なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

チャーチル・クロコダイル

男性 - 長野県

ラーメンと映画と’80の洋楽、スキーに新生横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するちょいワル風オヤジかな?

平均点 84.802点
最終レビュー日 2019年1月24日
2,768 1,203 9 3,205
レビュー 店舗 スキ いいね

「魚介系すた麺 (麺大盛り:日曜サービス100円⇒40円)」@さくら食堂の写真12月某日、昼、本日は昨日の松本に続いての諏訪でのゲンバ仕事。相変わらず例年に比べても明らかに暖冬傾向にあるが、昼ラーにはパワーを付けるべくガッツリとイキたい。突撃したのはこちらの店。

今年春にオープンした諏訪「麺屋さくら」の姉妹店。最近、ウリの「すた麺」にハマり、両店にてそのヴァリエーションを順次攻略しているからして、今回もそれ狙いの突撃をかける。

13:45着、先客4名、カウンター席に着座、後客2名。早速、メニュー表検討、狙いの「すた麺」から今回は‘魚介系すた麺’(800円税込)をイッてみたい。本日は日曜日で、こちらの店での曜日サービスでは「麺大盛り」100円が40円になるので、勿論これに浴する。

新調なったメニュー表を見ながらスタンバる。「すた麺」シリーズは「麺屋さくら」でもラインナップされているが、こちらの店のみ「ホルすた麺」なる品がレギュラー化されている。しかしこちらは苦手な牛ホルモンだから食う機会は無い。大好きな豚ホルモンなら良かったのに、と思っているうち、待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、たっぷりの豚バラ肉炒め、モヤシ、メンマ、刻みネギ、焦がしマー油が、豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。少しくの背脂が混じったスープには豚骨主体の動物系のコクと旨味に加え、節系魚粉も混じっておりおり、魚介系の風味も強めに出ている。故にデフォの「すた麺」に比べて、「魚介系すた麺」らしい魚介感が強調されている。やがてマー油でのガーリック風味も加勢して来る。これがイイのだ。合わせられた醤油のカエシはややショッパーも、しっかりと豚骨と魚介を持ち上げているからして問題無し。課長のウマミも働きぶり良好にしてナイスフォロー。芳ばしいマー油の香る実に美味い豚骨魚介スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めが良く、ムチムチとしたコシのある硬派な粘着感がいつもながらにイイ。自家製麺らしい小麦の味わいも感じられる。この味わいがすこぶる良好。実に美味い麺である。

具の豚バラ肉はふわっとニンニクの香る薄塩味付の豚バラで、マー油とも絡みボリュームもあってスタミナバッチリ仕様。バラ肉はやはり美味いのだ。モヤシはシャキシャキの歯応えを残し、こちらも量があってイイ。メンマは薄味付けのサクコリ食感系。刻みネギの薬味感は良好に効いている。焦がしマー油は豚バラ肉は勿論、豚骨魚介スープにも効果的に関与、やはりポイントは高い。

スープ完飲。諏訪でのゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「魚介系すた麺」。それは基本の「すた麺」のスープに魚粉を加えて文字通り魚介感を増した濃厚な豚骨醤油スープに、私的お気に入りの自家製麺を合わせた一杯。豚肉大好き「豚野郎オヤジ」もゴキゲンな豚バラ肉炒めもガッツリと乗り根癖になる美味さの豚骨魚介ラーメンでメチャ美味かった。こちらの「すた麺」シリーズ(除くホルすた麺)、リピート間違い無しだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「らーめん 大盛(1玉増し)」@らーめん文蔵の写真12月某日、昼、本日は娘1号の引っ越し二日目。朝から荷物の片付けや買い物に繰り出したりと、やはりてんやわんやのささらほうさら。そんな中、遅めの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

我が学生時代に住んでいた面影はすっかりなくなった三鷹駅南口からチョイと入ったこちらは当時の面影を残す路地裏にある。こじんまりとした店ながらもウリの「豚骨魚介」の評判が良く、以前から狙っていた店である。

