なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

チャーチル・クロコダイル

男性 - 長野県

ラーメンと映画と’80の洋楽、スキーに新生横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するちょいワル風オヤジかな?

平均点 84.717点
最終レビュー日 2019年10月14日
3,039 1,288 9 3,688
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨ラーメン」@九州楼 吹上店の写真9月某日、本日は2日間に亘るイベントアテンドでの名古屋出張初日。会場の「吹上ホール」で午前中V.I.P3名のアテンドを終え、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

どこかラーメン屋が無いかとスマホ探索した結果、会場近くでヒットした店。当然ノーマークにしてほとんど情報の無い店であるが、近くにここしか無いからして突撃してみる。

12:50着、先客4名、先ずは壁メニュー(メニュー写真)で軽く確認後、券売機(同)にてデフォの“豚骨ラーメン”(650円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客2名。メニューには「すっぽんラーメン」はたまた「まむしラーメン」があり、ゲテモノにも対応。

店内厨房では店主のオヤっさんとおかんの夫婦?2名体制。オヤっさんが寸胴で豚骨をかき回しており、店内強めの豚骨臭が漂い、豚骨大好き「豚野郎」としては期待が高まる。この「九州楼」、かつては「九州楼本店」「九州楼総本店 テルミナ店」があった模様だが、現在はこの「吹上店」だけの模様。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー5枚、半味玉、メンマ、ノリ2枚、刻みネギが、豚骨スープに乗っている。

スープから。ラード玉の浮く豚骨スープは炊き出し感はあるのだが、豚骨のコクがイマイチ希薄。店内の豚骨臭から期待する程のブタクサーも無く、ライトな豚骨で、店内のニオイと実際のテイストのギャップに軽くあれれ?合わされたカエシの塩分濃度も適宜なので、これも信州人には全体的に「薄い」と感じられる一因に。間違い無く豚骨の炊き出し感はあるものの、豚骨濃度が薄目。さりとて豚骨のクセは味わえる豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水のある麺で、茹で加減は普通、ツルモチとした食感。私的イメージする九州ラーメン(=博多ラーメン)の様な加水のある麺では無いのがチト残念。

具のチャーシューは、薄切りの豚バラチャーシューながらも5枚あるのがイイ。薄味付けで普通に美味い。半味玉は硬めで、薄醤油の味付け、こちらも普通に美味い。デフォで付いているのはイイ。メンマも薄醤油ダレの滲みたサクコリ食感。中ぶりのノリの磯風味は希薄。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープは少しだけ残し。名古屋への出張の昼ラーに突撃した全くのノー・マークにして情報の無いこちらの店での「豚骨ラーメン」。それは店名が表す様に九州豚骨のラーメンで、店内での豚骨炊き出しもあり、それなりの豚骨感はあるものの、その濃度が店内に漂うニオイに反して薄さを感じる一杯。炊き出し感はあり、決して不味くはない豚骨ではあるが、何故か「薄い」と感じさせる不思議な豚骨スープであった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨ラーメン ※麺:カタ&葱:多め」@豪堅ラーメンの写真9月某日、夜、本日は松本でのゲンバ仕事を私用で早めに上がり帰宅する。本日もヨメは東京の娘1号のところに遊びに行っていないからして、ひとり楽しく夜ラーに。突撃したのはこちらの店。

昨年9月にオープンした割と家チカにある「京都ラーメンインスパ」とも言えるラーメン店。通し営業で店員がなかなか威勢も良く、ガッツリ派にもイケる各種セットも充実している。

19:05着、先客20名くらい、カウンター席に着座、後客6名。取りあえずメニュー検討、今回は豚骨大好き「豚野郎」として以前より気になっていた“豚骨ラーメン”(670円税別)をイッテみたい。この品、麺の硬さ、葱の量が選べるからして、それぞれ「カタ」、「多め」でイク。

