なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

チャーチル・クロコダイル

男性 - 長野県

ラーメンと映画と’80の洋楽、スキーに新生横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するちょいワル風オヤジかな?

平均点 84.720点
最終レビュー日 2019年10月22日
3,047 1,291 9 3,698
レビュー 店舗 スキ いいね

「とんこつ・しょうゆ 並」@麺屋 壱の写真9月某日、夜、本日は休み、先々週に続きまたまた高山に行き、昼ラーに2軒、その後「臥龍の郷」で温泉に浸かり、おやつラーにも2軒、その後は「平湯温泉」の「平湯の森」でもゆっくり湯治とのんびりすごす。そして松本に戻り、夜ラーに突撃したのはこちらの店。

市内両島の「麺屋 壱」がこちらに移転して早や6年、横浜のラーメン店で修業したと言う店主の営むクリーミーな家系インスパがウリの店。本日はあっさりの高山ラーメンが続いたからして、チョイと豚骨醤油で〆るつもり。

18:55着、先客7名、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー表検討、ウリの家系インスパの「とんこつ」から“とんこつ・しょうゆ 並”(720円税込)でイッテみる。家系お決まりの麺の好みを選べるが、ここは申告せずに全て「普通」でイク。

今回の一杯、「しょうゆ」の他に「しお」「みそ」が選べ、「特濃!極旨!!人気No.1」と言う品。両島時代には無かったチンタンスープも同様に3種類の味から選べるのが特長。店内はほとんど豚骨クササが漂っていないが、別の場所で炊き出ししているのか?そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、白濁した豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。適度なチー油玉の浮くスープは、軽度のトロミがあるものの豚骨のクサミやクセを抑えた動物感があり、口当たりはクリーミー。濃厚ではあるが、何処か骨粉の様な粉っぽさを覚える不思議なスープである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜で、醤油感はほとんど感じられない。課長のウマミも適度にある。濃厚ながらも塩味が淡く、クリーミーなので「豚骨ポタージュスープ」のテイスト全開。不思議とクセになるクリーミー豚骨醤油スープでなかなか美味いのである。

麺は断面四長方形のほぼストレートの平太麺。茹で加減丁度良く、モチモチとした食感は家系をイメージさせるものがあり、なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは、豚バラロールチャーシューで、薄味付けで柔らかくなかなか美味い。好みの脂身が多いのがイイ。ホウレンソウはやや柔らかめ、もうチョイ硬めがイイ。ノリはそこそこの磯風味があり、麺を巻いて食うのがイイ。刻みネギの薬味感は希薄。

スープは少しだけ残し。休日の高山遊山の帰りの夜ラーに本日5杯目となるラーメンを求めて突撃したこちらの店での「とんこつ・しょうゆ」。それは白濁した濃厚豚骨醤油スープながらも、醤油感をほとんど覚えず、塩味も抑えられた「クリーミー家系インスパラーメン」の味わいが相変わらず健在の一杯。家系としてのキレやパンチは希薄だが、何故か時々食いたくなるクリーミーな豚骨醤油ラーメンである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「餃子の王将ラーメン +餃子2人前(1人前無料:サービス券)」@餃子の王将 諏訪店の写真9月某日、昼、本日は松本~岡谷~諏訪~再び松本の巡回。それにしても我がベイスターズは昨夜の広島戦で7点差を追いつき、ソトの3ランでサヨナラ勝ちのミラクルゲーム。これで今夜からのG戦2連戦に弾みを付けたいところ。そんな諏訪での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

昨日も「餃子の王将 松本島内店」で、過日の新聞広告に合ったあったお得なサービス券を使って餃子を2人前イッタのだが、もう一枚サービス券があったからして本日も食うつもり。

14:00着、先客11名、カウンター席に着座、後客5名。取りあえずメニュー表検討、ここは“餃子の王将ラーメン”(500円税別)と、件の「餃子2人前以上ご購入でもう1人前無料!」のサービス券で「餃子」(240円税別)を2人前注文する。

