なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

チャーチル・クロコダイル

男性 - 長野県

ラーメンと映画と’80の洋楽、スキーに新生横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するちょいワル風オヤジかな?

平均点 84.717点
最終レビュー日 2019年10月14日
3,039 1,288 9 3,688
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩ラーメン (大盛り) ※キャベツバー:無料」@らーめん わらい屋の写真9月某日、昼、本日は秋晴れの空の下、思い立っての松本~長野~千曲~上田への巡回。長野での商談を終え、千曲に向かう途中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

店名の「わらい屋」の「屋」が、「家」では無くて「屋」であるが、ウリは「横浜家系インスパ」の店である。3年前のオープン直後に突撃したが、久しぶりの再突撃をかけてみる。

13:35着、先客1名、券売機(メニュー写真)にて今回は「濃厚豚骨塩」からデフォの“塩ラーメン”(650円税込)をブッシュ、腹激ヘリなので「大盛り」(100円)も追加、カウンター席に着座、後客4名。おねーさんに券を渡すと、どうやら「麺類全部キャッシュバック」と言う事で100円玉がバックされた。ウレシイ。そして好みは全て「普通」で。

店内を見回すと、「キャベツバー無料」や「ランチタイムライスバー50円」が目に付く。御飯嫌いなのでライスバーはスルーもキャベツバーを取りに行く。一人分しか残って無いが、マヨネーズをかけてスタンバる。それにしてもいろいろとサービスが良い店ではないかい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、塩豚骨スープに乗っている。しっかりと家系している見た目である。

スープから。家系としてはデフォでのチー油浮きは少なめで、サラッとした舌ざわりのスープであるが、豚骨の炊き出し感は感じられ、なかなかの動物感あるベーススープ。悪く無いのである。合わせられた塩ダレは塩分濃度はやや高めも、キリッとした塩味が効いており、課長のウマミもイイ感じ。すっきりとした豚骨の旨味と、シャープな塩味の塩ダレがマッチングした家系テイストをトレースした豚骨塩スープでなかなか美味いのである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減硬めが良く、ムチムチとした食感がイイ。小麦の風味もふんわりと味わえる。こちらも家系らしさを覚える美味い麺である。今回「大盛り」として麺量も適量である。

具のチャーシューは好みの脂身の乗った豚バラチャーシュー。薄醤油での味付けも良く、脂身がジューシーで美味い。ホウレンソウは適度な歯応えを残すしっとりとした歯応えがあり、ホウレンソウの味もする。ノリは磯風味が香り、そのまま食うのも、麺を巻き込んで食うのもイイ。刻みネギの薬味感は希薄。

キャベツバーはマヨネーズでイッタのだが、野菜好きにはこのサービスはウレシイところでポイント高し。

スープ完飲。東北信への巡回の昼ラーで突撃したこちらの店での「塩ラーメン」。それは家系インスパらしい豚骨の炊き出し感あるマイルド豚骨スープに、塩味の効いたシャープな塩ダレスープでの家系塩豚骨ラーメンで美味かった。長野では意外に少ない家系インスパ店の中で、こちらの店、店名は「家」では無く「屋」であるが、サービスも良く、かなりイケる家系ラーメン店だと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「豚骨塩ラーメン(極細麺):カタ +味玉:㋗券 +替玉:バリカ」@New old style ゆいが 三郷店の写真8月某日、夜、本日は台風10号が接近する中、シネマライツ松本に映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」を鑑賞に。改造人間相手の展開にビミョーさ(確かにありえないアクションシリーズだが、こうなればもうSFじゃん)を覚えつつ、取り敢えず腹が減ったので夜ラーに突撃したのはこちらの店。

東京にも進出している「ゆいがグループ」の中信地区唯一の店。信州に直撃はないものの、台風も近づいている様だし、家チカのこちらに突撃した次第。

20:10着、先客4名、テーブル席に着座、後客6名。取りあえずメニュー表(メニュー写真)チェック、良く見るとまたまたビミョーに変わっており、新たに登場の‘豚骨塩ラーメン(極細麺)’(750円税別)を、いつものサービス券で「味玉」トッピでイク。