こちらの店、何でもオープン一周年記念という事で、空くじなしの抽選を実施している模様。後で会計時に引いてみる。ところで、今回の一杯、「特製辛味噌だれが効く」という事で、メニュー写真で見ると辛味噌が付いている。「豚骨」でデフォで付いているのはチョイと珍しい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、モヤシ、辛味噌、「多め」とした刻みネギが、豚骨スープに乗っている。

スープから。油浮き少な目の豚骨スープはシャバッとしたサラリスープで、我が駄舌では炊き出し感を感じない、所謂ケミカル豚骨のテイスト。もしかしたら浮いた油の質感からも豚骨スープの素を使っているかもしれん。カエシダレの塩分濃度はやや高め、課長のウマミも効いている。取りあえず「豚野郎」としては好みの味ではある。

早期に件の辛味噌を溶いて再びイク。チョイとニンニクの効いた辛味噌のスパイシーがシャバ系豚骨に拡がり、旨味のあるプチ・スパイシー豚骨テイストに。この辛味噌、イイのである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。中加水の麺で、所謂博多麺では無い。茹で加減硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。こちらも安曇人が食い慣れた「山崎製麺」と思われ、安心の味わいがある。

具のチャーシューは好みの豚バラロールチャーシュー、薄味付けが良く、豚肉のジューシーな旨味が味わえる。こちらのチャーシューは美味いのである。モヤシはシャクシャク。刻みネギは青ネギで爽やかなネギ薬味感が出ている。「多め」が選択出来るのがネギ好きにはアリガタイ。

スープ完飲。松本のゲンバ仕事で昼ラーに「麺肴 ひづき」で食ったが、帰宅後の夜ラーにも突撃したこちらの店での「豚骨ラーメン」。それはほとんど炊き出し感の感じられないおそらく業務用豚骨スープの様な(間違っていたらゴメンナサイ)ケミカル豚骨テイストの一杯。チャーシューがかなり美味く、また辛味噌もイケるが、「豚野郎」としてはビミョーである。会計後のくじでは「辛子高菜」が当たった。ビミョーである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「黒豚骨ラーメン(極細麺):カタ +替玉:バリカタ ※無料」@New old style ゆいが 三郷店の写真9月某日、夜、本日は仕事を終え帰宅後、ヨメと娘2号は東京の娘1号のところに遊びに行ったので、昼にも「きまぐれ八兵衛」で美味いラーメンを食ったのだが、夜ラーにも出撃する。突撃したのはこちらの店。

信州では北信を中心に東京にも「下町中華そば すずめ食堂」(未訪)として進出している「ゆいがグループ」の中信地区唯一の店。家チカで美味い一杯が食えるのがイイ。

21:00着、先客4名、カウンターテーブル席に着座、後客無し。早速、メニュー表検討、ここは昼ラーでの「きまぐれ八兵衛」で悩んだ豚骨ラーメンをこちらでイクべく、気になっていた“黒豚骨ラーメン(極細麺)”(780円税別)にキメ。

これを麺の硬さを「カタ」、そして「替玉無料」なのでこれでイク。更にいつものサービス券で「味玉」をトッピする事に。暫くすると店主が来て「大盛り若しくは替玉とサービス券の併用が出来なくなりました」という事なので、「味玉」を撤回する。確かにその旨が壁に貼ってあった。そして待つ事3分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、紅ショウガ、刻み小ネギが、黒いマー油が張られた豚骨スープに乗っている。スープは例によってやや少な目。

スープから。「豚骨スープに香ばしい焦がし油をプラス」というスープは、件のマー油でのガーリック風味が効いたほろニガミのある豚骨テイストに覆われている。豚骨スープにマー油が合わない訳が無く、豚骨の炊き出し感のあるスープに香ばしいガーリック風味がバッチリと合う。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高めも、豚骨の旨味をしっかりとホールドしていて全く問題無し。マー油のライトなビターテイストが濃厚な豚骨スープにマッチングした、実に美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな極細麺。こちらの豚骨系に共通の加水率低めの麺で、「カタ」とした茹で加減が良く、ホギホギとした食感が実にイイ。小麦の風味も味わえる。例によって極細麺に豚骨スープが良く絡む。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、豚バラチャーシュー。片面に軽く炙りが入って香ばしく、醤油ダレの味付けも良好、豚肉の旨味が味わえて美味いのだ。キクラゲは細切りでのコリコリとした歯応えがイイ。豚骨に良く合うアイテム。紅ショウガも豚骨スープとの相性良好、さっぱりとした薬味感が効いている。刻み小ネギも爽やかなネギ薬味感を演出。