今回の一杯、「醤油豚骨ベースのこくうまスープ。これぞ餃子の王将の定番ラーメン!」と言うふれ込み。以前「餃子の王将 松本島内店」で食った「王将ラーメン」と同じ品と思われる。そして待つ事、12分、着丼。餃子は「もう少しお待ちください」と言う事なので、先に写真取り。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、モヤシ、刻みネギが、黄褐色の豚骨醤油スープに乗っている。後ほど餃子は12個で供される。

スープから。背脂の浮く豚骨醤油スープであるが豚のクサミは全く無く、炊き出し感の無い業務用スープ的なケミカル豚骨のコクとウマミが覆っていてる。ある意味、セントラルキッチンなので当たり前か。しかしながら豚骨醤油らしいまったり感はある。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めながらも、まろやかな醤油のテイストがあり、課長的ウマミもあるが、背脂でのコッテリ感もあって私的には悪く無い。そこそこ美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減やや硬めが良く、パツモチとした食感がイイ。昨日の「餃子の王将 松本島内店」と同様、北海道産小麦粉を100%の麺で、小麦の風味もうっすらと味わえてなかなか美味い。

具のチャーシューは豚バラロールチャーシューで、薄味付けの餃子の王将でのスタンダードな味わい。メンマは薄味付けのサクサク食感。モヤシは多めにあって、シャキシャキの食感がイイ。刻みネギも多めで薬味感は良好。

餃子は昨日の「餃子の王将 松本島内店」よりは焦げが無く、丁度イイ焼き加減。皮はモチモチ、ニンニクが効き、餡の挽き肉、野菜がジューシーで美味い。例によって12個食えて大満足。

スープは少しだけ残し。諏訪での昼ラーに突撃したこちらの「餃子の王将」での「餃子の王将ラーメン」。それは背脂が浮いたケミカル豚骨テイストのまったり豚骨醤油ラーメンで、この内容での500円はCP良好でそこそこ美味かった。加えて昨日同様、サービス券での餃子もたっぷり食えて大満足。二日続けての「餃子の王将」での突撃となったが、ラーメンも餃子も無難に美味かった、、、

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「豚骨醤油らあめん 〈中〉 +ほうれん草:サービス券」@豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUNの写真9月某日、昼、本日は久しぶりとなる松本でのゲンバ仕事。それにしても我がベイスターズは昨夜のヤクルト戦に勝ったものの、すぐ下には0.5ゲーム差で広島が来ている。ここは何としても2位を確保して有利にCS戦に臨みたいところ。そんな中、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

松本の人気店「らあめん 寸八 総本店」の姉妹店で、松本駅近くで「寸八」譲りの濃厚な豚骨醤油ラーメンが食える店。今回もその家系インスパの一杯狙いで突撃する。

13:55着、先客15名くらい、カウンター席に着座、後客1名。取りあえずメニュー表検討、時に「限定」は見当たらないからして、狙い通りに“豚骨醤油らあめん 〈中〉”(850円税込)をいつものサービス券で「ほうれん草」トッピでイッテみる。

メニュー表を眺めながらスタンバる。基本の「豚骨醤油」「豚骨味噌」「王様中華そば」「激辛ONI」「つけめん」「天ぷららあめん」の6系統は変わっていない。本店には無い「激辛ONI」と「天ぷららあめん」が食えるのはこちらの店だけ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、増量なったホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。この手のラーメンとしてはチー油浮きが少な目(尤もこちらは好みが選べる記載は無い)のスープは、きっちりとした豚骨の炊き出し感が感じられ、豚のコクと旨味が味わえる。情報によると「12時間以上も火を入れるというこだりの豚骨スープ」という事で「豚頭」と言う事。心なしか独特のコクがある。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度はやや高めも、濃厚な豚骨を旨く纏めてくれている。課長のウマミも程良く、まろやかなクリーミーなテイスト。実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした家系らしい食感が実にイイ。小麦の味わいもある。家系の豚骨醤油スープにも良く合っている。実に美味い麺である。こちらでは〈中〉の麺量が適量だ。