14:20着、先客7名、三人してカウンター席に着座、後客6名。早速、メニュー表(メニュー写真)検討、私はデフォの‘らーめん’(650円税込)を激腹ヘリであるからして「大盛(1玉増し)」(100円)で、ヨメと1号は「得らーめん」を注文する。こちら前金制らしくヨメが事前清算する。

厨房には店主が調理担当、奥方がサーブの2名体制。店内はカウンターのみのこじんまりとした佇まいだが、常に満席をキープしている上、外には待ち客もいてやはり人気店と見た。メニューは「らーめん」と「つけめん」の2系統に絞られており、なかなかの潔さ。店主の手際良さも期待出来そう。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ホウレンソウ、ノリが、魚粉の混じった豚骨醤油スープに乗っている。「大盛り」とした器はヨメ達の器に比べても一回りデカい。

スープから。結構アツアツ。細か目の顆粒状の魚粉が混じったスープは、クサミを抑えた豚骨主体の動物感に、節系魚介の出汁感とカツオ節系の魚粉での魚介風味が薫る所謂Wスープ。この系統の元祖「中華そば 青葉 中野本店」の延長上にあるテイストの魚介優勢の豚骨魚介スープである。合わせられたカエシはまろやかな醤油感で、塩分濃度はやや高めも、しっかりとした節系豚骨魚介の旨味を底支えしていてイイのである。実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。加茹で加減やや硬めが良く、滑らかなコシのあるツルツル、モッチモッチの食感が実にイイ。自家製麺か?濃厚な豚骨醤油スープとの相性も良好。「大盛」として2玉分の麺量も充分にあり、麺喰いオヤジとしても食い応えあり。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。厚みがあり、ホロホロと柔らかく、薄味付けでの豚肉の旨味を味わえる。結果的にその後メンマ嫌いの娘1号分が増量なったメンマは甘醤油ダレで良く煮付けられ、柔らかサクサクの食感で美味いのである。ホウレンソウは少量も歯応えを残すモノ。ノリは磯風味あり。

スープ完飲。娘の引っ越し二日目の昼ラーに突撃したこちらの店での「らーめん」。それは節系魚介が前に出た豚骨魚介スープに、自家製麺と思しきコシのある中太麺を合わせた豚骨魚介ラーメン。今でこそ巷に溢れた感があるラーメンであるが、こちらの一杯は豚骨+節系魚介+まろやかな醤油感の調和した飽きの来ない旨味が実に印象的。兎に角、全てのバランスが良いのである。人気店の片鱗を質、量ともに十分に満喫出来た、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん (大) ※チャーシュー:バラ」@つけ麺 小川流 多摩貝取店の写真12月某日、夜、本日は仕事を夕方で切り上げ、愛車を駆ってヨメと一緒に明日の娘1号の引っ越しに備えて東京へ。途中はみぞれも東京は雨降り。そして娘と落ち合い夜ラーに突撃したのはこちらの店。

「小川流」としては、以前「創作らーめん 小川流 八王子みなみ野店」に突撃経験はあるが、こちらは初。どうやら昨年にオープンした店の模様。前店での印象が良かったので突撃した次第。

20:10着、先客5名、三人してテーブル席に着座、後客7名。店名は「つけ麺 小川流」とあるが、前店で食っているからして、券売機(メニュー写真)にて、「大盛りまでは同一価格」と言う‘らーめん (大)’(690円税込)をヨメに買ってもらう。

ヨメ達は「つけ麺」を選択、おねーさんに券を渡す時、麺の好みを聞かれ(店内写真)「全部普通」で、そしてチャーシューを「バラ」か「肩ロース」から選べるので「バラ」でオーダーする。店内厨房からは豚骨炊き出しと思しき圧力釜からのシュッシュッ音が鳴っている。そして待つ事10分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、キャベツ、モヤシが、背脂が浮き、魚粉の混じった豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。うっすらとコラーゲン膜が張られたスープは豚骨主体の動物系ベースを物語っている。細かな背脂効果もあり、豚の動物系の主張は強いが、魚粉も強めに効いていて魚介系も負けじと拮抗している。いや、むしろ大量の煮干粉での魚粉感が勝った感。全然悪くは無いのである。合わせられたカエシは相応の醤油感があり、ショッパーめながらも強めの魚介と豚骨をガッチリと支えているので問題無し。むしろ好みのテイストだわ。なかなか濃厚な豚骨魚介スープで美味いのである。