途中で予定通りに替玉を「バリカタ」でオーダー。卓上の「辛子高菜」と「フライドガーリック」をコワいヨメがいないからして多めにぶち込んで再びイク。「バリカタ」でのホキホキとした歯応えが実にイイ。「辛子高菜」の辛味も良好、多めにぶち込んだ「フライドガーリック」の香ばしいパンチもフルスロットルに効いている。今夜は安心して休める。

スープ完飲。ヨメと娘がいないので夜ラーに突撃したこちらの店での「黒豚骨ラーメン」。それはこちらの博多風の「豚骨ラーメン」にガーリックの風味の効いたマー油が垂らされた一杯で、パンチが効いたテイストが良く、無料の「替玉」時での卓上にセットされた「フライドガーリック」と「辛子高菜」での味変も楽しめた。「大盛り」と「サービス券」の併用は出来なくなったが、麺クイオヤジとしては、美味い上に「大盛り無料」は間違い無く魅力がある良店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「長崎ちゃんぽん(麺増量2倍:無料)」@長崎ちゃんぽんリンガーハット イオンモール松本店の写真8月某日、夜、本日は休日、夜はヨメがママさん会での飲み会、帰宅している娘2号は「イオンシネマ松本」で映画を観に行き、帰りに送って欲しいと言うので迎えに行く。そしてついでに「イオンモール松本」のフードコートで夜ラーとする。

こちらご存じ「長崎ちゃんぽん」の全国チェーン店。松本では「豚王」に続いて2店目の出店となる。チャンポン好きとしてはアリガタイ。

20:20着、先客たくさん、二人してテーブル席に着座、後客たくさん。2号は「凌駕IDEA イオンモール松本店」へ、私は初食となるこちらのブースへ向かう。早速メニュー表(メニュー写真)検討、ここはデフォの‘長崎ちゃんぽん’(590円税別)でイッテみる。

この「長崎ちゃんぽん」に限って「麺増量無料」という事で、「1.5倍」or「2倍」が選べるので、ここは腹ヘリ故「2倍」でイク。ブザー券を渡されスタンバる。フードコート内は週末とあってこの時間でも8割がたの入り。そして待つ事4分、ブザーが鳴って取りに行く。

ビジュアルは、豚肉、小エビ、さつま揚げ、薄切りかまぼこ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ネギ、コーン、キクラゲが、白濁したチャンポンスープに乗っている。「2玉」なのか丼はデカイ。

スープから。赤いラー油?の浮くスープは豚骨の穏やかな動物感と、具材の肉、魚介、野菜類を一緒に炒め煮込まれた旨味が融合した如何にもチャンポンスープらしい味わいがイイ。塩分濃度も適宜で、素材類の旨味を纏めている。スープは当然セントラルキッチン仕様であるが、逆にどこのリンガーで食っても安定したリンガーらしいまろやかなチャンポンスープが食えるのがイイのである。なかなかうまいチャンポンスープである。

途中で2号の「凌駕IDEA イオンモール松本店」の「ニボガッツ」から外した多めの刻みニンニクを投入。途端に穏やかなチャンポンスープにガーリックパンチが蔓延、これがまた当然の事ながらメチャメチャイケるのである。ニンニク風味のチャンポンスープも大いにアリ、である。

麺はエッジの取れた断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減丁度良く、モチモチとした食感はやはりチャンポンらしいテイストのある麺。なかなか美味いのである。「2倍」の麺量も充分である。