オーダー時に麺の硬さを問われたので「カタ」でイク。私的評価の高い「替玉無料」(つけ麺等は大盛無料)なので、後ほど。豚骨大好き「豚野郎」としては以前食った博多風の「豚骨ラーメン」が好印象だったので、新たに登場している「豚骨スープに塩だれ」ヴァージョンにも期待は高まる。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、紅ショウガ、刻み小ネギ、そして味玉が、脂浮きのある豚骨スープに乗っている。

スープから。ラード膜の張るなかなかオイリーな豚骨スープは見た目、以前食った「豚骨ラーメン」と変わらない。テイストも「塩だれ」という事であるが、気持ち塩味が滑らかになっている様な気がするが、駄舌には「豚骨ラーメン」とほぼ変わらん。しかしながら豚骨の炊き出し感はキッチリと出ており、豚クサミを抑えつつも、豚の旨味とコクがたっぷりと味わえる。合わせられた塩分濃度はやや高めも、豚骨の旨味をシンプルに味わえる。醤油ダレと思しき「豚骨ラーメン」同様、実に美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな極細麺。加水率低めの麺で「カタ」の茹で加減良く、ホギホギとした博多麺らしい食感が実にイイ。小麦の風味も味わえる。極細麺に豚骨塩スープも良く絡む。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、好みの豚バラチャーシュー。醤油ダレでの味付けも良く、豚肉のジューシーな旨味が味わて美味いのである。キクラゲは細切りタイプ、コリコリとした歯応えが良く、豚骨に良く合う品。例によってデフォでの紅ショウガも豚骨をさっぱりと締める絶妙な薬味感を発揮。刻み小ネギはも爽やかなネギ薬味感あり。味玉は醤油の香る味付けがしっかりと滲みていて美味い。

途中で替玉を「バリカタ」でオーダー。卓上の「辛子高菜」と「フライドガーリック」をぶち込んで再びイク。「バリカタ」の麺はホキホキとした歯応えが良くイイ感じ。「辛子高菜」の辛味も良好、今回加えた「フライドガーリック」の香ばしいガーリックパンチも効いてサイコーだ。

スープ完飲。映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」の鑑賞後の夜ラーに突撃したこちらの店での「豚骨塩ラーメン」。それは以前食った「豚骨ラーメン」の塩ダレヴァージョンで、正直、駄舌故に「豚骨ラーメン」との明確なテイストの違いは判らんかったものの、まろやかな塩ダレで炊き出し感のある濃厚な豚骨の旨味が味わえるこれまた博多ラーメン風の逸品で実に美味かった。次回は同系統の「黒豚骨ラーメン」でイッテみる、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「【限定】塩豚骨 +味玉:サービス券」@豚骨醤油ラーメン まじめ家の写真7月某日、夜、本日は連日の松本でのゲンバ仕事を終え、今夜もヨメがいないからして夜ラーを食うべく「きまぐれ八兵衛」に突撃もスタンバイルーム満席で断念。そこで次に突撃したのはこちらの店。

のんべえ食堂 天火」の姉妹店にして、家系インスパのラーメンをウリとする店。その醤油ダレには松本・丸正醸造の「甘露醤油」を使い、私的に赤丸急上昇のラーメン店である。

20:00着、先客3名、券売機にて「限定」と言う新作の‘塩豚骨’(850円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客8名。食券を渡す時に好みは「全部普通」、そして「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」をトッピングする。

この一杯、能書きでは「店長渾身の塩だれ!マイルドで食べやすい!女性にもおすすめ♪」とある。もともとこちら「横浜家系」のラーメンがウリであるからして「塩豚骨」も期待出来そう。テイストは違うが「きまぐれ八兵衛」断念も、口が豚骨になっていたからして丁度イイ。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みタマネギ、刻みネギ、そして半味玉2個が、塩豚骨スープに乗っている。