麺は断面四角のほぼストレートな中太麺。中加水の麺で、茹で加減やや硬めが良く、コシのあるツルモチとした食感が実にイイ。うっすらと小麦の風味も味わえる。実に美味い麺である。この麺の「大盛り」は正解だ。

具のチャーシューは好みの豚バラをチョイスした訳だが、外周に醤油ダレが滲み、トロトロ、ホロホロでなかなか美味い。メンマは醤油ダレの滲みたサクサクとコリコリの食感が楽しめる。キャベツは軽く湯掻かれ甘味あり。モヤシもシャクシャク。薬味のネギは無い。ここは刻みネギの薬味があってもイイ。

スープ完飲。ヨメと娘一号とで夜ラーに突撃したこちらの店での「らーめん」。それは好みの背脂が浮き、それなりの炊き出し感のある豚骨スープに、大量の煮干粉での魚介風味を掛け合わせた濃厚な豚骨魚介ラーメンで美味かった。「麺クイオヤジ」としては「大盛りまで同一価格」と言うサービスも大歓迎で、自家製麺?の麺もコシもあって美味かった。「小川流」、「つけ麺」のみならず、ラーメンも美味いのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干鰮豚骨らーめん」@煮干鰮豚骨らーめん 嘉饌の写真11月某日、昼、本日は休日、以前より立案していた東京立川での映画鑑賞ミッションを決行すべく早朝より高速バスに乗って東京入り。その前に同時立案のラーメン店攻略として先ず1軒目に突撃したのはこちらの店。

以前突撃済みの八王子「煮干鰮らーめん 圓」の新形態で、煮干しと豚骨をフィーチャーした濃厚ラーメンがウリとの事。ニボラー大好きにして豚野郎オヤジとしては昨年のオープン以来チェックしていた店である。

11:20着、シャッターズ、開店と同時に入店、券売機(メニュー写真)にて狙いの‘煮干鰮豚骨らーめん’(750円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客4名。この後連食予定だからして「替玉」は回避する。

店内は煮干しの香しい香りが漂っている。こちらかつて町田にあった「中華そば 勇次」の夜ブランド「とんこつらぁめん オードリー」の味がベースになっているとの事。共に東京ラーメン店攻略に目覚めた当時に狙っていた店だが、閉店し機会を逸していたのである意味リベンジ突撃となる。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー3枚、煮大根、刻みネギが、濃茶褐色の豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。弱粘度を伴うスープベースは煮干し×豚骨スープであるが、先ずはライトな苦味と酸味を伴った凝縮された煮干感が先行し、炊き出し感のある豚骨感は前に出しゃばらずにキッチリと濃厚な煮干しを下支えしている。煮干し感は煮干粉でのザラツキが無く、しっかりとした抽出感を感じる。それ故に苦味を敢えて残した煮干しの旨味と豚の旨味ががっぷりと四つに組み、両者が高次元で融合しているのだ。合わせられたカエシは塩分濃度はやや高めで醤油感を出した強めのテイスト。濃厚な煮干しと豚骨にガッチリと対峙出来ている。ビター&ディープなテイストの実に美味い豚骨魚介スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな細麺。加水率少な目の博多麺をイメージさせる細麺。茹で加減やや硬めが良く、ホギホギとした食感が実にイイ。細麺なので濃厚な煮干しと豚骨をどっぷりと纏ってくる。小麦の風味も味わえる。実に美味い麺である。