具の豚肉は豚小間切れ肉が少々、普通に美味い。小エビは3~4個ほど、やや硬めもイイ味出しに。さつま揚げは柔らかで、良いアクセント。薄切りかまぼこも柔らかく煮込まれて味わいがある。野菜類はいずれも甘味が出ている。キャベツ、モヤシはシャキシャキの歯応えがイイ。ニンジン、ネギ、コーンも少量ながら甘味が出ていて美味い。キクラゲはまんまの仕様、柔らかキョリキョリの歯応えがイイ。

スープ完飲。娘2号と夜ラーに突撃した「イオンモール松本」のフードコートにあるこちらの「長崎ちゃんぽん」。それは今回「麺増量無料」という事で、MAXの2倍でイッタのだが、ボリュームもさることながら、こちらの店舗でも「リンガーハット」らしい安定した味わいの長崎ちゃんぽんが味わえて満足出来た。また、イレギュラーながらも「刻みニンニク」がパンチが増して良く合った。薬味にニンニクを揃えてもイイかもしれん、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とき卵らーめん」@とき卵らーめん 大空の写真8月某日、夕、本日は午後からの名古屋での会議出張を終え、明日からの大型盆休みを楽しみに信州へ帰還。その前にこちらもお楽しみであるラーメンをイッとく。先ず一軒目に突撃したのはこちらの店。

実は1軒目は「愛ごや」にでもと思い、検索すると見つけたのがこちらの店。「愛ごや」はまだ夜営業の時間前なので、チョイと珍しい「とき卵らーめん」に釣られて突撃してみる。

17:25着、先客無し、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー表(メニュー写真)検討、ここは店名にある‘とき卵らーめん’(650円税込)でイク。「終日ランチタイム」という事で、セット物がお得だが、連食予定なので止めとく。

こちらの店、「大空」と書いて「たいくう」と読ませる模様。「とき卵らーめん」と言えばそもそも名古屋では「玉子とじラーメン」の「萬珍軒」が有名どころ。こちらの店は情報の少ない店であるが、「とき卵らーめん」がどん一杯なのか気になるところ。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、キクラゲ、ノリ、ゴマ、刻み小ネギが、溶き卵の絡まる豚骨スープに乗っている。また、紅ショウガの入った器が供される。

スープから。黄白濁したベーススープは豚骨であるが、あまり豚の炊き出し感は感じられないあっさり目の動物感が味わえる。そこに絡まる溶き卵のコクと、ふわとろな食感がなかなかのテイストを醸し出している。同時に溶き卵=かき玉効果もあってスープが結構アツアツなのもイイ。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高めも、溶き卵のコクを支えているのでイイ塩梅。ライトな豚骨の旨味と、溶き卵のコクがマッチしたなかなかに美味い豚骨スープである。

後半は紅ショウガを投入してイク。紅ショウガのかっちりとしたテイストが、溶き卵入りの豚骨スープにもバッチリと合う。豚骨スープと紅ショウガの相性の良さをここでも再認識する。

麺は断面四角のほぼストレートな細麺。博多系ほどの低加水では無く、中加水の麺である。茹で加減はやや柔らかめで、ツルモチとした食感がある。私的にはもうチョイ硬めが好み。溶き卵もしっかり絡んでいる。イイのである。メニューに「長浜ラーメン」があるが、博多麺っぽさはあまり無い。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、少しくの硬めな食感で、醤油ダレの味付けが美味い。メンマは醤油ダレの味付けの柔らかサクサクの食感、普通に美味い。キクラゲは細切りカット、そこそこの量があり、柔らかコリコリの食感がイイ。ノリの磯風味はまずまず。ゴマはプチプチと香ばしい。刻み小ネギの薬味感はプチ・爽やか。

