした店内の壁に貼られた能書きによると、「豚骨を丁寧に下処理して炊いた動物系のスープに三種の醤油を合わせた」とあり、「ご近所の洛東フーズさんでの特注麺」と言う事。これはローカルなテイストを期待出来そうだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、半味玉、メンマ、刻みネギ、チリペッパーが、背脂の浮く醤油スープに乗っている。

スープから。「豚骨を丁寧に下処理して炊いた動物系のスープ」は所謂豚清湯系であるが、大小の背脂の甘味も良く、あっさりとした口当たりの中にも豚の旨味とコクはしっかりと味わえる。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜で、濃口醤油のキレある旨味と深みのあるコクがきっちりと味わえる。唐辛子粉でのピリ辛さも何気にアクセント。どこか昔懐かしの中華そばのテイストがあり、凄くイイのである。実に美味い醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減やや硬めが良く、しなやかなコシもあり、ツルモチとした食感が実にイイ。深みのある醤油スープとの絡みも良好。実に美味い醤油スープである。

具のチャーシューはアンデス産豚バラと言う事。薄切りながらも2枚あり、薄味付けが良く、豚バラ肉の旨味を余すところなく味わえる秀逸なテイスト。実に美味いのである。半味玉がデフォで装備されているのもイイ。黄身がトロトロで濃厚、美味いのである。メンマは薄醤油の味付け、柔らかコリコリとした食感が実にイイ。刻みネギは青ネギのフレッシュなネギ薬味感が効いている。チリペッパーのプチスパイシーさが何気にポイント。

スープ完飲。大津への出張で昼ラーが食えんかった(しかし「伝説のトンテキ」は豚肉のボリュームもあって実に美味かった)ので、夜ラー一軒目に突撃したこちらの店での「醤油ラーメン」。それは豚の旨味が抽出された豚清湯スープに、コク深い醤油のカエシを合わせたシンプルな中にも深みのある旨味が秀逸な一杯で、地元製麺所の麺もしなやかで実に美味かった。近くにあれば通いたくなる隠れた名店だと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼豚ラーメン 並盛り」@喜多方ラーメン 磐梯山の写真2月某日、昼、本日は早朝から我がチームの3名にて諏訪の屋外のゲンバでの超肉体労働。昼には何とか形となり、単独次の岡谷のゲンバに向かう途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

こちら以前突撃時は「ラーメン弁慶」だった場所に居抜きで入った店。こちらの場所「幸楽苑」に始まり、最近はパスタ屋だったりして入り替わりの激しい場所。今回の「喜多方ラーメン」は好みなので早速突撃してみる。

13:05着、先客15名くらい、カウンター席に着座、後客3名。早速メニュー表(メニュー写真)検討、「喜多方ラーメン」と言えば「坂内食堂」を代表とする畳重ね状のチャーシューメンをイメージするので、チョイと高いが‘焼豚ラーメン 並盛り’(980円税込)でイク。

東南アジア系のおニーさんに注文、ここで「ライス無料」と言う事だが、味の無い白飯は嫌いなのでパス。メニュー表を見ながらスタンバる。こちら所謂醤油の「喜多方ラーメン」の他に、味噌ラーメンも擁している。こちらは「赤」「白」「黒」と3種類あるのでいずれ試してみたい。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルはチャーシュー11~12枚、メンマ、刻みネギが、醤油スープに乗っている。

スープから。ラードが浮き、スッキリとした動物感があるスープは豚ガラメインと思われる清湯系ベースであっさりとした味わい。合わせられたカエシは塩分濃度はやや高めながらも、薄口醤油のすっきりとした柔らかな味わい。薄口醤油らしいクリアーな旨味があり、課長のウマミもサポートしているが、我が駄舌がイメージする「喜多方ラーメン」のテイストは充分に楽しめる。なかなかイイのである。実に美味い醤油スープである。