スープから。こちらの「豚骨醤油ラーメン」に比べると、デフォで油浮き少なめのスープは、まったりとした豚骨メインの動物感ある旨味がバッチリと味わえる。しかしながら、合わされた塩ダレは塩分濃度はやや高めながらも、塩カドは無く、まろやかなテイストに包まれている。塩ダレの旨味と共に、課長のウマミも少しくミックスされ、マイルドな塩ダレの旨味をたっぷりと味わえる。確かに女性受けするテイスト。実に美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減は普通としたが、やや硬めの食感が良く、粉っぽさを残すモチモチとした食感が実にイイ。小麦の香りも味わえる。塩豚骨スープとの相性も良好。相変わらず実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。肩ロースと思われ、柔らかな弾力のある肉質感が良く、薄醤油ダレの味付けでの豚肉の旨味を味わえる。美味いのである。ホウレンソウはシャクシャクとした歯応え、家系には欠かせない。ノリはパリパリで磯風味が濃いくて美味い。多めの刻みタマネギはシャクシャク、タマネギらしい甘辛みが効いての薬味感がガンガンに効いていて凄くイイ。刻みネギの薬味感はタマネギに隠れるも、良好に効いている。味玉は醤油ダレが滲みていて美味い。

スープ完飲。ここの所連日となるお楽しみの夜ラーに突撃したこちらの店での「塩豚骨」。それはこちらのウリである「甘露醤油」を使った「ラーメン」(豚骨醤油ラーメン)の豚骨醤油フルボディーのテイストとは違った、マイルドな塩豚骨のテイストが味わえて美味かった。特に薬味の多めにある刻みタマネギの甘辛さが効果的。全体的にボリューミーな見た目も良好。こちらの豚骨はまじめに美味い、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「しお 野菜 普通 ※背脂&ニンニク:普通」@麺者我楽の写真7月某日、夜、本日は諏訪~上田~千曲~長野への巡回。昼ラーには我が社の爺やと落ち合って茅野「めん処-soy屋!」で美味い味噌ラーメンを食ったのだが、遅くなったので長野で夜ラーを食ってイク事に。突撃したのはこちらの店。

長野市内での「二郎インスパラーメン」の走りの店。かれこれ10年以上前の長野担当時代にはOP当初から度々突撃していた店。昼ラーは大盛りにしなかったからして、腹が減ったのでここでガッツリとイクつもり。

19:25着、先客3名、先ずは券売機(メニュー写真)にて未食の‘しお 野菜 普通’(800円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客1名。店主に券を渡す時、「背脂、ニンニク共に普通」でオーダーする。

先にも書いたが、こちら長野市内での「G系ラーメン」の走りの店。東京でモノホンの「二郎」を食うまでは、こちらのラーメンが「二郎のテイスト」と思い込んでいたものだ。(実際はやはり本家「二郎」は「別モノ」で全てにおいて次元が違う事を思い知らされたが)今回の「しお」はOP時には無かったメニューなので楽しみだ。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、野菜(キャベツ、モヤシ)、ニンニク、背脂が、塩豚骨スープに乗っている。

スープから。豚骨ベースを思わせるスープにはライトな豚クサーを伴った動物系の旨味があるが、非乳化で背脂のサポートはあるが、どちらかと言うとシャバ系の塩豚骨スープである。しかしながら豚の旨味はしっかりと味わえる。合わせられた塩ダレの塩分濃度はややショッパーながらも、課長の働きぶりも良好でウマミもタップリ。やがて多めのニンニクや野菜にかけられた背脂が干渉して来ると、一気にパンチが増して来る。イイのである。なかなか美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減硬めが良く、ゴワパツとした食感がイイ。小麦の風味もそれなりに味わえる。美味い麺である。因みにこちらの1玉は200gで、茹で上げ後は350gとの事。麺量に不足は無い。

具のチャーシューは薄切りの豚ロースの煮豚チャーシュー。一見チャーシュー無しに見えたが、野菜山の下にしっかり鎮座していた。薄味付けで普通美味い。野菜はモヤシが大勢だがシャクシャクしていて美味い。キャベツもそこそこあって甘味が出ていてイイ。野菜は「普通」でもたっぷりある(券売機には300gの表記)のがGOO!ニンニクはデフォでも多めにあり、スープにガッツを寄与してイイ。背脂コクがある。