スープ完飲。名古屋での会議を終えての夕ラーに突撃したこちらの店での「とき卵らーめん」。それはあっさり目の豚骨スープに溶き卵が絡む「博多ラーメン」で、「玉子とじラーメン」の「萬珍軒」ほどの玉子とじ感は無いものの、博多ラーメンと溶き卵の組み合わせが悪く無く、CPも良好で美味かった。但し、私的には麺がはもうチョイ加水率が高くて硬めな麺で食ってみたいところ、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+半炒飯 ※ラーメン:うま辛豚骨 太麺」@ASIAN隆康の写真8月某日、昼、本日は松本のオフィスでのスカイプを使っての全国総合朝会。その後、ミーティングとなったが、緊急事態発生でチョイとゲンバに。そのついでの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

勝手に名付けて「島内中華トライアングル」の一角を占める純国産中華料理店。味とボリュームには定評があり、今回は猛暑に負けぬようチョイとガッツリとイクべく突撃してみる。

11:40着、先客3名、テーブル席に着座、後客3名。先ずはメニュー検討、ここは「平日ランチメニュー」の中から、‘ラーメン+半炒飯’(850円税込)でイッテみる。ばーちゃんを呼んでラーメンを選べるからして、今回は「うま辛豚骨」をチョイスする。

卓上にセットされているコップでお冷を注いでスタンバる。それにしても相変わらずのミニ・カオスな店内(店内写真)、自分が若い時分になり切っていたトラヴィス・ビックルや、チェ・ゲバラ、M・モンロー、そして今目指しているレオンまでいて映画好きには堪らんな。そして待つ事11分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キャベツ、モヤシ、山盛りの朝鮮唐辛子が、ラードと背脂が張られた豚骨スープに乗っている。半炒飯には、コマ切れチャーシュー、玉子、ネギが認められ、紅ショウガが添えられる。

山盛りの唐辛子を溶かしてスープから。例によって赤どどめ色に変容した豚骨スープは炊き出し感のある豚骨のライトなクサミを孕み、コクと旨味が味わえる。多めのラードと背脂も豚豚感に拍車をかける。合わされたカエシの塩分濃度はやや高め、そこに朝鮮唐辛子の旨味と辛味が重なり、オイリーにしてスパイシーな私的理想の味わいになっている。朝鮮唐辛子の辛味は然程辛くは無いが、朝鮮唐辛子らしい独特の香りと辛味が豚骨のコクと旨味に実にマッチしている。実に美味いウマ辛豚骨スープである。

麺はエッジの取れた断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。メニュー表には「麺を太麺、細麺から選べる」という事であったが、デフォだと太麺の模様。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感が実にイイ。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシュー。柔らかくチョイとショッパーな味付けも、逆にスパイシーな豚骨スープには塩味が映えてイイのだ。キャベツはスープに煮込まれてしんなり、甘味がある。モヤシもシャクシャク。朝鮮唐辛子は今回のキモ、多めにかけられ、前記の如くのスパイシーを演出していて実にイイ。

炒飯はふっくらとしていてシンプルな塩コショーの味付けが良く、紅ショウガがイイ感じ。具材もそこそこ入っていて美味い。半炒飯ながらなかなかボリュームがあってイイ。

スープ完飲。松本での昼ラーに突撃したこちらの店での「ラーメン+半炒飯」。今回は選べるラーメンから好みの「うま辛豚骨」でイッタのだが、豚骨大好き「豚野郎」としても満足出来る豚骨の炊き出し感あるスープに、香り高い朝鮮唐辛子でのスパイシーさが合体したまさにうま辛スパイシーな豚骨ラーメンで美味かった。半炒飯もなかなかのボリュームがあり、こちらの平日ランチセットは満足出来るのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「つけ麺 並 1.5玉」@信州麺屋 きまはち商店の写真7月某日、昼、本日は未だ梅雨明けとならない7月最後の週末、急遽松本のゲンバ仕事から諏訪のゲンバ仕事に向かう事に。その途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