具のチャーシューは豚肩ロースチャーシューで、ウリの「かま焼焼豚」。薄切りながらも薫香が香り、薄味付けなので、豚肉の薫香漂う旨味が味わえて実に美味い。増量なったホウレンソウは適度な歯応えがあるしっとりした食感で、イイ箸休め。ノリは磯風味が強い。そのまま食うのも良いし、麺を巻いて食うのも美味い家系ならではの楽しみ。刻みネギの薬味感は控え目。

スープ完飲。松本のゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「豚骨醤油らあめん」。それは本店「らあめん 寸八 総本店」譲りの豚骨醤油スープをトレースしながらも、「豚頭」由来?の旨味が味わえる家系インスパ豚骨醤油ラーメンで実に美味かった。装備のウリである「かま焼焼豚」も本店と差別化されていてイイのである。こちら駅チカで深夜遅くまでも開いているので〆ラーとしても機能する重宝な店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「豚骨醤油」@きまぐれ八兵衛の写真9月某日、本日は朝イチでまたまた諏訪のゲンバでの軽肉体労働、その後は豊科のディラーで営業車の定期点検。終了後、松本のゲンバに向かう途中のチョイと遅めの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

信州を代表する豚骨ラーメンの雄にして、中信地区にある「きまはちグループ」の総本店。本場博多に劣る事の無い濃厚な豚骨ラーメンを始め、あっさり系の中華そばや味噌、G系のラーメン類などなかなか多彩なメニューを揃えているのもイイ。

14:10着、先客3名、カウンター席に着座、後客9名。早速、メニュー表検討、軽く悩み、いつもの豚骨も捨てがたいが、最近チョイと家系付いているので、久しぶりに“豚骨醤油”(740円税込)でイッテみる。ベスト体重維持のため、今回は「大盛り」は回避する。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ2枚、刻みネギが、濃厚そうな豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。適度な豚骨クササを残しつつ、豚の旨味もしっかりと凝縮したスープにはしっかりとした炊き出し感がふり、豚骨の重量感を感じる。実にイイのである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めで、輪郭のある醤油感が味わえるが、その醤油感を凌駕する豚骨感が前面に出ているのがまたイイ。イメージとしてはこちらの本白味の醤油ダレをググっと濃くした感じで、豚骨大好き「豚野郎」としては打ち震えるほどの豚豚感が味わる。豚骨の旨味が強めに出た家系インスパの豚骨醤油スープのテイストである。実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。勿論、店舗併設の「きまはち製麺」での自家製麺で、茹で加減硬めが良く、ゴワモチとした食感が実にイイ。濃厚な豚骨醤油スープにも負けていない。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシューで柔らかく、好みの脂身がトロトロ、薄醤油の香る味付けで豚肉の旨味が味わえる。メンマは細がきでコリコリの食感が実にイイ。味付けも醤油の香る煮付け感が味わえて美味いのである。ノリは磯風味あり。刻みネギは多めにあるのでしっかりとした薬味感あり。

スープ完飲。安曇野のディーラーでの営業車定期点検の後の昼ラーに突撃したこちらの店での「豚骨醤油」。それは久しぶりに食ったが、「きまはち」らしい濃厚な豚骨感を前面に押し出した「きまはち流家系ラーメン」のテイストは健全にして全開。豚骨のクセと旨味を家系豚骨醤油にぶち込んだ感のある豚々しい豚骨のテイストが味わえて実に美味かった。こちらの「豚骨醤油」、タダモノでは無い、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 68件

「ラーメン 中(1.5玉) +ネギ(サービス券)」@豚骨醤油ラーメン まじめ家の写真9月某日、夜、本日は松本のオフィスでの終日に亘る新商品研修会を終えて帰宅の途中、ヨメと娘2号は松本で映画を観に行くと言うので夕ラーを取っていく事に。突撃したのはこちらの店。