スープ完飲。諏訪~上田~千曲~長野の巡回後の夜ラーに突撃したこちらの店での「しお 野菜 普通」。こちらでの「しお」は初めて食ったが、豚骨の旨味の出たシャバ系塩豚骨スープで、豚の旨味は味わえるが豚コクは今ひとつ。しかしながら麺、野菜にはボリュームがあって「二郎インスパラーメン」としてはボリュームは満足は出来る一杯でCPは良好と言える。ニンニクも効きが良くて美味かった。次回は未食の「つけめん」をイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「塩ラーメン ※野菜、ショウガ、脂:全マシ」@麺とび六方の写真6月某日、昼、本日は午前中は松本のオフィスにてデスクワーク、その後、倉庫経由で諏訪~松本への巡回を予定する。倉庫での一仕事を終え、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

我が社の倉庫近くにある、「凌駕グループ」の一員の二郎インスパ系のラーメンをウリとする店。先週から肉体労働やゲンバ仕事が続いたのでチョイとガッツリとイッテみたい。

11:35着、先客14名、券売機にて暫し思案の後、午後からは営業活動となるからしてニンニクを使って無い‘塩ラーメン’(830円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客20名以上。好みは「野菜、ショウガ、脂を全マシ」でオーダーする。

昼前であるが流石松本を代表するG系だけあり、客は体格がイイのが多い。実際、隣のねーちゃん二人組も男なら十分に相撲部屋に入門出来るわ。因みに私はこれだけラーメンを食っているが、この歳になっても取りあえずウェスト85cmには達していない。プチ・自慢である。そして長く待つ事25分(!)、着丼。

ビジュアルは、ほぐし豚、マシとなった野菜(モヤシ、キャベツ)、同じく粗めの背脂、同じくおろしショウガ、フライドオニオン、粗挽きコショーが、背脂の浮く塩豚骨スープに乗っている。

スープから。ベースにも背脂浮きがあり、微乳化しているの塩豚骨スープは、豚骨のコクと旨味がたっぷりとあり充足の動物感が味わえる。加えて「脂マシ」ともしたからしてぷるんぷるんの粗めの背脂で背中がゾクゾクする様な脂の旨味に打ち震える様。濃厚な豚豚感が味わえる。合わされた塩ダレの塩分濃度はやや高めも、課長の働きもあってまろやかな塩味として認識出来るのだ。ショウガもマシとした故に、シャープにして爽やかなショウガスパイシー感も楽しめる。このショウガマシは正解である。背脂とショウガのフォローが効果的な実に美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のちぢれのある極太麺。茶色味がかった自家製麺で、今回はロット(6杯)の最後尾であったので茹で加減はやや柔わ目のモチモチとした食感。ゴワゴワ感が無いのがチト残念。しかしながらこれはこれで濃厚な塩スープにも合ったりする。小麦の風味も味わえて美味い麺ではある。

具のほぐし豚はチョイショッパーな味付けが好み、食い応えもあるのでイイのである。例によって「野菜マシ」とした野菜は、ほぼモヤシながらもしんなりシャリシャリの食感でたっぷりとあって美味い。キャベツは少量も甘味がある。フライドオニオンは香ばしくナイスな薬味。ショウガは前記の如く「マシ」としてのスパイシーさを発揮している。粗挽きコショーのスパイシーさも良好。

スープ完飲。昼ラーに突撃した松本を代表するG系のこちらでの「塩ラーメン」。今回は全マシとした事に寄っての背脂とショウガのバックアップも充分で豚のコクある微乳化塩スープに、山盛り野菜を合わせた「二郎インスパ系塩ラーメン」で満足出来た。但し、麺がロットの関係でやや柔らかめであった事がチョイと残念、やはりこの手の一杯にはゴワゴワの麺が良く合う。しかしながらマシとしたショウガの効きが兎に角良く、以降このヴァージョンには必須のセレクトとしたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