具のチャーシューは脂のサシが入った豚ロースチャーシュー。デフォで3枚あるのがチョイとウレシイ。薄味付けで柔らかく、豚肉の旨味を堪能出来る。実に美味いチャーシューである。煮大根はおでんの様に味が染みてアツアツ。単体では大根自体の味も濃厚で美味いのであるが、正直、濃厚煮干豚骨のスープとの相性はビミョーで無くもない。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープ完飲。東京でのミッションを前にラーメン店攻略で突撃したこちらの店での「煮干鰮豚骨らーめん」。それは本店「煮干鰮らーめん 圓」の煮干感を濃厚な豚骨をベースにハードに表現した一杯で、苦味ある煮干し感と濃厚な豚骨感は誠にヘヴィー、そして強めの醤油のカエシのスープを博多風の細麺でイク個性的な一杯で実に美味かった。その濃厚さは万人受けはせず食い手を選ぶテイストであるが、ニボラーにして豚骨大好き豚野郎オヤジとしては充分に満足出来る一杯であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かつお醤油ラーメン (大盛り) ※柚子入り +味玉:㋚券」@麵屋 しるしの写真11月某日、昼、本日は二日間かけての肉体労働で仕上げた諏訪でのゲンバ仕事。チームの先輩の応援も得て頑張る。そんな中、お楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

私的に諏訪では「ハルピンラーメン 本店」と並ぶマストの店。丁寧に手間をかけて2日間の下処理を経て作り上げられた豚骨スープは、豚クサミを抑えつつも旨味はとことん抽出された極上品である。

13:50着、先客20名以上、カウンター席に着座、後客10名くらい。先ずはメニュー検討、今回はそれをベースにした「魚介豚骨スープ」狙い。これは4系統あるが、筆頭の‘かつお醤油ラーメン’(713円税別)を「大盛り」(93円)で、更に情報誌「Komachi」のサービス券で「味玉」をトッピする。

カウンター越しにオーダーする時、「柚子入りできます」という事なので、これでお願い。三連休の初日とあって、昼の営業終了間際を狙ったが、店内はほぼ満席。その後も続々と来客が訪れる。流石、諏訪でも1、2を争う人気店、対象中心に活気があり、繁盛している。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ホウレンソウ、ノリ、刻みネギ、そして味玉が、濃茶褐色の豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。ベースの豚骨スープは、例によって丁寧に下処理されて豚クサーは抑えられているのだが、豚骨の凝縮された豚の旨さとコクがみっちりと蔓延している。それに乗ったカツオの風味と旨味が豚骨を凌駕するほどに押し寄せて来る。これがまた上品なカツオ風味を醸し出しており、土台のしっかりとした豚骨と見事なまでに融合している。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度はやや高めも、濃厚にしてふくよかなる醤油感に満ちており、カツオと豚骨をキッチリと繋ぎ止めている感じ。多めのおろし柚子ピールでの和風の爽やかな柑橘風味も漂っている。カツオと豚骨、そしてゆづでの和風醤油感を味わえる実に美味い豚骨魚介スープなのである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水率はやや低めの麺で、茹で加減やや硬めが良く、パツパツとした歯切れ感、ムチムチとしたコシがイイ。細麺なので濃厚な豚骨と大漁のカツオを纏めて釣り上げて来る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、好みの豚バラチャーシュー。炙りが入り、実に香ばしい。甘辛醤油の味付けも染み込み、柔らかホロホロで実に美味いのである。メンマは薄味付けの柔らかサクサク食感、これも美味い。ホウレンソウはしっとり柔らか、イイ箸休め。ノリは磯風味あり。刻みネギは良好な薬味感を発揮している。味玉も薄甘醤油の味付けが黄身まで滲みた何気に極上の味付け。これも美味い。

スープ完飲。諏訪での過酷なゲンバ仕事での昼ラーに突撃した諏訪でも屈指の豚骨醤油ラーメンの雄であるこちらの店での「かつお醤油ラーメン」。それは豚クサミを抑えつつも濃厚な豚骨に乗った上品なカツオの風味を共に味わえる極上の一杯。例によって「豚骨」「鰹」「醤油」の全てに濃厚ながらもバランスの取れた美味さを味わえる秀逸なる豚骨魚介醤油スープであった。間違い無く、諏訪はもとより、信州でも屈指の豚骨魚介ラーメンである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「濃厚つけ蕎麦 並盛」@つけ蕎麦 中華蕎麦 尚念の写真11月某日、夜、本日は早朝より我が上官と共に飛騨・高山への肉体労働。思いの外、順調に進み、夕方には松本に帰着。ヨメには夕飯はいらぬと言い置いて来たので、夜ラーを食っていく。突撃したのはこちらの店。