麺は断面長方形の不規則なよじれとちぢれのある手もみ平打ち極太麺。茹で加減やや硬めが良く、極太麺でのモッチモッチとした粘着感のある食感が実にイイ。麺の不規則なよじれとねじれに喜多方スープも良く纏わりついて来る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは好みの豚バラチャーシュー。薄味付けに煮込まれた煮豚チャーシューで柔らかく、何と言っても「焼豚ラーメン」とした事で10枚以上重なっているので食い応えもある。私的にはもっと脂身があってもイイが、なかなか美味いチャーシューである。メンマは薄醤油味付けのサクコリ食感、普通に美味い。刻みネギの薬味感は控え目。

スープ完飲。諏訪から岡谷へ移動途中、いつの間にかオープンしていたこちらの「喜多方ラーメン」の店での「焼豚ラーメン」。それはちぃ~とばかし高めではあったが、好みの豚バラ肉が10枚以上重なっており、スープも如何にも私的イメージする「喜多方ラーメン」を思わすあっさりテイストで実に美味かった。こちら中南信地区で常時食える「喜多方ラーメン」の店であるからして、今度は何とか末永く定着して欲しいもんだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白醤油味玉ら~めん ※クーポンで500円」@ちゃあしゅう屋 あづみ野店の写真2月某日、夜、本日は3連休の中日、天気が良くないからして予定していたスキーは断念。ヨメと娘2号は夕方から松本まで映画を見に行ったので夜ラーに突撃したのはこちらの店。

茨城県発祥の北関東を中心に「ちゃあしゅう」をウリとしている安曇野農免ラーメンストリートの一角にあるチェーン店。こちらの店もグルメ情報誌「どうずら」でワンコインにてラーメンが食えるからして突撃してみる。

19:15着、先客20名以上、カウンター席に着座、後客8名。一応メニュー表(メニュー写真)に目を通した後、取りあえず「どうずら」で‘白醤油味玉ら~めん’(799円税込)が500円になるページを示してオーダーする。

メニュ表を見ながらスタンバる。こちら「みそ」「醤油」「とんこつ」「旨辛系」「塩」「つけ麺」からなっており、今回の「白醤油」は「醤油」に属している。白醤油とは大豆を主原料にしているのでは無く、小麦を主原料にしているので独特なまろやかなテイストがイイのである。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、味玉、メンマ、刻みネギ、フライドオニオンチップが、薄濁りのある白醤油スープに乗っている。

スープから。少しくの背脂が浮くスープベースはガラだしのあっさりとしたテイスト。合わせられたカエシは塩分濃度はやや高めながらも、醤油とはまた違ってカドの無いまろやかな甘味を伴った白醤油らしい柔らかな旨味が拡がっている。テイストは「塩」にも似ているが、コクは醤油寄りの味わいがイイ。また課長的ウマミもにぎにぎしく効いている。あっさりすっきりな中に白醤油の旨味と課長のウマミが介在したなかなか美味い白醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水のある麺で、茹で加減丁度良く、ツルモチとした食感がイイ。白醤油スープともスルッと合う。スタンダードに美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、「ちゃあしゅう」がウリだけあって「つ」の字型に湾曲したチャーシューはそこそこデカく、柔らかで薄醤油ダレの滲みた味付けが美味い。味玉も薄甘醤油が滲みていて美味い。メンマは柔らかサクサク食感、こちらも薄味付けで美味い。刻みネギの薬味感はまずまず。フライドオニオンチップは少量だが、香ばしい甘味がピンポイントで効いている。

スープは少しだけ残し。3連休の中日の夜ラーに「どうずら」片手に単独突撃したこちらの店の「白醤油味玉ら~めん」。それはあっさりとしたガラだしスープをベースにチョイと珍しい白醤油のカエシを使った一杯。醤油のコクとは一味違ったまろやかスッキリとした白醤油の味わいが立ち、課長のウマミも効いた分かり易い旨味があってなかなかの味わい。ウリの「ちゃあしゅう」も美味かった。メニューも多く、安曇野農免ラーストでも使い勝手のイイ店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件