「塩つけ麺 (2玉) +味玉:サービス券」@らあめん 塩八の写真5月某日、夜、本日は令和元年にしてメイデー、昼は長野県の全組合員が松本の某ホテルに集まっての食事会。帰宅後、映画のファーストデーでもあるからして娘1号と「ハンターキラー 潜航せよ」のレイトショーに行く事に。その前の夜ラーに突撃したのはこちらの店。

実は「らあめん 寸八 総本店」にイクつもりでの突撃だったが、着いてみたら水曜日だけ暖簾替えして営業する「らあめん 塩八」の日であった。しかしながらこちらの「塩」も秀逸なので全く問題無し。

18:55着、店内満席、中待ち3名に接続、待つ事5分ほどでカウンター席に着座、後客10名くらい。スタンバイの途中、ここは私的に一番好みの‘塩つけ麺’(850円税別)でオーダー。1.5玉と2玉が同料金なので「2玉」で、更には「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」をトッピする。

こちら店名が示す通りに「塩」がメインとなる「らあめん 寸八 総本店」の週に一回の二毛作店であるからして、ある意味ハードルの高い店。本日から始まる令和の初日が水曜日であってラッキーであった。「[s
hop:13164]」にはまた後日突撃するとしよう。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、麺と味玉の乗った丼と、塩豚骨のつけダレの中にはカットされたチャーシュー5~6枚、メンマ、白ゴマ、刻みニラ、刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。粘度少な目でシャバッとしたクリーミー豚骨ベースのまろやかな豚豚感のあるコクと旨味をベースに、それを邪魔をしないカツオの風味が横たわる。この分かり易いシンプルなテイストがイイのである。合わせられた塩ダレは塩分濃度はやや高めながらも、酸味、甘味が皆無であるからして、このシンプルな動物系と魚介系のミックスした旨味を塩味で最大限に引き出している。課長のウマミもクドさが無い。この塩豚骨魚介のテイストが私的に実にイケるのである。(因みにカツオ抜きも出来るがこれはこれでイケる)実に美味い塩豚骨のつけダレである。

麺は断面四角のほぼストレート中太麺。茹で加減やや硬めが良く、水で締められてコシのあるムチムチとした食感が実にイイ。小麦の風味もふんわり味わえる。こちらで私的標準の2玉の麺量も十分。実に美味い麺なのである。

具のチャーシューは、こちらの煮豚バラチャーシューをカットしたモノ。塩味の効いた味付けが良く、ホロホロと柔らか。好みの脂身もジューシーで実に美味いのである。これがゴロンゴロンと詰まっているのもイイのである。メンマは本来のメンマ風味を生かした薄味付けが美味い。白ゴマもプチプチと弾けてイイ。ニラは初見だがナイスなアクセント。刻みネギの薬味も効いている。味玉もうっすらと醤油の香る薄味付けが美味い。

最後はお決まりのスープ割。豚骨のスープで適度に割られ、滑らかになった塩豚骨を完飲。「令和」になった初日の夜ラーに突撃したこちらの店での「塩つけ麺」。「らあめん 寸八 総本店」の週に一度の「塩豚骨」での「つけ麺」であったが、「豚骨」+「魚介」+「塩」のシンプルな旨味がストレートに味わえる私的好みのつけ麺で実に美味かった。正直、水曜日を意識していなかったので、令和初の一杯としてはラッキーであった。令和になってもこちらの「水曜日」はハズせない、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「塩 ※中麺 +キャベツ、ほうれん草:㋚P +みぞれ:無料」@信州麺屋 とんずらの写真4月某日、昼、本日は世間ではゴールデンウイークに突入している様だが、平成最後となるであろう松本でのゲンバ仕事。そんな中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

店名が暗示するように、豚骨をウリとする店。しかもこの歳になっても止められない好みのオイリー豚骨が食えるからして定期的に突撃している店である。今回はポイントが貯まったのでお得なサービスを受けるつもり。

14:05着、先客5名、カウンター席に着座、後客7名。取りあえずメニュー表検討、やはり「濃厚とんこつ」から‘塩’(720円税込)でイッてみる。そしてポイントサービスで「Wトッピングサービス」が受けられるからして「キャベツ、ほうれん草」でイク。