安曇野農免ラーメンロードにある横浜家系インスパのラーメンがウリの店。横浜家系と言えば先日も「信州五十六家 広丘店」で美味い一杯を食ったのだが、こちらも独自のテイストの家系を提供している私的お気に入り店である。

18:50着、先客1名、券売機にてここは私的基本の“ラーメン 中(1.5玉)”(850円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客無し。食券を渡す時に「FREE BOOK」のサービス券で「ネギ」をトッピする。

こちら「信州麺友会」の一員にして、「のんべえ食堂 天火」のグループ店。家系インスパながらも醤油ダレには松本・丸正醸造の「甘露醤油」を使っての独特なコクのあるテイストが光る。またトッピングのボリュームもあるが何気にイイのである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギ、そして増量なったネギが、チー油の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。適度なチー油が垂らされたスープは結構アツアツ。豚のクサミを抑えながらも炊き出し感のある濃厚な豚骨の旨味とコクが十分に味わえる。このテイストが「豚野郎」には堪らなくイイのだ。合わせられた醤油のカエシは例によってややショッパーながらも、甘露醤油の独特の甘味とコクと旨味の重なった醤油感が実にイイのである。この甘露醤油独特のテイストを持つ家系豚骨醤油のスープがクセになるのだ。実に美味い濃厚豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減やや硬めが良く、モッチモッチとした食感が実にイイ。小麦の香りもうっすらと味わえる。濃厚な家系スープとの絡み良好。実に美味い麺である。私的にはこの1.5玉の「中」の麺量が丁度イイ。

具のチャーシューは豚モモ肉チャーシュー。薄醤油ダレの味付けで燻製の様な香ばしい風味があり、柔らかな弾力のあるモモ肉の旨味を味わえる。ホウレンソウは歯応えを残す茹で加減が良く、シャクシャクとした歯応えが良くて美味い。ノリは張りがあり、家系らしい濃厚な磯風味があって美味い。デフォの刻みネギに加え、トッピングのネギの量がたっぷりあり、ネギの薬味感が炸裂している。一般的に薬味感の少ない家系に反して、ネギ好きには堪らん薬味感が炸裂する。

スープ完飲。ヨメと娘2号がいないので夜ラーに突撃したこちらの店での「ラーメン」。それは横浜家系インスパながらも、醤油のカエシに松本・丸正醸造の「甘露醤油」を使っての独特な甘味のあるコクと旨味が炸裂したテイストが私の好みにピタリとハマり、いつもながらに満足至極。今回トッピングした「ネギ」の量もあり、実に美味かった。私的には松本平における家系ラーメンとしては「信州五十六家 広丘店」と共に好みの一杯である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「ラーメン (中盛り)」@信州五十六家 広丘店の写真9月某日、昼、本日は9月最初の出勤日、午前中はオフィスにてデスクワーク、その後、松本で商談。チョイと長引き、諏訪に向かう途中の昼ラーに「信州麺屋 きまはち商店」に突撃も休日。そこで次に突撃したのがこちらの店。

静岡・伊東の「吉田家」をルーツに持つ横浜家系のラーメン店。かつて塩尻・洗馬にあった分家の「吉田家」の店員が56歳の時に独立したのが店名の由来、と聞いた事がある。

14:45着、先客4名、取り敢えず券売機にて“ラーメン (中盛り)”(850円税込)をプッシュ、おねーさんに券を渡しカウンター席に着座、後客4名。この時、好みの申告はせずに、全て「普通」でイッテみる。

ところで横浜と言えば我ベイスターズは昨日も広島戦に勝利し、憎っくきジャイアンツが負けた事もあり、マジックが消え、再び自力優勝の可能性が出て来た。今年のセ・リーグは最後の最後まで目が離せないのである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キャベツ、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、チー油の浮いた豚骨醤油スープに乗っている。信州の家系に多い「吉田家」由来のキャベツが標準装備の安心した見た目がイイ。