今年の6月に長野から移転OPしたつけ麺がウリの店。新店に対する私的突撃猶予期間の3カ月が経過したので突撃してみる。但し、私的に問題をクリアーしないとイケんのだ。

17:55着、外待ち6名に接続、開店と同時に入店、ここで出迎えのニーさんに、私的最大の問題事項を確認しとく。「つけ麺って蕎麦粉入ってる?」に店主に聞きに行ってから「入っていません」。情報では長野時代の麺は「蕎麦粉入り」と聞いていたが、変更となった模様で一安心。

券売機(メニュー写真)にて「大盛」にしたいところであるが、チョイと高いので‘濃厚つけ蕎麦 並盛’(900円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客15名くらい。こちら以前は「らーめん 大気見」だった店舗。内装は一部リニューアルされ、厨房には若き店主が主調理で、サブに2名が付いている。そして待つ事13分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚で、なっ、何と!鶏チャーシューが麺皿に乗ってるぞ!即刻、排除。濃茶褐色のつけダレには、メンマが認められ、別皿に、刻み紅タマネギ、刻み小ネギ、刻みネギが供される。麺線がキレイに折り畳まれているのが上品。

早速麺を浸してガシッとイク。うっすらとコラーゲン膜の張るつけダレは、豚骨メインと思しき滑らかな動物感と、同じく節系の魚介感が入り交じっている。トロミのある濃厚なつけダレで、丁寧に濾された感を覚える滑らかな口当たりが印象的。合わせられた醤油のカエシは醤油のコクと風味を覚え、塩分濃度は適宜ながらも、甘味が強め。この甘味がチョイと私的にはクドさを覚える。取りあえず濃厚でなかなか美味い豚骨魚介のつけダレである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。良く見ると全粒粉が練り込まれており、茹で加減やや硬めに揚がり、ムチムチとした弾力のあるコシある食感がイイ。小麦の風味も味わいえる。

具のチャーシューは事前情報では豚ロースチャーシューが1枚だったが、鶏チャーも付くようになったのか?取りあえず豚チャーは薄味付けでジューシーな豚肉の旨味を味わえる。メンマもチョイと甘醤油の味付けのサクコリ食感。3種のネギの薬味は別皿提供なので、好みのタイミングで徐々に味変出来るのがイイ。

最後にスープ割り。アツアツに再加熱され、好みの濃度に割られてフィードバック。骨粉も認められ、動物の炊き出し感を再確認。

もちろん完飲。早朝からの飛騨・高山への肉体労働を終え、夜ラーに突撃したこちらの店での「濃厚つけ蕎麦」。それは麺線の整った全粒粉の太麺も美味く、キメの細かなトロトロの濃厚な動物系の旨味と魚介の旨味が融合していてイイのであるが、私的に宗教上NGの鶏チャーが装備されての価格は割高感があり、何よりもチョイと私には甘過ぎる、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】秋刀魚節コク搾り Ver2 (並盛)」@煮干しらあめん 燕黒の写真10月某日、夜、本日は松本のオフィスでのミーティングを終え、ヨメが試写会に当たったという事で友達と映画を観に行くと言うので、帰宅途中に夜ラーを食ってイク。突撃したのはこちらの店。

信州では唯一?の「燕三条系」をウリとしたマイ鉄板店のうちのひとつ。情報によると今月の限定は「サンマ」をフィーチャーしたラーメンと言う事。今が旬のサンマをどの様に合わせてあるか興味がある。

18:35着、先客4名、カウンター席に着座、後客5名。早速メニュー検討、予定通りに壁メニュー(メニュー写真)にある「10月限定」の‘秋刀魚節コク搾り Ver2’(888円税込)でイッテみる。「大盛」はチョイと高めなので回避。