加えて、こちらの店オリジナルの無料で追加出来るトロットロの背脂の塊である「みぞれ」もオーダーする。そして麺は3種類から選べるので、今回は「中麺」でイク。ライスもサービスとなるが、ライスは好きでは無いのでパスする。例によって無料で供される「辛モヤシ」を突きながら待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、モヤシ、ノリ、刻みネギ、そして増量なったほうれん草とキャベツが、大量の「みぞれ」背脂の浮いた塩豚骨スープに乗っている。こちらのトッピングは盛りが良いので、どっかりとしているのがイイ。

スープから。どっかりと盛られた装備の下には、たぷんたぷんとした大量の「みぞれ」が浮かび、元々オイリーな豚骨スープには甘味を携えた背脂での豚豚感が加わり動物感はたっぷり。この「みぞれ」、うーむ、明らかに健康的だは無いのであるが、「セアブラー」としてはたま~に食わずにはいられないのである。合わせられた塩ダレの塩分濃度はやや高めも、大量の「みぞれ」の甘味と丁度イイ塩梅に対峙出来ている。課長のウマミもイイ感じ。例によってこってり実に美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。表面ツルツルの加水率高めの麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。しかし、この塩豚骨には私的には「細麺」か「太麺」がしっくりくる様な。美味い麺ではある。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、厚さが1cmほどあり、甘醤油ダレの味付けがしっかりと滲みこんだ味付けが実に美味い。モヤシは、シャキシャキの歯応えがあってイイ。ノリは磯風味あり。刻みネギの薬味感はまずまず。増量なったほうれん草は、歯応えを残したしっとりとした食感がイイ。キャベツもたっぷりでパキバキ。そのままでも美味いし、スープ熱でしんなりとした甘味の出たヤツをイクのも美味い。

流石にスープ完飲は危険なので少し残し。平成も残り僅かとなった松本でのゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「塩」。今回は無料でたっぷりの背脂の「みぞれ」をトッピし、貯まったポイントで「Wトッピング」としたのであるが、大量に浮くたぷんたぷんの背脂の塊と、こちらの盛りのイイ「キャベツ」と「ほうれん草」の野菜がたっぷりで、不健康な中にもヘルシーさを持ち合わせた塩豚骨が楽しめた。この「みぞれ」、背脂大好き「セアブラー」としては時々摂取したくなるヴァージョンなのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 31件

「豚骨塩らあめん (中) +味玉:サービス券」@らあめん 塩八の写真1月某日、昼、本日は午前中はヘルパーのスカイプ研修会に同席、午後からはホームセンターで資材を購入する予定。昼ラーには近くの「らあめん 寸八 総本店」に突撃してみる。

レギュラーの新メニューの「豚骨醤油らあめん RED」を狙うつもりで突撃したら、本日は水曜日で「らあめん 塩八」の日であった。気を取り直し、「塩八」も久しぶりなのでブルーの暖簾をくぐってみる。

14:10着、先客5名、カウンター席に着座、後客4名。早速メニュー表(メニュー写真)を検討、ここは久しぶりであるからして基本の‘豚骨塩らあめん(中)’(800円税別)を「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」トッピで注文する。

こちらの店、知る人ぞ知る「らあめん 寸八 総本店」の毎週水曜日限定の「塩豚骨」をメインとする店。いつもの「豚骨醤油」は提供されていないが、スタッフは「らあめん 寸八 総本店」と同じである。メニュー表を見てもいつもの「寸八」のメニューが「塩」ヴァージョンとなった、と考えてイイ。塩豚骨も捨て難いのでラッキーだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キャベツ、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギ、そして味玉が、白濁している塩豚骨スープに乗っている。