スープから。適度なチー油が浮くスープからはキッチリと丁寧に炊き出した豚骨メインの動物系の旨味がたっぷりで、コクもある。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度がやや高めで、醤油の味わいと風味が味わえる。課長のウマミもイイ感じ。総本山の「家系総本山 吉村家」に比べると、醤油のキレとコクは穏やかであるが、逆に信州では標準化した家系テイストでバランス良好。実に美味い家系豚骨醤油スープなのである。

麺は断面長方形のほぼストレートな太麺。正統派な平ザルでの麺揚げが決まり、茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。横浜の製麺所直送麺、という事で家系らしい麺の味わいがイイのである。実に美味い麺である。

具のチャーシューは好みの豚バラロールチャーシュー。なかなかにデカくて柔らかく、醤油の香る味付けが美味い。キャベツは肉厚でパキバキ、スープに沈めてしんなりさせてから甘味を引き出して食うのがイイのだ。ホウレンソウはチョイと茹で過ぎでトロトロ。ノリは磯風味が強いもので、麺を巻き込んで食うのが美味い。刻みネギの薬味感はチト希薄。

スープ完飲。目当ての店にフラれ、舌が豚骨になっていたので突撃したこちらの店での「ラーメン」。それは横浜家系の流れを汲んだ豚骨の旨味ある豚骨醤油スープに、横浜から取り寄せる本場のテイストが味わえる麺での家系豚骨醤油ラーメンでいつもの安定した美味さが味わえた。キャベツを標準装備し、総本山よりもマイルドなテイストながらも、間違い無く信州の家系を代表する一杯である、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 15件

「ネギすた麺 (麺大盛り:金曜サービス80円⇒40円)」@麺屋さくらの写真8月某日、昼、本日は8月最後の出勤日、来週からはいよいよ9月に突入。そんな中、朝イチから諏訪のゲンバで軽肉体労働、午前中には仕上がり、松本に戻る途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

昨日突撃して駐車場満杯でフラれた「さくら食堂」の本店で、諏訪では地元で長く愛されている名店である。昨日狙っていたチョイとガッツリとイケる一杯をこちらで食うべく突撃してみる。

13:20着、先客2名、カウンター席に着座、後客3名。取りあえずメニュー表検討、ここは予定通りに「すた麺」から初食となる“ネギすた麺”(890円税込)でイッテみる。そして金曜日は麺大盛が半額の40円なので「麺大盛り」で。

この「すた麺」、能書きでは「豚骨醤油をベースにニンニクで煮たたっぷりの豚バラスライスとモヤシ自家製マー油がアクセントのガッツリラーメン」と言う一杯。店内には「製麺所」を備えるので、麺が安い上に実に美味いのでこの系統が「豚野郎」としては好みなのである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、たっぷりの豚バラ肉、モヤシ、メンマ、焦がしマー油がかかったネギが、豚骨醤油スープに乗っている。ネギがたっぷりなので、見た目はG系に近いボリュームがある。

スープから。ベースの豚骨醤油は以前食った「すた麺」に比べると、豚清湯よりのサラッとしたあっさり目の舌触りながらも、豚のライトなコクと旨味が味わえる。合わせられた醤油のカエシはチョイとショッパーも、装備の豚バラ肉との相性を考えると問題無い。課長のウマミも程良い。やがてネギにかけられたホロ苦味のある焦がしマー油が交わると、ライトなガーリックパンチが蔓延して来る。たっぷりのネギの旨味もイイ感じ。ふんわりとガーリックの漂う実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのある太麺。茹で加減やや硬めが良く、滑らかなコシのあるツルモチとした食感と、パツリパツリとした歯切れ感がイイ。自家製麺での小麦の風味も味わえる。実に美味い麺なのである。金曜日サービスの「麺大盛り」40円サービスも麺クイオヤジにはウレシイところ。