今回の品、「シツコクない豚骨スープに秋刀魚のコクが凝縮!」とあり、「あのラーメンがバージョンアップして帰ってキター!」とある様に、2年ほど前に食った記憶がある品。確かに美味かった記憶があるので、再食もイイだろう。そして待つ事9分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、ノリ、刻みタマネギ、刻みネギ、ゆづピールが、濁っとした豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。濁々とした細かめに泡立つどっしりとした豚骨感のあるスープに、如何にも秋刀魚節らしい渋味、酸味を伴ったサンマの旨味とコクが凝縮された濃厚な魚介感が味わえる。おぼろげな記憶ながらも、前回の一杯よりも豚骨感が増した様なワイルドな豚骨サンマ感がイイのである。合わせられた醤油のカエシもショッパー目ながらも力強い醤油感で、濃厚な豚骨サンマを受け止めている。例によって池袋「創新麺庵 生粋」の様な焼きサンマとは違った、秋刀魚節らしい風味とコクが味わえる実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。やや加水率低めの麺で茹で加減やや硬めが良く、張りのあるコナパツとした食感がイイ。細麺なので濃厚な秋刀魚スープをガッチリと釣り上げて来る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは片面をローストした豚バラチャーシュー。カリカリと香ばしく、醤油ダレの良く染みた味付けが実にイイ。美味いチャーシューである。メンマは醤油ダレの味付けの柔らかコリコリ食感。好きなタイプである。ノリは磯風味あり。刻みタマネギはシャリシャリとした食感と甘辛みのある薬味感が効いている。刻みネギの爽やかな薬味も良好。ゆづピールの和的柑橘感もさり気なくイイ。

スープ完飲。夜ラーに突撃したこちらの鉄板店での10月の限定である「秋刀魚節コク搾り Ver2」。それはVer2となり、2年前の一杯に比べても豚骨の動物感がパワーアップし、重量感の増した濃厚な秋刀魚節感が全体を席巻する絶品。豚骨を伴い、文字通り秋刀魚節を搾り取って醸し出された旨味のみならず、渋味、酸味もグイグイと押し出された強力な魚介感に大満足。早くも来シーズンのVer3に思いが馳せる、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 52件

「【限定】濃厚煮干し豚骨」@らーめん 月の兎影の写真10月某日、昼、本日はデスクワークの後、諏訪~松本の巡回予定。ところで昨日のドラフト会議で我がDeNAの一位指名は東洋大の上茶谷投手だった。正直、知らなかったがエースとなるべく頑張ってもらいたいものである。

そして昼ラーに突撃したのはこちらの店。何でも情報誌「Komachi」とのコラボで提供されている限定が思いっきり気になる。提供は11月24日までと長いが本日突撃してみる。

13:45着、先客12名、カウンター席に着座、後客2名。早速メニュー検討、予定通りに卓上の限定メニュー(メニュー写真)から‘濃厚煮干し豚骨’(900円税込)をイク事にする。明日から再び東京にてラーメンに散財は必至なので「大盛り」は回避する。

この品、能書きによると「『長野こまち』の担当の方から「“ガツンだし”でラーメンを作って欲しい」との依頼があり、今回は鯵煮干しと鰯煮干しを前面に出したラーメンを作りました。好みが分かれるほど「ガツン」としていますので、得意な方のみどうぞ」とある。豚骨も煮干しも大好きオヤジとしては願うところだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、粗挽きコショーの塗されたチャーシュー、味玉、カイワレ、糸唐辛子、白髪ネギが、濃茶褐色の豚骨魚介スープに乗っている。そのドス黒い如何にも濃厚そうなスープに期待は高まる。

スープから。見た目に違わずドス黒スープは大量の煮干粉を交えてのザラツキのあるドロドロスープ。出身店の「俺らラーメン ちょもらんま」の「鯵ダブル」あるいは「鰯ダブル」を遥かに凌駕する煮干しドロスープである。こちらの「特濃魚介とつこつ」をベースにしている模様だが、濃厚な豚骨を凌駕する煮干し感は、ニガミ、エグミもあるのだが、それらを昇華した旨味として集約されているのである。合わされた醤油のカエシも濃厚でショッパーであるが、強烈な煮干し感にはむしろベストチューニング。豚骨感、煮干感、そして醤油感とも私的にはこの「やり過ぎ感」は全然問題無しだ。豚骨のヘヴィーさと煮干しのパワフルさに、醤油のカエシのディープさが交錯した実に美味い濃厚豚骨魚介スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減やや硬めが良く、コシのあるパツパツ、ムチムチとした食感が実にイイ。濃厚豚骨魚介のスープもヌッタリと絡めて来る。その濃厚さにも拮抗出来ている。実に美味い麺である。