スープから。適度にチー油が浮くスープは、豚骨ベースの炊き出し感がたっぷりとあり、動物系の旨味がきっちりと味わえる。炊き出しされた豚骨は適度な豚のクサミも孕み、豚骨大好き「豚野郎」としては充分に満足出来る。合わせられた塩ダレは塩分濃度はやや高めながらも、塩カドは無く、まろやかマイルドな口当たり。課長のウマミを程良く、豚の旨味を持ち上げている。相変わらず実に美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。勿論、「寸八」と同じ麺で、茹で加減やや硬めが良く、モッチモッチとした食感がイイ。小麦の風味と味わいもある。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシュー。なかなかに大きく、柔らかなプルプルとした弾力があり、醤油ダレが滲みていて、豚肉のジューシーな旨味が味わえる。キャベツは柔らかパキバキ。スープに浸してしんなりとなって甘くなるのを待ってからイク。ホウレンソウはしっとり。ノリは礒風味が高く、ハリのあるモノ。そのまま食ったり、麺を巻いて食うのも美味い。刻みネギの薬味感はやや希薄。味玉は薄醤油の味付けが滲みたいつもの美味いヤツ。

スープ完飲。「らあめん 寸八 総本店」での新メニュー目当てに突撃したら、水曜日の「塩八」であったこちらでイッた「豚骨塩らあめん」。ほぼ一年ぶりに食ったのだが、炊き出し感のある豚骨ベースにまろやかな塩ダレが融合したテイストは「豚骨醤油らあめん」にも負けず劣らずの完成度があり、実に美味かった。今後も水曜日は要チェックとしておかねば、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「濃厚塩とんこつ (麺大盛り)」@麺屋壱の写真1月某日、昼、昨夜の金山での歓送迎会の後、名古屋に宿泊。本日午前中は我が長野チーム3名は名古屋オフィスにてミーティング。その後、松本オフィスに戻る前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

こちら「濃厚塩豚骨」をウリとする店。この「RDB」で発見して以来、豚骨大好き「豚野郎オヤジ」としてはチェックしていたが、なかなか突撃機会を得られなかった。本日チームを引き連れ突撃する。

12:50着、先客5名、取りあえず店頭前の看板(メニュー写真)でチェックし、券売機(同)で‘濃厚塩とんこつ’(850円税込)を腹ヘリなので「麺大盛り」(100円)もプッシュ、三人してカウンター席に着座、後客4名。因みに看板では「濃コク塩とんこつ」とあるが、券売機では表題の表記だ。

他の二人も同メニューに続く。カウンター越しにおねーさんに券を渡す時、サービスライスの案内も受けるが白飯嫌いなのでパス。ところでこちらの店、「塩豚骨」はあるが、何故か「豚骨醤油」は無い。他には「つけめん」と「名古屋味噌」のみ。余程「塩豚骨」に自信があると見た。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、半味玉、ノリ2枚、刻みネギが、白く泡立つ塩豚骨スープに乗っている。

スープから。濁々としたスープはクサミの無い滑らか豚骨の旨味がたっぷり。脂浮きがほとんど無いので、豚骨のコクはきっちりと味わえる割にはスッキリとしていて実にクリーミーな動物テイストを味わえる。更には柔らかな魚粉も含まれており、マイルドな魚介の風味も漂う。合わせられた塩ダレの塩分濃度は適宜で塩カドは無く、まろやかな塩の旨味に包まれる。加えてコショウも忍ばせてあるのか、プチスパイシーなテイストも味わえる。これがイイのである。イメージとしては以前好印象だった「麺家 獅子丸」の「獅子丸ぱいたんらぁめん」を豚骨寄りに寄せて、ライトスパイシーに仕上げた様な味わい。実に美味いプチスパイシー塩豚骨スープである。

と、ここで店主より「すみません、大盛りを間違えました」という事で、どうやら先に供された先輩の分が「大盛り」で、私とおねーさんの分が「普通」だった模様。そこで後から大盛り分を替玉として用意します、と言う流れに。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中麺。加水のある麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルツル、ムチムチとした食感が実にイイ。途中で大盛り分がネギ付きで供され、投入。麺量も丁度良く満足出来る。因みに券売機の上には「林製麺」の麺箱が積まれていた。