具の豚バラ肉は軽く炒めた薄塩味付の豚バラ、うっすらとガーリックが香り、たっぷりとあるので「豚野郎」としてはウホウホ大満足、美味いのである。モヤシはシャキシャキ、こちらも量がある。メンマは薄醤油味付けのサクコリ食感がイイ。ネギはマー油がかかり、ほろニガミのある香ばしいガーリック風味にまみれて実にイイ。量もあり、豚バラ肉にもバッチリと合う。

スープ完飲。昨日に続いて諏訪での昼ラーに突撃したこちらの店での「ネギすた麺」。それはこちらのウリのひとつである「すた麺」に焦がしマー油がかかったネギがたっぷりと盛られた一杯。好みの豚バラ肉もたっぷりとあり、焦がしマー油の山盛りのネギとの相性もグンバツ、加えて金曜日サービスの「麺大盛り」40円サービスでの自家製麺の大盛りもあってボリュームもバッチリで実に美味かった。「麺クイ」にとってはこの金曜日(若しくは日曜日)のサービスが狙いである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「豚基本 ※野菜増&麺大盛:無料 +味玉:クーポン」@麺賊喜三郎の写真8月某日、夜、本日は大町~長野~千曲~上田への巡回。上田の巡回を終え、松本へ戻る前に「中華そば 大石家 長野店」で昼ラーを食ったが、腹が減ったので夜ラーを食ってイク事に。突撃したのはこちらの店。

以前の東北信担当時代にはちょくちょく突撃していたかつての「やんちゃらーめん」だった店舗に居抜きで入った模様。何でも当初は小諸市の人気居酒屋「火付盗賊」のグループだったが、現在は独立している模様。以前より気になっていた店なので初突撃してみる。

18:20着、先客15名くらい、カウンター席に着座、後客7名。先ずはメニュー表(メニュー写真)を検討、G系と思しき「豚基本」や「中華そば」「豚骨醤油」などがラインナップされているが、ここは初訪のセオリーに則り、トップの“豚基本”(780円税別)でイッテみる。

目鼻立ちの整った美人のおねーちゃんにオーダーする時、「ニンニク増・脂増・野菜増・麺大盛」が「無料」という事なので、「野菜増、麺大盛」で、更に「〇べログ」のクーポンで「味玉」をトッピする。こちらの店、退店客全てに店員全員で挨拶がされており、気持ちがイイぞ。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、野菜(キャベツ、モヤシ)、刻みニンニク、糸唐辛子、そして味玉が、細かな背脂の浮く黄褐色の豚骨醤油スープに乗っている。「野菜増」にした事もあり、G系らしいボリュームがあってイイ。

スープから。細かな背脂が浮くスープはライトな豚骨クササを孕んでおり、豚のコクと旨味もあり、豚の炊き出し感はキッチリと味わえる。豚の乳化度は中程度ながらも背脂の甘味も伴って、濃厚な動物感はたっぷりと味わえる。イイのである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めも全く問題無し。醤油感はまろやか、課長のウマミもあるが穏やか。やがてニンニクのガーリックパンチが効いて来ると、なかなかスパルタンなテイストに。効きが良く、これは帰宅後のヨメの対応に真剣に憂慮するレベル。何れにしても濃厚な豚骨感の味わえる実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めが良く、ゴワゴワ感は無いものの、ツルムチとした食感がイイ。自家製麺という事で「店内に設けた製麺施設では県産小麦「華天龍」や小諸産「ユメカオリ」を使い、熟成までの期間、温度や湿度まで細心の注意を払う」という事。小麦の風味が味わえる実に美味い麺である。「麺大盛」もボリュームがあってイイ。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、「二郎」の様なボリュームは無いが、醤油ダレの味付けが良く美味い。野菜はキャベツ:モヤシの比率0.5:9.5であるが、ボリュームがあるので野菜好きにはアリガタイ。モヤシはシャクシャク、キャベツは少量も甘味がある。刻みニンニクは前記の如くデフォでも強めに効いている。糸唐辛子はプチ・スパイシーさを演出。味玉は醤油ダレで茶色に染まり、黄身まで醤油ダレに漬け込まれていて美味い。