具のチャーシューはいつもの豚バラ煮豚チャーシューであるが、粗挽きコショーが塗されてスパイシーさを引き連れている。濃厚スープにも映える仕様だ。味玉はいつもの塩味付け、今回も美味さは盤石。カイワレのプチ・ビターさは煮干しのビターさに押され気味。糸唐辛子もスパイシーさが埋没するほど。そんな中、多めの白髪ネギのネギ薬味感はキッチリと反映されている。この白髪ネギは万能だ。

スープ完飲。こちらの鉄板店で情報誌「Komachi」とのコラボでの一杯が気になっており突撃しての「濃厚煮干し豚骨」。それは煮干しのザラツキを伴った濃厚な豚骨に鯵と鰯の煮干しをやり過ぎ感をも無視して叩き込んだ非常にパワフルにしてディープな豚骨煮干しテイストを存分に楽しめる品。かつて濃厚煮干しで有名な東京「中華ソバ 伊吹」で食った一杯と比べてもテイストは違うものの、濃厚さでは完全に上回った印象で、まさにディープ・ニボマニア向けの絶品。底なしのディープ・ニボマニアにして豚野郎オヤジを唸らせる至極の一杯であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 41件

「特製ラーメン (大盛り)」@スガキヤ 堀田カインズ店の写真10月某日、昼、本日は名古屋への出張、昼になりメシに出掛けようとしたタイミングで携帯が入り、長電話してある間に第1陣に取り残される。そこで第2陣のおねーさんたちに混じっての昼メシに突撃したのはカインズ内にあるフードコート。

何でも名古屋ラーメンとして認識している「スガキヤ」もあると言う事。既に信州においては「スガキヤ」が撤退しており食えなくなって久しいので丁度イイ。食えなくなると無性に恋しくなるラーメンである。

11:40着、フードコート内先客30名くらい、4人してテーブル席に着座、後客たくさん。おねーさん達はうどん屋に、私は予定通りこちらのブースのメニュー表(メニュー写真)からチョイと奮発して‘特製ラーメン’(450円税込)を「大盛り」(100円)でイク。

ブザー券を持ってスタンバる。こちらのフードコート、「スガキヤ」の他にもモスバーガーやうどん屋などもある。ところで「スガキヤ」と言えば、かつては松本のカタクラモールや広丘401などでも食えたのだが、飯田店も撤退して信州では食えなくなってしまった。ある意味、懐かしいラーメンである。そして待つ事4分、ブザーが鳴って取りに行く。

ビジュアルは、チャーシュー5枚、半熟玉子、メンマ、刻みネギが、スガキヤ豚骨魚介スープに乗っている。ラーメンフォークは流石に変形した旧タイプでは無く、新タイプなのが私的には斬新だ。

スープから。サラッとしたあっさり豚骨スープに漂う煮干し主体の魚介風味の香る和風ライト豚骨魚介スープはまさしくスガキヤスープそのもの。豚骨臭はほぼ皆無ながらもそれなりの豚の旨味と課長のウマミがミックスされ、和風の魚介ダシとのコラボレーションは「スガキヤ」ならではの旨味がある。名古屋人のソウルフードと言われる「スガキヤラーメン」、私的には懐かしくて美味い豚骨魚介スープなのである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった細麺。茹で加減は丁度良く、モチモチ、スルスルとした食感がイイ。この麺感はスガキヤスープとの相性もしっくりと決まっている。黄金のコンビネーションは健在なのである。

具のチャーシューは好みの豚バラチャーシュー。好みの脂身がジュワッとジューシー、薄味付けもイイのである。半熟玉子は味付けされていないものの、黄身がトロリとスープに溶け出す。この黄身とスープを麺に絡めて食うのがまた美味いのである。メンマはコリコリ、薄甘醤油の味付けが美味い。刻みネギの薬味感もまずまず。