こちらの場所、以前は「星野ラーメン店」「きまはち家 たすろう商店」と同じグループの変遷を経ているが、現在は「きまはち商店」が移転して今に至っている。

11:30着、店内満席、中待ち2名に接続、待つ事15分、カウンター席に着座、後客10名以上。早速メニュー検討、「つけ麺」のプチ・マイブームが来ているで、こちらが「きまはち」となってからは初となる‘つけ麺 並 1.5玉’(840円税込)でイッテみる。そして待つ事10分、着丼。

ビジュアルは、麺のみ盛られた麺丼と、豚骨のつけダレには、チャーシュー、メンマ、ナルト、ノリ、白髪ネギと刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。うっすらとゴマ油の香る茶濁した豚骨スープには豚のクサミを抑えた豚骨の炊き出し感があり、動物系のコクと旨味がたんまり。そこに擦りゴマも交わり、マイルドなゴマの風味も味わえる。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜、まろやかな酢の酸味とクドさの無い甘味が重なり合っての甘酸っぱさが、豚骨の旨味と実に見事にシンクロナイズ。酸味と甘味のバランスが兎に角良く、さっぱりとした豚骨のテイストが目いっぱい楽しめる。実に美味い豚骨ダレなのである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチ、プリプリとした弾力を伴った食感が実にイイ。本店「きまぐれ八兵衛」に併設の「きまはち製麺」での自家製麺で、小麦の風味と味わいも楽しめる。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシューで、薄醤油ダレでの味付けが良く、脂身のジューシーな旨みが味わえる。メンマは醤油ダレで良く煮付けられた味付けが滲みていて、細がきのコリコリした食感が実にイイ。ナルトはあるだけで何故か安心出来る装備。ノリの磯風味は良好。白髪ネギと刻みネギの2種の薬味が効果的、特に白髪ネギは多めにあり、甘酸っぱい豚骨スープの薬味として良好に効いている。

最後にお決まりのスープ割り。暫くして白濁した豚骨スープの入った器で供される。全投入し、まったりと割られた甘酸っぱい豚骨ダレを最後の一滴まで楽しむ。

もちろん完飲。7月も終わろうとしているのにうだうだとはっきりしない梅雨にガシッと豚骨をイクべく昼ラーに突撃したこちらの店での「つけ麺」。それは濃厚な豚骨のエキス感に溢れた甘酸っぱな豚骨つけダレがさっぱりとした豚骨の旨味を引き立たせており、私的好みの盤石の美味さが楽しめた。小麦の香る自家製麺との相性も良好。何度も言うが、「きまはちグループ」のつけ麺はやはり美味いのだ、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「豚骨らーめん(極細麺):カタ +味玉:㋗券 +替玉:バリカタ」@New old style ゆいが 三郷店の写真6月某日、夜、本日は岡谷での週末に予定されるイベントの会場設営の肉体労働を終え、遅くなったので帰宅途中に夜ラーを食ってイク事にする。突撃したのはこちらの店。

中信地区では唯一の長野「ゆいがグループ」の一員で、豚骨魚介の「つけそば」をウリとする店。前回美味い「焦がしつけそば」を食った時、気になった好みの「豚骨ラーメン」狙いで突撃した次第。

19:45着、先客5名、カウンター席に着座、後客無し。狙い通りに‘豚骨らーめん(極細麺)’(750円税別)を、「麺の硬さを選べます」と言う事で「バリカタ・カタ・ふつう・やわ」から「カタ」で、更に「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」トッピでイク。

加えて、前回突撃時からこちらの店、つけ麺、ラーメン類は「麺大盛り 無料」、そしてこの豚骨ラーメンは「替玉一玉無料」となっているので、後ほど替玉をイクつもり。最近、プチ・ダイエットをしている身ながらも、ボンビーな「麺クイオヤジ」としてはタダで食えるのならばイクしかない。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、紅ショウガ、刻み小ネギ、そして味玉が、脂浮きのある豚骨スープに乗っている。