スープ完飲。東北信への巡回を終え、上田での夜ラーに突撃したこちらの店での「豚基本」。それは二郎インスパの一杯で、今回無料の「野菜増&麺大盛」にした事もあり、ボリューミー。背脂の混じった豚骨醤油スープも豚の炊き出し感が味わえ、自家製麺の麺もうっすらと小麦が香って実に美味かった。店員の接客も良好、G系としてのヴァリエーションも多く、近くにあれば間違い無く通い続けたい良店だと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「めんこい」@九州大分ラーメン 麺恋亭 中華街店の写真8月某日、夜、本日は我が社の爺やとハマスタにて巨人戦の初戦を観戦。菅野を打ち崩し、筒香の一発で狼煙を上げ、ソト、ロペスの連打もあって逆転、最終回は山崎が締めての理想的な勝利。爺やには悪いが、昨年の雪辱を果たし、私的には至福の時間を大いに楽しめた。

昼に「梅蘭 金閣」で「梅蘭焼きそば」を食った後、ハマスタでは「江戸清の豚まん」しか食っていなかったので観戦後、ホテルへ戻る途中の夜ラーに突撃したのはこちらの店。タバコが離せない爺やの為に事前に喫煙出来るこちらの店をピックアップしていたのだ。

20:50着、先客15名くらい、おばちゃんに「お客が来たら相席になるけどー」と言われて二人して入り口近くのテーブル席に着座、後客5名。先ずはメニュー表(メニュー写真)、メニュー数は多く「とんこつ正油」「スペシャルチャレンジメニュー」「味噌」「塩」「鶏がら正油」から構成されている。他にも季節メニューもある模様。ここはトップの「とんこつ正油」から店名を冠した‘めんこい’(800円税別)でイク。爺やはあっさりと「中華そば」。

奥のテーブル席では常連客と思しき客の酒盛りが始まっている。ところで今回の一杯、「人気No.1!」という事で「背脂・ラード等を一切使わずゲンコツとロース骨を砕いて煮込んだ、骨髄のエキスたっぷりの豚骨100%のスープ。自家製醤油ダレに九州ラーメンには珍しい太麺、自家製チャーシューがスープとの相性バツグン!」とある。「豚野郎」としては期待出来そう。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー3枚、モヤシ、ノリ3枚、白ゴマ、白髪ネギと刻みネギが、黄褐色の豚骨醤油スープに乗っている。モヤシとネギが山盛りなのがイイ。

スープから。脂浮き少な目のスープは仄かな豚クササを孕んでおり、豚骨の炊き出し感はキッチリと出ている。弱粘度で豚の濃度感もコクもあるが、「豚骨100%」の割には油浮きが少ないので豚骨感はマイルド。合わせられた醤油のカエシの醤油感は控え目で、塩分濃度も適宜。課長のウマミも穏やか。塩分濃度が抑えられているので、そのあたりも豚のマイルド感を助長しており、豚骨醤油でも「家系」よりも「九州系」のテイストを放っている。豚骨の滑らかなエキス感を味わえるなかなか美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面長方形のちぢれとよじれの入った平打ち麺。加水のある麺で、茹で加減やや硬めでツルパツとした食感がイイ。「九州大分ラーメン」なるものを食った事が無いのだが、加水のある太麺なのが九州系としては珍しい。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラロールチャーシュー。やや薄切りながらもデカくてホロリと柔らか、薄味付けで豚肉の旨味が味わえる。これが3枚乗るのはお得だわ。モヤシはシャクシャク、山盛りであるのがイイ。ノリの磯風味はやや希薄。白ゴマがプチ香ばしい。白髪ネギと刻みネギも山盛りでネギ好きには嬉しいところ。ネギ薬味感も良好に効いている。