スープ完飲。名古屋のこちらの「スガキヤ」で久しぶりに食った「特製ラーメン」。デフォだとこれらの装備でワンコインでお釣りが来るほどのCPの良さに加え、魚介の香る和風だしの効いた豚骨ラーメンはやはり美味い。チョイと久しぶりの遭遇に自然と顔がニヤけて、「美味い」「やっぱ美味い」を連発し、同行したおねーさん達からは「スガキヤラーメンでこんなに感動している人、初めて見ました」と褒められる。否、呆れられる。それでもイイのだ、信州人には「スガキヤラーメン」は食いたくても食えない懐かしいラーメンなのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「蟹そば +燻製うづら(サービス券)」@crab台風。の写真10月某日、昼、本日は東京で予定していた第2作戦のラーメン店内攻略を実行する事に。「麺garage 肉ヲ見ル」で面白い一杯を食った後、都内で用事があると言う娘と別れ、2軒目に突撃したのはこちらの店。

こちらも先の店同様、「〇ーメンWalker東京」で存在を知り、「蟹」をフィーチャーしたチョイと珍しい「カニ豚骨」がウリと言う事。「豚肉」の次は「蟹」だ、と言う事で三茶から銀座線経由で水天宮前駅より突撃をかける。

13:30着、先客5名、券売機(メニュー写真)にてトップは「雑炊セット」であるが、ここはデフォの‘蟹そば’(850円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客5名。食券と共に「ラー・ウォー」でのサービス券で「燻製うづら」をトッピする。

事前情報によると、こちら「ら〜めん台風。」として茗荷谷で創業後、香港に移転した店が6年ぶりに凱旋、と言う事。今回の品は以前香港本店で限定で出していたメニューをブラッシュアップした一杯で、ワタリガニの出汁と豚骨を掛け合わせている、と言う事。「豚野郎」にして「甲殻類大好きオヤジ」としては堪らんのだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、バジルペースト?の乗ったレアチャーシューの蕾、増量となった燻製うづら4個、穂先メンマ、ノリ、刻みタマネギが、カニ豚骨スープに乗っている。

スープから。脂浮き少な目で、弱粘度のあるスープは豚クサミを抑えた豚骨の旨味と、如何にも渡りガニらしい旨味と風味が蔓延している。トロミのあるスープはザラツキも感じられ、豚骨のみならず、蟹の甲羅を丸ごとすり潰したかのような殻粉の様なものも認められ、両者の濃厚なエキス感を十分に味わえる。イイのである。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜で、豚と蟹の旨味を共に損なう事無く活かした味付け。豚に乗った蟹の旨味を存分に味わえる実に美味い豚骨蟹スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水率低めの麺で歯切れ感が良く、硬めの茹で加減が決まり、ゴワパツとした食感が実にイイ。細麺なのでトロミのある豚蟹スープの旨味をしっかりと絡めて来る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロースの薄切りレアチャーシュー。トロトロジューシーで豚の旨味を生かした薄味付けが時に美味い。このレア感をスープ熱で損ねることなく、丼の縁に引っかけて隔離しておく。緑のペーストはバジルか?ほとんどスパイス感は無く、スープへの影響は希薄。燻製うづらは実に香ばしくて美味い。デフォの1つに加え、3つ増量となったので満足出来る。穂先メンマは柔らかサクサク、イイ食感を残す。ノリの磯風味はまずまず。刻みタマネギの辛味が良いアクセントの薬味感を発揮している。

スープ完飲。東京ラーメン店攻略で「麺garage 肉ヲ見ル」からの連食に突撃したこちらの店での「蟹そば」。それは濃厚な豚骨の旨味に乗った、これまた濃厚な蟹の旨味を一度に味わえるチョイと珍しい一杯で、装備のトロトロ豚レアチャーシューと燻製うづらも実に美味かった。豚骨大好き「豚野郎」にして、甲殻類も大好きオヤジにとっては、好物の豚と蟹の両方をいっぺんに楽しめる逸品であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件