具のチャーシューは豚ロースチャーシューで、軽く炙りが入り、チョイとコショーの香る味付けが良く、柔らかくて実に美味い。半味玉は茹で玉子か?と思われる位薄味付けだが、素朴に美味い。ノリはふんわりと磯風味が立つ。刻みネギは「替玉」の増しとなった分も含め、青ネギらしい爽やかなネギ薬味感が効いていて凄くイイ。

スープ完飲。名古屋から信州に帰る途中の昼ラーに突撃したこちらの店での「濃厚塩とんこつ」。それは豚のクサミを抑え、魚介の風味の香るクリーミー&プチスパイシーなチョイと珍しいテイストの塩豚骨スープで、「濃厚」と言うよりは「濃コク」な豚と魚介の旨味が詰まったラーメンで実に美味かった。何気に「RDB2018年塩豚骨部門6位」と言うのは伊達では無い。誤解を恐れずに言うならば、愛知県民御用達の「スガキヤラーメン」を究極の域まで昇華させた珠玉のスパイシー塩豚骨の一杯、と断じたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨らーめん :塩」@三鷹食堂いなりの写真12月某日、夜、本日は娘1号の引っ越し、朝からてんやわんやで、昼もコンビニのパンをかじっただけ。それでも夜には何とか落ち着き、女衆と三人で三鷹駅前の「福家」でとんかつ定食を食う。しかしながら単独でホテルに帰る途中、狙っていたこちらに夜ラー突撃。

こちら、昔の学生時代に住んでた場所から50mばかしの所にある。当然当時には無く、私の住んでたおんぼろアパートも跡形も無く、高層マンションに変わっている。事前情報では好みの豚骨が美味そうなので突入する。

21:15着、先客2名、店内券売機(メニュー写真)にて、基本「豚骨らーめん」「中華そば」「つけめん」「油そば」の4系統の中から、狙いの‘豚骨らーめん’(680円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客2名。こちら「塩か醤油」を選べるので、基本と思しき「塩」にてコール。

券売機以外にも「限定らーめん」が幾つかあり、なかなかのヴァリエーションを揃えている。情報によるとこちらの店主、吉祥寺にあり閉店した「音麺酒家 楽々」出身との事。以前狙っていたものの、突撃を果たせなかった店故に、こちらでそのテイストを味わってみたい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キクラゲ、モヤシ、刻みタマネギ、擦りゴマが、少しくの泡立ちのある豚骨スープに乗っている。

スープから。弱粘度のトロミを放つ豚骨スープは、ラード浮きもあり、豚骨の炊き出し感がタップリと感じられる。しかしながら、豚骨のクサミは極力抑えられており、旨味だけをキッチリと抽出されている。非常にクリーミーさを味わえる豚骨スープである。合わせられた塩ダレの塩分濃度は適宜で、意外とスッキリとした軽やかな塩テイストが味わえる。豚骨大好き「豚野郎」としては、豚骨濃度の割には塩味がやや物足りないと思えるくらい。しかしながら炊き出し感のある豚骨スープで美味いのである。

麺は断面四角のほぼストレートな細麺。加水率少な目の所謂博多麺で、茹で加減丁度良く、コナプツとした歯切れ感とコナモチの食感がイイ。実に美味い麺である。厨房には「三河屋製麺」の麺箱が認められる。

具のチャーシューは小ぶりながらも好みの豚バラチャーシュー。薄味付けでの豚バラ肉の旨味を味わえる。キクラゲは千切りで、コリコリとした歯応えが実に宜しい。モヤシは軽く湯掻かれ、シャキシャキ。刻みタマネギは粗刻みで、シャリシャリ、そこから発するタマネギの辛味がグンバツにイイ。擦りゴマの風味は希薄。

スープ完飲。娘の引っ越しの手伝いで、夕飯に三鷹北口「福家」でとんかつ定食を食ったものの(こちらも心なしか学生時代に世話になっていた今は無き「三平食堂」のテイストがあって美味かった)、こちらの豚骨が捨て難く突撃しての「豚骨らーめん」。今回は「塩」でイッたが、炊き出し感がありながら臭みを抑えたクリーミー豚骨ラーメンで美味かった。学生当時の建物の佇まいも残っていて何か懐かしさもある。また機会があれば突撃してみたい店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件