スープから。ラード膜の張るなかなかオイリーな豚骨スープは炊き出し感がしっかりとあり、「きまぐれ八兵衛」に僅かに届かぬものの好みのブクサーもキッチリと味わえる。豚骨のコクと旨味が抽出された「モノホンの豚骨スープ」である。「豚野郎」の私好みで実にイイのである。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高めも、豚骨の旨味をしっかりと支えていてGOOD!、課長的ウマミもイイ塩梅。濃厚な豚の旨味がたっぷりと味わえる実に美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな極細麺。加水率低めの所謂博多麺で、「カタ」の茹で加減良く、ホギホギとした博多麺らしい食感が実にイイ。小麦の風味もしっかりと味わえる。濃厚な豚骨スープも絡みまくって来る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、炙りの入った豚バラチャーシュー。厚みがあって香ばしく、味付けも良く豚肉のジューシーな旨味が味わえ、実に美味いのである。これが2枚あるのはポイント高い。キクラゲは刻みで、コリコリとした歯応えが良好、豚骨には必須の品。紅ショウガもデフォであり、こちらも絶妙な薬味感を発揮。刻み小ネギはも多めで爽やかなネギ薬味感あり。味玉は薄醤油ダレの味付けが滲みていて美味い。

途中で替玉を「バリカタ」でオーダー。20秒ほどで到着、お決まりの卓上の「辛子高菜」をたっぷりぶち込んで再びイク。ホキホキとした歯応えが決まり、「辛子高菜」のスパイシーさも良好。この「辛子高菜」のテイストも「きまぐれ八兵衛」と違って、歯応えがしっかりとしていてイイ感じ。

スープ完飲。岡谷での肉体労働の夜ラーに突撃したこちらの店での「豚骨らーめん」。それは豚骨の炊き出し感がたっぷりで、オイリー且つ適度な豚クササも漂い、濃厚な豚の旨味味わえる豚骨スープに、加水率少な目の博多麺でイク、本場の豚骨テイストが味わえる絶品。装備の豚バラチャーシューは「きまぐれ八兵衛」を超えており、まさに美味。装備のボリュームもあり、まさに私向けで実に美味かった。「替玉無料」も太っ腹。私的には「きまきち」と双璧を成す豚骨ラーメンの逸品となった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「ラーメンセット 「豚骨ラーメン+炒飯」」@中華料理 喜多郎 松本店の写真5月某日、昼、本日は昨日までの季節外れの猛暑も収まり、涼しいくらい。そんな中、松本のオフィスにてミーティングの昼休みを利用してチョイと一仕事に出かける。その途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

市内に姉妹店「中華料理 喜多郎 両島店」を構える大陸系中華料理店。その筋ではボリュームのある爆盛りの各種定食類で有名な店らしい。実際、「ラーメンセット」もスゴイのである。

11:45着、先客1名、カウンター席に着座、後客15名以上。ここはやはり「ラーメンセット」狙いで、4種あるラーメンのうち未食の‘ラーメンセット 「豚骨ラーメン+炒飯」’(750円税込)でイッテみる。

そもそもこの手の大陸系中華料理店では「ラーメンセット」をラインナップしている店がほとんどと認識するが、御飯物はハーフサイズが多いのであるが、こちらはレギュラーサイズで、しかもそれがボリュームがあるのだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、モヤシ、ナルト、ワカメ、刻みネギが、白濁した豚骨スープに乗っている。

スープから。白濁しながらも油浮きの全く無いサラッとした豚骨スープは、典型的なケミカル豚骨スープで、課長をベースとした厚みの無い平板な豚骨テイストがフルスロットル。カエシ、と言うかスープの塩分濃度は適宜で、ケミカル豚骨のウマミが全開であるが、想定内のテイスト。長年課長にいたぶられ続けている我が駄舌には、それなりに美味い、と認識される豚骨スープなのである。

麺は断面長方形のちぢれのある平太麺。加水率高めの麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感。私的には豚骨には加水少な目の細麺が合う。取りあえず普通に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーで醤油ダレが滲みて黒っぽいが、中国醤油や紹興酒辺りで味付けされた風味と味わいで、美味いのである。メンマは薄甘味付けの、柔らかサクサク食感。モヤシはシャクシャクで、チョイと水っぽい。ナルトは柔わ目の歯応えもあるのがウレシイ。ワカメは戻しが甘くゴワってる。刻みネギの薬味感はやや希薄。