スープ完飲。昨年に続き、我が社の爺やと観戦したハマスタでの勝利を祝して(G党の爺やは元気が無かったが)突撃したこちらの店での「めんこい」。それは「豚骨100%」を謳い豚骨のエキス感はありながらも、油浮きや塩分濃度が抑えられ、まったりマイルドな豚骨醤油ラーメンの印象。九州ラーメンの割には太麺であるのが、どこか横浜家系チックなテイストもあり、何よりもコスパ良好で美味かった。メニューも豊富で、近くにあれば通い続けたいラーメン店であった、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「きま八郎 2玉 ※にんにくあり&背脂増し」@きまぐれ八兵衛の写真7月某日、夜、本日は松本でのゲンバ仕事の後、帰宅し、一時帰宅してきた娘2号と参議院選挙の投票へ。その後、ヨメはママ友と飲み会で居ないからして夜ラーを食う事に。突撃したのはこちららの鉄板店。

実は家チカの「New old style ゆいが 三郷店」に突撃予定も、娘2号が「この前行ったから違う店がイイ」と言うのでこちらに進撃した次第。もちろん私も行かないと言う選択肢は無い。

19:30着、先客15名以上、二人してテーブル席に着座、後客15名くらい。先ずはメニュー検討、連日のゲンバ仕事が続いているので、ここはガッツリとイクベク‘きま八郎 2玉’(790円税込)でイッテみる。

これを、明日は休みであるからして「にんにくあり」そして「脂増し」でオーダーする。2号は「節系つけ麺」をオーダー。父親思いの2号は、ニンニクを食うとうるさいヨメを心配して「ニンニク入れていいのぉ?」と心配するが、ヨメが返ってくる前に先に寝ちまえばイイ。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、ほぐしチャーシュー、野菜(キャベツ、モヤシ)、刻みニンニク、増しとした背脂が、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

軽く天地返しをしてスープから。デフォでの背脂浮きに加え、マシとした背脂も加勢して背脂オイリーとなったスープには、炊き出し感のある豚骨の香しきニオイとコクと背脂の甘味が満載。セアブラーとしては堪(たま)らない感激のテイストを迎えられる。合わせられた醤油のカエシは塩分高めでショッパーも、背脂の甘味で中和され丁度イイ塩梅に。加えて課長のウマミ、更にはガーリックのパンチもドカンドカンと炸裂、これらの複合した豚の旨味に打ち震える様な歓びを覚える。間違い無く不健康なスープであるが、豚野郎には堪(こた)えられない至極の味わい。実に美味い豚骨醤油スープである。

麺はエッジの取れた断面四角のほぼストレートな太麺。加水少な目の麺で、茹で具合硬めが良く、しなやかでコナッぽいゴワモチとした食感が実にイイ。醤油ダレも滲みており、小麦の風味と味わいも味わえる。実に美味い麺である。標準で2玉あるのが麺クイオヤジにはアリガタイ。

具のチャーシューは所謂ほぐし豚で、醤油ダレの味付けがやや強めに滲みているが、麺に絡んでイイのである。軽く湯掻かれた野菜は普通の盛り。モヤシが大勢でシャクシャク、少し混じったキャベツは甘味が出ていてイイのである。刻みニンニクはデフォでも効き目良好、これはヨメの天誅確実のレベルだ。背脂はフルフル、甘味が何ともイイのである。

スープ完飲。夜ラーに娘2号と突撃したこちらの店での「きま八郎」。それは豚骨では定評のある「きまはち」が提供する如何にも「きまはちらしい」チョイとクセを残した豚骨の主張をアレンジした二郎インスパテイストが満載の一杯。今回、「背脂増し」とした事で、豚の甘味が際立つテイストになり「セアブラー」としても至極の一杯、ニンニクもバッチリ効いてスタミナも補給出来た。帰宅後、ヨメの天誅を避けるべく早々に就寝。翌朝、ヨメは仕事に出ていなかったが、最大風量で回る空気清浄機の風切り音で目が覚めた、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 68件