炒飯はハム、玉子、刻みネギのシンプルな具材。味付けも良く、パラパラとしていて美味い。例によって、山盛りパンパンのボリュームがあり、腹もパンパンに膨れる。

スープは半分残し。松本での昼ラーに突撃したこちらの店での「ラーメンセット」。今回はラーメンを未食の「豚骨ラーメン」で、御飯物はいつもの様に「炒飯」でイツタのだが、豚骨ラーメンは予想通りのケミカル豚骨スープながらも、炒飯は例によって私的には大盛りサイズで腹がいっぱいとなった。こちらに通えばデブまっしぐらは必至、よって極腹ヘリ時の突撃手段としたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】黒豚骨 +味玉:サービス券」@豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUNの写真5月某日、夜、本日は二日間に亘っての名古屋出張を終え、「しなの」で松本に帰還する。昼には「らーめん奏」で、また乗車前にも「らうめん専門店 めんきち」で食ったが、腹が減ったので駅近くのこちらで夜ラーとする。

こちら松本でも屈指の名店「らあめん 寸八 総本店」の姉妹店。松本駅から近いので、今回の様なシチュエーションや呑みの〆ラーとしても機能する使い勝手の良い店なのである。

20:50着、先客2名、カウンター席に着座、後客7名。早速メニュー検討、すると「期間限定」の‘黒豚骨’(800円税込)なる一杯を発見、これは豚骨大好き「豚野郎」としては見逃せないという事でイッテみる。

おニーちゃんに注文する時、新たに入手したいつもの「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」をトッピング。今回の一杯、シンプルに「がっつり!こってり!」と言う謳い。本日イッタ2杯ともあっさり系の一杯だったからして、最後に「がっつり!こってり!」で〆るのもイイではないか。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キクラゲ、フライドガーリックチップ、刻み小ネギ、そして半味玉2個が、真っ黒なマー油のかかった豚骨スープに乗っている。

スープから。ベースはライトなトロミを孕んだ炊き出し感のある淡い豚骨臭を残した豚骨スープで、豚の旨味とコクがキッチリと凝縮されている。そこにライトビターなマー油とガーリックチップでの香ばしいガーリックの風味が被さって来る。特にマー油のコクが高く、メチャクチャにイイのである。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高め、これがしっかりと豚骨のコクと旨味を締めていて全く問題無し。塩味が濃い目のマー油のテイストともガッチリ対峙出来ている。課長のウマミも淀み無い。実に美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。博多麺の様な加水率少な目の麺では無く、中加水。茹で加減やや硬めが良く、パツパツ、モチモチとした食感が実にイイ。濃厚な豚骨スープと真っ黒なマー油もしっかりと纏ってくる。実に美味い麺である。

具のチャーシューはなかなかにデカい豚ロースチャーシュー。こちらのオリジナルの「かま焼焼豚」で、うっすらと薫香があり、薄味付けでの豚肉の旨味が味わえる。美味いのである。キクラゲは千切りで、コリコリとした食感が実にイイ。豚骨スープに良く合う必須のアイテム。フライドガーリックチップは、ほんのりと香ばしいガーリックの風味を添付。刻み小ネギの爽やかなネギ薬味感がイイ。味玉はうっすらと醤油が香って美味い。

スープ完飲。二日間に亘った名古屋への出張の帰りの夜ラーに突撃したこちらの店での「黒豚骨」。それは炊き出し感があり、豚骨の旨味たっぷりの豚骨スープに、濃度の高いマー油でのライトビターなガーリックテイストが見事に融合した豚骨ラーメン。装備も含めて豚骨ラーメンとしての完成度も高く、限定だけで終わらせるのが実に惜しい絶品である。是非ともこれはレギュラーメニューとして常設メニューに加えてもらいたいもんだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件